fc2ブログ

犬達のSOS☆秋田県美郷町で作業小屋にクマの親子3頭が入り込む!最初から駆除するつもりの秋田県に、県外からは助けて欲しいと嘆願が殺到。問い合わせには引き取り先を検討すると答えていたが5日昼頃、県、警察、地域住民と協議の結果、殺処分されました。助ける気が全くない!2023年10月6日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位獲得通算2090日(2014年7月~2023年10月) 

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位獲得通算630日(2015年12月~2023年10月)

イラスト1

2023/10/05 マグナムエミさんコメントです。
秋田県美郷町で作業小屋にクマ3頭が入りこみ、その後捕獲される
皆さん、こんにちは!
いつもブログ活動等、お疲れ様です&ありがとうございますm(_ _)m
またまた秋田県美郷町で作業小屋にクマ3頭が入りこんでいるというニュースがネットで流れていました。
親子とみられるクマが捕獲された模様。。。

秋田県美郷町(0187ー84ー1111)
に問い合わせたところ、
『引き取り先を探している。県とも協議して対応を検討している。全国から問い合わせ頂いています。』
との事でした。
私は
『山にクマを返してほしい。殺さないでほしい。傷つけないでほしい。』
ことを嘆願しました。

クマの施設に受け入れられるのか、または殺処分するのか分かりませんが、一番の願いは山に返して欲しいと思います!!!
野生動物の保護の観点から、日本熊森協会の力が発揮され、今後このような時に手助けになるとよいですね。

秋田 美郷町 作業小屋にクマ3頭入り込む 駆除できず監視続ける
(2023年10月4日 )
4日朝、秋田県美郷町の中心部にある畳をつくる作業小屋の中に3頭のクマが入り込みました。日没までに駆除することができなかったため、警察は小屋の戸を閉めて引き続き監視を続けることにしています。

警察によりますと、4日午前7時半ごろ、秋田県美郷町土崎で体長1メートルほどのクマ1頭と体長50センチほどのクマ2頭の親子と見られるクマ合わせて3頭が畳をつくる作業小屋に入り込むのをパトロール中の町の職員が目撃しました。
県の職員や警察が駆けつけたところ、3頭のクマが作業小屋の中にいるのが確認されたということです。

その後、花火を鳴らすなどしてクマを小屋から追い出し、猟友会のハンターが駆除することにしていましたが、10時間たってもクマは小屋から出てこなかったということです。

警察は、日没となったため5日の朝まで作業小屋の戸を閉めてクマを閉じ込めたうえで引き続き監視を続け、5日、夜が明けてから駆除する方針です。

現場は、美郷町役場から東に300メートルほどの町の中心部で住宅や田んぼなどが点在する場所です。
現場から100メートルほど離れたところにある認定こども園は、安全が確認されるまで園児の登園を中止することにし、現場から1キロほど離れた千畑小学校はスクールバスの利用や保護者による車での送迎で登下校を行い、安全を確保したうえで、通常どおりに授業を行うということです。

参照URL①
www3.nhk.or.jp/news/html/20231004/k10014215271000.html

参照URL②
news.yahoo.co.jp/articles/34081a28fe6d3a49aee60604581bc39ffb0586bf

2023/10/05 マグナムエミさんコメントです。
10月4、5日のニュースで、秋田県美郷町の作業小屋に入りこみ、捕獲された3頭の親子熊のその後
追加、コメントさせていただきます。
本日、再度、秋田県美郷町に問い合わせしました。

(女性職員)
『昼ごろに、県、警察、地域住民と協議した結果、殺処分しました。埋葬しました』

(私)
なぜそんなに早くに殺処分したんですか?

(女性職員)
早いかどうかは分かりません。
県では30件ほど、怪我等された方がいまして。
なくなった方はいません。

(私)
今、そちらではクマのごはんとなるどんぐりが不作とこの前ニュースで流れていましたけど、食べ物がないから里山に降りてくるのではないですか。

(女性職員)
クマの数が増えてきてまして

(私)
こちら西日本では、クマは絶滅または絶滅危惧種です。そちらでは、増えているかもしれませんが、毎回、クマを殺してばかりで生かす努力はされないのですか?それに、先程、電話した時、クマの施設とかも検討と言っていましたけど。

(女性職員)
(、、、)

(私)
それとは別に保護したいと言われた方はいませんでしたか?

(女性職員)
(、、、)

(私)
そちら、風力発電とか山の尾根とか立てたりとか盛んなようなので、クマが生息地をなくして里山に降りてくるのではないですか?→秋田県の風力発電を調べてみると日本海側に洋上風力発電が複数立っているようです。山側は1つのようです。

(女性職員)
(、、、)

(私)
(これまでもクマを殺してばかりなので、生かす努力をしてください。宜しくお願いします)

(女性職員)
上のものにお伝えします
との事でした。。。

人間中心に物事を考える、何年経っても変わらないクマ殺処分推進の秋田県ですね。。。
いつになったら目を覚ますのでしょうか。
今後の秋田県(北海道、北陸地方)の野生動物との関わり方、問題点等注視していきたいと思います。
殺された親子熊さん、怖かったよね。ただ必死に生きているだけなのに力不足でごめんなさい。同じ人間として謝りたいです。

くま
【イラスト:もぐちゃん作】
野良猫ちゃんにご飯をあげてくださっている方へ☆お願いです。猫ちゃんママより
こんにちは(*^_^*)
猫ちゃんママです。
野良ちゃん達をかわいそうに思われ、ご飯をあげてくださっている全国の老若男女の皆様、ありがとうございます。m(__)m
猫ちゃんにフードを届けに行くと、空の猫缶がそのまま置かれているのを時々見かけます。
そんな時は、缶を持って帰るようにしています。
猫缶等を猫嫌いな人が見つけると、猫達がここでご飯をもらっている事を知られてしまい、いたずらや虐待をされる恐れがあります。

野良ちゃん達にご飯をあげてくださっている方にお願いです。
食べ終わった猫缶やお魚をあげた後の、骨などがありましたら回収して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

野良ちゃん達の寝場所がありますように。。。
優しい方にご飯をもらえますように。。。

イラスト0001

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト



コメント

Secret

長野県軽井沢町で、クマを殺さず人の生活も守っている、ピッキオさんについて調べました!

皆さん、いつも動物達の為の活動をありがとうございます🙏✨
愛をまといたいコロワンです。

今回は、ミーママさんからのミッションで
クマを殺さずに人の生活を守る対策を成功させている、長野県軽井沢のNPO法人ピッキオさんについて調べました。

特定非営利活動法人 ピッキオ
https://npo.picchio.jp/ (URL参照)

【ベアドッグについて】

ピッキオには、クマの匂いや気配を察知する特別な訓練を受けた犬、ベアドッグがいます。

大きな声で吠えたて、ハンドラーさん(熊を追う指示をする人)とタッグを組み、クマを傷つけず森の奥に戻す事がお仕事です。

【ベアドッグ導入と繁殖】

2004年にアメリカのベアドッグ育成機関 Wind River Bear Institute から、ベアドッグを日本で初めて導入しました。
軽井沢の住宅地でのクマの目撃件数は、最多だった2006年の36件に対し、2016年は9件まで減少させています。

又、日本初のベアドッグの繁殖にも成功しています。
これまでは、すべてアメリカのベアドッグ育成機関Wind River Bear Instituteから犬を譲り受けていましたが、幼少期の十分な訓練やノウハウの蓄積をめざして、2017年夏に「ベアドッグ繁殖プロジェクト」を始動。多くの個人・団体から600万円を超える支援が寄せられ、出産に至りました。

メスのベアドッグ「タマ」が2018年3月31日深夜から4月1日正午にかけて、6頭の子犬を出産しました。
現在、適性テストを経て素質のあるレラとエルフの2頭がベアドッグ見習いとして訓練を積んでいます。


【クマ対策】

軽井沢町の委託を受け、罠にかかったクマに電波発信器を装着し、行動を追跡して、人里に下りてくることを恐がらずに被害を出す可能性が高いクマとそうでないクマを識別することで、有効な対策につなげています。

1頭1頭個性があって違うので
名前をつけて、そのクマがどんな食べものが好きで、どんな場所が好きなのか、よく調べているそうですよ。

☆以下URLより、詳しいクマ対策の方法を抜粋して紹介していきますね。↓
https://npo.picchio.jp/bear/

⚫クマの個性を見極め、駆除に頼らないで被害を防ぐ方法とは?

手順1:電波発信器の装着

罠で捕獲したクマに麻酔をかけ、首輪型の電波発信器を取りつけます。同時にクマの身長や体重などを測定したり、DNA解析のための毛根を採取したりします。

手順2:学習放獣

電波発信器を装着したクマを森に戻します。人やベアドッグの大声、ゴム弾などで威嚇しながら放獣することで「人や犬は怖い」とクマに覚えさせます。

手順3:行動追跡

軽井沢町内を移動しながら、電波を受信してクマの位置を確認します。この結果をもとに、追い払いの対象とするクマを決定します。

手順4:追い払い

スタッフの指示のもとに、ベアドッグが大きな声で吠えて、人の居住エリア付近にいるクマを傷つけることなく森の奥に帰します。

⚫共存の環境を整える方法とは?

【通報の受付と現場検証】

軽井沢町内でクマの目撃があると、ピッキオに直接、または町役場や警察を通して情報が寄せられます。
状況に応じて現場に向かい、クマを引き寄せる原因(ハチの巣、コンポスト、クマが好む木の実など)がないかを確認したり、被害を防ぐための方法を考えたりします。

【小学校での教育活動】

軽井沢町内すべての小学校で、特別授業を実施しています。クマの被害を防ぐ方法の他、クマをはじめとする野生動物との共存について、児童の発達段階に応じて学べる内容です。

【野生動物対策ゴミ箱】

かつての軽井沢では、ゴミに餌付いたクマが頻繁に出没していました。そこで、クマには開けられないゴミ箱を新たに開発。2003年より公共ゴミ集積所に順次導入しました。1999年に年間100件を超えていた被害は2009年に0件になり、現在まで1桁台を維持しています。

【電気柵の緊急レンタル】

電気柵は農地を守ったり、クマの通り道を遮断したりするのに有効です。ピッキオでは、電気柵の購入を検討している個人を対象に、その効果を実感してもらうため、電気柵の貸し出しをしています。軽井沢町には電気柵購入費の補助制度があり、制度の紹介も行っています。

抜粋は以上です。

【どんぐりの植樹】

上記にご紹介した以外に、 ピッキオさんのブログ内に、どんぐりの植樹について書いてありました。
軽井沢地域の小中学生がどんぐりを拾って育てた苗木をカラマツを伐採した国有林に返すボランティア活動「どんぐりがえし」が続けられていて、30年経過した今は、クマが林に来るようになっているそうです。🐻✨

☆どんぐりの植樹について補足☆
ある小学校では、協力を呼び掛ける放送をすると…袋いっぱい、ポケットいっぱい、両手いっぱいに集めて登校している子どもたちの姿があったとの記述が💖想像すると可愛くてほっこりしますね😊

軽井沢はカラマツなど根の浅い人工林が多く、台風の被害が多い年がありました。それがきっかけで地元の森を守る「どんぐり運動の会」というボランティア活動が始まったとの事。

ミズナラ、コナラ等広葉樹の苗木を植樹することで、子どもたちに自然への関心や郷土に対する愛情を深めることはもちろん、風水害に強く、良質な水の源となる森づくりを進めるために軽井沢町と諸団体が行っています。

長野林業土木協会東北信支部東信分会も、子ども達が安全に植樹できるよう森林整備ボランティアをしているそうですよ。

町全体で大人も子どもも、本当に素敵な活動をされていますね✨
後継の方々の育成もされているようで、長く続けて全国に広めて欲しいです。


連日クマの出没が相次いでいる秋田県も、軽井沢町やピッキオさんのような優しい活動を取り入れてくれたら、人もクマも安心して暮らせるのにと思います。

見つけたら、すぐ殺そうとされていますが
クマが町にでてくる原因を知ろうとしないまま殺しているので、毎年同じ事が繰り返されていますよね。
クマの出没も今年は過去最多…
ニュースでは役所にクマを殺さないでと嘆願の電話も多かったと見ました。
秋田県も県民を守る為、理解して欲しいと返答しているようですが、殺す以外の方法も考えて欲しいです。

反して、軽井沢町とピッキオさんの熊を生かす活動は時間はかかるかもしれませんが
奥山にどんぐりなど広葉樹を植樹する活動が実り、今では熊の住む場所になっています。
熊は傷つけられる事なく、食べるものもあり生きていく事が出来ます。
地域の人々も、安心して暮らす事が出来ています。

これ以上、目の前のクマを殺して終わり…とするのではなく、
ピッキオさんの活動を取り入れて下さい、
熊と共存する事で、豊かな山の生態系を未来にも残して下さい🙏

秋田県のクマ達🐻

鶴姫さん、お久しぶりです✨

連日、熊の出没ニュースを見ない日がありませんね。
栗や柿の木にクマがいて食べていただけでもニュースになっていて
お腹をすかせているんだね。
少し分けてあげようという気持ちの人はいないのかな?と淋しい気持ちになります。

熊を殺さないで欲しいと嘆願すれば、人を守る為に熊を殺していると、自分達のしている事を正当化する秋田県。

軽井沢が行っているクマとの共存対策を取り入れて欲しいですね。

どんぐり拾い、ありがとうございます🙏✨

今治の鶴姫さん、お久しぶりです。元気にされていますか?

今年はクマが、イノシシが住宅街や人里へおりてきたと、地元住民や自治体、警察、猟友会等が大袈裟に騒ぎたて、怖がり逃げまどう動物達を捕獲したと、さも英雄きどりの恐怖を煽る言葉を選んだニュースが連日のように流れていますね。。

この時期にわざわざ山に入ったがために、動物達に出くわしたり、山菜とりや栗拾いに行く地元住民、、、必要以上に山の中まで動物達を追いかけ回して殺す猟友会などなど。。

しっかりとした対策もせずに殺すことが解決法になっていますが、そうではないと思います。。

生息域が拡大したとか、野生動物が増えてるとか、ニュースに出ている根拠のない専門家の話など、聞く耳もちません(  ̄ー ̄)ノ

アメリカの優れたクマ対策もニュースで紹介されていましたが、駆除推進派がネットを賑わせている日本では、海外よりもほとほと遅れているなあと思います。

それに鶴姫さんが仰るように、再エネ事業として国が大手電力会社等に誘致させ、森林を切り開いて、劣化すると土壌に毒が流れる太陽光パネルや1基、3億?!、電磁波で健康被害をもたらす風力発電を建設し、大規模に自然破壊をして動物達の食べ物や棲みかを奪っているのに、、、

軽井沢では共存対策しているのに、殺処分しか頭にない秋田県や北海道などと比べると力のいれようといい、雲泥の差がありますね。。。研修に行って学んで実践していただきたいですね!

休みの日には、こどもさんや友達とどんぐり集めをして下さっているのですね(*^^*)

ありがとうございますm(_ _)m
動物達が喜びますね(*^^*)

ご自宅では、子猫さん達にも囲まれ、ひっついた身体が心地よく幸せを感じられますね🌸🐱🌸

うちの愛猫さんたちもあったかい場所をみつけて、身体を丸くしてスヤスヤ寝ています🌸🐱🌸

では、お身体大事にされ、日々をお過ごし下さいませ🎵

SOSブログの皆様お久しぶりです✨

熊、猪、鹿、みんな人間が自然を破壊したせいで食べる物や住む所を失って、、、
1番の被害者は動物なのに、すぐに虐殺するだけで共存する努力もしない😡
軽井沢では虐殺ではなく、共存政策をしているので、他の県でも出来るはずです!しないといけないです!

私も休みの日に子供達とお友達を誘って、ドングリ集めをしています😊
知らない人の方が多いと思うので、各都道府県で提供を呼びかけるべきですね✨


我が家のチビっ子子猫達は
トトは来月6ヶ月の甘えん坊君で、
双子のジジ&キキは来月4ヶ月になります❤️
相変わらずのくっつき虫です☺️❤️

東京のさっちゃんファミリーさんへ

さっちゃんファミリーさん、お元気ですか?
フードが届きました。
毎月、ありがとうございます。
野良ちゃんに届けますね。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR