犬達のSOS☆和歌山県知事・仁坂吉伸の子イルカを海軍に売り飛ばす錬金術!太地町の漁師達の追い込み漁で、母イルカ達が刺し殺され恐怖で鳴く子イルカをロシア、ウクライナ軍へ1頭1200万円以上で輸出!水族館名目の裏で最終的にイルカ魚雷の運命!②2014年10月11日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10  

FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へをそれぞれクリックして

ランキングのご協力をお願いします

FC2 社会部門ランキング
1位
 2013/7/25~2014/10/11
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8・9)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位
 2014/5/15~10/11
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24)


イルカ6

2014/10/10・11 愛をまといたい美和さんコメントを2つ続けてアップします
環境省野生生物課へ問い合わせしました☆

和歌山県太地町の非人道的なイルカ漁について、ネットに流出している悲惨な映像などを見て心が痛みました(T-T)
イルカは知能が高く、溺れている人やサメに襲われている人を助けたり、障がいを抱えている人を癒してくれる優しい存在なのに…なぜ人間はこんな残酷な仕打ちをするのか理解に苦しみます(;_;)

条約などを調べて、
【環境省野生生物課】に問い合わせをしました。
10月9日(15:56)
対応は、入省1年目のイワモトさんという女性職員さんでした。
和歌山県太地町の残酷なイルカ漁が国際的にも非難されていることについては、
『そうですね。ニュースでされていますね。』
と、ご存知でした。

*和歌山県資源管理課の男性職員ヒラノ氏が先日、
『イルカの群れを網で一般人が見えない湾まで追い込み、今は一瞬で刺し殺すから海は血で染まらない』
と回答しました。
しかし、今年1月17日に反捕鯨団体シーシェパードが撮影した太地町のイルカ漁の現場証拠写真を見ると、ヒラノ氏の証言とは全く異なり、実際には網の中で動けなくなったイルカを刺し殺し、シートを死体と海に被せて残酷な虐殺後を反対市民や団体に見せないよう、漁師たちが偽装していますが、シートの隙間から殺されたイルカたちの血で染まった海が見えることを説明しました。

反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)が撮影した和歌山県太地町でのイルカの追い込み漁で、シートで覆われた囲いの隙間からのぞく解体されたバンドウイルカ(2014年1月21日撮影)。(c)AFPSea Shepherd Conservation Society写真拡大 
【反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)が撮影した和歌山県太地町でのイルカの追い込み漁で、シートで覆われた囲いの隙間からのぞく解体されたバンドウイルカ(2014年1月21日撮影)。(c)AFPSea Shepherd Conservation Society】

太地町のイルカ漁は野生のイルカたちの群れを何隻もの強力なエンジンつきの船で、イルカたちが疲れ切るまで執拗に追いかけ回し、網で囲い狭い入り江に追い込んで、仲間意識が強く自分だけが逃げるということをしないイルカの習性を利用して、動物虐待に当たると思われます。これだけ世界中から非難されているのですから、環境省さんの方から和歌山県に指導されていますか?

(イワモトさん)
そうですね、問題になっていますね…。少々、お待ち頂けますか。

(5分以上待ちました(@_@))

しかし担当の方は『手が空かない』とのことで、対応はイワモトさんとなりました。
(確認する順番を間違えましたが)ひととおりの質問を終えてから、上司の方はどなたも電話に出ることができないのか訊くと、
『終日外に出ておりまして…』
『今、ちょっと海洋関係の者が外に出てるんですけども…』
とイワモトさんの発言がコロコロ変わりました(@_@)
後日、改めて担当者に嘆願と問い合わせをしようと思います。

反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)が撮影した和歌山県太地町でのイルカの追い込み漁で、追い込まれた入り江内の網の中で群れるバンドウイルカ(2014年1月19日撮影)。(c)AFPSea Shepherd Conservation Society写真拡大 
【反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)が撮影した和歌山県太地町でのイルカの追い込み漁で、追い込まれた入り江内の網の中で群れるバンドウイルカ(2014年1月19日撮影)。(c)AFPSea Shepherd Conservation Society】

和歌山県太地町の残酷なイルカ漁で捕獲されるイルカたちを何とか助ける方法や、法律や国際法はないだろうか(・・?と美和は、フルタイムで夜勤もあるハードなお仕事の合間や睡眠時間を削って、必死にネットで調べました。
そして鳥獣保護法80条やボン条約について知りましたので、ここで紹介します。

※鳥獣保護法第80条やボン条約については、ヘルプアニマルズ様の記事を参考にさせていただきました。かなり詳しく調べられていて驚くとともに、とても勉強になりました(^^)
ヘルプアニマルズ イルカ漁(猟)
http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/action.html


★海洋哺乳類については、2002年の改正で鳥獣保護法の対象になっており、80条で鯨類はすべて適用除外されています(>_<)

80条(適用除外)

【この法律の規定は環境衛生の維持に重大な支障を及ぼすおそれのある鳥獣又は他の法令により捕獲等について適切な保護管理がなされている鳥獣であって、環境省令で定めるものについては適用しない】

★【ボン条約への批准について】

外務省の見解によると、日本が加盟するワシントン条約やラムサール条約と規制内容が重複しているため日本は加盟しないということですが、一方ではクジラがボン条約の適用対象になっていることが理由であるという指摘もあります。

【※ボン条約…移動性の動物の保護を目的とした条約。
1979年にドイツのボンで採択され、渡り鳥のほか、トナカイ、クジラ、ウミガメ、昆虫類などの移動性動物の種と生息地の保護について、研究調査や保全のための国際的なガイドラインを取り決めている。
さらに絶滅のおそれのある移動性の種を附属書Ⅰに、国際協定の対象となる移動性の種を附属書Ⅱにそれぞれ掲載して、移動を確保するための生息地の保全・回復や外来種の制御などを加盟国に求めている。
2014年6月現在、110カ国以上が加盟しているが日本は未加盟。】

以上。

これまで日本は和歌山県太地町をはじめとする国内各地で海洋哺乳類を乱獲し続けてきました。
環境省と水産庁が連携をとり、適切な保護管理がなされるよう、鳥獣保護法80条の削除と一刻も早く他の先進国のように、ボン条約への加盟をして真の先進国に仲間入りして頂きたいです。

反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)が撮影した和歌山県太地町でのイルカの追い込み漁で、入り江内に追い込まれたバンドウイルカの群れ(2014年1月17日撮影)。(c)AFPSea Shepherd Conservation Society写真拡大 
【反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)が撮影した和歌山県太地町でのイルカの追い込み漁で、入り江内に追い込まれたバンドウイルカの群れ(2014年1月17日撮影)。(c)AFPSea Shepherd Conservation Society】

環境省(野生生物課&鳥獣保護業務室)に嘆願と問い合わせしました☆
皆さん、いつも遅くまでブログ活動ありがとうございます☆

環境省野生生物課(03-3581-3351)に再度、問い合わせしました。
10月10日(10:12)
最初はナカムラさんという女性職員さんが対応して下さいました。

昨日、海洋哺乳類関係のことについて問い合わせしましたが、対応されたイワモトさんによると
『終日、海洋関係担当が外出している』
ということでした。
詳しいお話をお訊きしたいので、海洋関係担当の方に代わって頂けますか?と伝えると、なぜかイワモトさんに代わりました

(イワモトさん)
私の勘違いで担当はやはり水産庁さんの方になりますので、資源管理国際課の捕鯨班という所になります。

(昨日『終日、海洋関係担当が外出している』と言われたのは、何だったのかなあ?環境省の職員さんは、市や県庁職員さんよりプロフェッショナルだと信じていたんだけど?あれ(;´д`)?)

*イルカは海洋哺乳類ですよね?

(イワモトさん)
哺乳類なんですけど、管轄はそちらにあるようなんで…。ホームページで確認したところ、イルカ・クジラはそちらで扱われているという…。

*環境省さんとしてはノータッチなんでしょうか?

(イワモトさん)
そうですね、こちらとしては指導を行っていないようで。

*イルカ類は鳥獣保護法の対象になっているから、その改善を求めるのは環境省さんでよろしいんですよね?

(イワモトさん)
そうですね、少々お待ち下さい。

反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)が撮影した和歌山県太地町でのイルカの追い込み漁で捕らえられるバンドウイルカ(2014年1月20日撮影)。(c)AFPSea Shepherd Conservation Society写真拡大 
【反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)が撮影した和歌山県太地町でのイルカの追い込み漁で捕らえられるバンドウイルカ(2014年1月20日撮影)。(c)AFPSea Shepherd Conservation Society】

【鳥獣保護業務室】のネアガリさん(女性獣医さん)に代わりました。

(ネアガリ獣医)
イルカクジラについては鳥獣保護法の対象外となっていまして、といいますのは第80条に適用除外という項目がありまして、その中で水産庁の漁業資源法で管理されている種ということで、他の法令で適切に管理されているものに関しては適用除外するということです。

*海洋哺乳類なのに適用除外されていることは最近知ったのですが、イルカ類が全く法律で守られていないことを疑問に思うのですが?

(ネアガリ獣医)
いや、これは漁業法で保護されているということです。

*イルカ類は魚ではないですよね?

(ネアガリ獣医)
そうですね、ただ漁業法の中に海洋哺乳類も入っていまして、一部資源として管理されるということで、絶滅しないように持続的に保護管理していくという概念がありますので。

*和歌山県太地町の残酷なイルカ漁が世界的にも動物虐待だと非難されているのに、鳥獣保護法から適用除外され保護されないままであるのは、時代の流れから逆行されていると思ってしまうのですが?


(ネアガリ獣医)
そうですね、おっしゃる意見も一部あると思うんですけど、こちらでもやはり種が絶滅するということは、あってはならないことですので、それに関しては種が生息できるように維持管理されているかというのは、絶えず確認しているところですので、漁業法他法令で適切に管理されていないとなれば、こちらの方で管理するということもあるかと思うんですけど。種が絶滅してしまうとか、無謀な捕り方をされているとか。

*太地町のイルカ漁の映像を見られたことはありますか?

(ネアガリ獣医)
話には聞いているんですけど、映像自体は見たことないです。

*是非とも見て頂きたいのですが、先日、和歌山県資源管理課の男性職員ヒラノ氏が『イルカの群れを網で一般人が見えない湾まで追い込み、今は一瞬で刺し殺すから海は血で染まらない』と回答されました。
しかし、今年1月17日に反捕鯨団体シーシェパードが撮影した太地町のイルカ漁の現場証拠写真を見ると、ヒラノ氏の証言とは全く異なり、実際には網の中で動けなくなったイルカを刺し殺し、シートを死体と海に被せて残酷な虐殺後を反対市民や団体に見せないよう、漁師たちが偽装していますが、シートの隙間から殺されたイルカたちの血で染まった海が見えることを説明しました。
太地町のイルカ漁は野生のイルカたちの群れを何隻もの強力なエンジンつきの船で、イルカたちが疲れ切るまで執拗に追いかけ回し、網で囲い狭い入り江に追い込んで、仲間意識が強く自分だけが逃げるということをしないイルカの習性を利用して、その行為は動物虐待に当たります。
環境省さんが黙認されているのもどうかと思いますが?

(ネアガリ獣医)
ただ安楽殺させるというのが、捕獲上、原則となっていますので…。

*映像を見て頂いたらわかると思いますが、鋭いナイフで殺したり、、噴気孔に金属製の棒を突っ込んで15~20分もかけて殺し、傷口から血をほとばしらせ激しくのたうち回ったり、ショックやパニックで死に至るイルカたちもいて安楽死ではないです。

(ネアガリ獣医)
はい、お話は承りましたので、それを確認させて頂くことをしたいと思うんですけど。

*確認したあと、どうされますか?

(ネアガリ獣医)
これに関しては、安楽殺の方法が家畜の場合も大前提なんですが、血が出ないとか苦しまないというか、一瞬で殺すというのは無理なんですね。なるべく私たちが食べる物に関してもそのような形の流れがあるわけなので、イルカ漁で血が出ないようにするとか果たしてできるのか…。
それがベストじゃない方法なのかというのが、今はわかりませんので。

(ネアガリ獣医はト畜場で勤務されていたことがあるとのこと。)

※ト畜場…牛や豚、馬などの家畜を殺して(ト殺して)解体し、食肉に加工する施設の法律上の定義の名称。現在、各施設の具体的名称は、『食肉処理場』『食肉センター』などの名称が付されているものが多い。

イルカ漁1 
【殺されたイルカたちの血で海を真っ赤に染める太地町のイルカ漁、ドキュメンタリー映画ザ・コーヴより】

*現代の日本は食べる物に困るわけではなく、飽食の時代です。わざわざ高濃度の水銀で汚染されているイルカを殺して食べる必要はないはずなんです。

(ネアガリ獣医)
個人的には(イルカ漁をしないことに)賛成なんです。繁殖力が弱い動物を資源として使うのは、持続的な利用ではない部分もあるかとは思うので。
生きていく上では、必要ないけれど、ただ生業にしている方もいるので、一概には言えない。

*イルカは繁殖力が弱いんですか?

(ネアガリ獣医)
弱いというか多産ではないですよね。

*そうですよね、一回の出産で一頭だけとかですよね。

(ネアガリ獣医)
世間として利用する時に沢山捕ってしまうと数が減ってしまうから、その部分は気を付けないといけないですよね。

*それから日本は世界で最も水族館が多い国で、世界中の水族館の2割が日本国内にあり(現在70ヶ所)増え続けています。国内でイルカを生け捕りにしているのは太地町だけなので、水族館のイルカのほとんどが太地町の残酷なイルカ漁で捕獲されたものです。高い知能を持ち、仲間意識の強いイルカたちは、家族や仲間たちが残酷な方法で殺され、引き離されたことを長く記憶しています。また広い海を回遊する海洋哺乳類のイルカたちは、狭い水族館の水槽では自らが発する音波のために苦しめられ続け、狭いので一方方向にしか泳げず、芸を無理強いされ、ストレスで病気になるなどして通常、30年くらいの寿命がたった4年にまで縮んでしまいます。自殺するケースも報告されています。
これは動物虐待以外の何でもないと思うのですが、ネアガリさんはどう思われますか?

(ネアガリ獣医)
それが事実だとすれば、一部問題点もあるかと思いますね。
処理する側も苦しむのを楽しんでいるわけではないと思いますので。

*ネットに流出している映像を見る限りでは、漁師たちはイルカを物のようにしか扱っておらず、殺すことに麻痺しているとしか思えないです。

*【ボン条約への批准について】

外務省の見解によると、日本が加盟するワシントン条約やラムサール条約と規制内容が重複しているため日本は加盟しないということですが、一方ではクジラがボン条約の適用対象になっていることが理由であるという指摘もあります。
これまで日本は海洋哺乳類を乱獲し続けているので、環境省さんと水産庁さんとが連携をとり、一刻も早く他の先進国のようにボン条約に批准し、海洋生態系を守る方向へ切り替えて頂きたいことを嘆願しました。

(ネアガリ獣医)
言われたお話は内部で共有させて頂きますので。

*水産庁さんには話が届かないのですか?

(ネアガリ獣医)
えーとですね、こちらの担当が違いまして、どこに担当がいるのかわからないものですから…。

*水産庁さんに電話をして担当部署に繋いでもらって連携をとり、改善へ向けて話し合いをしていけばいいのでは?

(ネアガリ獣医)
部署がかなり多数わかれていまして…。

そして『この室内(鳥獣保護業務室)で共有する』とのこと。

和歌山県の担当者について再度確認されたので、
【和歌山県資源管理課の男性職員ヒラノ氏】が担当であることを伝えました。

(ネアガリ獣医は担当者などをメモされていました。)

(ネアガリ獣医)
では、ちょっと(和歌山県資源管理課のヒラノ氏に)聞くような形にはします。

よろしくお願いします。ありがとうございました。とお礼を伝えて電話を切りました。

イルカ12

14/10/11 愛をまといたいさんコメントを2つ続けてアップします  
イルカを軍事利用するために輸出をしているの?和歌山県庁に問い合わせしました

おつかれさまです(*^_^*)
美和さんの「イルカが軍事用に輸出されている」という調査を読んで、「戦争に利用される動物が軍用犬以外にもいるの?イルカ漁は伝統だからと言っているけど、イルカを売って戦争に加担しているの?」と驚きました。
そこで、和歌山県庁水産振興課に問い合わせたので報告します。

10月10日14時40分、和歌山県庁水産振興課企画流通班(魚の輸出に関わる課)に電話しましたが、資源管理課のヒラノさんに取りつがれました。

(私)
太地町のイルカはどこに輸出されていますか。

(ヒラノさん)
イルカがどのような流通で売り買いされているか知りません。

私は輸出をするなら県を通すのかなと思いましたし、県庁がイルカ漁を擁護する見解をホームページに載せるほど守りたい産業ですから、知らないはずはないだろうと何度か質問しましたが、ヒラノさんは「どこに輸出するか、何の目的で輸出するのかなど和歌山県庁は把握していない」と答えました。

なので、軍事用にイルカが使われていることも勿論ヒラノさんは知らないし、「そのことについて知りたいなら週刊紙に話した防衛省の人に聞けばいいのでは?」とも言われました。

(T_T)そうじゃなくて、和歌山県としてイルカを戦争に利用することをどう思うかを知りたいんだよな~(私の心の声)

ヒラノさんは会話中ずっと、早く電話を切りたそうだったのですが、ヒラノさん自身はどう思うのか知りたくて、「イルカに爆弾を巻きつけて自爆させると聞いてどう思われますか?」と質問しました。
初めはそれも答えたくないようでしたが、ヒラノさんは「戦争でイルカを殺したり、そんなふうに使うのは反対です」と答えました。

最後に、イルカを殺したり捕ったりしないような和歌山県になってほしい気持ちとお礼を言って終わりました。


ヒラノさんがおっしゃる「和歌山県庁はイルカの輸出先や目的を把握していない」は、県がイルカを売っていないということで、それなら“漁師が売れるわけはない”ですよね。
つまり!【日本貿易理事】、また【ブルネイ大使】だった仁坂吉伸和歌山県知事の関わりがさらに濃厚になったということではないですか!( ̄○ ̄;)
仁坂知事は自分への甘~い蜜が欲しくてイルカを海外に売り、戦争に利用しているんですね(-_-#)

私は、毎年2000頭のイルカを無惨な漁で捕まえたうえに、軍事用に売っているなんてヒドイ!と思い、和歌山県庁に問い合わせしましたが、電話を切ったあとに自分のミスに気付きました(>_<)

ヒラノさんは、先日可奈ママさんの問い合わせに答えた人ですね。。(・_・;)
頭の中はイルカの輸出でいっぱいで、ミーママさんのミッション「どうしてヒラノさんは“今は一瞬で刺し殺すから海は血で染まらない”と言えるのか。また、シーシェパードの写真では海が血で染まっている、ヒラノさんの回答とまったく違うのはなぜか?」を質問することをすっかり忘れていました。
ごめんなさい!m(_ _)m

ところで今、香港では自由選挙を求めて、若者たちが中国政府にデモをして世界中から注目されています。
私たちは香港の若者たちのようにデモはしないけど、ミーママさんが以前おっしゃっいた「世界からの目を向けさせることの重要性」を目の当たりにしたように思いました。
ミッションを忘れてドジをしましたが、問い合わせや嘆願は大切だと思うので、ドキドキしながらも続けようと思いますo(^-^)o
イルカや犬や猫が人間の勝手で殺されることがなくなりますように。

イルカ3

イルカの輸出を和歌山県太地町からしているの?太地町漁業協同組合に問い合わせしました

和歌山県庁はイルカの輸出について何も知らないと、水産振興課資源管理課のヒラノさんが答えてくださったので、それならば漁師をまとめる漁協なら何か知っているかもしれないと思い、問い合わせしましたので報告します。

10月10日15時38分
太地町漁業協同組合(0735-59-2340)に電話しました。
参事(役職名)のカイさんが答えてくれました。

イルカの輸出について質問をしたら、「誰がどこへ輸出しているか分からない」
「海外へ売る人は許可が必要で、それは相手と取り交わすだろうけど、漁協は把握していない」とおっしゃいました。
また、カイさんは軍事用イルカについても「聞いたことはない、知らない」と答えました。

しかし、1989年に太地町のイルカ2頭がアメリカ海軍に買われたことを話すと、
「それは知っている。でもそれは軍事用とかではなくて、人間を守るために機雷を探すためです」とカイさんはおっしゃるので、
私は、「機雷を探しに行くのも軍事で、死ぬと思います」
「犬やイルカが戦争に連れていかれて、爆弾を巻きつけられて死んでいると知って、そんなことをしてはいけないと思いました。イルカをたくさん捕っている太地町のイルカにそんな悲しい目にあってもらいたくありません」と話しました。

しかしカイさんは、
「イルカの体に爆弾を巻き付けるなどはいけないが、人間のために機雷を探してくれるならいいと思う」と反論され、平行線のままでした。
そして、カイさんは「私らはイルカを捕るのも食べるのも昔からしていることだし、野生のイルカを利用するのは悪いとは思いません!」とかたくなな様子でした。

私はカイさんの言葉を聞いて悲しかったです。人間のためならイルカを危険にさらしてもいい殺してもいいと考えていらっしゃることに「ごう慢さやエゴ」を感じて、悲しかったです。

私は最後に「カイさんは漁協のトップにいる方だと思います。輸出先や輸出目的など知らないとおっしゃいましたが、太地町のイルカが戦争に利用されるための輸出はしないように、町の皆さんに声をかけてまとめていただけないでしょうか。よろしくお願いします。」とお願いして終わりました。

カイさんは「そのような意見があったと話しておきます」と答えましたので、輸出がばれないために仁坂知事と口裏合わせをするのではなく、太地町が優しい町になるために皆さんで話し合ってほしいと思います!

イルカ14


とんぼ3
【台風が近付く大雨の中、ミーママが玄関先に夜中から自主的に避難してきていた老猫の様子を見に行くと、老猫はすでにいなく、代わりに壁にトンボが雨宿りしていました。
松山市中心部ではすでに、殺虫剤や除草剤でチョウチョも殺され姿を見なくなっていましたが、夜間気温が下がっている10月半ばに市内で初めて見るトンボです】


とんぼ1
【手を差し出しても逃げません。可愛い╰(*´︶`*)╯♡一匹だけでかわいそう。
夜には台風が抜け雨がやむからトンボさん、食事にありつけられるかな。
ツバメの後、屋上に毎日遊びに来ていたムクドリ達も夜間寒くなってから南に旅立ったけどトンボさん、生きている間はいつでも雨宿りにおいで。人間が緑の草原やたんぼのあぜ道の草を枯らして生き物を殺し仲間達を餓死させてごめんね】


とんぼ2

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。 
スポンサーサイト

コメント

Secret

和歌山県庁や太地町は水銀被害のあるイルカを食べることをやめないの?(>_<)

おはようございます(^O^)

皆さんの記事を読んで、「ミンククジラはイルカである!」ということや、和歌山県太地町は酷いイルカ漁をやめる気はないことなどたくさん新しいことを知りました!

特に2つのことで、驚きと憤りと悲しさを感じました。

1つ目は、イルカを食べると水銀による健康被害が出るのに、国も和歌山県庁も太地町役場も、誰も国民市民を守ってくれないこと!
2つ目は、イルカを海外輸出をして軍事利用していることです!

太地町役場の職員さんは、「水銀被害が出ても責任は取りませんが、残忍なイルカ漁は残したい」と言ったそうですね。同じ女性として、冷たいな~と思いました(>_<)

そして、太地町漁協のカイさんは「人間を守るためなら、野生のイルカを利用しても(=死んでも)いい」とおっしゃったなんて…悲しすぎます!

太地町は鯨、イルカ漁に400年の伝統があるとおっしゃいますが、400年前は、他に食べるものも、少ない栄養源を補給するために鯨やイルカを捕っていたのでしょう。軍事利用はしていなかったでしょうし、毎年2000頭のイルカを捕ってはいなかったと思います。

太地町も今はイルカを食べる人は減っているそうですね。流通もしっかりしている現在、鯨やイルカを食べなくても栄養は豊富です。
そういう今だからこそ、イルカを無闇に殺すのはやめて、共存する道を歩いてほしいと思います!

長々と書きましたが、そういう思いから、ツイートさせていただきました(^O^) 今回も事後報告ですが、よろしくお願いします!m(_ _)m(*^_^*)

さかなとみしんさんへ

こんにちは、アグネスです。
さかなとみしんさん、いつもSOSブログを応援、Twitterで拡散をありがとうございます。

和歌山県太地のイルカ漁、鯨漁は伝統という言葉のもとに食文化の継承ではなく、惨殺と嘘の継承をしているだけのように思います。

食文化と伝統の継承が目的というよりは、伝統を守るという理由をつけて、高額取引できる子供のイルカを取り続けるために思えてなりません。

これからも気になる記事やコメントなどありましたら、URLを貼りつけて拡散を続けて下さいね。

台風接近の宮崎に向け何故か元族エミちゃんが…&太地町のイルカミッション

昨日、エミちゃんがドデカ車をぶっ飛ばし(^o^;)大阪から段ボール三個&袋にワンニャンフードを詰めて、和歌山県の梅干しと梅ノリもお土産に持ってレッスンに来られました。

ヘルニアで入院というか(笑) 病院勤務がハードすぎ休みたくてたまらなかったエミちゃんには、腰痛理由にリラックスでき良い休憩(婦長さんにも私と同じことを言われ( ̄o+ ̄)見透かされていた(笑))
にもなったけれど、いくら退院したからと明るく言っても。。。
「こんな重たい段ボールを担いだり引きずって、腰は大丈夫なの〜(^o^;)?
エミちゃん、台風が来る前に早く大阪に帰るのよ。
え?(°o°;;)
まだこれから、台風が接近している宮崎へ行く?
な、何を考えてるの?
長時間の運転の上に台風よ。
また腰痛が出るかもしれないし、帰りは台風でどうやって帰るのよ〜<<o(・n・`)o>>」
と慌てました。
エミちゃんはケロリとして、
「そ〜なんですけどぉ〜ガハハハハハ(@ ̄▽ ̄)」と身体をゆすって意味不明なデカ笑い。

今回はニューボーイフレンドも待たせていなく、身辺を整理した模様?(^▽^;)?
なぜこの男っぽいエミちゃんに、彼が出来るのか私はわからない(^▽^;)
草食系男子が増えて、明るくグイグイ引っ張ってくれる、しかも普通の女の子みたいに、ジメジメネバイ所が無いのが良いのかしら?L(・o・)」男同士のデートみたいだわ。
エミちゃんの一見サバサバ性格は、良いことも悪いこともザル式に、物忘れがスゴいからなのだけど(^o^;)・・・

さて、今回諦めが早い投げやりな性格をやっと?20%ほど認識したようで、以下は毎回聞いていますが
「アハハ・・・(; ̄▽ ̄)この投げやりというか〜一方的に諦めたり持続力の無い性格を改めましょ〜かあ。。。ガハハハハハ」
と、サラサラロングヘアのガニ股でまた言っていました。本人は初めて言ったつもり(笑)

家族で来られていた生徒さんからは「楽しい明るい方ですね〜o(^-^)o」と言われていましたよ。
「そうなのよo(^-^)o 明るい事は良いことだけど(笑)このあと、台風接近の南九州の宮崎に向かうらしいわ」
と言うとそのご家族は「・f(^_^;・・」

夕方、エミちゃんから「今、大分の臼杵に渡るフェリーの中でーす。
そ〜なんです。船内結構揺れています。
台風突撃」とメールがありました(^o^;)
今は、宮崎でしょうが、午前中のテレビで四国と九州を結ぶフェリーが欠航に決まりました。
と放送していました。

エミちゃん、車可能のフェリーは九州から本州に向かう便も、みんな今日〜明日、もしかしたら明後日も欠航ですよ。
フェリーは駄目でも、下関と門司港を結ぶ海底トンネルは大丈夫かしら?

まあ…心身を嵐に掃き清めてもらい、髪を振り乱し元レディースの腕前で台風に挑むのも悪くないかも。
関門トンネルの手前で風に吹き飛ばされ、海に車ごと落っこちて新聞に「女性が突風にあおられ車ごと海に転落!不明」と出るか、旅程を変えるか、どちらかよ。
気を付けて安全第一に運転してね(*^_^*)
そして、たくさんのワンニャンフードをありがとうございました(*^_^*)

和歌山県のイルカ漁を取り巻く県人や行政には、不信感がたくさんありますがエミちゃんが、お土産に持ってきてくれた梅干しは、紀州の名産だけあって美味ですね。

イルカを殺してきた漁師さんたちも、イルカではなく日本古来からの伝統・和歌山県の酵素食品、紀州の梅干しを世界中に輸出してくだされば、保存や殺菌、酔い止め、腸内環境を整える日本文化を世界に広められみんなが健康になり、我も良し人も周りも環境も良しになると思います。

タイの貧しかった山岳部の村で、日本人に教えてもらった梅干し作りが近年盛んになり、梅干しが都会の市場で売れるようになり、山岳部の村人達がやっと貧しさから抜けだせました(*^_^*)
心があり家族愛があり、私達と同じような知能もあるイルカ家族の命を奪わず、健康や人にも動物にも自然にも地球に優しい生産方法はいくらでもあると思います。

(`ε´)イルカ漁は伝統文化だ。
イルカ漁を止めると漁師達の仕事がなくなる(`ヘ´)のマニュアルを和歌山県人は言いますが、日本中の漁師さん達は、イルカやクジラ以外の魚を捕って生計にしています。

また、世界では漁師さんたちがイルカウォッチングを案内して生計を立てていたりします。

以前グアテマラのアンティグアの山を訪れる前に、ロスからメキシコに飛びそれから、カリブ海のカンクンに足を伸ばし更に、小さな舟で小さな島に渡り、イルカと遊んだことがあります。
また、ペルーからはアメリカで乗り継ぎをして一気に日本に帰るのは疲れるし、機内で座りすぎてお尻が変形しちゃうわ(;´o`)
とフロリダ半島のバハマ諸島に寄り島に渡った時、私の乗った舟を追いかけ「遊ぼうよ(^O^)o(^-^)o」
と飛び跳ねるイルカ達に会いました。
いっぱい遊ぶと(^o^)/BYE-BYEってイルカの家族は泳ぎ去り、しばらくすると、また別の家族が飛びはねながら付いてきます。
すっかり私は長旅の疲れも吹き飛び、子供になったように楽しい時間を過ごせました。

ツアー客のように、イルカと泳ぐために計画して行ったものではなく、行った地でイルカがたくさん現れ触れて泳げる沖合があると、聞いて乗ってみることにしたのです。

行き当たりばったりの海外旅には、最低限必要なトラベル英会話や運や度胸や、また中南米に個人でガイドもつけず行くには、スペイン語がペラペラな家族や友人や、予定を変えて足を伸ばすために、必要なポケットマネーが要ります。

インドのガンジス川には河イルカがいますが10年ほど前、汚すぎる聖なるガンガーで泳ぎが得意だったはずの私は、サリーを着たまま泳ぎ、布が巻き付き溺れてしまいました。「ブクブクブク。きゃあ〜ヘルプミー」と叫び、すぐ地元のボートの子供に助けてもらいましたが、人間や牛の死体も流れるガンガーの水を飲んで、その夜から高熱が出たことがあります。(笑)
フラフラ意識不明になりながら、「こんなインドの街の医者に診てもらっては錆びた注射針を使われるし、高熱のままホテルに寝ていては合鍵を使われ身の危険。
ネパールのカトマンズまで、何とか飛びいつものホテルまで着けば、国立病院のドクターを呼んでくれ、錆びた使い回しの注射じゃなく、足元をみられる一本100ドルの新品注射針で抗生剤を打ってくれるわ」と判断し、倒れそうな身体で意識が無くなりかけては太ももをつねり急きょ、高値の飛行機のチケットを取り飛び乗った事があります。
当時よく使っていたカトマンズのホテルにどうやって着いたか、ホテルのベッドで気がついた時、記憶は無かったです(*^▽^*)
後でマネージャーに聞くと「ミーさんは1人でタクシーで来て、荷物はキーをしているからクロークルームに預かって。どの部屋でもいいからとにかくこのまま横になりたい。
国立病院のドクターを呼んで。もう歩けないから部屋まで連れていって。ドアの鍵を開けておくから、ドクターが来たら部屋に入れて」
などと言ったとのこと?(・o・)?
やっぱり国立病院のドクターは、錆びた注射針とオニューの日本製のパックの注射針を、高熱で弱って吐いてもいる私に見せ
「どちらの注射針が良いか?診察と薬以外にオニュー針はキャッシュで100$」とニンマリ笑っていました。
もちろんオニュー(笑)
途上国では、こう言う時ビジネスチャンスと言います(笑)

丁度その前に、食べ物屋さんで、バスごと崖から墜ちて骨折しギブスを巻いたままの日本人に会ったり、ガンジスの水を聖水と言われ飲まされ、高熱を出して錆びた注射をされたという日本人に会っていて、更に1人は顔色や腕の皮膚の色が木の色のような茶褐色になっているのが気になりました。
「だるいまま微熱が続いて」と言うから、目をよく見せてL(・o・)」と近づくと明らかに目が黄色いのです。
「それ、きっとA型肝炎だわ。早く日本かタイ経由で来ているなら、バンコクの病院に行った方が安全だわ」とアドバイスしたばかりだから、錆びた注射に気をつけることができました。

日本にいるとまさか、錆びた使い回しの針を使うなんて、考えもしませんが、数十年前までは日本もワクチン接種で注射針の使い回しをしていました。
しっかり回復してから帰国後、血液検査をしましたが血液は綺麗で大丈夫でした(*^▽^*)

脱線をしましたが、ガンジス川でなく、イルカが泳ぎ跳ねる海や空は、とても美しくキラキラしています。
少し溺れて水を飲んでもガンジス川のように高熱など出ません。

水族館ではなく、日本語の通じる安全な日本内で、家族で野生のイルカとふれあい、泳ぎたい人達はたくさんいるはず。
イルカ好きが訪れ、東京から25時間半もかけて船で行く小笠原諸島より、簡単にいける和歌山県なら、野生イルカと泳ぐ観光業ができやすいです。
小笠原諸島へは、船の便も数日おきに1往復しかなく台風で欠航が多いです。
和歌山県は、陸続きで日本全国から野生のイルカと泳ぎたいお客さんが集まるでしょう(*^_^*)
相乗効果で紀州の梅も売り上げアップするでしょう。

愛媛県では漁師さんにお金を渡し、釣り客達が沖合の釣りポイントに朝早くから出かけ、漁船の上で釣れたお魚を漁師さんがすぐお刺身にしてくれてお昼ご飯にしていますが、同じように太地町の漁師さんが自分の漁船を使い、沖合で取れたお魚のお刺身のお昼ご飯付き、イルカウォッチングツアーをすれば、和歌山の漁師さん達の収入になります。

太地町の漁協組合の参事、貝さんは「海外に太地町のイルカを軍用に売っているのは太地町の漁協ではない。
誰(仁坂吉伸知事関係( ̄o+ ̄)?)が売っているのか知らない」と答えたのが本当で、子イルカをロシア等に一頭1200万円〜の価格で売り飛ばした分の莫大な利益を、仁坂知事がらみの裏会社から懐にもらってないなら、イルカをクジラと偽装表示し売りさばく儲けだけです。
イルカツアーに変えて収入に損はないはずです。

和歌山県庁の担当、資源管理課のヒラノ氏も、太地町役場のイルカ担当の産業建設課の女性職員前田さんや、副課長のセト氏も「イルカ漁は伝統だから、止めさすつもりはない(`ε´)応援の電話もあるんですよ(`ヘ´)」と言われています。
伝統と言い張り、昭和44年までイルカ漁を止めていた都合の悪い事は全く言わないですが、それまでイルカ漁をしていなかった間、漁師達は何で生計を立てていたか気になりますね?
←ミッションです(笑)(*^_^*)

社会法人日本貿易会は、やはり官僚の天下り先?調べられる方はお願いします

和歌山県知事が知事になる前理事をしていた、日本貿易会は官僚の天下り先が濃厚です。

和歌山県太地町のイルカ漁について、監督すべきキャリアの厚労省、環境省、水産省の職員が、なぜか公務員社会組織として国より地位が下になる県に「権限は対等です。和歌山県に任せています」って逃げようとしたり庇うのは、
自分達官僚の天下り先のひとつに日本貿易会が入っているのでは?と、夕方ミーママと喋っていました。
日本貿易会を調べると、色々書いていて不透明だけど、ポイントや気になる点をまとめられる方は宜しくお願いしますm(_ _〃)m

私の昔のあだ名は、大型台風カトリーヌ(笑)

みなさん、こんばんはぁ~(o^^o)連日連夜、問合せやおまとめ、記事の作成、編集、パトロールなど、ありがとうございますm(_ _)m

台風が近付いていますね。福岡は、風がビュービュー吹いています。ミーママさん、マグナムエミさん、台風の心配をして下さり、ありがとうございます(o^^o)

台風、愛媛も雨風が強いと思うので、気を付けて下さいね(o^^o)

以前、大型台風「カトリーヌ(?)」と言うあだ名をつけられていた頃を思い出して、弟と盛り上がりましたf^_^;
「ワタシも、吹き飛ばされていたわ~。恐るべし、みのりぃ~」と弟(^^;)(笑)

周りを振り回す、アメリカ(?)に上陸したカトリーヌですf^_^;(笑)

そよ風に、ならなくっちゃ(o^^o)

和歌山県知事仁坂吉伸の前身、専務理事をしていた日本貿易会は官僚の甘い蜜天下り先

不透明な日本貿易会について調べてみました。

【名称】
一般社団法人 日本貿易会
Japan Foreign Trade Council, Inc.

【設立】
1947年6月25日

【代表者】
会長 小林 栄三(こばやし えいぞう)

【所在地】
〒105-6106東京都港区浜松町2丁目4番1号
世界貿易センタービル6階

【会員】
計 169
正会員(法人43社、団体20団体)
賛助会員(法人58社、団体25団体)
※2014年10月1日現在

【活動概要 】
■政策提言
貿易業界が直面する諸問題に対して、政府関係当局に対して政策提言を行う
(↑政府に意見できるってさ~、もと政府にいたエライさんの上から目線じゃない!?)

■政府等との意見交換
(↑政府の何機関とは書いてない('◇')?)

■行動指針の策定
(↑何の('◇')?)

■対外経済交流の推進
(↑誰と('◇')?)

■広報活動
(↑どこで何の('◇')?)

■情報収集・調査研究活動
(↑何の('◇')?)

■情報サービス活動
(↑どこへ向け何の情報サービス('◇')?)

■社会貢献活動
(↑なんじゃ?それ('◇')?)

【沿革】
1947年6月
 社団法人として設立
  ↓
1986年6月
 貿易業界団体に改組
   ↓
2012年4月
 公益法人制度改革に基づき一般社団法人に移行(←クンクン。税金の補助があるのかなあ('◇')?)


現在公開中の役員名簿には載っていませんが、2013年12月2日付けの役員名簿で、7名の役員経歴に(天下り?)に(元・国(省庁)の官僚)と書かれているのを見つけました。

《理事 》
大慈弥 隆人【元・経済産業省大臣官房審議官】

倉持 治彦【元・国土交通省国土計画局審議官】

中村 利雄【元・中小企業庁長官】

灘本 正博【元・通商産業大臣官房付】

細谷 孝利【元・経済産業省九州通商産業局長】

★ちなみに和歌山県太地町で、大人のイルカは刺し殺し鯨肉と偽装販売し、子イルカはロシアやウクライナ、中国、アメリカに軍用兵器とし一頭1200万円以上で闇で売りさばく裏会社を持っていると、ミーママ達が睨んでいる仁坂吉伸が、和歌山県知事に二期当選する前の日本貿易会での役職がこれ↓↓
《専務理事》
天野 正義【元・外務省在連合王国日本国大使館公使】

↑これって官僚が日本貿易会に天下りしてるって見事に命中(・▽・;)

再・25年度のイルカの腹肉を2検体を調べた結果!メチル水銀値が0.79PPMと2.1PPMという結果!!

皆様、連日遅くまでお疲れ様です。

10月9日お昼休みに和歌山県に、イルカに含まれている水銀の値の確かなものが知りたくて問い合わせをしました。

13:50分、和歌山県庁の交換に何故か?繋がりました。
私)イルカに含まれている水銀量を、お聞きしたいんですが?
職員さん)少々お待ち下さい。

資源管理課ミナミさんに繋がり聞きたい事を伝えると
”少々お待ち下さい。”

次に繋がったのはヒラノさんでした、私の聞きたい事を伝えると!

ヒラノさん)
私どもは、そう言った調査はしていない部署なんですよ、漁業の許可を出している部署なんで!

(私の聞きたい事を伝えているのに何故?答えれる方に繋いでくれないのか?と疑問に思いました。)

ヒラノさんに、私以外にもイルカに含まれている水銀値の問い合わせがあるかもしれないので今後、把握は必要だと思うので水銀値を調べて下さいと大切なので!と伝えても、他人事の様に”水銀値が大切というのは?”って感じで”国で調査しており、私共は水銀値の把握はしておらず健康に被害はないと聞いている、イルカの水銀値の事は保健所の方だと思います、ちょっとお待ちください”

と言われ、突然もしもし~食品衛生課です~\(◎o◎)/!
(ちょっと~!ヒラノさん次の部署に変わるんだったら!いってよ~と思いました。)

名前は名乗られず、私も時間が気になり聞くのを忘れていました。ここでも、同じ様に聞きたい事を伝えると!

また、でた!<`~´>少々おまちください。あまりにも続くので職員の方に聞いてみました。

私)ちょっと待って下さい。と、職員さんに何回も言われて、いったいどこまで変わるんですか?
私の聞きたい事は伝えていますよ!!私は時間がありません!

職員)少々お待ちください今担当の者にかわります。

(あなたが、その担当だから電話が回ってきたんじゃないの!<`~´>)

私)もう時間がないので!きちんと教えて頂ける電話番号をお願いします!!

職員の方は、何を思ったのか?内線の2623で、これは食品衛生課で隣の班になります~って!

(あなたも、食品衛生課でしょ?それに!私が聞いているのは内線じゃなくて!電話番号よ!もう<`~´>コントしているんじゃないんだから~)

休憩時間が終わるので、電話番号を教えて頂きいったん切りました。
和歌山県の役所の方の”ちょっと待って下さい”と言い、ある程度待たされ、次々に変わる電話の応対は初めてでした。
これが和歌山県のやり方なのかな?と思い悲しくなりました。(;_;)


電話が出来る時間がとれたので、
14:33分(073-441-2624)に問い合わせしました。

食品衛生課の男性のヌクイさんに対応して頂き、名前を言うと先ほど電話頂いた方ですネ、いろいろと申し訳なかったです~すいませんです~。

(何だか心がこもってない感じで、やっつけ仕事の様だな~ちょっと待って下さいがまた出るかな~?と思いました。)

ヌクイさん)まーうちでイルカの検査をやっているんですけども、ま~一応イルカにどれくらい含まれているかと言う事を毎年しておりまして、検査結果と言うのは県のホームページに入れているんですけども、 だいたい昨年でしたら、2検体イルカの腹肉を取り、2検体の中で1.44PPMと、0.79PPMという値のもの、え~、あっ!間違えました!
0.79PPMと2.1PPMと言うやつが出てきまして、それが、え~あの~25年度に検査結果なんですよ。
ただ、検査はするんですけども実際イルカにどれくらい含まれていたら食べ物に適しませんよ。と言う基準が実はないんです。

私)2、1PPMは高い方ですか?

ヌクイさん)これはイルカでしたらハクジラ類になるんですけども、こちらについては、例えばゴンドウクジラですね、それよりは低いですね、でもそんなには変わらないですけども。

私)食べる事に関しては?高い方ですか?

ヌクイさん)だいたい小さいお魚の水銀は0.3PPMなんですよ、それよりは0.79PPMはちょっと高いですね~。

私)もう1つの2.1PPMは?

ヌクイさん)それもちょっと高いですわ!

私)2.1PPMは、かなり高い方ですか?

ヌクイさん)えーとですね、0.3の7倍になるでしょうかね~。

私)それは食べても害はないんですか?

ヌクイさん)国で基準が決められていませんので、この値では食べてはいけないと言ってないんです、ただですね、こればっかり食べるとまずいなっと言う事で、ここのホームページにも書いていますが、バランスよく食べてほしいなと言う事で、
バランス良くと言うのは、え~他の食物と、え~バランス良くクジラばっかり食べなくても他の食物と、いろんな物を食生活の中で摂取して頂いてバランスのイイ食生活を取って頂いたら、あの~、その~あの~なんて言うんですか?2.1PPMでも沢山取る事はないんですよ!

私)クジラでは、なくイルカですよね!

ヌクイさん)はい!イルカですよね、ハイそんな感じで~。

私)イルカ肉は、妊婦さんや子供でも食べれますか?

ヌクイさん)それで、ですね~やっぱり妊婦さんとかは、出来るだけ控えて欲しいなと言うふうに、うちどももホームページとかで掲載させて頂いているんですよ~ハイ!
極端に沢山食べたら、お腹の赤ちゃんの発育に影響をあたえる可能性がありますので、それは研究の結果分かっておりますので、注意が必要なんですよ、言うふうにハイ!

私)イルカ肉は美味しいと思いますか?

ヌクイさん)私は実は、食べた事がないんですよ~。

(本当かな~?さっきはイルカの話をしているのに、いつの間にかヌクイさんはクジラに変わっていたし~)

私)クジラは、ありますか?

ヌクイさん)クジラはありますね!小学校の頃よく給食ででていましたね。

私)和歌山県に何で?イルカが沢山来るんですか?殺されるのに!

ヌクイさん)あっ和歌山県では、あの~私は食品担当なんで分からない、と個人的にはおもうんですが、そのへんは分からないです。ハイ!

私)和歌山県は、イルカの養殖をされていますか?

ヌクイさん)あっそのへんも私は食品の方なので分からない。追い込み漁とは聞いているんですけどね。

私)今回、惨殺なやり方でイルカ漁が行われている事を知り、心を痛めております。
イルカは、自閉症や障害を持っている子供達が癒され元気になり、一番喜んでいるのは、その姿を見ている親だと思います。
イルカは、知能が高く感情を持っていることを知りました。
どうして、イルカを殺すのかな?と思いまして。

ヌクイさん)イルカ漁に対する県の見解がですね、県のホームページに知事の見解が載っているのでそのへんを、ちょっとまた見て頂けたらなと思いまして。

私)今後なくなる予定は、ないんですか?

ヌクイさん)そうですね~やっぱ地元の漁師さん達の生活がかかっておりますので。

私)イルカと遊べるのをテーマに方向転換して頂いたら、海外からも和歌山県に来ると思います。
会議があったら伝えて下さい。と言いましたが、ヌクイさんは部署が違う、ホームページを見て下さい、なかなか一概には言えない難しいと言われ、伝えます。と言う言葉は聞く事は出来ませんでした。
お礼を伝え電話を切りました。

10月1日の美和さんのコメントに、
美和さんが食品安全部水産安全系のサジさんに問い合わせをして下さった時に、サジさんは” メチル水銀だけではなく無機水銀を含めて0.4PPM、メチル水銀としては0.3PPM、この数値以下なら健康への影響はないだろう ”と言ってと言っていたので!

<<2.1PPMは、健康への影響があると言う事になります。>>
イルカ漁は中止にして欲しいです。


※10月12日に投稿しましたコメントは、空白の欄があり改行の位置がおかしくて読みずらくて、誤字脱字もありまして、とても気になっていたので今回、再投稿をしました。

猫ちゃんママ、ロンさん、アグネスさん、コロワンさん、のんさん、パスワードの設定などいろいろ教えて下さり、ありがとうございました。

編集部さんへ
大変、申し訳ありませんが10月12日の花ぱんのコメントの削除をお願いします。

【群馬の花ぱんさんへ】

花ぱんさん、太地町のイルカ達のために勇気ある問い合わせをありがとうございます( ^_^)人(^▽^ )
花ぱんさんも、フルタイムで、白衣の天使を群馬県でされていらっしゃるとのこと。
SOSブログに協力下さる方は、ナースさんが多いですね。
花ぱんさんは、事務職や専業主婦さんやパート職より、激務な上に二匹の老犬を引き取り、お世話され一匹は障害を持ったワンちゃんだと知りました。
故郷に帰る時もペットホテルなどに預けず、障害を持ったワンちゃんを連れて世話をされていらっしゃる、とミーママに聞きました。

責任感が強くないと出来ない激務と、二匹の老犬達のお世話だけでも毎日大変なのに、野良犬猫ちゃんたちや野生のイルカ達を救うために、空き時間を見つけては役所に問い合わせや嘆願をしてくださったり、気持ちがいっぱい詰まった温かなコメントを、睡眠時間を削って書いて投稿下さり、いつもありがとうございますm(_ _*)m
障害を持った老犬達も、母性愛あふれる花ぱんさんの所でお世話してもらい良かったですね。
これからも宜しくお願いします( ^_^)人(^o^)(^-^)o^ )

一般社団法人 日本貿易会って、天下りのじじぃ〜だらけ?( ̄∀ ̄)

お疲れ様です(≧∇≦)


皆さん、台風は大丈夫でしたか〜?

のんさん、日本貿易会について調べて頂きありがとうございました(*^◯^*)

日本貿易会って、活動内容事態が、イミフなのに〜(^w^)
理事も役員も、天下りじゃないですか〜(笑)

『美羽ちゃん〜(*^o^*)ミッションよ〜天下り先ってたいがい税金もちょろまかし投入されてるのよf^_^;社団法人について運営資金に税金が使われているか調べてみてね〜(*^o^*)で、頭を働かしてね〜』とミーママさんからミッションメールが入り(°□°;)、
社団法人について運営資金に税金が使われているか、ただいま調査中です〜
(`∇´ゞ

脳みそフル回転で頑張ります〜( ̄∀ ̄)

ミーママダンススクールの皆様沢山のプレゼントありがとうございました♡m(_ _)m

ミーママダンススクールの皆様、さっちゃんファミリーさんへ。+☆

今日、海ちゃんから沢山のフードとオヤツが届きました!(*^^*)
海ちゃんところは犬猫の子供達が沢山いてフードも料がいると思うのに…私の所にまでフードやオヤツをいっぱい頂きました♡
ミーママさん、さっちゃんファミリーさん、ダンススクールの皆様いつも、いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

うちの前に来てご飯を食べる野良猫ちゃんがいるんですが‥私に唸りながらご飯を食べるんです(ฅ✧ω✧ฅ)ニャ✧
偉そうで笑っちゃいます。

また、違う猫ちゃんも遊びに来ていて窓辺にいたうちの猫を見てガラス越しにすごい勢いで飛び掛ってきて窓に体当たりしてました(≧ω≦。)プププ
うちの猫はキョトンとして何が起こっているのかわからないようでした(笑)

この野良猫ちゃんたちにもフード分けてあげようと思います(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°

ありがとうございました♡

文化、歴史、伝統とは

映画「ザ・コーブ」を観て、いろいろ納得がいかないことが多く、自分でいろいろイルカ漁について調べてきました。
動物愛護の強い人は自分のエゴが強く、偏ったものの見方をしているような感じに見受けられます。
しかし、イルカ漁からお金の匂いがプンプンしているのは確かなようです。文化、歴史、伝統を盾に正当化し、批判される事を恐れています。
結局、人間とは何て欲深い生き物なんだろう。という結果になってしまいますが、人間のためにイルカだけでなく様々な動物たちの命が犠牲になっています。
国や人種、宗教によっていろいろな考え方がありますし、もちろん人によっても違います。
このような問題を議論すると、賛成派、反対派、お互いがそれぞれ妥協できずに、時間だけが過ぎていくのが現状でしょう。
私はろくに働きもせずに金をもらう国の官僚たちが大嫌いです。と同時に偏ったものの見方をしすぎて他の人を洗脳してまで自分の意見を貫き通す人もすきではありません。自分に酔ってるだけですからね。
自分が一番。という考えをなくして周りのことを最優先に考えることができるようにならないと一生解決しない、人間の永遠の問題と言えますね。

ごまちゃんさんへ

ごまちゃんさん、はじめまして。(*^o^*)コメント、ありがとうございます。

ザ・コーヴを見られたのですね。
賛否両論ですが、あの映画があったおかげで、日本だけでなく海外にも和歌山県太地町で残酷なイルカ漁が行われていことが広まりました。

シーシェパードもマナーの悪さは目立ちますが、イルカの事が好きで助けたいと思う人間が集まっているのだと思います。

気の弱い人間からすると彼らは過激すぎ怖いですが(笑)
自分の意志を強く主張できる人間でなければ、命を守る活動は、きっとできません。

強い信念というか、志を貫き通し続ける根気も必要です。

本当に、議論せず、みんながひとつになって活動できたら凄いパワーでしょうに…1人1人の意見が違うから、ぶつかり合い傷つけあう。
なんの利益もない無意味な争い。
時間だけがすぎ、悲しく疲れるだけです。(;_;)


自分が一番ではなく、みんなで協力して動物達を助けようとする人間がもっと増えてくれたら助かるのになぁと思います。

今の日本では政治家がくだらない金儲けに夢中ですから、
舵取りも下手くそで、一般市民は生活におわれ一杯一杯の方が多く、
動物達に癒やしをもとめるくせにいらなくなったら動物愛護センターにつれていき簡単に命を捨てます。

なぜ連れてこられたのか、訳も分からず死の恐怖におびえ苦しむ動物達のことは捨てたらおかまいなし。
人間って自分勝手で残酷な生き物です。

文化、歴史、伝統と言われますが、
イルカ漁をしていない時期もありました。

これに固執するのは、やはり国内や海外から批判されてもやめないだけの理由、
お金儲けが絡んでいるのでしょうね。

台風が去った翌日の出会い

メンバー皆さんの調査結果やミーママさんからのミッション内容、その結果を感嘆♪思わず声があがったりしながら、読んでます。

どんどん調査結果がブログ上にでるスピードアップ(゜〇゜;)

それにしても、恐るべし人間ですね。

台風が去った翌日、久しぶりに出会いました♪でんでん虫虫♪カタツムリに。道路ばたをゆっくり進んでました。道路は危ないよ~と声かけてました。
カタツムリも人間に食べられる…軟体動物だわ~(゜O゜; エスカルゴ!!

人間にはない能力を持ってる動物達と一緒に暮らすことを難しくしてるのは、人間なんでしょうね。

ブログを読んでると考えさせられます。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR