犬達のSOS☆アグネス家と桔梗さん家とキヨ丸家、マグナムエミさん家に、チビの捨て猫や、母猫や兄弟とはぐれた子猫や、目の見えない子猫が仲間入りしました②2014年6月23日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。
QRコード10  

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして

ランキングのご協力をお願いします

FC2ブログ 社会部門ランキング 
1位 2013/7/25~2014/6/23
(2位 2014/5/2) 
(閲覧者の皆様の応援で1日でまた1位に返り咲きました) 

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング 
2位 2014/5/15~6/18  
(3位 2014/6/19~6/23)

20140623203718ce6.jpg

キヨ丸さんちのキヨ丸ちゃんの様子と子猫ちゃんのママになられた桔梗さんのコメントを紹介させて頂きますね(o^^o)

2014/06/16 小さいお目目のキヨ丸さんコメントです
お久しぶりです。

皆様 ご無沙汰をして申し訳ございません。(^-^*)/

お忙しいなかの貴重な時間を削り活動を続けて下さって ありがとうございます(^人^)

先日 キヨ丸が体調を崩してしまいました。
1日目は下痢だけだったので 様子を見てと思ってたのですが 2日目には下痢が頻繁になり嘔吐、発熱の症状もでました。

犬たちのSOSの方々のアドバイスと配慮で病院に連れて行ってくださいました。病院での的確な診断と処置をしていただき少しずつ回復して今は元気なキヨ丸君です。
犬たちのSOSの方の行動力とアドバイスがなかったら私一人では 迅速な行動と判断ができませんでした。 ありがとうございました☆☆☆
やはり リードを着けてお散歩しても外は見えない感染リスクが高い事を反省しました・・・。
忙しさにかまけて毛のブラッシングをおろそかにして大切なスキンシップをわすれていました。
そして、一人ぼっちのお留守番が長いキヨ丸のストレスや淋しさを考え 相棒ちゃんを迎えることにしました。

前回のおしっこの病気に引き続き 今回も私の至らなさがキヨ丸に辛い思いをさせてしまいました(≧ω≦)ゴメンね

ミーママさん、SOSの皆様 、今回も助けて頂き本当にありがとうございました(^人^)

ダンススクールの生徒さん達の募金から ノラちゃん達へのノミ取りを頂きました。生徒さん達にも感謝します。ありがとうございました☆☆☆
20140623203716a10.jpg

2014/06/20 桔梗さんコメントです。
初、子猫のママになりました(^O^)v

6月8日、昼間ずっとうちの前の駐輪場から聞こえてくる子猫の鳴き声。
気になって見に行くと、眼球が溶け出ているようにどろどろの片目白目で片目閉じていて見えていないと思われる子猫を発見しました。
親猫を待っている!?と思い、キャットフードを置き一旦その場を離れました。
(住宅事情から犬猫は飼っていませんが、SOSの皆さんを見習い自宅と車にはフードをキープしてます(^O^)v)
やがて鳴き声はしなくなり、親が迎えに来たと安心していましたが、夜になりかすかに猫の鳴き声がしたような気がしてライトを手に見に行くと、死角になる柱の陰に子猫が隠れてじっとしています。
もう声も出ないほど衰弱してるようにも見えます。
とりあえず、うちでミルクだけでも飲ませてあげようと連れ帰り、スーパーに走り、飼ってきた猫用ミルクをスポイトで飲ませました。少ししか飲みませんでしたが、少し落ち着いたのかそのまま眠ってしまいました。
顔をよーく見ると、眼球はおかしいし、鼻はエサの匂いもわからないほど鼻水か膿かで固まってるし、野生でいきていくことは無理なことはあきらか。
うちは社宅でペット不可だから飼えないし、死ぬのがわかっていてこのまま元いた場所に戻すような残酷なことはできないし…。
私自身我に返り、子猫を見つけたことを後悔し、どうしよう~(>_<)と途方にくれました。
元気になってほしいと思う反面、このままモたなければ悩まなくて済むとも思ったり…そんなひどいこと考えることに自己嫌悪になったり…(ToT)
考えても考えても答えは出ず…翌日たまたま実家に行く予定だったので、獣医さん受診後、思い切って母にお願いしました。
しかし、父から激オコされてショボーン(+o+)
拝み倒し、少しの間という条件で見てもらえることになりました(^^)ほっ。

201406232039274bc.jpg

それから1週間、里親を探そうかとも考えましたが、ハンデのあるこの子を受け入れてくれる人はいないだろう。
妹のうちにはすでに猫2匹犬1匹、かめ、ハムスターと大家族だし、ネコを飼いたいと言っていた知り合いのおじさんは入院中で今は考えられないと言われるし。
でも、日が経つごとに自分が縁をしたのに人に押しつけるようで後ろめたさを感じ、SOSブログに影響されているのに人任せにはできないと思うようになり、だんだんと飼う決心がついてきました。
もちろん社宅ですから内緒でコッソリ、ならなんとかなる!?
その気持ちを後押ししてくれたのは周囲の励ましでした(*^-^*)
バレた時はうちにつれておいでかまんから。と妹も言ってくれました。心強かったです(^_^)
今度の転勤では、社宅は選ばずペット可物件に入居し、保健所で犬か猫をもらうと心に決めていたので、予定が少し早まっただけ。
よーし、子猫のママになるぞ~!!と一大決心。
6月16日実家に迎えに行き、現在私の娘になりました。
やっぱり猫はかわいいです。
いるだけで癒されます。
目が見えていなくても、トイレもちゃーんとできますし、ごはんもしっかり食べてます(^-^)
ナデナデすると甘えてきます。心が優しくなってきます。
顔は見慣れたら全然気になりません(*^-^*)美人に見えてきてすでに親ばか!?(^.^)
まだあまり元気じゃないため、鳴き声も小さくほとんど寝ているため、今のところは近所にバレそうにありません(^_^)

20140623203929d2c.jpg

名前はまだ悩み中。

悲しいことに、昔から自分が一番で、周りを振り回し、障害を持った人の痛みもわからず、差別用語を使っていた実父が、情けないことに目の見えない子猫をからかい《座頭市》と呼びましたが、恥ずかしいです(>_<)
きっと痛みを知りなさいということで、娘である私のところにこの子が来たんだと思います。

だから、とびきり良い名前にしたいと迷っています。決まったらお知らせしますね(^_^)

体の具合ですが、1件目の獣医さんでウイルスのせいで、目は両眼とも絶望と言われました。
左は眼球消滅、右は消滅途中で白目眼球が飛び出している状態。
耳もあまり聞こえない様子ですが、だんだん聞こえるようになってくるのではとの診断でした。
生後1ヶ月半♀ 体重370グラムと小さめ。がりがりでした。
2件目の獣医さんに今日(6/20)行ってきましたが、目に関して似たような診断でしたが、原因はウイルスか外傷か不明とのことでした。
ただ、一緒に生まれた兄弟の中で育たない遺伝要素を持った子だから、次から次に病気になり、あまり長く生きられないだろうと言われました(>_<)
幸い、心臓や肺、骨格等に異常はなく、今のところ目の異常のみ(耳は聴力検査ができないため不明(^^;))
体重は550グラムに増えていました(^_^)v

20140623191146050.jpg

獣医さんの帰りに、ミーママダンススクールに寄せていただきました。ミーママさんが猫の病気やケガにくわしいから一度見てもらおうと思いました。
ミーママさんにナデナデしてもらい、子猫は気持ちよさそうにしていたのですが、保護してからこれまでほぼ寝たきりだったのに急にジャレて遊びはじめてビックリしましたo(^o^)o
ミーママさんの手から何か出てる??子猫がミーママさんの指をチュッチュしてたっけ~(^^;)
指からミルクが出てたりして…
とヘンな想像しちゃいました(^◇^;)
ミーママさん、子猫にやさしくしてくださって、ありがとうございました。
また、猫のことがよくわからない私へのアドバイス、猫の好きなミルクの種類まで教えていただきありがとうございました<(_ _)>

目の見えないこの子に、どんなことをしてあげられるか不安いっぱいですが、一生懸命育てていこうと思います。
ハンデがある分、しあわせにしてあげたいです。
皆さん新米ネコママの私にいろいろ教えてください。

今回の子猫保護で、これまでブログを見てきたことがとても役立ちました。
首の後ろの皮がつまめなければ脱水症状とか、のみ退治とか、ワクチンのこととか食べさせてはいけないものまで。SOSブログは私の教科書です。
これからも頼りにさせてください。
よろしくおねがいしますm(_ _)m

2014062320412758e.jpg

2014/06/10 マグナムエミさんコメントです。
《元野良猫くろちゃん、無事に去勢手術終わる(*^^)v》

皆さん、こんばんは☆

いつもお疲れ様です(*^。^*)

6月7日、無事に元野良猫くろちゃんの去勢手術を終えました。太陽が照りつける時間帯では、ベッド下の涼しい場所に潜り込み寝ているくろちゃん。。。

手術する前は色々なことがありました。

保護した夜、アレルギー性かウイルス性の鼻炎?で鼻が詰まり、息苦しそうにしていた野良猫くろちゃん。その日の夜に救急の動物病院に連れていき、治療していただきました。(軽い脱水で点滴、抗生剤)(他の猫ちゃんとは隔離中。)

次の日から、近くの動物病院へ~~~!

女性の獣医師さんがくろちゃんを診てくれました。尿検査、真菌培養検査、糞便検査などをしていただきました。

野良猫くろちゃんの身体の状態といえば。。。口腔内、歯茎全体が赤く腫れあがり、身体にはしらみ、マダニ、カビ、ウンチにはサナダムシという最悪の状態でした。

そして、長期間にわたり、治療をしていただきました。(その間に3回脱走し、途中治療中断あり。)(;一_一)

口腔内の赤く腫れたものはウイルス性のものかなということで、抗生剤の注射と粉薬。

くろちゃんの身体をよくみると、皮膚には赤く噛まれた跡が数か所、人間でいうストレスはげのような十円玉くらいのはげが2~3か所あり、身体が痒いのかとどく範囲で舐めたり噛んだりして毛もごっそりと抜けてました。

シラミとマダニには(フロントラインプラスCAT1300円、自宅に持ち帰り)(ちなみに愛猫3匹いるので×3)

ウンチのサナダムシ、または回虫には(頚背部の被毛を分け、ピペットの先端を皮膚に滴下する薬、プロフェンダースポット、2.5~5Kg用1000円)(動物病院でつけてもらう)(価格は参考まで)

自宅に帰って様子をみてると、くろちゃんのお腹がパンパンに張っていることに気づき、また別の動物病院へ。
あまりにも薬漬けの毎日に副作用かと思い、連れていくと、ストレスなのか膀胱におしっこがたまり、出ない状態になってました。。。

レントゲンを撮った時に興奮したのか、その時おしっこがでたとのこと。また、獣医師さんが、皮膚の状態をみて今すぐにでもフロントラインをした方がいいとのことで、ついでにしていただきました。

今は治療の甲斐あって、口腔内の赤く腫れた歯茎は1~2か所になり、シラミやマダニはいつの間にかいなくなりました。また2~3か所はげていた部分は新しい毛に生えかわり、体重も増え、夜中に寝れないくらいに恋鳴き?するようになり、手術する運びとなりました。

近くの動物病院で去勢手術をしようと思ったのですが、長年野良猫として生きてきたくろちゃんのことを考えると、まだ口腔内の赤く腫れた部分が完治していないこと、また脱走しては違う病気にかかるかも分からないので、動物保険に入れる別の動物病院で去勢手術をしてもらうことにしました。

動物保険加入後の去勢手術代
再診料 500
採血料 500
術前血液検査 4100
猫麻酔料 (去勢避妊手術、検査時)
術後点滴 1000
猫去勢手術 7500
スケーリング=歯石取り 8000
ビルデンタマイシン 2/1錠×10=1000

合計 25600
50%割引き -12800

税込金額 13824円 (参考まで)

去勢手術を終えたくろちゃんは自宅に帰ってからも恋鳴き???声のトーンが低くなるものの鳴いています。。。(手術前よりはマシだけど。)外が恋しいのかな。。。(@_@。

でも、私にも甘えてきてね(*^^)v

ああ~公務員獣医さんらも
お外のワンちゃんや猫ちゃんを、虐待、殺処分ではなく去勢避妊手術をしたり、怪我の治療やケアをしていただきたいと思います。

さらにブリーダーやペットショップの認可を厳しく規制するか撤廃して下さいね。。。

20140623185858b6f.jpg
(イラストもぐもぐさん)

2014/06/10 マグナムエミさんコメントです。
《☆元野良猫くろちゃんの治療とケア方法☆
☆くろちゃんの治療とケアの方法など☆ 》


ある獣医師さんは、黄色い鼻水が固まりくしゃみしながら、息苦しそうにしていたくろちゃんの鼻を丁寧に拭いて綺麗にしてくれました。

また、鼻つまっているとのことで、鼻の両側をはさむようにつまみながらマッサージをしてくれました。

くろちゃんの去勢手術は、別の動物病院に問い合わせすると、ワクチンを接種してから一週間後に手術するということでしたが、

今回くろちゃんの去勢手術をした病院では、ワクチンを接種しなくても血液検査をすれば一週間後、体調が回復した頃でもよい、手術は今日にでも出来るとのことで決めました。

くろちゃんにとって動物病院に行くこともストレスだろうし、今の部屋にも慣れていないし、身体が痩せ細っていたので鼻炎やサナダムシなど治療でこれ以上身体に負担をかけたくなかったので、副作用のあるワクチンは先送りにしていました。

スケーリング=歯石取りをしたのは、保護した時、すでに下の歯(小さい歯)がなく、口くう内全体が赤く腫れ上がっていたので、歯茎が細くなり歯の抜け落ちが早くなるとのことで、出来る限り自分の歯で食べてもらえるようにと思い、治療していただきました☆

食事は、ゼリー状のパウチとドライフードを水でふやかしてあげていました。

粉薬は、保護した時からパウチに混ぜてあげても食べてくれていたのでそうしました。
(嫌がる時は、粉薬を少なめの水に溶かしてから5CCのシリンジで口くう内の奥へ入れ、一瞬で飲んでもらうようにしました。

トイレはおしっこやうんちをしたら、手袋をし、その都度ビニール袋に入れ、ウィルスにもきくというスプレーをかけてからくくりました。

くろちゃんを触ったり抱っこしたりした後は、他の猫ちゃんにまで感染しないように、別の服に着替えたり殺菌、消毒用ハンドソープで常に手洗いをしていました。

フローリングも除菌用シートでお掃除していました。V(^-^)V
抜け毛は出来るだけブラッシングして病的な毛を取り除きましたV(^-^)V

随分、健康的なくろちゃんに変わりました☆(まだ治療中ですが。。。)

獣医師さんのアドバイスと自己流なところもあるので、参考まで~☆

【情報は鍵コメントにせず、オープンに公開コメントでお寄せください】
当ブログは住所やメルアド等の個人情報がある鍵コメントを除いて、隠す必要がないと思われるものは公開させていただきますことをご了承ください。

ランキング協力お願い】
画面左上にある【FC2ランキングボタン】【日本ブログ村ランキングボタン】2つともクリックしてください。
クリックするとランキングサイト(FC2,日本ブログ村)にアクセスされ、INポイントが「犬達のSOS」に加算されます。
また、ランキングサイトに表示されている「犬達のSOS」をクリックすると、OUTポイントが加算されます。
ポイントが加算されると、ランキングが上がりますので、ご協力をお願いします。

【コメント投稿のご案内】
各記事ごとにコメントを投稿出来ます。
下記の手順でお願い致します。
★パソコンからの場合★
①画面左側にある最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事を選び、クリックします。
②記事の下に、コメント記入欄が出てきます。
(コメント記入欄が、出てこない場合は、記事の下の【コメント】のところをクリックしてください。)
③コメント記入欄に入力します。
★名前
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です(無記入でもいいです)
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、送信をクリックして、投稿完了です。
☆「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信すると、ブログ管理者にしかコメントが表示されず、ブログ上にコメントが表示されなくなります。
⑤投稿完了画面が出たら、終了です。

★携帯電話からの場合★
①最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事をクリックします。
②記事の下に【コメントを書く】があります。
そこをクリックするとコメント記入欄が出てきます。
③コメント記入欄に入力します。
★ニックネーム
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。
★タイトル
コメントの件名です。
★コメント(本文)
コメントの本文を入力します。
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。
④本文の記入が終わったら、「公開コメント」にして、投稿するをクリックして、投稿完了です。
☆「管理者への秘密のコメント」にすると、管理者にしかコメントが表示されず、コメントがブログ上に表示されなくなります。
⑤投稿完了画面がでたら終了です。

※公開コメント場合、入力した内容はすべてブログ上に表示されますので、メールアドレスなどを記載する場合は十分にご配慮ください。
※上記の手順で投稿してもエラー等になり投稿できない場合がありましたら、再度トライしてみてください。

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

家族が増えましたね☆

こんばんは。(^▽^)
皆さん、いつも動物達のために活動をありがとうございます☆

桔梗さんのところに子猫がやってきたんですね。私も昔、社宅に住んでいました。
やはり動物禁止になっていたけど、主人の上司が猫ちゃん飼ってました。(^^;)

フスマやカーテン、壁にご注意ください。
うちは実家の猫ちゃんの、ツメとぎに泣きました;

目も耳も見えないけれど、嗅覚とおヒゲの鋭い感覚でご飯もトイレもできる。動物ってすごい☆

子猫の名前決まりましたo(^o^)o

子猫の名前が決まりました~!!
『ドレミ』です(*^^*)
名付けってむずかしいですね。特にこの子の場合、良い名前をと思えば思うほど悩んじゃってなかなか決まりませんでした(^^;)
そこで、ミーママさんから先日いくつかの候補をいただき、家族でも話し合い、今日やっと決定しました!(^^)!
皆様今後ともドレミをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

皆さんにはご心配や励ましをいただきありがとうございます(^-^)
猫ちゃんママさん、やさしい言葉をありがとうございます。猫ちゃんママさんのところの猫ちゃんのように、ドレミも少しでも見えるようになればいいと願ってます。困った時は遠慮なく頼らせていただきますので、よろしくおねがいします<(_ _)>
東京のさっちゃんさん、こんなダメダメな私に共感いただいて恐縮です。
私はちっとも立派ではありません(>_<)なんの迷いもなく保護できたわけじゃないですから、本当にはずかしいかぎりです(>_<)ゞ
でも、あの時見過ごしていなくて、今こころから良かったと思っています。
私もSOSのブログに影響されてきましたが、まだまだ発展途中。これからも、ブログで皆様の活躍や考えを参考に精進していきたいと思います。

愛をまといたいコロワンさん、アドバイスありがとうございます。
そうなんです、ふすまと壁にすでに爪を立てて困っております(ノД`)
一応、一部屋のふすまは猫の手の届く範囲をダンボールで覆ってみましたが、うち中すべてはできませんので、
退去時、修理費がかかることを予想して、心とお金の準備をしておきます(^。^;)
対応策などありましたら、是非アドバイスください。

ドレミを保護して2週間が経過しました。
いつ死んでもおかしくないほどがりがりで衰弱し、首の後ろの肉がつまめない状態でしたから脱水症状も起こしていたのでしょう。
最初の1週間は寝たきり。そのあとの4日ですこしだけ動けるようにはなっていましたが、まだまだ心配な状態の時にミーママさんにドレミに会っていただき、アドバイスいただきました。
それが功を奏したのか、その後みるみる元気になって、昨夜はひとり大運動会が繰り広げられるほど元気になって、うれしいの半分。階下にご迷惑かかってないかと不安半分。複雑なほどの回復ぶりです(^。^;)

ミーママさんに『母猫と一緒にいる感覚をもたせることが生きる気力になる』とアドバイスいただきました。
それまでドレミを撫でる時は、頭からおしりまで手の指全部でザーっと撫でてましたが、教わったように、
指1本で、母猫が子猫の毛繕いをするイメージでちょっとずつ撫でるやり方にかえました。
すると、反応が今までと全然違いすごくうれしそうに甘え、私の指をおっぱいと思うのかチュッチュしはじめました。それまで私になついているようにかんじませんでしたが、撫で方を変えてから私への信頼(?)がアップしてきたようです(^_^)v
あと、ミルクを飲ませてあげるといいと言われましたが、
スーパーで買った猫用ミルク(紙パック入りの液体ミルク)をあまり飲まなかったため、ミルクは好きじゃないと思っていたのですが、
ミーママさんのオススメのピンク缶の粉ミルクを早速購入し飲ませたら、うれしそうに飲むじゃないですか。
たしかに匂いもこっちの方が甘くておいしそう。
ドレミは目が見えないから、甘いミルクに湯たんぽ抱かせて指でちょこちょこ撫でてたら、ママと一緒にいる感覚になり、それがミーママさんの言われた生きる気力となり回復につながったのでしょう。
ミーママさん、ありがとうございましたm(_ _)m

問題の目ですが、眼球が飛び出し開きっぱなしだった右目が、瞼が少し閉じるほど眼球が引っ込んできて、癒えてきているようで、見た目もちょっとチャーミングになってきていますよ(*^-^*)

ドレミが来て、最初は責任の重さに不安ばかりでしたが、
こんな短い間で、私にとって大切な存在になってきています。
私の乾いた心に水が染み込むように満たされています。
動物の力って本当にすごいと実感してます。

まだまだいろいろと心配ですが、がんばっていきますので、これからもアドバイスなどよろしくおねがいいたしますm(_ _)m

ドレミちゃん、早く良くなりますように(*^^*)

こんにちは〜
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

燃料チャージ中のオレンジ戦車の美羽で〜す(≧∇≦)
ただいま燃料チャージ7割位かな?多分?(^^;;
ミーママさん、ブロメンの皆様、少々お待ち下さいませ〜

桔梗さん、子にゃんこちゃんのお名前決定おめでとうございま〜す
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

『ドレミちゃん』って名前かわいーぃ‼︎♪───O(≧∇≦)O────♪
キラキラ.:*⌒☆カラフルな色の音符♬が元気良く飛び跳ねているイメージです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ミルクいっぱい飲んで、早く元気になりますように(*^^*人)

桔梗さんへ、離乳食の時期と避妊手術のじきについて(^O^)

こんばんは、アグネスです。
桔梗さん、子猫ちゃんの近況報告ありがとうございます。
ドレミちゃんって素敵な名前ですね。うちの子供たちの大好きなアニメの主人公もどれみちゃんと言って、明るくて元気いっぱいの女の子です。

我が家で保護した子猫で、うちに連れて帰った時は衰弱していて水も飲めなかった子がいました。
とにかく生きて欲しくて、子猫に「生きたい」と思って欲しくて、膝に抱きながら体をなでて
「生きていいんだよ!生きようね!」と声をかけながらスポイトでミルクを飲ませたら、やっとミルクを飲み始めました。
人間の言葉が分かったのかどうかはわかりませんが、生きて欲しいという思いは通じたのだと思います。
保護した時の衰弱が激しかった事、風邪をひいていた事、酷い結膜炎を起こしていた事などが重なって、目ヤニでくっついたままの目は、片目だけ治らずに今も膜が張った状態です。
片目だけの顔は美人とは言えないのかもしれませんが、子供や主人にも可愛がられて愛情をいっぱい受けて育ったからか、いつも人のそばにいて甘えてくる仕草が何とも愛らしく、他の猫にじゃれついたり元気いっぱいにしています。

ドレミちゃんも、目が見えなくても、猫は聴力に優れているし、嗅覚も人間より優れていますから、家の中で飼う分には、事故の心配などもないので大丈夫だと思います。

ミルクから離乳食に移る時期のちょっとアドバイス(^O^)

【離乳食への移行期チェック】

歯が生えはじめ、ミルクだけで足りないようなしぐさをし始めたら、離乳食を試して見て下さい。

(ミルクを飲んだ後も、人の指をいつまでも吸う、ミルクを飲んですぐに、ミルクを欲しがるなどの仕草をし始めたら、ミルクだけでは足りない事が多いです)

☆生後一か月過ぎたら、様子をチェックしてください

【離乳初期】

歯が生えはじめたら、離乳食を始めても大丈夫です。
ただし、食べたがらないうちは無理にはじめなくていいです(早すぎると下痢を起こします)

缶に入ったペースト状の離乳食もありますが、嗜好が偏りやすくなるので、カリカリをミルクでふやかしたもの(水でふやかしても可)で十分です。

ふやかしたカリカリを顔の前に持っていき少しでも食べるなら、徐々に量を増やしていきます。
ミルクも与えます

【離乳食中期】

カリカリをふやかしたものをよく食べるようになったら、小皿などに水を入れて顔の前に持っていきます。
水の位置が分からないようなら、小皿の水を指先で子猫の口元にちょんちょんとつけて促します。
はじめは、水を飲むというより、水に顔を付けてくしゃみをするような感じです。

【離乳食後期】

カリカリをふやかさず、顔の前に持っていきカリポリ食べるようなら、その後はふやかさなくても大丈夫です。
水を上手に飲めるようになったら、ミルクはなくても大丈夫です。
(この時期、粉ミルクが残っているならカリカリの上にふりかけてもいいです)

☆カリカリは必ず子猫用をあげて下さい。大人用は下痢をすることもあるし栄養分が違います。

☆レトルトパウチも子猫用を与えて下さい。パウチばかりだと便がゆるくなり下痢を起こしやすいので、カリカリの合間にあげるようにして下さい。

【下痢をしたら】

離乳食の初期に下痢をしたなら、離乳期がまだ早いと思われるのでミルクに戻して様子を見て下さい。
下痢が続くなら(二日)命に関わるので、即病院の受診をして下さい。

【便秘をしたら】

便が二日以上でない場合は、お尻をガーゼで刺激する、お腹を指先で「の」の字を書くようにマッサージする。
それで出ないなら、無糖のヨーグルトを少しなめさせて様子を見て下さい。ヨーグルトの乳酸菌が便をゆるくします。

以上を試しても便が出ない場合は、病院に行ってください。

☆ミルクやカリカリを食べた直後は、お腹がパンパンですが数時間後、お腹がへこんでいれば心配はありません。
食べても飲んでも、お腹がずっと張ったままの時は、病院の先生に相談して下さい。

≪避妊手術の時期≫

子猫の体重が2キロを超えたら手術できるので、子猫の体調を見ながら手術日を決めたらいいと思います。
さかりが来ると、個体差はありますが赤ちゃんが泣くみたいだったりの甲高い声でずっと鳴くので、早い方がいいと思います。

以上、今思いつくことを書かせていただきました。分からないことなどありましたら
いつでも聞いて下さいね。

猫の爪とぎ 手作り編&爪切り編

アグネスです。コメントが続きますがコロワンさんの爪とぎに泣かされた。というのを読んで、アグネス家の爪とぎもコメントしようと思いました。

一匹なら市販のものでいいと思いますが、
安い紙製のものは、すぐボロになり、散らかります。
木製や、布製などもありますが、高かったりするので
数が必要なアグネス家は、パパさん手作りの爪とぎと、私が作ったものが意外と重宝しています(^O^)

ホームセンターで売っている細い丸太みたいなものに、麻縄や太めのロープを巻きつけます。
巻き始めと巻き終わりはボンドなどで固めると、ほどけてきません。
それを平らな板に立て、裏からくぎで打てば出来上がり。

板に打ち付けず、そのまま転がしていても可

あと、板に麻布をボンドで貼り付けただけのものを壁に立てかけるだけ。というのも超簡単&リーズナブルで、値段を気にせずいくつでも作れます。

市販のものは可愛いのですが、高いので、いざという時の病院代をキープしつつ、手作りで代用できるものは代用するというのが、子猫保育園になることが多いアグネス家のやり方です(^O^)

【爪切り】

猫の爪が伸びると、飼い主さんとのふれあいタイムに、予期せぬ流血(>_<)となったり、家具や柱での爪とぎの回数が増えたりする原因にもなるので
こまめにチェックして、爪切りをする方がいいと思います


☆切り方

爪を透かすと、赤い血管が見えるので、その少し先で切るといいです。
専用の爪切りがペットショップに売っているので、一つ用意しておくといいと思います
(人間の爪切りを使うと、爪が縦に割れてしまうので嫌がります)

☆はじめは、肉球をぷにぷに押しながら爪を出し、一本ずつでもよいので切っていき、嫌がらずに触らせてくれるようになったら、まとめてきればいいと思います。

爪とぎについて


皆さん、こんばんは。(^^)
桔梗さんの子猫ちゃんのお名前、とてもキュートですねv
ドレミちゃん、元気なカワイイ系の美猫になりそう♪

アグネスさん、爪とぎのアドバイスありがとうございました。(^▽^)
アドバイスの内容を読んでいると、いつも一生懸命で愛情いっぱいに猫ちゃんを育てていることがよくわかります。
これから小さな猫を飼う方達にとって必要なことばかり。
☆これは要チェックですね☆

私はというと・・恥ずかしながら(^^;)爪とぎに悩みつつも、したいようにさせていた人でした。
猫は爪とぎするものだと思って・・お役に立てず、すみません。(><)

でも、ドアの閉まったトイレからカタカタと嫌な音がした時には流石にゲッ!となった記憶があります。
トイレットペーパーがクルクルまわるのが面白くて、爪をたてて回して楽しそうに遊んでいたんですよ。
その姿はまるでサンドバックに連続パンチしている人のようだったけど
ペーパーが、まわりにとびちりビリビリになっててですね、大人気なくプンプンおこったの覚えています。
その爪とぎ(遊び?)方法がかなり気に入ったらしくて、その後も何度かありました。

今にして思えば、そういうクルクルまわるタイプのおもちゃがあれば、そこに集中して爪とぎしてくれないかな? とも思ったりしましたが、

ネット検索で調べてみたところ
猫の爪とぎは猫にとって必要なもの、無理にやめさせるのではなく、
して良い場所を教えることが子猫のうちならできる。

方法は、爪とぎしてほしい場所で何度もカキカキさせる。
匂いでわかるように、またたび入りの爪とぎにすると良いかもしれません。
また、寝起きの時に爪とぎをするので、寝ている場所の近くにおいておく。

どうしても爪とぎしてほしくない場所には、猫の嫌いな匂いをスプレーをする方法もありました。

爪とぎをするのには、ストレス以外にも、色々理由があるんですね。
今まで猫飼っていたのに初めて知った私です。(^^;

↓参考までに。

http://neko.beginners-cafe.com/tumetogi.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/68973/2/

早速のアドバイスに感謝です(^-^)桔梗

アグネスさん、早速のご教示ありがとうございます。
簡易爪とぎ器、つめきり方法、離乳食、便秘にはヨーグルトなど、しらないことばかりでしたから、とてもたすかります(*^^*)

美羽さん、コロワンさんも、ドレミを気にかけていただいてありがとうございます。
リズムのある名付けのおかげでますます元気になっています。
昼はおとなしく天使のようですが、夜は豹変して、怪獣のように暴れ回ります。
階下にご迷惑をかけないか心配で、ドッタンバッタン始まると、ふとんに引き込み、すぐまた這いだしガサッゴソッドーン…またふとんに引き込み…
これが朝まで続いたため、翌日からは、夜中暴れ始めると私も起きてドレミの気が済むまで音を立てないように遊ばせ、ドレミが寝ると私も寝るを繰り返し、猫のママも大変と実感しています(^◇^;)
ネット情報によると夜の運動会は2歳くらいには落ち着くとか。根気強くドレミに向き合っていこうと思います。

また、猫の子育てについて今後ともよろしくご指導くださいm(_ _)m





犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR