犬達のSOS☆このSOSブログのメンバー達の活動を見て、痩せた野良猫達を見て見ぬふりをしなくなったり、交通事故で死んでいた野性動物をとむらってあげたり、犬猫虐待殺処分役所と戦う勇気が出た人達③2014年7月3日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。
QRコード10  

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして

ランキングのご協力をお願いします 

FC2ブログ 社会部門ランキング 
1位 2013/7/25~2014/7/3
(2位 2014/5/2・6/29~7/1)  

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング 
2位 2014/5/15~6/18  
(3位 2014/6/19~7/3)


NEC_1215.jpg

2014/06/27 亀母さんコメントです。
私、グルメレストランエリアの猫代理でございます(猫語で)

私が住んどるのはニャン、四国は愛媛の片田舎でございます。
数年前からグルメな猫が集まるレストランが有名になったニャン。
そのレストランの家の人間たちは、元々亀も犬も飼ってたニャン。
どうも家のご主人はワシら猫族が嫌いな風じゃったニャン。

じゃけど、病気がちだったその家の奥さんは数年前から、明るい顔で歌を歌いリズム感の無いステップをしながら、カメラを持って近所を散歩するようになったニャン。

それで道端や海辺にいるワシらの猫族を見つけ、歌を歌いながらイリコを持ってきてくれるようになったニャン。
じゃが、どうも猫が苦手な様子だったニャン。
猫が、
「ご飯ありがとニャン」
とすり寄ると、
「あれま~私!怖いのよ」
と逃げてたニャン。

じゃが風邪を引き死んだ猫族の子供を見て、ショックやったようでうろたえた。
他の弱った子猫を、散歩に来る人間の手を借りてカゴに入れ動物の病院に連れて行ってくれおった。

120625_1039~010004[1]  
【ミーママ家の屋上のバラ 】

ある日、とうとう抜き足差し足、キョロキョロ、自分の家に入るのに辺りを見渡し、カゴを隠しながら入っていったニャン。

その家には猫が嫌いで眉間にシワを寄せた、旦那がおったニャン。
じゃが、その家の犬好きの娘が、連れて帰った子猫の可愛らしさに夢中になったニャン。

眉間にシワを寄せた旦那は、大事な娘に、
「(ToT)放っとったら死んでしまうし、かわいそうじゃろ!」
と言われると、文句を言えなくなったニャン。
旦那はピクピクしながら見て見ぬふりをし猫を飼うことを容認したニャン。

やがて一匹保護、二匹保護、三匹。。。四匹と。。

とうとう、母親と娘は猫族のため無料の、グルメレストランを開き宅配も毎日してくれたニャン。
病気や怪我の猫族を見ると捕まえ、動物の病院に連れていき良くなった頃、
「飼ってあげることはこれ以上できんけど」
と子供が出来んように去勢とか避妊とかいう手術を、次々していったニャン。

このレストランはいい家じゃが、捕まえられるとカゴに入れられ、動物の病院とかに連れていかれ、大切な子孫繁栄のタマタマをチョンされるニャン。

じゃがレストラン閉鎖か?一大事が起こったニャン。

このグルメレストランの母親が、隣に住むじいさんとワシらの事でトラブったらしい(; ̄Д ̄)。
一人言を、言いながらワシらにも、相談するように話とったニャン。

┐('~`;)┌はあ~。
困りましたねえ。
どうしましょうねえ。
ご近所さんとは、五十年近くのお付き合いで、喧嘩などしたことはありませんですよ。
昨日の夕方、私があなたたちの、ご飯を持って、玄関を出ようとした時のことですよ。

丁度、犬の散歩から娘が帰って来まして、私を押しのけてただならぬ顔で、玄関に入って来ました。
入る際に、『お隣のおじさんが居るんよ~!』と、小さい声で告げました。

そして、「え?どしたんかねえ」と不用意に出ようとする私の手首を掴んで、表に出さないように(>_<)阻止します。

先日来の経緯。。。(殺虫剤を庭や猫にまかれて母猫が吐いていた。
騒動の犯人は、隣りではなかった)もあり、話をした方が良いと考え、下駄箱の上に、ご飯を置き外へ出ましたよ。
そこには、(`▲´)体をブルブル震わせ表情の固い怖~いお顔をした、隣りのご主人が、仁王立ちになっていましたよ。

前々から心配していたことが、現実のこととなりました(°д°;;)。

これから、どうしたものか。

今まで人様と争ったり、いがみ合ったりしたことのない私です。

120625_1025~010001[1]  
【ミーママ家の屋上のバラ】 

体調が良くなり外に出て散歩するようになり、外で暮らす猫達の様子を見るにつれ、
猫も感情があることを知りました。
家族もいて母乳をあげたり、食べ物を探してこないといけないのに、今のご時世なかなか食べ物にもありつけず、ゴミを漁ると、猫嫌いな人に蹴られたり石を投げられたり、かわいいはずの近所の幼稚園の女の子達にはイタズラされ首を絞められていたり、
何とか哀れな境遇の猫たちを助けてあげようと思いましたよ。

元々は人間だけのためにある土地や海や山ではないでしょ?
昔はタヌキさんもイタチさんも、キツネさんもいて食べるものも今よりたくさんありましたよねえ。
でも開発開発、道路はアスファルトになり土手はコンクリートで固められ、カワウソさんは死に、稚魚のうちは川におるウナギさんもおらんようになり、除草剤でバッタやカエルもずいぶん死にました。
田んぼにいた亀もザリガニも死んでいなくなりました。
私が子供の頃はね、自然には沢山の食べ物があったのに、人間が住みやすく変えた環境では、タヌキさんやキツネさんの食べ物も、猫さん達の食べ物もなくなったんよねえ。

猫を触るんが怖かったけど、慣れたらまあ、かわいいこと。
生きていることは人間だけじゃなくてねえ、動物にとっても素晴らしい事ですよねえ。

仲良く共存できれば、病気がちの人にも楽しみが増え、生き甲斐も増えますよ。
私に出来ること、と思い地域猫ができないものかと、病気の猫たちを通院させたり、子猫が増えて苦情が出ないように、猫達の去勢避妊も年金が余るとしていきましたよ。

120627_1031~010001[1]  
【ミーママ家の屋上のバラ】 

だから、隣のご主人が(`▲´)ぶるぶる怒りの形相になり仁王立ちになってるのを見て、途方にくれましたですよ。

隣のご主人は、
「猫に餌をやっとるんか?」と訊きます。
私は、ドキドキしながら、
「ほうなんよ、可哀想だからあげてるんよ。_(^^;)ゞ」

ご主人…「玄関の前にいつも猫が居る。
方々の猫が集まってきとる。
家の庭を走り回っとる!(`▲´)」
と仰います。
「晩に猫どうしが、喧嘩しとった。」

私もそのことは、心配していて、喧嘩が始まると、娘などは、二階から転がるように降りて、外に飛び出しますよ。

ご主人…「お墓にも猫がぎょうさん居るが、今にここに来らい。(`▲´)」

私…「お墓からは、来んと思うよ。
距離があるから、猫は遠くには行かんのよ。
住んでる近くで行動するらしいよ_(^^;)ゞ。
お宅は、猫にご飯あげてないん?」
と訊きました。

ご主人…「やっとらん(`▲´)。」

私…「ご主人は、優しいから、あげよるんかと思とった。
前に小鳥に餌をあげとったでしょう?。」
(冬、餌のない時分に餌場を作り、古米などをあげていた)
ご主人…(怒った顔で)
「やっとらん。
家にあったんを庭に捨てた(`▲´)。」
と地面に荒く投げつけるふりをしました。

私…「ご主人は優しいから、猫にもあげとるかと思とったんよ。
ご飯あげなんだら、猫がかつえて(飢え死に)しまうよ。」

ご主人…「猫の餌なら何処にでもある。
かつえたりはせん。」

私…「長い歴史の中で、野良猫と言えども、飼い猫と同じで…」と私が習ったり経験したことを話しました。
ご主人は、私の前の猫を蹴る真似をしましたよ。
人は色々見えない部分にいろんな性格を持っているんですねえ。
この年になり、隣のご主人の変貌した形相やしぐさに驚きましたよ。

私…「その猫は、子猫が居るんよ。
何べんも子どもに、ご飯持って帰りよるんよ。
子猫がひとり立ちしたら、避妊手術をしてあげようと思とるんよ。」

ご主人…初めて、「ほう」
っと感心した様子で猫を見ました。

「娘は、この猫を飼うと言うんだけど、家には四匹居るんでね…」と話しました。

「私も人生の終わりになって、少しは良いこともせんといかんと…思とるんよ。_(^^;)ゞ」

ご主人は立腹していますが、始めよりは落ちつかれた様子でした。

何であんなに怒るんかなあ。
確かに猫達が、隣庭を我が物顔に走り回ったり、猫が屋根から目の前に突然、飛び降りてきたら、ご主人でなくともビックリするでしょうがね。

それにしても、私は珍しく感傷的にならず、終始落ちつき静かに話すことができまして、自分でも信じられんほどです。

「日本の子供は夢や想像力がなくてキラキラしてなくて嫌いよ。何で私になついてくるの」と言いながら、幼稚園くらいの子供達に「ミーちゃん(^O^)(^o^)/」と囲まれ、言葉とは裏腹に楽しそうに走り回っていたミーママさんにコロッケや天ぷらの差し入れをしに会いに行きました。
いつも優しい笑顔だったり、イタズラっぽい小悪魔みたいな表情でハイキックのストレッチをしていたり、優雅な天女様の様に見えたり、そのいつもの明るい姿を見て、妙にホッとして安心しました。
その安心感がずっと続いていたお蔭です。

その内、主人が帰って来ました。
主人は、「隣の○○さんに怒られたんか?」
と聞きました。
「え?_(^^;)ゞ
どうして知っとるん?」と私。

娘から聞いた、と主人は言いました。。。

私は主人から、眉間にシワを寄せられいつも猫のことで、注意されてるもんですから、今度こそ、「それみたことか(-"-;)」
と怒られると覚悟しましたよ。

なのに、猫嫌いだった硬い頭の主人が何故か、
「家の敷地で餌やっとるんだから、良いんじゃないか」
と言うんです。
「(・m・;)へぇっ?」と、耳を疑いました。
長々と、怒られるかと思たのに、こんなに優しく言うてくれて、結婚してから何十年か思った事がない、
「ああ、なんてええ人なんや(;O;),、」と感激しとりました。
それからの私は、今まで以上に、優しく晩ご飯を、主人の前に置きました。
朝、主人は起きるとパジャマのまま、玄関の戸を開けて、
「二匹が待っとるぞ…」
なんて、えらい優しい声で教えてくれました。

この事がきっかけとなり、お隣さんともっと親しくなり、お隣さんが猫ちゃん仲間になったならば、どんなにか嬉しいことじゃろと思いますが…。

現実は厳しいけど、まあ良い方向に向きますように。
主人もずいぶん、偏見が無くなりましたからねえ。

この現実をなんとか乗り越えなければ、みんなの後に続いて行かねば…と思いますよ。

だから、近所の人達とも仲良く、ニャンコたちにもグルメレストラン毎日オープンしてあげれるよう頑張るけん、ニャンコ達も何とか隣のご主人に可愛がられるよう、美女に化けたりするんよ_(^^;)ゞ
ねえ・・出来ますかねえ。
変身の術…
あれは平成タヌキポンポコ合戦やったですかねえ? 猫さんは変身できんのですかねえ。

イラスト4  

2014/06/27 ボタンさんコメントです。
平成タヌキポンポコ合戦じゃなく、平成狸合戦ぽんぽこ(`▽´)

ミーママさん、アグネスお姉さん、犬のお姉さん達、お久しぶりっ(`▽´)/

ボタンもちょっとね、ミニスカ白衣の天使に慣れてきたけど、ヤッパいかんわい

足ぐせめっちゃ悪いし、気が付いたら両足ガバッてぇ広げて座っとるみたいじゃけん、パンツスタイルの方が楽じゃねえ

言葉使いはだいぶ良うなったらしいんよ(`▽´)v

ほやけど、ガハガハ笑うと股が自然に開くけん、神経質な独身の主任さんが、[股!マタ!股!あ~女の私が見ても恥ずかしいっ!]
って~ピシッと言ってくるんよ

開くもんはしょーがないじゃん

ガチ結婚できそーにないキツネ顔の主任さんなんよ(`▽´)
これってセクハラ発言にならんよね?
見てないよね?主任さん?えへへへへ(〃`▽´)〃

でね、亀母さんの、平成タヌキポンポコ合戦は、たしか平成狸合戦ぽんぽこじゃと思うよ。

ボタンが二才くらいの時のジブリ映画なんよね(`▽´)
ロードショーで何回か再放送しとって、さくらや、つばきらと子ダヌキの舞いや、木の葉っぱをお金に変える遊びをしよったけど、木の葉っぱは葉っぱのままじゃたわい(`▽´;)?

あ~変身かあ

さくらみたいに目がパッチリに変身したいなあ
膝もマジキュッて~閉まっとるし、お化粧もしだしたし、めっちゃカワイイんよね~

まあ、お局主任みたいにピシッとお堅いしゃべり方するけどねえ、、、

亀母さんがコメしとった猫が、変身できるか(`▽´;)

化け猫に変身しか聞いたことないなあ

ほやけど、ブログの上のQRコードの写真の右の猫ちゃん、マジスッゴい美人じゃね!
目がクリクリして、少女マンガみたいでびぃーっくりした(`▽´〃)カワイ~イ♪

ほれで、忙しかったけん、さくらやボタンの代わりに、さくらのママがコメしてくれとったけど、子ダヌキの舞いから高速乱打→→→→♪♪へ(`▽´ヘ)♪ホレホレホレホ~レ腐れジジイに~♪破れジジイさん~また出てきとったんかい!(`▽´)

シミズジジイと~山口県の鬼畜公務員獣医らの泥人形並べてえ~
!!!ドドドドド!!!☆⌒≪バリバリバリバリって~!!和太鼓の高速連打の舞いじゃあ~♪♪♪ボコボ~コ♪

猫タローさーん、リュウさーん、元気やったんじゃね~

さくらもボタンも~白衣の天使がサマになってきだしたよ~(`▽´)vvv

201406232039274bc.jpg

2014/06/28 猫ちゃんママさんコメントです。
ボタンちゃんへ
ボタンちゃん、こんばんは(*^_^*)
お仕事頑張っているんですね。
お仕事大変なのに、コメントをありがとうございますm(__)m

久しぶりにボタンちゃん節が聞けて、嬉しいです(o^o^o)

話は変わりますが…。
ボタンちゃんのコメントに書かれていたQRコードの写真の右の猫ちゃんは、我が家のマルルです。
マルルという名前は、ミーママさんが付けてくださいました。
(マルルとは、タヒチ語でありがとうの意味だそうです。)

二年前、マルルは、私がいつもパトロールしている場所に、捨てられていました。
そのエリアは、毒エサを置いたり、子猫を洗濯ネットに入れて塀に叩きつけたりする人がいる虐待エリアです。
マルルは、人に対して警戒心もなく、手からフードも食べるのでこのままだったら危険だと思い、ミーママさんとロンちゃんと私で、マルルを保護しました。

犬達のSOSこのままだと危ない!猫虐待エリアに捨てられていた天使のような白猫(マルル)を無事保護009  
【保護直後の車中でのまるる、はじめまして 】

犬達のSOSこのままだと危ない!猫虐待エリアに捨てられていた天使のような白猫(マルル)を無事保護002
【保護したその夜、猫ちゃんママのひざの上でくつろぐ、まるる】 

そして、マルルは猫ちゃんママ家の家族になりました(*^_^*)
ボタンちゃん、マルルの事を美人で可愛いといってくれて、ありがとうございますm(__)m
嬉しいです(*^_^*)

でも…実は、男の子なんです(o^o^o)
私も女の子?と思ってしまうほど、ピンクがよく似合っています。

まるる006 

わが家には、猫が三匹いますが、みんな男の子でとても仲良しです。
三匹が丸くなって、重なりあって寝ている姿は、だんごさん兄弟です。
(=^・・^=)=^_^=(=^・^=)

今は、私のベッドを三匹が占領して、マルルがペロペロしたり、ペロペロしてもらったり、くつろぎタイム中です(*´∀`*)

もう少ししたら、私も仲間に入れてもらって寝ます。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

ボタンおねえちゃんへ
はじめまして
マルルだにゃ~ん(=^・^=)


ぼくのことを可愛いっていってくれてありがとうにゃ~ん
うれしいにゃ~ん

お兄ちゃんたちとボクシングしたり、かけっこしたり、お昼寝したり、毎日、楽しいにゃ~ん

おやすみにゃ~んにゃ~ん

犬達のSOSこのままだと危ない!猫虐待エリアに捨てられていた天使のような白猫(マルル)を無事保護014

2014/06/28 あずにゃんさんコメントです。
みなさんこんばんは
先日、ふと小学生の頃のことを思い出しました。 

ある日の授業中、教室にどこからか犬がはいってきました。 
みんなで大騒ぎしてとっても喜びましたが、先生が追い出してその後どうなったかはわからないままでした。 
それ以降も、校舎内で何度か犬をみかけることがありましたがその後の行方は知らず… 

それからしばらくたって、朝の集団登校中、野良犬がついて来ました。 
わんちゃんだー! 
可愛い! 
一緒に学校いこー! 
と、みんなで盛り上がりましたが、ひとりの男の子が 
絶対にだめ! 
学校に野良犬がいると保健所に連れて行かれて殺されるんよ!! 
と言いました。 

小学生の頃のころの私は意味がわからず、なんで??はてな? 
としか考えられず、 
残念だなー 
わんちゃん可愛いのになー 
一緒に学校いきたかったなー 
くらいにしか思いませんでした。 

このブログを読むようになって、公務員の人たちのことを知って、あの時の男の子の発言の意味をやっと理解しました。 
さよならクロの映画、DVDプレイヤーがないうちでは見られませんが、内容を聞いて、動物を大切にする環境にあると人の心も豊かに優しくなるんじゃないのかなぁと思いました。
20140624160827a3d.jpg 

2014/06/30 アグネスさんコメントです。
あずにゃんさん、DVDを見ていない方へ「さよならクロ」の原作を書籍で読んでみませんか(^O^)
こんにちは、アグネスです。 
あずにゃんさん、小学校時代に犬が学校に入って来た時のお話をありがとうございました。 

小学校時代、犬が学校に入ってきて子供達は大喜びしたけど、先生が追い出し、その後も何度か犬が学校に入ってきて、その犬が最終的にどうなったのか分からなかったそうで、保健所に連れて行かれたのか気になりますね。 

DVDが見られないという事で、本で映画「さよならクロ」が読めないかと原作本を探してみました。 

☆職員会議に出たクロ (ワック文庫) [単行本] 
藤岡 改造 (著) 

という本が見つかりました。アマゾンなどでも取り寄せができるようです。 
お時間のある時に、読んでみるのもいいかと思います。

20140623203929d2c.jpg 
2014/06/30 モグさんコメントです。
大家さん覗いてます。
こんばんは*:..。o○☆ です。 
たくさんの力が必要な記事UP、ほんのちょこっとのお手伝いしかできないのが申し訳ないモグです。 

みなさま、いつもお疲れ様です、そして、ありがとうございますv 
お絵描き、なかなか新しいの描けないですが、頑張ります(灬╹ω╹灬) 

最近、お仕事がえらく忙しくって。 
残業やらお持ち帰りの宿題やら、とうとう休日ご奉仕まで(๑•﹏•)⋆* 

ふにゃふにゃしながら夜道を歩いて帰るのですが、玄関前でごそごそ鍵を探していると、必ずのらにゃが数匹、姿を現してきます。 
わざわざ「おやすみ(ฅΦωΦ)ฅ」を言いに来てくれてんのかなぁと、ほにょほにょしてしまいます(*´﹃`*) 

*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.: 

さてさて。 
ウチの洗濯物干し場ののらにゃ親子のその後です。 

子猫はすくすく育ってる模様。 
モロに見るのは、ビックリさせてしまうから、と、パパさんは毎日、我が家であるにもかかわらず、敷地外、道路からフェンス越しにのらにゃ親子を観察して、モグとママさんに報告してくれます╭( ・ㅂ・)و ̑̑ 
民家を塀の外から覗いてるその姿はすーっごく怪しいのですが(笑)、住人の様子を気にかけるやっさしい大家さんです。 

あ、ツバメさんは相変わらず2羽が住んでます☆


201406241608256d9.jpg 

【イラスト:モグモグちゃん

【情報は鍵コメントにせず、オープンに公開コメントでお寄せください】 
当ブログは住所やメルアド等の個人情報がある鍵コメントを除いて、隠す必要がないと思われるものは公開させていただきますことをご了承ください。 

ランキング協力お願い】 
画面左上にある【FC2ランキングボタン】【日本ブログ村ランキングボタン】2つともクリックしてください。 
クリックするとランキングサイト(FC2,日本ブログ村)にアクセスされ、INポイントが「犬達のSOS」に加算されます。 
また、ランキングサイトに表示されている「犬達のSOS」をクリックすると、OUTポイントが加算されます。 
ポイントが加算されると、ランキングが上がりますので、ご協力をお願いします。 

【コメント投稿のご案内】 
各記事ごとにコメントを投稿出来ます。 
下記の手順でお願い致します。 
★パソコンからの場合★  
①画面左側にある最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事を選び、クリックします。 
②記事の下に、コメント記入欄が出てきます。 
(コメント記入欄が、出てこない場合は、記事の下の【コメント】のところをクリックしてください。) 
③コメント記入欄に入力します。 
★名前 
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。 
★タイトル 
コメントの件名です(無記入でもいいです) 
★コメント(本文) 
コメントの本文を入力します。 
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。 
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。 
④本文の記入が終わったら、送信をクリックして、投稿完了です。 
☆「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信すると、ブログ管理者にしかコメントが表示されず、ブログ上にコメントが表示されなくなります。 
⑤投稿完了画面が出たら、終了です。 

★携帯電話からの場合★ 
①最新記事の一覧からコメントを投稿したい記事をクリックします。 
②記事の下に【コメントを書く】があります。 
そこをクリックするとコメント記入欄が出てきます。 
③コメント記入欄に入力します。 
★ニックネーム 
一般的にはブログで使用しているハンドル、ニックネームなど(好きな呼び名)です。 
★タイトル 
コメントの件名です。 
★コメント(本文) 
コメントの本文を入力します。 
※メール(メールアドレス)、URL、パスワードは入力しないで投稿できます。 
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから本人が削除や改変ができます。 
④本文の記入が終わったら、「公開コメント」にして、投稿するをクリックして、投稿完了です。 
☆「管理者への秘密のコメント」にすると、管理者にしかコメントが表示されず、コメントがブログ上に表示されなくなります。 
⑤投稿完了画面がでたら終了です。 

※公開コメント場合、入力した内容はすべてブログ上に表示されますので、メールアドレスなどを記載する場合は十分にご配慮ください。 
※上記の手順で投稿してもエラー等になり投稿できない場合がありましたら、再度トライしてみてください。 

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

猫ちゃんは3世代同居?

コメントの作成、
記事の編集、
いつもいつもお疲れ様です、ありがとうございます。

お久しぶりです、こんばんは。

相変わらず巾着ぶら下げて、夜毎散歩をしているフラガールです。
歩いているとあちこちからいつもの野良ちゃんたちが姿を見せてくれ、私の後ろを並んでついて歩いて餌場へ向かうのが幼稚園のお散歩のようで可愛いやら可笑しいやら。
ちなみに、最後尾にはうちの娘が歩いています(笑)。


子猫が生まれ、我が家に出かけてくる猫ちゃん一家はどうやら3世代同居の様です。
若いママ猫は、これまたまだまだ若いはずのばばちゃま猫に子育てのお手伝いをしてもらっています。

毎朝、朝のご挨拶にママ猫とばばちゃま猫が我が家の玄関の戸を両手でぱしぱしと叩いて朝ご飯の催促。
自分たちの朝ごはんが済むとばばちゃま猫は、どこからか子猫を銜えて玄関前に連れてきます。
このところ子猫は成長著しく、キャットフードが食べれるようになったようで、子猫がフードを食べている間、ママ猫とばばちゃま猫は子猫を囲み守っています。

子猫の食事が済むとばばちゃま猫はまた銜えて、近所の空き地の大きくなったヒマワリと皇帝ダリアの向こうへと消えて行きます。
子猫を加え、3世代で玄関を叩いてご挨拶に来てくれるのはもうそこに来ているのかも?

・・・楽しみです

鍵コメントの方へ

鍵コメントは、すべての記事下、コメントを書かれる欄の前で再三お断りしていますm(_ _)m
それなのに何故、わざわざ鍵にされるのか意図がわかりません。

申し訳ありませんが、前回、別の鍵コメントの方に返信した内容を確認くださいませ
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR