犬達のSOS☆テレビ朝日で紹介された猫神社『出雲伊波比神社(埼玉県毛呂山町)』では、4年前から猫が増え40匹に!金網を張ったり餌やり禁止看板や監視カメラで、排除を考えるのではなく、去勢避妊や譲渡会による里親募集や餌やり後の掃除を参拝客を巻き込んだ新しい地域猫活動を!2016年12月11日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2016/12/11
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4・2016/6/30・7/4・12・16~18・29~8/21・23・9/30~11/28・12/6~11)

2016041321095077e.jpeg
【イラスト:もぐちゃん作】

2016/11/15 愛をまといたいのんさんコメントです。
テレビ朝日のグッドモーニングで紹介された猫神社(埼玉県毛呂山町・出雲伊波比神社)とは?!
今朝、『テレビ朝日のグッドモーニングを見て下さい』とミーママさんから連絡がありました。ミーママさん、知らせて下さりありがとうございました。
気付くのが遅くて、テレビは見れませんでした(>_<)
すみませんm(_ _)m
ミーママさんがグッドモーニングの内容をまとめて下さったものを紹介させて頂きます(*^-^*)

埼玉県の重要文化財になっている出雲伊波比神社で四年前から猫が大量発生、その数40匹!!
猫ブームもあって、猫を撫でたり写真を撮る参拝者がかなり増え、
『神社側は儲かって喜んでるのでは?!』とテレビ局のスタッフは思いきや、
神社の会長(西宮保雄さん)は大迷惑して、対策を考えているとのこと。

社務所にも、引っ掻いた後があり、『重要文化財に傷をつけられるのでは?』と見るからに意地が悪そうな猫嫌いが、よくわかる顔つきの恰幅の良い年輩男性の会長。
金網を張ったり餌をやるなと看板をたてたり、監視ビデオを立てているとグッドモーニングで、紹介するも、
『猫トラブルを解決している自治体は増え、助成金で去勢避妊をしていき共存しているところも、たくさんあり参考にしてもらえたらいいですよね』という風に、
猫が虐待されたり殺されたりするような批判的な報道でなく、
共存を考える報道でホッとしました(*^-^*)

神様をお祭りする出雲伊波比神社の紫藤正臣宮司さんや会長さん達は、猫ブームで参拝者がたくさん来るようになったのに、餌をあげたり可愛がる人を監視カメラで威圧したり、金網を張って猫を排除(殺生)しようとせず、神様が作られた自然や犬や猫、野性動物達を見守ってほしい。
よろしくお願いいたしますねm(_ _)m

以上が、ミーママさんがまとめて下さった内容です。
ミーママさん、ありがとうございますm(_ _)m

埼玉県毛呂山町・出雲伊波比神社1
【埼玉県毛呂山町・出雲伊波比神社の猫達】

テレビを見れなかったので、ネットで検索するとYahoo!ニュースで埼玉新聞の記事を見つけました。
参考URL
headlines.yahoo.co.jp/hl

要約すると、
出雲伊波比神社は、少なくとも奈良時代には建てられていて、国の重要文化財に指定されています。現代では春と秋に「流鏑馬(やぶさめ)」が行われることでも知られているそうです。

数年前、野良猫が増えはじめたので40匹近い猫に去勢手術を行い、「猫にエサを与えないで下さい」といった看板を設置したりしたものの、増えた理由は判然とせず、今も解決策が見いだせないそうです。
動物愛護の観点から「殺処分までは考えたくない」ということです。

以上要約です。

神社側が『殺処分はしたくない』と思って下さっていることは、良かったなと思います。
しかし、『餌を与えないで!』は、餓死させるのも同じことですよね?!
『ネコを捨てないで』の看板の方が意味があると思います…
『餌をあげたら、ウンチを拾って、運を頂いて帰りましょう!』みたいな看板にすれば、縁起をかついでフンの始末に協力してくれるかもですよ~(*^-^*)
神社の招き猫として、里親さんを募集するのもいいと思いませんか?!

出雲伊波比神社の猫ちゃんたちが、お腹をすかせることなく、幸せに暮らせる様、
グッドモーニングでも言って下さっていたように、神社の会長さんや宮司さんは、他の自治体の地域猫や里親制度を参考にして頂き、 また、参拝者の方は、猫ちゃんたちに会った後は、きちんと掃除をして帰るなどマナーを守って、人間も猫ちゃんも笑顔で共生し、神様にあたたかく見守って頂ける環境作りをして下さいm(_ _)m

20140623203929d2c.jpg

2016/11/25 愛をまといたいコロワンさんコメントです。
私も、埼玉県出雲伊波比神社の猫達に里親募集をしてほしいです
皆さんいつもブログ活動をありがとうございます☆
のんさん、埼玉県の出雲伊波比神社(いずもいわいじんじゃ)の猫達の事をコメントして下さり、ありがとうございました。m(_ _)m
出雲伊波比神社では四年前から猫が増え、現在40匹前後、増えた理由は判然とせず、去勢手術をしていたのに解決策が見いだせないとの事ですが、ニュースに書いてある去勢手術だけの書き方だと、メスに不妊手術をしていなかったのかな?と受けとれます。

仮に、メスに手術をしていないとすれば、余所からきたオスがいれば増えます。
発情期になるとオスはメスを探して長距離を移動しますし、猫の餌場には、余所からの猫が来ることも多々あります…。

神社側が飼っているのではなかっただけに難しい問題ですが、多頭飼育崩壊と一緒で、増える前に不妊去勢して里親募集の対応をすぐにしていれば防げた問題だったと思います。

餌をあげる人と、猫がいることを好まない人、双方言い分はありますが、地域猫が難しいのであれば、不妊去勢をして里親募集をして猫の数を少なくしていく事が、今考えられる最適の手段かなと思いました。

ミーママの実家の庭に咲く可憐なお花達2
【ミーママの実家の庭に咲く可憐なお花達】

SOSブログでも記事になった事がある福井県の御誕生寺では、猫が増えてもどうすれば良いか考えて邪魔者扱いをせず、不妊去勢をして里親募集をするなど大切にされている為、良いお手本としてテレビでも取り上げられています。

参考URL
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-851.html

このような取り組みを、神社でする事はできませんか?
のんさんも書いていましたが、今回の出雲伊波比神社側の「猫に餌をあげないで」の看板をたてる対応では、猫達は飢えて苦しみ餓死してしまいます。

神社に祭られている神様が、このような対策で猫が苦しんでいるのを見て
人間に対しどのように思われているか…、神社の宮司さんと氏子総代会長さん達も、一度考えて頂きたいです。m(_ _)m

他の神社でも動物(ペット)をいれてはいけないと言う看板を時々見かけます。
昔は、犬が飼い主の代わりにお参りすることもありましたし、鹿は神様の使いとして大切にされていました。

今は人間の勝手な都合で、頭数が増えたから問題も増えた。だから動物を排除しよう。とする動きが強まり、古き良きものがどんどん壊されてゆくのを目にする事ばかり。

神社側からすれば不本意でも
猫神社として有名になり猫好きさんが参拝して下さっている事に感謝をして、猫を排除ではなく、この人脈を良いことに繋げる努力をして頂きたいなと思います。m(_ _)m

20160501213920c6c.jpeg

2016/11/30 プリキュアメロンさんコメントです。
大谷池の子猫ちゃんを保護して☆
子猫ちゃんを保護して7カ月経ち、やっとご報告させていただきます。
ミーママさんに子猫ちゃんたちが、大谷池にいることを教えてもらい、親友に付き合ってもらって、7月29日、人なつっこい茶とら模様の猫ちゃんを保護してきました。
ノミ、ダニ、回虫駆除をしてもらうため、病院へ行ったところ、熱があり、風邪をひいていて、衰弱していることが、わかりました。
薬を処方してもらって、それを飲ませて、ご飯を置いておきました。
何の知識もなく、不勉強だった私たちは、ご飯あんまり食べないな?おもちゃでも遊ばないし?慣れないせいかな?賑やか過ぎてびっくりしているの?猫ちゃんは、気まぐれだし?と思いこみ、軽く考えていました。
ところが、2、3日経っても元気になるどころか、もっと弱ってしまい、慌てて病院へ。
点滴をしてもらいましたが、先生は、危ない状態ですね!と。
なんてかわいそうで辛い思いをさせてしまっていたのでしょう!と愕然としました。

ミーママさんに状況を伝えると次々と的確なアドバイス。
それからは、家族全員、必死でした。
人間の赤ちゃんと同じように、3時間おきにシリンジでミルクを飲ませて、はちみつ、栄養価の高い缶詰を少しずつ、口の中へ。
一日でも早い回復を願って、つきっきりで見守ること1週間、徐々に熱が下がり、自分でご飯を食べるようになり、みるみる元気になってきました。

メロン君01
【食欲旺盛になって、今日の体重、1124㌘。テーブルの上、跳び乗り初体験のメロン君

メロン君02
【家族になって20日。体重は、1550㌘になり、好奇心、食欲ともに旺盛な猫ちゃんに成長しました】

赤ちゃんが、立った、歩いた、笑ったと大喜びするように、ニャーって言った、走った、高い所に上った!と大喜び。ご飯も好き嫌いしないし、おトイレも教えなくてもちゃんとできるし、偉いね~!と褒めまくり。当初、950㌘だった体重は、7カ月経った今では、4100㌘。無事、去勢手術も受けることが、できました。
ミーママさんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

メロン君5
【最近のメロン君

そして、今では、我が家のアイドル、愛しい宝猫ちゃんとなりました。
時を同じくして、過ごしていたと思われる猫ちゃんの分も長生きして幸せでいてくれたらいいなと思いながら、猫ちゃんライフを楽しませてもらっています。
11月28日の愛媛新聞に猫無料不妊手術、3万匹。という記事が、載っていました。
このような取り組みが、松山市、愛媛県でも行われ、動物愛護の気持ちを多くの人に持ってもらい、飼い主のいない犬、猫ちゃんたちを見かけたら、手を差し伸べてくれる人が増えて、安心して過ごすことが、できる環境の整った場所がたくさんできることを願っています。最後になりましたが、犬達のSOS歌って踊れるミニスカ乙女隊のみなさま、去勢費用の援助をしていただき、どうもありがとうございました

メロン君4

2016/12/02 アグネスさんコメントです。
プリキュアメロンさん、コメントをありがとうございますm(_ _)m
プリキュアメロンさん、初めまして。
SOSブログのアグネスです。
大谷池の子猫ちゃんを保護して下さり、ありがとうございますm(__)m
茶トラの子猫ちゃんだそうですね。
アグネス家の茶トラのチョコ君とピータ君も人懐こいですよ(^o^)
プリキュアメロンさんのコメントの「7ヶ月経った今は体重が~」というところを読んでいて、チョコ君がうちに来てから半年くらいの頃を思い出しました。

チョコ君と数日違いで、近所の子供達が見つけてうちに連れてきた雑種の子猫(ミルクちゃん)がいたのですが、同じくらいの月齢のはずなのに茶トラのチョコだけが大きくなり、ミルクが大きくなっていないような気がして、2匹を動物病院に連れて行ったら動物病院の先生が茶トラは大きくなりやすい事を説明して下さり、痩せていると思っていたミルクの事も「猫によって大きくなる猫とそうでない猫がいるけど、こっちの子(ミルク)も決して痩せてはいません」と言われました。
その後、もう1匹茶トラ(ピータ)が増えて、やはりチョコの様に順調に大きくなり、やっぱり茶トラは大きくなるんだなぁと実感しました。

アグネス家にゃんこ大集合
【アグネス家の猫ちゃん達

衰弱した子猫を保護する事が多いアグネスですが、元気になるまでの間は、夜寝るとき「朝起きて、子猫が死んでいたらどうしよう」と心配で、目が覚めて子猫の体が温かいことを確認しては、ホッとするの繰返しです。あまりに小さくて体力がなく助からなかった事もありましたが「助からないかもしれないから保護するのをやめよう」ではなく「今連れて帰らなければ絶対に死ぬだろうから、できる限りの事をしてあげよう」と衰弱していたり、死にかけている子猫を見つけた時は、保護して、元気になったら里親さん探しを続けています。

姿形は小さな毛玉みたいな子猫ですが、抱くと手のひらに命の温もりを感じて、とても愛しくなります。プリキュアメロンさんが書かれているように、動物愛護の気持ちを多くの人が持ち、飼い主のいないワンちゃん、猫ちゃんに手を差しのべてくれる人が増えて欲しいと思います。
ホームレスのワンちゃん、猫ちゃんが冷たい風を避ける場所とご飯を頂くことができますように。

イラスト7

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m

猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

これから寒さが厳しくなります、野良ちゃん達の雨風がしのげる場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

イラスト0002

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

労働環境犬のいる職場

おはようございます\(^o^)/☆みなさん、いつも ありがとうございます(*^^*)☆福岡の空は、澄んだ美しい青空が広がっています♪みなさんの住まれている地域の空は、どうですか?(o^^o)

産業保健新聞の2014年の古い記事ですが、社員犬といって、わんちゃんが会社に居るという環境(労働環境犬)がある事に、魅力を感じましたし、その素敵な環境が羨ましいとさえ思いましたので、コメントさせて下さい☆

Homeメンタルヘルス, 労働環境犬のいる職場


平成23年、日本オラクル株式会社が社員の癒し(リラックス)などを目的に、
「社員犬」を導入されたそうです。珍しいですよね(*^^*)私は、ネットを見ていて、たまたま見付け、初めて知りました!(o^^o)以下は、2014年8月6日の産業保健新聞で紹介された記事です。

米国では犬同伴で出社が許されている会社は多く、連邦議会にさえ入ることができるのだ。
また、裁判所では証人が証言台に立つ際、犬により気分をリラックスさせる試みもあるらしい。

では実際、犬が職場にいることによってどのような効果が生まれてくるのか。

米国バージニア州にある大学の研究者、Randolph Barker氏は、
犬の同伴が許されている会社で、社員が経験するストレス度を14年間にわたり研究してきたそうだ。

従業員500人ほどを犬同伴とそうでない2つのグループに分けて行った研究結果によると、始業時では両グループのコルチゾル値(ストレス度を示すホルモン)は同じだったが、終業時間までに犬無しの従業員の値は犬同伴従業員に比べて遥かに高いことがわかった。

そして、犬がいることにより生産性が向上、会話のきっかけや連帯感が生まれ、
従業員の仕事に対する満足感も上がったという。
また、犬を飼っていない人でも80%以上が、職場での犬の存在に
ネガティブな感情は無いと回答しており、犬による『癒し』の効果を感じているようだ。

このように、犬が職場にいるということは、職場環境の改善に繋がると検証されているのである。

また、米国では愛犬と出社できる「Take Your Dog to Work Day」という日があり、今年で18周年を迎えるなど、犬の受け入れ体制が整っている。
(HP:http://www.takeyourdog.com/
以上です。続けて、「犬を職場に連れて行こうの日(Bring/Take Your Dog to Work Day)」について知りたかったので、調べてみました☆(*^^*)☆

名称:Bring/Take Your Dog to Work Day
国:イギリス、アメリカ
時期:父の日の翌週(6/19以降)の金曜日
制定年:1996年にイギリスで発祥。アメリカでは、Pet Sitters International(PSI)が1999年にスタート[1]

飼い犬を職場に連れて行くことによって、犬を飼っていない人にもその素晴らしさを伝え、保護施設や愛護団体から動物を引き取ることに関心を持ってもらうことを目的として制定された。イギリスではBring Your Dog to Work Day、アメリカではTake Your Dog to Work Day(TYDTWD)と呼ばれている。

欧米ではペットの存在が従業員に役立つという考えが浸透しつつあり、アメリカでイベントを推進するPSIは「参加企業は年々増えている」と発表している(参加企業数は、登録制ではないことを理由に発表していない)。

この記念日を挟んで、オンライン上ではフォトコンテストや、ハッシュタグ投稿(#BringYourDogToWorkDayをつけてSNSに投稿)が行われるが、その目的はシェルターなどへの寄付を募ることにある。スポンサーによる寄付品のうち半分を参加者に、半分をシェルターに送るなど、様々な工夫でイベントを盛り上げている。

PSIは毎年、無料の”Toolkit”を配布。「ペットを職場に連れて行こうの日」を導入するための、ステップバイステップのガイドや上司を説得する方法などが掲載されている。

以上は、the WOOF より抜粋です。

https://woofoo.jp/editors_desk/bringyourdogtoworkday/

職場にわんちゃんが居ると癒しを与えてくれるのはもちろんですが、生産性が向上し、会話のきっかけや連帯感が生まれ、更に従業員の仕事に対する満足感も上がったというのは、私達人間に良い影響を与えてくれる大きな存在だという事です(*^^*)☆☆☆

会社にも、積極的にわんちゃんを迎え入れたいですね☆確かに、私の職場に上司が飼っているわんちゃんを連れて来た時、みんなの声は優しくかわいい声になり(男性も(≧∇≦))みんなが寄って行きました☆その後も、わんちゃんの話題で盛り上がりました!\(^o^)/☆

わんちゃんは、みんなの心を癒し、穏やかな気持ちにしてくれます☆わんちゃんが来た時は、仕事のバタバタ、ピリピリモードはなくなっていましたもん☆

猫の殺処分が犬の2倍ある沖縄県。この深刻な現状に高校生が動き出す!(*^^*) 中農高生4人、現状訴え「命の授業」

こんばんは(*^◯^*)お久しぶりです〜♪Minmiです☆☆☆いつも、ブログを読ませてもらってます〜♪それと〜時々、ブログの記事をツイートさせてもらってます♪(≧∇≦)
琉球新報で、猫の命を救う為に、県内の殺処分の現状と適正な飼育方法を伝える命の授業の準備をしている女子高生が紹介されていましたので、緊張しますが〜コメントさせてもらいましたっ☆

2015年の猫の殺処分数は犬(1073匹)の約2倍で、2080匹に上った。譲渡や飼い主への返還数も犬(876匹)のおよそ5分の1にとどまり、186匹程度。犬よりも深刻な猫の殺処分の現状に、中部農林高校の女子生徒4人が「命の授業」と題して啓発活動を始める。県内の殺処分の現状と適正な飼育方法を紹介する内容で、各小中学校やイベント会場で授業する。「人と動物が共生できる社会になってほしい」と話し、準備を進めている。

4人はこれまで犬の殺処分については、同様の啓発活動を行ってきた。活動の中で猫の殺処分が深刻である現状を知り、さらに今年8月に同校教員が3匹の子猫を拾ってきたことがきっかけで、今回対策に乗り出した。

4人は校内の全生徒を対象にアンケートを実施。去勢手術をしない状態で自由に出入りさせている飼い主が多い実態が明らかになった。女子高生の1人は「無責任に飼うことで殺処分される命が増える」と指摘する。

沖縄は他県に比べて気候が温暖で繁殖率が高く、病気も蔓延(まんえん)しやすい。池宮さんは「授業を通して飼い方を見直してもらいたい」と語った。

彼女たちは現在、授業の準備を進めながら拾った3匹の猫の去勢手術代を集める募金活動も行っている。「1匹でも多くの命を助けたい」と話し、年内を目標に譲渡先を探している。

2016年12月10日 琉球新報より抜粋
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-409407.html

犬猫ちゃん達が殺処分されている事を知らない学生は多いと思います。現状を知り、犬猫ちゃん達の命を救う為、県内の殺処分の現状と適正な飼育方法を紹介する授業を行う事は、とても素晴らしいと思いますっ☆☆☆また、嬉しくも思います。保健所や愛護センターで殺されている命に目を向け、どうすれば救えるか考え、伝えてくれる女子高生達にエールを送りたくなります〜♪\(^o^)/☆

犬猫ちゃん達が殺処分されている現状を多くの方に知ってもらいたいですねぇ。
犬猫ちゃんを飼われている方には、適正な飼育をしてほしいと思いますっ。

また家族に迎え入れる時は、保健所や愛護センターから迎え入れられる事を願っています☆☆☆☆☆

マリリンの姉妹犬、はなちゃんに再会しました☆

皆さん、こんにちは。
いつも遅くまでブログ活動や犬猫ちゃんパトロールなど、ありがとうございますm(__)m✨✨

随分、冷え込んできましたので、夜間パトロールの時は暖かくされてくださいね。
私は『飲む点滴』と呼ばれている甘酒にはまっています(*^_^*)

さて、約10ヶ月ぶりにワイルドさんやマリリンの姉妹犬のはなちゃんに、マリリンと一緒に会いに行きましたので報告させて頂きますねU^ェ^U

はなちゃんは陽当たりの良い縁側のある部屋で、ワイルドさんお手製のダンボールハウスに入っていて、澄んだ大きな瞳でジッとマリリンと私を見つめていました✨❤✨
久しぶりの再会でしたが、はなちゃんはマリリンと私を覚えてくれていたようです(*^_^*)
ワイルドさんは、はなちゃんを『級長さん』と呼んでいるそうです。
確かに全てを見透かしているような落ち着いたムードのはなちゃんは『級長さん』がピッタリ!と思いました。

最初はダンボールハウスから出てこなかった、はなちゃんですが、私たちが談笑していると、そっと後ろからマリリンに近付いて、マリリンのお尻をクンクンしたり、マリリンと鼻をつけて挨拶をしていました(^_^)v

ワイルドさんや同居人さんと、『きっと私らがおらんかったら、この子らは一緒に仲良く遊ぶね(*^_^*)』と、どこかまだぎこちない2匹を眺めながら笑いました。

ワイルドさんは、相変わらず朝から、かいがいしく庭にやって来る野良猫ちゃんたちの寒さよけのハウスを作ったり壊したり、忙しく充実した毎日を送っているようです。
お肌もツヤツヤで以前より、若返って綺麗になっていました(*^_^*)

『美和ちゃん、あそこにバンガローを作って、向こうには3階建マンションを作ったんよ(*^_^*)』と、瞳をキラキラさせて、綺麗に手入れされた庭のあちこちに設置された野良猫ちゃん専用ハウスを嬉しそうに披露してくれました(^_^)
ワイルドさんのむじゃきな表情を見て、私もワクワク楽しくなってきました✨✨

ピュアな心のワイルドさんや同居人さん、はなちゃんと一緒に過ごした時間は、とても豊かでマリリンも私も癒されっぱなしでした❤

はなちゃん、またマリリンと仲良くしてね(*^_^*)

ワイルドさん、同居人さん、はなちゃん、ありがとうございました✨✨✨

ホームレス犬猫ちゃんたちや野生動物たちにも温かい寝床や栄養のつく美味しい食べ物がありますように☆

☆美和さんへ☆

美和さん、マリリンちゃんとはなちゃんの再会コメント、ありがとうございます(*^^*)☆☆☆マリリンちゃんとはなちゃんの鼻を付けてのご挨拶、かわいいですね〜♪「お久しぶり〜♪元気にしてた?」とお話したのかなぁ〜?って想像していたら、顔がほころびました(⌒▽⌒)

ワイルドさんは、野良猫ちゃん達の為に、お庭にバンガローや3階建てのマンションを作ってあげたり(((o(*゚▽゚*)o)))なんて、素敵なの〜!!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

素敵な時間を過ごされた事が伝わり、嬉しかったです☆美和さん、コメントありがとうございました(=´∀`)人(´∀`=)

Minmiさんお久しぶりです☆

Minmiさん、お久しぶりです。コメントをありがとうございます。(*^o^*)
沖縄県の猫の殺処分を減らす為に活動されている、中部農林高校の生徒達の事を教えて下さりありがとうございます!

啓発活動をしているうちに、犬より猫の殺処分が深刻である事を知り、全校生徒にアンケートをとると去勢不妊手術をしていない飼い主が多い実態を知ったのですね…
なんでもそうですが、知ろうとしないと耳に入ってきません。まず、知ると言う気持ちになるキッカケが必要なのだと思います。
小中学校やイベント会場でされている「命の授業」私も聞いてみたい。(≧∇≦)
最近は高校生で活動をして下さる方々が増え、とても心強いですね!o(^_^)o

沖縄県だけでなく、日本中の犬猫が殺処分されている現実を、多くの人に知ってもらいたいので、全国の高校生による命の授業啓発大会とかしてほしいです☆

Minmi 48さん、コメントをありがとうございますm(_ _)m

こんにちは、アグネスです。
Minmi 48さん、沖縄県立中部農林高等学校の生徒さんが、犬猫の殺処分を減らすために「命の授業」という啓発活動をしていることを知らせて下さり、ありがとうございますm(_ _)m

琉球新報の記事も読ませていただきました。
猫ちゃんと一緒に写っている4人の笑顔がとても素敵でした。

猫は放し飼いにしている人がまだ多く、避妊去勢手術をしていない人もまだまだ多いですね。
その事が原因でどんどん子猫を生んで、数が増えてしまい【多頭飼育崩壊】が社会問題にもなっています。

飼い主さんが避妊去勢手術をしていれば、雄猫のスプレー行動や繁殖期の猫同士の喧嘩で困り、飼育放棄することも、子猫が増えてしまい捨て猫や動物愛護(殺処分)センターへ持ち込むこともなく、最後まで責任を持って飼うことができます。病気のリスクも下がります。

犬猫の殺処分が多いという事実を「知らない」と何も出来ませんが、知っていても、命の授業のような啓蒙活動(行動)に移すのは、とても勇気がいることだと思います。
この4人の高校生から始まった【命の授業】が、水面に投げた小石の様に大きな輪になって周りにも広がって欲しいです。

犬や猫を買いたいと思う人が、スーパーでお総菜を買うような、デパートでアクセサリーを買うような気軽な気持ちで買うのではなく、動物愛護(殺処分)センターの譲渡会に足を運び、家族に迎え入れてくれます様に。
『命の期限』を決められて冷たい檻の中で殺処分を待つ犬や猫が、人間の決めた期限で殺されるのではなく、譲渡会という生きる道を与えられます様に。

みのりちゃん、労働犬についてコメントをありがとうございますm(_ _)m

こんばんは、アグネスです。
みのりちゃん、いつも色々なニュースをコメントして下さり、ありがとうございますm(_ _)m

犬が職場にいることによってどのような効果が生まれてくるのかという研究結果も調べて下さり、とても参考になりました(^o^)

ワンちゃんが社員として会社にいるなんて、素敵な環境ですね。
犬がいることで職場の雰囲気が良くなり、仕事の効率が上がるなんて良いことずくめですね(*^^*)

先進国と言われている日本ですが、盲導犬や聴導犬、介助犬といった人間を助けるために働いている犬でさえも認知度が低く、つい最近までスーパーやデパート、飲食店への出入りが認められていませんでした。動物愛護はまだまだ後進国と言わざるを得ない残念な現状です。

犬は動物の中でも特に人間に寄り添っている動物だと言われています。澄んだ瞳のワンちゃんが、人間に与えてくれるものは温もりや癒し、信頼、愛情、友情など、犬と人間の間に起こる奇跡と言われるニュースも数多くあり、種族を越えた絆の素晴らしさに多くのことを学ばせてもらっています。

動物愛護先進国のドイツやスイスでは、きちんと躾をされた犬が飼い主さんと一緒に電車に乗ったり、レストランやカフェに入ったりしています。日本も躾や環境を整えて、日本オラクル株式会社のように愛犬と出社できる会社が増えたら、日本の企業が元気になり経済効果も上がるかもしれませんね(*^^*)

以前TVで猫が社員の会社も紹介されていました。
ワンちゃんや猫ちゃんが会社にいて、温かい空気の中で働けたら素敵ですよね。
人間の持つ潜在能力を引き上げてくれる素晴らしいパートナーである「社員犬」「社員猫」が増えたり、アメリカの「犬を職場に連れて行こうの日(Bring/Take Your Dog to Work Day)」を日本でも取り入れ
る企業が出てきますように。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

カマキリ=オキキリムイから改名のマキルコルさんへ☆アホらしいから却下

私達にカマキリと言われて、頭に血がのぼりハンドルネームをマキルコルに変えたそうですが、カマキリと大差ない気がします。
今回のコメントも中身がなく、承認するのもアホらしいからポイさせていただきます。

アグネスさん、却下って…(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑

おはようございます(*^^*)

アグネスさんから、カマキリさんからコメント入ったけど、アホらしいから却下って…
(≧▽≦)/キャハハッァ♪♪

相変わらず、アホですね…(。-∀-)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR