犬達のSOS☆イギリスでは、ドッグトレーナーが元捨て犬の中から介助犬が必要な人に合う犬を選び、生活の支障を減らすための訓練を犬と飼い主がトレーナーと協力しあって行う。日本では、繁殖から手がけ介助犬実働数は74匹。殺処分予定の犬達も介助犬に育成して欲しい☆2017年2月17日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/2/17
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4・2016/6/30・7/4・12・16~18・29~8/21・23・9/30~11/28・12/6~12・31・2017/1/11・2/6~17)

福岡のみのりちゃんの弟さんデザイン2
【福岡のみのりちゃんの弟さんデザイン】

2017/01/31 愛をまといたいさんコメントです。
イギリスの介助犬のように、日本にも増えるといいな(^∇^)
皆さん、毎日ブログ活動やパトロールなどありがとうございます!
昨夜ミーママさんからのメールでテレビをつけて、日テレの『世界まる見え!テレビ特捜部 』でイギリスの介助犬のことをしていたのを見たので、簡単ですが報告しますね。

イギリスでは、元捨て犬を訓練して3ヶ月くらいで介助犬としてデビューさせることをしているそうですが、
昨日は、突然眠ってしまう病気「ナルコレプシー」と膝の筋肉が麻痺し力が抜ける「カタプレキシー」を患っているエミリーと、体の一部が勝手に動きおかしな言葉を発する「トゥレット障がい」でエンジニアの仕事を失ったアランの介助犬を育成する様子が紹介されました。

ドッグトレーナーが元捨て犬の中からそれぞれの人に合いそうな犬を選んで、介助犬が必要な人の症状からくる生活の支障を和らげるために訓練をスタートしていました。

花1

エミリーのために選ばれた犬には、彼女が急に眠って倒れてしまったとき、起きるまで危険が無いよう側で見守れるように教え、
アランのために選ばれた犬には、発作が起きたら彼の震える手に鼻先を付けて、彼が落ち着くまでそうしているように訓練していました。
また2匹とも、「目覚まし時計が鳴ったら起こす」という課題もトレーニングしていました。

ドッグトレーナーと犬と新しく飼い主になる人が協力しあって訓練し、訓練最後の試験にも2匹とも合格して介助犬になりました!(o≧▽≦)ノ

トレーナーさんが「捨てられたワンちゃんたちは初めは臆病だったり、人見知りもするけど、本当は優しくて賢い子たちばかりよ」と話していましたが、それは介助犬として生きていくことになった2匹の顔からもよく分かりました!
というのも、訓練していく中で介助するという働きだけではなく、ワンちゃんと飼い主さんになる人とがニコニコ笑顔で「ありがとう」(^∇^)と言ったり、ペロペロ顔をなめたりして信頼関係が築けているんですよね。

介助犬を迎えることになった二人からも「自立した生活ができそうでうれしい」「発作も減りそうだよ」と前向きな言葉も出てきて、「あぁ、介助犬は生活の支障を和らげるだけでなく、人間の心の凝りも和らげてくれるんだなぁ」と温かい気持ちになりました。

花4

昨日紹介された介助犬の訓練期間が3ヶ月というのは「早い」と言っていたので、日本の介助犬はどれくらい訓練するのか調べてみました。
【公益財団法人日本補助犬協会】のホームページによると、介助犬用に繁殖して生後1年~24カ月から訓練を始め、段階を踏んで1年間訓練するそうです。
(「段階を踏んで」には、初めの基礎訓練で介助犬に適しているかどうかも見るらしく、全員介助犬になれるわけではないようです)

日本で介助犬を必要とする数は【1万匹】なのに対して、平成29年1月1日現在全国の介助犬の実働数は【74匹】という少なさに驚きます。
もっと介助犬が増えるといいなぁと、皆さんも思われませんか?(^-^)

盲導犬や介助犬の色々な協会があって、ユーザーさんやワンちゃんのことを一生懸命考えて、怪我をしないように、人と犬の相性が合うように…と、訓練されていることはとても素晴らしいと思います。

花2

でも日本で1年間に殺処分されている犬達の辛さや苦しさを思うと、全国の動物愛護(殺処分)センターに捕獲されている野良犬や捨てられた犬達に、イギリスのようにトレーニングして介助犬やセラピードッグになってもらえるといいなぁと、純粋にそう思います。
殺される犬が減り、生活の不自由さが減って楽になる人が増える。
人の役に立って褒めてもらえるとうれしい犬が増えて、犬から笑顔や温かさをもらう人が増える。
動物と人間に信頼関係が生まれる。
とても良い循環ですよね(^∇^)

全国の動物愛護(殺処分)センターには獣医さんがいますが、怪我を治さずに毒ガス室で窒息死させるだけの人もいます。
そのような冷酷な人に税金でお給料を払うくらいなら、ドッグトレーナーさんを雇って介助犬の訓練をしたり、譲渡できるようにトレーニングしてあげてほしいですね。

人も動物も一つしかない命を大切にして、仲良く共生できるより良い日本になるといいですね(^∇^)

イラスト①

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の雨風がしのげる場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

イラスト⑤

愛をまといたいさんへ
こんにちは(*^_^*)
昨日、愛をまといたいさんからの荷物が届きました
ワンネコちゃん達のフードをありがとうございますm(__)m
野良ちゃん達に届けさせていただきますね

愛をまといたいさん

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

愛をまといたい福岡のみのりちゃんへ

こんにちは(*^_^*)
みのりちゃん、キャットフードを送ってくださりありがとうございますm(__)m
野良ちゃん達に、届けさせていただきますねe-415

南港の猫ちゃんパトロール。

皆さま、こんばんは。

いつもブログ活動をお疲れ様です(_ _)

昨日の、南港の猫ちゃんパトロールで、またまた悲しい出来事があり、ごはんをあげていた子猫ちゃんの、生きた証を残したく、コメントさせて頂きます。

いつもバラバラな時間帯に、南港の猫ちゃんパトロールで猫ちゃんに会いに行っては、猫ちゃんファミリー、白黒柄の野良猫にしては、大きめ体格の父ちゃん猫、母ちゃんは小柄の黒猫ちゃんの間で生まれた父ちゃんそっくりの子猫ちゃんが姿をみせ、甘えた声でごはんのおねだり、カリカリキャットフードや缶詰をあげていました。

初めてあった頃は、子猫ちゃんの姿はなく、父ちゃん、母ちゃんだけで、威嚇されながらもごはんをあげていました。
徐々に私の存在に心を開いてくれた頃、去年の11月から12月あたりから、一匹の子猫ちゃんの姿をちらほらみかけ、親猫達も私の足元でスリスリ、子猫ちゃんは、触れあい抱っこ出来るまでになりました。

でも、母猫ちゃんには、【あまり触らないで】と言われているように、軽い猫パンチがありましたが。。。

寒い夜には、震える小さい身体を抱っこして、胸にうずめ暖かくしてあげていました。出来れば、【保護してあげたい】と思いましたが、ここには父ちゃん猫、母ちゃん猫がいる、離してはいけないと考え、【凍死をしないで】と祈りながら、母ちゃん猫の元へ子猫ちゃんをかえしました。

寒さの厳しい11月、12月、1月を乗り越えた子猫ちゃんは、少しずつ成長する姿をみせてくれ、私が【おちびー】と呼ぶとピーピーないて足元でスリスリ、じゃれあうようになっていた矢先、交通事故に。。

トラックや乗用車が走る薄暗い夜の道を横切る途中だったようで、手と足を広げ走っている格好、顔も身体も踏まれ即死状態。

車を降り、変わり果てたおちびの前で号泣、自分のふがいなさを感じました。

あの時、保護していたら、、、
父母猫と離してまでも、、、

私は、自宅前の公園に埋葬するため、おちびの亡骸にタオルをかけ、袋に入れ連れて帰りました。

そして、今日、自宅前の公園の木々下に埋葬しました。

天国で、暖かい部屋に猫ちゃん仲間と一緒にお腹一杯ごはんを食べ、遊び、安心して寝れて、、、幸せに過ごしていたらいいな。。。


早く暖かくならないかなぁ〜(*´꒳`*)

こんばんは〜(*´꒳`*)

オレンジ戦車の美羽です〜(*'▽'*)
寒暖差がありますが、皆さんお変わりないですか〜(*´꒳`*)?

美羽の会社周辺に、暖かいと日向ぼっこに最適な場所があるためか?にゃんこ達をカリカリでおもてなしをしていますが…寒いと中々いらっしゃらないо(μωμ)о シュン…

早く暖かくならないかなぁって、春が待ち遠しい美羽です(*^▽^*)

まだまだ寒いので、パトロールに行かれる際は暖かい格好でお出かけ下さいませ〜(≧∀≦)

マグナムエミちゃん、交通事故で亡くなった子猫ちゃんをn埋葬してくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは、アグネスです。
エミちゃん、お仕事の合間に猫ちゃんパトロールありがとうございますm(_ _)m

外の過酷な環境で生きているホームレス猫ちゃん達は、感染症や事故の危険と隣り合わせで、家で飼われている猫ちゃん達が10年~15年生きるのに対し、わずか3年~5年という短い寿命ですね。

アグネスも子供たちと外出した時に、車に轢かれた猫を見たことがあります。車が来ないことを確認してから猫を抱き上げ近くに埋葬しましたが、轢かれた直後だったようで、きれいな体はまだ温かかったです。

エミちゃん、おちびちゃんを埋葬して天国へ送り出して下さり、本当にありがとうございましたm(_ _)m

おちびちゃんは、短い命だったけど、お父さん、お母さんと一緒に過ごせて、可愛がってくれる人にも出会えて幸せだったと思います。
お父さん猫とお母さん猫の安全と、おちびちゃんが無事に天国へ行けるよう、アグネスも子供たちと一緒に手を合わせていただきますね。

ホームレスのワンちゃん、猫ちゃんが休む場所とご飯をいただけますように。

犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR