犬達のSOS☆宮島の鹿の救出や給餌の素晴らしい活動の光と影 その②2013年2月25日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。
QRコード2 

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして

ランキングのご協力をお願いします

pa-012.jpg 
2013-02-25
FC2ブログは、社会ランキング1位 
日本ブログ村は、元捨て犬・保護犬ランキング3位でした。


2013-02-16愛をまといたい高知の可奈ママのコメントです
美和さんに続き!可奈ママからは【廿日市警察署】と【宮島派出所】への問い合わせミッション報告です(・Ο・)ゞ

今回、約1年半前の宮島鹿給餌のYさんのブログ記事「2011.06.14 守秘義務違反、顛末記」
について、『実際に宮島での鹿の餌やりが不法投棄になるか調べてね』と、ミーママさんからミッションが来ました(^-^;。

Yさんは、ご自分が鹿の餌やりで野菜をまいたことで
《宮島派出所職員に訴えられた》
《それを自分の会友に職員が言ったから公務員の守秘義務違反だと抗議したら、『あれはなかったことにする』と職員から電話があってうやむやにされた》
という事件や
《メス鹿が背中に穴を開けられたり、お腹を切られたりの虐待をされている》
ことなどをブログに書かれていました。

何故か虐待された鹿を見た大事な日付や、その鹿達の生死の状態も書かれていなく、また訴えられた時も対応したお巡りさんの名前が書かれていなく、また『不法投棄は無かったことにする』も○月○日○時、○○というお巡りさんから電話があったとは記載されていませんでした。
 
2013-01-301.jpg 
2013-01-29、宮島へご飯の宅配と調査にメンバーは現地入り、当日海路でミーママがサプライズで合流しました。

私たちは役所への問い合わせ内容など、大事な事をブログに報告する時は、必ず日時や対応してくれた職員さんの名前を証拠として明記しているし、速筆ができなかったり記憶力の悪いメンバー(わたし(*^m^*) )は、ボイスレコーダーで話した内容を録っているのに、なぜ明白に書かないんだろう?
ましてや相手は公務中の公務員、名前をオープンにしてなんの問題もないのに?
Yさんが口止め料をもらった訳じゃないから、公務員に失礼な嫌がらせをされたら、名前を出すと思うのですが…

私達のブログに、ラブちゃんから宮島の鹿の悲劇が知らされた先月(1月)、私達は驚いて鹿さんを助けようと朝方まで、いろんなブログやツイッターを調べました。
《宮島の鹿が餓死寸前》
《ガリガリに痩せている》
などと流れ、ただ内容を検証しないまま、何年か前の宮島鹿の悲劇を伝えた内容を拡散しているだけで、何故か現状の鹿の様子は出てきません。

それとは別に、
『2年前や今年も宮島に初詣に行ったけど、虐待された鹿さんや、ガリガリの鹿さんや、あちこちで鹿が死んでるなんて見なくて、平和な宮島の鹿の風景でした。
餌をやらないで
という看板ってそんなにあるって、書いてるんですか?気がつきませんでした…はい('◇')ゞ?』
の生徒さんやメンバーの正反対の声。

130129_1548~040001 
ねぇ、あずにゃんまだご飯あるの?

宮島鹿担当の、廿日市市農林水産課の職員さん達にも、業務問い合わせをし、嘆願書も出し、色々調べました。
確かにマニュアルトークや、餌やり禁止について役所に都合のいい大義名分はありましたが、ミーママさんやメンバーたちが問い合わせして気付いたように、今まで私達が戦ってきたズルく残忍な虐待公務員達とは明らかに、農林水産課の職員さん達はタイプが違い、まず電話に出たとき、ちゃんと自分の名前を名乗るし、質問したことに、怒鳴ったり騒いだり逃げたりせず、ちゃんと答えてくれました。

でも、虐待公務員達と同じパターンの喋り方で神職なのに自分の名前を隠した超鹿嫌いの下品な嘘つき宮司の福田氏(厳島神社のえらいさん)』や、鹿を撃ち殺す申請を出し環境省に却下され、それで鹿を餓死させる政策を取った元宮島町長や、商工会や観光協会の理事達がいることも判明。

単細胞で猪走りの可奈ママは、家族で高知から宮島の鹿さんに餌を届け、口下手の家族の分、可奈ママが現地調査をする計画を立てたものの我が家はETCを持ってない…広島まで行く高速代だけで何万円もかかる。
ETCを買うことにしました。

130129_1559~030001 

すると、ミーママさんが、
『ダンスの生徒さん達からのクリスマスカンパの残りがあるから、使わせてもらってメンバー達で、宮島に餌の宅配と調査に行きましょう。
は~い、平日だけど仕事がお休みの人は?』
とみんなに連絡が入りました。

カンパを使わずみんなに内緒でやって来た海路のミーママさんや、陸路の調査隊(可奈ママも高知から片道6時間の道のり頑張ったがよ)が現地に行きました。

確認したところ、実際ガリガリに痩せている鹿は見当たらず
鹿の餌やり禁止は紛れもなく実践されているけど、実際は隠れてあげてくれている島民さんもいるみたいだし、鹿がたくさん虐待されたり餓死した情報は、少し大袈裟かな?と思いました。

そして宮島鹿の悲劇を伝える各ブログに、写っていたガリガリの鹿達と同じように( ̄○ ̄;)(-o-;)(°д°#)鹿がガリガリに痩せて見える写真の撮り方のトリックに気づきました(・・;)(^o^;)

59.jpg
上、頭部から撮影すると痩せてみえます。

また鹿の保護施設は、車で入れない険しい山の中、
はってでも行く
と書かれたYさんの支援者からの鍵情報が大袈裟なデタラメだったことも現地調査でまた確実になりました・・・
Yさんと、その支援者がグループで宮島に行ったのは私たちより4日後でした。

私達の宮島調査や写真のトリックを書かれたためか、
《保護施設が車で簡単に行け、勘違いだった。》の訂正の言葉もないまま、
『Yさんが倒れました。支援をお願いします』
と拡散されていました。

24_20130131012505.jpg 
Yさんの支援者からの鍵情報では、《保護施設は、車で入れない険しい山の中》とありましたが、廿日市市農林水産課の齋藤さんの説明どおり、車を走らせると海岸線から山に向かって入ってすぐの所にあった入浜の保護施設。

あれだけ私達のブログに鍵コメントをしていたのに今度は九州の、おばさんブログの方に、保護施設の写真を送り、おばさんブログに写真を載せてもらっていました。
また倒れたから入院されたのか?と拡散を知り心配していたら、
『救急車を呼んだが、乗らなかった? 入院せず点滴だけを一週間打ちにいく』
と後で弁明が不自然に流れていました。
真実は?(*_*)?

PIC_0043.jpg
入浜の保護施設からみた出入り口、この先にでると、すぐ前に入浜が見えます。

今回の給餌のYさんのブログ記事で、疑問に感じたところを確認の為、廿日市警察署生活安全課、宮島派出所に問合せをしました。
2/14(木) 14:16
【廿日市警察署生活安全課】問い合わせ。
コウダ氏対応。 (半年前から生活環境課に勤務。 以前は本部の生活安全課にも勤務されていた。)

同日 16:17
【宮島派出所】にも二重に問い合わせ。
アカギ氏対応。 (昨年9月より宮島派出所勤務)

Yさんのブログ
( 一部抜粋)
《2011.06.14 糠と麦とキャベツその上に空豆を5本の写真とYさんの写真とともにごみの不法投棄で訴えられ、廿日市署が受理 》
といった事が書かれていたので、
コウダ氏とアカギ氏それぞれに
『宮島で鹿の餌やりでの食べ残しがあった場合、不法投棄になりますか?』
とお伺いしました。

別々に伺ったお二人とも、
『鹿の餌やりで残った食べ残しは不法投棄にはならない』
とのこと。
食べ残しでの立件や逮捕というのは難しい。(不法投棄以外の罪状でも)
『過去そんな話しは聞いたことがない。』
と言われました( ̄○ ̄;)

Yさんは《不法投棄で訴えられ、廿日市署が受理》と書かれていましたが、お二人とも『不法投棄にはならない』と同じ見解。

これまで、私達は虐待捕獲をしている役所の公務員達や動物愛護(殺処分)センターへの問い合わせを、二年間してきたことで、殺処分公務員獣医や、職員達のマニュアルや、誤魔化しを度々聞いてきましたが、
やはり農林水産課の問い合わせにも感じたように、お二人とも、嘘や誤魔化しを言っているようには思えませんでした。
野菜1 
野菜市場で市価の10分の1の値段で車いっぱいの野菜を買い込みした。

また、Yさんのブログには
(一部抜粋)
【2011.06.14
6月12日日曜日の朝、(鹿をいつくしむ会→鹿愛護○)会友N氏からの
「5月14日に00で鹿に給餌をされたか?」の電話に
給餌をした為、肯定。
野菜の写真と私の写真とともにごみの不法投棄で訴えられ、廿日市署が受理をし、次回給餌したら逮捕すると宮島交番の職員
から聞いたとのこと。】と書かれ、Yさんは不法投棄で訴えられたことは
給餌を止めろという強迫か?いやがらせか?
と書かれ
「 広く世間にこの問題を認識していただきたい!」と書かれていました。
また 法務局や県警、廿日市署に抗議されたようですが、
廿日市警察署のコウダ氏は
*【不法投棄とは、みだりに物を捨てる行為を言う。
*鹿への餌やりで食べ残しがあったとしても、[餌やり]という目的の結果の食べ残し。捨てるとはちがう】
と教えてくれました。
コウダ氏が本庁の生活安全課にいた時も、『鹿の餌やりの食べ残しで立件しよう。といった事は聞いたことがない。』
と言われていました。
(広島県内で逮捕や立件となった事は、本部は把握しているそうです。) 

野菜4 

また、宮島派出所のアカギ氏は
『役場や桟橋など、行政の管理地や人の所有の土地に、鹿の餌をドサッと置いて帰ろうとされた方には、
「ちゃんと後片付けしてくださいね」
などと注意する事はあるかもしれない。』
と言われました。
島民と、Yさん達か観光客か分かりませんが、餌やりに関してのトラブルは派出所や警察もよく聞くそうです。

ケガをした鹿についてアカギ氏の話し…
『びっこをひきながら歩いている鹿は見かけた事はあるが、背中に穴を開けられた、腹を切られた、角を折り曲げられた鹿がいたとは、前任者からの引き継ぎの時も聞いたことがない。』
そうです。

ブログメンバーの美和さんが、2/13に《廿日市市役所農林水産課(松田氏対応)》と《宮島支所観光管理課(内山氏対応)》に問い合わせた際、
『去年(2012年)、曲げられたのか奇形かわからないが、角が曲がった鹿を保護し角切りをして放した』と、お二人から角が曲がった鹿の話があったと報告にありました。
しかしYさんは、ご自分のブログで
《 背中に穴を開けられた 母鹿、腹を切られた母鹿、角を曲げられ傷つけられた雄鹿…》(2011.06.14 一部抜粋)
と、具体的な鹿のケガの事は書かれていますが、
このケガをいつ見たか?日付は何故か明記されてなかったし、
そのケガをした鹿は生きていたか死んでいたかさえ詳しく書かれていません。 

IMG_4012.jpg
入浜海岸に行く途中に出会った山際で生活している鹿達

アカギ氏の話しは続き…
ただ、昨年の11月(2012年)海に隣接する道路に
交通事故か? 『鹿が座り込み、動かない。退けてくれ』
と島民の通報で駆け付けたが、アカギ氏が行く前に、島民が鹿をどけようとしたらしく、鹿は驚いて走った。

この鹿も足を負傷し、びっこをひいていて、思うような方向に走れなかったのか、海に走ってしまい、アカギ氏が現場に到着した時には死んで海に浮かんでいた事があったと話してくれました。
死んだ鹿は役場に連絡し、業者の方が来て処理されたそうです。

またYさんのブログには( 一部抜粋)
【2011.06.14 廿日市署が、次回給餌したら逮捕すると宮島交番の職員 から聞いたとのことです
同時に公務員には秘守義務が科せられるはず個人情報
プライバシーです。知人に話すことは許るされません】
と書かれていたので、
廿日市警察署のコウダ氏に確認。
『言いませんよ。
知人の人に逮捕しようとしている事を言うと、当事者が逃げてしまう可能性も出てくるでしょ。
普通は言いませんよね(笑)』
と仰ってました。
 
pa-013.jpg

今回の問い合わせでは、
警察官のお二人共お話の中で
いつもの他県のような《Σ(゜д゜;)えっ!?》って驚く、脅しや隠ぺいやしつこくこちらの電場番号や住所を聞く場面はなかったです。
でも一点だけ…アカギ氏が11月に遭遇した《死んで海に浮かんでいた鹿》が、足を負傷し、動けないのにびっこをひいて逃げた
その鹿が死んだ経緯=鹿をどけようとした島民が、お巡りさんが来る前に、動けない鹿を驚かさすよう悪さをしたり脅したり、海へ突きとばしたりしていないかは…アカギ氏が通報で駆けつけた時は、先程まで生きていた鹿が海に浮かび死んでいて、原因を彼は見てないので不明です。

それと…疑問に思ったことですが、
Yさんが、《次に給餌したら逮捕》と宮島の警察官が言ったと言うのは会のN氏から聞いたことで、人づてと言うことになります。
また、Yさんのブログに
(一部抜粋)
《法務局、県警、廿日市署に抗議。 夕方廿日市署
から「始めから今回のことは何もなかった」と伝言があり
一件落着。うやむや解決。》
と書かれていましたが、これも
誰が?法務局や県警、廿日市署に抗議したか?
まったくYさんのブログには記載されていません。
話を持ち出した鹿をいつくしむ会→鹿愛護○のN氏が全て段取りしたのでしょうか?

そして、廿日市署から「始めから今回のことは何もなかった」との言葉は、
Yさんが抗議した事に対して、慌てて返答した。とも受け取れましたが、これもN氏からの伝言で真偽は?
会のN氏は作り話でなく、事実をYさんに告げたのでしょうか?

Yさんも真偽をきちんと、ご自分で署に聞かれた方が、日時や担当者の名前を書けたのではないでしょうか?

ミーママさんアドバイスの元、みのりさんと美羽さん・・・そして、猫ちゃんママさんにもご協力頂きm(__)m起承転結がなかった報告文が完成しましたm(__)m
皆さんm(__)mいつもお力添えくださりm(__)mありがとうございます。

花ポリイラスト (小)004


【ランキング協力お願い】
画面左上にある【FC2ランキングボタン】【日本ブログ村ランキングボタン】2つともクリックしてください。
クリックするとランキングサイト(FC2,日本ブログ村)にアクセスされ、INポイントが「犬達のSOS」に加算されます。
また、ランキングサイトに表示されている「犬達のSOS」をクリックすると、OUTポイントが加算されます。
ポイントが加算されると、ランキングが上がりますので、ご協力をお願いします。

【コメント投稿のご案内】
各記事ごとにコメントを投稿出来ます。
下記の手順でお願い致します。
★パソコンからの場合★
①画面左側にある最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事を選び、クリックします。
②記事の下に、コメント記入欄が出てきます。
(コメント記入欄が、出てこない場合は、記事の下の【コメント】のところをクリックしてください。)
③コメント記入欄に入力します。
★名前
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です(無記入でもいいです)
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、送信をクリックして、投稿完了です。
☆「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信すると、ブログ管理者にしかコメントが表示されず、ブログ上にコメントが表示されなくなります。
⑤投稿完了画面が出たら、終了です。

★携帯電話からの場合★
①最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事をクリックします。
②記事の下に【コメントを書く】があります。
そこをクリックするとコメント記入欄が出てきます。
③コメント記入欄に入力します。
★ニックネーム
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です。
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、「公開コメント」にして、投稿するをクリックして、投稿完了です。
☆「管理者への秘密のコメント」にすると、管理者にしかコメントが表示されず、コメントがブログ上に表示されなくなります。
⑤投稿完了画面がでたら終了です。

※公開コメント場合、入力した内容はすべてブログ上に表示されますので、メールアドレスなどを記載する場合は十分にご配慮ください。
※上記の手順で投稿してもエラー等になり投稿できない場合がありましたら、再度トライしてみてください。

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
2013-02-2510:00
スポンサーサイト

コメント

Secret

「奈良市の犬猫殺処分毒ガストラック作動停止!徳島は?」

お久しぶりです。

一年半ほど前、皆さんが勇ましく、徳島県庁に毒ガストラックの取材撮影をし、徳島県庁や徳島県動物愛護センターに嘆願や問い合わせをしていた頃、僕もあることで徳島県庁を調べていました。
「徳島県庁や県動物愛護センターの一見、丁寧な応対の職員に、丸め込まれたりだまされちゃあ駄目ですよ」と何度かコメントを入れた徳島太郎です。

あの頃と比べると皆さん、ずいぶん問い合わせが上手になり、マニュアルを流暢に話す職員に騙されないよう、何重も聞き取りをするように変わったようですね。
皆さんや、ブログを見ている閲覧者さんが、もし徳島に、奈良の毒ガストラックが作動停止になったことを伝え、圧力をかけたいならアドバイスがあります。
徳島の保健所はすべて徳島県の運営です。

四国の愛媛県は松山市が、保健所を運営していますが、徳島は徳島市が保健所を持っていないので、すべて徳島県の運営です。
徳島県動物愛護管理センターの職員ですが、以前県庁にいて、皆さんが問い合わせをしていた、矢野さやかさんが、係長でいます。(たぶん)
もう1人、男性の係長がいますが、この人はかなり癖があり手強いですよ。
口調もおだやかな職員ではないので、電話するなら矢野さんを指名した方が話しやすい気がします。
その他の職員は、あまり頼りにならないようです。
矢野さんか、気合いをいれて、癖のある男性の係長を指名するといいと思います。

所長を出してもらう手もありますが、
基本的に電話や来所で所長を指名されても、最後の砦である所長は絶対に出さないという暗黙のルールがあるようです。
どんなに頑張っても出てこないと思います。

ところで、奈良市はニュース奈良の声の浅野さんが、走る毒ガストラックとは書けず、移動式処分装置と書き、地下の殺処分予定の犬猫たちがいる部署の表示を、入り口案内板に書くよう求め活動されていたけど、やはり皆さんの調査や、職員の名前付きで話した内容をブログで全て書かれ、ツイートで流された事が奈良への非難を集め、毒ガストラックを作動停止に追い込んだ要因だと思います。

ただ奈良県動物愛護センターに、犬猫殺処分を委託できるという抜け道があります。

徳島県はそのような抜け道がないので、毒ガストラックの停止は 奈良市の何倍も難しいと思います。
現在の徳島県動物愛護管理センターを建設する際、地元の神山町住民に、神山町で殺処分をすることに反対されたため、走る毒ガストラック内で殺すようなった経緯があります。
県西部の三好市に処分場(ゴミ )があり、そこへ行く道中で殺処分することにより、どこの住民にも了解を得る必要がないというカラクリです。

走る毒ガストラックを徳島県民全員に広く周知、了解を得ていないところは、動物愛護の面から指摘できるかもしれませんが、廃止はむつかしいと思います。

しかし奈良市の毒ガストラックのように、広く徳島県人や全国の動物愛護の人達に知ってもらうことは必要だと思います。

奈良市はぐくみセンター生活衛生課にインタビュー♪

皆さんお元気ですか?いつもブログや、パトロール活動おつかれさまです。
私も何かお役に立てればとドキドキしながら電話しましたが、花粉+中国からの大気汚染の影響??のせいで、喉の痛いし涙は止めどなく流れるし、鼻は粘土詰められたみたいになって思考回路停止気味。頭がボッーとしたままのせいもあり大事なことが聞けてないかも(^-^;どうぞお許しを…
奈良市はぐくみセンター生活衛生課0742-93-8395 2月27日10:45
名前を名乗り、移動式殺処分(毒ガストラック殺処分)をやめることについてお話を伺いたいと切り出すと、中川さんという女性から鈴木さんと名乗る40~50歳くらいの男性に電話を回されました。 まず、ヨイショ(^o^)v
すばらしい決定をされたことにお礼を言い誉め、四国にも同じようなトラックがあるので、参考にさせていただきたいと言うと、鈴木さんは嬉しかったのか軽快にたくさんお話をしてくださいました(^ー^)
(鈴木)
今までやむを得ない状況で、移動式での炭酸ガスによる処分をしていた経緯があったのですが、それは良くないことと常々思っておりましたので、それを解消するために県にお願いして今回の決定に至った次第です。

(あれ?同僚女性カナイさんは、「1日4時間以上、留守にする家に譲渡するくらいなら殺処分された方が犬猫も幸せ」とロボットみたいに冷たく言いはなっていましたが…
毒ガストラック殺処分は、良くないと思ってたんだ…
私)
良くないと思われたのは、職員の方ですか?市民の声ですか?

(鈴木)
両方ですね。職員の方も改善を考えていましたし、(改善するつもりはないと言いはなっていましたが、そのあと、ツイッターで公務中のロボット発言が実名入りで、全国の閲覧者さん達に、拡散されて非難が集まったから、ロボット発言を変えてきたのかな)
市民の方からも『考えてほしい』といった内容の意見がありましたし。

(私)
施行はいつからですか?

(鈴木)
まだ完全決定ではないのですが、ほぼ決定で今春からの施行の予定です。
(私)
では、今まで処分に関わっていた職員や獣医(ロボットのような冷たいカナイ女獣医さん等)はこれからどうなるのですか?

(鈴木)
処遇につきましてはですね、保護
(?綺麗な言葉でごまかしましたが、愛媛県松山市保健所の、木村獣医の飾り言葉と同じく、捕獲→殺処分まで保護と言うのと同じで市民を騙せます)であったり負傷動物であったり、また譲渡の方も勧めていかないといけませんし、そういった形で考えていきたいと思ってます。(奈良市は全国でも山口県防府市と並び、殺処分に積極的で譲渡などゼロに近かった実積なのに?)

(私)
これまで使っていた処分用の車(毒ガストラック)ですが、高額であったと聞いてますが、どこかに売ったり譲ったりという計画はありますか?

(鈴木)
そのままで使うのは難しいと思いますので、器具を外して車だけを売れないかと検討はしていますが、まだ決定ではないですね。

(私)
そうですか。わかりました。では話しは戻りますが、犬猫引き取り業務ですが、窓口は今まで通り市がおこなって、処分だけを県に委託するということですね。
(鈴木)
やってることは同じですが、噴霧器(移動式殺処分つまり毒ガストラック)をやめて県に殺処分だけを委託します。

(私)
ネットニュースによると、年2000万円×5年 それとは別に720万円とありましたが、何を基準に出た金額ですか?

(鈴木)
720万円はですね、1頭あたりにかかる殺処分費用に、年間予想として500頭を計算しての金額です。(つまり、毒ガスで苦しめ窒息死させるのに1頭、14400円?
これも、毒ガストラックの一台4700万を越える代金と、私達が新車トラックに毒ガス設備や防音装置を付けた見積りをトラック業者にお願いすると1300~1400万円の実費、つまり3300~3400万円の開きがあり市長か職員、また毒ガストラック業者の誰か達が
毒ガストラック購入時の差額3000万円以上をを懐に入れた疑惑があるみたい。
(育みセンター建設時の賄賂職員は逮捕済みのようだけど、今度も犬猫を殺処分業務することで、税金をフトコロに内緒で入れる疑惑の金額設定があるかもね
)、
2000万円というのは、県の愛護センター施設周辺の整備の費用を、県と市と愛護センターの3者で出して行こうと話し合いで決定したものです。(税金垂れ流し流用の臭いが…におう…)

(私)
では、今回の処分を県に委託することをお願いしたのは、市の方ですか?それとも施設周辺整備の費用を出してもらいたいとする県の希望だったのですか?
(鈴木)
それは奈良市の方からのお願いでした。

(私)
2000万×5年=1億円 一般人の私からみると、1億の大金があれば、年間4~500頭程度の動物を救う方法があるのではと思うのですが、奈良市ではそういう考えには至らなかったのですか?

(鈴木)
2000万の部分に関しましては周辺整備のために使われますが、720万に関しましては、あくまでも私の個人的な意見ではありますが、その部分を例えば虚勢避妊に使えないかと、すぐにとは参りませんが、検討事項と考えてます。 <鈴木さん、なぜか急に早口になり焦りの雰囲気でまくしたてるように、たくさん言葉を話されたので、要点をまとめました。
触れられたくない部分だったかな(^^)d>
(私)
では500頭で720万円。つまりこの数が減れば経費も減るんですね。

(鈴木)
おっしゃるとおりです。また譲渡の数を増やせればと考えてます。

(私)
譲渡ですが、年間5頭とホームページに載っていましたが、他と比べてかなり少ないと思うのですが…

(鈴木)
奈良市では譲渡の条件を厳しく設けてありますが、子犬はやはり5時間以上留守をする家庭にはむずかしいのですが、成犬などでは条件を緩める方向も検討して譲渡を広げていきたいと考えております。

(私?4時間ルールが5時間になってる(^^)vかなりいい加減で慌てている証拠)
わかりました。
…とお礼をいいかけると割って入ってきて
(鈴木)
おたくさんの自治体さんも、車でやる(殺す)っていうのは良くないというのはわかっているけど、なんらかの仕方ない事情で今の業務を続けてはる思うんです。<マニュアルでない自信の言葉だからか、突然奈良弁まじりのイントネーション>
(私)
では、それを変えるために私たちにできることって何かありますか?

(鈴木)
やはり自治体さんの事情などもよく聞いてあげて、その事情を解消できることを協力していくことじゃないでしょうか。

移動式殺処分装置って分かりにくい言い回しじゃなく、スパって犬達のSOSに【走る毒ガストラック】と書かれ、職員獣医が答えた冷たい回答を実名入りで書かれ、ツイッターでも騒がれた事が致命傷だったんでしょうに。
騒がれるまで動かなかったのはどなたかしら?
よう~くお礼を述べ、譲渡に力を入れてもらえるようお願いし電話を切りました。
感想として、苦情電話の対応をしてきて鍛えられたであろうマニュアル部分(きれいゴト)もありますが、鈴木さんは今まで問い合わせや嘆願に出た職員さんよりは、人間味や優しさを感じましたね。
抗議や非難対策用に選ばれた職員さんなのかな

奈良県の動物愛護センターへ問い合わせしましたσ(^_^;

2月27日15時半、奈良県動物愛護センター0745-83-2631へ問い合わせしました。
対応は、獣医師の、ふしみさん(男性)でした。
余談ですが、愛をまといたいさんのコメントにあったのと同じように、自ら名乗ることはなかったです。やましいことをしているから公務員の名前の開示義務がすぐできないのかな…上司が挨拶しない人なのかな…

奈良市の走る毒ガス殺処分トラックが廃止になるのは、本当です。
平成25年4月から、奈良市の毒ガス殺処分トラックは廃止となり、奈良市で殺処分される予定の年間約400頭の犬猫たちは、奈良県の動物愛護センターで、殺処分となります。(桔梗さんが伺った500匹計算より、百匹少ないまま殺処分予算は720万円のまま。
ということは、一匹14400円の殺処分計算が18000円計算なわけはないから、この概算だけでも40万円が宙に浮き誰かのフトコロや飲み代なのかな?
犬猫を殺す毒ガストラックを実費の3、5倍で税金で買って、差額を誰か達がフトコロに入れたとすると、殺処分業務で税金ピンはねで裏金儲けが繰り返しなのかな?
安楽死の麻酔代って一匹あたり14400円とか18000円もするわけないし、飼い主の飼育放棄なら飼い主から引き取り(殺処分)代ももらってるし?(*_*)?)
殺処分の方法は、麻酔薬注射による安楽死で、現在は、2日に1回ペースで約5~6頭(言いづらそうに年間約1700頭ほどと言われました。)が殺処分されているそうです(>_< )
獣医師さんは、6名で、奈良市からの動物が増えても、獣医師さんの数は変わらない予定です。
殺処分方法も、『現在の麻酔薬注射を行い、二酸化炭素ガスを使う予定はありません。』とはっきり言われました。
また、奈良市で殺処分場を新たに作る予定はないそうです。

しかし、残念なことに、奈良市から送られてくる犬猫たちは、譲渡に回ることなく殺処分されます。
理由は、『奈良市で返還や譲渡をして、最終的に殺処分の対象となった犬猫が奈良県の動物愛護センターへ連れてこられるので、奈良市と奈良県の譲渡条件が同じだから、もう一度譲渡にまわすことはしない。』と言われました。
(のん)『動物愛護法では、殺処分される犬猫をなくし、1匹でも多くの犬猫たちを譲渡すべきとありますよね?どうか、奈良市からの犬猫たちも譲渡の対象にしてください。』とお願いしましたが、(ふしみさん)『まだ、やってみないと…』と曖昧な返事でした。

譲渡条件について、(のん)『4時間以上家を空ける人は、対象外とありますが、厳しすぎるのではないでしょうか?』(ふしみさん)『条件によっては対象にすることにしています。』と。
また、(のん)『15年以内に、譲渡されている方も対象外になっていますが、飼っていた動物が亡くなってしまったら譲渡は可能ですか?』との質問に、(ふしみさん)『亡くなってしまって(犬猫が)いない場合は、可能です。』と返答されました。
(のん)『譲渡が可能ならば、それも条件の中に書きこんでください。』とお願いすると、(ふしみさん)『やってみます。』と言われました

4月からなので、やってみないとわからないことも、多々あると思いますが、毒ガストラックから、麻酔薬注射に変わることは、大きいかなと感じます。あとは、動物愛護法を守り、引き取り数を減らし、返還や譲渡数をもっと増やして、1匹でも多く犬猫たちの命を助けて欲しいです。
SOSブログの方たちの嘆願電話で、意識が少しは変わったのではないかな?と思える対応を、ふしみさんにはしてもらいました。
でも…飼い主からの殺処分依頼の引き取り料ももらい、高額すぎる麻酔代… またまたのん!騙されちゃいけない!

毒ガストラックを今年4月1日から作動停止予定の奈良市保健所・教育総合センターの回答~第一弾

ミーママ、皆さん、こんばんは
奈良市の犬猫を殺処分する走る毒ガストラック兵器のことを、ブログでは犬達のSOSが中心になり、一昨年前から現地取材内容や、メンバーが撮った毒ガストラック内部写真や、電話嘆願内容を定期的に記事に出し、またそれらがツイっターや、他のブログ等で貼り付けされ拡散されていましたが、とうとう作動停止に追い込まれたことが今、広まっています。

【2011年7月29日 マグナムエミさんが奈良市保健所に単独取材に行かれました】
その時のコメントが以下のブログに記載されています
http://blog.livedoor.jp/happiness5825-happiness/archives/19312568.html
犬達のSOS 元レディースマグナムエミ編

【2011.8.29に、高知、松山隊が奈良へ取材に行った記事です。】
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-128.htm

本日2月27日、奈良市保健所・教育総合センターの生活衛生課(0742-93-8395)に、午前10時10分に電話しました。

私は大きく次の三つを質問しました。
①殺処分トラック廃止の開始時期
②廃止することになった経緯等
③殺処分を減らしていくための今後の活動方針

生活衛生課の田中さん(男性)が答えてくれました。

①の廃止時期について
「断言はできないが、今年春、平成25年4月1日以降からやめることになりました。」と答えました。
【断言はできないが】という言葉が付きましたが、田中さんとの話の中で、トラックが廃止になるのは、ほぼ決まっていると言えると思います。

②の廃止理由について
「廃止理由は、やはり市民の皆さんの心配の声や、お電話をいただいて、これはどうにかしないと…と、思いました。」
(あまり広がらなかった朝日新聞の、犬猫殺処分トラックの取材後、走る毒ガストラックと、はっきり書いて電話嘆願もたくさんしてきて拡散もあった犬達のSOSと、移動式殺処分装置と書いてきたニュース奈良の声の浅野さんにより、全国や奈良市民も隠されていた毒ガストラックの存在を知ったようです)

②'のトラック導入と廃止の経緯について
「〈中核市〉になれば殺処分も自分たちで行うと決まっているので、平成14に奈良市が中核市になり、殺処分する施設を作るのか、建設費や維持費の問題もあり、引き続き県にお願いするか、どうするかで県と交渉していました。
平成18年か19年からトラックで処分が始まりましたが、この方法を続けるかどうかも検討していました。」

【トラックを続けるか否かの検討】は、処分場を市で作るか、県に処分を頼むか、などと絡んでくる金銭問題からくるものだと思います。
そして、検討している中で、電話など色々な嘆願や非難の声があがって…の廃止のようですね。


③の殺処分を減らしていくためには、『譲渡事業に力を入れよう、そのためには譲渡する条件をゆるめるなどの改善しよう』と、担当者レベルですが、話し合っているそうです。
(これも犬達のSOSが以上に多すぎ、厳しすぎる奈良の譲渡条件を聞き取りをし、職員の考え、また職員名もきちんと明記しブログに載せ、それが全国に拡散されました)
例えば、《3,4時間家を空ける人には譲渡しないとなっているのを、仕事などでそれ以上家を空ける人には、赤ちゃんみたいな仔犬は譲渡できないが、2,3歳くらいの犬なら譲渡してもいい》→4時間ルールの非難が上がり改善に追い込まれたようです(^-^)v

《犬の鳴き声の問題(ご近所関係)から、原則・絶対室内飼いとしているが、犬の性格や飼う人の家の地理的環境を見て、原則をゆるめていこう》などです。

最後に田中さん自らが、「殺処分を減らすために、譲渡を引き受けてくださる方の門戸を広げるために、条件見直しなどもしていこうと思いますし、周りに犬が欲しいなぁという方がいらっしゃれば、譲渡希望の申請・登録をしていただけるよう言ってくださればありがたいです。」と言いました。

トラック作動停止予定とはいえ、殺処分が0になったわけではないのですよね。動物の命も私たちと一緒の重さだと、皆がわかってくれるといいなぁと思います。

毒ガストラックを今年4月1日から作動停止予定について、桜井保健所動物愛護センターの回答~第二弾

奈良市の教育総合センター(略名ははぐくみみセンター*全然はぐくんでない嘘っぽい名前を付けないでね)
地下の毒ガストラック廃止により、奈良市の殺処分を引き受ける、奈良県桜井保健所動物愛護センターに電話したら、分かる者が会議に出払っているから分からないと言われました。

ごとうさん(女性)は職員なのに分からないとか、県と市は違う行政なのでとか言うので、「奈良市は県とも交渉して決めることもあると言っていましたが、?」と聞いても分からないととのことでした。
いつもの奈良の殺処分公務員の超感じ悪さ出ました~。
今日の奈良市の方の殺処分担当課の職員が、感じが良かったから、批判で変わったんだな~なんて嬉しく思ったのもつかの間、公務員の癖に女性の後藤さんは、私の名前だけ感じ悪く聞き、私が女性職員の名前を聞くとやっと後藤と公務中、名前を名乗りました。
公務員は公務中名前の着用義務と開示義務があるはずですが、奈良県動物愛護センターは相変わらず、守らない職員が多いです。
また以前も皆さんが問い合わせ後に、感想を書いていたのと同じでロボット職員みたいでした。

ちなみに、奈良市の動物を収容する場所は、今後も奈良市保健所・教育総合センター地下にある動物管理施設で、そこから県の処分施設に運ぶと言っていました。

徳島県の捕獲方法と殺処分方法

こんにちは。以前もコメントを入れた徳島太郎です。
僕は動物のことについて調べていた訳ではないですが、徳島県庁を調べているうちに一昨年、犬達のSOSさんの独自の活動を知り、徳島県人として一年間で知り得た情報を寄せます。FC2社会部門ランキング一位の貴方たちブログから徳島県人も知らないドリームカー(毒ガストラック)を全国に知らせてもらいたいと思います。

実は、以前に徳島県保健所職員達が、野良犬を捕獲するところを見たことがあります。

作業服を着た数名の男性が、先端を輪にしたワイヤーを片手に持って野良犬を追いかけ、そのワイヤーの輪の部分を犬の首にひっかけて捕獲していました。

驚いた覚えがあります。


また、徳島県保健所、徳島県動物愛護管理センター所有の通称ドリームカーなる毒ガストラックについてです。

この度、奈良市の毒ガストラックが作動停止になったようです。

奈良市の場合、毒ガストラックを停止しても、奈良県に殺処分を委託するという抜け道がありますが、徳島県ではそのような抜け道がないので、毒ガストラックの停止は、奈良市の何倍も難しいだろう。

現在の徳島県動物愛護管理センターを建設する際、地元の神山町住民に、神山町で殺処分をすることに反対されたため、走る毒ガストラック内で殺すようになった経緯があります。
県西部の三好市にある処分場へ行く道中で殺処分することにより、どこの住民にも了解を得る必要がないと考えたのでは?
住民に了解を得る必要がないのをいいことに、広く県民に周知することもしていないのではないか?
現に、徳島県人の自分もセンターに収容された犬猫が、ドリームカー(毒ガストラック)内で三好市に行く道中、殺されていることを、調べるまで知らなかった。
飼い犬や飼い猫を持ち込んだ飼い主も、こうやって殺処分することを職員たちに知らされているのだろうか?
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR