FC2ブログ

犬達のSOS☆②秋田県庁・佐竹敬久知事が許可し、猟友会が射殺した絶滅危惧種のツキノワグマは、昨年1年間で生息数の半数以上の817頭!【熊の管理計画】と銘打ちながら猟友会の金もうけのためと生態系を壊す安易な行動に、秋田県庁自然保護課へ抗議と嘆願の電話2018年1月31日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/3/30・5/19・5/20・5/21・23~26・30~6/4・6/12~18
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18・2017/3/31~5/18・5/22・27~29・6/5~11・19~2018/1/31)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16・2018/1/18~1/26
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5・2/19~25・3/17・18・20~4/10・14~11/27・12/10~15・2018/1/2~1・27~31)

福岡のみのりちゃんの弟さんデザイン2
【福岡のみのりちゃんの弟さんデザイン】

前記事①purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1227.html(秋田県庁に問い合わせ・嘆願のコメント)の続きです。

2018/01/23高知の可奈ママさんコメントです。
昨年、817もの大切な熊の命を奪った秋田県庁に問い合わせと嘆願をしました。
SOSブログメンバーの皆さん、連日連夜☆本当にお疲れさまですm(__)m☆☆
島の恵さん☆愛をまといたいさん☆秋田県で昨年、ツキノワグマが817頭も殺された事について秋田県県庁に問い合わせ&嘆願して下さり、ありがとうございましたm(__)m
私も皆さんと同じく《これ以上熊を殺さないで( ノД`)…》との思いで電話していたので、ご報告させて頂きます。

1月12日(金)12時34分
秋田県県庁
(代表…018-860-1111 )
に電話しました。

『秋田県庁です』
と電話に出た、名前を名のらない女性の電話交換の方にも聞きたい事があったので『秋田県で熊が817頭も殺された事について、ちょっとお伺いしたいですが、かまいませんでしょうか?』と聞くと『自然保護課にお繋ぎします』と、電話が切り替わり、
自然保護課のコバヤシ氏という男性職員さんが対応してくれました。
(この方も名前を名のらなかったので私から聞きました)

月の輪熊3
【秋田市内で目撃された親子とみられるツキノワグマ】

『昨年秋田県でツキノワグマが817頭も殺された事についてお伺いしたいですが、かまいませんでしょうか?』
と聞くと
『はい』
と言ってくれたので、先ず
『ツキノワグマを殺していいと許可したのは秋田県県庁ですか?』と聞きました。
『いえ。それは各市町村が…いえ県庁ですね。各市町村に県庁が許可しました』
とコバヤシ氏。

『817頭も殺す許可を秋田県県庁がだしたがです(゜ロ゜)!?何でです?』
と聞くと、市町村役場等に農作物の被害や住宅街に熊が出た等の苦情が上がってきたからとの事。

『それだけの理由で817頭ものツキノワグマを殺す許可を出した秋田県県庁は、ツキノワグマを絶滅させたいがです?!』
と聞くと、絶滅させたい訳じゃないと言うコバヤシ氏。

『人間の方が熊の被害に合わないよう何か対策はとってますか?』と聞くと
『例えば?』
と逆に質問されたので
『熊が出没する地域の方に鈴など大きな音の出るような物を持っててもらうとか…』
と話していると…
『秋田県民みんなに鈴を持たせるなんて出来ません。人の居る所で音はどうかと思う』
とコバヤシ氏。

クマ3

そして
『平成29年4月1日~12月31日【熊の管理計画】の下 、817頭ものツキノワグマを殺した』と話すコバヤシ氏。

『【熊の管理計画】の中に817頭もの熊を殺していいとあるがですか( ゜ロ゜)!!それってツキノワグマを絶滅させる計画やないですか?!』
と、かなり驚いた可奈ママ…

コバヤシ氏が言うには、
この【熊の管理計画】の中には817頭もの数はなかったから、数は緊急追加し対応した。
秋田県の許可=佐竹敬久(さたけ のりひさ)知事の許可。
知事にはその都度報告ではないが、817頭という管理計画以上のツキノワグマが殺された事は知事も知っているそうです。

そして、熊の被害に遭わない為の対策は《ゴミはきちんと袋をくくって捨てる》という事だそうです。
農作物への被害については、これから対策を考える。

このままではツキノワグマが絶滅の危機になるかも知れません(。>д<)
熊はお腹が空いていて食べ物を探していたら目の前に食べ物があったから、ただ食べていただけだと思います。人間がお腹を空かせ、スーパーで食べ物を買って食べるのと同じ事だと思うので、 これ以上熊を殺さないように、畑等に囲いをし、熊が来たら音が鳴るよう鈴などを紐でぶら下げたりして、何か人間の方で工夫して頂きたいとお願いし、電話をおきました。

817頭ものツキノワグマを殺したのは『熊の管理計画の下』と言いながら、管理計画で示した頭数以上に殺したから『(数を)緊急追加し対応した』とコバヤシ氏は平然と話し、
この現状を佐竹敬久(さたけ のりひさ)知事もご存知だと言う(-""-;)

佐竹敬久知事さんm(__)m秋田県庁さんm(__)m
《熊が現れたから殺す》ではなく、野生動物と人間が共存できるよう、対策を考えて頂きたいと切に願いますm(__)m

福岡のみのりちゃん2

2018/01/30 愛をまといたい福岡のみのり☆さんコメントです。
秋田県庁の自然保護課に問合せ&嘆願をさせて頂きました。
みなさん、いつもブログ活動やパトロールなど、犬猫ちゃんをはじめ、動物達の為に、いつもありがとうございますm(_ _)m
1月26日9:04秋田県庁(018-860-1111)に問合せと嘆願をさせて頂きました。自然保護課に繋いで頂きました。
簡単ですが、ご報告させていただきます。
対応して下さったのは、落ち着いた声の男性(817頭も殺された熊の事で聞きたいと伝えると、担当の自然保護課に繋がれた後も、更に担当の男性職員に代わられたので、熊の件を担当されている方がいらっしゃる様でした。)

(私)
殺す他に対策はなかったの?

(男性職員さん)
報道で伝わっていない部分がある。人里や住宅街におりてきて、4名亡くなっている。昨年も1名亡くなった。

人に危害を加える。我々としては大変。国の安全を守る為。山では殺していない。人里におりてきた熊を檻をかけて砲殺。

(私)
1年間で817頭もの熊を殺していたら、絶滅してしまうのではないかと心配になります。

(男性職員さん)
秋田県に熊は1000頭いる。岩手、山形に行くとかなり上回る。昨年度から、生息域に精度の良い自動カメラを設置して管理している。

(私)
毎年、800頭以上も殺していたら、絶滅してしまいますよね。殺すのではなく、共生していける対策を取って頂きたい。
保護して、山に返してほしい。

(男性職員さん)
県民感情としては、それは、できない。長野県ではやっている。県によって違う。農作物の被害がある。熊は、2000〜3000頭(増えていました)いる。

(私)
でも、殺して欲しくないんです。長野県を見習って同じ様にする事は出来ないんですか?

(男性職員さん)
粘り強く県民の方を説得しないといけない。熊も生きる権利があるんでね。砲殺しない、人里に檻をかける前に降りて来ない対策をきっちっと取って行く方向に動いています。

以上です。最初は、熊を殺さない為の対策どころか、殺すことを正当化されていましたが、最後は、熊が人里に降りて来ない為の対策を取って行く方向に動いていると仰いました。

秋田県の熊の生息数も1000頭から2000〜3000頭に変わっていました。

この方に問合せと嘆願をして思った事は、とりあえず其の場凌ぎの嘘で、事を終わらせ、熊を殺し続けるという事です。

1年間で817頭も熊(あまりにも多すぎると思いましたので)が人里に降りてきたのかと尋ねると、「山にまで入って殺していない」と仰いました。
しかし、そんなに多くの熊が降りてくるとは考え難いのです。
仮に降りて来ていたとしたら、その事がニュースになっていると思うのです。

殺さないでと何度も言いましたが、全く届いていない様子でした。
市民の声にも耳を傾けてくれないのか...と悲しい気持ちになりました。

福岡のみのりちゃんの弟さんデザイン1

*関連記事
犬達のSOS☆秋田県では2017年に絶滅危惧種のツキノワグマを生息数の半分以上817頭も射殺!熊に襲われた20名のうち死亡者1人に対し1ヶ月68頭、毎日2.2頭平均で熊を射殺!猟友会の者達は市民の安全とウソぶき漢方薬になる高額なクマの内臓や毛皮で大儲け!?秋田県庁はツキノワグマ絶滅放任か!2018年1月9日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1217.html

犬達のSOS☆4年半前、石川県猟友会金沢支部は射殺した「熊の胆」を無許可で会員に1グラム2700円で販売していた!熊の胆は医薬品である為、石川県知事の許可が必要だが石川県庁は違法とせず、今後は医薬品メーカーに高額で販売する方針に!お金儲けで更に熊が乱獲の危機に?!2018年1月17日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1222.html

犬達のSOS☆2017年、秋田県庁は、絶滅危惧種ツキノワグマを817頭殺したが、日本オオカミや日本カワウソのように絶滅させるつもりか!?野生動物の殺戮に助成金やハンター資格取得者に補助金を出すより、熊を山に返す発信器の設置や実のなる木を植え、野生動物保護区を作るべき!2018年1月21日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1223.html

きよ丸にゃん今朝も一段と寒いにゃん暖かくするにゃん 
【きよ丸にゃん今朝も一段と寒いにゃん暖かくするにゃん

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の寝場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

きよまる・リンくん①
【きよ丸君とリン丸君】

きよまる・リンくん②
【おやすみ~

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。


スポンサーサイト

コメント

Secret

昨年、秋田県のツキノワグマが817頭(生息数の6割)も射殺されたことについて、秋田県庁自然保護課に問い合わせ&嘆願!

皆さん、お疲れさまです。
連日のブログ活動や犬猫ちゃんパトロールをしてくださり、ありがとうございますm(__)m✨✨

遅くなりましたが、皆さんに続いて、昨年、秋田県の推定生息数の6割にも上る817頭ものツキノワグマが射殺されたことについて、
秋田県庁自然保護課(018―860―1111)に問い合わせ&嘆願をしましたので報告させて頂きますね。

1月30日(11:47)

最初に受付の女性職員さん(名前を名乗らず)が電話に出ましたので、秋田県で昨年1年間で絶滅危惧種に指定されているツキノワグマが推定生息数の6割にも上る817頭も射殺されたことに驚きと憤りを感じて問い合わせさせて頂いたことを伝えると、《自然保護課》に繋いで下さいました。

(サクラダ氏)
お電話変わりました。自然保護課のサクラダと申しますけれど・・・。

と、丁寧な感じの男性職員さんに代わりました。

挨拶を済ませて、冒頭で受付女性に伝えた内容の問い合わせであることを再度伝えると

(サクラダ氏)
あ~、そうですか。少々お待ち頂けますか。

と保留になりました(*_*)

(タカマツ課長)
はい、お電話代わりました。タカマツと申します。

と、今度は自然保護課のタカマツ課長に代わりました。

タカマツ課長にも受付女性やサクラダ氏に伝えた内容の問い合わせであることを再度説明しました。

(私)
昨年1年間で射殺したツキノワグマの成獣、幼獣、オス、メスの内訳を教えて頂けますか?

(タカマツ課長)
それは、わからないですね~。どこまでが大人か子供の見分けがわからないんです。例えば大きさが70センチであれば大人なのか子供なのか判断ができないですしね。
(オスメスの内訳も把握していないとのこと)

(私)
出没したら手当たり次第、子供だろうが大人だろうが全て射殺したということですね?

(タカマツ課長)
手当たり次第というか、そうですね、地域住民の方で危ないと言って、檻をかけて入った分は、そこで止め射し(全頭射殺)をしたということですね。

(私)
檻にかかった熊を山奥に連れて行って放獣するということは、一切していないから、生息数の6割も射殺という結果になったのですね。

(タカマツ課長)
ええ。昔は確かに小さい熊とかは放獣していたんですが・・・。

(私)
昔は放獣していたのに、今はなぜ放獣せず、捕獲した熊を全頭、射殺しているのですか?

(タカマツ課長)
それは県民感情が許さないということですね。

(私)
秋田県民は熊や野生動物に対して、冷酷で情け容赦がないということですね?

(タカマツ課長)
いや~、というか、家の周りにいて外に出て歩けなかったり、小学生が登下校でも集団下校している状況で、それを放獣しても、また戻ってくる可能性が高いということで。

(私)
そもそもは人間が熊の棲みかである山や森林を開拓して住宅地にしているのがいけないのであって、熊に罪はありませんよ。

(タカマツ課長)
え~、逆のパターンになっていまして、秋田県の場合、中山間部がもう人がいなくなりつつある所に熊がどんどん里に下りて来ていまして、さらに集落の中に棲み着いている状況の中で住民が集落を歩けない状況になっているんです。

(私)
その対策が捕殺というのは全く解決にならないですよね。

(タカマツ課長)
そうならないのはわかっていますので、来年度(今年4月)からは熊と人間の棲み分けを考えるような取り組みを始めようとしています。

具体的な取り組みとして

◆熊が里に近付かないように緩衝帯の薮とかを苅り払って見通しを良くして環境整備を行う。

◆なぜ熊が集落に出てくるのかというのを、専門の学者さんとか地域一体となって熊の生態を含めた勉強会をソフトとハードを組み合わせながらやっていく。

とのこと。

鹿角市の熊がよく出没する地域で1ヶ所、上記の取り組みを試験的にやってみたら、熊の農作物被害が3分の1に減ったそうです。
専門家から学んだら熊の対処法や、なぜ熊が集落に下りて来るのか、例えば柿や栗の管理などに取り組んだ結果、住民の理解が深まり被害減少に繋がったそうです。

(私)
農作物被害対策のことなど仰っていましたが、熊は臭覚が敏感なので忌避剤を散布、塗布したり、敏感な聴覚を利用して警戒音や超音波等で追い払う方法がありますよね。

(タカマツ課長)
え~、そうですね。

(私)
熊が人里に下りて来るようになったのは、野良犬がいなくなったことも大きな要因で、熊対策に最も有効なのは、犬を活用して吠える声で敬遠させることかなと思います。

(タカマツ課長)
そうですね。

(私)
ベアドッグを導入している長野県軽井沢の住宅地での熊の目撃件数は最多だった2006年の36件に対し、2016年は9件まで減少しています。

(タカマツ課長)
この前、ベアドッグのピッキオさん(長野県軽井沢)に視察に行って、凄い効果があるようなんですが、どのように育成していくかとか、費用面、何千万円とかかかるので、どうするのかとか、いろいろ課題はありますが、犬は吠えますので、かなり効果がありますから。

(私)
私の知人の話ですが、里山にある農園の猪による被害が酷くて困っていたそうですが、迷い込んだ野良犬が棲み着くようになって、『この子のお陰で一切被害が出なくなった(^_^)』と喜んでいました。
ベアドッグでなくても、普通の犬ちゃんがいるだけでも効果は大きいと思います。例えば秋田県の動物愛護センターで殺処分される運命にある犬ちゃんたちを熊が出没する農地に配備するとかしたら、熊だけでなく犬の殺処分もなくせるし、一石二鳥ですよね。

(タカマツ課長)
そうですよね。私も田舎の生まれで、小さい時、夜とか犬を放したりすると、熊だけでなく、キツネやタヌキとかも近寄らなくて非常に良かったんですが、やっぱり犬を中で飼うようになってからですね。
保健所とかに連れて行かれないようにタッグみたいなのを組みながら、定期的に(犬を)放してみるのも有効的なのかなというのも頭に入ってはいるので。

(私)
住民の方々には、犬の鳴き声アプリをインストールしたスマホを持ち歩いてもらうなど推奨するのも有効かと思います。

タカマツ課長は、
『一番効果があるのは犬かなと思う』と、声を弾ませて話して下さいました(*^^*)

(私)
それから、熊を追い払うだけでなく、日本の山や森林は人工林ばかりが増え、熊の食物となるドングリのなるクヌギ、ブナ、ミズナラ、柿の木が減少していますので、それらの樹木を植樹し、樹木が成長して実がなるまでは、農家に協力してもらい、傷物半端物、あるいは収穫せず放置され、商品にならない農業廃棄物を回収して山奥や森林の熊の生息域に運ぶようにしてはどうでしょうか?

(タカマツ課長)
う~ん。

(私)
もちろん人件費はかかりますが、野生動物の駆除に助成金を出したり、狩猟資格取得者に補助金を出すのではなく、熊や野生動物の棲みやすい山や森林を守る活動に補助金を出していくことが、結果的に人間が住みやすい環境を作り出すことに繋がっていくはずです。

(タカマツ課長)
貴重なご意見をありがとうございます。

(私)
それから、3月~5月、冬眠中か冬眠明けの熊をハンターが山奥に出掛けて行って、熊の巣穴を探し出し、捕殺することを春熊狩りや春熊猟というそうですが、法律で決められている狩猟期間は11月15~2月15日なのに、春熊狩りはこの期間外に行われているそうですね。

(タカマツ課長)
他の県では穴熊猟というのをやっているんですが、うちの県では基本的には禁止ですね。子供を産んだ母親(を捕殺する)とかいうのは、人間としておかしいですというので。
春熊猟というのは、里に下りて来ない効果があるという専門家さんの意見もありますので、毎年20頭くらいは捕獲していますけど。

※穴熊猟・・・冬眠中の熊穴を狙う猟のこと。

秋田県では、狩猟期間外の一定数の春熊猟は黙認しているようです( ̄^ ̄)

(私)
予察駆除という形で、わざわざ山奥に行って静かに暮らしている熊を捕殺するのは、冬眠明けの熊の胆嚢は肥大していて漢方薬の胆として高額で取り引きされるから、狩猟者がガッポリ儲ける為の名目ですよね。

(タカマツ課長)
う~ん、まあ、胆嚢自体は確かに春熊ですので良くて、マタギ文化として根付いてきたんですけどね。

(私)
まだそういう文化が残っているんですね。

(タカマツ課長)
それはやっぱり伝統的文化というのがありますので、何件かはそういう人はいますよね。

(私)
やはり高額取り引きができる胆嚢などを目的に捕殺している現実があるのですね。

(タカマツ課長)
それはね、住宅街の近くに出てきた熊を檻に入れて殺すのは、夏の熊っていうのは何の価値もないっていうことで狩猟者たちも本当は捕りたくないって言うんですけど、人的被害が出てくる状況なので。

(私)
熊に価値がないのなら、捕獲した熊を山奥に放獣して頂きたいです。

(タカマツ課長)
これも一理あるんですが、長野県あたりですと、放した熊の半分くらいがまた元の場所に戻ってくるというデータがありまして、それを繰り返していると、狩猟者の方が、またかまたかと重労働になるというのがありまして。基本的にはそこで殺してしまうというのが現状ですね。根本的な解決にはならないんですけどね。

先ほど提案させて頂いた犬を活用したり、実のなる樹木の植樹、樹木に実がなるまでは、農業廃棄物を山奥や森林に運ぶことなど、自然保護課の職員の皆さんでアイデアを出し合って、建設的に取り組んで頂くよう再度、嘆願しました。

(タカマツ課長)
そうですね、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

対応へのお礼を伝えて電話を置きました。

以上が問い合わせ内容です。

タカマツ課長は熊被害対策に犬を活用することについて、前向きな様子が伝わってきました。
秋田県は平成28年度に全国で収容された犬の返還・譲渡率のワースト10に入っています。
殺処分される運命にある犬たちをベアドッグとしてトレーニングして、秋田県から全国に広めて頂きたいと思います。

熊の胆嚢からとられる熊胆(ゆうたん)の主成分である、ウルソデオキシコール酸は化学合成が可能であるにもかかわらず、いまだに漢方薬として熊胆が珍重されているようですが、物言えぬ動物が、お金に目が眩んだ欲深い人間の犠牲になることは許されません。

和歌山県太地町の残酷なイルカ猟も伝統文化、伝統猟法と、もっともなことを言いながら、イルカをトレーニングし軍事用にロシア、ウクライナ等に輸出し、懐を温めている和歌山県の仁坂吉伸知事や太地町の三軒一高町長がいます。

今後、秋田県がどのように人間と熊が共存できるような建設的な環境作りをしていくのか、注目していきます。

マグナムエミちゃんへ

こんばんは(*^_^*)
エミちゃん、犬猫ちゃん達のフードを送ってくださりありがとうございます(*^ー^)ノ♪
今日、届きました。

パトロールしてくださっているメンバーさん達にも送らせていただきます。
いつもありがとうございます💗

秋田県庁に問い合わせをありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは、アグネスです。
島の恵さん、愛をまといたいさん、高知の可奈ママさん、愛をまといたい福岡のみのりさん、愛をまといたい美和さん、【秋田県で2017年に817頭ものツキノワグマが殺されたこと】について、秋田県庁に問い合わせや嘆願をありがとうございましたm(_ _)m
もともと山だった所を切り開いて住宅地にした所での目撃情報、山菜採りに山に行ったときの目撃情報が多いようで、これはツキノワグマの生息地を奪い、餌になる木の実がなる木を切り払った人間側に原因があると思います。熊だけでなく、猪や鹿、猿などの野性動物が人里に降りてくる原因は何か?空腹を満たすためです。
住む場所や餌を奪った結果なのだから【人災】と言えると思います。
自然を壊し、野性動物を殺すのではなく、人も動物も自然も豊かに暮らせるための努力をして欲しいですね。

ホームレスのワンちゃん、猫ちゃん達が休む場所とご飯をいただけますように。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR