犬達のSOS地域猫制度について各役所からの回答~九州編~該当する役所にもSOSブログの事を知らせています③2013年4月8日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。
QRコード2 

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして

ランキングのご協力をお願いします

2013-04-08
FC2ブログは、社会ランキング1位でした。 


2013-03-02 島の恵さんコメントです。
野良猫の無料避妊手術の嘆願~九州編~

ブログの皆さまこんにちはi-1

以前から各地行政に要望している野良猫の無料避妊手術を、九州の保健所を有する17の自治体に新たに嘆願しましたので報告しますe-420

ややこしいですが同じ県でも、県の職員の考え方と、市の職員の考え方や、同じ県内のいくつかの市役所でも考え方、取り組みが違うようです。

ちなみに、これまで関西・中国・四国の自治体への嘆願結果はこちらです。
     e-30
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-290.html
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-290.html

e-418嘆願内容

自治体動物愛護担当者 様

動物愛護のために日々努力していただき、ありがとうございます。

私は「犬達のSOS」というブログを読んでおり、動物愛護について考えさせられている主婦で乳幼児の母親です。
今日は、野良猫の無料避妊手術をしていただきたくメールしました。

以前に私が調べたところ、千葉市、京都市、福岡市では野良猫の無料避妊手術の取り組みがあることを知りました。

京都市は、H22年度から「まちねこ活動」と称し、「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」における「地域猫」活動を行っていて、地域で3名以上の活動者と町内会等の理解がある地域を認定し、その地域の猫の避妊手術を獣医師会が無料でしているそうです。京都市は「まちねこ活動」の予算はないのに、手持ちの予算と、住民、企業などのボランティアの協力を仰ぎ活動されています。効果として、野良猫のエサやり、糞尿、発情期の鳴き声等の苦情件数は目に見えて減っており、地域の方々の理解も深まり、まちねこ活動の認定地域も増加しているそうです。殺処分数も数年後には格段に減るのではないでしょうか。

私の町ではお腹以外はガリガリに痩せた野良の母犬を見かけます。
私も初めての出産したばかりですので、妊娠中はどれだけお腹が空くか経験し、また母乳が出ることがどれだけ赤ちゃんと母親にとっ必要か我が身を持って知りました。

私の町の母犬は、産後も自分は食べず、探したご飯を子犬にあげています。妊娠中も産後も人間と同じように食欲もハンパでないはずなのに、食べられないのはどんなにツラいことでしょうか。また、産後に食べないとお乳が出ず、子犬に飲ませてあげられないのは、本当にツラいことです。
 こんなふうに何度も妊娠し、1人で子犬を育てている姿が痛々しくて、せっかく生まれてきた命が殺処分だけさせられるのは辛いです。避妊手術を受けさせてあげたいと思っています。

同じような境遇の野良犬や野良猫は全国にどれくらいいるかと思うと、京都市のような「まちねこ活動」が全国にできたらいいなと思いました。

そこで、昨年末に、関西・中国・四国の保健所を設置する30の自治体に地域猫の無料避妊手術の嘆願をしました。

その結果、26の自治体から回答をいただきました。
すでに島根県と大阪府が地域猫の無料避妊手術を実施していました。

島根県では指定された地域の野良猫ちゃんを県の施設で避妊手術し元の場所に戻すという取り組みをしているそうです。

この取り組みを知るまでは、地域猫の取り組みは京都市や千代田区のような都会や中核市でしか実施されていないと思っていました。また犬達のSOSを読むと自治体によっては『中核市や都会でないから地域猫制度はできない』と、はなから問い合わせや嘆願電話に逃げ姿勢で答えておられる職員さんもいました。

全国的に地域猫活動は都会で盛んに行われ、逆に地方では地域猫活動はあまり行われていないと思います。しかし、島根県さんの取り組みを知り、どんな地域でもはなから無理だと諦めず努力すれば実現可能だと思いました。

その他の詳しい結果(意見や批判も書いてます)は、犬達のSOSというブログで紹介しています。(1月6日にアップした記事2つを見てください)

記事名
「犬達のSOS地域猫制度について各役所からの回答(~)①、②」

犬達のSOSのURL
purin1378.blog.fc2.com/

 そこで要望ですが、貴自治体においても京都市の「まちねこ活動」のような野良猫の無料避妊手術を実地していただきたく要望します。現在、避妊手術費用の一部を助成されている場合も、無料でできるようにしてくだされば返って殺処分に関わる費用が減らされるし、道徳的文化的、教育的にも効果があると思われます。

 つきましては、「貴自治体における地域猫に関する今後の方針」をお聞かせください。

 すでに回答されている自治体の例を参考にして、ブログで批判しているような社交辞令な文章ではなく、具体的な内容のある回答にして頂きたく思います。

 また、貴自治体が実施している避妊手術助成金などの制度があれば、対象が野良猫か飼い猫か、いくら助成するのか、活動内容などを教えて頂けるようお願いします。

e-418嘆願の結果、17の自治体うち15自治体から回答がありました。

e-416回答がなかったのは宮崎県と沖縄県です。
e-443宮崎県
宮崎県庁保健福祉部衛生管理課 0985-26-7077
e-443沖縄県
環境生活部動物愛護管理センター 098-945-3043

e-416また、回答が来ないので連絡し、やっと回答が来たのは以下の4ヶ所です。

e-444福岡県 
福岡県長保健医療介護部保健衛生課乳肉衛生係
092-643-3281
hoeisei@pref.fukuoka.lg.jp

e-444長崎市
長崎市市民健康部動物管理センター
095-844-2961
doukan@city.nagasaki.lg.jp

e-444鹿児島県
鹿児島県保健福祉部生活衛生課乳肉衛生係
099-286-2788
nyuniku@pref.kagoshima.lg.jp

e-444熊本県(野良猫を嫌っているような印象がある回答書でした)熊本県健康福祉部健康危機管理課乳肉衛生班
096-333-2248
kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp

e-418回答を読んでいて思ったことは、「関東と比べると、九州の一部自治体の職員達は、野良猫排除の気持ちが強い」ということでした。

また、野良猫の迷惑を書き、猫を嫌いな人の事を正当化したり(野良猫を嫌いな人には、毒餌をまいたり虐待者も多いと思いますが、その事にはふれていません)、職員自らも野良猫嫌いが、わかるような感情的な言い訳がましい長い回答が多かったです。

また前回の関西や中四国の自治体回答を、見ていたのか、防護用の理由を付け上手に逃げている自治体もあるよう思われました。

もちろん、現状を説明することは重要ですが、命の大切さを忘れ動物達の命を軽んじないことを願います。

さらに、福岡県久留米市、大分市や熊本県の回答にもありますが、野良猫への餌やりをしないよう啓発することが、正しいように考えているようです

特に久留米市ですが

【久留米市保健所衛生対策課の山口と申します。
野良猫対策について(忌避方法の案内や超音波撃退器の貸出し)等により対応しています

久留米市健康福祉部保健所衛生対策課
0942-30-9726
ho-eisei@city.kurume.fukuoka.jp】

という回答の一部があり、猫の撃退にも取り組んでいるようです。

学校で弱い児童に対するイジメや動物虐待等に広がらなければ良いな。と心配になりました。

ただ、関西中国四国に比べると、地域猫の活動や野良猫の避妊手術への助成がされているように感じました。

回答した職員の名前もきちんと書き、誠意がある大変丁寧な、回答をしたのは、
大分県や、佐賀県、長崎県の佐世保市、鹿児島市等の保健所生活衛生課(名称は少しずつ異なる)、
一ヶ所だけきちんと所長名まで書いていたのは、長崎市保健所でした。

本来は、代表の所長まで話が行った事がわかる所長名を書くのが、国民から質問や嘆願書が来た役所として、一番正しい書き方だと思いますが、言い訳がましく長々と、野良猫が嫌いなんだろうなと職員の感情が読み取れる回答文には、課の名称しか書かれてないものが多かったですね。

すごく誠意を感じた回答書の中で大分県の回答を代表として出しますね
【大分県
県では、平成20年3月に「大分県動物愛護管理推進計画」を策定し、「人と動物が愛情豊かに安心して暮らせる大分県をめざして」をテーマに様々な取り組みを展開しています。その推進計画では、「犬・猫の殺処分頭数を10年間で半減させる」(平成18年度殺処分頭数5327頭を2600頭に減少)ことを基本目標の1つに定めていますが、犬の殺処分頭数が減少している一方で、猫の殺処分頭数は横ばい状態で推移しているため、平成24年度から猫に関する新たな2つの事業を始めました。

 1つは動物管理所での「猫の譲渡会」の開催です。ご提案のように、せっかく生まれた猫の命が粗末に扱われることは、行政としても大変つらいことです。県では殺処分する前に飼い主を見つけようと、この会を開設しました。譲渡会で譲渡した猫については、再び子猫が捨て猫にならないように、1頭あたり飼い主の負担が、5千円で済む不妊手術の助成制度を、公益社団法人大分県獣医師会が実施しています。

 もう1つは県内各地域で発生している猫の問題の解決策を検討する「大分県ねこ対策協議会」の設置です。この協議会では、TNR活動(野良猫を保護して不妊手術を実施した後に、元の生活場場所に戻す活動)や地域猫活動(地域で生活している猫の餌やりや、糞の片づけ方法などについて、地域の合意形成を得たうえで不妊手術を実施する活動)が県内で広まるよう、地域猫に関するガイドラインの作成や県民に地域猫活動を知ってもらうための説明会の開催などを計画しています】

次は、15自治体の地域猫活動についての内容をまとめたものです。

e-41815自治体の活動内容

地域猫制度をしている自治体
(()内は野良猫の避妊手術の実施状況)

e-266北九州市(動物愛護センターで無料避妊手術)
e-266熊本市(無料避妊手術を予算計上中)
e-266佐世保市(一部助成)
e-266鹿児島市(一部助成)
e-266長崎県(長崎県は助成なし、しかし、行政でない獣医師会が実施)
e-266長崎市(助成なし)

e-443地域猫制度を今時点ではしていない自治体

e-321福岡県久留米市
久留米市健康福祉部保健所衛生対策課
0942-30-9726
ho-eisei@city.kurume.fukuoka.jp
e-321大牟田市
大牟田市動物管理センター
0944-52-7493
t-misumi@city.omuta.lg.jp
e-321大分県
大分県庁食品安全・衛生課
097-506-3054
e-321大分市
大分市保健所衛生課動物愛護担当班
097-536-2567
eisei2@city.oita.oita.jp
e-321鹿児島県
鹿児島県保健福祉部生活衛生課乳肉衛生係
099-286-2788
nyuniku@pref.kagoshima.lg.jp
e-321福岡県
福岡県長保健医療介護部保健衛生課乳肉衛生係092-643-3281
hoeisei@pref.fukuoka.lg.jp
e-321佐賀県
佐賀県庁健康福祉本部生活衛生課動物愛護・乳肉衛生担当
0952-25-7077
seikatsueisei@pref.saga.lg.jp
e-321宮崎市
宮崎市健康管理部保健衛生課 0985-29-5283
10eisei@city.miyazaki.miyazaki.jp
e-321熊本県
熊本県健康福祉部健康危機管理課乳肉衛生班
096-333-2248
kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp

e-262野良猫が嫌いと文面から伝わり、保護しないなら餌やりをするな。という印象を受けた役所

e-321久留米市
久留米市健康福祉部保健所衛生対策課
0942-30-9726
ho-eisei@city.kurume.fukuoka.jp
e-321大分市
大分市保健所衛生課動物愛護担当班
(先ほど誠意のある回答例で出したのは大分県の方で、大分市の回答とは触診の考え方の違いかずいぶん違い、こちらには誠意や優しさを感じず、また回答した職員名も書いていません)
097-536-2567
eisei2@city.oita.oita.jp
e-321熊本県
熊本県庁健康危機管理課乳肉衛生班 096-333-2248
kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp

その他
譲渡される猫の避妊手術を実施しているところ

e-321福岡県
e-321大分県(一部費用負担要)
e-321大分市(一部費用負担要) 
島の恵より



パトロール隊よりミーママダンススクールの生徒の皆様へ

こんにちは(*^_^*) 
野良ちゃん達に・・・とフードやカンパをいつもありがとうございます。e-420m(__)me-420
今日、野良ちゃんたちのキャットフードをたくさん購入させて頂きました。
野良ちゃん達に、届けさせて頂きますね。e-415

そして、カミカミするのが大好きで、電気製品のコードを噛んでしまう美和ちゃん家のマリリンに、ミーママさんから、「マリリンに骨ガムを買ってあげてね。」とアドバイスを頂いたので、骨ガムも購入させて頂きました。e-415

皆様、いつもあたたかいお気持ちをありがとうございます。e-420m(__)me-420

フード 

ランキング協力お願い】
画面左上にある【FC2ランキングボタン】【日本ブログ村ランキングボタン】2つともクリックしてください。
クリックするとランキングサイト(FC2,日本ブログ村)にアクセスされ、INポイントが「犬達のSOS」に加算されます。
また、ランキングサイトに表示されている「犬達のSOS」をクリックすると、OUTポイントが加算されます。
ポイントが加算されると、ランキングが上がりますので、ご協力をお願いします。

【コメント投稿のご案内】
各記事ごとにコメントを投稿出来ます。
下記の手順でお願い致します。
★パソコンからの場合★
①画面左側にある最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事を選び、クリックします。
②記事の下に、コメント記入欄が出てきます。
(コメント記入欄が、出てこない場合は、記事の下の【コメント】のところをクリックしてください。)
③コメント記入欄に入力します。
★名前
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です(無記入でもいいです)
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、送信をクリックして、投稿完了です。
☆「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信すると、ブログ管理者にしかコメントが表示されず、ブログ上にコメントが表示されなくなります。
⑤投稿完了画面が出たら、終了です。

★携帯電話からの場合★
①最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事をクリックします。
②記事の下に【コメントを書く】があります。
そこをクリックするとコメント記入欄が出てきます。
③コメント記入欄に入力します。
★ニックネーム
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です。
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、「公開コメント」にして、投稿するをクリックして、投稿完了です。
☆「管理者への秘密のコメント」にすると、管理者にしかコメントが表示されず、コメントがブログ上に表示されなくなります。
⑤投稿完了画面がでたら終了です。

※公開コメント場合、入力した内容はすべてブログ上に表示されますので、メールアドレスなどを記載する場合は十分にご配慮ください。
※上記の手順で投稿してもエラー等になり投稿できない場合がありましたら、再度トライしてみてください。

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

姫ちゃんが帰宅 ロンちゃん長い間ありがとう&エミちゃんに

ミーママです(*^_^*) ポカポカさん いつも春風のような暖かなコメントをありがとうございます(*^_^*)

またロンちゃん、ロンパパさん、子供さんたち、長い間、まるで人間の子供のように、姫ちゃんを家族で温かく世話してくださり本当にありがとうございました〈(_ _ヾ)〉
姫ちゃんが、2年2ヶ月前にショック状態で寝たきりになった原因…
愛媛県東温市、市役所・市民環境課の職員、近藤氏や渡部氏と、愛媛県の公務員の毒の得居格氏が、致死量睡眠薬餌を混ぜ食べさせた、ビーフの缶詰を姫ちゃんはずっと覚えていて、食べ物にはすごく慎重になり、ビーフ味は食べなくなっていました。
一年がかりで、やっと職員たちが着ていたナイロンジャンバーの、カシャカシャという音に似たナイロン袋の音でも震えなくなりました。
致死量睡眠薬餌を食べてフラフラになった姫ちゃんを、睡眠薬吹き矢でさらに追いかけた、得居格獣医たち男性公務員達を思いだすのか、男性を見ると震えていた姫ちゃんですが、ロンパパやロンちゃんの息子さんや、友達の声にも怯えなくなり、寝ていて夢にうなされ苦しそうに鳴き、目を覚まして周りをキョロキョロ見回すこともなくなり、牛肉の味がついたフードも警戒なく食べられるようになりました。
安心し食欲がでた姫ちゃんは、17キロから更に体重が増えました。

数ヶ月振りに姫ちゃんを見たロンファミリーは『姫ちゃん?太った?』とみんなが言いました(*^_^*)
虐待捕獲の際の、精神的な恐怖が半分くらい減ったためか、シュークリームが大好きな姫ちゃんは、ロンちゃんが食べさせてくれるスイーツも、モグモグ躊躇せず食べる食べる(*^_^*)

心因性から、ほとんど止まっていた生理も復活しました(公務員たちにされた虐待捕獲の毒症状で、ボロボロになった肝臓がやっと改善しはじめた今の姫ちゃんを、麻酔して避妊手術は出来ません)
ロンちゃんだけでなく、ロンパパや娘さんまで姫ちゃんが歩いた度にポタポタと床に落ちる血液を、怒ることもなく笑いながら拭いてくれました。
ロンちゃんは敷物を拭いたり、洗ったりにあけくれました。
それでも、ロンちゃんは家族の食事は作り仕事にも行き、動物ランドのような家の猫ちゃん達の世話もして、夜中は猫ちゃんママと、プリキュアエンジェルと記事編集をしてくれていました。

私が長期のレッスン旅から帰った時、ロンちゃんは『ミーママ、お帰りなさいo(^-^)o忙しすぎて3月はあまり姫ちゃんのそばにい続けてあげられなかったから、これから少し時間に余裕ができるからミーママ、もう少しロンは姫ちゃんといたいですo(^-^)o姫ちゃんはかわいい』と言ってくれました。
小さな子供たちが、猫ちゃんママと遊びに来て、姫ちゃんを見て大騒ぎして喜んだ時、姫ちゃんは初めて近くで見る人間の子供を、怖がり机の下に逃げてウンチまでお漏らししました。
それでもロンちゃんは、猫ちゃんママと笑顔でお掃除をしてくれました。

相変わらず地面に腹這いになってしかオシッコが出来ない姫ちゃんは、お腹をオシッコで、びしょびしょにしたまま、ロンちゃんのお部屋についている広いベランダでオシッコをした後お部屋に戻ってきます
(まだ外に出ると、震えてキョロキョロパニックになるので、外のお散歩は出来ません)
ロンちゃんだから、そんな姫ちゃんの身体をいとおしそうに、拭いてくれます。

姫ちゃんが何かの音に怯えたのかオシッコをしかけたまま、立ち上がりベランダからお部屋に戻ってきた事もあったとか…〈(_ _ヾ)〉
だれが、そんな手間のかかる姫ちゃんを喜んで『かわいいo(^-^)oかわいい』と言いながら預かって世話をしてくれるでしょうか…

今夜、迎えに行ったロンちゃん家は相変わらず綺麗で、ロンちゃんのお部屋もオシッコの匂いもなく、ロンちゃんが綺麗に、いつも姫ちゃんや敷物を拭いてくれているのがよくわかります。
おまけにタケノコを焚いたからとお裾分けを頂きました。
娘さんと息子さんもニコニコとお部屋に入ってきて、姫ちゃんは息子さんを見ても以前のように『人間の男の人怖い』とは怯えなくなっていました。

帰る時、姫ちゃんは『ロンちゃんのお家楽しかった
ミーお姉ちゃん(*^ー')姫はもっとロンちゃんの家にいたい』と言うように、初めてなかなか帰ろうとしませんでした。
また外に出るのを怖がり、ウンチのお漏らしをロンちゃんの車の前でしてしまい、私は前回に続き姫ちゃんのウンチを踏んでしまいました。
するとロンちゃんは『ミーママ、靴を脱いでください』と、また姫ちゃんと私だけ車に乗せ、私が踏んだ地面のウンチを取り、地面や私の靴底を、乳幼児を持つ母の姿のように座り込んで拭いていました。
姫ちゃんのオシッコや生理で汚れた床や敷物を拭き『子供たちが赤ちゃんだった時を思いだし、また子育てができるようで楽しい』と笑顔のロンちゃんを見て、気の長いロンちゃんは、激しく怒ったりすることがあるのだろうか…と思いました。

時おり、記憶が飛んだりぼや~とするロンちゃんですが(笑)、家事や仕事、動物の世話、ブログを手際よく毎日振り分けてこなす姿を見ていて、今夜はすごいなと感心してしまいました(*^_^*)

姫ちゃんは、我が家に帰ってきてから、ベッドとお部屋を行ったり来たりしていましたが、今はベッドに落ち着きスヤスヤ寝ています(*^_^*)

そしてマグナムエミちゃん、ゴールデンウィーク松山に気をつけて来てね。
もう軽い運動ならしてよいとドクターが言ってくれたとのこと。
また、ガハガハ豪快に笑いながら、元気に身体を動かしすぎ再度骨折しないように(*^_^*)
最近は時間がなかったけど、帰りをゆっくり出来るなら、またご飯を一緒に食べようね(*^_^*)

おかえりなさい(≧∇≦*)

ミーママさん、おかえりなさい(*^O^*)
姫ちゃんは、優しいロンさんのお家で楽しいホームステイができたのですね(*'▽'*)
帰ろうとしないくらいくつろげたようですね( ´艸`)
ただ、時折見せる姫ちゃんの怯え方に、ノラ犬時代にどんなに怖い思いをさせられたのだろう…と心がいたみます(>_<)
でも献身的なミーママさんの側にいれば、『もう怯えなくて大丈夫だよ!』と姫ちゃんにも伝わっているかな(*´▽`*)
たくさんツラい思いをした姫ちゃん、穏やかであたたかい日が過ごせますように(v_v)

『今夜、原発事故で家族と離れ離れになっていたワンちゃんがTVに』

今夜10時~10時45分NHK総合【21頭の犬たち ふるさとへの旅】で、原発事故から 飼い主に会っていなかった21頭のワンちゃんのドキュメンタリーがあります。

関西・中国・四国・九州の自治体に調査結果を知らせました

ブログの皆様こんにちは
野良猫の無料避妊手術の要望 九州編を記事にアップしてくださり ありがとうございました

この調査結果は、問い合わせをした九州の各自治体だけでなく、関西中国四国の自治体にもメールで知らせました

4月になって人事異動で動物愛護担当者もたくさん異動したと思います。

これを機会に、新しい担当者の方にも野良猫の無料避妊手術や地域猫の取り組みについて理解を深めていただきたいものです

『またホームステイの成果が(*^_^*)姫ちゃん!!床に這いつくばらずオシッコできました』

ロンちゃんのお家にホームステイする度、姫ちゃんは海の家合宿の児童のように、出来ることが一個ずつ増えます。

昨夜、遅く別荘ロンちゃんハウスから、我が家に戻ってきた姫ちゃんは、階段にも、白いフローリングにもピンクの絨毯にもポタポタ生理の血をたらしながら、二段ベッドの下段に走っていきました(*^_^*)
車で連れてきてくれたロンちゃんが帰ったあとは、キョロキョロベッドを降りて部屋に来たりを繰り返し、やがてスヤスヤ横になり子供のような顔をして眠りました。
『爪もミーお姉ちゃんが行って二人がかりなら、ロンちゃんに切らせてくれたね。伸びすぎていた爪が短くなって歩きやすくなったね(*^_^*)久々に子守唄歌おうね』
と姫ちゃんをしばらく撫でていました。
去勢避妊していても、我が家の猫王子達や、もーおばあちゃんは、姫の匂いに興奮し、銀次郎は切なく夜中中ハオ~ハオ~と鳴いていました(笑)

銀次郎のハオ~の鳴き声に睡眠不足のまま、朝『おはよう(*^_^*)姫ちゃん、屋上にシーシーしにいこうね。
すみれや冬を越したペチュニアが、いっぱい咲いていい匂いよ。
冬に枯れていたジャスミンや、ブルーベリーの木も緑の葉っぱが、たくさん出ていて、草木達も楽しそうよ(*^_^*)姫ちゃんのオリーブの木も姫ちゃんを待ってるわよ』
と首輪を軽く持つと、姫ちゃんは自分からトコトコ走り、階段を立ち止まることなく34段、かけ上がりました。
『姫ちゃん、すご~い早いね(*^_^*)』と屋上のピンクのドアを開けると、姫ちゃんは勢いよく走り出ました。
そこで私が目にした光景。
姫ちゃんが、床に這いつくばらないで、普通のワンちゃんみたいに、お腹を浮かせてオシッコをしているのです。(°n°〃)
それは妙な姿勢で、ぎりぎり床から身体を離してへっぴり腰のスタイル。
今まで一度だけ、こんな姿勢でおシッコが出来たことがあります。
『姫ちゃん!!ワンちゃんスタイルでオシッコが出来るようになったのね!良かったね』
と喜んだのもつかの間、翌日からは相変わらず床にお腹をべたっとくっつけるオシッコスタイルに戻りました。
でも、今回は朝に続き夜も、お腹を浮かせてオシッコをしたのです。
ロンちゃんが『ミーママ、実は姫ちゃんのお腹、今回はそんなに拭いてないんですよo(^-^)o
姫ちゃんは清潔好きだから、いつも自分でお腹をなめて、姫ちゃん自身が身体を綺麗にしています』と言っていましたが、私がインドにいる間、ロンちゃんが途中まで書いてくれていた姫ちゃん日記の10日目の写真も、姫のいつもの床に這いつくばるオシッコスタイルだった。
いつの間に姫ちゃんは、身体を浮かせてオシッコが出来るようになったんだろう?
姫ちゃんを迎えに行く3日前に、小さな子供達に怯えてロンちゃんの机の下に逃げて、ウンチをお漏らししてしまった姫ちゃん。
ロンちゃんや猫ちゃんママが、汚れた床を綺麗にしていると、本当に申し訳なさそうに、しゅんとした顔で見つめていたといいます。
ポン吉さんが『姫ちゃんて優しい』
そして、ポカポカさんが『姫ちゃんの顔って、人間っぽい』ってコメントを寄せてくれていましたが、
姫ちゃんが、虐待捕獲で肝臓が壊れ、身体が動かなくなった記憶のフラッシュバックを起こし、外を通る通行人の男性の声が聞こえたりすると、部屋以外に出るのを怖がり、ウンチやオシッコを、階段やバスルームで這いつくばり、してしまったことが数回ありますが、『大丈夫よ(*^_^*)怖かったね。
先にお掃除するから、それから汚れたお腹や、お尻を洗ってあげるからね』
とお掃除する私を、じっと姫ちゃんは見つめ続け、
私の後ろから前足で『ごめんなさい 』というように背中をツンツンしてきたり、私の胸や膝に顔を埋めてきたことがあります。
普通のワンちゃんなら当たり前にできる動作ですが、野良犬や捨て犬達が虐殺されて来た東温市で、野良犬の子として生まれ、普通のワンちゃんのように、飛び付いてしっぽを振ったり、ワンワン吠えたり出来ない姫ちゃんからすると、そういう感情表現が出来たこと自体に、以前私は驚きました。
更に姫ちゃんはウンチやオシッコを、階段や部屋ですると、人間に迷惑がかかるということを理解し、お漏らししたことを『ごめんなさい』
とあやまる感情を持っていることを知りました。

愛媛県動物愛護センターの、毒ガス室殺処分の前日に救出できた姫ちゃんですが、寝たきりで預けられた獣医さんの所でも、お見舞いに行った時姫ちゃんは『臭い臭い』と何度も看護婦さんに言われながら、姫ちゃんの身体の下のウンチやオシッコを掃除されていました。
また、姫ちゃんを寝たきりにさせた、愛媛県の公務員獣医の毒の得居獣医と、イ○ネコ会の元副理事Mさんの画策により、証拠の犬達のSOSブログを消さない私たちに、姫ちゃんの譲渡を撤回し、別の里親さんを見つけ姫ちゃんを渡しました。
でもMさんに言われ里親さんになられた優しい里親さんも『お腹を地面にくっつけオシッコをするから股も、お腹もおしっこ色に染まって拭いてあげても取れずに臭いですよ』と言われていました。
人の表情や声のトーンに敏感な姫ちゃんは、うんちやオシッコを、敷物の上や室内ですると、人間が難しい表情になり、汚れた姫ちゃんの身体を拭いてくれる手の感触も荒くなると、虐待捕獲から私の家に来る半年間の間に知ったようです。

震え続ける姫ちゃんの飼育は難しく、里親さんの好意で私の所に来た時は、階段でウンチを垂れ流し、ダニだらけ抜け毛だらけ、お腹はオシッコの色素で茶色で、私は一気に鼻炎とアレルギーが出ました(笑)
怯え震え続ける姫ちゃんを、思いきって抱いてバスルームに連れていきました。
獣医さんの所に、寝たきりの姫ちゃんのお見舞いに行っていた時、撫でながら歌ってあげた子守唄を歌い洗ってみると、意外なことに姫ちゃんは気持ちが良さそうにしました。
良かった(*^_^*)この子を綺麗に姫の様にしてあげられる。
シャワーを怖がらせないように。バスルームが好きになるように(*^_^*)
私の手から安心や優しさが伝わるように、姫ちゃんの専属のエステシャンになるわよ。

そして何があっても、姫ちゃんを叱らないと決めました。
ロンちゃんも、姫ちゃんに嫌な顔をしたり、大きな声を出すことはありません。
だから、優しくしてくれるロンちゃんが、一生懸命に床を掃除する姿を見たり、オシッコの途中で部屋に引き返してしまった時、叱らないで『あらあらあら~姫ちゃん。ボタボタしとる~(^o^;)』と言いながらお掃除している姿を見て、ロンちゃんが困らないように床が汚れないように一生懸命、姫ちゃんなりに考えたのかもしれません。
それとも、私にしかシャワーをさせない姫ちゃんは、どうしたら自分のお腹がオシッコ臭くないようになるか、考えたのかもしれません(笑)

ただ、今朝と今夜、姫ちゃんのお腹がオシッコだらけにならなかったから、今夜のバスルームタイムは、足とおしりだけを洗い綺麗にブラッシングしただけでした。
このまま、何とか普通のワンちゃんみたいに、お腹を浮かせてオシッコができ続けるかしら(*^_^*)
姫ちゃんを見ていると、愛しい気持ちがたくさん増えます。
松山市の、動物虐待多発の危険エリアで子犬の時、美和ちゃんが保護してくれたマリリンや、普通のワンちゃん達のように、のびのび公園や、海にお散歩に行けるようになるのは姫ちゃんには、遠い夢ですが。。。。
致死量睡眠薬餌が中止になったあと、私達への嫌がらせで愛媛県保健所のきつね目の得居獣医と、その上司の白髪頭の獣医と、愛媛県東温市役所の市民環境課の渡部達、公務員にされた合同吹き矢捕獲で捕まった元捨て犬のダンディーわさび君は、高知の桃ママファミリーに手厚く愛され、今は人やバイクを見て側溝に逃げ込まなくなり、人のいない夜中にお散歩をしなくて良いよう、ずいぶん社会性を取り戻し、捕獲の際の恐怖心も和らいだようです(*^_^*)
奇跡的に殺処分を免れた犬猫達は、里親を選べません。
自称犬の保護士の愛媛県新居浜市の、写真の上手なFさん(私とロンちゃんは、フラッシュを焚かず携帯でそっと、写真を数枚撮っただけでしたが、怖がり震え続ける姫ちゃんを獣医さんの所で、フラッシュを焚き続けパシャパシャと大きな音を立て続け、本格的なカメラで傷付いた姫ちゃんを撮り続けた女性)に、姫ちゃんのように人間不審のワンコのまみちゃんは『太りすぎだから』
と後ろから足で蹴られ、怯えて逃げているのを『運動になる』とFさんに言われながら動画を撮られ悲しそうな目をしていました…。
私たちに動物虐待では?と指摘されると慌ててFさんのブログの動画を消し、犬の保護士として支援を募っていたそのブログを引っ越ししました。
あの、まみちゃんの悲しそうな目と脅えて逃げる動画を時々思い出します。
裏表の顔や見栄だけでなく、素のままの優しさを持つ別の人に、保護されていたなら、まみちゃんの後半の人生が変わっていただろうに。。。今もずっと安心できる時もないまま、怯え続け暮らしているのだろうか。。。
『かわいそうだから里親になってあげたけど、なつかないもん』
と言われる里親さんの所にもらわれる、傷付いた怯えた犬猫もいることも、活動をしていくうちに知りました。

うちのメンバー達は、頭脳明晰の島の恵さんや、鋭い桔梗さんや、馬鹿っぽいけど賢い花ポリなどいますが、大半が本当に呆れるくらいの、とぼけたお馬鹿隊そろい(笑)

でも、動物関係にすれば美人揃いです。
漫画のヒロインのような顔や声ののんちゃんといい、ママドルのような北さんや桃ママといい、愛をまといたいさんや、島の恵さんといい、オタクのもぐちゃんや、フラガールさんといい、つぶらな瞳の猫ちゃんママ以外は、他のメンバー達もやたらと目が大きく黒目がちです。
福岡でモデルもしているみのりちゃんなど、道行く男性達や、子供達が振り返り驚くほどの美人メンバー達が多いですが、美人な分ものすごく記憶力とか思考力やアレンジ力とか何かが欠けていることもあり、私はのけぞることが度々です(笑)
ただ、みんなホームレスさんや、喋れない弱い立場の動物達に優しく、競馬で言うなら(笑)美人でも、ちょっとカクカクし、気性に難あり(笑)だった雌馬の美和ちゃんも、らん丸先生やQちゃんやマリリン先生を通じ、ものすごく性格が柔らかくなり、前向きになり綺麗な顔と性格がマッチしてきました(*^_^*)

『虐待はゆるさんぜよ!』の猪走りの熱い可奈ママの所に、悪の枢軸山口県防府保健所から異例で助けだせた、食いしん坊のマルの顔も、愛されている自信に満ちています。
助けたはずが、まさに私たちのセラピードッグやセラピーキャットになり、私たちを成長させ優しく強くさせてくれる動物達。
守ってやった。助けてやって餌をあげているという人間サイドだけの気持ちを私たちメンバーは持ってないから、メンバーの所に行った犬猫達は、幸せそうな顔をしているのだと思います(*^_^*)

テレビ見ました!

こんばんはヾ(=^▽^=)ノ
そして遅くなりましたが、お帰りなさい
ミーママ先生のメール、楽しく読みました
ミーママ先生、さすが!いろいろと守られてますね!
そして、プリキュアエンジェルさんが紹介されていた、地震で家族と離れ離れになり、一時帰宅で家族と会えた犬達のテレビ見ました。
犬はちゃんと飼い主覚えてるんですね
また、飼えなくなった犬をちゃんと引き取って面倒見てる人たちもすごいですね!
でも、なんだか犬見てるだけで和みました。

ミーママ先生、また激務が始まっていると思いますが、くれぐれもお身体には気をつけてお仕事されてくださいね(^.^)b
またドッグフード、気持ちだけになると思いますが、送りますね
いつもミーママ先生、ありがとうございます
またお会いできますように
では、明日も素敵な一日となりますように

廿日市市役所に電話しました

ブログの皆さま、初めまして。
いつも拝見させていただいています。
宮島の鹿の事が気になって、廿日市市役所に電話をかけました。

4/8 16:05 廿日市市役所農林水産課に電話
電話に出られたのは、スエヒロさんという若い(?)男性でした。
あいにく鹿担当ではなく「すみません、本当に何も分からなくて」とおっしゃるので、お礼を言って電話を切りました。

気を取り直して、本日 4/9 10:36 
再度、廿日市市役所農林水産課へ電話

電話に出られたのは、昨日と同じスエヒロさん。名前を名乗り、鹿担当の方に電話をつないでもらいました。
電話に出られたのは、クスミさんという若い感じの男性の方でした。
(私)「(鹿の)担当のかたですか。お忙しいところ、すみません。ネットのツイッターやブログで、餌やりが禁止になってから、実際には5年間で鹿が250~300頭、年間で50~60頭死んでいるとあり、驚いて電話しました」
(クスミさん)「私どもの方針は、鹿を餓死させようというのではなく、山には食べるものがたくさんあるので、山へ帰そうというものです」
(山には鹿の食べるものがほとんどないのに…)
(私)「鹿は、今何頭くらいいるのですか?」
(クスミさん)「全体で400~500頭。市街地の個体数は減ってきています」
(私)「実際どれくらい減っているか(死んでいるか)報告は入ってくるんですか?」
(クスミさん)「平成24年が、50、あっ、29頭ですね」
(私)「今の50は何の数字ですか?」
(クスミさん)「鹿ではなくて、犬や猫などの合計です」
「さかのぼると、多い年と少ない年があります」
(私)「24年以前の回収された鹿の数は分かりますか?」
(クスミさん)「H24年29頭、H23年35頭、H22年45頭回収されています」
(私)「回収は農林水産課ではないんですね」
(クスミさん)「回収は別の課がやってまして、報告だけ情報として農林水産課にあがります」
(私)「廿日市市のホームページを見ても、宮島の鹿の事が書かれてなくて、今回お電話させていただきました」と言うと
(クスミさん)「確かに分かりにくいですね。ホームページの上にある検索の所に『シカ』と入力すれば、死んだ数は書かれてませんが、鹿のことが、ガイドラインなど出てきますよ。」と教えて下さいました。
「お忙しいところ、ありがとうございました」と言って電話を切りました。

廿日市市のホームページは『シカ』と入力して検索しなければ、宮島の鹿のガイドラインなどが出てこない、不自然なほど鹿を表に出さないもので、鹿の死亡数も載せていないお粗末なものでした。実際に鹿は、毎年数十頭単位で死んでいるのに、そのことを表に出さないのは、「鹿が増えているから、減らすために餌をやらず山に帰す」というもっともらしい理由で餓死させたいのかなと感じました。
もっと色々聞けたら良かったのですが、緊張してうまく話せませんでした

キャア~ンO(≧▽≦)O島のぉ~恵様~かあっこい~ですぅ∑d(≧▽≦*)

 ミーママ様はぁ~ 帰国早々~(*^ー^)ノ♪

『きゃあ~お馬鹿隊に半数のメンバー達がリバウンドしてたわぁ~゚゚(´O`)°゚ 信じられない~い~゚゚(´O`)°゚
きゃあ~花ポリぃ~(。>0<。)
インド帰りに~タイで会った時は~
花ポリの~強烈な花粉症も~止まりぃ~美女だったのにぃ~(*^_^*)
また鼻の孔にティッシュを突き刺して素っぴん~~
だ。。大丈夫?('0'*)
花ポリ呼吸出来てるぅ~?('0'*)
ハガハガふがふが言ってるわよぉ~ 花ポリがぁ~インストラクターを~抜けてるからぁ~エンジェルが大変よ~('0'*)
きゃああああ~(。>0<。)
花ポリの鼻から濡れたティッシュが飛んできたわぁ~ヽ(´Д`ヽ)
信じられないな~い゚゚(´O`)°゚ 』

ぐふぐふぐふ(>ω<σ)σ
逃げないでくださいまし~ミーママ様ぁ~(つ´∀`)つ
明日は更に黄砂が飛びそうですぅ~ヽ(・∀・)ノ
こうなればぉ~(≧σ≦)やけくそでございますですぅ~O(≧▽≦)O

濡れ濡れティッシュ爆弾をぉ~(  ̄ー ̄)
北朝鮮のぉ~わかめちゃんヘアのぉ~(  ̄ー ̄)
刈り上げ魔神ブーjuniorよりぃ~先に~( ̄∇+ ̄)
花ポリがぁ~あちこちにぃ~おみまいするですぅ~( ̄▽ ̄)δ⌒☆
びじょ~ん~(*`▼´*)b

春のぉ~合コンにも~(-゜3゜)ノ
美女花ポリをぉ~誘わず~( ̄∀ ̄)
社内でもぉ~態度を~翻したぁ~セクハラぁハゲじい様達や~メンズ社員たちにぃ~♪( ̄▽ ̄)ノ″
鼻水吹き矢攻撃ですぅ~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
ぶぶぶ(@ ̄Д ̄@;)

あ~花ポリまで~壊れたぁ~とミーママ様が嘆かれていましたけど~( ̄▽ ̄)b
まだまだでございますぅ~ヾ(≧∇≦)〃

で~姫た~ん(*^▽^)/★*☆♪
お帰りなさ~いぃ*♪(*^▽^*)♪**

ミーママ様をぉ~癒してくれて姫た~んはぁ~(*^▽^)/★*☆♪
ワンダフルな~プリンセス姫子様ですぅ~(*^▽^)/★*☆♪

それにぃ~それにぃ~島の恵様~∑d(≧▽≦*)
流石でございますですぅ~(*^▽^)/★*☆♪
お馬鹿隊にぃ~連鎖されずにぃ~(≧σ≦)
ぶれずにぃ~(^-^)b やるべき事をぉ~(^-^)b
きちんとぉ~(^-^)b 前をむいてぇされてますですぅ~(*^▽^)/★*☆♪

ただ一人ぃクールビューティー路線を走られてますですぅ~♪( ̄▽ ̄)ノ″
赤ちゃんのぉ~母乳をあげながらぁ~すごすぎですぅ~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ふふふ(@ ̄ρ ̄@)。。。 ふお~( ̄~ ̄;)
ふおっくしょん っっ☆≡(>。<)

ほよぉ~誰かぁ~(@ ̄ρ ̄@)。。。
偏西風のぉ~向きを変えてぇ~(つ´∀`)つ
PM2、5をぉ~吸い込んだぁ~黄砂をぉ~ヽ(・∀・)ノ
中国にぃ~お返しするぅ巨大扇風機をぉ~(*^ー^)ノ♪
日本のぉ~ハイテクを駆使してぇ~発明してくださいましぃ~O(≧▽≦)O
発明扇風機の名前はぁ~(*^ー^)ノ♪
『花ポリ弾道扇風機レディ』にぃ~してくださいまし~ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
ぶあ~っくしょん☆≡(>。<)
ほえ(@ ̄ρ ̄@)

大阪の鹿好きママさんへ

大阪の鹿好きママさん、初めまして 。
宮島の鹿の事を心配して、廿日市市役所に電話をかけて下さり、ありがとうございました。
頂いたコメントを読み、私も廿日市のホームページを見てみました。本当に分かりにくくて、宮島の鹿の事は、わざわざホームページで検索の言葉を入れて探さなければ出てきませんでした。
鹿が1年間に数十頭も死んでいるのに公表しないのは、鹿に餌を与えず餓死させることを正当化したい思惑があるのでしょう。
宮島の鹿は増えているのではなく、減っているがガイドラインの避妊を守らなかったために、子鹿が生まれ増えたように見えるだけ。廿日市はその事を認め以前ミーママさんも提案している、餌場を山に作り雌鹿は、避妊をすればいいと思います。

「原発事故から 飼い主に会っていなかった21頭のワンちゃんのドキュメンタリー」を観ました。

ミーママさん、みなさん、おはようございます(^-^)/♡

いつも、 愛のパワーを身に纏い、遅くまで、本当に本当にありがとうございますm(_ _)m♡

4月9日に放送された「原発事故から 飼い主に会っていなかった21頭のワンちゃんのドキュメンタリー」を観ました。

福島県飯舘村で原発事故の影響で、家族と一緒に暮らせなくなり、岐阜のNPO日本動物介護センターに預けられたワンちゃん達。

被災して2年。飼い主に寄り添う事も、甘えることもできず、寂しい思いをしていると思います。

そんなワンちゃん達の気持ちを汲んで、里帰りプロジェクトとして3時間の里帰りをしてくれたNPO日本動物介護センターのスタッフさん(o^^o)

飼い主さんとの久し振りの再会で、ワンちゃん達は、飼い主さんに甘えたり、お散歩したり、とても嬉しかったと思います。

いつも落ち着きのない一頭のワンちゃんも、飼い主さんと会って、ホッと安心したのか、次第に落ち着いていきました(*^^*)

飼い主さんと過ごした3時間は、束の間の幸せだったのではないかと思います。でも、また 離れ離れで暮らさなきゃいけない。本当に悲しいです。

飼い主さんとワンちゃんが、一緒に暮らせる環境が整えられて、一緒に暮らすことができれば、飼い主さんもワンちゃん達の心の傷も癒え、幸せだと思います。

ずっと家族と一緒に暮らしていたワンちゃん達。離れ離れより、家族と一緒に居たいハズです。家族と一緒の方が、幸せなハズです。

ワンちゃん達が、早く飼い主さんの元へ戻れますように♡

とっても☆お天気のいい高知から☆☆問い合わせ報告でぇす(⌒0⌒)/~~

ミーママさん☆皆さん☆お疲れさまです(^^)d

大阪の鹿好きママさん(^^)、はじめましてm(__)m☆可奈ママです(^^)d
宮島の鹿の事について昨日、廿日市市役所に問い合わせしてくださったんですねO(≧▽≦)O
ありがとうございますm(__)m
私も、宮島のケガをしたり、死んだ鹿の数などや、「鹿の保護についてのガイドライン」に書かれている避妊、去勢について《廿日市市役所農林水産課》(0829-30-9143)に問い合わせていたので報告させて頂きますね(・o・)ゞ!

4/9(火)15:37
電話に出たのは以前問い合わせをした時に『鹿の事は詳しく分からない。』と言っていたクスミ氏だったので、
私…『私、○○(私の名前)といいます。宮島の鹿の事で少しお伺いさせて頂きたいですが、鹿の担当の松田さんか齋籐さんはいらっしゃいませんでしょうか?』
と聞くと
クスミ氏…『お世話になっております。少々お待ちくださいませ。』
と言って、松田氏に(H23年度より農林水産課に配属)変わってくれました。
松田氏と挨拶を交わし、
問い合わせ開始(・o・)ゞ!
最初に、
私…『宮島に保護施設が2ヵ所もあるのは、沢山の鹿がケガをしているのでしょうか?』と質問しました。
松田氏によると、きちんとした数はとっていないが、年間5~6頭…だいたい10頭未満の鹿がケガをし、市が対応しているそうです。(保護など)
今現在も足が弱った鹿を宮島で保護しているとのことですが、詳しい事は松田氏は把握していませんでした。
そして死骸の収集数は、年間30~50頭。
(北さんが調べてくれた、2013-02-26(のんさんのコメント)
宮島支所市民福祉課の金川氏が
●鹿は年間、約50~60頭亡くなっている。
●海で溺死して、漂着した鹿が年間、約5、6頭はおるかと思う
との報告があり、松田氏と金川氏が言った数に少し誤差がありました。)
死因は確認していない。
ケガをした鹿や死骸を収集した鹿の数は公開はしていない。(ホームページなどでも)
公開されていない理由を聞くと、何故か(@_@)?松田氏は黙る。

次に
『鹿の避妊・去勢はしていますか?』と聞くと、
松田氏…『ガイドラインではそういう事(避妊や去勢)が必要になった時は実施するっていうふうな記載の仕方はしていますけど、自然界の野生のものにそういった事(避妊や去勢)をするには、事例とかないと、なかなか市の判断だけで出来るものではないんで今の5年間の計画の中ではそういう事(避妊や去勢)はしないって言う事で…』
※鹿のガイドラインに添って5ヵ年計画が立てられている。
私…『えっ(°Д°)??ガイドラインに記載されているのに(避妊や去勢)実際、実行されないんですか??』
松田氏…『ガイドラインの中には続きとして、[事例が少なく司法確立がしていない為その効果だけでなく、影響の程度についても不明な点が多い。野生動物の生理状態を人為的に改変することには反対の立場もある。避妊については、実施するための調査も行い協議会の中で判断をする。避妊措置の必要性が認められる場合でも対策によるさまざまな影響を想定し、試験的に導入していく。また、効果を検証しながら順応的に実施するために、モニタリングなどを含む具体的な実施計画を綿密に作成することとする。]て言うふうな書き方もしてます』
と、松田氏はガイドラインを読み上げました。
そして、市の判断だけではなく協議会の中で話し合って実施することにしてるので、今まで避妊・去勢の方向には動いたことがないそうです。
以前もコメントにありましたが、協議会には
【広島大学・山口大学・宮島観光協会・商工会・厳島神社・そうだい会の会長(地区々に組織みたいなものがあって、その中の会長さん。「地区長」のような存在)・広島公衆衛生推進協議会(宮島にある)・宮島支所(福祉課課長・観光課課長・地域作り推進課課長)・廿日市市役所(農林水産課課長と鹿の担当者・観光課課長)】
この方々が出席。
一年に一度協議会が開催される。(毎年だいたい7月~9月)
松田氏…『平成21年に2回程協議会で協議をしまして、5ヶ年計画の終わる今年度(平成25年度)までの流れが決まった。(鹿の避妊や去勢をしない事も)』
私…『協議会での協議って、何方かが何か議題や提案をあげ、協議されるんですか?』
松田氏…沈黙
私…『松田さんも協議会には行かれてるんですよね?』
松田氏…『はい。』
私…『その、松田さんも行かれている協議会の流れを聞いたのですが(^^;?』
松田氏はまた沈黙。
私は思わず…『えっ!?松田さん?電話、繋がってます?』って聞くと、『(^^;えぇ繋がってます。』との返答(^^;

私…『松田さんが先ほど話してくださった、管理計画の中にある避妊とか去勢を平成21年度の協議会で、しない方向で決まり、途中で変更できたのであれば、鹿へのエサやり禁止も中止の方向に協議会で提案していただきたいと思い、協議会での協議の流れを聞きました(^^;』
松田氏…『あぁ…(また少し沈黙の後)言われる事は分かるんですけど…ガイドラインではいろんな事を想定しながらガイドラインを立てていたと思う。その中で21年以降は出来る事を選択して、やっていこうと言う中で計画を立て、それをしてると思います。そこだけは伝えておいた方がいいかな?と、今話をしているんですけど…』
と、よく分からない返答でしたが(@_@)…
5ヵ年計画の中のエサやり禁止については、本年度中は(平成26年3月31日まで)続行するが、
ガイドラインや5ヵ年計画の中にもある《鹿の避妊・去勢》については、平成21年の協議会で中止の決定が出たため、行わないそうです。
度々沈黙になりながらも(^^;感じよく応対してくださった松田さんに問い合わせのお礼を伝え、電話をきりました。
以前、ミーママさんを軽く脅した後、丁寧に話をしてくださっていた齋籐氏は、4月に移動になり、鹿の担当者は他の部署からこられた方と(名前を聞き忘れましたm(__)m)松田氏だそうです。

(同日16:25)
松田氏より話しのあった、
足が弱り現在宮島の保護施設に保護されている鹿についても宮島支所観光課に問い合わせました。
(0829ー44ー2003)

対応して下さった内山氏の話をまとめると…

*右前足をケガした鹿を2/21に宮島の桟橋近くで保護。入り浜の保護施設に収容。
餌やりと現地調査のために、宮島入りをした犬達のSOSメンバーが保護依頼の電話をした足の悪い鹿でしょうか?

内山氏は、ケガをした鹿が桟橋の近くにいたのを職員が見つけ、保護した。と言い、以前保護依頼があった鹿かどうかは、鹿は同じ(顔)なのでわからない。
と言っていました。

*獣医さんに診察してもらったところ、『骨折じゃない?』とも言われていたようですが、診断は『打撲』。添え木はしていない。
『固定するまで(2~3週間)保護施設に入れておきましょう』と言っていた。
*今日も(4/9)鹿は、びっこをひいていた。
*次回の診察予定なし。
*現在保護施設に一頭しか収容されていないので、今ある草で食事は足りていると思われ、エサは与えていない。

現在右前足をケガをして保護されている鹿について内山氏は『びっこのままでしょう。』と淡々と話され、これからも保護した鹿については、獣医さんの判断に任せるそうです。(びっこをひいている鹿であっても、獣医さんに添え木などの提案はしない。)
鹿を保護する目的は
『ケガをして血が出てたりとかしたら可哀想じゃないですか』
と言う内山氏。
『でも?骨折の可能性があって、びっこをひいていても、添え木もしていただけないんですよね?』
と聞くと、
『野生動物にそこまでするかどうかってのも別れ道かもしれません(--;)』『野生動物なんで、そこまで(薬の投与や添え木など)手をかけてない。』
そうです。
以前廿日市市役所農林水産課に問い合わせた際、クスミ氏が言われていたとおり、ケガをして保護された鹿を獣医さんには診ていただけるようですが、
せっかく保護して下さり、往診もして下さるのなら、骨折の可能性がある場合は、せめて添え木くらいの処置はしていただきたいな(^^;と思った可奈ママでした。

そして、現在保護されている右前足をケガした鹿は農林水産課と話し合い近々放すことになると言われていました。

内山さんにもお礼を伝え、問い合わせを終了しました(・o・)ゞ!

以上報告でした。

大阪の鹿好きママさん(^^)dまたのコメントを楽しみに待ってます(^-^)b
北さん☆夜中に調べものをして、内容を送ってくれて☆ありがとうございましたm(__)m☆☆
みのりさん☆コメントの仕上げを手伝っくださり☆☆ありがとうございましたm(__)m☆☆
アグネスさん(^^)dロンさん(^^)d猫ちゃんママさん(^^)d…そして…ミーママさんO(≧▽≦)O!いつも陰ながらエールを送ってくださりO(≧▽≦)Oありがとうございますm(__)m☆☆

まだまだ猪走行の可奈ママですが(^^;皆さんと一緒に☆動物虐待ゼロ!殺処分ゼロを目指し!!頑張るきねぇ~(⌒0⌒)/~~

廿日市市役所農林水産課の松田さんの沈黙は

愛をまといたい高知の可奈ママさん、廿日市市役所農林水産課へ宮島のケガをしたり、死んだ鹿、避妊・去勢についての問い合わせ、ありがとうございますm(_ _)m♡

松田さんに、ホームページなどでも、公開されていないケガをした鹿や死骸を収集した鹿の数の公開されていない理由を聞くと、黙ってしまう???Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

年に一度 開催されている協議会の協議について聞いても、沈黙???Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

聞かれちゃマズイのでしょうか?

前例のない避妊、去勢をするより餓死させた方がいい!?

可奈ママさん、廿日市市役所農林水産課に問い合わせをありがとうございました。
どんな事でもはじめは、前例がありませんよね。
それなのに、前例がないこと等理由を付けて鹿の避妊、去勢をしないのは、シカ対策会議に参加した方々は、鹿に避妊、去勢をするより餓死させた方がいい!!と考えたらという事になりますね。
松田さんは、余計な事(鹿の避妊、去勢なんて面倒)をポロっとしゃべるくらいなら黙った方が得策だと思われたのか、可奈ママの質問を上手く交わせなかったのか分かりませんが、鹿を見殺しにするような事はやめて、農林水産課全体で今の方針を改善された方がいいと思います。鹿に餌を与えない今のやり方は、宮島のイメージダウンになると、声をあげる事ができる立場にいる松田さんはじめ、農林水産課の皆さんよろしくお願いしますm(__)m

猫の避妊手術しました(^-^)v

ブログのみなさま こんばんわ♪
前にコメントした子猫ですが、無事避妊手術終わりました~(⌒0⌒)/~~
ブログを読んでいて…避妊の大切さをよく考えて
親に「アルバイト代で返していくから、早く手術を受けさせてm(__)m」ってお願いしたら…
お父さんが半分ポケットマネーで出してくれまた(*^^*)
お父さんは後から、お母さんにヘソクリ内緒にしていたのを言われたみたいだけど…
私がバイトの時は、二人して結構子猫と遊んでるみたい♪
動物を家族に迎える責任みたいなのを、た~くさん教えてもらったブログに感謝です(^o^)
子猫ちゃん…大切に育てますp(^^)q

夜更かし高校生さんへ

こんばんは(^-^)
犬達のSOSのブログをみてくださりありがとうございます。m(__)m

そして、子猫ちゃんを家族に迎え入れて、避妊手術もしてくださりありがとうございます。m(__)m

ご家族の方に相談されて、自分の出来ることを一生懸命頑張っている夜更かし高校生さん、素敵です。(^-^)
バイト、お疲れさまです。頑張ってくださいね。\(^_^)/

我が家にも、野良ちゃんだった猫ちゃんが三匹います。
甘えん坊の猫ちゃん達に、毎日、癒されています。
もしかしたら、甘えているのは、私の方かも??(笑)
ほんと大切な家族です。

PS.さっきまで、猫ちゃん達に、囲まれて、爆睡していた猫ちゃんママでした。(^-^)

可奈ママ、宮島の鹿担当者松田氏に、詳しい問い合わせをありがとう

SOSのミーママです。
大阪の鹿好きママさん、ブログを読んで頂き、広島の宮島の鹿担当の廿日市市役所、農林水産課クスミ氏に問い合わせもして下さりありがとうございました(*^_^*)

可奈ママ、また都合の悪い公務員を人事異動で役所は逃がしましたね。
愛媛県の松山ブリーダー崩壊の、65匹の小型犬の事後調査を3月までには責任を持ってやる!と言い切ったはずの、松山市保健所の木村獣医始め、担当者全員が調査を半ばで放り出し、異動ですまして逃げ、山口県防府保健所の中尾建生(なかおたてお)支所長さんも、役所を退き退職金をもらい逃げました。
税金で、市民の平均給与の1、5倍~2倍以上もらっている公務員、都合が悪くなれば開き直ったり、役所を盾に卑怯に脅してみたり、隠ぺいしてみたり、果ては呆れるほど逃げ足が早いですね(*^_^*)
彼らの人生とは、狭く浅いうわべだけの処世術を学ぶことでしょうか。L(・o・)」。。

5年前、宮島の鹿に餌をやらないよう決め、鹿対策協議会の流れを全て知っていた、鹿担当責任者の齋藤千文(さいとうちふみ)氏は、役所公務員としては異例に5年間も任務に付いていて、私(ミーママ)を脅した後は、丁寧に質問や嘆願に答えてくれました。
しかし、この廿日市市役所、農林水産課の齋藤氏も、4月から同課にある農業委員会に異動になっていました(アニマルポリス可奈ママ調べ(o^-^)b)

☆(*^_^*)可奈ママの調査コメントをまとめてみました。

4/9(火)15:37
《廿日市市役所農林水産課》(0829-30-9143)に問い合わせ
担当はとても丁寧な松田氏

北さんが以前ののんさんのコメントを探してくれました。それは2013-02-26のコメントで
宮島支所市民福祉課の金川氏が(宮島で見つかった鹿の遺体を回収している)
>●鹿は年間、約50~60頭亡くなっている。
>●海で溺死して、漂着した鹿が年間、約5、6頭はおるかと思う
>との報告があり、宮島の鹿担当をしている農林水産課のクスミ氏と松田氏は、今まで齋藤氏と同様、
『鹿の餌やり禁止で餓死した鹿はいない。
餌やり中止した5年間で鹿の数はあまり、減ってないから餌やり禁止は続ける』
とマニュアル通り言っていただけで、鹿が実際は、年間何十頭も死んでいて実際は、5年間で250頭~300頭死んでいた事実を以前の問い合わせでも隠していました。

また遺体回収をする課の金川氏から、のんちゃんが話を聞き、宮島の鹿は餌やり禁止の5年間で毎年50~60頭死んでいた!?とツイッターで流れ、齋藤氏は異動でいなくなり、再度残った担当の松田さんに鹿の遺体の数を今回聞くと、鹿好きママさんが問い合わせたクスミ氏の回答と同様に、金川氏が言った数より少なく死亡の数を言っていました。。
さらに『(実は年間50頭前後も、宮島の鹿は死んでいたのに)死因は確認していない』とのこと。
松田氏によると
>ケガをした鹿や死骸を収集した鹿の数は公開はしていない。役所HP等でも公開されていない理由を聞くと、何故か(@_@)?松田氏は黙る。
宮島の鹿が、かなりの数、死んでいたことを役所ぐるみで隠していたいようです。
また以前の問い合わせで、宮島の鹿の遺体を解剖すると、観光客の与えた異物や、ゴミのナイロン袋が胃から出てきたから、鹿が死んだのは餌やり禁止による餓死ではなく、異物を食べたためだと、職員達は餌やり禁止を正当化する理由にしていました。
餌やり禁止にしたから空腹の鹿がゴミをあさったり、ナイロン袋まで食べ死んだとは、認めませんでした。

さて、鹿を減らすための鹿対策会議で、餌やり中止を観光客や市民におしつけ、ガイドラインにあった鹿の去勢や避妊については、守らなかったことについて松田氏は
『ガイドラインの中には続きとして、[事例が少なく司法確立がしていない為その効果だけでなく、影響の程度についても不明な点が多い。
野生動物の生理状態を人為的に改変することには反対の立場もある。
宮島の鹿の避妊については、実施するための調査も行い協議会の中で判断をする。
避妊措置の必要性が認められる場合でも対策によるさまざまな影響を想定し、試験的に導入していく。
また、効果を検証しながら順応的に実施するために、モニタリングなどを含む具体的な実施計画を綿密に作成することとする。]』と読みました。
しかし現時点、去勢避妊はしないと決めているとのこと。矛盾していますね。

また宮島の鹿の保護施設には、鹿が現在一頭のみ保護されています。
この足の悪い鹿についても現場の宮島支所観光課に可奈ママが問い合わせました。
>(0829ー44ー2003)
>対応して下さった内山氏の話をまとめると…
*右前足をケガした鹿を2/21に宮島の桟橋近くで保護。入り浜の保護施設に収容
餌やりと現地調査のために、宮島入りをした犬達のSOSメンバーが保護依頼の電話をした足の悪い鹿でしょうか?

内山氏は、ケガをした鹿が桟橋の近くにいたのを職員が見つけ、保護した。と言い、以前保護依頼があった鹿かどうかは、鹿は同じ(顔)なのでわからない。
と言っていました。

>*獣医さんに診察してもらい、診断は『打撲』。添え木はしていない。
>『固定するまで(2~3週間)保護施設に入れておきましょう』と言っていた。*現在保護施設に一頭しか収容されていないので、今ある草で食事は足りていると思われ、エサは与えていない。
>
以上、可奈ママの問い合わせで浮き彫りにされた、広島の役所による宮島の鹿対策の現状をまとめてみました。

東京のさっちゃんファミリーさんへ☆

おはようございます

東京のさっちゃんファミリーさん、いつも東京のホームレス猫ちゃんたちへご飯を配って下さり、ありがとうございます<(_ _*)>
また今回も箱いっぱいに優しいお気持ちの詰まったドッグフードを送って下さり、ありがとうございました<(_ _*)>

ミーママさんのご配慮で、『マリリンとコロリンに(^_^)』と頂きました。

来週金曜日に、コロリン家にもフードをお届けします(^^)d
マリリンも一緒にコロリンに会いに行きますので、また報告しますね

ありがとうございました☆

FC2と日本ブログ村のランキングについて

FC2の社会部門で「犬達のSOS」の週間INポイントはこの間まで230くらいでした。


閲覧者の中でクリックしている人はもっといるはずなのにおかしいと思い、FC2のヘルプを見ているとこんなのが↓ありました。

【Q.クリックしてもらってるのにポイントが入りません。 A.・クリックする方のパソコンでクッキーが有効でないとポイントは加算されません。
【クッキーの設定】 http://support.fc2.com/check_js.php

・クリックする方のパソコンでJAVASCRIPTが有効でないとポイントは加算されません。
ご利用のパソコンで、有効になっているかご確認ください。
【確認方法】 http://support.fc2.com/check_js.php

・クリックは一日に一度のみ有効です。
以前クリックしたときより24時間後から可能となります。
それ以前にクリックされたものについてはポイントとして加算されません。】


ブログ村の方もクッキーが有効になっていないとダメみたいです。

もしかしたら、クッキーが有効になっておらず、クリックしているのにポイントが加算されていない方がいると思いました。

ちなみにお恥ずかしいことに私がそうでした。

もし、ご自分のパソコンのクッキーを確認されてなければ この機会に確認してみてください。

島の恵さんへ

島の恵さん、いつもブログの閲覧についてのアドバイスをありがとうございますm(__)m
ポイント加算について詳しく調べて下さり、パソコンのクッキーが有効かどうかのコメントを頂いた事で私も勉強になりました。

クッキーとはパソコンのインターネット通信の設定の事で、パソコンの中には初期設定でクッキーが有効になっているものもあるそうですが、インターネットに接続のつど設定が必要なものもあるようです。
うまく説明ができませんが、クッキーって何だろう!?というところからのメンバーさんも少ないないと思います。
お時間のある時、島の恵さんのコメントの中に、クッキー設定が出来ているか確認できるURL があるので、クリックして確認をすると同時に、インターネット検索などで「クッキー」のキーワードでクッキーについての説明も読まれる事をおすすめします(*^^*)

おかえりなさい(≧∇≦*)

島の恵さん、教えて頂きありがとうございますm(_ _)m
私は、スマートフォンですが、確認してみると、有効になっていました(*´▽`*)
一安心です(*^_^*)
色々設定があるのですね(^^;)
いつも勉強になります!
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR