犬達のSOS 広島県廿日市市役所・農林水産課の宮島鹿対策の齋藤さんはミーママを軽く脅しましたが、鹿の保護施設の場所など丁寧に正直に教えてくれました 2013年1月28日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。
QRコード2
  

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして

ランキングのご協力をお願いします

花ポリイラスト (小)002

2013-01-28 
ミーママコメントです。
【広島県廿日市市役所・農林水産課の宮島鹿対策の齋藤さんはミーママを軽く脅しましたが、鹿の保護施設の場所など丁寧に正直に教えてくれました】

こんばんは。ミーママです(*^_^*)
オノウエさんに伝言していた《鹿対策職員の一人、松田さんにブログを見てもらえたか、お聞きして、鹿の保護施設の場所を教えて頂こう》
と思い、1月25日金曜日午前10時半くらいに、農林水産課にお電話すると、たまたま渦中の齋藤さんがお電話口に出られて課と、自分の名前を名乗られました。
「齋藤さんは名前も名乗らなかった」
とブログコメントに書かれていたのを見て、今日は名前をちゃんと言われたのかしら?
松田さんでなくても、せっかくだから鹿対策に一番長く業務されている齋藤さんにお聞きしよう(*^_^*)」
普段、私は○○と申しますが○○さん(もしくは○○がわかる職員さん)をお願いできますか?と聞くのだけど、齋藤さんが電話に出られた事で、私の名前も言わず先に
「齋藤さんですか?
鹿対策や鹿の保護施設をお聞きしたいのですが、オノウエさんに伝言したブログを見て頂けましたか?」と話をつなげてしまい、後でこちらこそ名前を先に言わず、ごめんなさいと思いました。
私の名前はオノウエさんにも松田さんにも申し上げています。

花ポリイラスト (小)004

コメント等を見て、齋藤さんは話が時々変わり少し性格が荒いのかしら?のイメージ通り、お話ししてみて、丁寧で素直な感じの他の職員さんたちと比べると、荒さも感じました。

でも始終、声を荒げることもなく、齋藤さんは丁寧でけっこういい人です。
ただ(*^▽^*)齋藤さん。
最初、私を軽く脅しました(笑)
私「ブログには、鹿にも、市役所の齋藤さんたちにも、宮島の商店主さん達にも、観光客にも、鹿のボランティアの人達にも、みんなが良くて丸く収まる解決策を書いていましたが、過激な箇所もありますが見て頂けましたか?(*^_^*)」
とお聞きすると
齋藤さん「あんなことを書いて、オタク覚悟はあるんですかね?」
と固い声で言ってこられました。

私「(*^_^*)あんなこと?
本当のことを書いているだけですよ。
私達は、なんの利害関係もなく、ただただ餓死させられたり、弱っている鹿を助けてあげたいだけです。
資料を調べたり、またこうやってお聞きしたことを、ありのまま書いて、提案を書いています。
また間違いなどや、新しい内容などあれば、次の記事で訂正しております(*^_^*)」

齋藤さん「だから、あんなことを書くにあたり、覚悟や責任はあるんですかね?」

私「齋藤さん、…それは脅しですか?(*^_^*)」

齋藤さん「……いえ、脅しではないです」

私「そうですか?(*^_^*)」

愛媛県東温市役所の、市民環境課の致死量睡眠薬餌、動物虐待の近藤係長や、山口県防府市役所の元、生活安全課の保健所獣医と合同ワイヤー虐待捕獲の清水正博課長は、共に、
「ううう訴えてやる~ブぶブブログが~(*`θ´*)」と叫んだけど、結局、公務員の業務による虐待の致死量睡眠薬餌と、ワイヤー捕獲は両県とも会議で中止となりました。

毎年5500匹前後、愛媛県全役所から集められた犬猫を、殺処分している愛媛県動物愛護(殺処分)センターと、役所と癒着した愛媛新聞が殺処分数を誤魔化し改ざんし、新聞に出した際(業務改善効果があったかのように、殺処分数を千匹少なく書くことを愛媛新聞職員とセンターが、しくんだ問題)一旦、間違いがあれば訂正します。
と愛媛新聞の女性職員が言った後、愛媛新聞とセンターが訂正しない(`ε´)(`ヘ´)と開き直りました。
その際、愛媛県動物愛護センターに抗議の電話をした女性に公務員獣医の毛利さんが、
『○○さんですか?こんな電話をして覚悟はあるんですか(`o´)』
と廿日市市の農林水産課の齋藤さんと同じように、女性を含みを持った言葉で脅しました。

pa-003.jpg 

役所のマニュアルとかで、業務改善や、訂正や税金の使い道の詳しい公開を求める、役所に取って目ざわりな、痛い市民には、こうやって黙らせるために脅せ。
という教えがあるのかしら?(・o・)と驚きましたが、この役所の脅しは一般には効き目があり、この女性は怖がり二度とセンターに、抗議の電話はせず追求を止めました。
一対一じゃ何もできないくせに、役所の権力をカサにした虎の威を借る公務員は卑怯で醜いわね。

でも、脅しの言葉なんて普通の人はいきなり出ないから、以前も誰かに脅し文句を使っていたから、すぐに口から出たのかしらL(・o・)」?
私が、 今までの人のように驚くか怖がるか、感情的になるかと思い 脅したんだろうけど(笑)、残念でした。
そんなのでビビるような、弱さやブレた心を私は一切持ち合わせてないわ(*^_^*)

メキシコやグアテマラの帰りに寄ったロスの空港のタクシーのドライバーさんにも、
『前も日本のテレビ局の3人の男を乗せた時、チップを余分にくれないかと、凄んで脇道にそれると、怖がってすぐ3人共お金を出したのに、君は、じゃあお金は払わないわ。
荷物出してよ。BYE-BYE~(^O^)って…
(^^;僕がガンを持ってるとは思わなかった?』と急に大声で笑われました。
『(*^▽^*)空港に出入りを許可されたタクシーのドライバーが、銃を携帯しているわけないわ。
荷物をトランクに入れてくれた空港係員には、ダウンタウンまでチップ込みでいくら?
このドライバー安全?って記憶に残るよう聞いたから、私に何かあればあなたが犯人とわかるわ♪』

それでドライバーはますますワハワハ大笑いし、『日本人はチキンハート(小心者)ばかりだが、君は今まで見た日本人の中で一番強くてクレバーな女性だ(笑)グッドラック』
と何度も握手しタクシー代までまけてくれました(笑)

エンジェルぴよぴよ

齋藤さんも、私を軽く脅してみても、私が平気で声の乱れもないまま「齋藤さん、それは脅しですか?」
と聞き返したから、逆にマズイと思ったかもしれません。
ところで齋藤さん達が、厳島神社の職員に私たちのブログを教えていたのを後で知りました。
厳島神社の鹿嫌いで、鹿の皮膚は汚い(`ε´)アレルギーが出る、直に餌なんてやりませんよ!(`ヘ´)
と態度の悪いお話にもならない社務所の、年配男性職員の福田さん、突然、ブログが~(*`θ´*)と騒いでいたらしいです(笑)
仲がよくて齋藤さん達が連絡して教えられたんですね(笑)

福田さんと女性職員が、鹿対策会議に厳島神社は行ってない、餌やり中止に合意してないと、嘘を言ったことや、鹿を邪魔者にした発言に対して、嘘偽りは書いていません。
でもお名前を、わざと分かりにくく言われた奥田さんの本当のお名前は、福田さんとわかりました。
「またブログに書くんでしょ(`o´)」
と、わあわあ神社に仕えるものとは思えないくらい騒いでいたらしいけど、誘導尋問でポロリと本当の名前を言ったとのこと(笑)
だから福田さんと正しいお名前に訂正させていただきました(*^▽^*)

私が、「ブログに全てが丸くおさまる解決策を全て書いています」
と農林水産課のオノウエさんにお話し、鹿担当者に教えてください。
とブログを教え記事を教え、伝言したのが水曜日(笑)
それから齋藤さん達がブログを見て、厳島神社の福田さんにも知らせた。
だから福田さんが「ブログ~(*`θ´*)」と言い出し愛媛県東温市の、致死量睡眠薬餌の近藤係長と、そっくりに乱れ騒いだ。
…福田さんは、自分の名前がバレた。書かれる(--;)と、この土日はブログを何度も閲覧下さったかしら?

くそ(*`θ´*)世界遺産になれば、邪魔な鹿がいなくても、観光客は勝手にどんどんやって来るし(`ε´)、鹿を殺すようしむけ、観光や商売だけに予算を組み力を入れた佐々木雄三市議や、眞野勝弘市長や、廿日市市役所産業部の伊原泰彦部長に泣きついて、このブログのあいつらを対処してもらい、やっつけて後悔させてやる(`ヘ´)
自分達、厳島神社の職員には市のエライさんのバックがついとるんじゃ~(`ε´)
と、食事も美味しくない週末を内心ドキドキ過ごされたでしょうか(笑)
私は普段、問い合わせた内容は睡眠を削っても、当日中には書いて仕上げますが、今回はわざとすぐに書かず、軽いストレッチや♪発声をしながら、お洗濯などしていました。

この厳島神社の福田さんは、鹿を見捨て餓死させておいて、自分の都合ばかりワアワア言い訳し、鹿の餌やり中止に同意しないと自分達が食べられなくなる(*`θ´*)等騒いで言っていたらしいです。

また私の写真にあるよう、あれだけ神社内にいた鹿が、もう一匹も神社にはいないそうです。
神社でくつろいでいた鹿達が、自分達で二度と神社に入り込まないはずはないです。
山に帰ったと福田さんが言ったらしいけど、山には今わずかに残ったドングリを食べ尽くせば、他に食べ物がない。
つまり、観光客のいない夜など鹿をおびえさす悪さしたり、鹿にとって敷地に入れば、危険と感じる追い出し方をした可能性もあると言うことです。

神仕えにふさわしくない汚れた職員さんって、勤め先が文化遺産等になると、どんどん図々しくなるのですね。
神々や、あの美しかった海に立つ鳥居や神社がかわいそうです。

花ポリイラスト (小)003

さて廿日市市役所農林水産課の齋藤さんに、「鹿の保護施設を、鹿のボランティアさん達が公開してくれと何度言っても、役所は口先だけで場所を教えてくれない」
との情報が寄せられましたが、齋藤さん、教えていただけますか?
とお聞きすると、私を脅した後の齋藤さんは、感じよく丁寧に鹿の二ヶ所の保護施設の場所も教えてくださいました。
寄せられた情報通り保護施設は二ヶ所ありました。(*^_^*)V一つは当初から職員さんが言われていた入浜で、桟橋を降りて左に車で20分ほどらしいです。
車で奥まで行けるとのこと。
こちらは柵で覆われた中に木や芝生があるとのこと。

以前は職員さん達が言われなかったもう一つは、江の浦(よのうらと読む)こちらは桟橋から右に車で20分、 入浜より小さく小屋のように柵がなっていて木もないとのこと。
情報に寄せられた小鹿の死体が小屋にあったというのはここでしょうか?

齋藤さんに「滝さんと言われる獣医さんは、死んだ鹿の解剖に来た」と何度か宮島に来られているらしいですが、動物病院を開業されていますか?
それとも市や県に雇われた公務員獣医さんですか?
元々大きな牛とかの獣医さんですか?
とお聞きしました。
開業はされていなく、公務員獣医でもなく、嘱託とのことで大型の動物の診察が出来るようで、死んだ鹿の解剖だけでなく、ちゃんと治療もされているとのこと。

「治療のかいなく亡くなる鹿もいると思いますが、保護施設に行けば殺されるとツイッタ―等で見ましたが、本当に弱った鹿を保護して助けてくださるんですよね?
殺したりはしませんよね?」
とお聞きすると、治療して元気になれば山に返します。ときっぱり言われました(*^_^*)

また、鹿に餌をやった人に大声で怒鳴ったお土産屋のだいこん屋の女将さんや、痩せた鹿に餌をあげようとした修学旅行生に、マイクで怒鳴った観光ガイドの事を話すと、以前も苦情があり、隣の観光課が商店主を注意したとのこと(*^_^ )
鹿ボランティアさんによると、鹿協議会には傍聴だけで何も発言させてくれなかったらしいけど、齋藤さんに伺うと『鹿のボランティアの会を辞めた人もいるようだけど、定期的に会の人と会い話をしています。どこで折り合いをつけようかも、考えています。
鹿のボランティアの会の人と、仲が悪いとかじゃないんです』と言われました。
宮島の鹿の悲劇を知った全国の皆さんが、拡散されたり、私たちのように情報発信したり、鹿ボランティアに参加されたり、市役所に抗議や嘆願をされ続けた事で、少しは良い兆しになっているよう感じました。
しかし、そのお話を伺った同じ日に齋藤さんは、眞野市長に公文書として鹿の嘆願書を送った方に、市長が確認した判やサインがない、農林水産課とだけ書いたマニュアル回答書を送っていました。
鹿は市街地から減り山へ帰りだしている。と回答者がそうなのか。と思う誤魔化し内容です。
回答した齋藤さんが、自分の名を書いてないのは厳島神社の人と違い、根は嘘つきではなく、嘘を書く後ろめたさや正直さが底にあるから、自分の名前書けないのだと思います。

エンジェル青 

【ランキング協力お願い】
画面左上にある【FC2ランキングボタン】【日本ブログ村ランキングボタン】2つともクリックしてください。
クリックするとランキングサイト(FC2,日本ブログ村)にアクセスされ、INポイントが「犬達のSOS」に加算されます。
また、ランキングサイトに表示されている「犬達のSOS」をクリックすると、OUTポイントが加算されます。
ポイントが加算されると、ランキングが上がりますので、ご協力をお願いします。

【コメント投稿のご案内】
各記事ごとにコメントを投稿出来ます。
下記の手順でお願い致します。
★パソコンからの場合★
①画面左側にある最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事を選び、クリックします。
②記事の下に、コメント記入欄が出てきます。
(コメント記入欄が、出てこない場合は、記事の下の【コメント】のところをクリックしてください。)
③コメント記入欄に入力します。
★名前
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です(無記入でもいいです)
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、送信をクリックして、投稿完了です。
☆「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信すると、ブログ管理者にしかコメントが表示されず、ブログ上にコメントが表示されなくなります。
⑤投稿完了画面が出たら、終了です。

★携帯電話からの場合★
①最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事をクリックします。
②記事の下に【コメントを書く】があります。
そこをクリックするとコメント記入欄が出てきます。
③コメント記入欄に入力します。
★ニックネーム
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です。
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、「公開コメント」にして、投稿するをクリックして、投稿完了です。
☆「管理者への秘密のコメント」にすると、管理者にしかコメントが表示されず、コメントがブログ上に表示されなくなります。
⑤投稿完了画面がでたら終了です。

※公開コメント場合、入力した内容はすべてブログ上に表示されますので、メールアドレスなどを記載する場合は十分にご配慮ください。
※上記の手順で投稿してもエラー等になり投稿できない場合がありましたら、再度トライしてみてください。

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
                   2013年1月28日02:20
スポンサーサイト

コメント

Secret

世界遺産厳島神社に青鬼がすんでいた!

こんばんは、とらっぴーといいます。

旧宮島町時代に宮島、厳島神社内でも60年近くも助成金で鹿に餌をあげていて、まるで放し飼い状態だったのに、頭数が増えたからと、急に餌あげを禁止するなんて、身勝手な理由。
私も宮島の鹿ちゃんのために!&世界遺産厳島神社の職員の酷い対応に疑問を持ったのでにちょっと電話をかけてみました。

『奥田さんていう方いらっしゃいますか?』と、美和さんに対応した職員の名前を言うといきなり
『・?こちらに奥田と言う名前の職員はいませんが、』と女性に言われました。
『え???』

そこで、鹿についての話を聞きたいとを伝えたところ、電話に60歳前後の男性が出てきました。
おそらくミーママさんが、問い合わせにかけた時に対応した職員だとピンときました。。
だって、ミーママさんが書いてた通り、どろっとした声の人で、ミーママさん、なんてぴったりの表現をするんだろ!っと思い出し笑いしそうになったくらいです。

そしてこのどろっとした声の厳島神社の男性職員(後に福田と名乗る)の対応は、まぁひどい!ってものじゃぁなかったです。何から言ったらいいのか分からない位です。
この話は後でしますね。

何よりまずは皆さんに、報告です。

この男性職員の名前、ミーママさんの時には名乗らず、美和さんの問い合わせには奥田とありましたが、
今回やっと、名乗りました、いえ、名乗らせました!

『福田』が本名だったんですよ。

問い合わせの途中までは、名前について『ブログに書かれる可能性があるから言いたくない』と言っていたのですが、
どうも、この男性職員の対応や言っている内容が美和さんやミーママさんの書かれているのと同じだったので、思い切って確かめました。

『もしかしてアナタ以前に、奥田って名乗ったんじゃないですか?』
『いいえ、名乗ってません。』急に小さい声になる。
『では、コチラに奥田と嘘の名前を言った職員がいるってことですよね?』
『いえ、勘違いされたのかもわからない・・・』
『どういう事ですか?(やっぱり!)・・・では奥○○とかという聞き間違うようなお名前の方っていらっしゃいます?』
『そ、そりゃぁ、わ、わからんですが、まぁ私は福田と言いますが・・・』
『あぁフクダ!そしたらオクダと聞き間違えたんでしょうかね』
とこんな経緯でした。
私に自分の福田と本名がバレてからは、強気で会話にすらならない一方的な話し方が、気弱になったのかトーンダウンしたので、その後は少しだけ会話になりました。
皆さん、今回は間違いないですよ。
私ちゃんとボイスレコーダーに録音してるから、何度も聞いて確認しましたからね。


★とらっぴー問い合わせ報告★
1月25日(金)16:30

『あの、こちらに奥田さんという方はいらしゃいませんか?』
厳島神社職員福田氏
『いませんよ。何ですか、どういう用件なんですか』
と明らかに不愉快そうな口調。

私は気まずい雰囲気を変えようと精一杯感じ良く
『宮島の鹿のことで、厳島神社さんのお話をお聞きした・・・』と言ったとたん
福田氏は
『お宅らは生活しとるもんの気持ちも考えないで、鹿が鹿がといわれてきても・・・。』
と始まり、
『鹿が鹿がといって、餌をやってくれ、とか言うてきても住んどる者の気持ちも考えんと。』を数回繰り返し
『全国的に鹿が多くて困ってるのに、なんで宮島だけ言われるのはおかしい』
『どうして厳島神社の見解をださないといけないのか分からない。そんなことイチイチだしていない。』
『神社は鹿にノータッチ、鹿は野生のもの』
等の連発・・・。

途中何度か、福田氏の一方的な話の隙間に入っては
『すみません、私は今回厳島神社さんの見解を聞きたくてお電話したのです、島民と言われても厳島神社は生活の場ではないですよね?』
『具体的に鹿のどういったことが問題なのですか?』
と繰り返し聞いても、私の声はかき消され、全く答えてくれず同じ自分の主張する話を繰り返し、会話にすらならないのです。

・・・この人は何でこんなにまくし立てるんだろう・・・。

福田氏が鹿に対し優しい気持ちなどさらさら無いのはよくわかりました。

私は厳島神社の見解を知りたくて、ミーママさんがいつも言ってるように、問い合わせは感じ良く丁寧に、を心がけて電話をしたのに、なんだこの対応は、と腹が立つのを通り越し、心底あきれました。

それでも、問い合わせ半ば辺りで、自分の福田という本名がバレてからは、気弱になったのか少しトーンダウンしましたが、言ってる内容は耳を疑うような神様に仕えているとは思えない、優しさのかけらも無いものでした。

鹿の被害については
『鹿に聞いてみないとわからない』(意味がわからない、人を馬鹿にした答え)
『紙(ごへい)を食べる』
『自宅で植木を食べられた』
『手入れした植木を食べられるので、おもしろくない』
『フンがある』
『鹿ぜんそくとかのアレルギーがある』
『鹿にはダニがいる』
『観光客がお弁当を食べていると集まってくるから食べられなかった』
とこたえていました。
また他に
『島民でご飯をあげている人は残飯処理としてあげている』
『自然淘汰されるのに、人間が餌をあげ変な風になった』
『紙(ごへい)をたべられたら腹がたつでしょう』
『(自分は)神職であっても、人間です。』
『悪さをされたら、キリストじゃないんだから右のほほをぶたれたら、左をさしだせと、そんなことアナタはできますか?』

そして私が
『福田さんの対応は厳島神社のイメージが非常に悪くなりますよ』
と言うと
『それは、わかっているけど、相手がどういう人か分からないからわざと、こういう(まくし立てる様な)しゃべり方をするんです』
と答えられた時には、こういう人物を雇っている厳島神社の品位を疑いました。

『世界遺産である厳島神社さんとしての立場から、鹿に配慮しようという立場よりの発言を、行政にしていただくと、行政側の聞く耳も大きくなるかと思うのですが?』
とお願いしたのですが、
『行政とともにやっていかないと、変なことになるでしょ』
とお決まりにしているのか、美和さんの時と同じ返答でした。

ネット、ツイッター注目されていることについては、
『(騒がれているか)それはどうか分からない、一部で騒がれているだけ、そういう人達グループが順番にアチコチ集中的にかけているらしい』
と誰かから聞いたように答えていました。

最後に、福田さん以外の方と、鹿の件について話したい場合はどなたに言えばよいでしょう?の問いに
『鹿の問い合わせは自分が窓口で対応している』といっており、やはり美和さんや、ミーママさんの問い合わせに対応したのは、この福田で間違いないことが決定的になり、自分の名前を誤魔化す、卑怯なずるい人間性が明らかになりました。

福田氏の発言の数々は本当にこれが神職なのかと、ものすごくガッカリしました。
世界遺産の厳島神社のキャッチコピーは『人と神々が共に生きる島』とありますが、青鬼もすんでいるようです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マロさんへ、アグネスです。

アグネスです。
マロさん ありがとうございます。鍵でなくコメントをいただけますか 名前は○とかで伏せて、重要な箇所は省いてくださればありがたいです
よろしくお願いします。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR