犬達のSOS☆山口県周南保健所職員達が禁止になっていたはずのワイヤー虐待捕獲!足だけでなくお腹周りを一周縫うほどの重傷を負わされたワイヤー犬に心を痛めコメントを寄せて下さった全国のみなさんへ、アグネスからのお礼 2014年6月4日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。
QRコード10  

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして

ランキングのご協力をお願いします

FC2ブログ 社会部門ランキング 
1位 2013/7/25~2014/6/4
(2位 2014/5/2) 
(閲覧者の皆様の応援で1日でまた1位に返り咲きました) 

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング 
2位 2014/5/15~6/4  
 

イラスト6 

2014/06/03 アグネスさんコメントです
☆皆さんコメントありがとうございます。山口編

こんにちは、アグネスです。 
山口県下松埠頭で虐待捕獲されたワンちゃんを心配してコメントを下さった皆さま、ありがとうございました。 
全国のホームレスワンちゃん、猫ちゃんが食べるものと、休む場所を見つけることができますように 

最近牛に似てきた主婦さん
山口県の犬達のことを心配してコメントを下さりありがとうございました。 
どんな理由があっても動物を傷つけることは許されません。 
公務員だから捕獲のために犬を傷つけていいとでも思っているのでしょうか。許されない行為です。 

真面目に働く山口県職員さん、
公務員の名前は正しく漢字でと 
周南健康福祉センター(周南保健所)
スミさんは、角 真美子さん(生活環境課食品衛生課) 
ウチトミさんは、内富清孝さん、
所長は、恵上博文さん、
副部長は、工藤伸一さん
と教えて下さりありがとうございました。 
下松埠頭にいる犬達が大人しくて好きだとの言葉がとてもうれしく思いました。 

さくらママさん
お久しぶりです。さくらちゃん達も全員国家試験に合格おめでとうございました。 
さくらちゃん達が「試験勉強を頑張れたのはSOSブログのおかげ」だと言ってくれているそうで、私達もすごくうれしいです。 
周南保健所(周南健康福祉センター)や山口県庁の職員は、虐待捕獲をしたり、そのことを隠ぺいしたりするのが仕事ではないはずです。
もっと命の重みを感じながらお仕事をしてほしいですね。 
また、ハッピーさんのことも心配して下さりありがとうございました。 

Kちゃんさん、群馬の花ぱんさん、シナモンさん、桔梗さん、私も愛をまといたいのんさん、ロンさん、猫ちゃんママさん、マグナムエミさん 
ワイヤー犬の記事を読み
「ワイヤー犬の手術が無事終わりますように」
「下松埠頭の犬達が幸せい暮らせますように」
と暖かいコメントをありがとうございました。 
下松埠頭のワイヤー犬は、情報が拡散されたおかげで、殺処分は免れましたが捕獲職員が「愛護センターでワイヤーを外す手術をする」と言っていたのは、その場しのぎの嘘で、愛護センターではワイヤーを外しただけでした。
また捕獲前にはなかったお腹を一周縫うような傷が増えていました。 
これは捕獲公務員が、普段から捕獲した犬の事を殺処分対象としてしか見ていないからだと思います。 

ちびっこパトロールたいさん
けがをしたワンちゃんのしんぱいをしてくれて、ありがとうございました。 

ばってん母ちゃん、愛媛のリカさん
ワイヤー犬の事を心配してコメントを下さり、ありがとうございました。ブログを見て多くの方が拡散して下さったおかげで殺処分されずにすみました。 
酷い傷を付けられ怖い思いをした分、これからは幸せになって欲しいと思います。 

takeruさん、Minmiさん、さかなとみしんさん、Misa Araiさん
いつもブログを見てツイッターでの拡散の応援をありがとうございます。 
山口県の虐待捕獲以外にも、全国にはまだまだ動物虐待や譲渡よりも犬猫の殺処分にばかり税金を使っている行政がたくさんいます。これからも気になる記事やコメントがあれば、どんどん拡散をお願いします。 

猫太郎のダチ リュウさん
下松埠頭のワンちゃん達の事を心配してコメントを下さり、また保護依頼にはお金がかかり私達がカンパでお金が無くなっていないかの心配までして下さり、ありがとうございました。 
シュリさんに提案された、ミニスカアニマルポリスを作って下松市でビラをまき学生さんにも呼びかける。というアイディアはアグネスも賛成です。 
動物虐待の多い地域だからといって、動物が嫌いな人ばかりではないので「動物虐待は犯罪!!」と多くの人に呼び掛けることで、虐待を未然に防ぎ、動物愛護の意識も高くなると思います。 

シュリさん
下松埠頭のワンちゃん達を心配して埠頭まで来てくれ、捕獲に来ていた職員の車を止めて下さり、ありがとうございました。 
ワイヤー犬が捕獲される時に現場にシュリさんがいなければ、いつ捕獲されたのかも分からずに殺処分されてしまっていたかもしれません。 
また、埠頭のパトロールやフードのお届けの他にも、動物虐待は犯罪のポスター作りもして下さったり、頼もしい限りです。
これからもよろしくお願いします。 

はちぞうさん
お久しぶりです。はちぞうさんが「山口県は動物虐待が公務なのか!?」と疑問を持たれる気持ちはよくわかります。 
2年前にもワイヤー虐待捕獲から逃げていた白ちゃんを大阪の保護団体さんに保護してもらいました。 
(SOSブログでそのことを取り上げてから、山口県はワイヤーによる犬の捕獲は禁止になりました) 
周南保健所は犬の捕獲について捕獲方法も、捕獲に行ったのかさえ話しませんが、ハッピーさんが下松埠頭の釣り人に聞き取りをした結果、虐待捕獲をしていたことが判明しました。 

愛をまといたいさん
お久しぶりです。 
山口県は周南保健所をはじめ、動物愛護センター、下松警察署、ワイヤー犬や虐待を受けて片目を失くした犬のことでの対応で改めて、動物に冷たく身内には甘い人が多いのだと思いました。 
幼少期の体験が、その後どんな大人になるか決まると言われていますが、愛をまといたいさんのおっしゃる通り虐待公務員達は、子供の時に命の大切さや、人としての誠実さというものを学ばなかったのか、大人になって忘れてしまったのだと思います。 
今からでも遅くないので、人にも動物にも優しくなってほしいですね。 

あずにゃんさん
アメリカで野良猫を蹴飛ばして動画サイトに投稿した男がいて、そのことに激怒したツイッターやフェイスブックのユーザーがどんどん通報して、動物虐待で逮捕されたことを知らせて下さりありがとうございました。 
アメリカは動物愛護先進国なので、一人一人の意識が高いのですね。
人間以外の生き物の事を、犬畜生と呼ぶ日本が動物愛護先進国と呼ばれるのはまだまだですね。 

ボタンちゃん、さくらちゃん、
新人ナースとして頑張りながらブログを読んだり、コメントを下さりありがとうございました。 
婦長さんに叱られながらも、明るく個性的なナースのボタンちゃんの周りにはいつも笑顔の花が咲いているのでしょうね。これからも頑張って下さいね。、 
さくらちゃんは、いつも物事を冷静に客観的に見て分析できるところがすごいですね。 
ハッピーさんのことを心配して下さり、ありがとうございます。 

飛鳥さん
初めまして。読んでいてスカッとするショートコメントを、ありがとうございました。 
公務員が税金を使って虐待をするなんて許されない事です。

高知のハチキンさん
山口県のワイヤー事件から、沖縄県に捕獲方法の改善の嘆願や問い合わせをして下さり、ワイヤー捕獲についてのコメントをありがとうございました。 
問い合わせた時に対応をして下さったU獣医さんは、電話中にuさんはインターネットで《山口県ワイヤー犬》と検索し、下松埠頭で捕獲されたワイヤー犬を見て下さり、すぐ
『これは捕獲に失敗したんですね』 
と言われたそうですね。 
*捕獲職員が居る時に使う捕獲道具で棒の先にワイヤーがついたもの。(沖縄県にもある) 
*針金ではない。 
*ワイヤーを噛みきって逃げたんでしょう。
との事 
山口県の捕獲公務員達が、何が何でもワイヤーだけは絶対に外したかった(虐待捕獲の証拠隠滅)のが、よくわかりました。 
自分達の証拠さえ外せれば、犬がどれだけ傷つこうが構わないという考えの公務員達は、ワイヤー犬のお腹の傷が捕獲後に増えているのに、知らないと言い訳をしています。足が壊死する可能性のあるワイヤー捕獲が使われなくなる事を心から願います。 

ともよんさん、ビューテホーさん
初めまして。 
ブログを読んでコメントを下さり、ありがとうございます。いい大人が自分より弱い立場の動物を虐待なんてありえないです。 
北海道で犬を殺して捨てた男が逮捕されましたね。同様に他の県では動物虐待や遺棄があった場合、警察が捜査して犯人を捕まえます。
山口県も公務員同士のかばいあいや隠ぺいをするのではなく、市民からの通報があった場合は捜査をしてもらいたいですね。

イラスト8

☆皆さんコメントありがとうございます。山口県下松埠頭聞き込み編

ハッピーさん、
山口県下松埠頭のパトロールや、釣り人や通行人に聞き取りをありがとうございました。 
4/15に周南保健所(周南健康福祉センター)と下松市役所の午前中の合同捕獲の目撃者を数名見つけ、話を聞いてみたところ、トラックに乗った二人と歩きの二人(ワイヤーでなく網を持っていた)そうで、これはミーママさんが市役所に問い合わせ、市役所からは二人が行き網だけを持ち、保健所職員はワイヤーと犬の首を絞める金属のワッカを持つと聞いた話と一致します。 

そして、大人しい犬を車で追い回し動物虐待を公務と言い、税金でストレスを発散させるために行い、結果、ハッピーさんがパトロールに行った時には、釣り人や付近の人からご飯をもらい人馴れしていた大人しい犬達は、くたくたに疲れ切っていて唸ったり、吠えたり、威嚇したりせず人間に怯えていたそうですね。 

捕獲されたワイヤー犬は動物愛護センターから戻った時に、お腹を一周縫わなければならないほどの酷い傷がありました。 
埠頭の釣り人の話では
「ワイヤーがからまった足からは血が出ていたが、お腹にこんな酷い傷はなかった」
との事で、釣り人が触れるくらい近くで餌を食べていたので、お腹に傷があれば気が付く距離です。 

保健所も市役所も犬を捕獲することは公務でしょうが、骨が見えるくらいにきつく巻きつくワイヤーを使ったり、お腹を深く傷付けるような捕獲は、公務ではなくただの動物虐待だと思います。 

狂犬病予防法で、飼い主不明の犬や狂犬病予防接種の鑑札を付けていない犬を、抑留することができるとありますが、それは、即殺処分しなければならないとは書かれてなく、動物管理愛護法では殺処分を減らすために、譲渡希望者がいれば譲渡し、生かすようにと書かれています。 

譲渡のために動物愛護センターから引き出すのは、法人や愛護団体でなければならないと書かれているわけではありません。 
血統書や飼い犬だけが好きな中村時広氏がいる愛媛県や、野良犬を虐待捕獲し続けている山口県の行政は、狂犬病予防法や動物管理愛護法を自分達に都合よく解釈し、譲渡後に苦情が来たりすると面倒なので、殺処分することの理由を正当化し殺し続けています。 

本当に犬や猫の命を大切に思っている行政は、保健所や動物愛護センターに収容されている捨て犬(猫)迷い犬(猫)を一匹でも多くホームページに掲載し、新しい里親さんを見つけるための譲渡会も形だけの、月1、2回ではなく、できる限り多く開催し、希望があれば譲渡会でなくても見学を受け入れたりして新しい出会いの場を設けています。
そして、生かす努力をしている行政は、飼い猫ではない外の猫に不妊去勢手術を行い、元の場所に戻しトイレや餌場を決めて管理をする地域猫活動を積極的に行っています。

花ポリイラスト(小)001 

☆皆さんコメントありがとうございます。山口県下松警察署編

桔梗さん
4/23に下松警察署に県の条例や動物管理愛護法に違反した場合、警察が動くのかの問い合わせなどをして下さりありがとうございました。 
対応は生活安全課のアオキさんで、県の条例違反の場合は市の条例などもあるので、警告を行うとの事。 

条例違反が行政の場合でも動くのかという質問には、内容によっては動く場合もあるという事ですが、それは一般市民には警告もするが、公務員の場合は内容次第で警告しないこともあるとも受け取れますが、やはり公務員同士だと判断が甘くなるのでしょうか!? 

「周南市の犬の捕獲方法が県で禁止になっているワイヤーを使用しているので調べて欲しい」
「最近下松埠頭で保健所が捕獲した(ワイヤー)犬が、捕獲時に県で禁止のワイヤーを用い、酷い傷を負わせていたので、動物愛護管理法の動物虐待にあたると思われるので調べて欲しい」
との二点と
「下松埠頭に犬が何頭かいるようですが、 動物虐待をする人がいるようなので パトロール等していただきたい」
との依頼をありがとうございました。

アオキさんは、行政の条例違反とはどのような内容か訊ねて下さったそうなので、以上の内容を事実確認をしていただきたいです。
もちろん、周南保健所の捕獲職員達が正直に「ワイヤー捕獲しました」と答えるとは思えませんが、警告はして欲しいものです。
また犬の虐待の多い下松埠頭を動物虐待取締りのパトロールは、次に起こりかねない凶悪犯罪の芽を摘む意味でも実施していただきたいものです。 

高知のハチキンさん
4/26に下松警察署に動物虐待の捜査について問い合わせて下さり、ありがとうございました。 
対応されたアンノさんは
「先日、市民の方からの連絡(ミーママさん!?)があり、知り、周南保健所に聞いたが、『ワイヤー犬のケガが人為的なものかはっきりしない』と言っていた」
と同じ公務員をかばうようなやる気のない返答。
そして、保健所の職員に聞いたのか 
「犬の事は何で知りましたか?個人のブログか何かですか?」
「何県の方?」
としつこく聞いてきて、捜査すべきは、追跡すべきは、犬を虐待した側の人間なのにおかしいですね。

イラスト4 

☆皆さんコメントありがとうございます。山口県庁編

豆大福さん
ブログを読んで虐待捕獲をする周南保健所の職員達に怒りを覚え、山口県庁に電話をして下さり、ありがとうございました。 
電話を3人たらい回しにされた後に、電話に出られた職員さんの
「職務上ネットやブログは見ています」
との言葉に驚きました。
保健所の職員にSOSブログの事を聞いて、何を書かれているのかを見ているのでしょうか。
ネットに何を書かれているかを気にするよりも、自分達が何をするかだと思うのです。 
虐待捕獲が無くなり業務改善されれば、誰に何を聞かれても回答に困らないし、山口県全体のイメージも相当良くなるはずです。後ろ向きな言い訳よりも、前向きな改善がやるべきことだと思います。

☆皆さんコメントありがとうございます。山口県動物愛護センター編

あずにゃんさん
4/18に山口県動物愛護センターにワイヤー犬について問い合わせて下さり、ありがとうございました。 
対応された平田獣医の話に
「ぐるりときつく巻かれたワイヤーを外しただけ」
とあり、この一言だけでも 周南保健所職員の
「フェンスの金網がからまったのだろう」
などという驚き発言が嘘だった事が分かります。 
ワイヤーが巻き付いていた部分あたりから、膿んでいるキツイ匂いもしていて、壊死している可能性もあると分かっていながら、ポタポタと出血しているのに何もせずに保健所に帰しただけで、手術もできない獣医なんてペーパー獣医で、意味がない気がします。 

桔梗さん
4/19に山口県動物愛護センターにワイヤー犬について、問い合わせて下さりありがとうございました。
対応した平田獣医は、前の日(4/18)に、あずにゃんさんが問い合わせた時には 
「ぐるりときつく巻かれたワイヤーを外した」
と答えていたのに、1日経って桔梗さんには 
「からまっていた針金のようなものを取り除きました」
と発言が変わっています。
桔梗さんに 
「どのようなものと推測されますか?」
と聞かれ、
「ミドリのフェンスのような、クリーニングのハンガーのような、針金にビニールが巻かれたもの」
と答えています。 
下松埠頭に捕獲に行った周南保健所のタナカマサキ獣医と
「足に絡まっていたものはワイヤーではなく、フェンスか何かという事にしよう」
と打ち合わせでもしたかのような回答ですね。 

そして、あまりしゃべるとぼろが出て嘘がばれると思ったのか、ワイヤー捕獲については「周南保健所に聞いて下さい」の1点張り。 
山口県は、県庁も周南保健所も動物愛護センターも、下松警察も嘘と隠ぺいばかりです。 

タナカマサキ獣医も平田獣医も、動物が好きで、命を救いたいから獣医になったのではなくて、首にならない公務員獣医になりたかっただけかもしれません。

イラスト5 

☆皆さんコメントありがとうございます。山口周南保健所(周南健康福祉センター)編

あずにゃんさん
周南保健所に問い合わせて下さり、ありがとうございました。 
対応は田中獣医、あずにゃんさんが真面目に話しているのに終始薄笑いで、公務員とは思えないくらい不謹慎な対応だったそうで、山口県には真面目に働いておられる公務員の方もたくさんいらっしゃるのに、田中獣医は自分のいい加減な対応が山口県のイメージダウンになるとは、思わないのでしょうか。 

ヘラヘラ笑いながら、動物愛護センターでワイヤーを外しただけで、まだ入院中のワイヤー犬の事を 
動物愛護センターで応急処置→愛護団体に引き渡し→入院→適切な処置をしてもらい里親を探してもらうことができたと、嘘を答えていました。 
何も知らない人が聞いたら、保健所がワイヤー犬を保護し、動物愛護センターで応急処置を受けた後、愛護団体が入院させて、適切な処置も受けさせて、里親さんを探したと信じてしまいます。 

周南保健所の田中獣医は、柔らかい口調で話す相手(女性)には、へらへらしながら、都合のいい質問にだけ答え、相手を丸め込むために平気で嘘をつくという事がはっきりしました。 
電話を掛けたのがあずにゃんさんでなければ、嘘に騙されていたと思います。 

高知の可奈ママさん
4/18にワイヤー犬について周南保健所に問い合わせて下さり、ありがとうございました。
対応は、田中獣医でしたが、ワイヤー犬についての回答に驚きました。 
「下松埠頭で捕獲された犬は、センターで応急処置をしてもらい、愛護団体が動物病院に連れて行ってくれると言うので引き渡した」
と、虐待捕獲の証拠のワイヤーを外すためだけにセンターに連れて行き、消毒も何もしないで保健所に戻したことなど、都合の悪いことは何も言いません。 

そして、真偽のほどは分かりませんが、別の日の問い合わせの時には
「下松警察署に動物虐待の通報をしている」
と言われたそうですね。 
虐待をした張本人なのに、動物虐待の発見者を装うなんて、どこまで厚かましいのだか神経を疑いたくなります。 

雪ママさん
ツイッターで下松埠頭のワイヤー犬の事を知り、動物愛護センターと周南保健所に問い合わせて下さり、ありがとうございました。 
ワイヤー犬を捕獲した保健所職員達は、ワイヤーを外す手術をすると嘘を言い、愛護センターでは虐待捕獲の証拠のワイヤーだけを外して、周南保健所へ連れて帰るというお粗末なものでした。 
これ以上下松埠頭のワンちゃん達が傷付けられないことを祈るばかりです。 

群馬の花ぱんさん
4/21に聞き取りに間違いがないようにと、車を飛ばして電気屋さんに行き、ボイスレコーダーを購入してから、周南保健所に問い合わせをして下さり、ありがとうございました。 
問い合わせの時に、花ぱんさんはきちんと自分の名前を伝えているのに、対応した田中獣医は、花ぱんさんが
「なんとお呼びしたらよろしいですか?」
と聞くまで、名前も名乗らず、公務の犬の捕獲について訊ねても 
「こちらではお答えしないようにしているんです」
とだんまりです。 
4/18までは、高知の可奈ママさんやあずにゃんさんに、嘘も混ざっていますが自分に都合よく答えていました。
「犬の捕獲については何も話すな」
と箝口令がひかれたようです。 
(後に箝口令を引いたのは、周南保健所の工藤伸一副部長と判明) 

ロンさん
4/23に周南保健所に問い合わせをありがとうございました。 
「田中獣医の上席にあたる方をお願いします」
と伝えて、電話に出られたのは工藤伸一副部長。 
「犬の捕獲方法とか、個別的な話はお答えできない。説明はしません」
と、公務員の勤務中に公務として行っている犬の捕獲について訊ねているのに、何とも不自然な対応ですね。 
よほど答えたくない事ばかりなのでしょう。 

「答えない、説明はしない」と問い合わせに、答えるつもりのない体制になったのは、工藤さんが副部長として赴任された平成26年4月からだと、ロンさんの問い合わせでわかりましたが、
この工藤副部長さんは、江上博文所長さんに電話を代わって下さいと言っても、
「今は留守で、普段も不在がちです」と答え
「伝えることがあれば、私が伝えます。」と、ロンさんが所長さんと接触するのを極端に嫌がっていて、
何か所長とロンさんが直接話をするのが都合悪いような印象を受けました。 
 もしかしたら、下松保健所が行っているワイヤー捕獲は工藤副部長と田中獣医のストレス発散で、所長は詳しく知らないのではないでしょうか。 

瀬戸の花嫁さん
初めまして。SOSブログを読んでコメントを下さり、ありがとうございました。 
下松埠頭のワイヤー犬が、あまりにかわいそうだったからと、周南保健所に問い合わせをして下さり、ありがとうございました。 
対応は田中獣医で、ワイヤー犬について
「愛護団体からの保護依頼があり、保護しました」と嘘を言い、
さらにSOSブログを見ているのに
「ブログは見ていない。自分達が保護した犬か分からない」
と、どこまでも嘘をつき、しらを切り、開き直っている態度からは、足だけでなく、お腹にもあんなに酷い傷を負わせた贖罪の気持ちなどみじんも持ち合わせていないのだと、改めて感じました。 

愛をまといたいコロワンさん
下松埠頭のワイヤー犬について、周南保健所に問い合わせて下さり、ありがとうございました。 
対応した田中獣医は、コロワンさんが、周南保健所が虐待捕獲を行っている事を知らないと思い、何一つきちんと答えずに当たり障りのない回答をされたようですが、公務についての問い合わせには、きちんと対応していただきたいですね。

海ちゃんさん
お久しぶりです。下松埠頭のワイヤー犬の事を心配して,捕獲直後に周南保健所に問い合わせて下さり、ありがとうございました。 
対応した角さんは、何を聞いても
「そういったことはお答えできません」
と事務的に返事をするだけというのは、市民の税金からお給料をもらっている公務員の対応とはとても思えません。 
その横柄な態度が山口県の公務員の印象を悪くしていると思います。 
海ちゃんさんのおっしゃるように、同じ税金を使うのなら、犬猫を助けるための不妊去勢手術などに使って欲しいです。 

なにわのあんこさん、
ブログを読んで下松市役所と周南保健所に問い合わせて下さり、ありがとうございました。市役所も保健所も言い訳をたくさんするよりも、野良犬や捨て犬の捕獲方法を改め、本当に犬を傷つけないようにして、新しい里親さんが見つかるように譲渡会を増やすなど、愛護センターとも連携を取るべきだと思います。 

群馬の花ぱんさん
5/16に周南保健所に問い合わせて下さり、ありがとうございました。 
対応した田中獣医は、花ぱんさんが公務である野良犬の捕獲に行ったかを聞いているのに「答えられません」と何も答えず、また、去年神奈川県が殺処分0で保健所に来た動物達の写真をブログに載せていたという事を伝えても、会議もないのにその場しのぎで、検討しますと答えるいい加減さ。 
周南保健所には殺処分を減らしている行政を見習って欲しいですね。


☆皆さんコメントありがとうございます。周南市役所編
高知の可奈ママさん
周南市役所農林課へ、いのしし罠について問い合わせて下さりありがとうございました。 
農林課山本さんによると、いのししの捕獲方法でワイヤーを使うものがあるが、そのワイヤーを足に巻きつけたまま動物(野良犬、いのししがかかったとしても)が逃げることはありえないとの事。 
ワイヤーは固いものだから、足が切れて逃げる事は別だそうで、ワイヤー罠から動物が逃げるようでは猟にならないとの言葉になるほどと思いました。 
下松市で見つかったワイヤー犬は、足にワイヤーが巻き付いたままの状態でしたから、山本さんの言われるようないのしし猟に使われるワイヤー罠ではないという事になるので、もっと小さい動物(犬や猫)を対象に作られたワイヤー罠と言う事になります。 

桔梗さん
周南市のホームページの『飼えなくなった犬・ねこの引き取り』の 誤表記を見つけ、周南市役所のホームページ担当に連絡をして下さり、ありがとうございました。 
動物愛護管理法が改正されてからかなり経つのに、市役所職員も、市民も誰ひとり気が付かなかったのは、動物愛護の意識が低いと思います。 
わざわざ桔梗さんが電話で、誤表記を知らせているのに、市のホームページ担当者は連絡を受けてからも数日間、誤表記の訂正を行っていなかったのは公務としてホームページを作成しているのだから、職業意識が低すぎるのではないでしょうか。


 pa-a02[1] 



【情報は鍵コメントにせず、オープンに公開コメントでお寄せください】
当ブログは住所やメルアド等の個人情報がある鍵コメントを除いて、隠す必要がないと思われるものは公開させていただきますことをご了承ください。

ランキング協力お願い】
画面左上にある【FC2ランキングボタン】【日本ブログ村ランキングボタン】2つともクリックしてください。
クリックするとランキングサイト(FC2,日本ブログ村)にアクセスされ、INポイントが「犬達のSOS」に加算されます。
また、ランキングサイトに表示されている「犬達のSOS」をクリックすると、OUTポイントが加算されます。
ポイントが加算されると、ランキングが上がりますので、ご協力をお願いします。

【コメント投稿のご案内】
各記事ごとにコメントを投稿出来ます。
下記の手順でお願い致します。
★パソコンからの場合★
①画面左側にある最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事を選び、クリックします。
②記事の下に、コメント記入欄が出てきます。
(コメント記入欄が、出てこない場合は、記事の下の【コメント】のところをクリックしてください。)
③コメント記入欄に入力します。
★名前
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です(無記入でもいいです)
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、送信をクリックして、投稿完了です。
☆「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信すると、ブログ管理者にしかコメントが表示されず、ブログ上にコメントが表示されなくなります。
⑤投稿完了画面が出たら、終了です。

★携帯電話からの場合★
①最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事をクリックします。
②記事の下に【コメントを書く】があります。
そこをクリックするとコメント記入欄が出てきます。
③コメント記入欄に入力します。
★ニックネーム
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です。
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、「公開コメント」にして、投稿するをクリックして、投稿完了です。
☆「管理者への秘密のコメント」にすると、管理者にしかコメントが表示されず、コメントがブログ上に表示されなくなります。
⑤投稿完了画面がでたら終了です。

※公開コメント場合、入力した内容はすべてブログ上に表示されますので、メールアドレスなどを記載する場合は十分にご配慮ください。
※上記の手順で投稿してもエラー等になり投稿できない場合がありましたら、再度トライしてみてください。

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Mちゃん、がんばって!まずは自分でできることをやってみましょう!

Mちゃんは度々、なぜかトラブルに巻き込まれ、毎回意味がよくわからない鍵コメントをされてきます。
今回も、トラブルにまきこまれ、
段ボールにぎゅうぎゅう?の猫(子猫とも、部屋の前にとも書かれていません)を置き去りにされて困っているとのこと。

愛媛県の保護団体さんにも、また相談され
《 >「保護した人が責任を持って面倒見てください」とお決まりの返事であっさり断られ本当に困っています。
押し付けられただけで「保護」してませんし、 》
とのこと…。

以前は、車の中?に野良猫が閉じ込められている。と大慌ての鍵コメントに、ミーママさんが真剣に考え、返事をされ真夜中まで振り回され、結果大げさに書かれていた内容とは少し違い、猫ちゃんは無事に自力で出ていきました(^-^;

Mちゃん、Mちゃん自身も、自分でできることをせず(大人の猫なら段ボールから出してあげると、どこかへいきます。弱っていたらご飯を与えます/子猫なら犬猫用の粉ミルクを買い、人肌に温め与える/
県外の山口県から愛媛に来られたから、知り合いは少ないかもしれませんが、普段から友人作りをされ、みんなに協力してもらう。石崎汽船が愛媛と山口県を繋いでいるから、結局同県の方も在住していると思います。メンバーの近所にも故郷が山口県だという、お喋り好きの元気な、おばあちゃんがいます)、毎回なぜか?トラブルに巻き込まれる?トラブルを呼ぶ?のか、そのたびに誰かに押し付けようとされていませんか?

【人任せにせず、自分で考えて、自分で今できる最善の行動をしないと、人は何歳になっても成長しないし、誰の役にも立たないし、慕われ必要とされる大人になりません。
一生懸命、無い頭で考えろ~(*^_^*)それが良い経験と成長になり、いつかあなた自身を助けるわ。
誠実さや、一生懸命さがある人には、みんなも手を貸します】
とミーママさんがよく言われています。

また、鍵コメントで、《 自分にメールをください。会いたいです 》と毎回書いてありますが、
会いたいために、(猫を)緊急です。と書き入れているのでしょうか?

何度、鍵コメントは止めてください。と書いても、隠す必要の無い内容を、また鍵コメントで書いてこられるから、誠実さも伝わってこないのです。

文章から感じられる人柄を毎回、見ながら、私達の方からこのような方なら、会いたい。何か手助けやカンパや、野良ちゃんたちのキャットフードやドッグフードを送ってあげたい。と、今までも連絡を取ったり、会って協力をさせてもらった方や、メンバーさんになってもらった人もいます。

Mちゃんが書かれていた、《 >押し付けられただけで「保護」してませんし、》には編集隊一同は残念でした。

ツイートしました(^O^)

みなさま、おはようございます(*^_^*)お久しぶりです、さかなとみしんです。
みなさんのツイートから、山口県の犬へのワイヤーを使った捕獲や、周南保健所職員の非道な態度を知って「それはヒドイ!」と思い、リツイートしていました(*^_^*)

昨日は、ミーママさんのコメントを読んで、動物の殺処分をゼロにするための対策について「なるほど~」と思ったり、想像とはいえ、アイデアが乏しい公務員をアメとムチで上手に働かせている場面でクスッと笑ったりしました。特に、学校で子どもたちに捨て犬や捨て猫をお世話してもらうというアイデアは大賛成です(^O^)

これは、動物と仲良く暮らせるようにするために日本のみなさんに広く読んでもらえるといいな~と思いました!!(^O^)

そこで事後報告ではありますが、先ほどツイートさせていただきました(*^_^*)ブログの皆さんの思いや行動が広がって、優しい日本人が増えるといいなぁと思います☆

《SOSの皆様に警告》

SOSの皆様、貴女様達の調査やユーモアに富んだ文章や鋭く広い視点を拝見し勉強させていただいている者です。説得力があり感心する記事には拍手もしています。
以前から気になっていた書き込みがあります。異なるネームで内容は同じ不快なコメントに気付かれておられますか?



明らかにSOS様に悪意や逆恨みを持つ者と思われる重複する内容が、拍手欄の方のコメントに入っています。
多分まだ、御存じないようですね。
貴女様達が書かれていた山口県外道公務員の仕業と思われます。
逆恨みと悪意に満ちていますから削除をされたほうが良いですよ。
拍手のコメント欄をSOS様は確認されてない様子だから、こちらにもコメントで知らせておきます。
貴女様達が山口県の公務員の卑怯さ卑劣さを度々書かれておられましたが、影で陰湿な書き込みを続ける山口県の外道公務員の性根の悪さが、よく現れています。

「犬たちを守る会さんへ」

犬たちを守る会さん、
はじめまして。

このたびはSOSブログの調査やユーモアに富んだ文章や広く鋭い視点が勉強になるとコメントを下さりありがとうございました。
また記事には拍手ボタンを押して下さっていて、ありがとうございます。

そして拍手コメントに投稿してあった嫌がらせコメントについてですが、私達編集部の方では犬たちを守る会さんに教えていただくまで、そのことに全く気が付いていませんでした。

そして昨日、すぐに確認しました。

犬たちを守る会さんも感じられたように、今回の異なるハンドルネームで、意見ではなく品も知性もない悪意に満ちた文章を、コピーして何か所も貼り付けていくやり方など、山口県の虐待捕獲公務員達のことを告発していた時に、よく登場していた分刻みの執拗でねちねちした悪質コメントや、アンチSOS掲示板を立ち上げて攻撃してきた時のやり方とよく似ていました。

また投稿時間は、すべて午後から20時半までとなっていて、公務員さんの特に忙しい午前の勤務時間中には投稿は一度もありませんでした。

これから編集部で、悪質拍手コメントは削除作業にはいります。

犬たちを守る会さん、教えて下さってありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

犬たちを守る会様へ ありがとうございます

ミーママと申します。
今回は、当方が全く気づかなかったブログの拍手コメント欄に、コソコソほぼ同じ内容の嫌がらせを書き込みしている多重ネーム者がいる事を、お知らせ頂きありがとうございましたm(_ _*)m

まあ…程度の低さと執念深さに呆れました。
書き込まれた時間を見ると、公務員が忙しい午前中は無く、暇になるお昼からと、帰宅して一息ついたくらいの時間帯に集中しているようです。
中には、山口県から書き込んだとバレないように、松山市役所公園緑地課の職員と、散歩の60~70才代男性による猫虐待が続けられ、首を切られた猫の死体も見つかった、愛媛県松山市総合公園の記事の事も、カモフラージュで嫌がらせしていましたね。

猫虐待おじさん(*虐待公務員と仲の良い住民で、美和さんに「餌をやるな!」怒鳴ってきたり、うちとは関係ない別の猫ボランティアさん達に、お前らがワシの事を書いたんか~。と写真をバチバチ撮って結果、ボランティアさんに警察を呼ばれ、一目散に逃げたおじさん)の一応プライバシーも考慮して、後ろ姿を撮り、服装や歩き方等の特長と共に写真をブログにアップしました。

犬たちを守る会様から、知らせていただいた嫌がらせ書き込みの中には、公園の女子トイレから盗撮し適当な人物を虐待犯にしたてた。
とも書いてありましたが(^o^;)呆れるばかりです。

総合公園担当の美女美和さんが、わざわざ女子トイレに隠れて、通行人のおじさんばかりを盗撮しますか(^o^;)?

私達は普通に歩きながら、いつも写真を撮っています。
虐待おじさんに関しては、さすがに公務中の公務員ではないから、前から撮るのを控え、後ろからとか遠目に顔が見えないよう、でも体格やいつもの服装がわかるよう撮っています。
例えば女子トイレに入ったとして、位置的に虐待おじさんの後ろ姿は撮れません。
つまり、総合公園の事をよく知らないまま、新記事が出る度、ドブネズミのように、コソコソ、
「シメシメまだバレてない(ΘoΘ;)拍手する奴が犬達のSOSが嫌いになるよう書き込んでやる~」
と拍手欄にコメントを入れてたんですね(^^;)

このような下品な発想は、自分が普段女子トイレにしのびこみ、盗撮しているから、ポロリと自分のチカン行為を書いてしまったのでしょう。

私たちのブログと接触した他のブログ主様から過去にも同様に、
「犬達のSOSに対する嫌がらせコメントが入ってます。削除させてもらいました。」
と連絡を頂いたり、本当に執拗に犬達のSOSを、このチカンストーカー男達は愛読しながら付け狙っています。

山口県防府市役所の虐待公務をしていた、清水正博さん、またこのブログを
「ぶぶぶ、ブログなんて見たことない(*`θ´*)あのブログはデタラメばかり書いて防府市役所は訴える~
(役所をバックに、威張る卑怯な口癖で、ヤフーの嫌がらせ多重ネームの書き込みにも、防府市役所は犬達のSOSを訴える!
と同じ言葉がありました)」
閲覧されてますか?
たしか似たようなことを清水さんはメンバーに言われてますよね。
「適当な白い野良犬の足を、紐でぐるぐる巻き付け、写真を撮り虐待捕獲やワイヤー捕獲だと、(*`θ´*)ブブブブブログの者らが、でっち上げた!証拠はあるか?動画を出せ」と。
この発言と同じ言葉も、ヤフーの嫌がらせトピックで多重ネームしながら執拗に書き込んでいましたね。

更に、私たちが保護依頼をし、防府市役所、防府保健所(健康福祉センター)より先にワイヤーシロちゃんを助けてくれた大阪のアークさんのことを、ボイスレコーダーで毎回録音しているメンバーとの電話で、清水正博氏は、
「あの団体は、アタシたちが捕まえようと何度しても、逃げ回って捕まえれんかったあの犬を、いとも簡単に捕まえちょったんですよ(*`θ´*)アタシ達が~◇▼×」
と叫び、大阪の獣医さんでワイヤーを外し、壊死した足を切断手術して頂き、命を取りとめたシロちゃんと、アークさんにも、悪の手を伸ばしていました。

(証拠いん滅のために)シロちゃんの足に絞まっていたワイヤーをしつこく返せと、何度も山口県の役所から電話があったそうです。

自分達が虐待ワイヤー捕獲をしていないなら、シロちゃんの壊死した足から外したワイヤーを、異常な執念で取り戻そうとはしません.

さらにこの4月の第2の山口県下松市埠頭のワイヤー犬事件では、山口県周南保健所と下松市役所は、ワイヤー犬をさらに、胴回りまでワイヤーで締め付け血だらけにし捕獲しました。
そしてツイートや転載で有名になったこの山口県下松埠頭のワイヤー犬を世間の目を意識して殺せなくなり、いち早く麻酔もせず、足に食い込んだワイヤーを剥ぎ取り、犬は止血もされず血がボトボト垂れたまま工藤伸一、田中マサキ獣医達、隠ぺい虐待ワイヤー捕獲の職員達により周南保健所に連れていかれました。
ここであえて田中マサキ獣医と書きましたが、普通ワイヤーを持ち捕獲するのは役所では技術職扱いになる獣医です。獣医さんですかとお聞きすると答えませんと言われました。
多少は後ろめたさを感じていたのでしょうが、無抵抗な犬達に対してやってきた不必要な痛め付けの虐待は、人として獣医として許されません。

その時、外したワイヤーを、フェンスのワイヤーが勝手に絡んだと嘘を言いましたが、ワイヤー自体をフェンスワイヤーにすり替えた可能性もあります。

今回も私たちが山口県での4月のワイヤー犬の入院代や、アークさんへの保護依頼費を他の埠頭の犬達の分も含め、お支払し救助をお願いしました。

山口県の動物病院では、胴回りの傷を縫っただけで、ひどい血だらけで壊死をしている可能性のある足の治療をしてないまま、治療内容に対し高額と思える治療費を院長先生に請求されましたが、この山口県の動物病院にすでに、虐待公務員達が隠ぺい工作で連絡してきていたのか?
「自然の状態でフェンスがちぎれ足に絡むことがある」と役所を庇っていました。

素人が考えても、足が壊死寸前までぐるぐる巻きにフェンスが切れて自然に絡むことはなく、アークさんが第2のワイヤー犬を治療して頂いた大阪の獣医さんも、自然の状態でワイヤーがこんなに巻き付くことはない。と言われたそうです。

山口県の虐待公務員の脅しや、口封じが入らない大阪の獣医さんと、山口県の獣医さんが言った内容は全く違います。

また、このブログを隅々までチェックをしているから、アークさんが二年半前のワイヤー犬、シロちゃんが役所に捕まり殺されるより先に、電光石火で保護した団体だとわかり、ワイヤーを取り外す手術もし虐待証拠のワイヤーが大阪にあると気がつき、(証拠いん滅のために)ワイヤーを返せと電話してきたのでしょう。

そんな異常なチカンじみた書き込みストーカーをするより、今まで虐待し殺させてきた罪もない犬や子犬達にあやまり、優しい山口県にするために頭は使えないのですか?
防府市役所の清水正博さん、防府保健所の虐待と、死ぬまで野良犬に、致死量睡眠薬の動物実験を同じ健康福祉センターの同僚獣医たちとした大山昌志獣医さん。

更に、山口県の保護団体数件に、情報が全て漏れているけど、この中に犬達のSOSのメンバーがいたら、子犬の譲渡はさせない(*`θ´*)
と脅しや圧力を役所権限を使い、まるで、公務員ヤクザですよ。
昔のヤクザの親分さんは、素人衆には手を出さず人情が厚かったらしいですが…。

今度は拍手欄に嫌がらせが書き込めなくなり、また、嫌がらせトピックにせっせと嫌がらせを書き込みますか?

見苦しい事を書きましたが、犬たちを守る会様、一応ブログ等を探してみましたが、その名前では見当たらず、よくお考えだったみたいで、かえって安心しました。
あのドブネズミのような嫌がらせ書き込み主に、お宅様のホームページやブログ名などわかってしまうと、また執拗な嫌がらせをされますから気を付けてくださいませm(_ _*)m
お陰さまで、拍手欄をこれからチェックしていき、嫌がらせ主の書き込みは、却下させていただくことになりました(*^_^*)

また宮島の鹿に餌やりを続けておられる米田さま、そしてその他、拍手しコメントを入れてくださっていた皆様、ありがとうございましたm(_ _*)m

早々にお礼コメントを頂きありがとうございました

1ヶ月以上自分が一生懸命考えた末に、普段色々勉強させてもらっているSOS様を狙う害虫を何とかせねばいかん!とやっと奮い立ち警告コメントを入れさせてもらった次第ですが、SOS様の対応の速さにお見事!と驚かされました。


自分が投稿した翌日には、拍手欄とブログ内に丁寧なお礼コメントと経過詳細が編集部様とミーママ様から入っていました。


どうすればあの短期間で、ミーママ様があれだけの内容を書いて打つことができるのか、小生は不思議でなりません。害虫の悪意に満ちた同じ文面を少し変えただけの知性や品性のない貼り付けと格の差は歴然です。


あの不快な悪意と逆恨みに満ちた害虫コメントも一掃されていてスッキリしました。


小生に嫌がらせが来ないかまでお心使いありがとうございます。自信ができた頃小生の活動をお知らせします。


山口県のイメージがどんどん下がっちゃいますね

山口県防府市市役所、防府市保健所、周南保健所の獣医さん達の行動って、行動すればするほど、醜くなるなあ~

犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR