犬達のSOS☆群馬県で2度も飼い主に捨てられ、電車事故で2本足になった柴犬が!前橋東警察署は大怪我をした柴犬を保護したが、拾得物扱いで治療もせず2日後に飼い主の元へ!飼い主の選択は安楽死による殺処分?!命を助ける為、保護団体が動き、動物病院で手術を受ける2016年10月22日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2016/10/22
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4・2016/6/30・7/4・12・16~18・29~8/21・23・9/30~10/22)

10月15日の夕方~の空は天界の白鳥が翼を広げたような、きれいな青と白の空でした5
【10月15日の夕方~の空は天界の白鳥が翼を広げたような、きれいな青と白の空でした】

2016/10/14 猫ちゃんママさんコメントです。
2度も飼い主に捨てられ、事故で2本足になった柴犬すみれちゃん
こんばんは(*^_^*)
10月12日(火)、日本テレビ「スッキリ」の番組で、2度も飼い主に捨てられ、事故で2本足になった柴犬(すみれちゃん)の事を放送していましたので、紹介させていただきます。

2015年12月、高崎市動物愛護センターに「迷子になっている柴犬がいる」と通報がありました。
その柴犬が飼い主に捨てられたとみられるすみれちゃんでした。
高崎市動物愛護センターの職員が捕獲した時の様子は元気だったそうです。
(首輪も迷い札も着けてなかったそうです)

迷子になった犬の多くは人を警戒するのですが、すみれちゃんは人懐っこかったそうです。
そして3カ月後の2月、譲渡会で新しい飼い主が見つかり引き取られました。

元気だった頃のすみれちゃん
【元気だったころのすみれちゃん】

しかし引き取られてから1カ月後、すみれちゃんが行方不明になりました。
そして、行方不明になったすみれちゃんは、4月9日(土)午後2時頃、群馬県前橋市内の踏切付近の線路内で電車にひかれ大ケガをした状態で発見されました。

警察に保護されたすみれちゃんは電車にひかれ前足、後ろ足、尻尾に深い傷を負っていました。
しかし警察署では犬は、『拾得物』としか扱えず病院へ連れて行くことをしなかったそうです。

更に、休日を挟んだため保健所などと連絡が取れないなど不運が続き、やっと2日後に飼い主の元へ返されたそうです。
でも、すみれちゃんが介護生活になると世話が出来る状況になかった飼い主は安楽死による殺処分を考えていたそうです。

pa-w-01.jpg

そこで、譲渡会を主催している「群馬わんにゃんネットワーク」の星野さんたちが、「なんとか命をつなぎたいと思った」と動いたそうです。
飼い主からNPO法人に所有権を戻して、手術が行われたのが事故から5日後だったそうです。
すみれちゃんは、前脚と後ろ脚それぞれ1本ずつと、尻尾のほとんどを切断しました。
手術を担当した獣医師の中野さんは「1週間位で亡くなっていた可能性もあった」など当時の状況について話されていました。

柴犬のすみれちゃん

術後の状態について中野獣医さんは前足、後ろ足で2本だとバランスが悪く心配だったそうですが、すみれちゃんは術後から1週間で壁に寄り添いながらも2本の足で立ち上がっていました。

そして、2週間で退院しボランティアで星野さんが一時的に預かることになりました。
退院して3日後には家の中を歩き回るほど回復して、すみれちゃんは、嬉しそうな表情を浮かべるようになったそうです。

リビングにはすみれちゃんが滑らないようにと、カーペットを貼り付けるなど工夫をされていました。
また筋肉をほぐすためのマッサージを習って、すみれちゃんの体をマッサージしてあげていました。

群馬県で暮らす柴犬のすみれちゃん
【すみれちゃんは、術後から1週間で壁に寄り添いながらも2本の足で立ち上がりました】

散歩は朝と夕方1日2回、車に乗せ近くの公園へ連れて行っているそうです。
公園では2本足で歩くこともできますが、すみれちゃんの身体に負担がかからないようにと、専用の車いすを取り付け遊ばせていました。
星野さんたちは「ものすごい回復力に私達が元気づけられ学ばせてもらった」と話されていました。
すみれちゃんは、現在再び新しい飼い主を募集しているそうです。

番組内容は以上です。

車イスで散歩する柴犬のすみれちゃん
【車イスで公園を散歩する柴犬すみれちゃん】

ネット検索してみると、すみれちゃんのニュースがありましたので、番組でいってなかった事を抜粋させていただきます。

livedoor news
2016年10月7日
news.livedoor.com/lite/article_detail/12114837/

★飼い主は、すみれがいなくなったことを警察署に届け出ていましたが、身元の特定には至りませんでした。また、保護した警察署が動物保護を担当する前橋市に連絡したものの、土曜日だったため保健所へ話が伝わらず、治療を受けることもできませんでした。
その結果、警察署内で定期的に様子を見たり、水を与えたりしながら過ごすことに。
11日(月)に飼い主を特定できましたが、治療を受けられなかった2日間で傷口にはウジがわいていました。

★すみれちゃんの件を受けて前橋市保健所では、土日や祝日に負傷動物の情報があった場合は、当直から担当者に連絡して判断を仰ぐようにマニュアルを変更しました。

★ネット上ですみれちゃんの応援団も立ち上がり、手術費や治療費にあてるための寄付も寄せられています。(現在は受付を終了しています)

抜粋は以上です。

10月15日の夕方~の空は天界の白鳥が翼を広げたような、きれいな青と白の空でした7

すみれちゃんを保護したのはどこの警察署かわからなかったので、調べてみると前橋東警察署でした。
今回、前橋東警察署では、犬は拾得物だからケガをしていても治療できないと、定期的に様子を見たり、水を与えたりはしてくれていたようですが、目の前に大けがをしている犬がいるのに、病院にも連れて行ってもらえず物扱いの対応に疑問を感じます。

今年2月、横浜市栄区亀井町の道路で「犬がけがをしている」と栄署に通報があり3人の警官が駆けつけ、「動物の命も人間の命も同じ」と車にひかれたてうずくまっていた老犬をパトカーの後部座席に乗せ、近くの動物病院へ連れていってくださった優しい警察官さん達がいらっしゃいました。
その記事です。

犬達のSOS☆横浜市栄署に犬が轢かれていると通報があり、三人の警官が急行。痛がりパニックで噛もうとする老犬を【動物の命も人間の命も同じ】と言い、パトカーに乗せ動物病院へ!負傷犬猫を放置したり、治療もせず殺処分センターに送る全国の警察も見習ってほしい!2016年3月12日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-918.html

でも、実際には動物を助けてくれる警察官はほんの一部です。
負傷した動物を物扱いし、放置したり治療もしないで保健所に送り、動物愛護センターで殺処分しているのが現状です。

イラスト1

事故にあって、発見されて病院で手術をするまでの間、すみれちゃんは、どんなにか不安で心細かったことか?
どんなにか傷口が痛かったことか?
治療を受けられなかった2日間で傷口にはウジがわいていたとの事、足は壊死していたのでしょう。
そんな中、すみれちゃんは、懸命に生きようしていたんだなぁと思います。

二回も飼い主さんに見捨てられ、電車の事故で二本足になったすみれちゃんですが、とても元気で、2本足で飛ぶように歩き、生き生きとした顔をしていました。

今度は、最後まですみれちゃんの事をみてくださる優しい里親さんが見つかり、幸せに暮らせるますように。

鳥が運んできた種から、屋上の南天の鉢に咲いたすみれに似た花 夏から咲いています2
【鳥が運んできた種から、屋上の南天の鉢に咲いたすみれに似た花 夏から咲いています】

最近、人間に裏切られ捨てられ動物愛護(殺処分)センターで殺処分寸前だった犬達が、助けられ警察犬や災害救助犬や介助犬や聴導犬になり、活躍しているニュースもよく見ます。
また、老人ホームでお年寄りたちの心を癒してくれて、元気にしてくれるセラピードッグ、セラピーキャットもテレビで見るようになりました。

動物は、人間を癒してくれたり、助けてくれたり、素晴らしい力を持っています。
動物愛護センターの毒ガス室で、もがき苦しみながら殺処分されてしまう罪のない犬猫達の命を助ける為に、里親さんになってくださる方が増えいってほしいです。
そして、最後まで大切に飼っていただけたらと願います。

ミーママの実家の庭に咲く可憐なお花達2

ドア入り口の外側で、マットに丸くなって夜中寝ていたから、下の階段の段ボールを持ってきてあげると自分の匂いもついてるし、朝まで寝ていました1

ドア入り口の外側で、マットに丸くなって夜中寝ていたから、下の階段の段ボールを持ってきてあげると自分の匂いもついてるし、朝まで寝ていました3
【先日、ミーママ家の階段にやってきた猫ちゃん。ドア入り口の外側で、マットに丸くなって夜中寝ていたから、下の階段の段ボールを持ってきてあげると自分の匂いもついてるし、朝まで寝ていました。
朝、掃除で上がったり降りたらしていてもご飯と、ネコトイレにはいる以外は箱にはいったまま。
話しかけそばによると、ニャーニャーシャーシャー
甘えた声と人間への怖さのためか威嚇を交互にしています。
ずいぶん、毛並みがよくなり顔つきも、しっかりし、太り元気になり下痢も止まってます。今朝は吐いてなかったです】


neko3.gif

マグナムエミちゃんへ
こんにちは(*^_^*)
今朝、宅急便のお兄さんが、台車に段ボール箱をのせて、エミちゃんからの荷物を届けてくださいましたo(^o^)o
エミちゃん、いつも犬猫ちゃんフードをありがとうございます。
野良ちゃん達に届けさせていただきますね。

エミお姉ちゃん、ありがとニャン(=^ェ^=)
うれしいワンU^ェ^U

えみちゃん2

いぬ3

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

平成27年10月より、大阪市獣医師会が子猫の殺処分を減らすため、試験的に始めた【子猫リレー事業】が注目されている!

皆さん、こんばんは!
いつもブログ活動をお疲れ様です<m(__)m>

ネットで偶然、調べ物をしていたところ、子猫の殺処分を減らすため、大阪市獣医師会が試験的に始めた【子猫リレー事業】が目に留まりましたので紹介したいと思います☆

毎日新聞(URL 10/22)
http://mainichi.jp/articles/20161022/k00/00e/040/243000c

保護子猫 命のバトン シニアが育て若い飼い主へ

子猫の殺処分を減らすため、大阪市獣医師会(同市東成区)が昨年10月、試験的に始めた【子猫リレー事業】が注目を集めています。

自治体で保護された子猫を獣医師やシニアボランティアが引き取って世話した後、若い世代の飼い主さんに譲渡する取り組み。

全国の猫の殺処分は年間6万7091匹(2015年度)に上り、うち生後数週間の子猫が約7割を占めています。保護猫の譲渡活動を獣医師会が主導する事例は【全国初】とみられています。

事業の特徴は、様々な人がバトンを渡すように1匹の猫に関わっていくこと。

☆一連の流れ
①市獣医師会員のうち23の動物病院から始まります。保護された子猫を引き取り、ワクチン接種などの健康管理、授乳やしつけもします。(保護~3カ月)

②生後3カ月になると、猫は60歳以上のボランティア「キトン(子猫)シッター」の家に預けられ、愛情を注がれながら人と暮らすうえでのルールを学びます。

③6カ月を過ぎると、「終生飼育」など厳しい条件をクリアした原則40歳未満の飼い主に引き取られます。新しい飼い主へは市獣医師会から飼育グッズの提供などもあります。
 
猫の平均寿命は15.75歳(15年、ペットフード協会調べ)。飼い主に先立たれたペットの行き先が課題になる中、高齢者は短期間ながら猫との暮らしを楽しむことができ、若い飼い主さんは健康管理やしつけが行き届いた猫を飼うことができます。

事業開始から1年、市獣医師会は88匹の子猫を引き取り、うち23匹に新しい飼い主が見つかりました。事業の発案者で、市獣医師会の細井戸大成会長は「高齢者が社会とのつながりを持ち、世代間の交流と地域のネットワーク作りにつながるような事業にしていきたい」と話しています。
問い合わせは市獣医師会(06・6972・1345)

☆子猫の殺処分を減らすための【子猫リレー事業】ですが、高齢者が育て、若い世代の飼い主さんに終生飼育とのこと。おじいちゃん、おばあちゃんが、日々の生活の中、子猫の世話をすることで刺激になり生きる活力にもなりますね。若い世代の飼い主さんは、子猫を通して色々な人たちが関わりを持つことで責任感が生まれ、愛情を注ぎながら終生飼っていただけることと思います。それと自治体から保護した子猫を3カ月間、獣医師がお世話してくれるとのことで安心ですね。

この記事では、去勢避妊手術のことが書かれていないので調べましたが不明。(別ブログでは生後6カ月になると、再び動物病院が引き取り、去勢避妊手術を行うと書いてありましたが。)また、シニアボランティアさんが、3カ月から6カ月間のお世話中に、猫が病気になったから・金銭的に飼えなくなった・自分自身が病気になったとかの理由で世話できなくなった場合はどうするのか、期限が過ぎても飼い主さんがいない場合など、他にも様々な問題が出てくると思います。一つ一つの問題を解決しながら、助けた命を無駄にすることのないようにしていただきたいです。

獣医師会が主導する【子猫リレー事業】子猫の殺処分を減らす取り組みは【全国初】だそうです。現在、ペットブームに乗り、ペット業界では、次々と犬猫達が生まされ続けています。ブームが過ぎれば、新たに捨て犬、捨て猫が増え、野良犬、野良猫になり、殺処分を減らす努力をしているのに、さらに犬猫の殺処分が増えるのではと不安でなりません。。。

ペット業界の根本から改革すべきだと思いますが、自治体・獣医師会などは、シニア・若者世代へと命をまもる・繋ぐ【子猫リレー事業】保護猫の譲渡活動を続け、子猫の殺処分を減らしていただきたいと思います☆

犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR