犬達のSOS☆我が物顔で地球を占拠し自然破壊をし、動物を絶滅に追いやってきた人間達が、これ以上地球の自然や動物を痛めつけないよう、救う側の人間が、たくさん増えますように☆ミーママより☆2017年2月24日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/2/24
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5・2/19~24)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4・2016/6/30・7/4・12・16~18・29~8/21・23・9/30~11/28・12/6~12・31・2017/1/11・2/6~18)

イラスト11

2017/02/01 ミーママさんコメントです。
我が物顔で地球を占拠し自然破壊をし、動物を絶滅に追いやってきた人間達が、これ以上地球の自然や動物を痛めつけないよう、救う側の人間が、たくさん増えますように
家猫は寿命がどんどん伸びていますが、野良ちゃんの寿命は短いです。
5〜6匹産まれても、半年後生きている子は2〜3匹。
ご飯をもらえる環境で4年生きている野良猫は、そのうち1匹の割合です。
4年生き延びれた野良ちゃんは、賢さと運の強さと、ご飯をもらえる場所を知っているから、野良猫でも10才以上生きたりします。
でも、アフリカの砂漠原産の猫ならではの宿命、腎臓病にみんなかかり脱水症状を起こし死んでいきます。

我が家のモーおばあちゃんは、避妊もしてくれていた飼い主に引っ越しで置いていかれ、その後7年ほど私の家のご近所さんにも、ご飯をもらい元住んでいた家が取り壊され、猫嫌いの市議の家族の家になってもその周辺を離れず、
とうとう、2回目の大怪我をお尻にしていたところを、放置したら死んでしまうと獣医さんに連れて行き、我が家に保護しました。

もーばあちゃん保護当初
【保護当時のもーおばあちゃん】
 
飼い主に引っ越しで置き去りにされホームレスが長く、大怪我を負っていた時、顔見知りのミーママに保護されて4年経つ、推定年齢18~20才位のもーおばあちゃんの目付きは相変わらず悪いけど(笑)見る度、若返り酷かった歯槽膿漏の口臭も減り、綺麗になっています2
【現在のもーおばあちゃん】

年数を合計すると、推定21才。
元が丈夫なのか?腎臓は、まだ大丈夫で足腰も強いです。
保護した時の酷い歯肉炎や、口臭は不思議と治療しなくても治り、下歯はもうありません。
便秘になり時々硬いウンチをお尻の穴に挿し、トイレから飛び出し走り回るから、捕まえて硬いウンチをティッシュで引っこ抜くのが大変です(笑)
もーおばあちゃん03ふにふにセクシー、もーちゃんのお・し・り
【ふにふにセクシー、もーおばあちゃんのお・し・り】

もーおばあちゃん02どうよ、このセクシーなお尻
【どうよ、このセクシーなお尻】

寒空に公園に捨てられ、目も開いてない小さな小さな身体で、自力でミルクも飲めなかった長男猫のお坊の助も、オス猫の寿命では珍しい18才になりました。
次男の銀次郎は、公園の野良ちゃんの子供でしたが、兄弟が次々、感染症や公園の外で車に轢かれ死に、1匹だけ残り、痩せ細り生きる気力もなく弱っていた生後半年の時、助かればお坊の助のお友達にと思い連れ帰り、もうすぐこの子も春で18才になります。

獣医さん達からは、1匹ならともかく、みんなこんな高齢で毛づやも良い例は見たことがない。
どんな物を食べさせどんな育て方をしたら、こんなに長生きするんですか?と、聞かれましたが、私にストレスがあっても動物達にはストレスがないようさせていますから、と答えました
(*^_^*)

もーおばあちゃん04【もーおばあちゃん、日日草のティアラ】
【もーおばあちゃん、日日草のティアラ】

長男猫も、ある獣医さんに生きていたのを驚かれましたが、喘息発作の為に打っていたステロイドの副作用と、高齢の為に腎不全になり、付きっきりで、寝たきりになったお坊の助の脱水症状を防ぐために、流動食をスポイドやシリンジで与えていましたが、吐き続けとうとうお尻からは、血が流れ危篤状態に何度かなりました。
皮下点滴では、心臓が持たず直後に死んでしまう。

老眼の年寄りや不器用な獣医さんでは、お年寄りの患者さんの腕に点滴を何度もし直しても、漏らしてしまう看護師のように、脱水し老化したお坊の助の細い静脈に、注射針を入れることができない。結果死なせてしまう。 
たまたま、器用な若い獣医さんを見つけ、静脈点滴を瀕死状態だったお坊の助にお願いし、極限の脱水症状は緩和されました。
静脈点滴の半日入院を続けた最初、獣医さんの誤診で私が違います。ステロイドの副作用から腎不全を起こし、脱水症状から臓器不全に陥り、血液検査では、血糖値も高くても糖尿病ではありませんよ!と言っても、自分はプロだからと検査結果ばかり見られて、インシュリンを3日続けて打たれました。

2016041321095077e.jpeg

結果、二度低血糖を自宅で起こし、薄目を開けたまま黒目が動かず、意識がなくなったお坊の助の歯茎に、私はとっさにハチミツを数回塗り、意識を取り戻させ命の危機を回避させました。
低血糖の対処法を私が知っていたから良かったものの、一般の飼い主さんなら、死なせていましたよ。低血糖の対処法も、緊急連絡先も教えてもらっていませんでしたよ。
と言うと、緊急連絡の方法を教えてくれましたが、半日入院の間に低血糖は起こしてなかったからと、低血糖ではないと言われました。 

2〜3時間たびに、夜中もスポイドであげていた流動食も吐いていたお坊の助が、インシュリンで教科書通りの時間に、低血糖を起こさなかったから低血糖ではないと、自己弁護するより、2回目の低血糖が起きないよう獣医として注意を払ってもらいたかったです…。

201702050922036c6.jpeg

獣医さんがお休みの日に、インシュリンを打たなかったのに、朝までずっと、お坊の助を撫でていた翌日、血液検査の血糖値が下がっていました。
やっと飼い主さんが言われたように、腎不全と脱水から血糖値も上がっていただけで、脱水が改善されたら血糖値もさがったから、糖尿病ではなかったです。
と獣医さんは言われインシュリンをやめてもらえ、静脈点滴だけになりました。 

また、ステロイドの副作用ではない。高齢による腎不全でずっと点滴をし続けないと、腎臓の機能は回復することはないから、脱水し続けると言われていたのが、 
お坊の助の尿の回数が多いものの、以前の回数に戻り腎臓や身体に水分を自力で、貯められるようになったのを見て、高齢以外にも、ステロイドの副作用があったようです。と言われました。
あれだけ最初に、素人の私が診たてを否定していたのに、私の診たての方が血液検査のマニュアル回答より結局、全部合っていました…。

20140623203716a10.jpg

でも、この器用な老眼もない獣医さんだったから、高齢で心臓も肺も血管も弱った子では助からない皮下点滴より、静脈点滴が細くボロボロになっていたお坊の助の静脈に器用に入ったのです。
この獣医さんを見つけれなかったら、お坊の助は死んでいました。
また、私の知識がなければ、打たれたインシュリンの副作用の低血糖で死なせていました。
最も私が、お坊の助の喘息発作にステロイド獣医が猫は犬や人間と違って、ステロイドの副作用が殆どない
と言う言葉を鵜呑みにして、喘息発作が花粉やPM2.5でひどくなるたび、ステロイド注射を打ちに連れて行くことがなければ、
お坊の助を寝たきりにさせることはなかったと思います。

これを読まれている飼い主さん達、気をつけてください。
ステロイドは本当に猫の鼻炎や喘息に即効性がありますが、
ステロイド獣医の猫はすでに強いと言う話を鵜呑みにし、定期的に打つのはやめて下さいね。

また、最初の2週間で20万以上かかった治療費や、検査代を払えない学生さん達が飼い主なら、弱っていく愛犬や愛猫を泣きながら見送っていたと思います。

20140623203929d2c.jpg

また、食べさせても吐くのは獣医さんの吐き止めでは治らず、私が思いつき使い捨ての針を数本ずつ、お坊の助の背中の硬くなった所に刺していき置き針をするようになり、吐く回数が驚くほど減リました。
一般の人は自分で漢方の鍼治療はできないから、
誰でも出来る小児針をネットで買って、背中の硬い所に高速でツンツンツンツンって刺して皮膚反射から、内臓の経絡を刺激してあげると良いです。
お坊の助が子供の頃、具合が悪くなれば鈴のついた小児針を良くしてあげていました
あれは、元々私の筋肉疲労の治療に使っていたものですが
(*^_^*)すっかり気にいり、お坊の助が口に加えて、小児針を私の前で落とし背中を向けリンリンツンツンしてニャンと、よくせがんでいました。 
吐き気で夜通し起きていたお坊の助が、鍼治療でやっと横向きになり、眠るようになり、どんどん体力が回復しました。 

ミーママの実家の庭に咲く可憐なお花達4

私は、睡眠不足から40度近い高熱が出てフラフラになっても眠りませんでした。
もし、助からなかった時、亡くなる時は側にずっと付いてあげたかったからです。 
姫ちゃんにつきっきりの時、甘えん坊で優しいお坊の助には寂しい思いをさせ、我慢してもらっていました。 
今迄に獣医さんを信じ、注射の副作用から、大切な子を死なせてしまった経験から、
手術や静脈点滴は出来ないものの、知識は寝ないで色々勉強し得ました。
踊りだけでなく元々、漢方の知識が私にはあるから理解はしやすいです。

ただ、どんなに知識があっても勘が良くても、人間や犬猫達の老化を止めることは、私にも誰にもできませんが、
助かる命なら、助けてあげたいと思います。

ミーママの実家の庭に咲く可憐なお花達2

寝たきりから半年、今は歩けるようになり、点滴通院も必要なく、喘息だけは起こすものの、固形フードも少しずつ食べられるようになった18才のお坊の助。
オスはメスと違い、ワンちゃんも猫ちゃんも寿命が短く、家猫で最近はメスが18才〜20才まで生きたりするのに対し、オス猫の寿命は13〜15才です。
お坊の助は、人間なら90才を超え100才近いです。
モーおばあちゃんは(・・;)
110才くらい?元気すぎるガン見おばあちゃん(笑)

もーちゃん
【もーおばあちゃん】

今、お坊の助は夜中の1時2時に、缶詰と乳酸菌オリゴ糖、マヌカハニー、水素水、タウリンを混ぜたご飯を食べさせてあげると、朝6時くらいまで寝てくれるようになりました
(*^_^*)
家族同様のはずのペットが、病気や老衰になっても、飼い主さんが自分の眠る時間を1番に考えたり、介護を面倒がったり、高額の治療費を払えなければ、飼い犬猫の寿命もそこで、尽きますが、昔と比べると飼い犬猫の寿命は野良ちゃん達より、随分伸びました。

ご飯をもらいながらホームレスを耐え、暖かなお家に連れて帰ってもらい家族同様、可愛がられる野良犬猫ちゃんが、増えますように
犬猫や野生動物を殺す公務員や住民が改心したりいなくなり、自然や動物を大事にする人間が増えますように
我が物顔で地球を占拠し自然破壊をし、動物を絶滅に追いやってきた人間が、
これ以上地球の自然や動物を痛めつけないよう、救う側の人間が、たくさん増えますように
(*^_^*)

201612211853279a0.jpeg
【イラスト:もぐちゃん作

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

犬達のSOS☆子猫が白目をむき心臓が動いていなければ、迷わず心肺蘇生を!子猫の人工呼吸と心臓マッサージの方法&一晩に2回も心臓停止状態になった茶トラ君の危機を救ったアグネスから、保護した猫の脱水症状・低血糖・低体温への応急処置アドバイス☆2017年2月20日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ

 

FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/2/20
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5・2/19~20)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4・2016/6/30・7/4・12・16~18・29~8/21・23・9/30~11/28・12/6~12・31・2017/1/11・2/6~18)

5月17日午前11時17分天使の太陽リング1

2017/2/10 アグネスさんコメントです。
保護した子猫が心肺停止状態になったときの対処法と、子猫を保護した場合のワンポイントアドバイス
こんばんは、アグネスです。
インフルエンザや風邪が流行っていますが、皆さん大丈夫ですか?
お出かけの際はマスク、うがい、手洗いでしっかり予防をしてくださいね。

捨て猫2016アグネス
【炎天下の公園に段ボールに入れられ捨てられていた子猫達】

子供たちと真夏の公園で保護した3匹の子猫達は、先住猫達と遊んだりじゃれたり、一緒に寝たりしながらスクスク成長中です(*^^*)

アグネス猫2016-8
【お母さん役のピータ君】

今は3匹とも元気いっぱいですが、実は保護して3週間ほど経った頃
パニックになるような出来事がありました。

アグネス猫2016-3アグネス猫2016-4
【ミルクを飲むと眠たくなるね】

子猫を保護した時は、脱水症状低体温低血糖への処置が大切になってくるので、特に気を付けるようにしています。

保護した3匹の子猫達が、目も見えるようになり、ミルクも哺乳瓶から上手に飲めるようになって「よかったね」「もう大丈夫だね」と話していた矢先、3匹の中でも一番体が大きくてミルクをいっぱい飲んでいた茶トラ君が急にぐったりしました。
口が半開きになり、白目をむき、心臓が動いているのか確認ができない状態になりました。
「もしかしたらダメかもしれない」と子供たちに話しながら、半分パニックのまま、茶トラの為に何か出来ることはないかと考え、ネット検索で心臓マッサージの処置について調べて、人工呼吸心臓マッサージをしました。

20170220010901e4f.jpg

首をまっすぐにして気道を確保して、口をふさぎ、鼻から息を吹き込んだあと、肋骨を確認して、力を入れすぎて子猫の骨を折ってしまわないように気を付けながら、指先で10秒間に15回を目安に押した後、また人工呼吸。これを5回ほど繰り返した時に、茶トラ君の心臓が動いているのがはっきり確認でき、目に光が指しました。

ところが、その30分ほど後に、再び白目をむき心臓が止まったような状態になりました。
せっかく元気になったのにと思うと、このまま弱って行くのをあきらめて見てなどいられませんでした。

助かって!!と祈りながら、再度、人工呼吸と心臓マッサージをしました。諦めずに人工呼吸や心臓マッサージをしたのが幸いしたのか、その時の症状に処置が適していたのかは分かりませんが、一晩に2回も心臓停止状態になり、死にかけた茶トラ君は無事危機を脱してからは、一番のわんぱく小僧として走り回っています。

アグネス猫2016-9
【元気いっぱいだよ~】

子猫の心肺蘇生について参考にしたページ
「子猫のへや」http://www.konekono-heya.com/byouki/accident/cpr.html#four
「PEKO」http://peco-japan.com/52602

子猫を保護した時は、どう対処していいか分からなかったり、容体が急変したりすることがありますが、特に気を付けたいことを簡単に書きましたので、また参考にして下さいね(*^^*)

【子猫を保護した場合のアドバイス】

①脱水症状
首の後ろの皮をつまみ、皮が伸びなければ脱水症状が酷いので、すぐにスポイトやシリンジ(注射器の針のない筒のこと)でミネラルウォーターを与えます。

②低血糖
脱水症状があり、ぐったりしている場合は低血糖の疑いがあるので以下を試した後に、動物病院を受診して下さい。
薄い砂糖水を与えるか、ガムシロップを口の端に塗る

③低体温
体が直接濡れないように首から下をビニールに入れて、温かいお湯につける。
体を触って、体全体に体温を感じられるくらいまで温まったら、毛布をひいて、湯タンポや使い捨てカイロを入れて十分暖かくして寝かす。

①~③は応急処置なので、動物病院の受診をおすすめします(^o^)

アグネス猫2016-2
【スヤスヤおやすみなさい

冷たい北風の中で震えているホームレスのワンちゃん猫ちゃんが、体を休める場所とご飯をいただけますように。

20170205093449b90.jpeg
【イラスト もぐちゃん作

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

これから寒さが厳しくなります、野良ちゃん達の雨風がしのげる場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

フードを待っていたにゃんこ達
【大阪で動物好きな人達から、ご飯をもらっている猫達】

愛をまといたい福岡のみのりちゃんへ
こんにちは(*^_^*)
みのりちゃん、キャットフードを送ってくださりありがとうございますm(__)m
野良ちゃん達に、届けさせていただきますね

みのりちゃん2

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

犬達のSOS☆イギリスでは、ドッグトレーナーが元捨て犬の中から介助犬が必要な人に合う犬を選び、生活の支障を減らすための訓練を犬と飼い主がトレーナーと協力しあって行う。日本では、繁殖から手がけ介助犬実働数は74匹。殺処分予定の犬達も介助犬に育成して欲しい☆2017年2月17日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/2/17
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4・2016/6/30・7/4・12・16~18・29~8/21・23・9/30~11/28・12/6~12・31・2017/1/11・2/6~17)

福岡のみのりちゃんの弟さんデザイン2
【福岡のみのりちゃんの弟さんデザイン】

2017/01/31 愛をまといたいさんコメントです。
イギリスの介助犬のように、日本にも増えるといいな(^∇^)
皆さん、毎日ブログ活動やパトロールなどありがとうございます!
昨夜ミーママさんからのメールでテレビをつけて、日テレの『世界まる見え!テレビ特捜部 』でイギリスの介助犬のことをしていたのを見たので、簡単ですが報告しますね。

イギリスでは、元捨て犬を訓練して3ヶ月くらいで介助犬としてデビューさせることをしているそうですが、
昨日は、突然眠ってしまう病気「ナルコレプシー」と膝の筋肉が麻痺し力が抜ける「カタプレキシー」を患っているエミリーと、体の一部が勝手に動きおかしな言葉を発する「トゥレット障がい」でエンジニアの仕事を失ったアランの介助犬を育成する様子が紹介されました。

ドッグトレーナーが元捨て犬の中からそれぞれの人に合いそうな犬を選んで、介助犬が必要な人の症状からくる生活の支障を和らげるために訓練をスタートしていました。

花1

エミリーのために選ばれた犬には、彼女が急に眠って倒れてしまったとき、起きるまで危険が無いよう側で見守れるように教え、
アランのために選ばれた犬には、発作が起きたら彼の震える手に鼻先を付けて、彼が落ち着くまでそうしているように訓練していました。
また2匹とも、「目覚まし時計が鳴ったら起こす」という課題もトレーニングしていました。

ドッグトレーナーと犬と新しく飼い主になる人が協力しあって訓練し、訓練最後の試験にも2匹とも合格して介助犬になりました!(o≧▽≦)ノ

トレーナーさんが「捨てられたワンちゃんたちは初めは臆病だったり、人見知りもするけど、本当は優しくて賢い子たちばかりよ」と話していましたが、それは介助犬として生きていくことになった2匹の顔からもよく分かりました!
というのも、訓練していく中で介助するという働きだけではなく、ワンちゃんと飼い主さんになる人とがニコニコ笑顔で「ありがとう」(^∇^)と言ったり、ペロペロ顔をなめたりして信頼関係が築けているんですよね。

介助犬を迎えることになった二人からも「自立した生活ができそうでうれしい」「発作も減りそうだよ」と前向きな言葉も出てきて、「あぁ、介助犬は生活の支障を和らげるだけでなく、人間の心の凝りも和らげてくれるんだなぁ」と温かい気持ちになりました。

花4

昨日紹介された介助犬の訓練期間が3ヶ月というのは「早い」と言っていたので、日本の介助犬はどれくらい訓練するのか調べてみました。
【公益財団法人日本補助犬協会】のホームページによると、介助犬用に繁殖して生後1年~24カ月から訓練を始め、段階を踏んで1年間訓練するそうです。
(「段階を踏んで」には、初めの基礎訓練で介助犬に適しているかどうかも見るらしく、全員介助犬になれるわけではないようです)

日本で介助犬を必要とする数は【1万匹】なのに対して、平成29年1月1日現在全国の介助犬の実働数は【74匹】という少なさに驚きます。
もっと介助犬が増えるといいなぁと、皆さんも思われませんか?(^-^)

盲導犬や介助犬の色々な協会があって、ユーザーさんやワンちゃんのことを一生懸命考えて、怪我をしないように、人と犬の相性が合うように…と、訓練されていることはとても素晴らしいと思います。

花2

でも日本で1年間に殺処分されている犬達の辛さや苦しさを思うと、全国の動物愛護(殺処分)センターに捕獲されている野良犬や捨てられた犬達に、イギリスのようにトレーニングして介助犬やセラピードッグになってもらえるといいなぁと、純粋にそう思います。
殺される犬が減り、生活の不自由さが減って楽になる人が増える。
人の役に立って褒めてもらえるとうれしい犬が増えて、犬から笑顔や温かさをもらう人が増える。
動物と人間に信頼関係が生まれる。
とても良い循環ですよね(^∇^)

全国の動物愛護(殺処分)センターには獣医さんがいますが、怪我を治さずに毒ガス室で窒息死させるだけの人もいます。
そのような冷酷な人に税金でお給料を払うくらいなら、ドッグトレーナーさんを雇って介助犬の訓練をしたり、譲渡できるようにトレーニングしてあげてほしいですね。

人も動物も一つしかない命を大切にして、仲良く共生できるより良い日本になるといいですね(^∇^)

イラスト①

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

これから寒さが厳しくなります、野良ちゃん達の雨風がしのげる場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

イラスト⑤

愛をまといたいさんへ
こんにちは(*^_^*)
昨日、愛をまといたいさんからの荷物が届きました
ワンネコちゃん達のフードをありがとうございますm(__)m
野良ちゃん達に届けさせていただきますね

愛をまといたいさん

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

犬達のSOS☆3年半前、愛媛県動物愛護(殺処分)センターで子犬達を救出したが、既に致死率80%のパルボウイルスに感染!ミーママ達の必死の看護で、奇跡的に命をとりとめ、優しいご夫婦の子供になったはんぞう君の今&左翼を骨折・切断し飛べなくなったウミネコのジョナサン日記2017年2月14日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/2/14
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4・2016/6/30・7/4・12・16~18・29~8/21・23・9/30~11/28・12/6~12・31・2017/1/11・2/6~2/14)

20170205092201048.jpeg
【記事内のイラストは、もぐもぐさん作

おはようございます。みのりです(*^^*)暦上では春ですが、まだまだ寒い日が続きますね。雪の影響など、大丈夫ですか?福岡は、先週 2日も雪が積もりました。普段は見られない遠くに望める雪山が美しかったですヾ(@⌒ー⌒@)ノ
インフルエンザやお風邪を召されないように、暖かくされてお過ごし下さいね
今週は寒暖差が激しくなると予報された福岡です気温差に身体が〜ですが、私も若いのですよ〜!!(≧∇≦)笑☆うふふ〜♪前置きが長くなりましたが、はんぞうパパさんが、はんぞうくんの様子を、愛をまといたい美和さんがウミネコのジョナサンの様子コメントを下さっていますので、紹介させて頂きますねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

はんぞうくんは、仔犬の頃に連れて行かれた愛媛県動物愛護(殺処分)センターで、犬コロリと言われる、致死率80%のパルボウイルスに感染し、殺処分の前にセンターから救出され、パルボウイルスを発症して生死をさまよい苦しみましたが、ミーママさんやメンバー達の必死の看病で生還した子です。ジョナサンは、左の翼を負傷して砂浜で飛べなくなっていた所を、美和さんに保護されたウミネコちゃんです。

20170205093449b90.jpeg

2017/2/3 はんぞう父さんコメントです。
初めまして、はんぞう父です。

SOSの皆さん、初めまして、はんぞう父です。
よろしくお願いします。
4年前のある日、仕事から帰ると小さな小さな子犬がこたつの下に、それもお座りしてもこたつの足の半分くらい、耳は垂れ、茶色のぶちが頭のてっぺんにあり、ありきたりの表現ですが、ぬいぐるみのようで、かわいいけど、なんとも情けない表情だったのを覚えています。

20170211204538570.png
【初めてはんぞう父&母さんの元に来た頃のはんぞうくん

はんぞう母から話を聞くと、何か重病を患って、非常に体が弱く、みんなで看病をしているのですが、しばらく誰も面倒が看られない、うちでしばらく預かって欲しいとの内容。犬は好きですが、一度飼うと一生家族同然に過ごすことは当然で、宿泊を伴う旅行にも行けないなどの理由で飼うつもりはありませんでしたが、数日であればと了解しました。

服を着替えて、はんぞうがいる部屋に行ってみるとこたつの下に隠れて怯えているようにも見えましたが、何故かこちらにトコトコと歩み、私、はんぞう父(後にそう呼ばれる)の手をペロッと舐めて、またこたつの下に帰って行きました。
「はんぞうは、人を怖がっているので、近寄って舐めることなんてしないのに、何故?」
と言われて、少し気を良くしたはんぞう父は、まあ、「1か月くらいなら」飼ってみようかと、少し気が大きくなったのが、はんぞうとの出会いです。

20170211204539faa.png
【はんぞう父さんの事が大好き

まず形から入るはんぞう父ですので、ゲージや食器等をネットで調べて、アマゾンで注文しました。1か月とはいえ、皆さんが一生懸命繋いだ命ですので、できるだけ大事にしようと思う気持ちは大きかったと思います。
はんぞう母に聞かれると機嫌が悪くなるので、ここだけの話ですが、はんぞうは、初めから明らかにはんぞう父に寄り添う率が高く、こたつで一杯やっていると、必ずあぐらの真ん中に入ってきて、気持ちよさそうに寝ていました。はんぞう母は、「はんぞう父の体温が高いからよ」と悔しがっておりました。食事を与えるのもその他世話をするのもはんぞう母ですが、何故かはんぞう父に寄り添うはんぞうでした。!(^^)!

201702112045374c5.jpeg
【いつもはんぞう父さんに寄り添い眠るはんぞうくん

そんなはんぞうでしたので、返す時期がきたのですが、当然情も移り、はんぞうを離せなくなっていました。しかし、最初にも書きましたが、生き物を飼うことは非常に大きな義務が発生し、人の子を育てることとも同じくらいの責任を問われることは分かっていましたので、悩みましたが、はんぞう母と数日間相談し、「一生、自分の子供として育てよう」と決断しました。

それから、久し振りの子育て生活が始まりました。はんぞうは、歯がかゆいために柱や新品のこたつをかじったり、カーペットの上にうんこやおしっこをしたり、靴やスリッパ、こたつ布団は何回替えたか分かりません。初めての犬の子育てですので、怒ったり、すかしたりの毎日でしたが、はんぞうは、大病をした割には元気に育ちました。大人しく、誰にでも優しいはんぞうは、本当に人間の子のように生活しています。寝るときには、必ず、ベットの上で、しかも夫婦の間が定位置です。うちに来た時からの習慣ですので、3年以上は、そうしています。これからも変わらず3人で川の字で寝ることになるのでしょうか。(猫たちもその間に入って寝ています。)

20170211204541b9c.jpeg
【はんぞうくんの背中にあるハート

はんぞうには、背中にハートの模様があります。はんぞうが、私たち夫婦をずっと幸せに♡してくれるのだと思います。
パルボのことは、最初はよく知りませんでしたが、致死率の高い病気であることを聞き、SOSの皆さんが寝ずの看病で一命を取り留めたと聞いておりますので、これからもはんぞうを大事に育てていくつもりです。

追伸
いまだにはんぞう父の足にいつももたれて寝ているはんぞうです。今も変わりはありません。
以上、はんぞう父さんからのコメントです。
201702050922053b6.jpeg

パルボウイルスを発症したはんぞうくんは、激しい嘔吐と血の下痢を繰り返しました。
呼吸もどんどん弱くなり、舌を出し薄目を明け歯をガチガチ言わせ痙攣をはじめたはんぞうくんに、ミーママさんが歯で砕いたニトログリセリンを15分置きに投与されました。その間はみんなで心臓マッサージし、出てくる紫色の舌を口の中に戻したり、気道確保のためにはんぞうくんを縦に抱き、また下に降ろして心臓マッサージを繰り返していると、舌にピンク色が戻り、足の裏の体温も呼吸も戻ってきました。徹夜で自家製イオン水を20分置きにスポイドで飲ませ、血の下痢をする度に、床や手を消毒をしました。

はんぞうくんは、ミーママさんを初め、海さん、猫ちゃんママさん、美和さん、ロンさん達の、一刻を争う場面での瞬時の判断と救急救命によって、一命を取り留めました。
パルボウイルスはフローリングの隙間等に入ると、2年生存し続け知らずに、その部屋でワクチン接種をしていない、免疫の無い子犬を飼うと、また猛威を奮うようです。 (消毒を怠ると、次の子犬が危険にさらされます。)

嘔吐に血便、本当に辛かったと思います>_<ミーママさんとメンバー達の的確な判断と必死の看病で一命を取り留め、その後ははんぞうパパさんとママさんの元へ婿入りして、愛情に包まれて、幸せに暮らしている様子が伝わり、心から良かったぁ〜と思いますヾ(@⌒ー⌒@)ノそして、はんぞうくんが、パパとママを幸せにしている事も、とても嬉しく思います(*^^*)はんぞうパパさん、ママさん、はんぞうくんを家族に迎え入れ、大切に育てて下さり、ありがとうございます。

20170212204816867.jpeg
2017021220481731b.jpeg
【愛媛県愛護センターから救出されたばかりのハットリくん(左)、はんぞうくん(右)】

20170212205036de0.jpeg
【はんぞうくんの血便】

20170212205036eb9.jpeg
20170212205037f80.jpeg
【便はすぐに片付けて、除菌をして新しいペットシートとその都度交換します。
排便した子のお尻などもノンアルコールの除菌ウェットシートで拭き、清潔な環境を整えます。
嘔吐した時にも同じようにします。排泄物はビニールで密閉して屋外に、最後にきれいに手を洗います。
この作業を一日に何度も繰り返すのはとても大変なのですが、とても重要な事なのです】

パルボウイルスについて紹介している過去記事(一部)

犬達のSOS☆子犬のパルボウイルスの治療法!愛媛県動物愛護センターはパルボウイルスを日常的に隠ぺいしていた可能性あり!ミーママより2013年9月21日
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-425.html?sp

犬達のSOS☆子犬のパルボウイルスの治療法!愛媛県動物愛護センターから助け出された殺処分予定の子犬達からパルボウィルス発見!!獣医さん選びの大切さ☆ 2013年10月2日
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-422.html

犬達のSOS☆不衛生な愛媛県動物愛護センターから引き取った子犬が4匹共3日後、今治と松山でパルボウィルスを発症!治療方法2013年10月13日
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-419.html?sp

犬達のSOS☆骨折した左翼を切断し、飛べなくなったウミネコのジョナサン日記☆今年は、美和さん家の犬猫達と一緒にお正月&三年前、愛媛県動物愛護センターで致死率80%のパルボウイルスに感染し、ミーママ達の徹夜の看護で奇跡的に助かったはんぞう君。家族で神社に初詣U^ェ^U2017年1月10日
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1060.html?sp

20170205092200055.jpeg

2017/2/9 愛をまといたい美和さんコメントです。

ウミネコのジョナサン日記⌒(ё)⌒

皆さん、お疲れさまです☆
連日のブログ活動や犬猫ちゃんパトロールなど、ありがとうございます✨✨
さて、左翼を傷めて切断したウミネコのジョナサンの近況を伝えさせて頂きますね⌒(ё)⌒

1月12日の朝、ジョナサンのハウスを覗くと、上のクチバシの先端が欠けており、傷口から血がポタポタと床に落ちていて、出血が止まらず、たまたま休日だったので、鳴いて威嚇するジョナサンをなだめながら、何とかケージに入れて、病院へ急行しました。
今までで一番酷い出血だったので、ジョナサンの命に別状がないか心配で先生に訊ねると、『大丈夫。どうもない(^_^)』と笑いながら、クチバシに薬を塗り込んで下さいました。

20170212031912f4a.jpeg
【マリリンちゃんに熱い視線を送るジョナサン

20170212031914d39.jpeg
【待てをするマリリンちゃんと、おやつを待ちきれないジョナサンU^ェ^U⌒(ё)⌒】

クチバシが少し短くなったジョナサンは、2日間ほど食欲が落ち、ほとんど何も口にせず、心配しましたが、その後、いつもどおり1日40匹のイカナゴを平らげるようになり、ホッと一安心しました。
毎日の水浴びの後、羽根の手入れを一本一本、丁寧にクチバシでしているジョナサンを眺めていると、『クチバシが短くなったけど、器用に羽根の手入れもできてるし、良かった~😌』とジョナサンの行動にハラハラしたり、安心したり、一喜一憂しています。

20170212031915b01.jpeg
【『マリリンちゃん、待って~(^з^)-☆』と、マリリンの後を追いかけるジョナサン⌒(ё)⌒】

201702120319182ec.jpeg
2017021203194352e.jpeg
【ジョナサンに無関心なふりを装おって、実は興味津々な、らん丸ちゃん(=^ェ^=)】

最近は、マリリンやらん丸、私の前でも、首をクルッと背中に回して無防備に休憩するリラックスポーズを見せてくれるジョナサンです(*^_^*)
私はジョナサンの、このポーズが大好きでたまりません✨❤✨思わずギュ~ッとしたくなるのですが、サラッとかわされる美和ママでした(*_*)

201702120319170b5.jpeg
【リラックスポーズをとるジョナサン⌒(ё)⌒】

マリリンのことが大好きなジョナサンは、マリリンが顔を近付けると、クチバシをパクパクとさせます⌒(ё)⌒
『マリリン、大好き❤』とでも言っているような感じです(*^_^*)
私が顔を近付けると、クチバシをパクパクとしてはくれますが、体を斜めにしながら後退りをしたり、時には凄い鳴き声で威嚇もします(*_*)ジョナサンにとっては、病院に連れて行くなど、嫌なことをする人だからでしょうか(*_*)
美和ママがジョナサンからの信頼を得るには、まだまだ時間が必要なようです(^_^;)
気長にやっていきま~す(*^▽^)/★*☆♪
ホームレス犬猫ちゃん、野生動物たちに栄養のつく食物や暖かい寝床がありますように☆

20170212031943ded.jpeg
【マリリンちゃんと一緒に遊ぶジョナサンU^ェ^U⌒(ё)⌒】

20170212032607dc6.jpeg
【マリリンちゃんが好きすぎて、クチバシをパクパクするジョナサン

ジョナサンは、美和さんが砂浜で見付け保護された時は、左の翼がダランと下に垂れ下がり、自分の翼を踏みながら歩いている状態で、時々左の翼は上に上がっているものの、根元から完全に裏返り、出血の痕跡もあったそうです。
動物病院の診察結果は「左翼の根元から骨折していて、すでに壊死しているから、切断するしかない」というものでした。部分麻酔をして、左翼を切断しました。そして、骨を保護する為に、肉が覆い被さるように傷口を縫合して、抗生物質を塗ってもらいました。

その後は、美和さんがずっと看病をして下さっています。ジョナサンは自然界に戻れるように、毎日 リハビリに励んでいます。美和さん宅の先住民のマリリンちゃんやらん丸ちゃんとも打ち解け、種を超えた信頼関係が出来上がりつつあるんだなぁ〜(((o(*゚▽゚*)o)))と、ニコニコしながらコメントを読ませて頂きました。ジョナサンの上のクチバシの先端が欠けて、傷口から出血していた時は、美和さんとても心配されたでしょう。でも、大丈夫で良かったですね(*^^*)私も胸をなでおろしましたよ。

マリリンちゃんが顔を近づけるとお口をパクパクさせるジョナサン、愛くるしいですね。ジョナサンの愛情表現ですね〜(≧∇≦)美和さん、ジョナサンを保護して下さり、ありがとうございました。保護して下さらなければ、飛べないジョナサンは餌にも不自由し、タカなどに狙われたかもしれません。
はんぞうママ、パパさん、美和さん、毎月、はんぞうくんとジョナサンの様子をコメントで教えて下さり、ありがとうございます。メンバーを始め、ブログを読んでくださっている皆様も、いつも暖かくって癒されるコメントとお写真をを楽しみにしていることと思います(*^^*)お写真やコメントからも、はんぞうくんやジョナサンが愛情に包まれ幸せに暮らしている様子が伝わります。お写真からハートがぽよぽよ飛んで出てきそうな感じですもん♪ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
いつも、ありがとうございます。

2017021222280569b.jpeg
【保護1日目。傷めた左翼を引きずり、自分の足で踏みながら砂浜を歩いていました】

20170212222807de2.jpeg
【保護2日目。根元から折れた左翼が裏返っています】

20170212222808a14.jpeg
【壊死した左翼を切断しました】

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

これから寒さが厳しくなります、野良ちゃん達の雨風がしのげる場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

201702051312578d6.jpeg

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

犬達のSOS☆読書の魅力やコミュニケーション技術を培う為に1999年に始まった「R.E.A.D.プログラム」とは!?子供が読書介助犬に本を読み聞かせる事で、人前で文章を読むことの苦手意識を克服し自己肯定力を養う事ができる。世界初読書介助犬は、シェルターで安楽死寸前に救出された犬だった2017年2月11日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/2/11
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4・2016/6/30・7/4・12・16~18・29~8/21・23・9/30~11/28・12/6~12・31・2017/1/11・2/6~2/11)

20161221185326892.jpeg
【イラスト:もぐちゃん作

2017/01/31 愛をまといたいコロワンさんコメントです。
子供達に自信をもたせる読書介助犬☆
こんにちは、愛をまといたいコロワンです。
皆さん、いつもブログ活動をありがとうございます☆外はまだまだ寒いのですが、水仙や梅の花が咲いているのを道端で見かけると、あ~もう春だなぁとホッコリしますね。お花はそこにあるだけで人を癒してくれる素敵な存在です。^o^

さて、今回は皆さんに子どもの読書を手助けするワンちゃんの「R.E.A.D.プログラム」を紹介させて頂きます。
【読書介助犬が大活躍!「R.E.A.D.プログラム」】
6~11才程の小学生のお子様を育てている方は、ほぼ毎日お子さんが本を読む「音読」を聞かれている事と思います。その音読を聞く為の訓練を受けた犬、【読書介助犬】に子ども達が本の読み聞かせをするというものがR.E.A.D.プログラムです。

子ども達が犬に本の読み聞かせをするという活動は、「R.E.A.D.プログラム」と呼ばれ、アメリカ・ユタ州のある図書館から始まりました。
R.E.A.D.プログラムの「R.E.A.D.」とは、“Reading Education Assistance Dogs”の略で、翻訳すると“読書介助犬”といった意味合いになります。

読書介助犬1
【読書介助犬に読み聞かせをしている子供】

読書の魅力やコミュニケーション技術を培うために1999年に始まったプログラムですが、目的は子どもたちの学習のためだけではなく、人前で文章を読むことが苦手な子の苦手意識を克服し、自己肯定力を養うことにあります。
このプログラムは、本を読み聞かせる相手が人間ではなく犬であることに大きな意味をもちます。
人前で本を読むことが苦手な子のなかには、「上手に読まなきゃ」「間違っちゃだめ」と自分自身にプレッシャーをかけているケースも少なくありません。

犬は、子どもが本を上手に読めなくても、批判したり笑ったりすることは決してありません。
子ども達が読書介助犬の前で朗読を繰り返すと、自分を否定せず、ただ傍に寄り添って耳を傾けてくれる犬から、子どもは深い安心と自己肯定感を得るのでしょう。
以前より楽しく、自信をもって本が読めるようになるそうです。読書介助犬はまるで、無言のセラピストのようですね。

 読書介助犬6

~アメリカでの読書介助犬の活動例~
コロラド州にあるウェストミンスター公共図書館(Westminster Public Library)が提供する夏の読書プログラムの一つ、”READ Dogs”プログラム。

こちらの図書館で合計週4回、6歳から11歳の子供たちが音読をするのを聞くのが読書介助犬のお仕事。もちろん、犬のハンドラー(調教師や訓練士)の参加はありますが、基本は子供と読書介助犬の1対1のセッションで、1回につき15分が割り当てられます。

実際のセッションがどんなものであるか、7歳の女性朗読者アシュリン・ウィリアムさん(Ashlynn Williams)の様子。
彼女は読書介助犬に『ひどい散髪(Horrible Haircut)」を読んであげます。
ハンドラーは、彼女の音読をとても喜んで聞いていることや、ガスに理解できるように詳しく説明してあげてほしいことなどを、アシュリンさんに説明します。
たとえば、本の絵を見せてあげながら、そこで何が起こっているかを説明してあげると良いといったアドバイスをするのです。

熱帯のお花2
【熱帯のお花】
 
ウィリアムが誤った発音をしたときには、読書介助犬の為に正確に読み直しをしてあげてほしいというアドバイスもします。
その間、読書介助犬は静かに、そしておそらく真剣に、彼女が語る物語に耳を傾けています。

おとなしくお話を聞く、というのは、犬にとっては大変なお仕事。
ハンドラーであるフィリップスさん(Sally Phillips)によると、読書介助犬は非営利組織ペット・パートナーズ(Pet Partners)から認定を受けたセラピー・ドッグであり、子供たちの読書スキル向上を目指すプログラムを主導する団体(Intermountain Therapy Animals)の厳しいトレーニングも経た優秀な犬なのです。

ハンドラーのフィリップスさんによれば、読書介助犬は子供たちの音読を聞くのを楽しみにしている(そう感じられる)そうです。「セラピー用ベストを着ると、働く時間が来たことがわかるようなのです。わくわくしているのを感じます」

熱帯のお花4

2011年、タフツ・カミング獣医学校(the Tufts Cummings School of Veterinary Medicine)は「犬に読み聞かせをした小学生は、人間に読み聞かせた人達よりも、より良い読書スキルを身につけた」という研究結果を発表しました。

犬という「批判しない聞き手」を得た朗読者は、自信を持って読み聞かせができるようです。犬は、読み間違えても、つっかかってしまっても、笑ったりしません。前出のアシュリンさんも、「犬になら私の音読を自慢できる。動物の周りにいる私って、すごくカッコよくて可愛いの。そして、彼らは安心して読んであげることができる。教室だともっと緊張する」と語っています。

実際、アシュリンさんの音読スキルは向上し、読書の幅も広がったといいます。
その効果は、多くの子供達にもみられるそうです。

この、読書介助犬に世界で初めてなった犬は、「オリビア」という小さなワンちゃんだそうです。
オリビアは、シェルターで安楽死寸前のところを飼い主さんに救い出され、読書介助犬となりました。
実話に基づいた書籍『読書介助犬オリビア』も出版されていますので、興味のある方は読んで見て下さいね。

読書介助犬4

読書介助犬5
【読書介助犬に世界で初めてなった犬「オリビア」】

現在「R.E.A.D.プログラム」は、欧米を中心として活動の広がりをみせています。しかし日本では、TV番組などで取り上げられたことはあるものの、まだ認知度が低く、実際に活動を行う団体は少ないのが現状です。プログラムを行う場所の確保が難しいことや、認知度が低いために読書介助犬を育成する環境が十分ではないのかもしれないとの声があがっています。

でも、子ども達が抱えるさまざまなプレッシャーやトラウマを解消するお手伝いを犬がしてくれるというのはとても素敵だと思います。日本を含め、R.E.A.D.プログラムがもっとたくさんの国や地域に広がっていくことを願っています!

以上、下記のニュースを参考に編集させて頂きました。
gooニュース(参照)
news.goo.ne.jp/article/pecojapan/trend/pecojapan-61930.html

the WOOF(参照)
woofoo.jp/editors_desk/reading-program/

読書介助犬3

読書介助犬が、子供達の音読に自信をもたせてくれる取り組み、どう思われましたか?
アメリカ発祥の読書介助犬による「R.E.A.D.プログラム」は、日本でも、少しずつ取り組みが広がっている様ですが地方ではあまり聞いた事がありません。更に広がってくれたら良いですね。(^-^)

実は、私の子供も時々ワンちゃんに音読を聞いてもらっているのですが、小首をかしげながら静かに聞いてくれています。^^皆さんのお家でもワンちゃんを飼われているようでしたら、一度読み聞かせをしてみてはいかがでしょう?お腹をすかせている時や、体調の悪い時は避けて欲しいですが、これもコミュ二ケーションの一つになると思います☆

20151102081437366.jpg

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

これから寒さが厳しくなります、野良ちゃん達の雨風がしのげる場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

イラスト④

ミーママダンススクールの皆様へ

ミーママダンススクールの皆様からの犬猫カンパから、犬猫おやつ等を購入させていただきました。
いつも犬猫パトロールしてくれているメンバーに、お送らせていただきました。
ミーママダンススクールの皆様、レッスンの時にフードをもってきてくださったり、送ってくださったり、動物達の為にカンパをありがとうございます

フード1

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR