FC2ブログ

犬達のSOS☆自分達の幸せだけを願い、自然や地球を壊し続ける人間達。この世に生きとし生きる野生動物達、捨て犬、野良猫達が、残忍な人間に虐待されたり殺されたりしないように。自分や家族が動物達にしてきた虐待は、因果応報で自分自身に返って来る事に。ミーママより☆2018年3月10日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/3/30・5/19・5/20・5/21・23~26・30~6/4・6/12~18・2018/2/24~3/2
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18・2017/3/31~5/18・5/22・27~29・6/5~11・19~2018/1/31~2/23・3/3~10)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16・2018/1/18~1/26・2\1~3・3/10
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5・2/19~25・3/17・18・20~4/10・14~11/27・12/10~15・2018/1/2~1・27~31・2/4~3/9)

イラスト21
【イラスト:もぐちゃん作

2018/02/24 ミーママさんコメントです。
こんにちは、ミーママです(*^_^*)
みんな、自分の時間を削ってSOS活動をありがとうございます。
急にこの一週間で春めいてきて過ごしやすいですね。
梅が爽やかな香りで咲き始めました。
人気の無い朝方が一番香ります
我が家の屋上で何年も鉢植えのまま咲き、果物屋さんより甘い実を付けてくれている山桃も、小さく硬かったつぼみが、少しずつ大きくなりました(*^_^*) 

一昨年は、賢くなった鳥たちに桃の実を覆った紙を剥がされ、一番食べごろの収穫時に全部、食べられました^^;
「鳥ちゃん達、毎朝、パンあげてるでしょ?
さくらんぼは、鉢植えの桜が咲くと私が手で受粉し小さな実がなったのを全部あげてるでしょ?
桃だけは私も食べたいから、半分は鳥ちゃん達の分、残りの紙で覆った実は我が家の幸よ。って毎年分けて頂いていたのに💦
全部たべちゃだめよ〜💦
硬い美味しくないオリーブの実まで全部、最近は食べちゃうし^^;

薬品メーカーの巧みなCMに踊らされた虫嫌いな母親や子供達が増え、益虫まで全て殺虫スプレーで殺され、農薬でも殺され、鳥さん達の食べるものまで人間に奪われているから鳥さん達も大変ね💦」
去年は紙をやめビニール袋で半分の桃の実をくるみ無事、鳥さん達と分けて頂きました甘かったです♡

いらすと6

私が屋上に上がったり口笛をふくと
私の姿を見つけて
二羽のカラスと小さな鳥が鳴いて飛んできます。カラスの一羽は数年前、夫婦のうちどちらかが車に轢かれ死んでいたのを、
『カアカア!起きて起きて!車が来る!カアカア!』と鳴いて叫びながら
死んだ相方の上で鳴いていたカラスのようです。たまたま鳴き声で私が見つけ、交差点に走っていき何度轢きされないよう、中央分離帯の草の中に置いてあげると付いてきて、亡骸の上でカアカア胸が痛くなるような悲しい声で鳴いていました。 
生き物達にも、心があり相手を思う心があることを、この時も強く教えられました。
夫婦で屋上に、毎日パンを食べに来ていたカラスがずっと一羽だけになり、しばらくすると新しい相方を連れてきてそれから、仲良く私の姿を見ると鳴いて飛んできます。
カラスに限らず鳩や鳥たちは、人間のようにすぐ離婚はせず死別するまでは二羽で仲良くつがいをしています。
(*^_^*)カラスが黒い色ではなく白やピンク色で泣き声もカアカアでなく、ピピピーだったら人間に嫌われ続ける事は無かったでしょう。

201702050922036c6.jpeg

伊勢神宮や熊野大社にまつわる日本神話ではヤタガラス『八咫烏』という熊野の神の使いとされるカラスが漁師を救ったり、神様の言葉を伝え道標役をします。神様の信託を伝える三本足のカラスとして後世、絵画等で伝えられました。
昔の日本人は感受性が強く、カラスを忌み嫌うのではなく賢さを認め、自然との共存をされていたのでしょう。
不思議な事に、我が家の屋上にはそのつがいしか来ず、あとのカラス達は来ません。私もカラスの大群が私を見ると飛んでくると困りますが💦10年ほど前までは松山の公園や、宮島の厳島神社出口の海辺で、鳩の大群が私の手や肩に飛んできていました。
ぎゅっと私の腕を、傷つけないように爪で掴み私を見つめるまん丸い目は無垢でした。

今は日本中、鳩の餌やり禁止や毒エサで鳩が激減しました。。。
最初は小鳥を追い払っていたカラスでしたが、今は小鳥達のパンも残して飛んでいきます。小鳥達も最初は偵察係の一羽が私の口笛でピピピと飛んできて、仲間に知らせ6羽程の家族でパンくずをたいらげ飛んでゆきます。
小鳥達もみんな、神様が作られた子供達です。
子供の頃と比べると庭に実のなる木を植えている家が激減し、旅鳥たちが休憩する街路樹も、実のなるものは糞や鳴き声対策で伐採され、鳥たちが食べる虫達も人間に殺され、人間が壊していく自然や地球で生きていくのは大変です。。。

イラスト20

カラスはお腹を空かせると町の野良ちゃん母猫が、ご飯を探しに行ったすきに、逃げられない小さな子猫を襲って巣に連れ帰り食べてしまいますから、みんなお腹を空かせないようにとご飯をあげています。
夜は綺麗な白金の月やお星様に、朝は光るお日様や、船や白鳥のような雲に、冷たい雨の日は凍てついた重い曇り空に「この世に生きとし生きる野生動物達、捨て犬、野良猫達が、残忍な人間に虐待されたり殺されたりしないよう、食べ物や山の恵みがあり、凍えるような寒さや雪や雨や危険な車の事故を防げる隠れ場所がありますように。氷が張る寒い日も庭に繋がれっぱなしの老犬も暖かい敷物が与えられたり玄関内に入れてもらえますように

人間達も、平気な顔で虫達を殺し自分が救われることばかりでなく、動物の痛みも分かり助ける人々が増えますように。天国に旅立った動物達の身体や心の傷が癒やされ、動物の神様に尽くし愛され幸せに暮らし、もし生まれ変わりを望んだ時は、冷たく残忍な虐待人間に会うことなく、おいしい水やご飯も毎日あり優しい人間と愛し愛され暮らせますように 」とお祈りしています。
(罪と罰)

イラスト0001

松山市NTT病院に北側付近の住宅に住んでいた虐待おばあさんが、野良猫親子が通るのを待ち構え熱湯をかけ、子猫が叫び転げまわるのを笑って見ていたのを見て、子猫の身体を水で冷やし動物病院に連れて行った住民の人がいます。
虐待おばあさんはしばらくして子猫に熱湯をかけた玄関階段で転び、骨折し運ばれた病院でガンが分かり苦しみながら死んだそうです。虐待おばあさんは多分、なんで?あたしが?何にも悪いことしてないのに?とぼやいていたと思います。。。

鳥や野良犬や野良猫に家庭や仕事の不満もぶつけ、毒エサを与え、棒で殴り蹴り痛めつけ殺して来た二面性、二枚舌を持つ虐待住民や、撃ち殺してきた猟友会の者達。  
罪の無い犬猫達を毒ガス室で安楽死だとうそぶき、殺し続けてきた保健所や愛媛県動物愛護センターの公務員達や、高知県小動物管理センターの税金水増し職員(高知県庁職員と癒着した建設業の田邉工務店従業員がなぜか、犬猫捕獲殺処分を入札でしています)

イラスト14

ゲームのようにワイヤーで犬達を追いかけ回し、締め上げ足を切断させたり首を締め上げ、生きていた犬達は更に毒ガスで苦しめ殺して来た山口県健康福祉センター(山口県保健所)の外道公務員獣医の大山昌志、工藤伸一、田中雅樹達、合同捕獲の証拠隠滅に必死だった山口県防府市役所の清水正博、
今は知らぬ存ぜぬで役所を盾に逃げ、松山地方局→大洲食肉衛生検査センター→南予(宇和島)保健所→愛媛県庁薬務課課長になっていた元東温市の捨て犬達に致死量睡眠薬餌を次々与え、ショック死させ息があった犬は愛媛県愛護センターの毒ガス室で二重苦、三重苦を与え窒息死させていた毒の公務員獣医、二枚舌の得居格、 殺されるのを分かっていて通報したり、保健所に連れて行った住民や飼い主達は、本人や可愛い子供が、一般的に食べ好ぎ、お酒や肉の食べすぎで脳卒中から半身不随や糖尿病で足を切断したり、タバコの吸いすぎが原因とされる肺の萎縮による呼吸困難で、まともに歩けなくなった時、自分や家族が動物達にしてきた虐待が因果応報で返ってきたと、思うことはあるのでしょうか。。。

小さな生き物、雑草だと引き抜かれる小さな花、巣分け時のミツバチの大群を殺さず、生きることを見守ってあげられる人や家族が増えますように

【2011年11月、山口県防府市役所と防府保健所の合同ワイヤー捕獲により、ワイヤーが前足に巻つき三本足で逃げ回っていた防府のワイヤー犬シロちゃん】

  
山口県防府市保健所とは?虐待捕獲!非道公務員たちにより三本足にされたワイヤー犬、しろちゃん005
山口県防府市保健所とは?虐待捕獲!非道公務員たちにより三本足にされたワイヤー犬、しろちゃん006

ワイヤレス1
ワイヤレス5
【犬達のSOSで保護費を用意し、信頼できる大阪のアニマルレフュージ関西さんに救出依頼をし、シロちゃんは無事助けられました。虐待公務員達にワイヤーで傷つけられた足は壊死し、命の危機があったシロちゃんは三本足になりました。今、シロちゃんは、アニマルレフュージ関西さんの山で、スタッフの方に大事にされて幸せに暮らしています】

【2014年4月、山口県下松市役所と周南保健所の二度にわたる合同ワイヤー捕獲で、足だけでなく胴回りを一周する酷い傷を負わされた山口県下松市のワイヤー犬】
  
ワイヤー犬1

ワイヤー犬②の1
【動物病院に入院直後のワイヤー犬、目には光がなく不安の表情が強くでています】

ワイヤー犬②の3

ワイヤー犬入院中
【ワイヤーがからまっていた足、白く見えているのは骨です。虐待公務員達にワイヤーで傷つけられた足は、切断せざるをえなくなり三本足になりました】

ワイヤー犬②の4ワイヤー犬入院中4
【足だけでなくお腹まわりを一周縫う程の大きな傷】

山口県ワイヤー犬2山口県ワイヤー犬4
【ワイヤー犬は、メンバーのハッピーさんや周南市の住民さん達の協力を経て、犬達のSOSで保護費を用意し、また大阪のアニマルレフュージ関西さんに依頼し、助けていただきました。
この子も、虐待公務員達にワイヤーで傷つけられた足は、切断せざるをえなくなり三本足になりました。
全て、山口県の防府市役所・防府保健所・下松市役所・周南保健所の虐待公務員達がしたことです。
これらは氷山の一角です。
虐待公務員達に、ワイヤーで身体を傷つけられた上に、山口県動物愛護(殺処分)センターの毒ガス室に送られ、殺されていった罪のない捨て犬や子犬達がたくさんいます】


2職員
【ワイヤー犬を捕獲した山口県周南健康福祉センター(周南保健所)職員達。一番右のメガネが田中雅樹氏。一番左のメガネが生活環境課副部長工藤伸一氏 】

イラスト13

【6年前まで、愛媛県東温市では、当時、東温市市役所・市民環境課(現在、名前が環境保全課に変わっています)にいた近藤大作係長や部下の渡部嘉之達と松山地方局内保健所にいた得居格獣医が、餌やり住民達を脅したり罵声をあびせ、人間に怯え逃げ回っていたり、捨てられて間もない人なつこかった犬達に致死量睡眠薬餌を与え、フラフラになり逃げる犬達を吹き矢で倒し、次々にショック死させていました。
そして、息があった犬達は、愛媛県動物愛護センターの毒ガス室に送られ、更に怖い思いをさせられながら窒息死させられました。
地元動物愛護団体では、長年止められなかった公務員達の捨て犬虐殺は、私達、犬達のSOSの激しい告発で、たった3ヶ月弱で長年続いた致死量睡眠薬餌は中止に追い込まれました。
そして毒の得居格獣医は、大洲の食肉衛生検査センターに公務員お得意の異動で逃がされ、次は宇和島の南予保健所へ異動でほとぼりを冷まし、現在、愛媛県庁の薬務課で、何事もなかったかのように公務員獣医を続けています。
2011年2月愛媛県東温市役所市役所内部から、「憤りを感じているが、狭い役所内で正義や道徳は通じず、見て見ぬふりが慣習化されている。市民から電話がかかると、そんなブログは嘘ですよ~と猫なで声で言っています。証拠の写真を送ります」と、このブログへ、氏名を伏せる内部告発がありました。この東温市役所の軽トラックの荷台部分に捕獲した犬達を檻ごと入れます】

 
姫ちゃん8

【致死量睡眠薬餌による虐待捕獲をしていた当時、多量のクスリと混ぜるためにケースで用意された缶詰めは、この軽トラックの横に積み上げられていました。ブログへ写真が送られてきたときには、半分はすでに使用されていました】
 
愛媛県東温市役所とは?残虐な捨て犬狩り、ブログのみんなの必死さでストップしています003愛媛県東温市役所とは?残虐な捨て犬狩り、ブログのみんなの必死さでストップしています002 

【2011年1月末、毒ガス殺処分1日前に愛媛県動物愛護センターから助け出されたものの、公務員たちの執拗な致死量睡眠薬餌捕獲によって、ショック状態で、 寝たきりになった姫ちゃん(入院時)】
 
姫ちゃん6

姫ちゃん7

【痛々しい床擦れまでができていました】
 
姫ちゃん9

【2011年6月13日にミーママの家に連れてこられた姫ちゃん】
 
姫ちゃん5

【当時ミーママは
『17キロの姫ちゃんが怖がらずに、自力でおシッコに行ける日まで抱いたこの手は離しません。いつか怖がらずにお外も一緒に行けたらいいねo(^-^)o』 と言って、毎日屋上までの32段の階段を抱っこして上り続けました 】
 
姫ちゃん 

【ミーママの家にきてから献身的なお世話と愛情によって別犬のように変身した姫ちゃん。ツルツルの綺麗な毛並みに変わり、恐怖がいっぱいだった瞳は、優しい綺麗な瞳に変わり犬族の姫になりました】
 
姫ちゃん①

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の寝場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

保護時のりーちゃん4
【2016年6月、愛媛県松山市の松山城下の北側、緑町で、ナイロン袋に入れられ捨てられていました。一人ぼっちで母猫に助けを求めるように鳴いていたりーちゃんを、小学生が見つけ、顔見知りの猫好きのお姉さんの所に助けをもとめました。 そして、ミーママダンススクールの生徒さんが、里親になってくださいました(保護時のりーちゃん)】

ミーママサンタさんからもらったベッドで、日なたぼっこりりちゃんです 
【お姫様のように成長した今現在のりーちゃん。ミーママサンタさんからもらったベットで、日なたぼっこりーちゃんです

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

聴導犬レオン君、8年間の役割を終える。

皆さん、こんにちは。
いつもブログ活動をお疲れ様ですm(_ _)m

つい数日前、聴導犬【レオン君】と一緒に暮らしてきた安藤さんが、8年間の役割を終えたレオン君への感謝の気持ちを形にするため、親交のある人たちを招いて開いたセレモニーがニュースで流れていました。

ニュースの途中から観てて内容が分からなかったので、色々と調べてみました。

聴導犬とは、聴覚障がいにより日常生活に著しい障がいのある方のために、ブザー音、電話の呼び出し音、その者を呼ぶ声、危険を意味する音等を聞き分け、障がい者に必要な情報を伝え、必要に応じて音源への誘導をおこなうものとして、指定法人から認定を受けた犬のことだそうです。

盲導犬や介助犬との違いですが、
盲導犬・介助犬は、ユーザーの命令に従って働くそうです。

例えば、
take(取れ)
stay(いろ)
left(左)
right(右)

という英語で命令するのに対して、
聴導犬のユーザーは、耳が不自由なので、聴導犬は自分から動くことになります。音を聴くと、自分で考えてユーザーに知らせ、この音は何の音、においを嗅いでユーザーに必要な音だと判断して伝えています。

法律ですが、身体障害者補助犬法があり、2002年10月に施行され、初めは公共施設への補助犬同伴の受け入れのみが実施されていました。
2003年4月には、補助犬の訓練にかかわる部分が追加、
2003年10月には、民間施設での補助犬同伴の受け入れが施行されました。

さらに、施行後3年を経過した時点で補助犬の育成や使用の状況等について検討され、2006年、2011年、2015年に一部見直しが行われているそうです。

聴導犬はアメリカが発祥とされ、日本では平成30年1月1日の時点で、聴導犬実働数 70頭(協会出身5頭)で、盲導犬より認知度が低く頭数も少ないため、
身体障害者補助犬法が施行されていても、例えば、聴導犬同伴でお店に入れなかったり、聴覚障がい者さんと分からず優しさや心遣いに欠けた対応をされたりと、受け入れや目線に合わせた社会になっておらず、また、障がいを知られたくない方もいますので、普及は難しいようです。

盲導犬各種データより
2017年3月31日
盲導犬 950頭
介助犬 68頭
聴導犬 71頭
(現在、頭数に多少誤差ある場合は、ご了承下さい。)
⬇⬇⬇
http://guidedog-jp.net/data2.htm

訓練費用は、1頭の聴導犬を育成するには、NPO法人聴導犬普及協会の場合、2年間で300万円もかかるそうです。

大阪府の場合は、その半額程度の150万円の助成金が出るそうですが、ユーザーさんの障がいの程度や都道府県によって助成はバラバラで、助成金が出ないところもあり、また、聴導犬育成の協会もバラバラで、ユーザーさん負担のところもあるようです。
(古い情報のため、助成金等の変更・終了の可能性あり)

一般社団法人 日本聴導犬推進協会では、
ホームページ抜粋⬇⬇⬇
http://www.hearingdogjp.org/

☆会員になればだと思いますが、聴導犬は無償で貸与。
☆合同訓練や認定後の訓練費用は全て協会負担。
☆指定医療機関を利用時は、本人負担。
☆認定された後に発生する犬の飼育管理費用や健康診断費用は、本人負担。

☆お住まいの都道府県または、関連のホームページで費用や注意事項等ご覧になり確認してください。 現在、NPO法人聴導犬普及協会は、2015年以降、日本聴導犬推進協会になっている為、ユーザーの負担は、最小限に抑えられているのかもしれません。

【1】希望される方
①面接、相談による適性判断
②候補犬の決定と基礎訓練
③合同訓練、試験と契約
があるそうです。

【2】聴導犬になるまで
①動物愛護センターなどに収容されている、捨てられたり保護された犬の中から選ぶ。生後2ヶ月から4ヶ月の子犬が持っている元々の性格を評価して、聴導犬として向いている犬を選び、トレーニングしていく。

②候補犬として選ばれた犬は、3段階の訓練を受ける。

③合同訓練終了後に書類審査や動作検証などの認定試験をうけ合格した犬だけが聴導犬として認定される。
協会が、その後も、継続的にユーザーと聴導犬をフォローアップしていくそうです。

聴導犬になれる犬は、
・種類はなし
・攻撃性のないもの
中型が多いようですが、すべての犬が候補犬になれ、訓練士は捨て犬でも素質を見抜いて育てているそうです。

☆引退セレモニーの主役【レオン君】🐶
聴導犬として8年間の役割を終えてほっとしたかなあ・・・本当にお疲れ様でしたm(_ _)m

日常生活の中で起こるさまざまな音に反応し、使用者に伝える聴導犬ですが、レオン君は、安藤さんの耳となりコミュニケーションもとれ、生活していく上で身体の一部になっていたんですね(^_^)

レオン君は聴導犬を引退しても、家族の一員でもあり、ラブラドールレトリバーで後継の【アーミ】の指導犬としてもまだまだ活躍してくれそうですね(*^^*)

聴導犬はアメリカ発祥で、日本の法律は検討・見直しをされていますが、社会的理解が薄いようです。

レオン君は捨て犬でしたが、普通ならほとんど譲渡候補になれず、センターに数日間収容されて殺処分になりますが、安藤さんの心身の支えになり大事な存在になっていて、持っている能力を証明してくれました(*^^*)

犬猫の殺処分数を減らす努力をされている一部の自治体などもありますが、各都道府県の動物愛護センターや保健所などで、引き取り拒否をうまくかわし収容された子犬や成犬が譲渡されずに殺処分され続けています。

関係機関や協会などは、センターで殺処分される多くの犬たちを受け入れる体制をつくり、聴導犬を育成し、一生ともに暮らせるフォローをお願いしたいです。

聴導犬にならなくても、殺処分しない方法を考え助言や提案などしていただきたいです。

レオン君と安藤さんのように、人間以上の深い絆で結ばれた聴導犬、介助犬、盲導犬が増えますように☆

さらに、飼い主のいない犬猫達が、優しい飼い主さんに出会い、幸せに過ごせますように☆

以下は記事内容です。
⬇⬇⬇

「レオン長生きしてね」8年間の役割終え引退式

 生まれつき耳が不自由で、障害児支援などを担う大阪市内のNPO法人代表、安藤美紀さん(48)の暮らしを約8年間支えた聴導犬「レオン」(雄、10歳)=雑種=の引退セレモニーが9日夜、同市内のホテルであった。日常生活の中で起こるさまざまな音に反応し、使用者に伝える聴導犬。高齢でその役割を終えたレオンに、集まった約100人がねぎらいの言葉を贈った。

安藤さんにとってレオンは初めての聴導犬で、2009年から一緒に暮らしてきた。感謝の気持ちを形にしようと今回のセレモニーを開いた。親交のある人たちを招き、安藤さんは「レオンに長生きしてもらいたいので、ペットとして引き取ることになりました」と、大切なパートナーへの思いを語った。

 育成団体の日本聴導犬推進協会(埼玉県)によると、聴導犬は10歳前後で役割を終えることが多い。安藤さんもレオンの引退後を見据え、昨春には後継の「アーミ」(雌、4歳)=ラブラドルレトリバー=との共同訓練を東大阪市内の自宅で始めた。アーミは12月に認定試験に合格し、それに伴って正式に聴導犬となった。

 「ありがとうね、レオン。アーミは頑張ってね」。この日、2頭にこう声を掛けた安藤さん。ただ、アーミはまだ経験が浅く、レオンには「アドバイスをお願いしたい」とも。“第一線”から退いても、欠かせない存在であることに変わりはなさそうだ。

(URL参照)
⬇⬇⬇
https://mainichi.jp/articles/20180311/k00/00m/040/012000c

ジョナサン日記⌒(ё)⌒

皆さん、お疲れさまです☆

連日のブログ活動や犬猫ちゃんパトロールなど、ありがとうございますm(__)m✨✨

今年は桜の開花が早かったのですが、ここ数日の冷え込みで足踏み状態でした。
松山では明日から晴天が続きそうです。
お花見を楽しまれてくださいね(*^_^*)🌸🌸

先日、松山市に隣接するショッピングセンターでたまたま、《盲導犬・聴導犬・介助犬のデモンストレーション》という講演が行われていたので、途中からでしたが、足を止めて話に耳を傾けてみました。

ちょうど介助犬が紐のついた車椅子に乗った男性を口で引っ張って壇上に上げる介助をしていました。

介助犬を利用している方によると、以前は外出先で物を落としてしまった場合、『誰に拾ってもらおうか?もし断られたらどうしよう?』
という不安があり、人に声をかけるのを躊躇していたそうですが、今は介助犬がいることで、とても助かっていると笑顔で話していました。
入浴する時も、『以前は母に浴室まで車椅子で運んでもらったりしていたが、今は介助犬に浴室まで引っ張って行ってもらい、母に負担をかけずにすんでいる』
と、介助犬を頼もしそうに見つめていました。

介助犬は、いきなり後ろから触ったり声をかけると、そちらに気が散ってしまいます。
障がい者の方と一緒にいて、何もしていない時でも、《待機》という仕事の途中なので触ったりせず、そっとしておいて下さいということです。

次に聴覚障がいのある女性が聴導犬チャンプと一緒に壇上に上がりました。
チャンプは小型犬のプードルでした。 聴導犬は力がいらないので大型犬でなくても大丈夫なのだそうです。
実際に聴導犬がどうやって聴覚障がいのある方に、様々な音を知らせるのかを実演していました。
聴導犬はインターフォン、電話、メール、目覚まし時計、ヤカンが沸いた音、お風呂が沸いた音、火災報知器などを知らせてくれるそうです。
音が鳴ると体にタッチして、音源まで誘導していました。
火災報知器の場合は、体にタッチしてから、伏せをするよう訓練がされているそうです。
聴覚障がいのある女性は『今まで失っていた音の世界をチャンプに教えてもらい世界が広がった』と、喜んでいました。

デモンストレーションを実際に見たことで、人間の為に一生懸命、尽くそうとする犬ちゃんや動物の素晴らしさを改めて感じました(*^_^*)

日本では保護団体やボランティアさんの協力もあり、
犬猫殺処分ゼロに向けて取り組んでいる自治体が少しずつ増え、全国の犬猫殺処分数が2015年度の8万2902頭から5万5998頭(犬:1万424頭、猫:4万5574頭)に減少していますが、それでも5万5998頭もの犬猫ちゃんたちが毒ガス室や麻酔薬注射などで大きな苦痛を味わいながら、強制的に命を絶たれています(T_T)
心無い飼い主やペット業者により遺棄されたり、動物実験などによる虐待虐殺などを含めると、潜在的にはもっと多くの犬猫たちが心無い人間たちによって虐げられています。

人間の身勝手な都合によって殺処分される運命の動物たちが、介助犬や聴導犬、災害救助犬、ペットセラピー犬猫などとして育成されるシステムが構築され、人間と共存していけるような、素晴らしい世の中になることを願っています☆

それでは、今月もジョナサンの近況報告をさせて頂きますね⌒(ё)⌒

いつも自宅が見える海岸のある電柱に1羽の大きなウミネコちゃんが止まっているので、マリリンの散歩の時に話しかけています。

母から聞いたのですが、多分、いつも自宅が見える海岸の電柱に止まっているウミネコちゃんだと思うけど、自宅のすぐ前にある電柱に止まっていたとのことでした。ジョナサンがいることがわかっていて、ジョナサンに会いに来たんじゃない?と話していました。

翼を傷めたジョナサンを砂浜で保護した時、無我夢中だったので、気が付かなかったのですが、もしかしたら近くでジョナサンの仲間か伴侶が見守っていた?
そうだとしたら、その子がいつも自宅が見える海岸の電柱に止まっていて、たまに自宅前の電柱まで会いに来てる?
ロミオとジュリエットみたい(ToT)と、妄想が膨らんでしまいました(^^;)))

真相はわかりませんが、もう2年近く、仲間と離れ離れになっているジョナサン(T_T)
皆と一緒に水浴びしたり、大空を優雅に羽ばたきたいだろうな~と、切ない気持ちになりました。

ジョナサンの仲間の代わりには不足ですが、せめて私にできること、これからもジョナサンと、しっかりコミュニケーションをとりながら、家族として愛情をたっぷり注いで大切に育んでいきます(*^_^*)

エミちゃん、コメントをありがとうございますm(_ _)m

こんばんは、アグネスです。
エミちゃん、聴導犬のレオン君のコメントをありがとうございますm(_ _)m

盲導犬、介助犬と聴導犬の違いについても調べて下さったので、とても分かりやすかったです。
聴導犬に求められる役割が、とても大きくなものだと改めて知りました。

日本では、盲導犬、介助犬がやっと一般にも認識されるようになってきた様に思いますが、聴導犬は、まだまだ知らない人も多く、ペットを連れていると勘違いされる事も多いようですね。
大きな店舗(デパートやショッピングモール)でさえも【盲導犬、介助犬可】のステッカーはあっても、【聴導犬可】のステッカーを見かけることはほとんどありません。
まだまだ聴導犬の頭数は少ないですが、一般認知度を上げる為の活動や補助を行政がサポートすれば、今より多くの人が関心を持つと思います。

盲導犬、介助犬、聴導犬以外にも、救助犬や麻薬犬、セラピードッグ、セラピーキャットなど人間の為に働いてくれる動物が数多く存在しますが、日本では認知度が低く、社会的にも人間のパートナーとして見られることが少ないように感じられ残念です。

姿形は違っても、相手に愛情と信頼を寄せて働いてくれる動物達の気持ちに、人間社会全体が応えられる様なって欲しいと思います。

ホームレスのワンちゃん、猫ちゃん達が休む場所と、ご飯を頂けますように。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR