FC2ブログ

犬達のSOS☆松山市で平成29年度からやっと野良猫の去勢避妊助成金が認められ手術の証、耳V字カット野良ちゃんが増えてきました。ただ妊婦猫が避妊されお腹の赤ちゃん達が何匹も殺されている事例もあり、行政の殺処分と何らかわらない結果に。手術は、妊娠していない冬場や子育てが終わった夏に2018年5月10日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/3/30・5/19・5/20・5/21・23~26・30~6/4・6/12~18・2018/2/24~3/2
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18・2017/3/31~5/18・5/22・27~29・6/5~11・19~2018/1/31~2/23・3/3~5/10)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13・2016/12/13・14・16~30・2017/1/2~9・14~16・2018/1/18~1/26・2\1~3・3/10~4/3・15~5/10
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11・13~15・19~28・8/24~9/29・11/29~12/5・2016/12/15・2017/1/1・10・12・13・17~2/5・2/19~25・3/17・18・20~4/10・14~11/27・12/10~15・2018/1/2~1・27~31・2/4~3/14)

花ポリイラスト (小)002
【イラスト:もぐちゃん作

2018/04/23 ミーママ&メンバー一同コメントです。
松山市でH29年度からやっと野良猫の去勢避妊助成金が認められ手術の証、耳V字カット野良ちゃんが増えてきました。ただ妊婦猫が避妊されお腹の赤ちゃん達が何匹も殺されている事例もあり、行政の殺処分と何らかわらない結果に。手術は、妊娠していない冬場や子育てが終わった夏に。

こんにちは。
ミーママとSOSメンバー達からお願いです。

腰が重く殺処分体質だった松山市行政が昨年2017年度から、野良猫の去勢避妊助成金を出すようになったのは大変嬉しいですが、春の野良ちゃんの避妊は、赤ちゃんがお腹にいることが多く、お腹が膨らんでいるメス猫の避妊は子育てが終わるまで待ってあげるか、子供がいない冬にお願いします。

役所の新年度4月から助成金がおりるので、現定数に達するまでにと4月に野良ちゃんを捕まえ去勢避妊を思い付く方も多いと思います。
結果、行政の殺処分と変わらず、お腹の赤ちゃん達が殺され、善意のボランティアさんが1匹のメス猫を避妊するために、胎児5~6匹の殺処分を手助けしているのと同じ事例を知り私ミーママは虚しくさみしく思いました。。。
善意のボランティアさん達にも、悲しみや後悔があったと思います。
ただ、猫嫌い住民に精神的に追いたてられ、お腹の大きなメス猫を避妊に連れていって胎児を殺してしまっている方達もいます。

子猫がまた増えるという人がいらっしゃると思いますが、家猫ではなく野良ちゃんの生存率は、梅雨の雨に打たれたことの低体温症や感染症や餓死、車の事故、虐待等で生後半年で6匹中、2匹が生き残れるくらいでねずみ算式には増えません。
安全な環境の家猫の場合は、野良ちゃんと違いネズミ算式に増えていきます。
家猫の場合は、避妊を必ずしてください。

八重咲きの大輪ポピー
【大輪八重咲きのポピー】

また、松山市市役所からの市民だよりや自治会長が出す広報で、耳をVカットしている野良猫は、去勢避妊済であることを地域住民に積極的に知らせていただきたいと思います。
松山市公園緑地課職員達が長年、松山市内の公園に「猫の餌やり禁止」のステッカーを次々虐待住民達や、猫嫌いの町内会長に渡し貼らせ、餌やり住民の家や商店を訪れ餌をやらないようにと注意をし、それにより猫虐待住民達を増長させ、ステッカーを見た子供達の動物虐待も増やしていました。

松山市公園緑地課は
「耳をV字カットした猫は松山市の助成金が認められ、去勢避妊済みです。動物虐待は罪になります」
のステッカーを松山市の各公園、更に子猫の首切りや連続不審死があった松山市総合公園にも貼って頂きたいと思います。
松山には子猫の首切り遺体を警察が来る前に隠ぺい処分させた猫嫌いで有名な、松山市総合公園の管理等にいた公園緑地課余剰人員の前田主任&土手内所長(2012年当時)や掃除道具を積んだ軽トラの帽子おじさん(首を切られた子猫について私が質問をすると、なぜか後退りをし震える声で知らない知らないと軽トラに乗り管理塔まで逃げていった)達を含む動物虐待住民がかなり多く、去勢避妊手術で怖い、痛い思いをした上に今までのように虐待住民達に毒餌を置かれたり、石を投げられたり、蹴り殺されたらあまりにもかわいそうです。

真っ白な雪のようなヒメウツキ
【真っ白な雪のようなヒメウツキ】

また、日本中どの獣医さんも尿路結石の責任回避のために去勢手術以降、
明らかに下部尿路結石になったオス猫の割合がかなり多いのを、遺伝や体質、食べ物のせいと言われたりブログで書いたり、飼い主さん達に去勢手術のせいとは決して言われません。
元々太くて短い尿道のメス猫と違い、細くて長いオスの尿道を更に狭くさせてしまうから、地域猫として生きられるのはオス猫は短期間です。

やがて去勢したオスの宿命、尿路結石になり、尿道やお腹の痛みで苦しみ人知れず姿が消え死にます。
家猫なら、愛猫がご飯をあまり食べなくなり、トイレにたびたび行って唸りだす姿に、飼い主さんが異変を感じ獣医さんへ連れていき、その時はカテーテルで、尿道をひろげ、つまったオシッコや石を取り出すか、薬で溶けやすい石は、投薬治療し、その後はマグネシウムの少ない病院食に切り替えます。

私が自費で去勢したオスの野良ちゃん達は女の子と違いみんな短命で後悔しました。
里親が見つからないオスは去勢すると、マーキングと言うかなり臭いおしっこの臭いが減り、夜中の発情の声もなくなり、メスをめぐるケンカをしなくなるかわりに、他の男性ホルモン満々のオス猫に追い払われ餌場に来れなくなります。
フードがなかなか食べられなくなり他に餌場がないと、ゴミも漁れず、弱り感染症や疥癬になり短命になります。

お花08

去勢していないオス猫は大好きなイリコを毎日食べていても、マグネシウムの多い美味しい安い市販のキャットフードを食べていても、尿路結石になりにくく、ケンカによるウイルスや疥癬感染や車事故や住民により虐待がなければ元気で何年も生きています。
餌場には市販のキャットフードだけでなく、時々イリコなども置かれていることがあります。
みんな去勢したオス猫は市販のマグネシウムたくさんのキャットフードやイリコが危険になるとは知らないから善意なのですが、去勢されたオスは飼い主さんが見つからない限りかわいそうな運命をたどります。

もし、そこに病院食を置いたとして、美味しくないから食べず美味しいマグネシウムの多い市販のキャットフードの方を猫達は食べ、去勢により尿道が更に狭くなったオス猫はやがて、尿路結石になり苦しみながら尿毒症に移行し3日で死んでいきます。
避妊してもらったメス猫の方は、発情したオスに追いかけられ車に跳ねられることもなくなり、
穏やかになり、子猫が生まれなくなり、 市販の美味しいキャットフードや、イリコや鰹節をもらえ、賢い猫なら雨風雪をしのげる場所を見つけ、潔癖症の残忍な虐待住民さえいなければ20才くらいまで生きられます。
そうして避妊で子供を作れなくなったメス猫達が死ぬと、もう新しい命は誕生しません。。。
地域猫制度の成功とは殺処分の代わりに20年後に、町から猫達の姿が消えることなのでしょう。。。

イラスト111

そして、8才以上の猫は猫の宿命である腎臓病がじわじわ進んでいる場合があり、また白血病、血小板減少などのウイルス感染をしている猫は、避妊手術中の麻酔で、亡くなることも多いようです。
睾丸と尿管を間違え切ってしまい出血多量で死なさせてしまったり尿管を結んでしまい、おしっこが出なくなり尿毒症にさせてしまった未熟な獣医もいるようです。
その場合は飼い主さんや連れてきた人に手術の失敗を獣医は隠すようです。

野良ちゃんのオス猫は去勢していないと、発情期にケンカっぱやく発情の声やおしっこの臭いも強烈で、猫嫌い住民の虐待に発展しかねません。
去勢して優しい家族に飼われるのが一番安心な事ですが、オス猫の去勢はその後の餌場のフードの種類の管理が必要で、どうしてあげるのが一番良いか本当に難しいですね(*^_^*)…

お花010

本来は、恋をし子供を産み子孫をなし自然の中自給自足で、敵から自分や子供の身を守るのが、自然界のならわし。
でも人間が自然を壊し、除草剤や殺虫剤を撒き、食べる昆虫もいなくなりたんぱく源のカエルやトカゲも蛇もいなくなり、海は引き潮のとき魚を捕まえれる干潟(ひがた)を自治体や政府が埋め立てコンクリートを流し、野良犬や猫ちゃん達は潮が引いた安全な干潟にバタバタ飛び回る魚を自力で取れなくなりました。
更に人間の手による捕獲殺処分で、自然界の食べ物はおろか生きる権利まで、動物園の動物以外は奪われるようになりました。
人間というものは自然界のバランスを壊し、弱い生き物を殺生し、きれいな空気や空をpm2.5で壊しオゾン層を破壊し、地球上で一番害のある生き物かもしれません。

イラスト0001

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の寝場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

イラスト7

東京のさっちゃんファミリーさんへ
こんばんは(*^_^*)
さっちゃんファミリーさん、いつも野良ちゃん達のフードを送ってくださりありがとうございます。
焼き鰹がたくさん届きました(*^_^*)
猫ちゃん達、焼き鰹大好きなので、喜びます
ありがとうございましたm(__)m
野良ちゃん達にとどけさせていただきますね

さっちゃん①

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。


スポンサーサイト

コメント

Secret

歯医者たんのセラピードッグちゃん♪

♪ランラ♪ランララーン♪(*^▽^)/★*☆♪

5月になってぇ~♪中国の毒ガス吸着した黄砂を偏西風が連れてこなくなったからぁ~
花ポリわ(^з^)-☆可愛いラブリー💖💛💛💖モテ女子にカムバックしちゃいましたですっ♪きゃん( 〃▽〃)💖
毒ガス黄砂とぉ杉ヒノキ花粉で荒れてた花ポリの~いたいげなお肌も(*''*)💦
アレルギー性鼻炎で~毎晩ティッシュたんを(*/□\*)可愛いお鼻に詰め込んじゃっても鼻水垂れちゃって~カブレれちゃってたお鼻の下も(^з^)-☆赤いポッツン1個残してツルツルに戻りましたです~(*^▽^)/★*☆♪
【花ポリぃ~ティッシュの詰め込みすぎで鼻デカなってる~!!(゜ロ゜ノ)ノヾ(@゜▽゜@)ノ】ってぇ~笑ってくれちゃってたエンジェルやミーママ様や~中高年ダンスクラスのぉエロジジちゃま達~💖✨( ̄^ ̄)💖もぉ~、、、素人漫才グランプリたいしょーってぇ笑われてた花ポリでわありません!!

ふっふっふっ(* ̄∇ ̄*)💛
花ポリわ僕の運命の人~♪You are my destiny~♪きゃん💖って~メンズ達わ花ポリに夢中💖(* ̄∇ ̄)ノmaking every
man mad💖いや~ん(///∇///)☆💖

あ?。。。あれっ?(*ノ▽ノ)?
あっ💖南米のチリのぉセラピーワンちゃんのお知らせですっ💖💛💖
↓↓↓
歯医者の治療怖がる子供にセラピー犬、南米チリで不安軽減の試み
[サンティアゴ 5月9日 ロイター] - 南米のチリで、歯医者にかかるのを特に怖がる自閉症の子供たちに対して、治療を受ける時にセラピードッグが寄り添って不安を軽減させる試みが行われている。

黒のラブラドール犬「ズッカ」のオーナー、ラウル・ベレーラさんは、5年前に非営利団体を立ち上げてこの活動を開始した。自身も自閉症の子供の父親であるベレーラさんは、ズッカと触れ合うとき、子供の様子が違うことに気付いたことがきっかけだったという。

自閉症の子供たちは、歯科治療の明るい光や音の出る機械が苦手なことが多い。ベレーラさんによると、親たちから非常に喜ばれているが、最初は歯科医から若干の抵抗があったという。

サンティアゴ郊外の大学病院の歯科クリニックで行われているこの治療を受けた患者のマテオ君は、ズッカを膝に乗せて治療を受けると、泣き叫ぶことが無かったと母親が話した。

このクリニックでは数十人の子供たちが治療を受けており、順番待ちの状態という。

ですっ(*^▽^)/★*☆♪ラブリー花ポリ~でしたぁ~今からデートですぅ💖♪ランラランララーン♪

島の恵さんへ

こんにちは(*^_^*)
今日、キャットフードが届きました。
尿路結石予防のフード等、猫ちゃん達の事を考えて選んでくださりありがとうございますm(__)m

島の恵さんの優しいお気持ちを野良ちゃん達に届けさせていただきますね💗

6月には、メンバーさ送らせていただきますね。

いつもありがとうございます✨💗✨

松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当への問い合わせミッション報告①

皆さん、お疲れさまです☆

いつもブログ活動や犬猫ちゃんパトロールなど、ありがとうございます✨✨

ミーママさんからのミッションを受け、松山市保健所と松山総合公園管理事務所(松山市公園緑地課管轄)、松山市公園緑地課に問い合わせしました。

まず松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当(089―911―1862)への問い合わせ報告からさせて頂きます。

5月7日(13:16)

対応は獣医ではない男性職員の高橋リーダー。(前任の荻山リーダーは3月末で異動)

挨拶を済ませ、2017年度から松山市が飼い主のいない猫の避妊去勢助成金を出すようになったことへのお礼を伝え、質問に入りました。

【 松山市猫不妊・去勢手術補助事業の補助金額内訳】

《平成29年度》
★飼い猫
オスメスとも2000円

★飼い主のいない猫
オスは4000円
メスは8000円

《平成30年度》
★飼い猫
オスは1000円
メスは2000円

★飼い主のいない猫
オスは3000円
メスは7000円

(私)
新年度の4月から助成金がありますので、限定数に達するまでにと、4月に野良猫ちゃんを捕まえて避妊去勢を思いつく人も多いと思います。

(高橋リーダー)
はい。

(私)
ただ春の野良猫のメスは、お腹に赤ちゃんがいることが多く、お腹が膨らんでいるメス猫の避妊は子育てが終わるまで待ってあげるか、子供がいない冬にしてもらうようにチラシやホームページ等で呼びかけて頂けませんか?

(高橋リーダー)
はい。

(私)
せっかく野良猫の殺処分を減らす為に助成金を出していても、結果的に善意のボランティアさんが5~6匹の胎児の殺処分を手助けしている形になってしまいます。

(高橋リーダー)
えーと、昨年は10月くらいで補助金がなくなってしまったんですが、今年度は予算も拡充して助成金制度自体を見直しをしておりまして、できるだけ多くの方に、ご利用頂けるよう改善を図っているところなんで。

(私)
助成金がスタートする4月に早く申し込もうという意識や心理が働くと思います。やはり4月の申し込みが多いですか?

(高橋リーダー)
まだこちらに全体の分が届いてないんですけど。

(私)
善意のボランティアさんたちに罪悪感を抱かせない為にも、改善して頂きたいです。

(高橋リーダー)
仰ることは、よくわかりました。またその辺、動物病院さんとかのご意見を参考にしながら、できるだけ改善できる形で取り組みさせて頂こうと思いますので。

(私)
手術前に動物病院の獣医さんから呼びかけして頂くようにするとか、よろしくお願いします。

(高橋リーダー)
はい。

(私)
子猫がまた増えるという人がいるかもしれませんが、野良子猫の生存率は梅雨の雨に打たれたことの低体温症や感染症、餓死や交通事故、心ない人間による虐待などで生後半年で6匹中、2匹が生き残れるくらいでネズミ算式には増えません。

(高橋リーダー)
・・・。

(私)
そのことはご存知ですか?

(高橋リーダー)
ちょっと勉強不足で・・・。

(私)
厳しい環境下で何とか生きている野良猫に関しては、お腹に赤ちゃんがいない季節を選んで避妊去勢を勧めるということをして頂きたいのですが、安全な環境下にいる飼い猫については、ネズミ算式に増えますから、もちろん避妊去勢が必要です。

(高橋リーダー)
はい。

(私)
前任の荻山リーダーさんによると、松山総合公園は地域猫活動のモデル地区のようになっているということでした。
(今年1月、可奈ママさんが問い合わせで確認)
私は度々、松山総合公園に足を運んでいますが、手術の証である耳がV字カットされた猫を園内で見かけたことがありません。松山総合公園は本当に地域猫活動のモデル地区になっているのですか?

(高橋リーダー)
えーと、ちょっと待って頂けますか。
(確認したあと)
はい、総合公園は一応、地域猫(モデル地区)として活動しているようです。

(私)
もしかしたら、寄付金を募りながら活動しているボランティアさんたちが、避妊去勢後、飼い主のいない猫として助成金を受け取り、公園に戻さず里親を見つけているのでしょうか?

(高橋リーダー)
う~ん・・・。(耳V字カットの猫の)姿を見かけないのが、イコールそういうことになっているのか、こちらでは、わかりかねるんですけど。

(私)
他のボランティアの人に聞いても見かけないと言っていますので不思議に思っています。
松山市の広報まつやまとか、自治会長が出す回覧板などで、耳をV字カットしている野良猫は避妊去勢済みであることを地域住民に積極的に知らせて頂きたいと思います。

(高橋リーダー)
はい。

(私)
松山市公園緑地課が長年、松山市内の公園に《猫の餌やり禁止》のステッカーを次々、虐待住民たちや猫嫌いの町内会長に渡して貼らせ、餌やり住民の家や商店を訪れ、餌をやらないよう注意し、それによって猫虐待住民たちを増長させ、ステッカーを見た子供たちの動物虐待も増やしていました。

(高橋リーダー)
・・・。

(私)
松山市公園緑地課と協力して、《耳をV字カットした猫は松山市の助成金が認められ避妊去勢済みです。動物虐待は犯罪になります》のステッカーを松山市の各公園に貼って頂きたいです。

(高橋リーダー)
はい・・・。

(私)
地域猫活動のモデル地区になっている松山総合公園では、2012年7月、子猫の首切りや連続不審死があり、警察が来る前に職員さんが死体を埋めて証拠隠滅した事件もありましたから、そのような公園には特にステッカーを貼って下さい。

(高橋リーダー)
ご意見は、はい・・・。

(私)
リーダーさんの所で止めるのではなくて、動物愛護担当の皆さんで話し合いをして、公園緑地課や松山総合公園管理事務所とも協力して、動物虐待を煽る《猫に餌を与えないで下さい》の看板を撤去して、代わりに《動物を大切にしましょう》などの命を大切にする看板やステッカーに替えていって下さい。

(高橋リーダー)
はい。ええ。

(私)
松山市が動物を排除するような看板やステッカーを掲げているから、動物虐待してもいいんだという発想になる人たちもいます。実際、数年前に松山市内で猫のバラバラ死体や毒殺事件がありましたよね?

(高橋リーダー)
う―ん、ちょっと・・・。
(事件をご存知ありませんでした)

(私)
松山市保健所さんが率先して、動物を大切にする街づくりをして頂きたいです。

(高橋リーダー)
はい、わかりました。

昨年末、男性職員のカンノ氏に伝えましたが、同じ地方で予算があまりない鳥取県の取り組みとして、(島の恵さん調べ)公益財団法人動物臨床医学研究所が運営する『人と動物の未来センターアミティエ』と鳥取県が平成26年4月から連携し、鳥取県内の保健所で収容され、もらい手のいない犬猫を受け入れ、動物病院でしているような健康管理を行い、避妊去勢手術、マイクロチップ挿入などをし、犬猫を中長期的に飼養しながら新しい家族として受け入れてくれる里親を探していることを話しました。

そういう努力の結果
★鳥取県では、犬の殺処分数が平成26年度は57頭→平成28年度は6頭(収容中に11頭死亡)に激減していて、猫の殺処分数が平成26年度は895頭→平成28年度は331頭(収容中に129頭死亡)に減少しているということ。

★鳥取県では一人の譲渡ボランティアさんに対し、一定の補助を出していて、その中で避妊去勢手術代やワクチン代のやりくりをしてもらっているということ。

を高橋リーダーにもお伝えしました。

いまだに『松山市での地域猫活動は古川地区と清水地区の2カ所だけに留まっている』と自信なさそうに答える高橋リーダーが先頭に立って、鳥取県の取り組みを動物愛護担当の皆さんで勉強して良い部分は取り入れて頂きたい旨、嘆願しました。

『はい、わかりました』という高橋リーダーに再度、《春のメス野良猫はお腹に胎児がいることが多いので避妊時期を考慮してもらうことの市民への周知》《耳V字カット猫が避妊去勢済みであることを知らせるステッカーを貼る》《鳥取県の取り組みの勉強》を嘆願し、対応へのお礼を伝えて電話を置きました。

以上が問い合わせ内容です。

4月から赴任された高橋リーダーは、まだあまり業務を把握されていないようでした。
ただ高橋リーダーとの温度差を感じたのは、業務に慣れていないということだけではないように思いました。
命に直結する業務に関わっている課の職員さんたちは、コロコロ異動させず、動物愛護のプロとして、しっかり勉強し、真摯に命に向き合って頂きたいと思います。

②へ続きます。

松山総合公園管理事務所への問い合わせミッション報告②

続いて松山総合公園管理事務所(089―923―9439)に問い合わせしました。

5月7日(14:14)

対応は責任者の土手内(どてうち)氏。
(所長という肩書はないそうです)

挨拶を済ませて質問に入りました。

(私)
松山市保健所の高橋リーダーから、松山総合公園は地域猫活動のモデル地区になっていると伺いました。

(土手内氏)
は...い。あの、一昨年ぐらいですかね、(松山市保健所とボランティアさんが)来られて、猫に餌をやる場所を決めてやって頂くということで話し合いをしました。

(私)
昨年の3月頃から、《飼い主のいない猫へ餌をあげている方へ》というタイトルで
★置き餌をせず餌場の掃除を!
★猫のフンの清掃を!
★不妊去勢手術をしましょう!
という内容の看板が園内のあちこちに設置されていますよね?

(土手内氏)
え~と、(昨年の)3月くらいですか。は~い。

(私)
この看板が設置されて、地域猫活動モデル地区の管理事務所さんとして、どのような協力をされているのですか?

(土手内氏)
そうですね。あの~、猫に餌をやっている方に注意をされる方がいたら、一応話し合いで場所を決めて、猫に餌をやっていいことになりましたという説明はしています。

(私)
それは責任者の土手内さんから説明するのですか?

(土手内氏)
現場で職員が餌場を決めてやっていることを話させて頂いています。
(猫が車に轢かれてもいけないので、園内5ヶ所の幹線沿いではない目立ちにくい場所に餌場を決めているとのこと)

(私)
いまだに園内には《猫に餌を与えないで下さい》《猫の糞に困っています》《猫が集まり周辺住民に迷惑をかけます》の看板が撤去されず、そのまま設置されていますが、地域猫のモデル地区として相応しくない動物虐待を煽る看板ですから即刻、撤去して下さい。
そして餌場にはわかりやすく、この場所では餌を与えていい旨明記し、《耳をV字カットした猫は松山市の助成金が認められ、避妊去勢済みです。動物虐待は犯罪になります》の看板やステッカーを貼って下さい。

(土手内氏)
もう一度、園内を回ってみて、上司(松山市公園緑地課課長)とも相談してみます。
(土手内氏は耳をV字カットをしている飼い主のいない猫が避妊去勢済みであることをご存知ありませんでした(*_*))

2012年7月、警察が動いた子猫の首切り虐殺事件以降、猫虐待や不審死などが起きていないか土手内氏に確認すると、
『聞いている範囲ではない』とのことでしたが、
『(ボランティアの人と市民との)トラブルは時々、聞く』ということでした。

もっといろいろ質問したかったのですが、『お客さんが来ている』とのことで、土手内氏に対応へのお礼を伝えて電話を置きました。

以上が問い合わせ内容です。

松山総合公園が地域猫活動のモデル地区であると言いながら、実際には関係者である松山市保健所の高橋リーダーや松山総合公園管理事務所の責任者の土手内氏は具体的に活動内容など把握していませんでした。

犬達のSOSブログに叩かれないよう、慌てて園内の斜面にドッグランを作り、以前から大量に設置してあった《公園に犬を入れないで下さい》の看板を撤去しないまま、その看板のすぐ横に《ドッグラン 第4駐車場へ》の利用者を惑わすような看板を立て、園内の至る所に《ここは犬の連れ込み禁止です。ドッグラン利用は第4駐車場までお車で移動してください》の看板を設置し、ドッグランを利用する市民の足を遠ざけていました。

犬達のSOSブログで指摘されると、その後、《公園に犬を入れないで下さい》の看板は撤去されました。

さらに、その場しのぎのように地域猫活動のモデル地区にしたからか、ドッグラン同様、ただの飾りになっているように感じます。

園内に地域猫活動のモデル地区であることを示すものが何もないのは、松山市保健所や松山総合公園管理事務所が真剣に地域猫活動のモデル地区として取り組んでいない証拠ではないでしょうか。

松山総合公園に散歩にやって来る猫虐待をする市民に地域猫活動のモデル地区であることの理解を積極的に求めていく必要があると思います。

③へ続きます。

松山市公園緑地課への問い合わせミッション報告③

最後に松山市公園緑地課(089―948―6519)に問い合わせしました。

5月7日(15:33)

対応は男性の大西課長。

挨拶を済ませて質問に入りました。

(私)
松山市が管理する公園には、飼い主のいない猫がいると思いますが、松山市では2017年度から野良猫の避妊去勢の助成金を出して頂くようになり、ありがとうございます。

(大西課長)
いえいえ。

(私)
そこで提案なのですが、松山市役所からの市民だよりや自治会長が出す広報で、耳をV字カットしている野良猫は避妊去勢済みであることを地域住民に積極的に知らせて頂けませんか?

(大西課長)
勉強不足で申し訳ございません。(大西課長さんは、耳をV字カットしている野良猫が避妊去勢済みであることを、ご存知なかったので、松山市の助成金を認められた上で避妊去勢済みである旨、説明させて頂きました)

(私)
松山市公園緑地課では、長年、松山市内の公園に《猫の餌やり禁止》のステッカーを次々、動物虐待住民たちや猫嫌いの町内会長に渡して貼らせ、餌やり住民の家や商店を訪れ、餌をやらないよう注意し、それによって動物虐待住民たちを増長させ、ステッカーを見て育った子供たちの動物虐待やイジメもかなり増長させていました。
公園緑地課さんで《耳をV字カットした猫は松山市の助成金が認められ、避妊去勢済みです。動物虐待は犯罪になります》というステッカーを松山市内の各公園に貼って頂けませんか?
《猫に餌を与えないで》というステッカーを見て育った子供は『猫は汚い(*`Д´)ノ!』と石を投げるなど、動物だけでなく人間も苛めるようになります。

(大西課長)
は~。

(私)
公園緑地課が管理する松山総合公園は以前から猫虐待や虐殺が多発する公園で、2012年7月には、子猫の首切り死体を警察が来る前に職員さんが埋めて隠した事件もありました。

(大西課長)
(園内の)トンネルを出たとこは(猫が)特に多かったですね。

(私)
猫虐待や虐殺、人目のない夜に捕獲器をしかけて猫を捕獲していたという目撃情報もありますし、現在は猫が激減しています。

(大西課長)
う~ん。

(私)
松山市保健所の高橋リーダーさんによると、松山総合公園は地域猫活動のモデル地区になっているということでしたが、ご存知でしたか?

(大西課長)
地域猫?いや~、勉強不足で申し訳ございません。
(松山総合公園が地域猫活動のモデル地区ということだけでなく、地域猫活動という意味もご存知ありませんでした(*_*)💦)

(私)
先ほど、管理事務所の土手内さんと話させて頂き、地域猫活動のモデル地区として、どのような協力をしているのか確認すると、現場で餌を与えている人と反対派の人とのトラブルがあったら、一応話し合いで場所を決めて、猫に餌をやっていいことになりましたという説明はしているということでした。

(大西課長)
はい。

(私)
せっかく地域猫活動のモデル地区になっている松山総合公園ですが、いまだに《猫に餌を与えないで下さい》《猫の糞に困っています》《猫が集まり周辺住民に迷惑をかけます》の動物を排除する多くの看板が撤去されず、そのまま設置されているのは、地域猫活動のモデル地区として相応しくないですから、即刻、撤去して頂きたいです。

(大西課長)
ちょっと地域猫を勉強させてもらいましょうわい。申し訳なくて。そういう段階なので...。

(私)
動物を排除する看板を撤去する代わりに、餌場にはわかりやすく、この場所では与えていいと表記し、《耳をV字カットした猫は松山市の助成金が認められ、避妊去勢済みです。動物虐待は犯罪になります》の看板やステッカーを貼って下さい。

(大西課長)
意見としてお預かりさせて頂きます。今すぐここで回答は控えさせて頂いたらと思うんですが。

(私)
このままだと、松山総合公園は本当に地域猫活動のモデル地区なのかな?うわべだけの見せかけなのかな?という疑問を感じてしまいます。

(大西課長)
う~ん、現地も一回、見て回ります。モデル地区ということはわかりますんで、その辺りは勉強させて頂きます。

(私)
松山総合公園に限らず、松山市が管理する公園はあまりにも動物を排除する看板やステッカーが目立ちます。それを見て育った子供が果たして命を大切にする健全な人間になるのか?という疑問があります。
今の時代、都会などは動物排除ではなく、動物愛護の流れが主流になっていますから、他の公園にも足を運んで、《動物を大切にしましょう》などの優しさのある看板やステッカーに差し替えるなど、どんどん改善して頂きたいと思います。

(大西課長)
もうちょっと暖かみのある柔らかいええのがあったらね。
要望として承りましたので
また検討させて頂きます。
今後ともよろしくお願い致します。

対応へのお礼を伝えて電話を置きました。

以上が問い合わせ内容です。

今回、松山市保健所、松山総合公園管理事務所、松山市公園緑地課に問い合わせさせて頂きましたが、公園緑地課の大西課長さんが一番、真摯に話に耳を傾けてくださり、勉強して良い部分は取り入れていこうとする姿勢が感じられました。

大西課長さんには、松山市内の公園に設置されている動物を排除するような看板を全て撤去して頂いて、子供たちが優しさや思いやりの心を育めるような看板やステッカーに差し替えを一日も早く着手して頂くことを願いますm(__)m

そして恐ろしい形相で『公園にいる野良猫を何とかしろ(*`Д´)ノ!』と苦情を言ってくる住民の対応は骨が折れるかと思いますが、丁寧に一つ一つ噛み砕いて説明し、理解を求めて頂きたいと思います。

よろしくお願い致しますm(__)m

花ポリさん、コメントをありがとうございますm(_ _)m

花ポリさん、南米チリの歯医者さんで活躍するセラピードッグについてのコメントをありがとうございます✨
歯医者さんは大人でも苦手な人が多いですよね。アグネスは治療の時の機械の音がするだけで痛くなる気がしてしまいます。治療の時に膝の上で寄り添ってくれるセラピードッグの存在は、治療室のライトや機械の音を特に怖がる自閉症の子供さんの不安を取り除くことに効果があるとのこと。日本でももっとセラピードッグが広く認識され、医療機関で活躍出来るようになったら患者さんの心のケアと体のケアが出来て相乗効果があるのではないかと思いました。

ホームレスのワンちゃん猫ちゃんが休む場所とご飯をいただけますように。

愛をまといたい美和さんへ 

こんばんは、アグネスです。
愛をまといたい美和ちゃん、松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当、松山総合公園管理事務所、:松山市公園緑地課へ問い合わせをありがとうござましたm(_ _)m

松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当の男性職員の高橋リーダーは、今年の4月に異動したばかりで、過去に松山総合公園で猫が虐殺、隠蔽されたことなどこれまでのいきさつについては引き継ぎがされていない様子で残念に思いました。

松山総合公園管理事務所の責任者の土手内氏への問い合わせで、耳をV字カットした猫は避妊去勢手術を済ませた猫だという事もご存知なく、地域猫のモデル地域に指定された割には、ご自身の勤務地に対する情報不足を感じました。またV字カットした猫を公園内で見かけないのも不自然ですね。アグネスの住んでいる地域はV字カットした猫も見かけます。残念ながらアグネスの地域の市民便りにもあまり地域猫活動については書かれていませんが、以前パトロール中に出会った猫ボランティアさんが、地域猫活動地域について少し教えて下さり、アグネス家のフード宅配食堂の一部が地域猫活動地域だと知り、V字カットした猫をよく見かける事に納得しました。

松山市公園緑地課の大西課長さんも、避妊去勢手術を済ませた猫は耳にV字カットが入ることをご存知なかったようで、地域猫活動や避妊去勢手術についてもう少し、ご自身が関わる業務内容については知識を深めて頂きたいと思いました。

松山市保健所生活衛生課・動物愛護担当、松山総合公園管理事務所、:松山市公園緑地課の皆さんに共通して、地域猫活動も猫の避妊去勢手術も他人事の様に無関心、知識不足を感じずにはいられませんでした。
行政の年度の始まりが4月だから猫の避妊去勢手術の助成金の申し込み開始が4月なのだとしたら、現場(猫の妊娠時期)にそぐわないものだから、助成金の見直し等で会議をする時に【助成金の交付時期】についても議題に挙げれば済むことだと思います。野良猫が妊娠出産をしたとしても、感染症、事故、栄養不足などで大人の猫になるまで育ちきるのはほんのわずかです。避妊去勢手術の助成制度がこれ以上子猫の堕胎殺処分を助長させないためにも、助成金の申し込み開始時期については検討して頂きたいと思いました。

ホームレスのワンちゃん猫ちゃんが休む場所とご飯をいただけますように。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR