犬達のSOS☆毒ガストラックを今年4月1日から作動停止予定の奈良市保健所・教育総合センター(はぐくみセンター)と奈良県桜井保健所動物愛護センターの回答2013年3月1日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。
QRコード2 

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして、ランキングのご協力をお願いします

花ポリイラスト (小)002 

2013-02-28 愛をまといたいさんコメントです。
毒ガストラックを今年4月1日から作動停止予定の奈良市保健所・教育総合センターの回答~第一弾

ミーママ、皆さん、こんばんは
奈良市の犬猫を殺処分する走る毒ガストラック兵器のことを、ブログでは犬達のSOSが中心になり、一昨年前から現地取材内容や、メンバーが撮った毒ガストラック内部写真や、電話嘆願内容を定期的に記事に出し、またそれらがツイっターや、他のブログ等で貼り付けされ拡散されていましたが、とうとう作動停止に追い込まれたことが今、広まっています。

【2011年7月29日 マグナムエミさんが奈良市保健所に単独取材に行かれました】
その時のコメントが以下のブログに記載されています
blog.livedoor.jp/happiness5825-happiness/archives/19312568.html
犬達のSOS 元レディースマグナムエミ編

【2011.8.29に、高知、松山隊が奈良へ取材に行った記事です。】
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-128.htm

5_20130114211339.jpg 

本日2月27日、奈良市保健所・教育総合センターの生活衛生課(0742-93-8395)に、午前10時10分に電話しました。

私は大きく次の三つを質問しました。
①殺処分トラック廃止の開始時期
②廃止することになった経緯等
③殺処分を減らしていくための今後の活動方針

生活衛生課の田中さん(男性)が答えてくれました。

①の廃止時期について
「断言はできないが、今年春、平成25年4月1日以降からやめることになりました。」と答えました。
【断言はできないが】という言葉が付きましたが、田中さんとの話の中で、トラックが廃止になるのは、ほぼ決まっていると言えると思います。

②の廃止理由について
「廃止理由は、やはり市民の皆さんの心配の声や、お電話をいただいて、これはどうにかしないと…と、思いました。」
(あまり広がらなかった朝日新聞の、犬猫殺処分トラックの取材後、走る毒ガストラックと、はっきり書いて電話嘆願もたくさんしてきて拡散もあった犬達のSOSと、移動式殺処分装置と書いてきたニュース奈良の声の浅野さんにより、全国や奈良市民も隠されていた毒ガストラックの存在を知ったようです)

②'のトラック導入と廃止の経緯について
「〈中核市〉になれば殺処分も自分たちで行うと決まっているので、平成14に奈良市が中核市になり、殺処分する施設を作るのか、建設費や維持費の問題もあり、引き続き県にお願いするか、どうするかで県と交渉していました。
平成18年か19年からトラックで処分が始まりましたが、この方法を続けるかどうかも検討していました。」

【トラックを続けるか否かの検討】は、処分場を市で作るか、県に処分を頼むか、などと絡んでくる金銭問題からくるものだと思います。
そして、検討している中で、電話など色々な嘆願や非難の声があがって…の廃止のようですね。

pa-012.jpg

③の殺処分を減らしていくためには、『譲渡事業に力を入れよう、そのためには譲渡する条件をゆるめるなどの改善しよう』と、担当者レベルですが、話し合っているそうです。
(これも犬達のSOSが、異常に多すぎ厳しすぎる奈良の譲渡条件を聞き取りをし、職員の考え、また職員名もきちんと明記しブログに載せ、それが全国に拡散されました)
例えば、《3,4時間家を空ける人には譲渡しないとなっているのを、仕事などでそれ以上家を空ける人には、赤ちゃんみたいな仔犬は譲渡できないが、2,3歳くらいの犬なら譲渡してもいい》→4時間ルールの非難が上がり改善に追い込まれたようです(^-^)v

《犬の鳴き声の問題(ご近所関係)から、原則・絶対室内飼いとしているが、犬の性格や飼う人の家の地理的環境を見て、原則をゆるめていこう》などです。

最後に田中さん自らが、「殺処分を減らすために、譲渡を引き受けてくださる方の門戸を広げるために、条件見直しなどもしていこうと思いますし、周りに犬が欲しいなぁという方がいらっしゃれば、譲渡希望の申請・登録をしていただけるよう言ってくださればありがたいです。」と言いました。

トラック作動停止予定とはいえ、殺処分が0になったわけではないのですよね。動物の命も私たちと一緒の重さだと、皆がわかってくれるといいなぁと思います。

pa-006.jpg 

毒ガストラックを今年4月1日から作動停止予定について、桜井保健所動物愛護センターの回答~第二弾

奈良市の教育総合センター(略名ははぐくみみセンター*全然はぐくんでない嘘っぽい名前を付けないでね)
地下の毒ガストラック廃止により、奈良市の殺処分を引き受ける、奈良県桜井保健所動物愛護センターに電話したら、分かる者が会議に出払っているから分からないと言われました。

ごとうさん(女性)は職員なのに分からないとか、県と市は違う行政なのでとか言うので、「奈良市は県とも交渉して決めることもあると言っていましたが、?」と聞いても分からないととのことでした。
いつもの奈良の殺処分公務員の超感じ悪さ出ました~。

今日の奈良市の方の殺処分担当課の職員が、感じが良かったから、批判で変わったんだな~なんて嬉しく思ったのもつかの間、公務員の癖に女性の後藤さんは、私の名前だけ感じ悪く聞き、私が女性職員の名前を聞くとやっと後藤と公務中、名前を名乗りました。

公務員は公務中名前の着用義務と開示義務があるはずですが、奈良県動物愛護センターは相変わらず、守らない職員が多いです。
また以前も皆さんが問い合わせ後に、感想を書いていたのと同じでロボット職員みたいでした。

ちなみに、奈良市の動物を収容する場所は、今後も奈良市保健所・教育総合センター地下にある動物管理施設で、そこから県の処分施設に運ぶと言っていました。

6_20130114211338.jpg  

 

【ランキング協力お願い】
画面左上にある【FC2ランキングボタン】【日本ブログ村ランキングボタン】2つともクリックしてください。
クリックするとランキングサイト(FC2,日本ブログ村)にアクセスされ、INポイントが「犬達のSOS」に加算されます。
また、ランキングサイトに表示されている「犬達のSOS」をクリックすると、OUTポイントが加算されます。
ポイントが加算されると、ランキングが上がりますので、ご協力をお願いします。

【コメント投稿のご案内】
各記事ごとにコメントを投稿出来ます。
下記の手順でお願い致します。
★パソコンからの場合★
①画面左側にある最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事を選び、クリックします。
②記事の下に、コメント記入欄が出てきます。
(コメント記入欄が、出てこない場合は、記事の下の【コメント】のところをクリックしてください。)
③コメント記入欄に入力します。
★名前
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です(無記入でもいいです)
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、送信をクリックして、投稿完了です。
☆「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信すると、ブログ管理者にしかコメントが表示されず、ブログ上にコメントが表示されなくなります。
⑤投稿完了画面が出たら、終了です。

★携帯電話からの場合★
①最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事をクリックします。
②記事の下に【コメントを書く】があります。
そこをクリックするとコメント記入欄が出てきます。
③コメント記入欄に入力します。
★ニックネーム
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です。
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、「公開コメント」にして、投稿するをクリックして、投稿完了です。
☆「管理者への秘密のコメント」にすると、管理者にしかコメントが表示されず、コメントがブログ上に表示されなくなります。
⑤投稿完了画面がでたら終了です。

※公開コメント場合、入力した内容はすべてブログ上に表示されますので、メールアドレスなどを記載する場合は十分にご配慮ください。
※上記の手順で投稿してもエラー等になり投稿できない場合がありましたら、再度トライしてみてください。

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

野良猫の無料避妊手術の嘆願~九州編①~

ブログの皆さまこんにちはi-1

以前から各地行政に要望している野良猫の無料避妊手術を、九州の保健所を有する17の自治体に新たに嘆願しましたので報告しますe-420

ややこしいですが同じ県でも、県の職員の考え方と、市の職員の考え方や、同じ県内のいくつかの市役所でも考え方、取り組みが違うようです。

ちなみに、これまで関西・中国・四国の自治体への嘆願結果はこちらe-30です。

http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-290.html

http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

e-418嘆願内容

自治体動物愛護担当者 様

 動物愛護のために日々努力していただき、ありがとうございます。

 私は「犬達のSOS」というブログを読んでおり、動物愛護について考えさせられている主婦で乳幼児の母親です。

 今日は、野良猫の無料避妊手術をしていただきたくメールしました。

 以前に私が調べたところ、千葉市、京都市、福岡市では野良猫の無料避妊手術の取り組みがあることを知りました。

 京都市は、H22年度から「まちねこ活動」と称し、「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」における「地域猫」活動を行っていて、地域で3名以上の活動者と町内会等の理解がある地域を認定し、その地域の猫の避妊手術を獣医師会が無料でしているそうです。京都市は「まちねこ活動」の予算はないのに、手持ちの予算と、住民、企業などのボランティアの協力を仰ぎ活動されています。効果として、野良猫のエサやり、糞尿、発情期の鳴き声等の苦情件数は目に見えて減っており、地域の方々の理解も深まり、まちねこ活動の認定地域も増加しているそうです。殺処分数も数年後には格段に減るのではないでしょうか。

 私の町ではお腹以外はガリガリに痩せた野良の母犬を見かけます。

 私も初めての出産したばかりですので、妊娠中はどれだけお腹が空くか経験し、また母乳が出ることがどれだけ赤ちゃんと母親にとっ必要か我が身を持って知りました。

 私の町の母犬は、産後も自分は食べず、探したご飯を子犬にあげています。妊娠中も産後も人間と同じように食欲もハンパでないはずなのに、食べられないのはどんなにツラいことでしょうか。また、産後に食べないとお乳が出ず、子犬に飲ませてあげられないのは、本当にツラいことです。
 こんなふうに何度も妊娠し、1人で子犬を育てている姿が痛々しくて、せっかく生まれてきた命が殺処分だけさせられるのは辛いです。避妊手術を受けさせてあげたいと思っています。

 同じような境遇の野良犬や野良猫は全国にどれくらいいるかと思うと、京都市のような「まちねこ活動」が全国にできたらいいなと思いました。

 そこで、昨年末に、関西・中国・四国の保健所を設置する30の自治体に地域猫の無料避妊手術の嘆願をしました。

 その結果、26の自治体から回答をいただきました。
 すでに島根県と大阪府が地域猫の無料避妊手術を実施していました。

 島根県では指定された地域の野良猫ちゃんを県の施設で避妊手術し元の場所に戻すという取り組みをしているそうです。

 この取り組みを知るまでは、地域猫の取り組みは京都市や千代田区のような都会や中核市でしか実施されていないと思っていました。また犬達のSOSを読むと自治体によっては『中核市や都会でないから地域猫制度はできない』と、はなから問い合わせや嘆願電話に逃げ姿勢で答えておられる職員さんもいました。

 全国的に地域猫活動は都会で盛んに行われ、逆に地方では地域猫活動はあまり行われていないと思います。しかし、島根県さんの取り組みを知り、どんな地域でもはなから無理だと諦めず努力すれば実現可能だと思いました。

 その他の詳しい結果(意見や批判も書いてます)は、犬達のSOSというブログで紹介しています。(1月6日にアップした記事2つを見てください)

記事名
「犬達のSOS地域猫制度について各役所からの回答(~)①、②」

犬達のSOSのURL
http://purin1378.blog.fc2.com/

 そこで要望ですが、貴自治体においても京都市の「まちねこ活動」のような野良猫の無料避妊手術を実地していただきたく要望します。現在、避妊手術費用の一部を助成されている場合も、無料でできるようにしてくだされば返って殺処分に関わる費用が減らされるし、道徳的文化的、教育的にも効果があると思われます。

 つきましては、「貴自治体における地域猫に関する今後の方針」をお聞かせください。

 すでに回答されている自治体の例を参考にして、ブログで批判しているような社交辞令な文章ではなく、具体的な内容のある回答にして頂きたく思います。

 また、貴自治体が実施している避妊手術助成金などの制度があれば、対象が野良猫か飼い猫か、いくら助成するのか、活動内容などを教えて頂けるようお願いします。
>

②につづく

野良猫の無料避妊手術の嘆願~九州編②~

e-418嘆願の結果、17の自治体うち15自治体から回答がありました。

e-416回答がなかったのは宮崎県と沖縄県です。
e-443宮崎県
宮崎県庁保健福祉部衛生管理課 0985-26-7077
e-443沖縄県
環境生活部動物愛護管理センター 098-945-3043

e-416また、回答が来ないので連絡し、やっと回答が来たのは以下の4ヶ所です。

e-444福岡県 
福岡県長保健医療介護部保健衛生課乳肉衛生係
092-643-3281
hoeisei@pref.fukuoka.lg.jp

e-444長崎市
長崎市市民健康部動物管理センター
095-844-2961
doukan@city.nagasaki.lg.jp

e-444鹿児島県
鹿児島県保健福祉部生活衛生課乳肉衛生係
099-286-2788
nyuniku@pref.kagoshima.lg.jp

e-444熊本県(野良猫を嫌っているような印象がある回答書でした)熊本県健康福祉部健康危機管理課乳肉衛生班
096-333-2248
kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp

e-418回答を読んでいて思ったことは、「関東と比べると、九州の一部自治体の職員達は、野良猫排除の気持ちが強い」ということでした。

また、野良猫の迷惑を書き、猫を嫌いな人の事を正当化したり(野良猫を嫌いな人には、毒餌をまいたり虐待者も多いと思いますが、その事にはふれていません)、職員自らも野良猫嫌いが、わかるような感情的な言い訳がましい長い回答が多かったです。

また前回の関西や中四国の自治体回答を、見ていたのか、防護用の理由を付け上手に逃げている自治体もあるよう思われました。

もちろん、現状を説明することは重要ですが、命の大切さを忘れ動物達の命を軽んじないことを願います。

さらに、福岡県久留米市、大分市や熊本県の回答にもありますが、野良猫への餌やりをしないよう啓発することが、正しいように考えているようです

特に久留米市ですが

【久留米市保健所衛生対策課の山口と申します。

野良猫対策について(忌避方法の案内や超音波撃退器の貸出し)等により対応しています

久留米市健康福祉部保健所衛生対策課
0942-30-9726
ho-eisei@city.kurume.fukuoka.jp】

という回答の一部があり、猫の撃退にも取り組んでいるようです。

学校で弱い児童に対するイジメや動物虐待等に広がらなければ良いな。と心配になりました。

ただ、関西中国四国に比べると、地域猫の活動や野良猫の避妊手術への助成がされているように感じました。

回答した職員の名前もきちんと書き、誠意がある大変丁寧な、回答をしたのは、
大分県や、佐賀県、長崎県の佐世保市、鹿児島市等の保健所生活衛生課(名称は少しずつ異なる)、
一ヶ所だけきちんと所長名まで書いていたのは、長崎市保健所でした。

本来は、代表の所長まで話が行った事がわかる所長名を書くのが、国民から質問や嘆願書が来た役所として、一番正しい書き方だと思いますが、言い訳がましく長々と、野良猫が嫌いなんだろうなと職員の感情が読み取れる回答文には、課の名称しか書かれてないものが多かったですね。

すごく誠意を感じた回答書の中で大分県の回答を代表として出しますね
【大分県
県では、平成20年3月に「大分県動物愛護管理推進計画」を策定し、「人と動物が愛情豊かに安心して暮らせる大分県をめざして」をテーマに様々な取り組みを展開しています。その推進計画では、「犬・猫の殺処分頭数を10年間で半減させる」(平成18年度殺処分頭数5327頭を2600頭に減少)ことを基本目標の1つに定めていますが、犬の殺処分頭数が減少している一方で、猫の殺処分頭数は横ばい状態で推移しているため、平成24年度から猫に関する新たな2つの事業を始めました。

 1つは動物管理所での「猫の譲渡会」の開催です。ご提案のように、せっかく生まれた猫の命が粗末に扱われることは、行政としても大変つらいことです。県では殺処分する前に飼い主を見つけようと、この会を開設しました。譲渡会で譲渡した猫については、再び子猫が捨て猫にならないように、1頭あたり飼い主の負担が、5千円で済む不妊手術の助成制度を、公益社団法人大分県獣医師会が実施しています。

 もう1つは県内各地域で発生している猫の問題の解決策を検討する「大分県ねこ対策協議会」の設置です。この協議会では、TNR活動(野良猫を保護して不妊手術を実施した後に、元の生活場場所に戻す活動)や地域猫活動(地域で生活している猫の餌やりや、糞の片づけ方法などについて、地域の合意形成を得たうえで不妊手術を実施する活動)が県内で広まるよう、地域猫に関するガイドラインの作成や県民に地域猫活動を知ってもらうための説明会の開催などを計画しています】

次は、15自治体の地域猫活動についての内容をまとめたものです。

e-41815自治体の活動内容

e-265地域猫制度をしている自治体
(()内は野良猫の避妊手術の実施状況)

e-266北九州市(動物愛護センターで無料避妊手術)
e-266熊本市(無料避妊手術を予算計上中)
e-266佐世保市(一部助成)
e-266鹿児島市(一部助成)
e-266長崎県(長崎県は助成なし、しかし、行政でない獣医師会が実施)
e-266長崎市(助成なし)

e-443地域猫制度を今時点ではしていない自治体

e-321福岡県久留米市
久留米市健康福祉部保健所衛生対策課
0942-30-9726
ho-eisei@city.kurume.fukuoka.jp

e-321大牟田市
大牟田市動物管理センター
0944-52-7493
t-misumi@city.omuta.lg.jp

e-321大分県
大分県庁食品安全・衛生課
097-506-3054

e-321大分市
大分市保健所衛生課動物愛護担当班
097-536-2567
eisei2@city.oita.oita.jp

e-321鹿児島県
鹿児島県保健福祉部生活衛生課乳肉衛生係
099-286-2788
nyuniku@pref.kagoshima.lg.jp

e-321福岡県
福岡県長保健医療介護部保健衛生課乳肉衛生係092-643-3281
hoeisei@pref.fukuoka.lg.jp

e-321佐賀県
佐賀県庁健康福祉本部生活衛生課動物愛護・乳肉衛生担当
0952-25-7077
seikatsueisei@pref.saga.lg.jp

e-321宮崎市
宮崎市健康管理部保健衛生課 0985-29-5283
10eisei@city.miyazaki.miyazaki.jp

e-321熊本県
熊本県健康福祉部健康危機管理課乳肉衛生班
096-333-2248
kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp


e-262野良猫が嫌いと文面から伝わり、保護しないなら餌やりをするな。という印象を受けた役所

e-321久留米市
久留米市健康福祉部保健所衛生対策課
0942-30-9726
ho-eisei@city.kurume.fukuoka.jp

e-321大分市
大分市保健所衛生課動物愛護担当班
(先ほど誠意のある回答例で出したのは大分県の方で、大分市の回答とは触診の考え方の違いかずいぶん違い、こちらには誠意や優しさを感じず、また回答した職員名も書いていません)
097-536-2567
eisei2@city.oita.oita.jp

e-321熊本県
熊本県庁健康危機管理課乳肉衛生班 096-333-2248
kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp


その他

譲渡される猫の避妊手術を実施しているところ

e-321福岡県
e-321大分県(一部費用負担要)
e-321大分市(一部費用負担要)

おはようございます(*^-^*)

いつもブログで気づき、感動、勇気パワーなどをたくさん頂いています(*^-^*)
(そして皆さんのコメントや活動を読ませて貰いながら自分は…と反省)

これからも応援しています( ^-^)ノ.:*:・'°☆

奈良県桜井保健所動物愛護センターの施設について

皆さん、こんにちは(=゜-゜)(=。_。)
いつもお疲れ様です☆

今回、「奈良県桜井保健所動物愛護センター」と「うだアニマルパーク」について調べてみました。

☆奈良県桜井保健所動物愛護センター

(このセンターは、うだアニマルパーク内に設置してあります。)

郵便番号 633-2112

住所 奈良県宇陀市大宇陀小附89(名阪国道福住ICより19km 車で30分)

施設概要

敷地面積     
約8806平方メートル

建物延床面積   
約1322平方メートル

北棟   (事務室、会議室、動物飼養エリアなど)

南棟   (収容動物の保護室、臨床エリア、動物の安楽死、焼却設備など)

屋外施設   (動物の運動やしつけを行う動物訓練広場など)

平成14年度    うだアニマルパーク 基本構造策定

(県畜産技術センターの敷地再整備事業である同構造の一環として動物愛護センターの建設を計画。)

平成15年度     動物愛護センターの設計、工事に着手。

平成20年4月1日 動物愛護センターの施設供用開始

平成20年4月25日 うだアニマルパーク開園

※業務内容
通常業務
(職員勤務時間帯)平日8時30分~17時15分

野犬などの捕獲、犬猫の引き取り、犬猫の保護、収容、保管、飼い主に対しての返還、譲渡、犬猫(子犬、子猫含む)の殺処分、動物由来感染症対策、相談、指導、啓発


☆うだアニマルパーク

動物学習館、ふれあい広場、遊具広場、イベント開催

☆現在、奈良市保健所教育総合センターでは、毒ガストラックを走らせながら犬猫の殺処分を行なっています。

しかし、毒ガストラックは嬉しい朗報により、平成25年4月、奈良県桜井保健所動物愛護センターへ委託するとともに、作業停止されるそうです。

でも、今でも実施されている奈良市保健所教育総合センターの犬猫の厳しい譲渡条件と同様、

《奈良県桜井保健所動物愛護センターにも、ほとんど同じ内容の厳しい譲渡条件があります。》

そのまま奈良県桜井保健所動物愛護センターへと継続されるそうです。

私は、奈良県内の里親希望の方々に対して、その厳しい譲渡条件を満たす人は限られると考え、誰もがその譲渡条件をみても、犬猫を殺処分にまわす為に、高いハードルを設定しているようにしか思えないのです。

譲渡希望者の中には、面倒な手順を踏むくらいなら、金銭面の負担があるだけで簡単に購入できる大型ペットショップなどを選択するのでは?と思います。

そんな奈良県桜井保健所動物愛護センターへ訪れる譲渡希望する人達は少なくなるでしょう。

なんだか県や市の自治体がペットショップやブリーダーで購入するよう誘導しているように思えるのは私だけでしょうか。

奈良県桜井保健所センターも、これから動物愛護法の改正に伴い、犬猫の殺処分を減らし譲渡に向けて道筋ができているのですから、奈良県の重要な拠点として、その動向に注目していきたいと思います。

島の恵さん、ありがとうございます。m(__)m

島の恵さん、出産後の体調はいかがですか?
お忙しい中、各地行政に野良猫の無料避妊手術の要請をしてくださり、今回は、九州の保健所を有する17の自治体へ嘆願されて、その結果をまとめてくださりありがとうございました。m(__)m

苦情を言ってくる猫嫌いの人たちの意見を聞いて、「野良猫は迷惑」と言う考え方でなく、野良猫達が生きて行けれるように、地域猫制度の取り組みを考えて頂きたいです。
また、地域猫制度の取り組みをしてくださっている所もあり、嬉しく思いました。
全国に、地域猫制度が広まっていきますように・・・
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR