fc2ブログ

犬達のSOS☆今年5月~7月、福岡県でダックスフントの遺棄を繰り返していた夫婦が動物愛護管理法違反の疑いで逮捕される!繁殖目的の無登録ブリーダーか?劣悪な環境で評判も悪く、多頭飼育崩壊に陥り高齢犬は需要がないからと身勝手に遺棄していたという。遺棄された犬達は、全頭新たな里親の元へ2022年10月24日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2017/3/30・5/19・5/20・5/21・23~26・30~6/4・6/12~18・2018/2/24~3/2・7/9~12・7/21~27・2019/8/17~10/1・10/10~11/25・11/28~12/31・2020/1/1~6/4・9/25~11/14・23・26~2021/8/21・26・31・9/2~22・27~10/2・10/6~17・25~31・11/2~10・15~18・20~12/6・12/13~19・2/2・2/4~2/6・2/8・2/9・12~22・3/7~21・4/1~7/3・7/8~10/24

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位 2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11・2020/6/5~6・8/9〜18・27・29~9/3・24~10/9・31・11/8~11・12/5~7・2021/1/11・1/31~2/2・4・19・21・23・24・26・3/15~20・4/16・17・19・20・28~5/12・15~20・27・30~6/7・11~16・30・7/11・7/15・17~25・8/14~15・31・9/3~10・15~10/2・10/11~10/18・20~12/4・12/13~20・23・24・2022/1/1~1/6・16・18・21~27・2/2・2/4~2/6・2/8・12~22・3/7~16・22~4/5・4/12・15・28~5/9・21/~27・30・6/1~12・24~7/3~7/11・8/5~8・9/2~10/24


空10
【ミーママ撮影】

2022/10/16 愛をまといたいコロワンさんコメントです。
5~7月頃、福岡県でミニチュアダックスフント34匹を遺棄した犯人が逮捕されていました。
皆さん、こんばんは😊
愛をまといたいコロワンです✨

寒くなったり暑くなったり気温が定まりませんが、朝夕は涼しく日が暮れるのが早くなりましたね🌇
キンモクセイの良い香りにも秋を感じます。

今回は、少し前にSOSで記事になっていた
5~7月頃、福岡県でミニチュアダックスフントを遺棄した犯人が逮捕されていたニュースをTwitterで見かけたのでお知らせします。

ミニチュアダックスフント 別の19匹遺棄疑い 逮捕の40代夫婦を追送検 計57匹飼育か 福岡県 
news.yahoo.co.jp/articles/6dca5a5f3b5b17d1b9c2615ddbbf4bc826eee18b

自宅で飼っていたミニチュアダックスフント9匹を福岡県宗像市で遺棄した疑いで逮捕されていた夫婦が、他にも19匹を遺棄していた疑いで追送検されました。
動物愛護法違反の疑いで追送検されたのは、北九州市戸畑区の無職・土田順一容疑者(49)と妻の容子容疑者(45)です。
警察の調べによりますと、2人は今年7月、北九州市戸畑区内の公園や岡垣町と苅田町の空き地に、自宅で飼っていたミニチュアダックスフントあわせて19匹を遺棄した疑いです。 2人はこれまでに宗像市の路上にミニチュアダックスフント9匹を遺棄した疑いでも逮捕されていました。

2人は調べに対し容疑を認めた上で、「愛護団体に保護してもらおうと思ったが、ニュースになって仕事がなくなると思い、しなかった」「ネットで引き取り手を探したが、子犬ばかりで高齢の犬の需要がなかった」などと話しているということです。
警察はこれまでの調べで、2人が57匹を飼育していたのを確認したということです。

記事内容は以上です。

福岡1保健所に保護されているミニチュアダックスフント

福岡25~7月に北九州市内で保護されたミニチュアダックスフント
【5~7月に北九州市内で保護されたミニチュアダックスフント】

参考までに調べた他ニュースもいくつか見ましたが、
まだ調査中なのか、ニュースによって内容が違い、頭数にも誤差がありますね。

夫婦は、正規のブリーダーではなく繁殖目的の個人業者らしいとの事、環境も不衛生で評判は良くなかったようです。増やしすぎ多頭飼育崩壊に陥り、お世話ができなくなったとの記述を見ました。

愛をまといたいさんが調べて下さったニュースによると、遺棄後に保護されたダックスフント達は全頭 里親さんが見つかったとの事、少しホッとしました✨
愛護団体に保護されるとニュースになるような環境で飼育していたのなら、なぜ改善しないのでしょうか…
少し考えれば、捨ててもニュースになると分かるでしょうに。

年老いていても、愛情を受けて大切にお世話されている子達は、体調も良いし若く見えます✨
高齢になり売れなくなったから捨てる。ではなく、自分達で管理しきれない頭数を飼わないで下さい。
きちんと愛情をこめて育て、新しいお家へ元気な状態で責任を持って送り出してあげて欲しいですね。

基本、ブログのメンバーは全員
ブリーダーやペットショップは必要ないものだと思っていますが
騙される方がいるので、あえて注意喚起の意味でブリーダーからの購入注意点を書かせていただきます。

《 ブリーダーから買う方は、もっと用心深くなって下さい。 》

今回、逮捕された夫婦は氷山の一角で、他にも沢山いるのでしょうね。

福岡4保護されているミニチュアダックスフント。仲良しのメスたちは寄り添うように過ごしている

福岡5保護されているミニチュアダックスフント。仲良しのメスたちは寄り添うように過ごしている
【5~7月に北九州市内で保護されたミニチュアダックスフント】

国民生活センターにも、下記のような相談が寄せられていたので抜粋してお知らせします。
www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen417.html

ネットで見つけたブリーダーから、約10万円の犬を購入した。実際に事務所を訪問すると、狭いケージに入った犬が数匹いて、足の踏み場がなく不衛生だったが、犬は可愛かったので購入を決めた。

契約書はなく、説明書だけ受け取った。
数日後、犬が体調を崩し、動物病院に連れていったが死亡した。ブリーダーに連絡したが「補償はしない」との返答だった。納得できない。(60歳代 女性)

ひとこと助言
・ブリーダーからのペット購入を検討する際は、まずはブリーダーが第一種動物取扱業に登録しているか調べましょう。

・また、実際に飼育施設に出向き、施設の清潔さや動物の健康状態などを確認しましょう。

・複数のブリーダーを比較し、信頼できて購入後も気軽に相談できるブリーダーかどうかも考えてください。

・購入の際は必ず事業所で、動物愛護管理法に定める対面での説明を受け、動物の健康状態などを確認し、理解してから契約しましょう。

・保証内容や連絡先も確認し、書面を受け取っておくとよいでしょう

抜粋は以上です。

空2
【ミーママ撮影】

自分の目で、信頼できるブリーダーなのか確認すること
第一種動物取扱業に登録しているか
飼育環境や、迎える子の健康状態の確認
購入後のアフターケアがあること
保証内容や連絡先
購入後の飼い主さんの口コミ

これらの確認作業、とても大事だと思います。
役所も業者の管理や立ち入り調査をしていないところ、していてもいい加減な所もあると思います。
悪いブリーダーをのさばらせない為、騙されないよう賢くなって下さい。

閲覧者の皆さんも想像してみて下さい。

劣悪なブリーダーであれば、身動きもとれない狭い檻の中で、散歩もされず、死ぬまで自分の排せつ物にまみれたまま閉じ込められた食事と繁殖のみの生活を。

残酷非道な話になりますが、無麻酔で帝王切開、死ねばゴミとして捨てられるなどの話も聞いたことがあります。繁殖業は人の皮をかぶった虐待虐殺鬼の住みかです。
口が上手いので、動物取扱業の監督官庁である保健所も騙してしまう事があるようです。

そこで産まされた
見た目のよくない子達は繁殖犬としてブリーダーの元に残り、死ぬまで子供を産まされる日々。

見た目の良い子供達はペットショップに送られ、人目にさらされるガラス張りの落ちつかない環境で、出される時は見知らぬ人に触られる時だけの生活が、誰かに買われるまで続きます。

買われた後も、子犬の時だけ可愛がり
飼い主の都合で飼えなくなると、信じていたのに簡単に切り捨てられ、死にたくなんて無いのに殺処分センターで死ぬ恐怖に震え殺される苦しみを味わい生涯を終える子達がいます。

もう、地獄のオンパレードです。
見た目の可愛さだけを見ないで下さい。
どうか、動物達のおかれているペット業界の闇の世界に気がついて下さい。

このコメントを読み、一人でも多くの方が繁殖業者やブリーダー、ペットショップで動物を買うのを止め
殺処分されそうな子達や、捨てられた子達を助け、お家に迎えてくれる方が増えますように🙏✨

関連記事
犬達のSOS☆福岡県内で5~7月、計34匹のミニチュアダックスフントが保護される!犬の一部は痩せ、毛が抜け手入れが行き届いていない状態。去勢避妊もしていない繁殖目的のブリーダーなどの動物取扱業者が遺棄したか、動物愛護管理法違反の疑いがあるとして、県は県警と協力して調査を行う模様2022年7月23日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1707.html

空8
【ミーママ撮影】

琴姫さんから猫ちゃんの写真が届きましたので、紹介させていただきます。

1666568663287.jpg
【我が家は皆元気にしております☺♥
猫達のベットや遊び部屋を冬仕様にして、朝晩の温度差が出ないように床暖房もオートセーブで早めに入れています🐱✨
子猫のテトはおっとりだったのが、日に日にワンパクになり、大はしゃぎしては疲れ果てて半目で爆睡しています😅】

野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の寝場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

イラスト17

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト



コメント

Secret

千葉県八街市で221頭多頭飼育している60代女性が、不衛生な環境で飼育し、4匹を衰弱させたとして動物愛護法違反で略式起訴されています

ブログの皆様こんにちはv-278
千葉県八街市で221頭の小型犬を不衛生な環境で飼育し、4匹を衰弱させたとして、60代の女性が動物愛護法違反で略式起訴されたという記事を見つけたのでコメントさせていただきます。

記事の内容
↓↓↓
自宅に犬221頭、近隣苦情…各地で相次ぐ多頭飼育崩壊、なぜ?
11/13(日) 7:00配信 毎日新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/4d24998225c800f702cdd3b835d981be29fd8bda

ペットの繁殖をコントロールできなくなる飼い主が全国で後を絶たない。世話が行き届かなくなり、「虐待」と認定されるケースもある。好きで飼い始めたはずなのに、どうしてこんな事態を招いてしまうのか。千葉県内で起きた事件から考えた。【近森歌音】

 ◇保健所が繰り返し指導したが

 同県八街市の自宅で221頭の小型犬を不衛生な環境で飼育し、4匹を衰弱させたとして、60代の女性が9日、動物愛護法違反(愛護動物の虐待)の罪で略式起訴された。6月に県警が書類送検していた。

 3月に県警の捜査員たちが女性宅を訪れると、犬たちの体は排せつ物にまみれ、結膜炎などの影響で涙を流している犬もいた。繁殖制御や個体数の把握ができなくなるほどにペットが増えることを「多頭飼育崩壊」と言う。飼い主の女性はこの状態に陥っていたとみられている。

 犬たちはどのようにして200頭を超える数まで増えたのか。県警や捜査関係者への取材をベースに、経過を振り返ってみたい。

 繁殖が始まったのは約20年も前のことだ。もともと雄犬を飼っていたところに、雌犬を譲り受けた。

 その後、雌犬が死んだことで、小型犬のシーズーの雌をペットショップで購入した。避妊手術をしなかったことから約半年後に妊娠。ここから少しずつ犬が増えていった。

 女性は11年に現在の住所に転居した。この時点で飼い犬は20頭を超えており、鳴き声や悪臭に対する苦情が近隣住民から相次いだ。このエリアを管轄する印旛保健所が繰り返し女性を指導したが、改善しなかった。

 それから10年。飼い犬の数は約10倍にまで膨れ上がり、とうとう捜査のメスが入った。

 ◇動物に対する「愛情」はあった

 捜査関係者によると、女性は調べに対し、避妊手術をしなかった理由について「収入が少なく余裕がなかった」「昔飼っていた犬を避妊手術で失ったので犬を死なせたくなかった」などと話したというが、供述内容の真偽は分からない。一方で「ほとんどの時間を動物の世話に費やしていたが、苦ではなかった」とも述べたという。少なくとも、動物への「愛情」は持っていたものと思われる。

 本人に確かめようと女性宅を訪れたが、直接会うことはできなかった。犬たちは保健所に引き取られ、女性宅の周辺は穏やかさを取り戻していたが、近所の住民たちも一様に口を閉ざした。

 ◇30メートル先でも鼻を突く異臭

 そんな中、昨年10月から女性と繰り返し話し合いをしてきた人物に話を聞くことができた。同県市川市の動物保護団体「ガンドッグレスキューCACI」の金子理絵代表だ。別の保護団体を介して問題を知り、女性と交渉することになったという。

 金子さんは「このままでは女性にとっても犬たちにとっても良くない」との思いから、犬を手放すよう説得した。だが、女性は「自分にとっては子どもだ」と譲らなかった。約30メートル離れた場所でも鼻を突く異臭がしていたが、女性は気にする様子もなかった。「利己的な愛情、物に対する執着のようなものを感じた」と振り返る。

 多頭飼育崩壊が疑われる事件は県外でも相次いでいる。

 福岡県警は9月、飼育しきれなくなった多数のミニチュアダックスフントを公園や路上などに置き去りにしたとして、北九州市戸畑区の40代の夫婦を逮捕した。群馬県でも同月、劣悪な環境で約30頭の犬を飼育したとして、60代の男性が逮捕された。こうした事件が起きる背景には何があるのだろうか。

 ◇「アニマルホーダー」という病気の可能性

 「多頭飼育者になってしまう人は、精神疾患の可能性がある」

 こう指摘するのは、公認心理師として心の病を抱える人のカウンセリングに取り組んできた矢野宏之さんだ。

 矢野さんによると、物を捨てることができなくなる「ためこみ症(ホーダー)」という病気がある。日本ではあまりなじみのない病名だが、アメリカ精神医学会は独立した精神疾患と位置づけている。このうち、特に動物をため込む人は「アニマルホーダー」と呼ばれる。①収集する②管理できない③捨てられない――の三つ全てが当てはまるかどうかが診断基準となっている。

 発症のきっかけとなるのは「喪失体験」だ。「これ以上失いたくない」との思いから、ため込みを始めることが多い。対象物と引き離されることに強い拒絶感を示すのも特徴で、矢野さんは「たとえ紙くずであっても、自分の子どもや恋人に抱くような執着心を持っている」と説明する。

 ためこみ症は治療により改善できる可能性があるが、日本では認知度が低いことが課題だ。患者本人は自分が病気だと認識することが難しいため、自ら病院に来ることがほとんどない。

 矢野さんによると、10代前半の思春期に病気の兆候が表れ、徐々に進行することも分かっている。矢野さんは「症状がひどくなり地域で問題になる前に家族などが異常を察知し、外部に相談することが望ましい」と話す。


記事は以上です。
この記事の「福岡県警は9月、飼育しきれなくなった多数のミニチュアダックスフントを公園や路上などに置き去りにしたとして、北九州市戸畑区の40代の夫婦を逮捕した。」は、先日、こちらのブログでも紹介されていた事件ですね。

達のSOS☆今年5月~7月、福岡県でダックスフントの遺棄を繰り返していた夫婦が動物愛護管理法違反の疑いで逮捕される!繁殖目的の無登録ブリーダーか?劣悪な環境で評判も悪く、多頭飼育崩壊に陥り高齢犬は需要がないからと身勝手に遺棄していたという。遺棄された犬達は、全頭新たな里親の元へ2022年10月24日
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-1718.html

 この事件では、保護された子たちはすべて新しい里親のもとへ行くことができましたが、多頭飼育が崩壊し、里親が見つからずに殺処分された犬猫たちは、これまでにたくさんいます。
 問題が大きくなる前に家族や近所の方が異常を察知し、保健所や警察に相談していくことが、不幸な犬猫たちがうまれるのを防ぐ方法だと思います。

徳島県動物愛護管理センターに問い合わせしました。


皆さん、お疲れさまです。

以前からネットで徳島県動物愛護管理センターに関して、気になっていた事件などがありましたので真偽を確認したく、徳島県動物愛護管理センター(088―636―6122)に問い合わせしました。
 
10月21日(13:03)

最初は男性職員さんが対応してくださり、挨拶をすませて、ネット等を見ての問い合わせであることを伝えて質問に入りました。すると「まだ入って1年くらいでわからないので、ちょっと待ってくださいね」と、5分ほど保留になり、次に女性職員さんに代わりました。

対応は城課長補佐(女性獣医)

挨拶をすませて、再度ネット等を見ての問い合わせであることを伝えて質問に入りました。

(私)
2019年8月、徳島県動物愛護管理センターに収容されていた妊婦犬の里親が決定し、引き出しを8月30日まで延長依頼し、矢野課長と板東前所長に了承を得ていたにも関わらず、8月28日、別件でセンターを訪れた保護団体の男性に対して、矢野課長が「あの子27日期限だったんで殺処分しましたよ」と言い放ったそうですね。

(城課長補佐)
はい。そちらはSNSか何かで見ましたか?

(私)
はい。その後、妊婦犬不当殺処分で刑事告発され、前所長、課長、係長の3名が書類送検されましたよね。

(城課長補佐)
はい。刑事告発されたっていうのはそうなんですけど、今の時点でSNSの情報からのお問い合わせというのは、お答えできかねますので。

(私)
それはなぜですか?

(城課長補佐)
事実ではない情報もSNSの方では回っておりますので、そういった問い合わせっていうのは、お答えできないです。こちらも刑事告発までいっている事例でありますので…結局、不起訴にはなりましたので、そちらの方はもうこちらではお答えしかねます。

(私)
何か都合が悪いことがあるということで、よろしいですか?

(城課長補佐)
いえいえ、そういうことではないんですけど、不起訴になったのは結果ということになりますので。

(私)
期限延長していたのに、妊婦犬を殺処分したのは事実ですよね。

(城課長補佐)
その辺の詳しい状況というのは、私も当事者ではないので、確実な答えができませんので。それでまたSNSの方で誤解を招いてしまうといけないので、差し控えさせて頂きます。
(当事者の矢野課長は、すでに異動しているとのこと)

(私)
この保護団体の男性が嘘を言っているとは思えなかったし、矢野元課長がそういう言葉を発したのは事実だと思います。この発言からも殺処分業務にマヒし、あまりにも命を軽んじているのが滲み出ています。本当なら救えたはずの命をないがしろにせず、同様の悲劇を繰り返さないためにセンターとしての取り組みを教えてください。

(城課長補佐)
私たちも皆が殺処分をしたくて仕事をしているわけではなくて、1頭でも多く助けたいという気持ちは職員も一緒なんです。ただ◯◯さん(美和のこと)も愛媛県にお住まいなので、ご存知だと思うんですけど、四国は野良犬が多くて、中には小さい頃から人と接することなく大きくなった野犬が多くて、そういったなかで、向かってくるような性格の子もいまして…。

(私)
それは犬の性質をよく理解していない人が、誤った対処をして野犬を刺激しているんだと思います。
獣医さんなら野犬に遭遇した時の対処法をご存知だと思うんですけど、目を合わせないとか、背中を向けないとか、走って逃げないとか…。

(城課長補佐)
はい、そうですね。

(私)
愛媛の田舎の方にも野犬や捨て犬がいますが、そもそも人間を怖がって近付いてこないです。何百メートルも離れた所から、こちらを見ているだけなんです。
野犬を威嚇したり、物を投げたりすると、犬は攻撃されたと思って、自分の身を守るために飛びかかってくることもありますから、野犬に遭遇した時の正しい対処法を県民の皆さんに動物愛護管理センターのホームページや県の広報などで周知して頂きたいと思います。

(城課長補佐)
はい、ありがとうございます…。
収容された犬ちゃんは全て殺処分というわけではなくて、やはりある程度落ち着いた時点で、職員複数名で譲渡適正判断というのをしまして、もちろん野良犬でも人慣れしそうな犬ちゃんについては譲渡の方に回るように私たちも判断しているんですけども…。

(私)
公示期間が3日間しかないんですよね?それが過ぎたら殺処分ですか?

(城課長補佐)
(殺処分)ではないです。あくまで3日間は掲示する期間ですので、そこから適正判断をして慣れるような形であれば、一般譲渡だったり、団体譲渡もさせてもらっています。
特に子犬については、どんどん大きくなってしまうので、なるべく早めに人慣れしていってほしいので、早めに譲渡に回せるようにっていうのはあります。

(私)
ご存知のとおり、愛媛県も犬猫殺処分数がワースト上位の常連ですが、殺処分数を何とか減らさないといけないということで、譲渡犬などを飼育できる施設を愛媛県動物愛護センターの敷地内に建設して、来年4月完成予定です。

(城課長補佐)
あ~っ、はい。

(私)
愛護センターの職員さん全員でトレーニングして、パートタイムの職員さんも増やして、ボランティアの訓練さんにも協力してもらうそうです。

(城課長補佐)
はい。

(私)
トレーニング期間は個体によって差がありますので、3ヶ月~半年位を目指していて、トレーニングが上手くいかなくても殺処分にはならず、最後まで譲渡する人を探すそうです。

(城課長補佐)
あ~、はぁはぁはぁ。

(私)
トレーニングが上手くいかなくても、家庭でトレーニングした方が上手くいく場合があるので、犬の性質を熟知した里親さんを選ぶそうなんです。

(城課長補佐)
はい。

(私)
愛媛県も犬猫を生かすことに腰の重い県ですが、大きな一歩だと思うんです。徳島県さんにも愛媛県に問い合わせするなどして、取り組みを見習って頂きたいです。

(城課長補佐)
ありがとうございます。わかりました。

(私)
野犬や捨て犬は人間に対する不信感や恐怖心が強いですから、どうしてもトレーニングの期間が長くなると思いますが、そこは愛情をもって根気よくやってもらうしかないです。安易に殺処分では解決にならないですから。

(城課長補佐)
そうですね。私たちもやっぱり、もらわれた後、犬ちゃんに幸せになってほしいですし、飼い主さんも一緒に幸せになってほしいという願いもありますので、攻撃性のある子とか、元に治らない病気のような犬ちゃんについては、なかなか譲渡は難しいという判断をさせては頂いている…。

(私)
そこは愛護団体さんにも協力してもらって、元々攻撃性のある犬はいないですし、人間が不信感や恐怖心を植え付けてしまったのだから、人間が少しずつ解いていってあげるしかないです。

(城課長補佐)
はい。

(私)
以前は犬猫殺処分数ワースト上位だった広島県や福岡県なども殺処分ゼロに本腰を入れて取り組んでいます。他の県も随分改善された所が多くなっていますが、四国だけが相変わらず殺処分数ワースト上位のままで遅れていますから。

(城課長補佐)
ボランティアさんと私たちも密に行っていこうと思っています。

(私)
もう一つ確認させて頂きたいのですが、徳島県はいまだに動物愛護の時代に逆行した、4700万円以上もするガストラックを公道で走らせながら、犬猫殺処分をしていますよね?

(城課長補佐)
はい。ガス…。

(私)
以前、ガストラックを使用していた奈良市は2013年4月から廃止になり、トラックも廃車扱いになっていて、奈良市では「犬猫の殺処分ゼロ」を目標に掲げ、保護犬・保護猫の引取数減少や新たな飼い主への譲渡機会の拡大に向けた様々な取組をし、令和3年度も、自然死・安楽死を除いて、「殺処分ゼロ」を達成し、令和元年度から3年連続で殺処分ゼロを達成しています。

(城課長補佐)
あ~、はい。

(私)
これは行政だけでなく、市民や民間事業者、動物愛護団体等の方々の協力を継続して得ながら保護犬・保護猫の譲渡活動などに取り組んできた結果です。

(城課長補佐)
あ~はい、皆さんで。

(私)
奈良市もガストラックを使用していた当時、譲渡はほぼゼロだったので、すごく改善されているんです。全国で徳島県だけが唯一、ガストラックを使用していますよね。

(城課長補佐)
う~ん、あ~、はい。

(私)
徳島県のホームページに目安箱というのがあると思いますが、『SNSで拡散されている情報を見て、真意のほどを確認したくて投稿しました。二酸化炭素ガスにより生きた動物を殺処分するドリームカーという殺処分車は2021年2月現在も継続されていますか?』という質問があったのですが、それに対する回答が『開所の当初と比べて殺処分数が10分の1に削減されたことを強調した上で、やむを得ず炭酸ガスまたは薬品注射による措置を行っています』という内容だったんですね。

(城課長補佐)
あ~、はい。

(私)
質問者の『殺処分車を使用しているか』という内容にはハッキリと答えず、殺処分を措置という言葉に置き換えて濁していて、ガストラックを使用しているということが明記されていません。もしかして徳島県民の皆さんは、ガストラックが公道を走りながら犬猫殺処分をしていることを知らない方がほとんどなのではないかと思います。

(城課長補佐)
いや、多分それはないと思います。ほとんどの方かどうかは定かではないですけど、結構報道されましたので…。

(私)
メディアやSNSなどを利用して『徳島県は全国で唯一、動物愛護の時代に逆行したガストラックが公道を走りながら犬猫殺処分をしている県です』ということを県民に周知して、どうすれば殺処分数をゼロにしていけるか意識改革をしていかないと、時代に取り残されて徳島県自体がどんどん衰退していくと思います。

(城課長補佐)
あ~、はい。これを課題としてということ…。

(私)
わざわざガストラックを走らせて犬猫殺処分している県には観光にも行きたくないと思う人も多いと思います。

(城課長補佐)
まぁ、事実なので…。殺処分が減っていったら、改善はできていくだろうと思うんですけども。

(私)
目安箱で目眩ましな回答をせず、まずガストラックを一刻も早く廃止するのを優先して、先ほど伝えた譲渡施設の整備に力を入れてください。

(城課長補佐)
わかりました…。

(私)
徳島県動物愛護管理センターに関しては、他にもSNSで信じられない内容がいろいろありました。
2019年6月、『骨折して圧迫排尿が必要とされる子猫を譲渡不可として殺処分を決めたが、保護団体が引き出し病院で診察させたところ、骨折もしてなければ排尿もきちんとできた』ことなどを問題視して刑事告発し、受理された形だったそうですが、火のないところに煙は立たないので、職員さんは面倒くさいとかいう気持ちがあるのかもしれませんが、できないことの言い訳ばかりを並べて改善しないのはみっともないですから。

(城課長補佐)
私たちも一人一人向き合っていますので、面倒くさいとかそういうのは本当にないです。

(私)
城さんだけではなく、職員の皆さんが一丸となって、『徳島県はすごく改善されたね』と称賛されるように、しっかり話し合って取り組まないと、徳島県は時代の流れに取り残される一方です。

(城課長補佐)
私たちも全国からいろんなご意見を頂いておりまして、改善できるところは改善しながらっていうところですね。今日頂いたご意見に対しても所内で情報共有をさせて頂きますので。

(私)
情報共有だけで終わらずに1日も早くガストラックを廃止にして、真剣に命と向き合って、徳島県が全国の見本になるように改善していってください。

(城課長補佐)
はい、ありがとうございます。

対応へのお礼を伝えて電話を置きました。

城課長補佐は終始丁寧に対応してくださいましたが、全国からの問い合わせに慣れているのか、その場しのぎの対応をしているようにも感じました。
命に真摯に向き合っているというのであれば即刻、毒ガストラックは廃車にして、もがき苦しみながら殺されていった犬猫たちの魂が報われるよう、今この瞬間から重い腰を上げて行動していってください。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR