犬達のSOS☆東日本大震災で置き去り。餓死した犬猫動物達がたくさんいた中、保護団体に救助された高齢犬むっちゃん。神奈川県横須賀の老人ホームに引き取られ沢山のお年寄りの身体と心を癒し、お年寄り達に見送られ天国に旅立つ2014年9月28日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10  

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして

ランキングのご協力をお願いします

FC2 社会部門ランキング
1位
 2013/7/25~2014/9/28
(2位 2014/5/2・6/29/~7/1・8・9)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位
 2014/05/15~09/28
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24)


14-9-25-017.jpg
【ミーママ撮影の夏の終わりを告げた空】

2014/09/24猫ちゃんママさんコメントです。
NHK総合テレビ【むっちゃんの幸せ〜福島の被災犬がたどった数奇な運命〜】①

昨日(2014年9月23日(火) 13:05~13:50)、NHK総合テレビで【むっちゃんの幸せ〜福島の被災犬がたどった数奇な運命〜】の放送がありました。(滝川クリステルさんが、ナレーションをされていました)
内容を紹介させていただきます。

福島県・楢葉町の緑豊かな田園地帯にむっちゃん(雄犬)の家があり、庭なども広くいちご農園を経営していて、お客さん達からもむっちゃんは、可愛がられていました。

しかし、2011年3月11日東日本大震災で被災し、福島第一原発から20キロ圏内にある檜葉町(むっちゃんの家)も避難指示がでました。
人間は避難しましたが、避難区域には、むっちゃんやたくさんの動物達が残されたままでした。

ある日突然、飼い主がいなくなり、餌もない、水もない状態で、食べ物をさがしまわったり、空腹で命を落とす動物たちもいました。

そんな時、広島から福島へいち早く被災地入りされたのが、広島で15年保護活動をされている犬猫みなしご救援隊さんでした。
車で、寝泊まりしながら、餌をあげたり病気やケガをしている動物を保護しながら、2011年3月下旬に楢葉町に入りました。
そして、むっちゃんや他の犬達も救助してくださいました。

2011年5月、犬猫みなしご救援隊は、福島県で被災した犬達を避難させる施設「犬猫みなしご救援隊 栃木シェルター」を栃木県那須塩原市に建設しました。(保護活動に賛同してくださった方が、土地を提供してくださったそうです)
この施設には多くの動物達(犬猫合わせて400匹以上)がいて、運動ができるように広いスペースがつくられ、暑さに弱い犬達が、体調を崩して、病気が流行らないように、エアコンもあるお部屋もありました。

しかし、中には心配な犬もいて、川俣町出身のチビちゃんは飼い主と離れたせいで自分の尻尾を追いかけ、お尻の毛がぼろぼろになっていました。

犬猫みなしご救援隊は、千葉県を中心に行き場のない猫や犬の保護活動をしている「ちばわん」と震災をきっかけにタッグを組みました。
シェルターに入ると、これ以上動物が増えないようする処置として必ず不妊去勢手術をしています。
(ちばわんさんが長く活動を共にされている獣医師さんが、栃木シェルターにきて、不妊去勢手術をしてくれています)

「むっちゃん」が「犬猫みなしご救援隊 栃木シェルター」へとやって来て1年が経ちました。
尻尾を追いかけていたチビちゃんもお尻の毛もはえてきて、元気になっていました。
一方、むっちゃんは持病で心臓を悪くしていました。

そして、被災犬を神奈川・横須賀市にある「特別養護老人ホーム さくらの里 山科」で引き取りたいという話があり、特別養護老人ホーム さくらの里 山科の職員さんが、「病気のワンちゃんの、もらいてが決まらないから、それだったらうちで保護したい」と仰られて、大人しい性格のむっちゃんが選ばれました。

14-9-25-008.jpg

特別養護老人ホーム さくらの里 山科では、むっちゃんの他、3頭の犬がいます。
名前は、【文福】【プーニャン】【ジロー】
むっちゃんは人間でいったら還暦です。

朝になると、ワンちゃん達が、おばあちゃん、おじいちゃん達を「おはよう」と起こしに行きます。
「家に帰りたい」と1日のほとんどベットにいたおばあちゃんも、毎日、むっちゃんがおこしに行くようになってから、車イスに乗って、部屋を出てリビングで過ごすようになりました。

おじいちゃん、おばあちゃんを起こした後は、ワンちゃん達の食事の時間です。
でも、その後、ワンちゃん達は、食事をしているおじいちゃん、おばあちゃんのところに行って、ご飯をもらっています。(*^_^*)

おじいちゃん、おばあちゃんの声・・・
「気が沈んでいる時、むっちゃんに助けられますね」
「犬と話すのが楽しみです。あまり寂しいと思わないですね。最近は、楽しいです」
「朝起きて、ワンちゃんの顔を見るのが楽しみ」
「犬がいなければ、一人で寂しい。家族がいないんだから」

また、2年前脳梗塞で寝たきりになり、手も動かなかったおじいちゃんは、文福の得意技「腰マッサージ」が楽しみで、入居して1ヵ月、ワンちゃんを触ろうとして、手を動かせるようになりました。
おじいちゃんの表情もやわらかく、穏やかになっていました。

2013年5月、「むっちゃん」が「特別養護老人ホーム さくらの里 山科」にやって来て1年、心臓の病気が悪化し、息が出来なくなり、病院へ。
ホルモンと心臓の病気を持っていたのでICUで治療をし一命をとりとめました。
特別養護老人ホーム さくらの里 山科に帰ったむっちゃんは、みんながみえるリビングに「酸素室」をつくってもらい、そこがむっちゃんのお部屋でした。

毎日、みんなに声をかけてもらって元気になり、酸素室から出れるようになりお散歩にも行けれるようになりました。
むっちゃんとお散歩をするのを楽しみしているおばあちゃんは、
「一緒だから、散歩も楽しい」
「散歩の時の光や気持ちよさをむっちゃんが思い出させてくれた。むっちゃん、ありがとう」
と。

14-9-25-010.jpg

ある日、犬猫みなしご救援隊さんの元に「むっちゃん」の飼い主さんが、家に一時帰宅していると情報が入り、向かいました。
飼い主さんにむっちゃんは、老人ホームに、お兄ちゃん犬は、長野の家にもらわれていって幸せに過ごしている事を、報告することができ、飼い主さんも幸せに暮らしていることを知り、安心されていました。
(犬猫みなしご救援隊さんは、3年たっても、預かっている犬を、まだ一緒に暮らす事ができない飼い主に合わせる為に、広島と福島を何度も往復されています)

特別養護老人ホーム さくらの里 山科でおじいちゃん、おばあちゃんたちとのんびり過ごしていたむっちゃんは、2014年5月22日22時に、心不全をおこして、そのまま眠るように旅たちました。
翌朝、むっちゃんの家族(おじいちゃん、おばあちゃんたち)が、かわるがわるむっちゃんにお別れを告げました。

犬の幸せは、どんな人間と出会うかで決まる。
犬は、一人では生きていけない。
それは、飼い主に捨てられたら、死を意味する。
そして、今この時も、新しい飼い主をさがしている仲間がいる。
誰かの助けを待っている犬がいる。
ということをどうか、忘れないで・・・。

以上です。

14-9-25-011.jpg

当時、犬達のSOSでは、立ち入り禁止地区で犬達を餓死から救ってくれた犬猫みなしご救援隊さんに救援物資を送らせていただきました。
被災地の動物達を助けてくださった犬猫みなしご救援隊さん、ちばわんさん、保護団体の皆様、ありがとうございましたm(__)m
また、被災地の犬猫達を家族に迎え入れてくださった皆様、ありがとうございましたm(__)m

福島の被災犬むっちゃんへ
悲しいこと、辛いことがあったけど、優しい人に出会い、助けてもらってよかったね。
老人ホームで、おじいちゃん、おばあちゃん達とのんびり、楽しく過ごすことができてよかったね。
むっちゃんがいてくれて、おじいちゃん、おばあちゃんは、どんなに楽しかったことか・・・どんなにか癒されたことか・・・。
むっちゃん、ありがとう。
天国でも幸せに暮らしてね。

最後のむっちゃんの表情は、穏やかな顔をしていて、ほんと眠っているようでした。
そして、むっちゃんのまわりには、お花がいっぱいでした。
むっちゃんの御冥福をお祈り申し上げます。

14-9-25-044.jpg

NHK総合テレビ【むっちゃんの幸せ〜福島の被災犬がたどった数奇な運命〜】②
①で東日本大震災で飼い主と離れ離れになった福島の被災犬「むっちゃん」の紹介をさせていただきましたが、それ以外に番組で取り上げていた内容をご紹介させていただきます。

千葉県動物愛護センターでは、2014年4月から譲渡用の犬に不妊去勢手術をするようになり、ドッグランもオープンしました。

神奈川・横浜市のブリーダ店で、販売目的で繁殖させていたブリーダーが、資金繰りに困り、40匹の犬が放置状態になっていました。
保護活動をされている「ちばわん」に連絡が入り、ちばわんさんが全頭保護してくださいました。
ブリーダーやペットショップで商品として売り買いされる犬達。
流行に左右され、売れ残った犬は、行き場がありません。

今、日本では1年間に16万1847匹(平成24年度、環境省調べ)の犬猫が飼い主がみつからないという理由で命を奪われています。
その8割近くが赤ちゃんです。
産まれたばかりの命には、猶予がありません。
まだ、目が開いてない赤ちゃんが、母親と引き離され、自力で生きていくことは不可能でその多くが処分となります。

日本の社会には、犬猫のペットは、必ず飼い主が責任を持って、面倒をみなければならないという法律があり、飼い主がいない犬猫の処分は、行政に義務付けられています。
そのため、野良犬猫、捨て犬猫達は、引き取りを希望する人が、一定の期間に見つからないと殺されてしまいます。
飼い主がいない子は、生きていく資格がない、それが日本の決まりです。
何の罪もない犬猫達が、命を奪われようとしています。

番組内容は以上です。

14-9-25-042.jpg

殺処分数を減らすためには、どうすればよいか、以前からミーママさんが仰られていますが、売れ残ったり、捨てられる犬猫を増やすペットショップやブリーダーの認可を止めて、アメリカやヨーロッパを見習い、ペットショップやブリーダーの数は制限し、犬猫を飼いたい人はペットショップで飼うのではなく、動物愛護センターにもらうようにしたり、全国の幼稚園、保育園、学校、老人ホームなどでお世話してくだされば殺処分される犬猫達も助けられます。

今は、ゲーム感覚で犬猫を傷つけたり殺したり、腹いせ紛れの動物虐待犯罪も多いですが、小さい頃からワンちゃん、猫ちゃんにふれあいお世話することで、動物を愛おしく思う気持ちが育ち、動物虐待も減ってくるのではないでしょうか。

以前、フジテレビめざましどようび『どようびのにゃんこ』で三重県伊勢市のグループホームにいる猫のねねちゃんとまつちゃんを取り上げていました。
毎朝、お年寄りと一緒にラジオ体操をしたり、ねねちゃんと毎晩寝ているおばあちゃんがいたり、猫ちゃん達とふれあうことが楽しみで、猫ちゃんがそこにいるだけで、癒されて笑顔がこぼれていました。

老人ホームでも、殺処分されてしまう猫ちゃん、ワンちゃんを飼って頂いたら、命を助けてあげれるし、セラピーキャット、セラピードックになっておじいちゃん、おばあちゃんの心を癒してくれると思います。
犬猫達と共に生活できる老人ホームがどんどん増えていって欲しいと願います。

動物に優しい、動物の命を大切に思う日本に変わってほしいです。

14-9-25-015.jpg

2014/09/26愛をまといたいコロワンさんコメントです。
救助の光と影★餌を入れた捕獲箱に喜んで入ったまま誰も捕獲箱を回収にこず水もなく餓死した犬猫もいた
皆さん、いつも活動をありがとうございます。(^^)

猫ちゃんママさん、むっちゃんのコメントをありがとうございます。m(_ _)m

大震災の後、懸命に生き老人ホームで働くむっちゃん達ワンちゃんの事を聞き、人間の心を癒やすのは、やはり動物と思い嬉しくなりました。(^-^)o

言葉が通じないぶん心で通じ合う感覚が強いです。
これは動物を飼ったことがある人しか分からないけど、信頼関係ができると深いところでリラックスできますね。

しかし、飼い主のいない野良ワンニャン達には生きる資格がないという冷たい法律。
心に刃物が刺さるような言葉ですが、これが動物達のおかれている現実。

昨今、痛ましい動物虐待が相次ぎ、その対象となるのは大半が飼い主のいない犬猫や動物達ばかり。(;_;)

運の良い子は愛され幸せに生きれますが、そうでない子は過酷な生を歩むしかなく…大変な苦労をしますね。

震災当時、ある保護団体さんが持ち込んだ餌入り捕獲箱に入ったまま保護されず出ることもできず餓死した犬猫も多く
なぜ捕獲箱を置いた場所を忘れたりせず、また立ち入り禁止になるのを承知で置いたのか?

という批判もありました・・・テレビでは英雄扱いですが本来はテレビでこの事も言わないといけなかったのですが
聞き取り調査不足か、都合の悪いことは秘密として美談だけにしたかったんですね。

14-9-25-028.jpg

また、
上記とは別の保護団体さんの話では、
活動資金のための募金を集めたい保護団体ばかりが、震災時に被災地へ向かった。
自分が保護している犬達だけで本来は精一杯ですが…
とも
言われています。
救助の際の光と影ですね。

しかし、勇気のある保護団体さん達が入ってくれなかったら、行政は置き去りにされた動物に冷たく救済をしなかったし、
殺処分ゼロを選挙公約に掲げ選挙票を集めたはずの公明党すら、被災地に残されたペット救済をしようとしなかったから、一匹残らず、またむっちゃんも餓死していたと思います。

運命的な命の選別。。。運が良い、悪いと言えばそれまでですが。。。
本来は行政に動いてもらいたかったです。

犬達のSOS主要メンバー達は、福島のテレビ局、自衛隊、消防署や各地の公明党にも、食べ物や水もなく置き去りにされたペットや家畜の救済をするお願いの電話をしましたが、その結果わかったことがあります。

「消防士や自衛隊員が被災地のペットを助ける際に、福島県知事の許可がいる。知事を動かしてください!」
と、ある関係者に言われました。
なぜ、知事はペットまで見殺しにするのか?

14-9-25-029.jpg

やがて私達は当時の菅首相(民主党)がいち早く福島県知事に【被災地の動物は見殺しにする!】とマスコミには出ない内々の通達を出していたことを知りメンバー達は、原発事故の被害を当初、東京電力と共に隠ぺいし被害を拡大化させただけでなく、なんて血も涙もない愛情が欠落した人が日本の首相になっているのか?と愕然としました。
しかし、そんな中、充分な防護服やマスクもせず、犬猫救済に向かったのが広島の犬猫みなしご隊でした。

救出された犬猫達の影には、わずかの餌を喜び救出予定の捕獲箱に入り、
そのまま、保護されることなく日に日に餓死していった被災地で置き去りにされたペット達もいました。

その恐怖や絶望感を思うと、自衛隊や警察が立ち入り禁止をするため現地に入っていたのだから、捕獲箱に入り出ることが出来なくなっていた犬猫達を見回り、人道的に助ける連携が保護団体さんたちと、できていたなら…(T_T)(>_<)と主要メンバー達は当時思いました。

しかし、知事や首相の許可が無ければ、被災したペット達を助けることは彼らには出来なかったのでしょう。
被災した人間達には放射能を洗浄し、ペット達は放射能を浴びているからと助けず放置する、冷たいおかしな政策でした。

光と影、物事には必ず存在しますが、日本政府の影は濃すぎると思いませんか?

災害時、人間だけでなく動物達にも支援の手を届け、
動物虐待を許さず、犯人に厳しい罰を与える日本になってほしいと思います。

14-9-25-023.jpg

2014/09/25 アグネスさんコメントです。
猫ちゃんママさんへ、むっちゃんの幸せを紹介して下さり、ありがとうございました

こんばんは、アグネスです。
猫ちゃんママさん、むっちゃんの幸せを紹介して下さり、ありがとうございましたm(__)m

不覚にもコメントを読みながら、涙が出てきました。
被災地で、ほんの一時避難だろうと思った飼い主さんも多かったと思います。
ワンちゃん、猫ちゃんもずっと帰って来ないご主人を待ち続けて不安でたまらなかっただろうし、お腹も空いてくるし…

犬は人と共に暮らす生き物です。
一人では生きていけません。本当にその通りですね。
被災地やホームレスのワンちゃん、猫ちゃんのお世話や心配をする人に
「そんな犬や猫より人間が先だ」と言う人もいますが、命に変わりはないと思います。

もしかしたら、損得勘定や騙したり騙されたりがない分、人間より純粋なのではないでしょうか。

欲も得も関係ない、純粋な温もりを持っていたから、むっちゃんは引き取られた老人ホームにいる、おじいちゃん、おばあちゃんの心の支えとなり光となり、元気をあげることが出来た。

むっちゃんの幸せを読んで、そう思いました。

ずっと前から、ミーママさんや猫ちゃんママさんがコメントに書かれていた
老人ホームで、飼い主のいない犬や猫を飼えば、セラピードッグやセラピーキャットとなり、おじいちゃん、おばあちゃんにとってもよい結果が得られる!!の実例があったんですね。

犬も猫も飼い主は選べません。
離乳期に無理矢理、親兄弟から引き離され病気に対する免疫も不十分、社会性も身に付いていないまま店頭に置かれ、その後の人間のしつけ方が出来ていないのに
保健所や殺処分センター(動物愛護センター)に連れて来られて、殺されてしまう。
あまりにも人間の身勝手です。

これからも、このような番組や実例をテレビでバンバン放送してもらえたら、
「前例がない」「一存では決められない」の逃げ口上も減り、ホームレスのワンちゃん、猫ちゃんや動物愛護センターに収容されているワンちゃん、猫ちゃんも、新しい生活、生きる権利を勝ち取れると思います。

目の前にいる小さな命を慈しむ、優しい人が増えますように。

被災地で今も頑張っておられる、犬猫みなしご救助隊の皆様、本当にありがとうございます。

そして、被災地で多くの動物を救おうと頑張っておられる皆様、ありがとうございます。

被災した動物達が、新しい生活と幸せをつかむことができますように。

14-9-25-021.jpg


【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。 
スポンサーサイト

コメント

Secret

*☆\(*^▽^*)/♪★*まる子様ぁ~ラブリー探偵花ポリでございますぅ~♪♪♪

事件が起こる度にぃ~猫目に変身っっ!!(☆ο☆)ずぅ~っと三時間しか眠らなくなるミーママ様とぉ~猫ちゃんママ様~ロン様とぉ~
夜勤されながらぁ~時間見つけてわ調査されたりぃ、ミーママ様からのぉミッションが無くてもぉ自主的に役所へ嘆願の可奈ママ様~(‘o‘)ノ
知能派のぉお仕事をフルタイム(‘o‘)ノ可愛いベイビーちゃんも育てられチョー忙しい新米ママとぉ、ミーママ様から伺ってますがぁ~時を見てわ~自主的にぃ全国の役所にぃ追加調査メールを送られてる島の恵様~(☆▽☆)
そこまでわ~体力が無くてぇ、三時間睡眠わ~二日間だけなら気合いモリモリでぇ~後わ長時間爆睡してる日が多いですぅ~(*''*)(*'▽'*)(*''*)〃ごめんなちゃいメンバー達のぉ 一生懸命のぉ調査文や文章をぉ~☆*★\(*^▽^*)/♪*☆
新聞より分かりやすく読みやすいとぉ~お誉めてもらっちゃいましてぇ~*☆(⌒~⌒)*☆ぐふふふふ~♪♪♪まる子様わ~お目めが高~いでございますですぅ~

〃(≧∇≦)ο花ポリわ~夜わレッスンとぉ メンズ達とぉ~デート以外わ~ ロン様、猫ちゃんママ様、エンジェル、時々ヘルプのぉ~福岡のみのり様がぁ~ミーママ様にぃ、きびし~くチェックされながらぁ~記事を作られている間もぉ~(*''*)
眠らないミーママ様からぁ~夜中にぃミッション指令メールがぴゅ~んってぇ一斉ソーシンで来る間もぉ~(*''*)〃
「グッナ~イ♪(*^3(*^o^*)皆様わぁ~今夜もぉごくろーさまでございますぅ~
(-^〇^-)花ポリわ~お肌が荒れちゃうですからぁ~お先にお休みなちゃいですぅ( ̄q ̄)zzz」ってぇ~スマホの電源切っちゃってぇ~九時間わ爆睡ですぅ(〃⌒▽⌒〃)ゞえへへへへ

♭(☆∀☆)でもぉ~エロジジ様からぁ三才の男の子ちゃんまでぇ恋させちゃう(///∇///)チョーラブリー美貌の花ポリわ~花ポリだからぁできるぅミッション遂行してますですぅ~v(・∀・*)

ゴーコンわ~役所のこーむいん君達をぉターゲットでぇ~♪♪♪
→☆(///∇///)きぁん、H君ってぇ~お仕事デキソー♪♪
今までぇ~どんな課でデキルマンされてきちゃったんですかぁ~(*'ο'*)?
きゃん、大変そぉ~
〃(・∀・*)あのぉ~この間起こったままぁ犯人わ、わかってるのにぃ~加害者の名前を~他県と違っちゃってぇ愛媛県の警察や~マスメディアわ出さなかったぁ(‘o‘)ノ松山のお隣~伊予市の17才女子監禁集団リンチ殺人ってぇ~、
住民さんたちがぁ~(‘o‘)ノ何度も伊予警察にも~市役所にも児童相談所にも市役所にもぉ~
「\(◎o◎)/女の子がこのままじゃあー殺されちゃうっ!!」ってぇ~ヘルプ要請してたのにぃ、その女の子がぁ殺されちゃうまで愛媛県のぉ~役所や警察が連携もなくてぇ~児童相談所のこーむいんのオジサン達もぉ~住民達の通報にぃ知らんぷ~りしたことΣ(;ο;)
花ポリわ~不安になっちゃいましたですぅ~( ̄ο ̄;)こわあ~いっっ
それにぃ~もしかしちゃってぇ、あれだけの監禁集団リンチ殺人事件だったのにぃ~(@ ̄ο ̄@;)〃
全国のマスコミのレポーターたん達がぁ~連日詳しく報道できなかったのわぁ!?どーしてですかぁ~*(・◇・)?
伊予市長たんや~伊予警察所長たんがぁ~(・o・)ノ
もしかしてぇ~役所の対応怠慢を追及されないよーにマスメディアにぃ箝口令ですかぁ~?
だぁって~(*/□\*)花ポリがぁ~ストーカーに会っちゃってぇ、こわ~い目に会っちゃってぇ~ε=ε=┏(・□・)┛
松山市の一番町の派出所やぁ~東警察署とかに「。。。。゛(ノ‥)ノきゃあ助けてくださいまし~っ」ってぇ~駆け込んでもぉ愛媛県わ~女の子が殺されちゃうまで何もしてくれないんでしょ~お?(;ο;)
H君やY君わ~そんな怠慢な公務員たん達とわ違うでしょお?花ポリを守ってっヾ(´・ω・`)
きゃんっ(///∇///)一生守ってくれるってぇ~H君、嬉し~いっっ♪♪♪
(・o・)ノえ?なあに?Y君?
愛媛県の県庁とぉ警察とぉ役所が~横の連携の情報をって、マニュアルお作りするよう今してる?
それってぇ誰がぁ~するんですかぁ?(*''*)〃

えへっ(〃⌒ー⌒〃)ゞてぇ上目使いでぇ~先日もぉ情報収集してますですぅ
お金持ちの道後のご隠居様からわ~!(b^ー^)
選挙内情をぉ 高~いワインをご馳走ちゃまして聞き込みしてますですぅv(・∀・*)
ご隠居ちゃまわ~普段わエライ人みたいでぇ~(‘o‘)ノうちの社長たんも頭を下げてますけどぉ~
花ポリの前でわただのエロエロジジ様ですぅV(///∇///)
花ポリちゃ~ん(√-∀-}月々のぉ~お小遣いをあげるからぁ~{≧ε≦}ってぇ~赤いお目めしちゃってぇ~ちょっとぉ臭い(((・・;)
色の悪い唇をとんぎらせてぇ~花ポリを酔わしてぇ~ホテルの部屋に連れ込もーとぉ(*'ο'*)ワインをグイグイたしてくれるけどぉ~お年のわりにわミエミエ~ゞ(≧∇≦)〃
探偵花ポリわ~ロン様につぐ酒豪ですからぁ~ゼーンゼン★酔わないんですぅ(〃⌒ー⌒〃)ゞえへっ☆♪♪いっ~つも美味しい料理や高いワインご馳走~様ですぅ~
SOSメンバーわ適材適所なのですぅ~寝たきりぃめったに動かないメンバーもいますですぅv(・∀・*)〃
まる子様~これからもぉ新聞より分かりやすい犬達のSOSをヨロシクですぅっ★*\(*^▽^*)/☆ *★♪
さくらちゃん、ボタンちゃ~ん、夜勤頑張っちゃってスゴイですぅ~*(・∀・*)夜勤明けの日わ~お肌パックしてぇ女子力アップしてねぇ~(///∇///)♪♪♪ あん♪もう寝ないとぉダメ~ぶふふふふ~

顔パックじゃね~www(`▽´)

花ポリさ~ん、美容アドバイスありがと~(^3^)/
夜勤やったけんね~
とんぎった唇の色が変色しとるとかゆー道後のエロジジ様みたいに、ボタンも疲れて口臭がしとったらいかんけん、さっき歯磨きしよったんよ(`▽´)
顔パックじゃね~
サクラから前に沖縄の海の泥じゃゆーパックもろとったけど、めんどくさいけん、風呂入って5分ゴシゴシして何も付けずに、チョッと寝よったけど
顔中泥パック初トライしてみるね~(`▽´ゞ)

花ポリさんのコメはメチャおもしろーてスゲー楽しみなんよ~
まる子さんが思たように、プロみたいなミーママさんの文章と、アグネスお姉さんやSOSのお姉さんらのコメントや、可奈ママさんや桔梗さんや美和さんや、美羽お姉さんらの問い合わせは、ほんとマジスゴイけん
夜勤明けでフラフラしとっても、SOSお姉さんらの気迫や、愛情いっぱいのコメ読んだらめちゃ元気になるんよ(`▽´〃)

ボタンは態度がデカイらしいわりには、心臓が小さかったんよ( ̄▽ ̄;)

神奈川県動物管理センターで、ミニチュアワンダックスワンちゃんを虐殺したんを自白しとった清掃員を、事情徴収しただけで逮捕せんかった、腐っとる平塚署に電話したのにね~( ̄▽ ̄;)
高びーなオバちゃん職員相手にめちゃキンチョーしてねえ、口から内臓が飛び出しそーになるし、何聞いてええんか分からんけん
(え?担当者がみんなおらん?マジ?
おらんフリ?)
(あっ、こんな時は?どうゆーたらええんじゃろ?)
(あーお姉さんらのコメ見て勉強したんやけん、標準語で理知的に喋らんと( ̄▽ ̄;)・・・標準語へへ…また電話しよ…(--;)…)
ゆーてSOSのお姉さんらみたいな問い合わせや嘆願が出来んかったけど、頑張ってねえ~wwww

高知大学医学部のイルカによるアニマルセラピーに関して

前回コメントさせていただいた高知大学医学部のイルカによるアニマルセラピーについてなのですが、調べたところ現在は行われてないそうです>_<

平成18〜21年度、高知大学医学部と室戸ドルフィンプロジェクト共同で行った研究とのことです。
研究結果の詳細はあまりわからなかったのですが、イルカによるアニマルセラピーで自閉症等の障害をもつ子供達に効果が得られただけでなく、楽しむ子供達の姿を見ることで親子の関係性にもいい影響があり、親の心を癒すこともできたそうです。

現在、高知大学医学部ではイルカによるアニマルセラピーは行われていないのですが、室戸ドルフィンプロジェクトでは発達障害をもつ子供達やその家族を対象にイルカによるアニマルセラピーが行われているそうです。

首都圏では動物愛護センターの隠れ業務が四国や中国九州の一部と違い隠ぺいされず、すぐ明るみに

お疲れ様ですm(_ _)m
みなさん、連日連夜、問合せやおまとめ、記事作成に調べ物、パトロールなど、ありがとうございます(o^^o)

過去に、「殺処分ゼロのはずの39億かけて作られた横浜のセンターで収容犬の治療と称し、動物実験をしていた」ことについて、ミーママさんからミッションを頂いたので、調べてみました。

横浜市動物愛護センターが、動物用サプリメントの商品化を目指す業者の依頼を受け、収容中の犬に実験をしていたようです。

下記は、横浜市動物愛護センターの動物実験が東京新聞TOKYO Webに取り上げられた記事を、ブログに転載されていたものですm(_ _)m

的外れだったら、すみません(>人<)

東京新聞TOKYO Webより

『動物実験 獣医師ら訓戒 横浜市愛護センター

2012年12月14日

横浜市動物愛護センターが、動物用サプリメントの商品化を目指す業者の依頼を受け、収容中の犬に実験していた問題で、市は十三日、実験にかかわった男性職員、上司のセンター長、担当係長の三人を市長文書訓戒にした。

市は「公的機関でないところからの依頼であり、公益性に乏しく不適切な対応だった」と判断した。処分内容については「過去の事例と比較して、懲戒処分には至らない」としている。

この問題をめぐっては、当時、愛護センターの獣医師だった職員が今年二~四月、皮膚病のペット向けにサプリメントを開発している民間業者の依頼で、収容中の犬三匹にハトムギの種子のエキスを投与し、業者に実験データを提供していた。 (中沢誠)』

以上です。高知県の小動物管理センター(犬猫殺処分施設)の職員や、愛媛県動物愛護センター職員、愛媛県東温市、松山市保健所の毒の公務員 獣医達、山口県防府市、周南保健所の犬猫捕獲殺処分公務員達...警察までも、保身や地位、名誉の為に隠ぺいに必死になる人達が多い中、
首都圏では動物愛護センターの隠れ業務が隠蔽されることなく、すぐに明るみになっています。
動物愛護センターの隠れ隠ぺいを表に出し、ごまかしではなく、きちんと業務改善をしてほしいと思います。

ワンちゃんが人間に与えてくれるパワーって、すごい(o^^o)

猫ちゃんママさん、NHK総合テレビで放送された【むっちゃんの幸せ〜福島の被災犬がたどった数奇な運命〜】を紹介して下さり、ありがとうございます(o^^o)

東日本大震災で被災し、悲しくて、辛い思いをしたむっちゃんですが、神奈川・横須賀市にある「特別養護老人ホーム さくらの里 山科」に引き取られ、おじいちゃんやおばあちゃんを癒し、元気や楽しみをプレゼントしながら、楽しく過ごしていた様子に、とても嬉しくなり、笑顔で読んでいました(o^^o)

ワンちゃんが居るだけで、人は元気になれ、穏やかで優しくなれる(o^^o)

ミーママさんも仰られていましたが、殺されてしまうかもしれない保健所や動物愛護センターのワンちゃん達を老人ホームなどで、引き取ってもらえたら、ワンちゃん達も人間も幸せ。お互いに癒され合いながら、優しく穏やかな気持ちで暮らせる。なんて、素敵〜(o^^o)

本当に、本当に、保健所や愛護センターのワンちゃん達を老人ホームなどで引き取ったり、ワンちゃんを飼いたいと思われる方も、保健所や愛護センターから家族に迎え入れてもらいたい、そして 保健所が飼えなくなったワンちゃんを連れて行く場所ではなく、ワンちゃんを飼いたくなったら行く場所になってほしい、そう強く願う私です。

あずにゃんさんへ

こんばんは。
私は高知に来て約半年のさかなとみしんです(*^_^*)
あずにゃんさんのコメントで、高知県室戸市にイルカセラピーをしている施設があると知り、うれしくてコメントしていますo(^-^)o

私も室戸ドルフィンセンターのホームページを見てみました(^O^)
障害を持った子どもたちとイルカが泳ぐときは、参加人数を2人に限定し、職員さんがマンツーマンでプログラムを組んでいるそうなので安心ですね。
そして何より、イルカに子どもたちもその親御さんまでもが癒され、元気になれることが素晴らしいですよね(*^_^*)
こんなふうに私たち人間を癒してくれるイルカを、酷い方法で殺して食べるのはやめてほしいと私も思います。


高知といえばウナギも有名ですが、少し前にニホンウナギが絶滅危惧種に指定されましたね。マグロも数を減らしていると聞きました。どちらも日本人が好きな魚です。
“魚なら殺していい”のではなく、人間の欲を走らせず、乱獲しないことが大事なんじゃないかなぁと思います(*^_^*)今食べる分だけ…それだけでいいように思います。

和歌山県には、近海を泳ぐイルカを食べるのではなく、イルカと泳げるようにして、世界中の人たちがまた和歌山に行きたい!と思ってもらえるような方向に舵をきってほしいですね(^O^)

あずにゃんさん、さかなとみしんさんへ

こんばんは(*^_^*)
あずにゃんさん、高知大学医学部でイルカによるアニマルセラピーが行われているとコメントで知らせてくださっていたのですが高知大学医学部と室戸ドルフィンプロジェクト共同で平成18〜21年度の間、行った研究で、現在はしていなかったのですね。
さかなとみしんさん、室戸ドルフィンセンターで行っているイルカセラピーについて調べてくださりありがとうございますm(__)m
私もホームページみました。
イルカふれあい特別活動について、「当センターでは平成18~21年度、高知大学医学部と共同でイルカセラピーの研究を行いました。
その成果をもとに自閉症などの発達障害児に対して、特別プログラムを実施しています」と書かれていました。

室戸ドルフィンセンターは平成18年4月にオープンして、高知大学医学部による広汎性発達障害児に対するイルカ介在療法の研究を行ったあと、広汎性発達障害児のイルカふれあい活動をはじめたようです。

イルカたちは、自閉症などの障害をもつ子供達だけでなく、大人の心も癒してくれてイルカのパワーはほんと素晴らしいです。

人間の心を癒してくれて、助けてくれているイルカたちを和歌山では、港に追い込み、身体を傷つけながら殺すなんて、そして食べるなんて、酷すぎます。
美和ちゃんが詳しくイルカ漁の仕方をコメントしてくださっていましたが、読んでいると辛くなりました。
怖い思い、痛い思いをしながら、仲間たちと一緒に殺されていったイルカたちの事を思うと心が痛みます。
ごめんね…イルカさんたち…。

イルカ漁をしている方は、かわいそうだからやめようと誰も言わないのですか?
和歌山の残酷なイルカ漁はやめて頂きたいです。

厚生労働省に問い合わせしました。

皆さん、いつも遅くまでのブログ活動、ありがとうございます(^o^)

厚生労働省へ問い合わせしました。

9月29日(11:17)

代表電話でカノウさんという女性職員さんが対応して下さいました。

名前を名乗り、水銀被害の管轄部署へ繋いで頂けますか?と訊ねると、10分近く待たされました(*_*)

ようやく【食品安全部水産安全係】に繋がり、男性職員のサジさんが対応して下さいました。(声が小さく、自信がなさそうでした。)

名前を名乗り、挨拶をすませて質問に入りました。

★和歌山のイルカ漁で捕獲されたイルカの体内にメチル水銀がどれくらい含まれているか、一体一体、調査していますか?

(サジさん)
一体ずつの調査になると、自治体の保健所とかでやっているかもしれないが、厚生労働省の方では、どの位の頻度で調査が行われているか把握していない。
厚生労働省の方では、検査をしなさいという義務付けまではしていない。

(書類を調べている様子で、かなり長い間待たされました(*_*))

暫定的規制値を設けている。
メチル水銀だけでなく無機水銀を含めて0.4ppm
メチル水銀としては0.3ppm

この数値以下なら健康への影響はないだろうということだそうです。
(この基準を上回るものがあれば、強制的に排除されるというものではないとのこと。)

(サジさん)
高濃度のメチル水銀を含むとされるイルカやマグロを全て否定するものではない。魚自体は良い栄養を含んでいる部分もあるので…元々、日本人は魚を沢山食べてきた民族ですから。

(イルカは魚ではなく、海洋性哺乳動物であることを突っ込めてないことに、後で気付きました(@_@)すみません)

ただ妊婦の方については、胎児への影響を考えて例えばバンドウイルカを一回に80グラムを食べるとしたら、2ヶ月に一回までにして下さいよという呼び掛けはしています。


★和歌山県太地町で調査した住民50人のうち、鯨肉を食べる住民28人の毛髪から、日本人平均の10倍を超える水銀が検出され、一部で世界保健機関(WHO)の安全基準を超えている(※このうち50代以上の3人は、最高で67.2ppmと、WHOが神経障害などを発症しかねない基準とする50ppmを超えていた。)ことが、北海道医療大などが毛髪を調べて分かったことについて説明すると…

(サジさん)
厚生労働省は一般的に日本人がよく食べる物、あまり食べない物を含めて食品を検査して大体平均すると、日本人が水銀をどれくらい摂取しているのかは調査している。

★高濃度の水銀を含むイルカ肉を多く摂取している地域の人を平均に当てはめるのは違うように思いますが?

(サジさん)
偏った摂取をしないでバランス良く、魚介類を摂るようホームページなどで呼び掛けはしている。

★イルカ肉を摂取するのは、ネットなどを使えない高齢の方が多いと思われますが?

(サジさん)
多分、地元では保健所などが食品の安全という部分でのハガキだったり、健康管理(栄養管理)での取り組みをしていると思う。


★トップである厚生労働省さんが、保健所がどういう調査をしているのか把握されていないのは、問題があるのではないでしょうか?

(サジさん)
各地域によって沢山(水産資源が)とれる地域やそうでない地域があるので…確かにこちらで全部把握できれば最高なのかもしれないですが、現実的にはそこまでできない。

★高濃度のメチル水銀を多く含むイルカ肉を消費している地域を重点的に調査して頂けませんか?

(サジさん)
ご意見としては…これは決してメチル水銀に限ったことではなくて、例えば今の時期なら毒キノコを食べて食中毒になる場合など、各地域によって呼び掛けに差がありますので…

話が違う方向に進みそうだったので
『話を元に戻させて頂きます』と言いました。

★一体一体を調べてないのであれば、イルカ肉はミンククジラと偽装表示され国内で売られている事例もあるそうなので、人体に危険な肉を食べる和歌山県の妊婦や胎児、幼児の健康を考慮し、調べるべきではないですか?

(サジさん)
ご要望としては承るが、この場で規制をしますとは言えない。
食文化でもあるイルカ肉や鯨肉を規制するのは難しい。

★自治体に厚生労働省さんの方から厳しく指導して頂けないでしょうか?と訊ねると

(サジさん)
(厳しく指導というのは)できない。食品に関する部分は、国と自治体は同等なんです。各地域に呼び掛けをしたり、相談をしたりということはしていく。

★イルカ肉を食べたことで、実際に健康被害が生じた場合、どちらで責任を取るのですか?

(サジさん)
え~と、責任というのは…それは難しいんですけど…(段々、声が小さくなって聞き取れませんでした)

★国が責任を取りますとは言えないのですね?

(サジさん)
そうですね…。

健康被害が生じてからでは遅いので、厚生労働省さんの方で、イルカ肉を規制する方向で検討して頂くよう再度、嘆願しました。

すぐに規制するのは難しいですが、こういうお電話を頂いたということは…。

(最後の方は聞き取れませんでした)

よろしくお願いします。ありがとうございました。とお礼を伝えて電話を切りました。

農林水産省に問い合わせしました。

連続投稿で失礼しますm(__)m

農林水産省(03-3502-8111)に問い合わせしました。

(9月30日、14:27)

代表の女性が対応して下さいました。
イルカやクジラなどが海洋哺乳動物であるにも関わらず、日本では水産庁の管轄下にあることなどに疑問を感じていることについて説明すると、【国際課】に繋いで下さいました。

対応は男性職員のオカゾエさん。

名前を名乗り、挨拶をすませて質問に入りました。

★イルカやクジラは海洋哺乳動物なのに、日本では捕獲数を【漁獲高】と呼んでいますが、なぜでしょうか?

(オカゾエさん)
あの~、イルカはおっしゃるとおり哺乳類というカテゴリーではあるんですけど、【漁業法】という法律に基づいて管理していますんで、同じように漁業高と呼んでいます。

★【漁業法】というのは、どういう法律ですか?

(オカゾエさん)
漁業全般に関して、持続的に漁業ができる形を実現するために、漁獲を制限したり規制しています。

★イルカやクジラの年間の捕獲制限はどれくらいされていますか?

(オカゾエさん)
ちょっと具体的な数字は担当に聞かないとわからないんですけど、ちょっと担当が席を外していますので…。

(イルカやクジラの年間漁獲制限数は設けているとのことでした。)

★【漁業法】の見直しは、どのくらいの頻度でされていますか?

(オカゾエさん)
見直しの頻度?それは必要に応じてということだと思います。根幹部分はあまり変わらないんですけど、例えば国際交渉でマグロの漁獲量を半減しなければいけないということが決まれば、当然見直しますし…。


★マグロの引き網漁では、マグロとイルカの群れが一緒にいることが多い為、漁師たちはイルカを狙って引き網を仕掛けるというのはご存知でしょうか?

(オカゾエさん)
それは知りませんでした。

★1.5㎞以上もあるカーテン状の網でイルカを取り囲み、そのあと底を閉じ、そして口を閉めるようですが、仲間意識が強いイルカは、自分だけ逃げて助かるという習性を持ち合わせていません。群れの仲間(少なくとも7頭くらい)と一緒に通り抜けられないのなら、彼らは仲間と運命をともにする道を選びます。
(イルカの群れが自発的に網から飛び出すには、最低でも6メートル四方の開口を必要とします。)
大きな巻き網ネットがイルカの頭上を塞ぐと、頭頂部に呼吸のための噴気孔をもち、肺呼吸をするイルカは溺れてしまい、混乱のなか網の底へと沈んでいきます。
マグロ漁の裏で、大きな犠牲が伴っていることを日本の消費者は知りません。
水産庁さんの方で、マグロ漁について規制することはできないのでしょうか?

(オカゾエさん)
私もそういう話を聞いたことがなかったので…。むしろ捕鯨班というよりもマグロの規制ということになるんですかね。

★和歌山県の残酷なイルカ漁が国際的に非難されていますが、それだけではなくマグロ漁でも大きな犠牲を伴っているようですから、水産庁さんの方で指導して頂けないでしょうか?

(オカゾエさん)
私もマグロ漁師を指導する立場にないので、担当者の方にそういうことがあるらしいというのは伝えることはできますけど…。

★アメリカでは、引き網漁においてイルカの代わりに丸太などを使って、マグロを誘う方法に切り替えていて、イルカを犠牲にしない方法で作ったマグロの缶詰には『ドルフィンズ・セーフマーク』が付いており、消費者にもわかるようにアピールされています。日本でも見習って取り入れて頂きたいと思います。

(オカゾエさん)
わかりました。そういったご意見があったというのは、担当者の方には伝えておきます。 ちょっと私も実態がわからないので…。担当者であれば、そういうのがあるというのは知っているかも…。

担当が【漁業調整課】ということだったのでお礼を伝えて電話を切りました。

改めて【漁業調整課】へ電話し直しました。

対応は男性職員のマスダさん。

★遠洋の流し網は、ほとんど目に見えない合成繊維でできていて、イルカのアンテナであるソナーでも、その存在を察知できないというのはご存知でしょうか?

(マスダさん)
はい。

★それを承知の上で、流し網を認めているのですか?

(マスダさん)
まあ、それは水産庁の組織としての判断かと思いますが…。

★その網にはイルカだけでなく、百種類以上の数千万匹もの魚や海亀などが絡まって死んでいます。海の中に魚がいなくなったと言われて久しいですが、その原因の一つが流し網による乱獲ですよね?

(マスダさん)
はい…。

★漁獲量や捕獲方法についての規制や見直しをして頂けないでしょうか?

(マスダさん)
少々、お待ち下さい。

(長い間、待たされました(*_*))

ここから流し網(サケ、マス類)を担当している男性職員のシカダさんに代わりました。

シカダさんが知っている範囲では…

◆日本ではマグロを獲る為に、イルカを目標にしているというのは聞いたことがない。(メキシコなどでは巻き網漁業でイルカを目標にしていて問題になっているのはご存知とのこと。)

◆マグロの巻き網漁業は海水温の状況をみて、どこが漁場になり得るのか、経験的にわかっているので、それを目標に漁探船で探しながら見つけていると思っている。

◆日本の漁船が遠洋漁業で海外へ出て行った時でも、イルカを目標にした巻き網(シカダさんはイルカ巻きとおっしゃっていました(T_T))のマグロ漁はしていないと思う。

◆流し網については公海での操業が国際的に(1992年に)禁止されているので、存在しない。
日本の水域内では、流し網によるカジキやマグロ類の漁獲はあるとのこと。

乱獲に繋がる流し網を規制して頂けないか嘆願すると

(シカダさん)
規制ということでは、日本は昔はすごい数の流し網船がいたんですけど、もう許可を出さないということで、ずっときていて、ほとんど存在しない。(正確な数字はわからないが、操業しているのは30隻に満たないとのこと。)


★どの漁獲方法にしても、極力、他の生物の犠牲を伴わないやり方が実際、漁場で守られていますか?


(シカダさん)
データとして持っているわけではないので、何とも言えない。

回答して下さり、ありがとうございました。とお礼を伝えて電話を切りました。
いろんな部署や人にたらい回しで、グッタリしました(@_@)

あずにゃんさん、さかなとみしんさん、ドルフィンセラピーについてありがとうございました

こんばんは、アグネスです。
あずにゃんさん、高知大学でのイルカのアニマルセラピーはなくなったものの、室戸でアニマルセラピーが行われていることをコメントして下さり、ありがとうございました。

さかなとみしんさん、室戸でのアニマルセラピーについてホームページを見てコメントして下さり、ありがとうございました。

NPO法人室戸ドルフィンプロジェクトさんが、平成18~21年度、高知大学医学部と共同でイルカセラピーの研究を行い、その成果をもとに自閉症などの発達障害児に対して、特別プログラムを実施しているようです。

そんな人を癒す力があるイルカを殺す必要も、理由もないと思います。
だいぶ前に聞いた話ですが、イルカ漁に続き、秋には鯨漁(ゴンドウクジラ)が解禁になり、鯨の水揚げが少ない時の穴埋めにイルカが使われたり、イルカを鯨として売っていたそうです。
そして、漁師は「くじらは美味いから食うが、イルカの肉は臭いしまずいから食わん」とも言っていたそうです。

水揚げされた鯨(ゴンドウクジラ)は、「鯨の町太地町」として観光客誘致している和歌山県東牟婁郡太地町の「くじらの博物館」や近隣の食べ物屋さんに「鯨肉料理」として出されます。
鯨の水揚げ高の不足分を埋め合わせるために、イルカも鯨肉として、調理提供などもされていたとも聞きました。


まずいからと食べないイルカの漁をしたり、鯨と言って売ったり、和歌山県はおかしなところだなあと感じたことを思い出しました。

今はイルカや鯨を殺して食べなければならないほどの食糧難ではありませんから、時代に逆行してまでイルカ漁を続ける必要はないと思います。
伝統と言いながら、観光客目的の漁に過ぎない気がします。イルカとクジラは分類上は同じようで、漁師はお金儲けの為にうまく誤魔化し続けてきたのかもしれません。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR