犬達のSOS☆大阪の子沢山ママチャリアグネスのまとめ②動物愛護法改正の抜け穴!売れ残りや老犬を殺処分依頼できず遺棄や餓死させるブリーダーやペットショップ)について&子供達と保護猫の看病編 2014年11月25日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10  

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


F C 2  社会部門ランキング
1位  2013-07-25~2014-11-25
(2位 2014/5/25~6/29~7/1・8〜19)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位 2014-5-15~10-26
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24・10/27~11/25)
  20141115202625eae.jpg   
2014/11/13 アグネスさんコメントを3つ続けてアップします。
茨城県、栃木県に続き佐賀県でも犬の遺棄。動物愛護法の改正で発覚したペットショップ、ブリーダーの実態

こんばんは、アグネスです。
☆可奈ママさん、群馬県の犬の死骸、遺棄事件について那珂川署への問い合わせをありがとうございました。
遺棄されていた犬達の事や、死骸を捨てた犯人についての捜査に進展があったのかを問い合わせようと電話をかけ、自分の名前を名乗り「生活安全課をお願いします」と用のある課を伝えているのに、電話を刑事課につながれた上に、刑事課では名前と用件、誰に用事?初めてかけたか?なんて刑事ドラマさながらの取り調べのような対応は異常だと思います。

 よく嘘をついた人間や後ろめたいことがある人間は、相手に質問をさせないように、どんどん質問をしてくる傾向にありますが、那珂川署は犬の死骸遺棄事件について、問い合わせられると都合の悪い事でもあったのでしょうか?
それとも、ろくに捜査もしていなかったから聞かれたくなかったのでしょうか?
きちんと捜査をしていれば、どんな問い合わせも怖くないはずですよね。
眠たいはち☆_convert_20141126230004 
【段ボール箱に入れられて、アグネス家の玄関前に置かれていた子猫。保護した時は、わずか240グラムしかありませんでした。先日、避妊手術を終えて、ますます甘えん坊になりました。里親さんが見つかるまでと娘が「はち」と名付けたものの、みんなが「はっちゃん」と呼ぶので「はち」と呼んでも知らんぷりです(・_・;)】

☆コロワンさん、猫ちゃんママさん、栃木県で遺棄されていた犬に埋め込まれていたマイクロチップについて、特に容疑者につながる情報がなかったことなど知らせて下さり、ありがとうございました。
マイクロチップに情報を入力する際に業者自身が自分達を特定できる情報を入力していなかったのでしょうが、容疑者への手がかりになるはずだと思っていたので残念です。

☆美和さん、佐賀県でも今回と同様の事件が起こっていたことを調べて、コメントして下さりありがとうございました。
明らかにペットショップやブリーダーと考えられる犬の遺棄事件が後を絶たないですね。
佐賀県で捨てられた犬達は生きたまま捨てられており、個人の保護数も合わせると30匹にもなるそうですが、県が保護した18匹のうち13匹は里親さんが決まり、残りも里親募集を続けているそうで、遺棄されていた犬を収容し、新しい里親を探し譲渡して初めて、「保護」と言えると思います。
栃木県も「保護」した犬達は里親募集をして欲しいですね。

動物愛護法が改正されて、動物取扱業者からの保健所や動物愛護センターへの持ち込みができなくなり、全国で増え続ける遺棄事件。
これは、ペットショップ開業、ブリーダー開業に必要な動物取扱業者登録が、あまりにも安易に行われている事、その後の立ち入り検査等をまともに行っていない現状。
そして、犬や猫を商売道具として、物としか見ていない業者と、生き物であるという意識も持たず、流行りの種類をペットショップで買い求めるというペットブランド志向に大きな原因があると思います。

保健所や愛護センターに持ち込めないから、ペットショップもブリーダーも、売れ筋の犬や猫にどんどん子犬や子猫を産ませ、売れ残ったり、売れ筋の種類が変わり、産ませた犬や猫が自分達にとって「商品」ではなくなったら捨てたり殺してしまうという状況は、まだまだ続くと思います。

それを防ぐには、安易なペットショップ、ブリーダーの認可をしない事と、認可した業者のもとに厳しく立ち入り検査を行い、飼育している犬や猫の急激な数の変化がないかのチェック、飼育環境のチェックをまめに行い、指導をしていき、環境が改善されない場合は認可の取り消しと飼育されている犬や猫を没収し、里親を探し譲渡するなどの具体的な事をしていくべきだと思います。

 201410091533486aa_convert_20141126231132.jpg 
少し元気になった福まる 
【アグネスの家の近くで瀕死の状態でうずくまっていた子猫。
保護した時はガリガリのぺったんこでした。
「元気が出る名前をつけて、看病しよう」と子供達と『福まる』と名付けて看病しました。
3日間生死をさまよい、何とか元気になる兆しが見えてきて撫でると、喉をゴロゴロ鳴らすようになりましたが
目の炎症が激しく、腫れ上がった両目は開くこともできませんでした。】


廃業した悪質ブリーダーの転身は「老犬・老猫ホーム」か!?
栃木県、群馬県、佐賀県で同じ種類の犬が大量に殺害・遺棄されていた事件は、おそらく経営を維持できなくなったブリーダーが飼育放棄したものだと考えられます。
ミーママさんからのメールに、【老犬ホーム】の事が書かれていたのでネットで「老犬、老猫ホーム」を検索してみました。
飼い主が高齢で他に面倒を見るものがいなかったり、引っ越しなどの事情で飼えなくなった老犬(老猫)を、飼い主に代わり終生お世話をする施設で全国に増えてきているそうです。
料金は一か月数万円から、数十万円とかなり値段に開きがあり、施設も大きな建物から個人住宅を改築したものまで色々あり、実際調べるまで、こんなにたくさんあるとは思いませんでした。
良心的な経営で親身にお世話をするところもある中、動物取扱責任者がいれば開業自体はそれほど難しくないようで、悪質なところもあるようです。
http://www.asahi.com/articles/SEB201310260063.html

廃業した悪徳ブリーダーが荒稼ぎするのではとミーママさんが心配されていた事が、現実になっているようです。
もともと弱っていて先の短い老犬、老猫が急に容体が悪くなっても、元の飼い主さんも疑ったりはしないでしょう。
入所料や管理費を一匹あたり、数十万受け取り、老衰、風邪から肺炎をこじらせてなどの理由を付ければ、死んでも不審に思われない、悪質ブリーダーの転身先にはもってこいです。

本当に年老いた犬や猫のお世話をしているところの方が多いとは思いますが、【老犬・老猫ホーム】が悪質な業者の隠れ蓑として使われてしまうのは許されない事だと思います。

 一週間目福まる 
【保護して1週間目 やっと自力で目が開けられるようになった福まる。
病院の待合室にて】



コロワンさん、犬の遺棄事件のテレビ放送について知らせて下さり、ありがとうございました。


コロワンさん、「NHKで劣悪な環境で飼育されてる犬や猫が放送されてます!!」とメールで連絡を下さりありがとうございました。
また、☆明日は、埼玉の犬の遺棄事件についての報道が、テレビ朝日で午前8時からあることと、
「モーニングバード」に埼玉県職員さんがご出演されます。とのテレビ放送のお知らせをありがとうございました。

たまたまテレビの前にいたので、急いでチャンネルを変えました。
NHK NEWS WEB「相次ぐ犬の遺棄…背景に何が」というタイトルで、ゲストに劣悪な環境で飼育されている犬を引き取る活動をしている池田 豪さんという方が出ていました。

テレビの画面には狭い檻に押し込められた状態で飼育されている犬が映し出されていました。
檻は排泄物の掃除もされておらず、衛生状態が悪いことが一目でわかりました。
文字で見るのとは違い、映像はとてもインパクトがあり「ブリーダー」「ペットショップ」というちょっとおしゃれにも聞こえてしまう響きとは裏腹に、その飼育環境は最悪で悲惨としか言いようがありません。
店頭のケージや檻に値札を付けられている子犬や子猫は、こんな汚くて狭いところに閉じ込められた母犬、母猫から産まれ、すぐに引き離されていくのかと思うと、こんなことを平気でできる人間がいることに驚きと怒りを感じました。
母犬も母猫も、そして生まれてきた子犬や子猫も命があり、感情を持つ生き物なのです。
それを物として扱い、ただ産ませ続けて、売れる前を「在庫」、容姿に問題があるものなどを「B品」そして、なかなか売れずに売値を下げたものを「SALE品」と呼ぶ、まさに物扱いで、テレビ画面の下には、番組連動でテレビを見た人がツイッターで
「殺処分される犬や猫がいるのにペットショップがあることに違和感」
「ペットをきちんと人間と同じ命として扱って欲しい。」と感想をつぶやいたものが映っていました。

今、全国で大量の犬の遺棄事件が起こっている背景に、保健所や愛護センターが悪質なブリーダーが売れ筋ではなくなった犬や猫を持ち込んでも、無責任な飼育放棄なので引き取ってもらえず捨てる、命を育てる意識がなく、可愛い、癒されたいなどの一方通行な考えで飼う人が、飽きたからと捨てたりしていることを理由としてあげていました。
確かにそうなのですが、番組では根本的なことが語られていなくて残念でした。

保健所や愛護センターが業者からの引き取りを拒否したから、犬の遺棄が増えたのですが、言い換えれば、
今まで保健所や愛護センターは、業者からの引き取りを断らずに一度にこの遺棄された数くらいの犬を、何も言わず引き取り殺していたという事です。
そして、業者は何食わぬ顔で新しい種類の、今度はやりそうな犬をせっせと産ませ、売れ筋が変われば殺し、また、別の種類を…と繰り返してきたのです。

短い時間だったので、あまり難しい事や突っ込んだ話は出てきませんでしたが、島田紳助さんが「殺処分はあかんで」と言われてテレビ業界を追放されるような形で引退した頃の様に比べると、テレビで殺処分についてや、このように悪質ブリーダーの実態についてテレビで放送され、視覚に訴えることが出来るようになったことはかなりの進歩だと言えるのかもしれません。

狭い檻に閉じ込められ、糞尿まみれの姿を見たら、ペットショップにいる子犬や子猫が、こんな環境で飼育された親犬(親猫)から産まれたのだと知る人が増えてくれば、ペットショップの存在に疑問を持つ人も増えるでしょうし、保健所や愛護センターから引き取って育てたいと言う人も増えてくると思います。
そういう風潮になるまでにはまだ時間がかかると思いますが、それまでは動物愛護センターや保健所も殺処分のための毒ガス室のボタンばかり押さないで、譲渡会の回数を増やし「生かす」努力をして欲しいです。
ぱっちり福まる 
  【だいぶお目目が開いてきた福まる】

2014/11/8 アグネスさんコメントです。
子猫ちゃんの避妊手術が終わりました&バス停で保護した子猫の様子

こんばんは、アグネスです。 
ミーママさん、時間のやりくりがへたくそなアグネスに励ましの言葉をありがとうございます。 
色々と不器用ですが頑張りたいと思います。 
さて、我が家の玄関前に段ボールに入った状態で置かれていた子猫ちゃんですが、先日無事に避妊手術を終えることができました。 
術後の経過も順調で、手術前よりも甘えん坊になった気がします。 
もう一匹のバス停で死にかけているのを保護した子猫は、目の処置でまだ通院中ですが、食欲も出てきて子猫らしい仕草も増えてきました。 
保護する前の栄養状態が悪かったようで、少し小さめですが、腫れ上がり開かなかったまぶたが開き、周りの様子が見えるようになったのがうれしいのか、丸めた広告やボールをおもちゃにして良く遊んでいます。 
この避妊手術、治療費は、先日「保護した子猫たちの手術代や治療費に」と頂いたミーママダンススクールの皆さまからのカンパ貯金を、ありがたく使わせていただきました。 
ミーママさん、スクールの皆さん、ありがとうございました。 

20141115202624d42.jpg 


イラスト:もぐもぐちゃん

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。 
スポンサーサイト

コメント

Secret

問い合わせミッション☆北海道編①

皆さん、いつも遅くまでブログ活動ありがとうございます(^o^)

都道府県の県や市の動物愛護センターなどがしている殺処分方法を調べるミッションが、ミーママさんからありました。
とりあえず北海道地区に問い合わせしましたので報告しますm(__)m

★札幌市動物管理センター(011-736-6134)

11月26日(10:05)

対応は男性獣医のツボマツさん。
(とても爽やかに丁寧に回答して下さいました。)

【殺処分方法】

二種類あり、状況によって使い分けているとのこと。

◆二酸化炭素ガスによる殺処分
◆鎮静薬を打ってから、麻酔薬の過剰投与による殺処分
(子猫は麻酔薬を一気に過剰投与)

基本的には獣医師の手で注射による殺処分をしたいと思っているが、一度に大量の処分(特に大人の猫)をする場合や、自分たちの手で押さえたりするのが難しい犬を処分する時などは、殺処分器を使用するそうです(>_<)


【収容期間】

期間は定めておらず、一定期間以上おいて、その後は状況を見ながら判断する。

迷子と捨てられたという形で直接飼い主から引き取った場合、期間が変わってくる。

◆迷子の場合

1週間~10日程度、本来の飼い主を探す。その後、譲渡に向いているかどうか一定期間様子をみて、猫なら平均すると2週間~1ヶ月位が経過観察期間となる。
(元飼い主や里親が現れなければ殺処分になることもある。)


◆犬は殺処分していない。(全頭譲渡しています(^o^))
収容して新しい飼い主さんが現れるまで頑張って、センターで飼育している。
(過去に一番長い子は、1年位いて、最終的には譲渡されたとのこと(^^))

ツボマツ獣医さんは、『うちの犬みたいになってしまいます(^o^)』と嬉しそうに話して下さいました。


★小樽市犬管理所・動物衛生グループ
(0134-22-3117)

11月26日(10:17)

対応は女性職員のナカジマさん。

【殺処分方法】

◆鎮静剤を打って意識をなくしてから筋弛緩剤を注射。(基本的に全頭)

【収容期間】

◆犬については、狂犬病予防法にのっとって、大体1週間~10日位、病気にかかってないことなどを確認して、新しい飼い主がみつかるまで、ずっと収容している。(最長で1年半くらい収容し、譲渡された。)

◆病気や狂暴な個体は1日ぐらいは置くが、殺処分する。

◆猫の場合は、収容施設がないため、収容された時点で殺処分となる。
生後2ヶ月以上で、感染症にかかっていない人慣れした猫は里親希望者に連絡し譲渡する。
譲渡されなければ道と協議して、道の収容施設が空いてるようなら、そちらへ運ぶこともある。

※ほとんどが野良猫で狂暴な子や感染症の子が多いと強調していました(*_*)

猫の譲渡を増やす努力をして頂くよう嘆願しました。

★旭川市動物愛護センターあにまある
(0166-25-5271)

11月26日(10:31)
対応は男性職員のタカハシさん。

【殺処分方法】

◆麻酔薬の静脈注射
(狂暴な犬などは倍量~3倍量の麻酔薬を注射するとのこと。)

◆殺処分器はなし。

【収容期間】

◆上限は原則なし。
(最低2週間以上は収容。)

◆狂暴な個体や治療の施しようがない猫や、大量に収容された場合などは2週間をおかず殺処分する。

◆平成24年9月の開設以降、犬は殺処分0
(収容中に高齢などで衰弱して亡くなった個体はいる。)

◆猫は収容可能頭数が42匹だか、収容頭数がその数を割ったことがない。
(今日も80匹くらい収容されている(>_<))

◆野良猫の収容や多頭飼育崩壊で数十匹や百匹単位で持ち込まれることがあった。愛護センターが開設されてからは、同一人物が何度も持ち込むことはなくなったが、それ以前は2回持ち込んだ人が2人いたとのこと。

そのことについて少し質問すると

(タカハシさん)
正直、保健所時代は対応が徹底してできていなかったので、愛護センターが開設されてからは、全部引き取れということですね。
基本的に全頭引き取ってしまうと、またこっそり拾ってきて同じことを繰り返すので、1頭だけ残して避妊去勢してもらって証明書を提出してもらうようにしています。

(私)
全部引き取るって…( ̄□||||!!昨年9月に改正された動物愛護管理法で、業者や無責任な飼い主からの引き取り拒否できるようになりましたが、積極的に引き取っているということですか?

(タカハシさん)
あくまで拒否できるということなので、他に行き場所がないんですよね。引き取らなかったら状況が更正されないんですよね。

と信じられないことを言いました(*_*)

旭川市動物愛護センターが開設する半年位前に、旭川市保健所に問い合わせした際、愛護センターを作るにあたり、限りなく殺処分0を目指して実践されている熊本市動物愛護センターの視察に職員さんたちが足を運ばれ、熊本方式を見習いたいとおっしゃいました。

タカハシさんは視察には行かれなかったそうですが、『具体的に熊本方式というのはどのようなものか教えてもらえますか?』と逆に質問されました(@_@)

もしかして…視察は税金の無駄遣いで終わったのでしょうか(?_?)ガッカリしました

同じ悲劇が何度も繰り返されるのを見過ごさず、要注意人物は追跡調査を続けるよう努力して頂きたいことや、猫の譲渡を増やして頂きたいことなど嘆願して電話を切りました。

②へ続きます。

問い合わせミッション☆北海道編②

★市立函館保健所
(0138-32-1524)

11月26日(14:33)

対応は男性職員のタカヤスさん。

【殺処分方法】

◆二酸化炭素ガスによる殺処分。(子犬子猫も含めて)
殺処分後、息が残っている個体がいないか必ず死亡確認しているとのこと。

※函館市犬抑留所で殺処分しています。

【収容期間】

◆特に決まりはないが、犬や猫によってかなり差がある。(すぐ譲渡される場合もあれば、なかなか譲渡先が見つからなくて1~2ヶ月も函館市犬抑留所にいる場合もある。)

◆保健所では1週間程度、抑留し、その後、函館市犬抑留所へ送るとのこと。
(産まれて間もない子猫は、1週間置かずに犬抑留所へ送り殺処分(>_<))

犬の場合、ほとんど新しい飼い主が見つかるので、殺処分されず、見つかるまで抑留する。(長くて3ヶ月くらい)

猫は犬のようにはいかず、殺処分されることが多い。
市内にある3つくらいの愛護団体の方が収容動物を引き出すことも多い。


マスコミなどを利用しての避妊去勢の啓発や、避妊去勢費の助成を検討して頂くよう嘆願しました。

★北海道庁生物多様性保全課・動物管理グループ
(011-231-4111)

11月26日(14:43)

対応は女性職員のマエダさん。

【殺処分方法】


◆北海道庁が管轄している道立保健所では、麻酔薬と筋弛緩薬を注射して殺処分。
(抵抗する場合は、小さな檻に入れて身動きが取れないようにして、注射するとのこと(>_<))


◆一酸化炭素や二酸化炭素ガスの設備自体がない。

※政令都市や中核市(札幌市、函館市、小樽市、旭川市)では、独自に市立保健所を設置しています。

【収容期間】

◆はっきり決めていない。可能な限り、飼い主を探してあげたいと思っている。ただ所有者不明で引き取りをした子たちについては、基本的には4日間、元の飼い主さんを探す期間があるので、5日目以降、譲渡に適している子(重症な病気がない、攻撃性がないなど)については、新しい飼い主さんを探すとのこと。

北海道庁生物多様性保全課のホームページから各振興局や各保健所にリンクを張らせてもらっているので、収容状況を確認できるようになっているとのこと。


できるだけ譲渡数を増やす努力をするよう、各保健所等に指導して頂くよう嘆願しました。

以上です。

栃木県犬遺棄事件の犯人供述について①

皆さん、お疲れさまです。
先日のニュースで栃木県の犬遺棄事件がおきた原因を犯人が供述していましたが、
ペットショップやブリーダー業者自身が(動物の)命を扱っているという自覚の無さ、動物を物としてしか扱わない日本の法律の矛盾、流通元であるペットオークションの事があまり報道されないことなど、改善の必要があるのでは?と感じ
、少しネットで調べながら感想を考えました。
(SOSの皆さんはコメントしていた事もあるのでご存知と思いますが、説明資料を貼り付けます)

*ペットオークションとは?*
ブリーダーやペットショップ業者が欲しい犬達を競り落としに行く場所。

ペットショップ(小売業者)は、その仕入れ先のほとんどをオークションに依存している。
ブリーダー(生産業者)にしても、出荷の5割以上がオークション頼り。
推計だが年間約35万匹の子犬が、オークションを介して市場に流通している。
つまり現在の犬の流通は、オークションなしには成り立たなくなっているのだ。
オークションは日本独特の流通形態。
現在全国で17ないし18の業者が営業している。

売り上げは、ブリーダー(出品者)とペットショップ(落札者)の双方から集める2万~5万円程度の入会金、2万~5万円程度の年会費、一匹あたりの落札金額の5~8%に相当する仲介手数料から成り立っている。

以上、◆ブリーダーが犬を殺す、ペットショップが猫を殺す国。 - NPO個人ケイ&リルこの世界のために 全日本動物愛護連合 アニマルポリス 動物愛護党◆より抜粋.
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/ac53e5c6baba082500bb612ef2e5d76d

以前に比べると、ペットの過剰な需要はなくなってきていると思いますが、認可を受けた業者以外立ち入れない場所なので内情はわかりません。
でも、犬達の流通元でありブリーダーやペットショップ業者の立ち入る場所。できれば、ここにも行政の指導が入って欲しいと思いました。命を物として扱う非道なペットショップやブリーダー業者が二度とこんな事件を起こせないよう厳しい指導を!

行政や愛護センターにはブリーダーやペットショップ業者等の認可を簡単ではなくし、大量生産で荒稼ぎをしないよう定期的な監視もお願いしたいです!

(続きます)

栃木県犬遺棄事件の犯人供述について②

ブリーダーやペットショップで売られる犬種に流行があること自体も、奇妙な事だと思いませんか?
動物はアクセサリーではなく大切な家族の一員なのに。(^^)

動物達にも、心があるんです。
嫌われたり捨てられたら悲しい…寒いよ、お腹がすいたよ、ここはどこ?みんな怖いって言ってる。私、死んじゃうの?って、思い感じる心が。
必要なくなったから殺処分センターに入れられ恐怖と悲しみの中、殺されてゆく動物達の気持ちを考えて欲しい。

行政は、命を大切にできないペットショップやブリーダー業者をなくし、動物愛護センターを譲渡専門のセンターに変えるべく、殺処分を減らす命のリレーを繋ぐ譲渡を推進する取り組みを、もっともっと考えて下さい。m(_ _)m

11月15日の犬達のSOSでマグナムエミさん・愛をまといたい美羽さん・アグネスさんの硝酸塩で駆除される鹿のコメントを読みました。


静岡県東伊豆町では、硝酸塩入り毒餌をエサ入れに入れ木の根元に固定し、エサを食べた鹿を毒殺する実験を行い鹿を殺すことができました。
静岡県ではこの方法で広範囲に鹿の駆除を行うそうです。

鹿といえば、11月8日ロサンゼルスで米アカデミー賞名誉賞を受賞した宮崎駿監督の もののけ姫 にでてくる鹿を連想します。映画公開の年に見たのでもうずいぶん前になりますが、森の神―シシ神が登場したシーンの美しさと迫力に感動したことをよく覚えています。日本人が昔から抱く鹿と鎮守の森のイメージを宮崎監督はすばらしい映像で表現されています。物語から日本人の繊細な感性と動物や自然に対する畏怖の念が伝わり海外でも大ヒットしたのかもしれません。テーマは<生きろ>、森(自然)と動物と人間の共存の道を追求するべきだというメッセージが込められた作品だと思います。はるか昔には大自然に従い生きてきた人間ですが、しだいに文明と科学の力を使い欲に溺れ自然を破壊し動物の命を奪い続けるようになります。人間達が森の神を殺そうと必死に戦い神をこの世から消し去ろうとしますが、それはまるで人間の心の中にある良心・道徳心・清い心を殺そう消し去ろうとしているかのようです。神とは人間の心の中にある真・善・美の象徴なのかもしれません。

世界中から世界遺産富士山へ来た多くの人達に、宮崎監督が感じた畏怖と畏敬の念にあふれた日本の自然と動物たちの姿を見てほしいと思っています。それは無垢な鹿たちが毒餌によって無差別に殺されている姿ではなく、静岡県職員さん達に大事に守られている鹿達の姿のことです。人間の都合で簡単に残酷に奪われてよい命はないと思います。現在の科学技術は進歩しています。世の中には頭の良い人はたくさんいます。インターネットで世界中の人と情報交換もできます。静岡県職員さん達だけで考えるのではなく、たくさんの人と共に鹿の命を大切に考えながら森を守る方法を見つけることができると思います。森の木を守るために鹿を虐殺、ではあまりにも短絡的で幼稚で野蛮で愚かな行為としか言えません。資源のない日本は知恵を出し合って問題を解決していくべきです。それはきっと日本の技術となって世界から認められると思います。知的でクールな方法で日本の森を守っていきたいですね。

東京のさっちゃんファミリーさん、アグネスさんへ

こんばんは(*^_^*)
東京のさっちゃんファミリーさん、キャットフードをたくさん送ってくださりありがとうございましたm(__)m
今日、ミーママさんのダンススクールに届きました(*^_^*)
野良ちゃん達に届けさせていただきますね。
いつもありがとうございますm(__)m

アグネスさんへ
病気で弱っている子猫達を保護して、看病してくださりありがとうございますm(__)m
アグネスさん家の玄関に段ボールに入れて置かれていたはっちゃんも無事避妊手術も終わり、よかったですね(*^_^*)
甘えん坊はっちゃん、可愛いですね(*^_^*)
はっちゃんに、優しい里親さんが見つかりますように。
そして、瀕死の状態だった子猫ちゃんも助けてくださりありがとうございましたm(__)m
元気がでる名前を…と子供さんと一緒に考えてくださったんですね。
福まるちゃんの目が早くよくなりますように…。
福まるちゃんが幸せになりますように…。

アグネスさん、いつも猫ちゃんたちに手をさしのべてくださりありがとうございますm(__)m

今日、ミーママさんから子猫の治療費など大変だから、ミーママダンススクールのカンパ貯金箱から1万円をアグネスに送ってあげてね。との事でしたので、明日、現金書留で送らせていただきます。

ミーママダンススクールの皆様、いつもあたたかいお気持ちをありがとうございますm(__)m

福まるくん、重たくなっていました&ありがとうございます

こんばんは、アグネスです。

猫ちゃんママさん、ミーママダンススクールのカンパ貯金箱から子猫の病院代を送って下さるとの連絡をありがとうございます。

ミーママさん、ミーママダンススクールの皆さん、いつもワンちゃんや猫ちゃん達のために、心のこもったカンパをありがとうございます。
たくさんの温かい気持ちのおかげで、救われたワンちゃん、猫ちゃんに代わりお礼を言わせていただきます。

一人ではできることも小さいけれど、たくさんの人の気持ちが集まると、多くの命を救うことが出来るのですね。すごいです。

はっちゃんは、母猫を知らず哺乳瓶で育ったから、眠たくなると、私や子供達の指を吸いに来ます。

「お母さんのおっぱいを吸ってるつもりなのかな~」
よだれだらけになった指を見ながらも、うれしそうな子供達です(^O^)

はっちゃんの里親募集のポスター作りは、娘が写真を切ったり、シールを貼ったりして作成しました。
先日のロンさんの里親募集のポスター作りの様子が書いてあるコメントを読んで、
「かわいいポスターを作りたい」と思ったようです。ロンさん、ありがとうございます。

福ちゃんを病院に連れて行くときは、下の息子がキャリーバッグを用意してくれます。
今通院している動物病院にも、はっちゃんのポスターを貼らせていただきました。

保護した時は、ぺったんこの草加せんべいみたいだった、はっちゃんですが、今は食欲もありご飯の後などは、大福もちみたいです。
今日、動物病院で測ったら1キロを越していました。保護当時300グラムしかなかったので、しっかり成長しているんだなあと嬉しくなりました。

はっちゃんのさんま事件や、福まるの看病の様子など、またコメントさせていただきたいと思います。

寒い季節にホームレスわんちゃんや猫ちゃんが、雨風をしのげる場所で休むことができますように。

ありがとうございました。

こんばんは、アグネスです。
今日の午後、ミーママダンススクールの皆さんからの温かい気持ちの入ったカンパの現金書留が届きました。

福まる君の目の治療代として、ありがたく使わせていただきたいと思います。

ミーママさん、ミーママダンススクールの皆さん
本当にありがとうございました。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR