犬達のSOS☆ノルウェーが、2025年までに毛皮用動物飼育場を全廃し、ミンクやキツネの飼育を禁止する方針。 動物達を生きたまま残酷に毛皮をはいで製品にしている中国やフィンランドはもう時代遅れ!動物の命を奪うリアルファーよりもエコファー=フェイクファーを選択することが大切!2018年2月5日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/3/30・5/19・5/20・5/21・23~26・30~6/4・6/12~18
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18・2017/3/31~5/18・5/22・27~29・6/5~11・19~2018/2/5)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16・2018/1/18~1/26・2/1〜3
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5・2/19~25・3/17・18・20~4/10・14~11/27・12/10~15・2018/1/2~1・27~31・2/4〜5)

空7

2018/01/17 マグナムエミさんコメントです。

ノルウェーが、2025年までに毛皮用ミンク・キツネの飼育を禁止にする方針!
みなさん、こんばんは!
年明けからもブログ活動や問い合わせ、パトロールなどお疲れ様ですm(_ _)m

新年の挨拶が遅れましたが。。。
今年も宜しくお願い致しますm(_ _)m
今年も調べものをするのに、ネットを利用していたら、 昨年、毛皮を中止にするイタリアのグッチに続き、ノルウェー政府が毛皮用動物飼育場を2025年までに全廃する方針を打ち出し、毛皮用ミンク・キツネ飼育を禁止にするといった嬉しいニュースが飛び込んできました(*^^*)

いまや毛皮は時代遅れですよね、、、
動物たちを生きたまま残酷に毛皮をはいで製品にしたリアルファーではなく、化学繊維などを製品にしたエコファー=フェイクファーが主流になってきていますね(*^^*)

このニュースでは、ノルウェーのソルベルグ政権が、毛皮に反対する自由党を連立政権に迎える条件の一環として14日、キツネとミンクの飼育場閉鎖に同意したそうです。
また、キツネの毛皮の市場では、69%を中国か占め、フィンランドも主導的となっているそうです。 。。

irasuto.jpg
【イラスト→もぐもぐさん作】

ノルウェーは、毛皮用動物飼育の禁止を決めた国として、欧州で14番目となるそうで、毛皮産業を続ける中国やフィンランドも方向転換して欲しいですね。
日本でも、飼育ではなく野生動物ですが、秋田県が絶滅危惧種ツキノワグマを猟友会を使って殺し続けていて、 殺したツキノワグマを毛皮や内蔵などを薬にしたり製品にしているそうで、心が痛むと同時に憤りを感じていました。。。
動物を利用した産業が、私たちの知らないところで、拡大しているのかもしれません。。。

日本政府や自治体、市町村などは、犬猫の虐待や殺処分をなくす為、最大限に努力を続け、犬猫、うさぎなどの実験動物の廃止、さらに野生動物の保護と自然を守る法律をつくり、人と飼い主のいない犬猫たち、野生動物たちが共存共生できる環境を整えて欲しいと思います(*^^*)
罪のない動物たちを殺さないで。。。
動物達の命を奪うリアルファーよりエコファーの選択を!

【水色の空を見上げるジャスミンの花】
【水色の空を見上げるジャスミンの花】

以下は、記事内容です。
⬇⬇⬇
ノルウェー、2025年までに毛皮用ミンク・キツネ飼育を禁止へ

1月15日、ノルウェー政府は毛皮用動物飼育場を2025年までに全廃する方針を打ち出した。生産者が失望を露わにする一方、動物保護団体は喜びを表している。写真は2013年2月撮影(2018年 ロイター/Andrew Kelly)

[オスロ 15日 ロイター] - ノルウェー政府は15日、毛皮用動物飼育場を2025年までに全廃する方針を打ち出した。かつてはキツネの毛皮生産で世界一だった同国でも、毛皮はいまや時代遅れであることを示す動きとみられており、生産者が失望を露わにする一方、動物保護団体は喜びを表している。
ソルベルグ政権は、毛皮に反対する自由党を連立政権に迎える条件の一環として14日、キツネとミンクの飼育場閉鎖に同意した。

201509010054223e6.jpg
【イラスト→もぐもぐさん作】

ノルウェーのキツネ飼育は1939年がピークで、政府報告によると、約2万カ所の飼育場を持つ世界一の生産国だった。
しかし2013年には、世界で生産されたキツネの毛皮730万枚のうち、ノルウェー産はわずか3%程度にとどまった。市場は、69%を占めた中国と、フィンランドが主導的となっている。

ミンクについては、7260万枚のうちノルウェー産は1%で、やはり生産の中心は中国だった。

動物の福祉を訴え毛皮貿易に反対する運動を展開するヒューメイン・ソサエティー・インターナショナル(HSI)によると、毛皮用動物飼育の禁止を決めた国として、ノルウェーは欧州で14番目となる。

動物擁護団体の圧力や消費者の嗜好変化に伴い、高級服飾メーカーは相次いで毛皮に代わる素材を模索。昨年には、イタリアのグッチが毛皮を使ったデザインを中止すると表明している。

(参考URL)
https://article.auone.jp/detail/1/4/8/111_8_r_20180116_1516079641740793?ref=top

*関連記事
犬達のSOS☆ダウンジャケットや羽毛布団に使う羽毛の採取方法は、生きたまま何度も羽をむしり取られ、最後は血まみれで殺される残忍なものだった!&エコファーの人気にあやかり、高級ブランドグッチが動物保護団体の国際組織【FFA】に加盟し、6種の毛皮の使用を廃止に2017年11月7日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1165.html

20150901004922540.jpg
【イラスト→もぐもぐさん作】

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の寝場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

うめ1
【梅の花】

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

奥山の保全と再生に取り組んで21年目になる日本熊森協会のホームページで、熊について書かれた内容を読ませて頂きました。

ミーママさんにミッションを頂き、奥山の保全と再生に取り組んで21年目になる日本熊森協会のホームページ(http://kumamori.org/)で、クマ類補殺数を確認しましたところ、まず 殺された数の多さに驚きました。
また、補殺数が断トツで多い秋田県と北海道には「なぜ、それ程に殺す必要があるのか?」と疑問も感じました。

ミッションを頂いた後、直ぐに日本熊森協会のホームページを確認して、要点をまとめて、メールを下さった愛をまといたいさん、ありがとうございましたm(_ _)m♡

コロワンさん、美羽さん、ご確認ありがとうございましたm(_ _)m

クマを補殺した都道府県は全部で27県に登りますが、「都道府県別 クマ類補殺数 平成29年度12月分暫定値」から多い10県は下記となります。


秋田県 791頭
北海道 768頭
岩手県 275頭
新潟県 253頭
山形県 243頭
青森県 240頭
福島県 203頭
群馬県 167頭
長野県 125頭
岐阜県 102頭

(参照URL)
https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort12/capture-qe.pdf#search=%27%E7%92%B0%E5%A2%83%E7%9C%81%E3%82%AF%E3%83%9E%E9%A1%9E%E3%82%AF%E3%83%9E%E9%A1%9E%E8%A8%B1%E5%8F%AF%E6%8D%95%E7%8D%B2%E6%95%B0%27


★平成29年11月末の時点で、ヒグマ766頭 ツキノワグマ2827頭 (兵庫県内32頭有害捕殺 誤捕獲70頭全て放獣11月末)計3593頭が補殺されていました。 (1月9日発表)

狩猟や有害駆除で野生動物を大量殺害するのではなく、被害防除や生息地復元で対応しながら、共生を目指してほしいと思います。

「くまもり通信38号」(2003年11月30日)の【特定外来生物法の外来種根絶殺害は無用の殺生で、問題解決にならない】と題した記事内容を簡単にまとめたものを紹介させて頂きます。


★規制緩和された事で、野生動植物が輸入され、ペットショップには珍しい動物が展示販売されるようになりました。
これら動物を何らかの理由で野に放ってしまうと、生態系はバランスを崩してしまうので、環境省に外来種の輸入禁止を訴えましたが、「輸入業者にも生活がある、環境省だけではできない」といわれ、輸入制限さえ加えられません。

2002年環境省が「移入生物(外来種のこと)の根絶」を宣言しました。
アライグマやブラックバス、ハクビシンなど外来種が増えすぎたから皆殺しにしようと言い出したのです。

この構図は、熊森協会が異を唱えている有害鳥獣駆除問題(人間の環境破壊によって生きられなくなって森から出てきたクマたち動物を、皆殺しにする)と全く同じです。

外来種の輸入をやめて、違反者には厳しい罰則を課すことや、私たちは「買わない」「飼わない」ことが重要です。

以上です。
日本でヒグマ、ツキノワグマ合わせて3000頭以上が殺されている事実に驚きました。
皆さんが問い合わせ、嘆願をくださっているように、お金もうけで熊を殺しているようにしか思えません。
3000人もの人が山へ入ったり、熊に遭遇するとは思えないです。

秋田県は、熊の補殺の許可を県庁が出し、猟友会が行なっています。秋田県の熊の生息数は約1000頭と言います。しかし、1年間で800頭以上も殺していたら、絶滅してしまいます。

秋田県庁へ「熊をこれ以上殺さないで」と嘆願しても、意見に耳を傾けてくれるどころか、熊を殺す事を正当化されます。

熊の肉や内臓が高値で売れる事も、熊が殺される理由の一つではないでしょうか。

熊森協会のホームページにも書かれていますが、狩猟や有害駆除で野生動物を大量殺害するのではなく、自然の山を復元して野生動物たちを山に帰し、棲み分けを復活させる事が住民にも熊にも優しい方法だと私も思います。
被害防除、生息地復元で対応してこそ人間です。

香川県庁へ問い合わせしました①

ブログの皆さまこんにちは☀
以前にコメントしましたが、
(犬達のSOS☆⑥殺処分を減らす努力をしていない都道府県は見逃さない!【全国の都道府県のH26、27、28年度の犬猫殺処分数と譲渡の取り組みを調査】すべての犬猫達に譲渡のチャンスを与えているか?譲渡動物に対する去勢避妊手術の助成金や、ボランティアへの助成の有無☆鳥取県編2017年12月10日 http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1176.html?sp

鳥取の従来の殺処分施設ではなく、新しく譲渡や治療のために作られた施設のことを、これから殺処分併用の動物愛護センターを莫大な税金で作る香川県の県庁に知らせ、いくつか質問もあったので、香川県ホームページにある知事へのメールに投稿しました。

以下は、1月8日に送った知事へのメールです。


〈知事へのメール〉
平成28年度の都道府県別の犬の殺処分数ですが、下記のとおり、香川県は面積が狭いにも関わらず、ダントツで殺処分数が多いです。
気候や地形のせいで野良犬、野良猫が多いと担当者はおっしゃっていましたが、香川県のように温暖で市街地が適度にある佐賀県の殺処分数は年間54頭です。
気候や風土のせいではなく、明らかにこれまでの動物愛護行政の怠慢のために殺処分数がずば抜けて多いのです。

もうすぐ動物愛護センターを開設されるとのことですが、
ぜひ鳥取県の取り組みを参考にしていただきたく紹介します。

もともと、子犬の収容が少なく、犬の殺処分が他県に比べて少ない鳥取県ですが、H27年度からは犬も猫もぐっと殺処分数が減っています。この要因に、譲渡ボランティアを介した譲渡の増加や、収容した犬猫を中長期的に保護できる「人と動物の未来センター アミティエ」に鳥取県動物愛護センターの役割も担ってもらうようになったことがあるのではないかと思います。
ご存知かもしれませんが、「アミティエ」についての概要です
【 人と動物の未来センター“アミティエ”は、公益財団法人動物臨床医学研究所が運営する施設で、猫用の保護スペースはもちろん、犬の数や大きさに適応できるようなスペースを設けています。また、個別のドッグランや一面芝生の大規模なドッグラン、処置室もあり簡単な処置ができます。
 平成26年4月から鳥取県と連携し、鳥取県動物愛護センターの運営も担っています。鳥取県内の保健所で収容され、もらい手のない犬や猫を受け入れ、動物病院で行っているような健康管理を行い、去勢・不妊手術、マイクロチップ挿入などをし、犬猫を中長期的に飼養しながら新しい家族として受け入れてくださる方を探しています。なお、アミティエでは一般の方からの引取り等は行っていません。】
このような、収容動物をたくさん長く保護できる施設があれば、もっと殺処分は減らせるのではないかと思いました。
香川県でも収容した犬猫を中長期的に保護し譲渡を推進してください。
①新しく開設するセンターでの犬猫の収容期間はどのくらいですか?

譲渡を推進するためには、ボランティアさんの協力が不可欠だと思いますが、
鳥取県では登録された1人の譲渡ボランティアに対して一定の補助を出し、その中で去勢避妊手術代やワクチン代などをやりくりしてもらっているそうです。
ボランティアさんに丸投げするだけでは譲渡を増やしてはいけないので、補助の仕組みなども検討されてください。
②現在、どのように検討されているか教えてください。

また、《平成26年4月~平成36年3月》の香川県動物愛護推進計画では、
●平成35年度の犬、猫の引取り数を、平成16年度比で75%減
とありますが、 10年間の計画なのに、平成16年度比というのは、ずるすぎます。
③平成26年度比で75%減を達成してください。

④また、これから早急に譲渡を増やしていかなければならない状況にある香川県であるにも関わらず、 動物愛護推進計画のホームページに、ペットショップワンラブの広告を掲載するのは不適切です。譲渡を妨げるような広告は早急に削除してください。

以上、①から④にご回答お願いいたします。
担当課だけではなく、知事ご本人の回答もお願いいたします。

平成28年度 都道府県別 犬の殺処分数
ワースト1 香川県 1838
ワースト2 愛媛県  761
ワースト3 茨城県  583
ワースト3 沖縄県  583
ワースト5 徳島県  551
ワースト6 長崎県  534
ワースト7 兵庫県  398
ワースト7 福岡県  398
ワースト9 鹿児島県 375
ワースト10栃木県  295
11    埼玉県  289
12    愛知県  285
13    群馬県  274
14    大分県  270
15    福島県  229
16    宮崎県  226
17    奈良県  201
18    和歌山県 187
19    山口県  183
20    千葉県  182
21    熊本県  174
22    滋賀県  140
23    広島県  137
24    青森県  133
25    大阪府  130
26    宮城県  108
27    北海道  106
28    山梨県   87
29    高知県   86
30    三重県   81
31    秋田県   76
32    静岡県   65
33    京都府   63
34    岐阜県   57
35    佐賀県   54
36    神奈川県  50
37    岡山県   47
ベスト10 岩手県   45
ベスト9  島根県   35
ベスト8  富山県   23
ベスト7  長野県   18
ベスト6  石川県   17
ベスト5  鳥取県   17
ベスト3  山形県   11
ベスト3  新潟県   11
ベスト2  福井県    6
ベスト1  東京都    5


以上が香川県の浜田知事あてに送ったメールです。
そして、1月17日にきた回答が以下です。

〈香川県からの回答〉
メールを拝見しました。

野良犬については、苦情が多く、生活環境の保全や人への危害防止のため
に、市町と協力して保健所が捕獲・収容に努めており、毎年、約2千頭を
超える犬が収容されています。こうして収容された野良犬の多くは、攻撃
性が高いなどの理由から、新しい飼い主に譲渡することもできず、殺処分
数が多い状況が続いています。

ご質問の1点目については、本県が高松市と共同で整備している動物愛護
センターでは、県内の保健所で保護・収容された犬猫のうち、譲渡適性の
高い犬猫を受け入れ、健康診断やワクチン接種、不妊去勢手術、マイクロ
チップ挿入などを行ったうえ、新しい家族として受け入れてくださる方を
探していくこととしています。具体的な飼養保管期間については、可能な
限り確保できるよう、整備を進めていく中で検討してまいります。なお、
アミティエと同様に本県動物愛護センターでも、一般の方からの引取りな
どは行わないこととしています。

次に、2点目については、県の各保健所では、犬猫の殺処分が少しでも減
少するよう、収容された犬猫の譲渡を希望される譲渡ボランティアや県民
の方々に、不妊去勢手術・マイクロチップ施術費用として、今年度は、あ
わせて25000円を上限に実施しています。

また、3点目の香川県動物愛護管理推進計画については、環境省が策定し
た「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な
指針」に沿って県が策定することとされており、指針では「平成35年度の
都道府県、指定都市及び中核市における犬及び猫の引取り数について、平
成16年度比75%減」との数値目標が示されていることから、これに沿った
県の計画目標としています。

最後に、4点目のホームページ広告については、県が管理する資産を有効
活用し、新たな財源を確保することを目的として民間業者に委託して実施
しています。掲載する広告については、適正な運用がなされるよう、香川
県広告事業実施要領や香川県広告事業実施基準等の規程を適用し掲載して
いますので、ご理解をお願いいたします。

 平成30年1月17日
                     香川県知事 浜 田 恵 造

※ なお、詳しいことは、下記まで、お問い合わせください。
・犬猫の保護等に関すること:生活衛生課長(電話087-832-3177)
・ホームページの広告に関すること:広聴広報課長(電話087-832-3019)

という内容でした。

時間がかかった割には、聞いていることについて、全く具体的に答えていなかったので、
翌18日に再度質問のメールをしました。(②へ続く)

香川県庁へ問い合わせしました②

(①の続き)
香川県に対して再度送った質問メールは以下です。

〈再度送った質問メール〉
浜田知事様、動物愛護ご担当者様

お忙しいなか、ご回答ありがとうございます。
ご回答のうち、回答になっていないものについて、再度おうかがいいたします。

まず、1点目の回答について、具体的な飼養保管期間については可能な限り確保できるよう整備していくとありますが、図面なども決まり、入札も終わり、工事も始まっている段階で飼養期間が決まっていないというのは、あり得ないと思います。何頭をどのくらいの期間飼養するかという算定もなく、動物愛護センターに着工しているのですか?
算定時の数字で構いませんので、何頭をどのくらいの期間飼養する予定で動物愛護センターの設計をしたのか開示してください。

次に2点目ですが、25000円の補助に頭数の上限はありますか?1頭あたりの金額がまちまちであるため頭数で答えることができなければ、補助金の予算額を教えてください。

3点目ですが、国の指針はわかりましたが、26年度比で75%減を達成して欲しいという要望については、どうなのでしょうか。

4点目については、非常に残念です。いかに、香川県が動物愛護後進県である象徴のような回答です。外部委託しているので私達はしらないという姿勢は動物愛護センターを外部委託している高知県と似たものがあります。高知県は、散々ブログやTwitterで叩かれて、ようやく改善の兆しがみえてきました。香川県もそうならないと変わらないのでしょうか?

以上について、お忙しいなか、申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いいたします。
担当者様が回答文を作られると思いますが、必ず知事も一読されてからご回答ください。
よろしくお願いいたします。

以上が質問内容です。
そして、 1月31日にやっと来た回答が以下です。

〈再質問に対する回答〉
メールを拝見しました。
再度のご質問について、回答いたします。

1点目の動物愛護センターにおける飼養保管頭数や期間の算定については、
平成26年度にセンター収容能力を算定した際、全国の犬猫の譲渡率(平成
25年度)は、犬が28.2%、猫が12.5%でした。平成26年度の本県での収容
数は、犬22463頭、猫2112匹であったため、全国の譲渡率を乗じた数値を
センターでの譲渡目標数値とし、およそ1000頭/年と設定しました。当時、
平均飼養日数、30日以内で新しい飼い主に譲渡されていた実績から、1日あ
たりの収容数は、1000頭×30日/365日=82頭と算定し、犬60頭、猫30匹
の計90頭(匹)が収容可能な設計としています。

次に、2点目の譲渡犬猫不妊去勢手術・マイクロチップ施術補助の上限につ
いては、平成29年度は犬猫あわせて500頭分の予算を確保しています。

また、3点目の犬猫の引取り頭数の数値目標については、本県に収容されて
いるほとんどが野良犬、野良猫であり、特に野良犬については、子どもが追
いかけられたなどの苦情が多数寄せられているため、人への危害防止と生活
環境の保全の観点からも、野良犬の捕獲・収容を回避することは困難な状況
です。今後も引き続き、収容数削減に向けて、よりいっそう動物愛護の普及
啓発に努めてまいります。

4点目のホームページに掲載する広告については、県資産の性質などから公
共性を損なうことがないよう、香川県広告事業実施要領において、法令等に
より製造、販売、提供等をすることができない商品又はサービスや他の者を
誹謗中傷するものなど、広告として表示することが適当でない対象範囲を定
めています。

また、県では、人と動物との調和のとれた共生社会の実現に向けて、飼い
主、動物取扱業などの事業者、地域の住民、動物に関わるすべての人々が一
緒に取り組む必要があると考えています。

これらの広告事業実施要領や動物との調和のとれた共生社会の実現を目指そ
うとする観点から、今回の広告について、私自身も確認しましたが、表示す
ることが適正でない広告とは考えられませんので、ご理解をお願いいたしま
す。

 平成30年1月31日
                    香川県知事 浜 田 恵 造

※ なお、詳しいことは、下記まで、お問い合わせください。
・犬猫の保護等に関すること:生活衛生課長(電話087-832-3177)
・ホームページの広告に関すること:広聴広報課長(電話087-832-3019)

以上です。
ホームページのペットショップの広告を疑問に思わない時点で、浜田恵造知事も香川県職員も本気で譲渡数を増やしたいと思っていないことがよくわかります。
新しく作っている動物愛護センターも、収容能力は充分ですが、それを香川県職員がフル活用できるのか疑問です。
今後も香川県は要チェックです。

大阪の元レディースエミちゃん、たくさんお土産をありがとう♡

こんばんは✨(*^_^*)✨
毎日寒いですね✨

朝晩は松山も氷がはっています。
風邪を引かれている生徒さんも多いですが、今日は久々に大阪から元レディースエミちゃんがガハハハ笑いをしながら来られました✨

雪で県堺が通れないしアイスバーンを心配していたのですが、今回は車をぶっ飛ばしてではなく、夜行バスで来られたから安心しました。

先日は両手で抱えきれないくらいたくさんの宮崎の切り干し大根を皆さんでと、送ってくれたばかりなのに、大きなバームクーヘン数個をお土産に持ってきてくれました✨ありがとうございます♡
毎年、エミちゃんから届く宮崎切り干し大根をみんなに分けると、市販のものよりきれいで柔らかく甘くて美味しいと評判です。開けた瞬間の匂いは強烈です(笑)
夕方のバスで大阪に帰るエミちゃんを
午後のレッスンが終わってから、一緒に食事し乗り場まで猫ちゃんママと送っていきました✨
大きなバス。
私も「見送りだけど中見ていい?」って運転手さんに笑いかけると、「いいですよ」と言ってくれたからエミちゃんと、きゃっきゃっバスの中へ。
カーテンで一人一人仕切られてるけど
体は口あけて爆睡できるほどは伸ばせられません。

エミちゃん、そろそろ大阪に着く頃かな。
腰痛くなってないかしら。。。

今日もエミちゃんも、みんなもお疲れ様でした(*^_^*)✨

マグナムエミちゃんへ

こんばんは
今日は久しぶりにエミちゃんに会えて嬉しかったです(*^_^*)
バームクーヘンのお土産もありがとうございました。

エミちゃんからの切り干し大根、とっても美味しいです💗
いつもありがとうございます。

エミちゃん家のクロちゃん、体重もふえて元気になったようで安心しました。
よかったですね。

また、次回、レッスンで会えるのを楽しみにしています♪v(*'-^*)^☆

もう、家に着いて、寝ているころかな?
猫ちゃん達と一緒に、ゆっくり休んでくださいね。

おやすみなさい✨✨

ミーママさん、猫ちゃんママさん、昨日はありがとうございました(*^^*)m(_ _)m

ミーママさん、猫ちゃんママさん、
ダンスレッスン後、昼食を食べそびれ💦食事にお付き合い下さり、また、夜行バス乗り場まで送って下さり、貴重なお時間をありがとうございましたm(_ _)m

いつもは車で松山に行くのですが、雪の状況や予想ができないので、夜行バスで行くことにしました。

切り干し大根は、美味しいと評判みたいなので、ダンスレッスン前に送らせて頂きました。喜んで頂けて良かったです
(^_^)/
切り干し大根があっても、料理が苦手で作らない私、、、
ミーママさんや猫ちゃんママさんのように、頑張って料理をつくってみたいと思います(^o^;)

そう言えば。。。
バス乗り場の帰り際に、なんとミーママさんが運転手さんに声をかけて、バスの中へ。。。ミーママさんの行動力にびっくり(・・;)

ついニコニコ笑顔のミーママさんに、
『大阪に行きますよー。』

って話すと、私や運転手さんに
『ありがとう❤』
と言って、バスを降りていきました(*^^*)

楽しい時間はあっというまですね。。。
なんだか寂しい気持ちになりましたが、
、、

ミーママさん、待っててくれた猫ちゃんママさん、ありがとうございましたm(_ _)m

帰りのバスの中、やっぱり腰が痛かったけど、知らないうちに爆睡してました💦

大阪に着くと、現実に引き戻されましたが、これからもわんちゃん、猫ちゃん、動物達のため、私に出来ることをコツコツと頑張っていきたいと思います(^o^)

猫ちゃんママさん、腎不全のくろちゃんの体重ですが、一時は4、8キロ位まで減りましたが、今は朝夜の黒カンパウチと間にビューティープロで6キロに増えました(*^^*)

気にかけて下さり、ありがとうございますm(_ _)m腎不全に負けず、元気でいてほしいです(^_^)

では、家族に迎えて頂いているわんちゃん、猫ちゃんたちが、元気で幸せに過ごせますように☆☆☆

まだまだ寒い日が続きますので、あたたかくしてお過ごし下さいませ✨

犬や猫を飼っている家庭で、冬に気を付けたいことを調べてみました。

こんばんは、アグネスです。ワンにゃんパトロールやフードのお届け、問い合わせ、嘆願などSOS活動ありがとうございますm(_ _)m
年が明けてからインフルエンザが猛威をふるっていますが、皆さん大丈夫ですか?
外出される時はマスクを、帰宅したら手洗い、うがいをして予防して下さいね(^o^)

寒い冬は、ワンちゃん、猫ちゃんにとってもつらい季節ですね(>_<)
アグネス家のにゃんこ達も、日中はひなたぼっこ、夜はお布団の中に我先にと入って来ます。朝、目が覚めると隣に寝ていた子供たちとの間に猫がいて、たくさんの兄弟姉妹のようだと思ってしまいます。
幼少期から犬や猫を飼っている家庭の子供は、そうでない場合と比べて、情緒が安定している確率が高いそうです。
まめにシャンプーをしたり、ブラッシングをしていれば動物アレルギーのリスクも下がるようです。

アグネス家では、猫達のお世話をする事で、命に対する責任や思いやりを持てるようになったかな?と子供たちを見ていて思います。
学校の勉強も大切ですが、思いやりや慈しみ、責任感など社会に出たときに、人として大切な事を猫ちゃん先生から教わっているアグネス家です。

寒い冬、犬や猫と暮らす上で気をつけてあげた方が良い事などをピックアップして紹介させていただきたいと思います。

【冬に気を付けたいこと】

①【呼吸器の病気】
寒くなって空気が乾燥するとクシャミや鼻水など呼吸器の疾患が出やすくなります。
猫→「猫ウイルス性鼻気管炎」と呼ばれる、人の風邪によく似た症状の病気があるため注意が必要です。クシャミをしていたり、目ヤニが多く出ていたり、鼻水が出ているようなら動物病院に連れて行くようにしましょう。
(ワクチン接種である程度防ぐことのできる病気ですが、猫から猫へ簡単に感染しやすく、一度体内に入ってしまったウイルスが何年も生き続けてしまうことがあるので、特に注意が必要な病気です)

②【やけど】
猫は暑い地方(中近東)出身のため寒さが苦手な動物です。
犬でも寒さが苦手な子が増えています。
ストーブやヒーターの前に長時間座り込んだり、体をぎりぎりまで近づけたりすることがあり、体毛やひげを燃やしてしまったり、皮膚にやけどを負ってしまう事故が多発します。ストーブなどの周りにはチャイルドガードなどを設置するなどの防止策をしましょう。
身軽な猫は、台所のコンロのお鍋にも気を付けて下さい。

使い捨てカイロやペットヒーターを防寒対策として使う場合は、タオルで包み低温やけどにならないようにしましょう。

③【膀胱炎・尿路結石】
冬は尿の量も減り、尿自体も濃くなります。濃い尿は膀胱炎や尿路結石の原因になりやすく、オス猫は結石や結石になる前の結晶が尿道に詰まり、尿が出なくなってしまうことがあります。
オス猫の場合、1日尿が出ないと毒素が体内に回り最悪の場合、死に至ります。飲み水をぬるま湯にしたり、トイレの場所を暖かくするなどの工夫をして、寒くてもトイレを我慢することがないようにしてあげることが大切です。

④【乾燥性皮膚炎】
冬は湿度が低く乾燥しがちです。暖房のきいた部屋は特に乾燥し、静電気も起こりやすいので、フケが多く出たり痒みが出やすくなります。保湿成分を含んだシャンプーを使ったり、加湿器で室内の乾燥を防ぐことが大切です。

⑤【ヒートショック】
夏場の熱中症対策と同じように、冬場も寒暖差によるヒートショックを防ぐ為に、温度対策が大切です。
高齢や病気時→寒さを感じやすいため室温を少し上げます。
心臓病がある時→体を暖め過ぎると呼吸の回数が増え、心臓に負担がかかるので震えずいられる室温が適温です。
散歩などで、室内から屋外へ出る場合、温度差がかなりあるので特に注意が必要です。

⑥【肥満】
寒くなると動物は皮下脂肪を蓄えて冬に備えようとします。また、運動量が減るため肥満になりやすくなります。肥満は心臓への負担がかかったり、関節などにも負担がかかり、様々な病気の原因となるので、フードの量と質に気をつけるようにしましょう。

⑦【シャンプー】
冬場は寒いのでシャンプーを嫌がることもあり、まめにシャンプーするのが難しいことがあります。
高齢の場合、風邪を引いたら、肺炎を起こすこともあり大変です。そういう時は、ドライシャンプーがおすすめです。
(作り方)
重曹とコーンスターチ(又は片栗粉)を1対1で混ぜたものを汚れた部分にかけて、はたくように粉を落とすと汚れが取れます。

寒い冬、大切な家族であるワンちゃん、猫ちゃんが病気にならないように気をつけてあげたいですね(*^^*)
冷たい北風の下で頑張っているホームレスのワンちゃん、猫ちゃんが風を避ける場所と、ご飯がいただけますように。

熊森協会の記事についてコメントをありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは、アグネスです。
愛をまといたいコロワンさん、愛をまといたいさん、愛をまといたい福岡のみのりさん、日本熊森協会さんのニュースをコメント下さり、ありがとうございますm(_ _)m
秋田県で熊の目撃情報が増加している原因は、人間側にもあると熊森協会さんのニュースにも記載されているように、住むところ、食べ物、色んなバランスが崩れてしまったことにあります。
もともと山にあった木を伐採して杉に植え替えなかったら、山には野性動物の餌になる実がたくさんなっていたでしょう。ドングリの木は水をよく吸い上げるから、大雨の時も鉄砲水を防いでくれていたでしょう。花粉症のリスクも下がっていたことでしょう。

もともとは臆病な熊をはじめ、野性動物が人里に降りてくる理由は【空腹】です。人間を襲ってやろうなんて考えて降りてくる訳ありません。攻撃することがあるのは【人間が怖いから】です。

最近はホームセンターのペットコーナーが動物園顔負けの珍しい動物を並べて販売しています。住み慣れた土地から【高額で売れる】という理由だけで捕獲され、販売されています。
どんなに不安に思い、ストレスを感じながらいるのかと思うと可愛いと思うよりも、可哀想になります。

先日、ケニアでシロサイの亜種「キタシロサイ」の最後のオスが死んだそうです。精子は冷凍保存されているので、キタシロサイのメスに人工受精が出来れば、子孫が残る可能性もありますが、現時点では絶滅する運命との見方が強いようです。
短剣のサヤにするために、オスが乱獲された事が原因のようです。

ツキノワグマも人を襲うなどともっともらしい理由を付けながら、猟友会が先頭になって捕殺していますが、肉や胆嚢が高価で売れるから【乱獲】されていることは明白です。

日本の固有種が人間のエゴで消えていっているということを、もっと多くの人が知るべきです。そして、共生するための知恵を出し合い実践するべきだと思います。

島の恵さん、香川県庁に問い合わせ、嘆願をありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは、アグネスです。
島の恵さん、いつも鋭い切り込みで問い合わせや嘆願をありがとうございますm(_ _)m
香川県が、県民の血税を使い、殺処分併設の動物愛護(殺処分)センターを建設するのですね。
飼養できる動物の数や、期間など島の恵さんの一度 目の問い合わせでは具体的な回答がなく、二度目の問い合わせでようやく回答があったものの、莫大な税金を使って殺処分センターを建設する印象は拭えませんでした。殺処分される犬や猫を減らすには不妊去勢手術が不可欠です。せっかく作るのだったら、そこに勤務する公務員獣医と飼い主のいない猫の不妊去勢手術を積極的に行って欲しいですね。

ホームレスのワンちゃん、猫ちゃん達が休む場所とご飯をいただけますように。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR