犬達のSOS!『冬の夜の海に投げ入れられた子猫を救った、父息子の話』 2011年1月28日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】


『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。
QRコード2 
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして
ランキングのご協力をお願いします


『冬の夜の海に投げ入れられた子猫を救った、父息子の話』 


ミーママからのメッセージが届いています。
「SOS①に、皆さんからの暖かなコメントや、提案が続き、
いっぱいになりましたo(^-^)o
ありがとうございます。

見ると、素晴らしいコメントや、ロンちゃんのお話が
消えています。
コメント記入欄の上の、「次のコメント」をクリックすると、
全部出てきます。
新しいコメントを、猪事件やSOS②~⑥、そして、
市役所のホームページの記事に、どんどん書き入れてくださいね。

O(^-^)0皆さんからの、愛ある書き込みが、
署名運動の変わりになり、日本中へ広がれば、
きっと、役所も変わり、動物を助ける法律も変わり、
ドイツのように ワンちゃんを救い共存できるようになるでしょう0(^-^)0

愛媛にも優しい親子や、愛ある女忍者(くの一)達が、たくさんいて戦っています。
ロンちゃんの話を読んでください。

今回アグネスさんのブログから思い出したことがあります。
何年か前の我が家の出来事です。
小3の息子と主人が、愛媛県伊予市の海岸に、夜釣りに
出掛けました。

季節は真冬、カイロで暖をとりながら、なかなか釣果のあがらない中、
お腹を空かせた野良猫がやって来ました。
見ればまだ、小さな子猫。
『よしよし、お前にも、やるからな。』と約束なんかして、
メンバーに加えました。

『にゃーにゃー(まだ?まだ?)』 『よしよし』
『にゃーにゃー』
それなりに、賑やかで楽しい夜釣りを、していたそうです。
そこへ、『釣れとるか?』と60代位の男性が、声をかけてきたそうです。
ひと通り会話をして、立ち去る男性を、何気なく目で追ってました。
男性は、そこら辺のゴミを海へ投げ込みながら、近づいてきた子猫の尻尾を、
ヒョイとつまみ、何の躊躇もなく、ゴミ同様に真冬の海へ、

捨てました!!
『!?!?!?!?』
主人も息子も、一瞬何が起こったのか、理解できなかったそうです。

はっ!!と、我に返り 堤防から身を乗り出し、
波の音に消されそうになる子猫の声を頼りに、
真っ暗な夜の海を、懐中電灯で照らし、必死で探しました。

子猫発見!!

『待っとけよーーー』

運良く持っていたタモ(網)ですくい上げることができました。

びしょ濡れで、ガタガタと震える体を、よぉく拭いてやり、
コンビニで猫缶を、買って食べさせて、しばらく様子を見て、
草むらへ帰るのを、見送ったそうです。

 小3の息子は、
『お母さん、えっ!!思ったら、ポチャンて音がして
猫捨てたんよ!信じられる!?もう駄目かもしれんと、思った!
良かったぁーーー!』
と、大人としても、人間としても、理解のできない、体験をして、
帰ってきました。
昔から、弱いものイジメは、卑怯者のする事!
と教えられ、教えています。
動物を、平気で、
虐待したり殺したりするのも『人間』
助けて、守ってあげられるのも『人間』
迷うことなく!
助けてあげられる『人間』でありたいですよね。

以上です。

皆さんは、助けてあげられる「人間」ですね。
 
【ランキング協力お願い】
画面左上にある【FC2ランキングボタン】【日本ブログ村ランキングボタン】2つともクリックしてください。
クリックするとランキングサイト(FC2,日本ブログ村)にアクセスされ、INポイントが「犬達のSOS」に加算されます。
また、ランキングサイトに表示されている「犬達のSOS」をクリックすると、OUTポイントが加算されます。
ポイントが加算されると、ランキングが上がりますので、ご協力をお願いします。
コメントは2012年5月17日以降の記事にお寄せください。
コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
                     2011年1月28日23:36
スポンサーサイト

コメント

Secret

ミーママより

ミーママです0(^-^)0
ロンちゃんのご主人と息子さん、きっと真っ暗な
冬の海のつめたさも溶かす優しさで、
溺れかけ恐怖で泣く子猫を、無我夢中で
助けられたんだね。

ロンちゃんは、足に少し障害が、残ってる猫の
里親さんです。

目が片方灰色で、獣医さんからも
「回復は無理です」と言われ目の見えなかった、
生後半年の子の里親になってくれた猫ママさん。あなたの愛情で「治らない」と言われていた目が澄んで、見えるようになりましたね..0(^-^)0

白猫母さんの里子は、心のない人に、何度も毒をまかれたエリアの、生き残りの痩せたおじいちゃん猫でした。
いつもご飯を持ってきてくれる人達を、電信柱の影で待ち、オスなのに、生き残った子猫を守っていました。
 やはり人間に蹴られたことが原因で、
白は脳に損傷があり、発作を時々起こしましたが、あなたの愛情で、今 幸せな老後です…
(・^-^・)

優しさと一生懸命さで、時々どこかへ暴走してしまう エミちゃん。
動物愛護センターや市役所、保健所の体制を変えて、虐待されたり、殺されたりする犬猫たちを
、救う目的のため、私達一緒に まっすぐ走り戦いましょうよ。(^-^)。

皆さんも友情を深め、団結して知恵を出し合い
戦ってください(*^-^*)
 閲覧だけで、まだ知恵をいただいてない方、
文章に自信がないからなんて、ためらわず、
入ってくださいね。
 気持ちが伝われば、短い文章でよいのです。
。(^-^)。
 長いコメントで場所をとり、ごめんなさいね。
ミーママより 
投稿日 2011-01-29 00:29:40

アグネスより

子猫ちゃんが助かって良かったです(^-^)
命を救える『人間』として、がんばります。

私のブログ内のコメントにも、皆さん どんどん
〇〇さんコメント読みました…と書き込みしてください
そして、情報発信して下さい

日本が、ドイツになるまで!!
投稿日 2011-01-29 00:40:22

これを読んだ時

目を疑いました…

命あるものの命を自分が絶ったという
自覚はあるのでしょうか?
その子の命を終わらせるほど
偉いのでしょうか?
私は虫も殺しませんよ。
うちには殺虫剤もありません。
虫も命あるものです…

そこまでとはいいませんが、
命というものがどんなに重いものか
知ってほしいですね。
そういう人間はおそらく無知で
なにも考えてないのでしょうけど…
でも、助かってよかったですね…。
投稿日 2011-01-29 08:08:29

もっと優しさを

こんにちはアグネスさん。
初めてコメントさせていただきます。

このところ動物達の命を軽くみている人が多すぎると感じます。
酷い事をしている人たちに、もっと優しさを持って欲しいです。

困っている誰かを、動物達を助けてあげられる人間であれるよう
私も頑張っていきたいと思います。

2人の幼児を育てているので
中々コメントできませんがブログの運営応援しています。
頑張って下さい。

投稿日 2011-01-29 10:56:09

ご迷惑おかけしました。

暴走して帰ってきました。迷惑かけまして申し訳ありませんでした。 ところでロンさんの出来事、60歳代の男性、自分が冷たい海に転落したらどうなるか分からないんでしょうか?海水を飲み苦しみながら息絶え、下手すると転落したと同時にショック死です。 その子猫ちゃんはこういう状態だったのです。 冷たい海に落とされてからも一生懸命生きようと頑張っていたのです。 そして、ロンさん達の手によって助けられたのです。 子猫ちゃんの命を救ってくれて有り難うございます。 私もどんな状況におかれても命を救える人間になりたいと思います。
投稿日 2011-01-29 16:30:08

信じられない瀇

読んだ時に、はぁと思いました
60歳のオッサン、ありえませんね
自分自身同じ事されたら…って思わないのでしょうか同じ事されたら、怒るでしょ寒いでしょ
喋れない動物に、なんて可哀想な事を…炅
身をもって分かって頂く為にも、海に突き落としたい気分ですね

子猫チャン、ロンちゃんサンのご主人とご子息の優しい方に助けられ良かったです焏
ロンチャンさんのご主人やご子息の様な人間が増えると動物とも共存出来る世界になるのに…

私も、優しい人間になりたいです溿
投稿日 2011-01-29 21:36:59

大切な命

ロンさんのご主人さまが近くにおられた事…助けられた猫ちゃんは運がありましたね。きっと生き延びていますように…。
少し前に猫ちゃんの餌場で長年アメリカに住み、一時愛媛に滞在してるというMさんと言う女性と知り合いました。Mさんは愛媛の人、変よ~ノラちゃんにとても冷たい‥クレイジーよ~って‥いきなり市役所を指差しあんなに人いらないんじゃない?暇そうにしてたよ。税金は有効に使えばいいのにって言われてました。Mさんはアメリカでテロにあった時に、家族の一員であるノラ出身の猫ちゃんの存在にかなり救われたそうです。同感。しかし…現状は厳しくノラちゃんの餌場周りの草木が市の除草作業により、刈られ、風よけになってた場所が減りました。大丈夫…ノラちゃん達は無事です。
投稿日 2011-01-29 22:07:07

はじめましてぇ

((((((ノ゚⊿゚)ノびっくりです!!
そんなことする人って本当にいるんですね。
ネコちゃん助かって本当によかったと思います。
そして猫を助けられた方本当にブラボー!!
そして猫を真冬の海に投げた∑(゚Д゚)おっさん残念ながら頭がくるくるぱーすぎます。
かといって、動物の現状を今まで知らなかった私・・・・知ろうともしなかった私・・・
だいぶ情けなく思います。
何はともあれ子猫ちゃん本当にo(^-^)oよかった
投稿日 2011-01-29 23:41:49

無事で、良かったです。

本当に寒いですよね。沢山 着こんでも寒いのに野良ちゃん達には 耐えられない子も沢山いることでしょうね。 それなのに、海に さらっと 放り込むなんて 許せない!! でも、優しい家族に助けられて 良かったです。私も、この家族のように 弱いものにすぐ手を差し延べれる人間になれるようがんばります。
投稿日 2011-01-30 00:09:51

ロンさんファミリーありがとうございます

ロンさんの猫ちゃんのお話をよんで、驚き、「なんてことをするの」と。自分のイライラを猫ちゃんにぶつけるなんて…。自分が冷たい海に飛び込んで、ストレス発散してほしいです。ほんとうに、暖かいロンさんファミリーに出会えた猫ちゃん、助かってよかったです。ありがとうございます。何年間前に公園で猫の赤ちゃんが産まれ見に行くと、夏休み中で何人か小学生が集まって遊んでいました。その中に猫ちゃんの様子を暖かい目でみている子ども、中には猫ちゃんを物のようにつまんで、テーブルからおとしているこどもがいて、あわてて、止めにいき、子どもたちに話をしました。浦島太郎のお話のように、動物を救ってあげる心やさしい人たちもいる中、動物を虐待して、平気な人間もいる。恐ろしいです。ひとりでも多くの人が動物をおもい、救ってあげる人、愛ががたくさん増えますように… 私も動物を助けて救ってあげれる人間でいたいです。
投稿日 2011-01-30 01:13:46

愛は動物も救う

白猫母さんのお知り合いのMさんの言葉、市役所を指差し「あんなに人いらないんじゃない?暇そうにしてたよ」 ナイスですねー♪ 私も先日愛護係にノラちゃんや野生動物の捕獲後の事、殺処分をなくそうの取り組みについて問い合わせした時、こういう問題にいろんな係や課、団体が関わっている事を知り、思わず「えーっ!!そんなに多くの動物に知識のある方が沢山関わっているんですか!?それでも現状はこれですか?」と言っていました。 少しずつでも心があり行動力のある職員さんが増えるといいですね(^_-) 愛の輪が広がりますように☆
投稿日 2011-01-30 04:40:37

よかったよ。

猫ちゃんが助かってホントよかった。
酷すぎる!!
おじちゃん何でそんなことしたんやろ??
理解できんし。
でもロンちゃんのご主人さんと息子さんがいてくれてよかったよ。
ありがとう。
ダメおじちゃん。
人として、同じ命あるものとして最低だよ。
投稿日 2011-01-30 08:30:14

無償の愛

アグネスさん 初めまして(^^♪
私の3人の子供を持つ、友人のはなしです。
末っ子のK君が、高校に入学して 1ヶ月程で
いじめにあい 引きこもりに(5年余り)・・・
ずーっと外にも出ず お父さんや お兄ちゃんが
諭そうとすると、暴れて暴力を振るい 手がつけられない状態でした。
でも彼女は このこを何とか一人立ちさせたいと
必死に努力し、彼女の友人T君に相談した所
僕で出来ることならと 引き受けてくれ
食事に誘い、フットサル等を一緒にして・・・
順々に外の空気に慣れた頃に、 短期の
アルバイトを紹介して 行けるように迄なりました。  (そのT君も昨年亡くなりました)
半年程前でしょうか、彼女の家の庭に 生後2ヶ月くらいの猫ちゃんが、うずくまっていました。
見ると交通事故にあったのでしょうか? 右足骨折、それも白い骨が見え 腐りかけて、悪臭を放っていたそうです。
急いで病院に走り、処置をしてもらいました。

バイトながら毎日まじめに働いているK君、猫アレルギーの喘息持ち、でも自分の部屋とリビングに加湿器と空気清浄器を置いているので、風邪ひとつひかないそう。
K君の仕事の送り迎えに「お兄ちゃん行ってらしゃ~い 缶詰め買って帰ってね~」と 猫語を「お母さんが通訳してあげたよ~」と言うと 頭をなでて 嬉しそうに 行って来ます。 帰ってきたら 一番に猫ちゃんの所へ・・・
 
K君と同じように いじめにあった犬や猫達なのに子供達の淋しい心を埋めてくれる。       しゃべれないけど語りかけたら 分かってる目をしている。
これこそ 無償の愛ですネ!
投稿日 2011-01-30 16:23:15

もの言えない動物の心を理解して!!

愛あるロンさんファミリーに奇跡的にも救われた子猫ちゃん 本当に良かったです!!

白猫母さんのコメントにある餌場付近の草木が刈り取られていたのは もしかして 伊予市の海辺のことでしょうか。
冷たい海風の吹く場所ですが あの草木たちが防風林がわりになって 猫ちゃんたちも幾分か風をしのげていたのに 今では 風も直撃で本当に可哀想です。 
短く丸裸に刈られた樹木たちだって痛々しく 本当に可哀想です。あれは剪定とはいえません。
ご飯を運ぶ人たちや猫ちゃんたちへの嫌がらせのようにも思えます。

動物たちは自分のことなんて考えず 人間が楽しそうにしているか いつも気遣っているんです。
市役所の冷たい職員さんたち! 昨日の「天才!しむら動物園」を見ましたか? 見てなかったらホームページで見てください。動物がどれだけ人間のことを思っているか わかりますから。

リカさんのコメントにあった 引きこもりの男の子猫ちゃんに寂しい心を埋めてもらって 立ち直れて良かったですね。
私も実家で17年前に捨てられていた子猫を拾い 飼っていますが 辛いことがあって泣いていると すぐ部屋へ駆けつけてきてくれ 涙をペロペロ舐めてくれ 「どしたん?泣いたらいかんよ~」と 慰めてくれていました。どれだけ救われたかわかりません。

どうか動物たちの心を理解しようとしてあげて下さい。
投稿日 2011-01-30 17:45:28

猫ちゃん助かってよかったー

みんなが思うように 冬の海に 「おっちゃん 入ってみたら」 言いたいですよ!(`´)

人間として 恥ずかしくないのか?本当に 赤い血が流れているのかと 疑いたくなりますね!!

でも ロンちゃんのご主人と息子さんに出会えた 猫ちゃんは 良かった
私も 動物を助けてあげられる人間でありたいです。(^-^)
投稿日 2011-01-30 21:53:20

No title

信じられない(>_<)
動物だって生きてるのに( ; ; )
だけど助かってよかった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
投稿日 2011-01-30 21:59:47

No title

驚きと共に悲しくなるお話です…。
真冬の海はさぞかしつらかったでしょうね…。

人や動物達や植物は、全て地球に生かされている同じ生命なのに…そういう分からない人達より、愛を持った人々がどんどん連鎖して増えていきますように。

愛をまといたいトモロウより
投稿日 2011-01-30 23:01:55

No title

愛をまといたい愛媛松山のリカさんのご友人…5年余り、とても辛かったでしょうね。 猫ちゃんよくなられましたでしょうか? うちの息子も幼稚園の頃不登園児(時々は行ってましたが)でした。その息子がある日幼稚園に行った時、園庭の隅でツバメが死んでいたそうです。息子は先生が止めるのも聞かず「すてるが可哀想な。ボクが埋めちゃる!!」と家に持って帰って自分でうちの小さな花壇に埋めていました。その息子も20歳。今は介護職で頑張っています。k君も我が息子も自分の心の痛みを肥やしに、これからの日本、愛を持って担ってほしいですねf(^ー^;
投稿日 2011-01-31 03:58:46

よかったです。

本当はこんなことあってはいけないけど、子猫ちゃんが助かって本当に安心しました。動物をそのおじさんはどう見てるんだろう。

私も少しでも力になれたらと思います。できることはしていきます!
イギリスの友人と話をしたら、イギリスは捨て犬の問題はないよって。みんな犬を大切にしてるって。家族だって。
そのとおりですよね。犬も猫も私が寂しいと思ってたらそっと隣に来てくれてる。家族だから。

これからもアグネスさんのブログを読みに来ます!日本もドイツやイギリスみたいになれますように。
投稿日 2011-01-31 14:28:27

No title

>愛をまといたい高知の可奈ママさん

ツバメを家に持ち帰り埋めてくださって 優しい 素晴らしい息子さんですね
投稿日 2011-01-31 15:47:53
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR