犬達のSOS☆ハンサムか可愛いか高収入等の外面で恋をせず、血統書付きの犬猫にこだわらず、汚れたブサかわいい野良や捨て犬猫にも手を差しのべられる方達や、動物愛護の方達へ☆役所への署名やパブコメの際は事後確認を☆2014年9月19日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10  

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして

ランキングのご協力をお願いします

FC2 社会部門ランキング
1位 2013-07-25~2014-09-19
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8・9)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
 2014-05-15~09-19
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2)


ミーママ撮影の夏が終わりを告げた空と太陽7
【ミーママ撮影の夏が終わりを告げた空と太陽】

2014/09/16 ミーママさんコメントです  
nao様へ コメントありがとうございました

ミーママです(*^_^*)
前回も思いましたが、naoさんのコメントには、真面目な一生懸命さが伝わり、文章力もありますね。

長くなりますが、何故SOSがこの聞き取り、嘆願内容公開のスタイルを取るようになったか、お話しますね。
犬達のSOS活動が始まった3年9か月より前、何年にも渡り愛媛県松山市のお隣では、東温市役所市民環境課と、松山市の地方局2階の保健所に在籍していた愛媛県公務員獣医、得居格による致死量睡眠薬餌と吹き矢で、たくさんの犬達がショック死していました。

愛媛県東温市市役所とは?犬達のSOS!姫ママちゃん② ロンより002愛媛県東温市とは?犬達のSOS⑯『姫ちゃんを致死量睡眠薬餌捕獲公務員の悪事から守ってください①』001 
愛媛県の公務員達による虐待で、他の犬のようにショック死しなかったものの、肝臓がボロボロになり寝たきりになった
入院時の姫ちゃん】 
     ↓ 
【2011年6月13日にミーママの家に来たばかりの不安そうな姫ちゃん】 

愛媛県動物愛護センターの毒ガス室殺処分前日に助けられた姫ちゃん日記⑩004 

死ななかったものの、目だけ開いたまま、寝たきりで動けなくなった白い野良犬、姫ちゃんを助けるために私達は、昼はお仕事の空きを見つけ、役所への聞き取り。
夜は3時間睡眠で、役所を追い込むための【事実と役所公務員の嘘】を検証しながら、執筆活動を続けました。
産んだ子犬を何度も取り上げられても、大人しかった姫ちゃんが、なついて信じていた地元住民を、愛媛県の公務員である毒の得居格と東温市市民環境課の近藤大作係長が、言葉巧みに説得し、致死量睡眠薬餌を食べさせ、気付いてフラフラになりながら逃げる姫ちゃんを、今度は吹き矢で追いかけました。

姫ちゃんは心にもショックを受け、毒症状で肝臓がボロボロになり瀕死になりました。
その姫ちゃんを、鬼畜のような職員達が、愛媛県動物愛護センターのガス室に送っていました。

2011062618110000.jpg 姫ちゃんの腹這いおしっこにキョトンとする豆
【当時ミーママは 『17キロの姫ちゃんが怖がらずに、自力でおシッコに行ける日まで抱いたこの手は離しません。いつか怖がらずにお外も一緒に行けたらいいねo(^-^)o』 と言って、毎日屋上までの32段の階段を抱っこして上り続けました。姫ちゃんは這いつくばった格好でしかオシッコができませんでした。きっと野良ちゃんの頃の身を隠しながらオシッコする癖がぬけなかったのでしょう 。姫ちゃんの腹這いオシッコに、きょとんとする保護犬の空豆】


当時、愛媛県の有名保護団体会長は、保護活動と役所に入っている記者クラブ等のマスコミを接待し(募金で)団体の保護活動資金を集めるために、
【睡眠薬餌による捕獲を中止要請】
の文書を東温市や、愛媛県庁に送っていましたが、支援者を納得させるためだけで、役所にとり痛くも痒くもない形式だけのものでした。
SOSが発足するまで、東温市の惨劇は何年間も続き、とうとう見かねた地元の動物好きの女性が、私に助けを求めてきました。

ひめちゃんハート5 ★犬達のSOSミーママ、トルコ旅マンマミーア番外編★アドリブがあればガイドブックはいらない013
【寝たきりのため、体の片方の皮膚が床擦れで裂け震え、人間恐怖症で震え続け、目も焦点が合わなかった入院時や、初めてミーママ家に来た時は這いつくばるオシッコのためお腹が黄色に染まり、ノミダニだらけだったけれど、ミーママの手厚い介護で、みるみる美しい姿に変身し、笑うような表情をするようになりました】

「(ToT)ミーさん!
ミーお姉さん!(何故か、はるかに年上の方からも私は「お姉さん」オジサン達から先生と呼ばれます(^^;))
愛護団体のエライさんらは、捨て犬で人慣れしとっても、大人の犬は里親が見つからんけん、役所に殺されても仕方がない。
観月祭の日に、松山市から犬を捨てに来る人が後を絶たんし、役所に捕まえられた子犬達だけ引き渡してもらって里親を探すために、役所とは上手にやらんといかんし、ゆうて言うんよ(T_T)
捨てられた妊婦犬や母犬らは、お尻や口から泡を吐いて死んだり、ショック状態で死にかけの犬は、松山の愛護センターのガス室に送られ、また苦しめられ殺されよるんです(ToT)

役所に抗議の電話したんやけど、私は腹が立って興奮して上手く話せんし、職員らは嘘ついて、しらばっくれるんよ!
ミーさんやったら頭がええし、丸めこまれずに、どんな人相手でも話慣れとるし助けてください!
役所に抗議の電話をしてください」
と言われ、
「捨て犬のメッカだった東温市のワイヤー犬や、毒殺事件は何度か聞いて気になっていたけど、犯人が役所の公務員達?
それも税金を使った業務で?(・o・)」
と、信じられない思いで、役所に詳細を確認するため電話しました。

ひめちゃんハート6  ひめちゃんハート2   

毒の公務員、得居格獣医と、東温市市民環境課の近藤大作という係長と話し、その際の公務員の保身と、話が食い違いすぎるこの2人の山盛りの嘘にも驚きましたが、嘘が通用しないと分かると、キレたり脅してきたり
「ウソだ~(`o´)住所、電話番号は~!」
私の個人情報を必死で聞こうとしたり
「(`ε´)情報元の女性は誰ですかあ?」
と脅すために、女性の名前や住所を探ろうとしたり、
「(・o・)これが公務員の言動なの?」
と、今まで会ったことがないタイプの、劣化した鬼畜のような公務員がいることを知りました(;´o`)

ひめちゃんハート3   

愛媛県の警察署も更にひどく、
「動物愛護の法律なんて知らない。(ΘoΘ;)
南署が管轄じゃないかな?」
南署はまた別の署の名前を言い、
最終的には
「動物虐待の事はわからんけん、トップの県警本部やったら詳しい人がおると思います(ρ.-)ネム」
それで松山市中心部に建つ、愛媛県警本部に電話をすると
「動物愛護の法律は知らんから南署に(ΘoΘ;)」
のたらい回しで一巡し(-_-;)

ひめちゃんハート4  
【おひめさまのように 美しくなり若返ったひめちゃん  
でも 窓や玄関の向こうで男性の声がすると、お布団にもぐって震えつづけたひめちゃん 】


こんな愛媛県の役所に正攻法で、書面やパブリックコメントや、署名活動等して、真面目に嘆願してもラチがあきません。
ラチがあくなら既に、地元の有名愛護団体が、書面で県庁等に嘆願書を送った時点で、虐待公務員達は処罰を受け、業務も改善していたはず( ̄o+ ̄)
何年間も致死量睡眠薬餌虐待が、続くはずはないわ。

更に、公務員達は2~4年毎に部署を異動して先の課でしてきたことには知らんぷりです。
役所という大きな壁を怖れて、誰も名指しにして告発しません。
つまり、役所は改善などしません。

 愛媛県動物愛護センターと本気で殺処分を減らし続けた熊本市の違い、愛媛新聞と熊本日日新聞との違い012姫ちゃん日記⑫復興支援にパンダを毎年1億6600万円で中国から借りるより013
【愛媛県東温市河原のホームレス時代のわさび君です。致死量睡眠薬餌での捕獲がSOSの告発により使用禁止になり、毒の公務員獣医、得居格達の吹き矢を使った捕獲の実験1号にされ倒れ愛護センターへ送られました。その後無事に、助けだされました。 この頃は人間を近づけない目をしていました】

私は、動物好きの大阪のアグネスに、ヘルプ要請をし、愛媛県でぼや~と平和に生きてきたロンちゃんと、猫ちゃんママ、高知で意味のないイノシシ走行を毎日熱くしていた可奈ママに声をかけ、東温市の犬達を助けるために、更に活動を始めてまもなく知った姫ちゃんを、ガス室前日までに助けるために、昼間は空いた時間を見つけて、該当役所や県庁に聞き取りと嘆願、
夜は、世間にこの残忍な虐待捕獲や虐殺を、広く知ってもらうために3時間睡眠で執筆活動を続けました。

当時、愛媛県動物愛護センターは、譲渡に職員が選んだきれいな若い犬達以外は、一般市民が引き出し依頼をしても聞き入れてもらえず全て、殺処分されていました。
私達の要請で姫ちゃんを助けるために、
「え?あんな年もいっているし、元気になるかどうかもわからない犬の里親になってくれるなんてありがたい」
と間に2名の保護活動の人達が入ってくれました。
瀕死の高齢の姫ちゃんは、ガス室前日に無事助けられ、役所と親しい愛護団体が利用している動物病院に、入院のため運ばれました。 

 姫ちゃん日記⑫復興支援にパンダを毎年1億6600万円で中国から借りるより012愛媛県食肉衛生検査センターに異動で逃がされた県保健所の得居獣医の毒吹き矢で倒れたワサビ君今高知で013
【東温市の広大な河原で優しい住民にご飯をもらいながら、わさび君と懸命に生きていた仲間の捨て犬達。当時愛媛県愛護センターから引き出された保護先の山から逃げ出したわさび君は、自力で河原に戻り仲間たちと再会した時は、飛びはねて大喜びしていたそうです。現在、この子たちも保護され二匹一緒に優しい里親さんのところで暮らしています】

その後、私達に病院名と場所の連絡が、保護士さんから来ました。
しかし、今度は非道役所の告発と虐待捕獲の告発をした犬達のSOSブログを消さないと、姫ちゃんの愛護センターからの譲渡書を渡さない。
と既に毒の得居格獣医から接触があったのか、引き出してくれた人から保護依頼人のロンちゃんに交換条件がありました。
毎日、ロンちゃんが世話を習いに行っていた動物病院の先生も、毒の得居格獣医から、公務員のボーナスくらいの口止め料を渡されたのか、(最初、私はこの獣医さんの顔を見た時、6〜7万のお金なら動かないけど何十万のお金なら、注射を持った悪人に姫ちゃんを渡す可能性があるわ。とロンちゃんにも言っていました)
虐待証拠になる「姫ちゃんの肝臓の毒症状の数値は、もう教えられない。
更にあなた達は、この犬の譲渡書をセンターからもらってないから、この犬を渡せない」
と突然態度が豹変しました。 

愛媛県食肉衛生検査センターに異動で逃がされた県保健所の得居獣医の毒吹き矢で倒れたワサビ君今高知で030
【高知の桃一家の養子になったわさび君。桃ママの家に行ったばかりの頃はまだ人間が怖くて、お散歩も人気のない夜中や早朝でないと行くことができませんでした。お散歩中に人の気配や車が通る度に、道路の側溝にもぐって隠れていました。そんなわさび君に桃ママ一家は「どんな恐ろしい目に合いながら生きてきたんだろう」と胸がつまったといいました。高知にいって間もない頃に小屋の掃除に頭をつっこんできた桃パパの耳を、わさび君は思わず噛んでしまった事がありました。その時に怒ることをせずじっと噛まれたまま、わさび君が口をはずすのを待ったパパ。この日からわさび君はパパをボスと認めたのでした。そんなパパがわさび君のトレードマークのタテガミをカットしすぎてポチみたいになったわさび君をパチリ。】

毒の得居格獣医はこの時、突然1週間の有休を取っていましたから、私たちが飼い主として、逮捕訴えを起こさないために色々手を打ち画策したようでした。
卑怯すぎ、ますます私の闘志に火が付いたけど、こんなこともあろうかと想定範囲内で、姫ちゃんが、証拠隠滅で注射1本で殺されたりしないよう、私は既に水面下で手を打っていました。

当時、少し文章が書ける私と、優しくおっちょこちょい(笑)のアグネス以外、作文も苦手だった素人の集まりで、非道役所の聞き取りと告発をSOSブログでし続け、非道職員の名前も公開し税金で公務中の言動を、公開し続けSOSブログの閲覧数は、いきなり1日4000件(検索数ではありません)にもなった日がありました。

誰の目にも留まらないブログでは、いくら告発しても非道公務員達は、ウチワ片手にあぐらをかくばかりです。
問い合わせにも慣れてない素人のみんなに、私は寝る間を惜しみ問い合わせと嘆願内容の台本を書き続け、みんながアドリブ追加で聞き取りをし、夜はみんなからの報告書が読みやすくなるように、仕上げていきました。

わさび10 2013112320564394c.jpg
【穏やかな優しい表情に変わったわさび君の現在】

今まで、こんなに激しく告発などされたことがなかった役所は慌てて、愛媛県動物愛護センターと東温市役所と保健所による、SOS対策の合同隠ぺい会議が度々され、更にそこに有名愛護団体の会長もいました。
情報は生徒から筒抜けに入ってきました(^o^;)

職員達はブログを見た市民から抗議の電話があると
「あのブログは過激で、全くデタラメの事を書いてるんですよ~信じたらダメです~困ってるんですよ~」
とウソぶきました。
更にメンバーには「うっうっ訴えてやる~」の言葉(笑)

それで、ボイスレコーダーで聞き取り証拠を残すようにしました。
現地住民への聞き取りをするメンバー達の危険も考え、超小型探偵ビデオカメラも用意し、メンバーに渡しましたが、美人で機械音痴でとぼけた美和ちゃんが(笑)2台あっという間に壊し(;´o`)
私とロンちゃんが試して、おおはしゃぎしていただけで、修理に出すのも止め、諦めました(笑)

山口県健康福祉センター防府支所(防府保健所) の大山さんと同僚獣医さんへ・犬達のSOS08 
【元の飼い主は引っ越しでモーおばあちゃんを棄て、置いていきました。体中泥だらけになりホームレスをしていた時、大怪我をして瀕死になったところをミーママに助けられました。その後は、ミーママの家からでるものか!と出入り口にも近寄らなかったそうです。ミーママの愛情を強く求めるもーおばあちゃんは、高齢等で口臭のきつい顔を美しいミーママの顔にスリスリしてくるそうです】

いつまで、こんな睡眠時間のない生活が続くのかしら?
朝もお昼ご飯も食べ忘れ、お仕事と猫達の世話以外1日10時間くらい1人で書き続けたりしましたね。
今は、メンバーも増え、みんな問い合わせにも慣れて、(^-^;「え〜?エミちゃん、車の運転は得意でも、カッコや文をどこで区切るかわからない??」
「きゃあ〜アグネス 、また何をしたの?画面が真っ赤〜」
「(°д°;;)ハッピーさん、主語はどこ?誰がどこで何をどうしたの?
え〜わからない?
だれか私の代わりの講師をして〜頭痛がしてきたわ(T_T)」
と2年以上、夜間の定時制学校のように、文章の書き方、まとめ方、明るさも入れた間の取り方、確認の仕方を報告文のお直しをし、見本を見せメールや電話で教えていると、文章が上手になり、校正もみんな出来るようになり、セミプロのようになりました。

山口県健康福祉センター防府支所(防府保健所) の大山さんと同僚獣医さんへ・犬達のSOS10
【かわいい!?似合う!?ムフッ、よく言われるにゃん。プリンセスモーちゃんニャン。元ホームレスおばあちゃんキャットでも、ミャーコやマルルにはまだまだ負けないにゃん  今はセレブババアキャットで色気ムンムンにゃん( ̄ー+ ̄)】

当初、姫ちゃんを助けるために必死で書いていた頃、東京で愛護活動をされているミミさんと言われる文章の少し荒い方から、動物愛護管理法改正のための署名活動と、有名芸能人達が首相官邸や周囲を
「動物愛護法を改善せよ!殺処分を無くして」
等書いたプラカードを持ち、ねり歩く活動にSOSも参加して下さい。
というコメントが入りました。
犬達のSOSこのままだと危ない!猫虐待エリアに捨てられていた天使のような白猫(マルル)を無事保護009 犬達のSOSこのままだと危ない!猫虐待エリアに捨てられていた天使のような白猫(マルル)を無事保護012 
【2012年春、猫ちゃんママのパトロールエリアに、捨てられていたマルル。
そこは、毒エサを置いたり、子猫を洗濯ネットに入れて塀に叩きつけたりする虐待住民のいる危険エリアでした。 
マルルは人に対して警戒心もなく、手からフードも食べるので、このままここに置いていては危険だと思い、ミーママさんとロンちゃんと猫ちゃんママとで、保護しました。 夜の暗い所でしか会ったことがなかったので、初めて車の中でまるるの顔をまともに見て、目の大きくてかわいい顔の男の子にびっくりしました。目がまんまる・・・マルル、ミーママさんが命名しました】
「私達は、今している活動だけで精一杯、東京まで行く時間や交通費があれば、今こちらで戦います。皆さん、それぞれ活動スタイルが違います。それぞれがやれることをやりましょう」
とそんな返信をしたと思います。
ミミさんからは、ガッカリした!と言うような返信があました(^^;

また、一番突撃力がある可奈ママには、高知の犬猫殺処分委託先の職員さんから、連絡を取りたいと何度かSOSに、連絡が入りました。

愛媛県松山市保健所野犬捕獲課とは得居獣医の醜い保身と脅し、ミーママとの電話&犬達のsos愛猫写真001
【高知の可奈ママの保護猫みゃーこ。じっと見つめる大きな眼差しは、何か閃いて作戦を練りながら、いたずらっぽく笑うミーママさんそっくりです】

naoさんにもこの制度を知って頂きたいのですが、「動物愛護推進委員」へ可奈ママが名乗りをあげてもらえないか。
というものでした。

動物愛護推進委員になれば、役所と捕獲や殺処分の改善について、正式なやり方で話が出来ます。
しかし、出世や保身大事の虐待や殺処分公務員達が、最も嫌い怖れる名指し告発戦法は、個人情報を全て明かした可奈ママへ、圧力がかかり使えなくなります。

私達のこの戦法で、愛媛県動物愛護センターは、告発される度、さも自分達の意思でしたかのようにマスコミにアピールしながら、業務改善を少しずつしていきました。
姫ちゃんの件の後、譲渡用に選ばれてない犬でも、市民から希望があれば引き渡してくれるようにも改善されました。

野良犬は子犬も全て殺処分していた山口県も、嫌がらせにも脅しに怯まないSOSの告発にたまらなくなり、地元の愛護団体達を集め、野良犬の子犬も引き取りたいなら譲渡してもよい。
と一部の業務改善の話をしぶしぶしました。

キヨ丸星 
【2011年冬、キヨ丸ママの誕生日の前日、フラッと部屋に入って来て、当たり前にキヨ丸ママの膝の上で寝始め、その日から当たり前にキヨ丸ママと暮らしはじめたキヨ丸と、ついこの間JR松山駅近くのビルの4階で一人ぼっちで泣いていたのをミーママに見つけてもらい保護された子猫リン丸。キヨ丸ママがお仕事中は、一人でお留守番だったキヨ丸もリン丸がきたおかげで、お留守番も寂しくなくなったね】

naoさん、これが私達の決めた戦い方です。
矢面に立つ私達の聞き取りや調査には、聞き取りの日付時間、担当の職員名、質問回答が分かりやすく書いてありますから(*^_^*)必ず犬達のSOS資料よりと明記して頂けたら、フルに使ってもらってかまいません。

必要な箇所をピックアップし、ビラにして
【神奈川県の主要駅で、有志たちと今回のワンちゃん殺害者への、逮捕を強く求める署名活動】
や、さらにメールにての神奈川県庁や、平塚署へのパブリックコメント用の嘆願に使っていただいたのでかまいません(*^_^*)
県外から集まったメンバー達が、厳島神社のある広島県の宮島の鹿餌付け禁止条例へ、反対するビラを、宮島に向かう市民の足の定期船の中で配ったこともありますが、私達にはその時間を見つけるだけでも大変でした。

naoさんには、温かな文章力もありワンちゃん達を助けてあげたいという、気持ちがいっぱい私達に伝わってきます。
それから、是非、神奈川動物愛護推進委員会の制度を調べてみて下さい。

またツイートやブログで、動物虐待者には厳罰を!と根気よく流し続けてください。

キヨ丸星2 キヨ丸3  
【耳と首輪が色違いのキヨ丸とリン丸。後姿でも仲良しが伝わります】

Ps.naoさん、野良犬や野良猫のフードが必要な時は、連絡下さればダンス仲間からのカンパ貯金の中から、割り当てて送らせて頂きます(*^_^*)
みんなで自分がやれることを、力を合わせてやりましょう。


これから、10日ほど、私ミーママは時間が余り取れなくなるから、調査文の見直しや長文は書けなくなります。
さて(笑)皆さん、誰が代わりのママになってくれるのでしょう(*^_^*)任せました。

ミーママ撮影の夏が終わりを告げた空と太陽5

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。 

スポンサーサイト

コメント

Secret

野良猫はエサをあげてもネズミ算式には増えませんよ!(^^)!

島の恵さん、埼玉県の殺処分のポスターのお知らせありがとうございます。
ショッキングなポスターだけに賛否両論あったでしょうが、飼い主を思いとどまらせたいと思う埼玉県の職員さんの『本気』が伝わってきました。殺処分を減らすために努力されているのが、この取り組みからも感じ取れます。埼玉県の動物愛護の担当者様ありがとうございますm(_ _)m
ただ、アグネスさんからのコメントにご指摘もありましたが、
野良猫にエサをやるとネズミ算式に増えるというホームページのくだりは、野良猫の生態にあまりにも無知な情報だと思いました。

以前にもコメントしましたが、
私の実家では、10年以上前から遊びに来る野良猫ファミリーに自宅の庭で毎日朝晩母がごはんをあげています。
うち以外にもご近所にはごはんをあげてくれたり、具合が悪いと獣医さんにみせてくれる人もいます。
虚勢避妊はできていませんので、ファミリーのトップのノンとナンの姉妹猫が毎年二回子猫を生み、生後一月過ぎると、必ず母の所に子猫を見せにきます。猫は一度の出産で4~6匹産むそうですが、その時には既に1~2匹に減っており、生後半年まで生きられるのは二年に一匹くらいで、一歳まで生きていられるのはとても低い確率です。
ノンとナンは特別子育てが下手なわけではありません。愛情深くかいがいしく世話をし、離乳が始まると、好物のソーセージをもらっても自分は食べないで子猫に運んでやるほどですが、病気、事故、虐待など様々な理由でそのほとんどが育ちません。
ですから、ファミリーはメンバーチェンジをしながらも数は5~6匹を保っています。
飢えることないこの猫ファミリーでさえ、ネズミ算式どころか増員はほぼありません。
これが事実です。
野良猫にエサを与えることが殺処分増に繋がることはありません。
飢えさせないことで、ゴミを荒らしたり人家に盗みに入ったりすることが無いというメリットもあります。

ですから、埼玉県は県民に誤解を与えるホームページの間違った情報を訂正いただきたいと思いました。

でも一番良いのは、野良猫すべてが地域猫に昇進できれば、みーんなハッピーなのですが(*^^*)

殺処分…本当にイヤな言葉です。
日本からこの言葉がなくなることが願いです。


※前記事からコメントを移動させて頂きました。
投稿時間 2014-09-18 18:10

野良猫がネズミ算式に増えることはないです。

島の恵さん、全国116の自治体に対し、法律改正に伴う対応(引き取り拒否をどのように強化するのか)を調査をしてくださりありがとうございますm(__)m
埼玉県のホームページのURLを貼り付けてくださっていたので、地域猫活動実践ガイドブックや啓発ポスターの確認できました。
島の恵さん、ありがとうございますm(__)m

埼玉県は、早々にお返事をくださったのですね。
啓発ポスターを作られたり、地域猫活動の実践を考えてくださっている、埼玉県の自治体の皆様、ありがとうございますm(__)m


アグネスさんも書かれていましたが、「地域猫活動実践ガイドブック」の中に、【野良猫にエサを与えていると・・・
猫は1年に2~3回妊娠し、1回に4~8匹出産します。
例えば、年3回の出産で4匹ずつ産み、半数がメスだとすると1年後には・・・
2匹が38匹に!!
このように、1匹の猫を助けようとした行為が、結果的には事故や病気の危険にさらされる不幸な猫を増やすことになってしまいます】
と書かれていて、この考え方は違うと思いました。

松山市の公園にも
【野良猫にエサを与えないで!
餌を与えることで、野良猫が集まります。
栄養の行き届いた猫は、年に1~4回出産し、一回につき、2~6頭程度の子供を生み、どんどん数が増えています。
餌をやらないでください
松山市保健所 】
の貼り紙が貼られています。

でも、実際はネズミ算式に猫は増えていないのです。
パトロールをしていると、産まれた野良ちゃんの子猫を見かけます。
無事にみんな育ちますように・・・と願いますが、産まれた子猫たちは、厳しい環境の中で、生きていかなければなりません。

ミーママさんが、ブログにも書かれていますが、
子猫は、雨が降って身体が濡れてしまうと体温調節ができなくなって死んでしまったり、感染症にもかかりやすく1ヶ月後無事に生きている子猫は半分、さらに3か月後無事に生きている子猫は、最初の5~6匹中、1~2匹の過酷な確率なのです。

また、車で轢かれて亡くなっている猫ちゃんたちもいます。
もし、交通事故で母猫が死んでしまったら・・・・
母親に置き去りにされた子猫達は、お乳ももらえず餓死してしまいます。

私が、パトロールしている所は、猫虐待エリアで、毒餌を置いたり、生きている子猫を洗濯ネットに入れて、塀に叩き付けゴミ袋に入れてすてる猫虐待住人がいます。
そのエリアの猫ちゃん達は、怖い思いをしているので、すごく警戒心が強いです。

野良ちゃんは、夏の暑さの中や冬は寒さの中で、交通事故や人間の虐待から逃れ、毎日のご飯をさがしながら、生きて行くことは、本当に厳しいことなのです。パトロールしていても、猫の数が減っても増えていることはありません。

埼玉県の地域猫活動実践ガイドブックに書かれている【年3回の出産で4匹ずつ産み、半数がメスだとすると1年後には・・・
2匹が38匹に】
のところの書き方を考えていただけたらと思いました。

埼玉県の「地域猫活動実践ガイドブック」には、「動物が命あるものであることを認識し、みだりに動物を虐待しないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮する」という動物愛護管理法の基本原則に則り、野良猫対策の一手段として「地域猫活動」を推進していきたいと考えています。と書かれていていました。
全国の自治体でも、埼玉県の取り組みを参考にしていただき、啓発ポスターを作ったり、地域猫活動を実践するところが増えていってほしいです。


※前記事からコメントを移動させて頂きました。
投稿時間 2014-09-18 19:54

埼玉県の取り組み、ミッション遂行補足編

ロンさん、ミーママさんからのミッションを知らせて下さり、ありがとうございました。
ミーママさんからのミッションで、補足したコメントを、再度投稿させていただきます。

※割合の数字がわからなくて、メンバーさんに教えてもらいました。
ありがとうございました<(_ _)>

(いつも、一味たりなかったり、ぎこぎこと錆びついていてすみません。秋の空のようにスッキリした脳みそになりたいアグネスです)

島の恵さん、昨年度の動物愛護法改正で、各自治体が飼い主やペットショップ、ブリーダー等の飼育放棄による犬猫の引き取りを拒否できるようになったとき、どのように引き取り拒否を強化したか対応策などについてメールで問い合わせて下さり、さらに一年経過後、追跡調査を行って下さりありがとうございました。

いち早く回答をくださった埼玉県の「殺処分へのカウントダウン」のポスターは、本当にインパクトが大きかったです。

今まで色々な自治体で採用されていた、現実味のないイラストに文章を合わせただけのポスターでは、身勝手な飼い主が、飼育放棄して保健所や動物愛護センターに犬や猫を持ち込んでも、それが今まで飼っていた犬や猫を殺すことになるとはイメージがわかず、命の重さを考えることもなかったと思います。

埼玉県の処分機モニターに犬が映っているものは、直接「視覚」「モラル」に訴えるものなので、これから『埼玉様式』として全国の自治体も見習って欲しいと思いました。
特に、山口県、愛媛県、奈良県、長崎県などは、保健所、市役所、動物愛護センターの職員の目に付くところにも掲示して、職員の意識も変えていただきたいものです。

また、埼玉県は地域猫活動にも力を入れていこうとされていることが、ホームページでも見ることができる「地域猫活動実践ガイドブック」でも見て取れました。

ただひとつ、一組の雄雌の猫から「一年で38匹に繁殖します」とネズミ算ならぬ猫算が図で示されていたものだけが机上の空論で、野良の子猫が成猫になる確率は、はるかに少なく、
家猫なら埼玉県が書いているガイドブックの通りだけど、
野良猫なら生後半年で2割、一年後には1割、二年後には子猫が1匹生存しているか分からない程、
四年後では、野良猫としての寿命が4,5年ですので、増え続けることはありません。
家猫に比べて寿命の短い野良猫には当てはまらない現実とはかけ離れた数字だったのがとても残念でした。


※前記事からコメントを移動させて頂きました。
投稿時間 2014-09-19 12:12

東京都、大田区の猫連続虐待犯を、警視庁保安課が9月18日逮捕

ブログの皆様、連日お疲れさまでございます(*^o^*)涼しくなりましたねえ

先日はさくら達にまで、温かな励ましのお言葉をありがとうございました
おまけに記事にまで_(^^;)ゞお恥ずかしいっ

警察が飼い主のいない野良猫を連続虐待した犯人を逮捕した報告をさせてくださいませ

神奈川平塚署と違い、虐殺犯の名前もマスコミに公開しましたよ〜
今年4月以降、東京都大田区で、口から泡を吹き死んでいる猫がわかっているだけでも40匹以上、公園内などで見つかり、住民達の届け出に東京の警察や警視庁、保安課が犯人を逮捕!

警視庁保安課って、動物虐待も取り締まってくれるって初めて知ったけど、んまあ〜本当に容疑者が見つかってから逮捕があっという間で、神奈川のどこかの署みたいに、ちんたらしてなくて、サムライ仕事だねえ(*^o^*)

動物愛護管理法も知んないまま、口先だけで→もちろん、捜査はしますってフリだけちゃって放ったらかしにする山口県や四国とは違う( ^_^)/□☆

連続犯は、大人しく人慣れした地域猫を毒殺したり、捕まえて、絞め殺したり地面や壁に叩きつけ殺していた

虐殺が多発する、現場付近で自転車のカゴに、猫三匹の死骸をのせている不審な男を警戒中の警官が職務質問したんだって

犯人は、久保木容疑者・クボキシンヤ
33才、IT関係の会社に勤めるプログラマー、自宅は大田区蒲田一丁目

人慣れした大人しい地域猫を、虐待し続けた動機は、ITプログラマーの仕事のストレスはけ口になったから

大田区の連続猫虐殺報道を見て、ヤバいと一時は虐待をやめた、でもストレス発散で止めることができず、とうとうまた猫を捕まえ首を絞め地面に叩きつけていた

猫三匹の死骸を持っていたため、しらばっくれることができず逮捕された

仕事のストレス発散と自供しているのに、犯行を正当化するため、関係ない理由も出していた。餌やりに腹がたっていたと自己弁護するサイテーな狡い男だよねえ
あったり前のことだけど、警察はシャツなんかで犯人、久保木の顔を隠してあげてなくて、顔が丸見えでしたよ

神奈川平塚署のヒダさんや、動物愛護管理法を知らないって言った、女警官、加藤さんだっけ?

神奈川県動物保護センター内のミニチュアダックスフンド虐殺事件、の犯人は当日自供してんのに、事情聴取だけで家に帰してんのは、職務怠慢じゃないの?
自供した虐殺犯の清掃員を
名前も××容疑者って公表せず平塚署が庇ってあげ、家に帰し逮捕しなかったのは、ミーママさんが怪しいと感じられていてたように、虐殺犯雇用主の清王サービスの警備部門に、警察OBが天下りしてたり、清王からのコネや、接待や旨い汁でもあるんですかねえ?

警視庁、保安課の立派な警察官さんのように、虐待犯を逮捕して名前を公開しないと、神奈川県平塚署は、口先だけで捜査がいいかげんだって
ストーカーや犯罪やり放題って、悪人が増えるんじゃないの〜?

平塚署さん、警視庁保安課にお勉強に行かれたらよろしいのにね

また横から要らぬ事を書いちゃって、どうもお邪魔いたしました(^人^;)


※前記事からコメントを移動させて頂きました。
また、失礼ながら誤字を直させて頂きました。
投稿時間 2014-09-19 14:20

山本センター長変わった?!高知県庁に嘆願問い合わせをして欲しいみたい

愛をまといたいさん、高知県小動物管理センターに、聞き取りをありがとうございました(^-^)v
でも、ちょっと違います( ̄^ ̄:)
高知県小動物管理センターは【去年と変わってない】って書かれてありますが コメントを読むとめちゃ変わってますよ~
ふふ(≧ω≦)冷静沈着な愛をまといたいさんまで、あの山本センター長のいい加減なふてぶてしさに、アテラれカッカして気がつかなかったですかぁ~?
去年や今年の初夏くらいまでは、【知りません】【話しません】委託職員達も【(`ε´)センター長に業務について内容を話すなと言われてます】【センター長からじゃないと話せません(`ヘ´)】
で、当のセンター長と言えば、メンバー達の個人情報を、わあわあ感情的になりながら、聞こうとするだけで、やっぱり税金で行われている業務について自らも隠ぺい言動。

【でたらめを書かれるから】と逃げる理由で言いましたけど・・・( ̄ー+ ̄)ニヤリ

今までSOS以外の愛護の人たちからの問い合わせには【がんばっちょりますよ~】といい人のフリをして適当に答えて済んでいたのにSOSには、聞き取りの年月日、時間、担当者名、質問に対してのずさんな回答内容、良い業務も悪い業務も全て公開された全国の虐待や殺処分職員って、出世や保身、世間体を気にして今まで、みんな【デタラメだ~嘘だ~o(`へ')!】と叫びました。

o(^-^)o(^o^)/あら?それならボイスレコーダーで証拠を残しましょう~♪
と、発足してまもなくSOSメンバー達は、ボイスレコーダーで確認作業もするようになりました。

で、ボイスレコーダーに発言証拠を録られていると、ブログを読み気付いたセンター長は慌てたのかなあ~
今度は【ボ、ボイスレコーダーに録ってるんなら話しません】だって。
あれあれ?デタラメを書かれるから喋らないんじゃなかったっけ?( ̄ー+ ̄)ニヤリ。。。デタラメじゃなかった証拠を残されるから話さない?

それで、管轄の高知県庁にもメンバー達は、税金で行う業務について、国民の知る権利として、質問をしていました。
また税金で捕獲、殺処分業務を委託している高知県小動物管理(殺処分)センターの山本センター長の隠ぺいと、部下に口止め発言について、監督責任のある県庁から、指導をきちんとしてもらいたい。
とお願いしました。
さらに【猫は全て殺処分して一匹も譲渡を、毎年していないのは何故か?
助かる命なら譲渡を広げ助けないといけないと、環境省も各自治体に指導しているのでは?】
というメンバー達の高知県庁への一生懸命な鋭い問い合わせに、いつもなら誤魔化して逃げ回ったり、たらい回しのいい加減だった高知県庁も、とうとう今年の10月から、猫の譲渡をさせると、業務改善に至りました(^-^)v
(高知県庁 食品衛生課のトカジさんが2月17日にハッピーさんの問い合わせで【10月から猫の譲渡をする】と答えています)
あれだけ、【言えません、知りません】と殺処分業務の口止めと隠ぺいにキレながら一生懸命だった、山本センター長さんでしたが、今回、愛をまといたいさんの問い合わせで、ある意味・・・多分初めて、とても正直に答えてるよね~(^o^)/と、のん達は思いました。
(*^m^*) ♪♪♪優等生、愛をまといたいさんが、【なにも変わってなかった!】って冷静に見れないことがあるんだね~

うん(; ̄▽ ̄)安心したね~

ヽ(・∀・;)ノだって、あのむちゃくちゃな日本語を話す山本センターさんを相手にすると、判断力鈍るかもね。
愛をまといたいさんは、一生懸命頑張っていっぱい、大事なことを聞き取り出来てたのに、自分で気付いてないみたい(≧∇≦)
・・・と足を引っ張り喜んでみました。。。えへへ( ̄ー ̄)こんな時は揚げ足を取るって書くのかなあ?
(:^ _ ^)お馬鹿隊メンバーだからわかんない。。。

でね。どこがセンター長が今回、正直かというと、自らの、壊れた性格を暴露しながら答えてます。
( ̄ー+ ̄)ニヤリ 回答で逃げつつも暗に【高知県庁が悪いんだ(`ε´) お前達が、高知県庁にまたガンガン電話して動かしてくれ】と言っている感がある。

え?いいの?ガンガン言ってほしい?
センター長の机にはクーラーが当たらないようにして、犬猫ちゃんの収容室は快適な温度にするエアコンをつけてください。って?
以前は高知県庁の偉いさん達と、接待で度々飲みに行き行政にゴマをすり、こんな発言はしなかった山本センター長。

冷暖房無しで働いているんだ~(`ε´)と、訳の分からない自己弁護をしてたけど、
これって、収容所の犬や猫達があの暑い高知県で、逃げられないコンクリートの壁に囲まれた檻の中で、熱中症で弱って死ぬ子もいるって!大変な新事実ですよね!!!
センター長や職員達は、家に帰ったりカフェに行けばクーラー効いてるし、冷たい物も飲めるけど、暑さが苦手な犬達は、殺処分日まで熱帯夜で苦しみ、熱中症で殺された犬猫もいたはずじゃないの?
普段は、淡々と知的な愛をまといたいさんが、
ヒートアップした訳のわかんない山本センター長の声を聞きながら、荒いビリビリした影響をうけ
「ななななな(-"-;)信じられな~い!何にも変わってな~い」って書かれた訳、のんも
同じように問い合わせしてたら【ななななな~に】になってたかもしれないけど、愛をまといたいさんのコメント揚げ足取り?
えへへ、補足をさせていただきました( ̄ー+ ̄)ニヤリ

仙台から無事に帰って来ました〜!(*^◯^*)

お疲れ様です
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
無事に宇和島に帰ってきました〜!(b^ー°)

猫ちゃんの写真撮れず、ごめんなさい(>人<)

猫ちゃんのカリカリが入った器の写真を撮って、保存したつもりで…添付して送ろうと思ってたら…!?(・_・;?あれ?ん?保存出来て…にゃい!!(゜∀゜;ノ)ノ

ホント、ごめんなさい(T_T)


仙台の飲み屋街の猫ちゃんは、虐待を受けている松山市の飲み屋街のノラにゃんや松山市内で虐待を受けているノラにゃんに比べ、警戒心が全然違いました。
初対面の私を見ても逃げず、カリカリの袋を見せると近くまで来てくれました。


翌日、ミッション遂行中、ノラにゃんに中々逢えないので、聞き込みをしてみました…( ̄^ ̄)ゞ
(可奈ママさんみたいには、上手く聞けず…ごめんなさい)
☆飲み屋街ということもあり、飲食店の人がご飯を上げている様で、ノラにゃん達にご飯上げても、何も言わないとの事。

☆ノラにゃんの割には、毛並みがキレイとの事。

☆(周辺の地域の方が大事にするからでしょうか?)連れて帰る人も多く、ノラにゃんから家猫さんになっている事もあるみたいです!


仙台は、松山や山口県や奈良県とは犬猫に対する考え方が全く違い、優しい地域なんだなって肌で感じて来ました!(b^ー°)

食べものもおいしかったし〜(笑)、にゃんこ達かわいかったし〜、今度はプライベートで行きたいです〜
♪───O(≧∇≦)O────♪

遅くなりましたがm(__)m埼玉県庁への問い合わせ報告させて頂きます☆☆☆

皆さん☆
連日連夜SOS活動、ありがとうございますm(__)m☆☆

島の恵さんがコメントして下さった、
所有権放棄に警鐘(けいしょう)を鳴らすという意味で作られた
《殺処分へのカウントダウン》
のポスターについて
埼玉県庁生活衛生課・動物指導担当(048ー8303612ー)に
問い合わせミッションを遂行してみました。
(※所有権放棄に警鐘(けいしょう)を鳴らすとは。。。『要らなくなった』と保健所や殺処分センターに飼い犬や飼い猫を連れてくる無責任な飼い主に終生飼育を考え直させること。)

9/18(木)11:04

電話に出られたのは
オオマチさんという女性職員。
(今年4月から生活衛生課所属)

啓発ポスターについて、詳しい事は分からないと言いながらも

*啓発ポスターの犬バージョンは平成24年度の末(平成25年3月)に作られた

*各保健所や動物愛護推進委員会の活動先、埼玉県庁生活衛生課の廊下などに貼っている。

と教えて下さいました。

先日、神奈川県動物保護センターで起きた
ミニチュアダックスフント殺害事件について
余計な事だったかもしれませんがm(__)m『どう思われます?』と聞いてみました。
『噛まれてしまって、とっさにやってしまったって事なのかと思いますけど、あるべき事ではないと思います。行き過ぎだと思います。そこまでやるべきものではないと思います。』
と答えてくださり、
埼玉県では保健所などから『噛まれそうになる事はありますが、噛まれたという報告はないです。』
との事。

途中から、ハシヤダさんという男性職員(獣医)に変わって下さいました。
(気さくに、少し早口でテンポよく話される方)

ハシヤダ氏が《殺処分へのカウントダウン》啓発ポスターを考えた方だそうです。
『24年度に私、県庁に戻ってきたんですよ。ほら、異動があるじゃないですか。公務員だから。でね、保健所に一時期行ってたんですよ。。。。』
と言い、ポスターについては
*保健所では予算が使えなかったから、自分で手作りで、あれの(現在配布している"殺処分へのカウントダウン"ポスター)ラフな物を作って自分の保健所に貼っていた。
県庁では予算を使って業者に頼めるから、以前の物を基に作った。
*猫バージョンはデータしかない。
ポスターにするのはこれから。

ポスターを貼って引き取り数や殺処分数などの変化について聞くと
『昨日の今日と言う訳にはいかないんだろうけれども、勿論埼玉県も頑張って数字は下げてますよ。』
との返答。
ハシヤダ氏の言う数字とは、殺処分数の事か?引き取り数の事なのか?と聞くと、
平成20年度から、犬・猫合わせた殺処分数が減ってきた話しになったので
私。。。『殺処分数が減ったって事です?』
ハシヤダ氏。。。『そうだね~』
と言い、
殺処分と言うのは足し算引き算で、飼い主から引き取って、譲渡の数を引いた物が結果的には殺処分になる。(捕獲の事が聞けていませんm(__)m)
殺処分を減らす事は、《入れない》事が必要。
入れない取り組みをして、それでも入ってきてしまったものは、積極的に里親を探し譲渡する。すると殺処分が減る。
平成20年度に《動物愛護推進計画》を10年のスパンで決め、これに連動して平成24年度(平成25年3月)にポスターを作った。ポスターを貼ってから、引き取り数も殺処分数も減っているそうです。

【埼玉の取り組み】
・引き取らない
・迷子のものはしっかり返す
・譲渡をする
この3つを一生懸命やり、殺処分を減らしたい。

迷子犬猫の飼い主探しで埼玉県が自慢しているのは。。。
お年寄りなど、インターネットを見れない方もいるため
《テレフォンサービス》
をやっていること。

テレフォンサービスとは?
例えば。。。
埼玉県内には保健所が13ヵ所あり、
自分の犬が迷子になった時、13ヵ所の保健所に電話しなくても、県庁に電話すれば犬の特徴や、いつ・何処でいなくなったか聞き、一枚の調査表にまとめ
県庁から13ヵ所の保健所に一斉送信する。
飼い主さんは1ヵ所に電話すればいいというシステム。

テレフォンサービスについては
いろいろな方法で県民の皆さんに周知していて、
一番メインは
春に各市町村で行う狂犬病の集合予防注射(日本では50年来狂犬病は発症していません)に来た人に、テレフォンサービスのチラシを配る。
問い合わせはかなりきているそうです。

ハシヤダ氏は、
『これは何処も基本的にやっている事だと思うんだけど。。。』
と前置きし、
『保健所に収容された犬は1時間以内にホームページに(埼玉県庁の)写真が見れるようになっている』

殺処分センターや保健所に入ってきた犬猫は
『センターや保健所の所有物』と話すハシヤダ氏に、
先日の神奈川県動物保護センターで起こったミニチュアダックスちゃん虐殺事件は、
動物愛護法違反なのか?器物損壊罪になるのか聞いてみました。

器物損壊罪は他人の物を壊した時に適応。
むしろ、神奈川の件は虐待だから《動物愛護法》。
そして、職員は
動物を本当に好きでやっている人ばかりではなく、"仕事"とだけの思いでやっている人もいるので
『職員教育が大事』
と言っていました。

午後は9/20からの動物愛護週間の前倒しで
・動物愛護についての理解・動物虐待について
・終生飼養の義務づけ
などの啓発事業をするそうです。
『今日はドタバタしている。また話しましょう。ゆっくり話せる時に連絡下さい。』
と言って下さったので
今日聞けなかった事を、またお伺いしてみたいと思います。

『オレらはさぁー、獣医だから。獣医になろうって時点で好きだからなるわけじゃないですか。。。』
と言う言葉が私の心にとても残った☆☆ハシヤダ獣医と、
『詳しい事は分からない』と言いながらも何かを調べ、私の質問に答えてくれたオオマチ職員への問い合わせでした。

以上です。

のんさん☆コメント作成にあたり、お力添え☆ありがとうございましたm(__)m☆☆☆

おつかれさまです

( ゚▽゚)/コンニチハ
お久しぶりです。
マグナムエミさんからいただいたフードを昨日ハッピーさんからいただきました。
なかなか逢うことができず、昨日仕事帰りにいただいてマグナムエミさんやみなさまやハッピーさんに感謝しています。
ほんとにありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))
餌やりをしてくださっているみなさんと分けて使わさせていただきます。
ほんとにありがとうございました(涙)

捕獲方法その他の質問です

記事とは関係ないのです申し訳ありません。

ノラ親子の捕獲、保護方法など、お伺いしたいことがあります。
申し訳ありませんがこちらから質問させていただきます。

お返事いただけるとありがたいです。
お忙しい中申し訳ないですがよろしくお願いします。(スルーでも構いません)

現在は里親探しサイトで活動されてる個人の方に相談、お願いしております。
1度数人で追いたくって失敗してます(逃げ遅れた1匹保護)。
どうやっても捕まえる、保護してやるという意気込みが凄いです。次は捕まるまで罠を設置するそうです。
保護活動されてる皆さんがこんな感じなのですか?
また、失敗したら警戒心が強くなるような気がするのですが罠を仕掛けることもあるのですか?

保健所に通報される前に、自分たちの代わりに保護してくれるのはとてもありがたいですが、怖がらせず保護する方法はないものでしょうか?
多少強引でも仕方のないものなんでしょうか?

その方が保護した子犬を抱き上げポロっと「この子なら売れる」と言ったのがどうも気になります。
すぐに「貰い手が見つかる」と言い直してましたが・・・。

最後に
ノラ犬、ノラ猫の幸せはどっちなんでしょうか?
リスクを抱えながら短命でも自由に生きる方なのか、それとも自由は制限されるがゆっくり安心出来る場所があることの方なのか。

のんびり日向ぼっこをしてる姿を見ると考えてしまいました。

お時間ある時で構いませんのでよろしくお願いします。







愛をまといたいさん、ごめんなさ~い(>_<)

のんさん、みなさん~
愛をまといたいさんのコメントで、高知県小動物管理センターは【去年と変わってない】って書いたのはロンだったのです~~(>_<)

愛をまといたいさんから、高知県小動物センターへの問い合わせ報告が入り、山本センター長の発言を知って、ロンがエキサイトしちゃったのです。

以下、山本センター長の発言。
『苗字しか分からない、どこの人かも分からない人に殺処分を無くしてと言われても…』
『管理センターは殺すためにつくられた施設で、最近はヤイヤイ動物愛護だと言われ出して、殺さないでと言われても困る。』
『冷暖房のない中で職員みんながんばっているんだ!』

これを知り、なんだ!この意識の低さは!
相変わらずじゃないかーーー<`ヘ´>!
と、カッカッして、愛をまといたいさんの冷静なコメントを「もう少しこうした方が・・・」なんて言って、感情的コメントに変えたのです・・・(>_<)

愛をまといたいさんの判断力鈍ってません。
鈍ってたのはロンでした(T_T)

愛をまといたいさん、ごめんなさい(T_T)

そして、のんさんコメント補足をありがとうございました。
ロンにもよく理解できました(^O^)/

高知県中央動物管理センターに電話してみました(*^_^*)

皆様、連日遅くまでお疲れ様です。

9月19日、13時40分頃・高知県中央動物管理センターに電話してみました。(コメントが遅くなってしまいました、<m(__)m>)

電話にでられた方は、おそらくデシマさんでした。
(滑舌がわるいのか?名前がとっても聞きとりづらくてボイスレコーダーの速度を遅くして何回、聞いても分かりづらいのです、なので”おそらく”と名前の前に付けさせて頂きました)

殺処分は昨年より減っているが、まだそうでもないそうです。
殺処分0に向けて取組はしているのか?
飼い犬やネコは、飼い主さんに啓発して、○○○○(この○○もボイスレコーダーで何回聞いても聞きとれない為○○にさせて頂きました)里親さんを探してもらい、
保護犬、子犬は、嬢度会に出している。
子猫の場合は数が多い為、処分をしている。

処分時=炭素ガスでしている。

埼玉県では、殺処分0に向けて頑張っている事を伝えて、そちらの方でも動物の啓発ポスターやキャンペーンを取り入れてもらえますか?
そちらの方になると県ー食品衛生課088-823-9673
       市ー保健所生活食品課088-822-0588
の行政に聞いて下さい、こちらは在民委託の方なので。

では?そちらでは処分だけですか?
保護と処分と嬢度で言う嬢度の方です。

国の方も殺処分0を目指しています、動物も感情を持っています、何か事を!起こして欲しいと思います。
 他県は別で愛護センターが大きくなっているでしょう、もうちょっと施設が大きかったらいいんですが、施設が小さいんですよね~
高知県は○○○○の愛護センターがなかなか出来ない(この○○もボイスレコーダーで何回きいても何を言っているか??さっぱり分からないのです~も~困ったちゃんよ~)

では、そちらの方でも県と市の方に愛護センターの施設を希望する事を言ってもらえると、造る方へ動きますか?
 なかなかここから言っても県と市の業務内容で、ハイやりましょうとは、なかなかならない委託でやっているので。
(なんだか意味が分からないナ~)
結構、予算がかかるでしょう、その関係上なかなか出来るものではない。

せめて最後くらいは、苦しむのでわなく注射での安楽死をお願いしたいのですが、獣医さんが居ないんですよね?でわ注射が出来ないですね?
 保健所は獣医が居るけど、そこんところどうなんですかね~?。

嬢度に力を入れて、殺処分0を目指して欲しい!
と伝えると、”ちょっと名前を教えてもらっていいですか?”
はい○○ですと伝えると”はい、分かりました”
お礼を言い電話を切りました。

本当に聞き取りづらかったです、動物より自分の事を考えている感じがしました。
私に対する返事も適当な感じです、少しでも動物の痛み苦しみを分かって頂けたらなと思います。

私の玄関の回りには、毎年この時期になると、沢山のカエルちゃん達が壁にくっついて、カワイイ糞が落ち、庭では親子のバッタ、カエルが沢山ぴょんぴょん飛んでいます♡先日バッタをジーと見ていました、死んでいるバッタをアリが運んでいました、その運ばれている姿を生きているバッタがジーと見ていました、私はそれを見ていて生きているバッタは、何を思っているのかな?バッタにも感情があるのかな?運ばれているのは、親子?兄弟?恋人?と思いました。




栗金団さんへ

はじめまして(*^_^*)
コメントありがとうございますm(__)m

あくまで私の考えですが…

野良犬猫ちゃんを捕まえるのは、その時の状況にもよりますが、犬なら市民の通報で保健所が捕獲に出向く可能性がある場所、また危険エリアに警戒心のない子犬がいて、虐待や虐殺の恐れがある場合などに保護を試みます。

犬猫に限らず、ケガや病気などで衰弱が著しく生命の危険がある場合などは、やはり保護を試みて治療をしてもらいます。

ブログメンバーは、もうすでに一家族で愛情を注げる限界の数の犬猫を保護し、家族として大切に育てています。

ですから、保護した犬猫が回復したら、可愛らしく里親募集のポスターを作り、終生大切に飼育して下さる里親さん探しを審査基準を厳しく設定して、慎重に行っています。


私は家の庭に遊びにやってくる野良猫ちゃんを少しずつ捕まえて不妊手術していますが、最近、捕まえた猫ちゃんは、病院で麻酔をしてお腹の毛を剃った段階で肌の色が悪いのがわかり、血液検査をすると、白血球の数が半分しかなく、白血病の可能性が高く、手術するのは危険ということで断念しました(>_<)
その猫ちゃんは、麻酔から醒めるのにも時間がかかり、可哀想なことをしてしまいました(T-T)
今は比較的元気で、ご飯も食べていますが、いつどうなるかわかりません。

栗金団さんもご存知のとおり、過酷な環境の中で生きている野良ちゃんは、感染症などの病気や事故のリスクが高く、寿命はかなり短いです(T-T)

基本的に自然のままにするのがいいのかもしれませんね(*^_^*)

また捕まえる方法ですが、私は捕獲機を使ったことはなく、素手もしくは手袋をしての保護です。
ありえないくらい不器用な私は保護に失敗することも多いです

参考になるかどうかわかりませんが。。。コメントに対する返答とさせていただきますm(__)m

栗金団さんへ

こんばんは、アグネスです。
初コメントありがとうございます。
ノラ親子の捕獲、保護方法について参考になるか分かりませんが、
私、アグネス個人の経験や考えをお答えさせていただきますね。
栗金団さんは、ノラ親子を見つけ、保健所に通報されたら大変だと思い、里親サイトで活動されている方に相談され、現在、捕獲中に逃げ遅れた1匹だけ捕獲できたという事なんですね。
ノラ親子の事を心配して下さり、ありがとうございます。
コメントの終わりの方に書かれている、その人が保護した子犬を抱き上げと書かれている子犬と、捕獲中に逃げ遅れた1匹と言うのは、同じでしょうか?それとも、別の話でしょうか。
「売れる」と言い、あわてて「引き取り手が見つかる」と言い直されたのが、気になりますね。

里親サイトの方の強引な捕獲方法を見て、他の愛護団体もみな同じですか?とのことですが、
捕獲、保護については、皆がそうではないと思いますし、急いで捕獲や保護をしなければその犬や猫が危ない場合は、少し強引にでも捕まえた方がいい場合もあります。
SOSは、ケガや衰弱が酷くて保護しなければ命を落とすというような場合や、
虐待エリアや役所の捕獲が迫っているような緊急の時は保護することもありますが、そうでない場合は強引なことはしません。

動物愛護団体はたくさんあり、その数だけ愛護に対する考えも方針もあると思います。

栗金団さんの書かれている、ノラ親子というのは保健所の捕獲と書かれていることから、ワンちゃんの事だと思うのですが、
もし、猫ちゃんの事でしたら、保健所に通報されても「猫の捕獲」は法律で定められていませんので、すぐに保健所の職員が捕獲に来る(殺処分)という事はありません。
市民が捕獲して、保健所や動物愛護センターに持ち込んだ場合は殺処分されます。

自治体によって、保健所が市民に捕獲箱を貸し出しているところもあるようですが、地域猫活動の不妊手術のための捕獲、保健所などへの持ち込みのための捕獲、どのような場合に貸し出されるのかは、おそらく自治体ごとに対応が違うと思います。

私は猫の保護や里親さん探しをする機会が多いので、猫ちゃんについて書かせていただきますね。
まず、私が保護するのは基本的に「今、保護しなければ死んでしまう」という状態の猫を、自宅に連れて帰ります。
たいていうずくまって動けない、目ヤニがひどくて目が開いていない、皮もつまめないくらいの脱水症状を起こしている、片手に収まるくらいの大きさの子猫が多いです。
(そのため、衰弱がひどい場合、病院に連れて行く前に亡くなってしまうこともあります。明らかに助からないだろうという場合も連れて帰って、最後を看取り、子供たちとお墓を作ってあげます)
自分で見かけて保護する場合もありますが、近所の子供たちが見つけてうちに連れてくることもあります。

元気な子は、成猫、子猫を問わず、カリカリなどのフードの差し入れをして、弱っていないか、虐待する人はいないか、子供と一緒にパトロールしたり、買い物の途中、ママチャリで見まわったりします。

保護したら、まず病院に連れて行き、病気、ケガ等の治療をしてから、ノミダニ駆除、血液検査、ワクチン接種、避妊(去勢)手術を済ませ、里親さんを見つけて新しい家族に迎えてもらっています。

なぜ見つけたすべての子猫を保護しないのかというと、一つの命に対して責任を持って、保護して面倒を見ながら、里親さんを探すのは、個人では経済的にも時間的にも限界があるからです。
そして、子猫(子犬)は生後3か月の間に、母親や兄弟から生きるために必要なことや、社会性を学びます。
この時期に親や兄弟から離された子犬や子猫は、情緒不安定になりすぐに鳴いたり、噛んだりするようになることが多いです。
アグネス家は先住猫がいるので、保護した子猫が元気になった時の遊び相手や教育係の心配もありません。
他の猫とたくさん遊び、噛んだり噛まれたりを経験した猫は、力加減を分かっているから人の指を血が出るほど噛むようなことはありません。

ただ保護だけをして、避妊去勢手術もせずに新しい里親さんにお渡ししたら、もし、その方が避妊も去勢もしないまま、外にも出しっぱなしで飼うようなことがあった時に、1匹を救ったつもりがその後の繁殖で、何匹もの捨てられたり、保健所に連れて行かれる不幸な命を増やすことになってしまいます。

まだ娘が2歳くらいの時の話ですが、ある若い子供のいないご夫婦がおられ、猫を見つけては次から次に保護していました。里親さん探しもされていましたが、すぐには、里親さんが見つからず、狭いマンションに21匹の猫があふれていました。
その方のブログで一度、猫数匹に疥癬とお腹に虫が湧いて、全ての猫に虫下しを飲ませ、世話も薬代も大変だ書いておられました。匹数が多いので、血液検査やワクチンどころではなかったのだろうと思います。
ご夫婦に子供が生まれ、引っ越します。とブログに書かれたのち、ブログも引っ越されたようで
21匹の猫達がその後どうなったのかは分かりません。無事に里親さんが見つかっていることを願います。

捕獲や保護の方法についてですが、元気な子猫でも里親さん候補がいた場合は保護することもあります。
素手で抱っこできる状態の猫以外は、捕まえたことがありません。
地域猫活動みたいなこともしたいと思うのですが、保護した猫がひと段落して少し間が開いて、また、弱っている猫との出会いがあり、いまのところ猫の方からくる状態なので、捕まえて地域猫活動までは、手が回りません。

住民による虐待などの情報が多くて、緊急を要する場合は仕方ないと思いますが、そうでないなら捕獲も保護も、無理は禁物だと思います。
無理に捕獲すれば、人に慣れるのに時間がかかるだろうし、ストレスもかかります。

栗金団さんが保護したいのが、もし猫だとしたら
子育て中の猫は、一番神経がピリピリしている状態ですから、保護も捕獲も一番難しいです。
母猫が育児放棄して弱った子猫以外は、急いで捕獲しなくていいのではないでしょうか。
うちの近所でも、ノラにゃんファミリーがいますが、のんびりくつろいでいる姿は何とも微笑ましくて、つい立ち止まってしまいます。

野良の寿命は短いですが、外にいるのが不幸せだとは思いません。必要だと感じた部分に、自分ができることをほんの少し、手助けすれば、あとは見守るくらいでちょうどいいのではないでしょうか。

アグネスは猫ばかりなので、あまりお役に立てなかったかもしれませんが、少しでも参考になることがあれば幸いです。
分からない事や質問などありましたら、いつでもコメントを寄せて下さいね。
これからも、よろしくお願いします。

可奈ママからも。。。栗金団さんへ

栗金団さん、
コメントありがとうございますm(__)m
SOSブログに最近復帰させて頂いた☆可奈ママです。

栗金団さんが質問されていた、
野良ちゃん達の保護方法についてですが。。。
私は、保護目的によると思います。
病気や捕獲など命の危機が迫っている場合やケガをしている子に関しては、
《絶対この一回で保護する!ワンチャンス!》
(以前ミーママさんが、ワンチャンスって言葉を教えて下さいました☆)
と意を決して、網や毛布などを使ったり、動物の命を大切に思って下さっている信頼のおける獣医さんに他の方法も相談し捕まえるって方法もあると思います。
でも、栗金団さんも気にされているように、失敗すると野良ちゃん達は警戒心が強くなり、
その後の保護が難しくなるようです。
そのため、緊急を要する場合でない時は
餌付けなどで慣らしてから保護するのが、私はいいと思います(^^)d

最後に。。。
実は私も以前、うちに来てくれた家族。。。病気やケガで我が家の家族になった元野良ネコちゃんを見ながら、栗金団さんと同じように
[リスクを抱えながらも野良ちゃんのまま、仲間と一緒に走り回って☆遊んだりケンカしたり、自由に暮らしてた方が幸せだった?]
と、ふと思った事がありましたが、
次の瞬間には
《そうや!ここに来てヨカッタ(^ー^)☆狭いながらも楽しい我が家☆☆って思ってもらえるよう☆頑張ろう(^ー^)!》
と想いが切り替わり
今、元野良ネコ5匹・元野良ワン1匹☆。。。
時々、上へ下へと大運動会が始まり(^^;とっても賑やかになる時もありますが
仲良く暮らしています。

何が幸せか。。。難しいですが、
殺処分がなくなり☆人間も犬も猫も共存し、みんなが安心して暮らせる日本になるといいなと思います。

長々失礼しましたm(__)m
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR