犬達のSOS☆悪質ペットショップ業者・ブリーダーの認可をしているのは、【私達だって(><。)。。殺処分したくない(ΘoΘ;)】 と嘘泣き?しながら毒ガスボタンを押す、各都道府県の動物愛護(管理/指導)センター、保健所の犬猫殺処分公務員達!2014年11月19日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10
*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位
 2013/07/25~2014/11/19
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8〜19)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位
 2014/05/15~10/26
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24・10/27~11/19)


063.jpg

2014/11/16 ミーママさんコメントです
ミーママです。みんなお疲れさん(*^_^*)

みのりちゃんも、昨日は電光石火で新たに記事を1個作ってくれて2日前、寝てなかったロンちゃんに、かかる負担を代わってくれてありがとう(*^▽^*)
さかなとみしんさん、ピシッと分かりやすく完璧な内容で、頭が良いのが良く分かり、まるで教授のようですね(*^_^*)

みんなが、それぞれ調べて書いてくれた、相次ぐ小型犬達の遺棄のニュースですが、エミちゃんのコメントも感想も、いつになく(笑)最後まで文章がしっかりして(笑)ずいぶんお利口さんになったわ~と思いましたよ(*^▽^*)
ただ、次のエミちゃんのコメントの、ブリーダーやペットショップの認可については、今まで調べた事と合わせて、文を組み立てることが出来ていなく、
「あら(*^_^*)いつものエミちゃんだわ。
何かが抜けているわ(*^▽^*)」
でもエミちゃん達、よく難しい内容を詳しく調べてくれましたね。
ナデナデ(*^_^*)

エミちゃん、以下を文の最初の方に挟めば、なかなかの読みごたえのある文に変身しますよ
↓↓ 
《閲覧の皆様、
この犬猫達の【命】をお金で売り買いした上に、売れ残れば餓死させたり捨てたり、殺処分を繰り返してきた悪質なペットショップや、ブリーダーを認可しているのはどこのお役所の、誰がしているのかご存知ですか?
今まで、何度もこのブログで取り上げてきましたが、
【私達だって(><。)。。殺処分したくない。 殺処分を減らしたいんです(ΘoΘ;) ←(発言者・愛媛県動物愛護センター前任、ベテラン木村琴葉獣医は、ミーママの問い合わせに対して、
ある時は
「私だって辛いんです」
と泣き真似をされ、
ある時は、
「これから殺処分のスイッチを押します」
と冷静に淡々と答えられ
ある時は、
4年も殺処分業務に携わるベテラン公務員獣医さんでありながら、殺処分数の問い合わせ電話に新人のふりをして、
「私は新人だから今日の殺処分数を知らないんですよ」
「私だって辛いんです」
と泣き真似をされてみたり・・・。
『その声は、木村さんですね』
と聞いてみると
「え?え?え~?」
とあわてて、あっさり4年のベテランの木村女史だと認められたり、嘘泣きや演技が得意な公務員獣医さんです) 】
と言いながら、殺処分とペットショップとブリーダーの認可を、毎年新たにし続けている、各都道府県の動物愛護センター(動物管理/指導センター《保健所》)なのです。

今までの、各動物愛護センターへメンバー達がした問い合わせに(--;)、
殺処分依頼された犬猫ちゃんを引き取り、殺処分ボタンを押し続けてきた、各動物愛護センターの公務員獣医さんや職員さんは、
【書類さえ形式が整っていれば、認可します(ΘoΘ;)
認可した後は、自分達も忙しいからその後の訪問や、確認調査をしていません。
あ、いや…ペットショップは家族と通りかかり入ったことが…ケージは小さかったですが…
幼い犬猫を母親や兄弟と引き離し、1匹ずつで小さなケージにいれるのは、虐待ではないか?
と言われても…
え?海外は兄弟や母親と大きなケージに入れて売っている?
…知りませんでした(ΘoΘ;)
でも、そこまでペット業者に言う権限は…我々は認可するだけで、ありませんから…】
の回答ばかり。

「私達も、殺処分を減らすために頑張っています!(^_^;)」
と職員さん達に、役所マニュアルを立派そうに言われて、一般の愛護市民さん達は騙されていますが、そこで「はい!職員さん達も頑張られてるんですね(^O^)
よろしくお願いします!」
とお礼を言い終わりでなく、一番の矛盾点をつくと↓
 
【遺棄や餓死させられたり、殺処分依頼される犬猫を増やしてしまうペット業者を何故、殺処分側のあなた達公務員獣医さん達が、次々認可するのですか?
簡単に認可した後の、立入検査を毎年しているのですか?】
の質問直後、爽やかだったはずの職員さん達の声が、急に小さく低くなり狡そうな声や、感情があまり無い声に変わります(・・;)

実際は、人間の都合で殺処分される、犬猫の命を救ってあげよう!とは思っていない、安定収入だけを求めて公務員になった、捕獲や殺処分獣医さん達の裏が見え隠れします》

こう加えて、長くなるけど文の始めに差し込めば、後の調べが生かされますよ(*^_^*)

さて、コロワンちゃんも総合公園にパトロールに行ってくれたんですね(*^_^*)v
総合公園に詳しい美和ちゃんが、すぐ気がついて返信してくれていますね。
ありがとう(*^_^*)
コロワンちゃんが 管理人と思ったバイクの、ジロリと睨むオジサンの?説明も文中に足してあげ、
あれは管理人ではなく~~なのです。
と追加してあげれば、ピタリとキャッチボール完成よ(*^_^*)

あと、手が空いた人は美和ちゃんのコメントが、②になってボタンを押さないと表示されないから、コメントを次の記事に移動してね。

アグネスが、最近(笑)すごく冴えてCOOLで安心してまかせられます(*^_^*)
アグネス、今日は子供達と、大阪のよさこい踊りを楽しんで、美味しい晩御飯を家族で作ってくださいね(*^▽^*)
のんちゃんも、真夜中に記事題案を、考えてくれたり調査文を書いてくれたり、今日は暖かいから、まだ小さすぎる子供達とお外でいっぱい遊んであげてね。
では、私もスクールが忙しいからこれで(*^_^*)

064.jpg

2014/11/16 マグナムエミさんコメントです。
★改訂版★ブリーダーやペットショップの認可について

《閲覧の皆様、
この犬猫達の【命】をお金で売り買いした上に、売れ残れば餓死させたり捨てたり、殺処分を繰り返してきた悪質なペットショップや、ブリーダーを認可しているのはどこのお役所の、誰がしているのかご存知ですか?

今まで、何度もこのブログで取り上げてきましたが、
【私達だって(><。)。。殺処分したくない。 殺処分を減らしたいんです(ΘoΘ;)←(発言者・愛媛県動物愛護センター前任、ベテラン木村琴葉獣医は、ミーママの問い合わせに対して、
ある時は
「私だって辛いんです」
と泣き真似をされ、
ある時は、
「これから殺処分のスイッチを押します」
と冷静に淡々と答えられ
ある時は、
4年も殺処分業務に携わるベテラン公務員獣医さんでありながら、殺処分数の問い合わせ電話に新人のふりをして、
「私は新人だから今日の殺処分数を知らないんですよ」「私だって辛いんです」
と泣き真似をされてみたり・・・。
『その声は、木村さんですね』
と聞いてみると
「え?え?え~?」
とあわてて、あっさり4年のベテランの木村女史だと認められたり、嘘泣きや演技が得意な公務員獣医さんです)】 
と言いながら、殺処分とペットショップとブリーダーの認可を、毎年新たにし続けているのが、
各都道府県の動物愛護センター(動物管理/指導センター《保健所》)なのです。

今までの、各動物愛護センターへメンバー達がした問い合わせに(--;)、
殺処分依頼された犬猫ちゃんを引き取り、殺処分ボタンを押し続けてきた、各動物愛護センターの公務員獣医さんや職員さんは、
【書類さえ形式が整っていれば、認可します(ΘoΘ;)
認可した後は、自分達も忙しいからその後の訪問や、確認調査をしていません。
あ、いや…ペットショップは家族と通りかかり入ったことが…ケージは小さかったですが…
幼い犬猫を母親や兄弟と引き離し、1匹ずつで小さなケージにいれるのは、虐待ではないか?
と言われても…
え?海外は兄弟や母親と大きなケージに入れて売っている?
…知りませんでした(ΘoΘ;)
でも、そこまでペット業者に言う権限は…我々は認可するだけで、ありませんから…】
の回答ばかり。

「私達も、殺処分を減らすために頑張っています!(^_^;)」
と職員さん達に、役所マニュアルを立派そうに言われて、一般の愛護市民さん達は騙されていますが、そこで「はい!職員さん達も頑張られてるんですね(^O^)
よろしくお願いします!」
とお礼を言い終わりでなく、一番の矛盾点をつくと↓

【遺棄や餓死させられたり、殺処分依頼される犬猫を増やしてしまうペット業者を何故、殺処分側のあなた達公務員獣医さん達が、次々認可するのですか?
簡単に認可した後の、立入検査を毎年しているのですか?】
の質問直後、爽やかだったはずの職員さん達の声が、急に小さく低くなり狡そうな声や、感情があまり無い声に変わります(・・;)

実際は、人間の都合で殺処分される、犬猫の命を救ってあげよう!とは思っていない、安定収入だけを求めて公務員になった、捕獲や殺処分獣医さん達の裏が見え隠れします》

065.jpg

そこで、、、栃木の犬遺棄事件の知らせや問い合わせ・皆さんの調べものなどから、ブリーダーやペットショップ開設の認可とはなんだろうと思い、調べてみました。
(重複していたらごめんなさい。)
↓↓↓
環境省ホームページ
www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/trader.html

 第一種動物取扱業を営む者は、事業所・業種ごとに都道府県知事または政令市の長の登録を受けなければなりません。また、動物の管理の方法や飼養施設の規模や構造などの基準を守ることが義務づけられています。

 第一種動物取扱業者は命あるものである動物を扱うプロとして、より適正な取り扱いが求められます。

★第一種動物取扱業とは
第一種動物取扱業とは、社会性をもって、一定以上の頻度又は取扱量で、業を営む行為のことを指し、「 販売 」「 保管 」「 貸出し 」「 訓練 」「 展示 」「競りあっせん」「譲受飼養」の7業種が対象となります。

ブリーダーやペットショップは、
【販売】にあたります。

~~~規制を受ける業種~~~
 業として、動物*の販売、保管、貸出し、訓練、展示、競りあっせん、譲受飼養を営利目的で行う場合は、営業を始めるに当たって登録をしなくてはなりません。代理販売やペットシッター、出張訓練などのように、動物または飼養施設がない場合も、規制の対象になります。

 また、第一種動物取扱業者のうち、犬又は猫の販売や販売のための繁殖を行う者については、「犬猫等販売業者」として犬猫健康安全計画の策定とその遵守、獣医師との連携の確保など追加の義務が課せられています。

★業種 業の内容 該当する業者の例
販売 動物の小売り及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖または輸出入を行う業 (その取り次ぎまたは代理を含みます) 【一部抜粋】

●小売業者
●卸売業者
●販売目的の繁殖または輸入を行う者

動物取扱業は、動物取扱責任者*の配置が必要
動物取扱責任者とは
専属の常勤職員のうち、業務を適正に営むために必要な知識や技術に関し、一定の資格要件を満たした者です。

立入検査・罰則など
 必要に応じて都道府県等の動物愛護担当者が立入検査を行い、守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理や施設が不適切と認められる場合などには、都道府県知事や政令市の長が改善の勧告や命令を行います。
悪質な業者には、登録の取り消しや業務停止命令が行われることがあります。

登録せずに営業した場合や改善命令や業務停止命令に従わなかった場合は、100万円以下の罰金に処せられます。
また、登録内容の変更を届け出なかったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金に処せられます。

★動物愛護管理法の中で、動物取扱業の登録が必須となり、厳しい規制が取り込まれています。

法改正前、販売を目的とした繁殖業者=ブリーダーやペットショップ開設をした人たちは、動物取扱業の登録義務や動物取扱いに対する罰則など知らないまま、繁殖や商売を繰り返しているのでしょうね、、、(あくまで私の見解です。)

そんな法をかいくぐった一部の人間が、今回、犬を遺棄したり飼育放棄し捨てたりしているのかもしれません。

なぜなら、法改正後に保健所や愛護センターなどで認可されたブリーダーやペットショップは、動物取扱業の登録や動物取扱責任者を配置しないといけないわけですから。

それをしないと、動物取扱業の登録取り消しや業務停止命令・罰則が降りかかってきます。

動物虐待や動物の殺処分が日常的のよう
に行われているこの日本で、このような事件が起きることは予想できていたのかもしれません。なにせ中途半端な法律なので、本当に名前の通り、動物愛護とは言えません。

これから国や自治体、警察などはどのような対策をとり、問題を解決していくのか、または法律を変えていくのでしょうか。

動向を注視していきたいと思います。(* ̄ー ̄)

ミーママさんとの合作になりました!
アドバイスをありがとうございましたm(__)m

20141115202622c5f.jpg 
 
2014/11/18 愛をまといたい美和さんコメントです
一連の犬遺棄事件について【環境省動物愛護管理室】に問い合わせしました☆

皆さん、お疲れさまです☆
一連の犬遺棄事件について、【環境省動物愛護管理室】に11月17日(11:27)、問い合わせしました。

対応は女性職員のカワナミさん。(名前をおっしゃいませんでした。最後に確認しました。)
名前を名乗り挨拶を済ませて、質問に入りました。

(私)
連日、同一種の小型犬遺棄事件がマスコミで取り上げられていて、その数は少なくとも6県で230匹にも上るようですが、ご存知でしょうか?

(カワナミさん)
はい、もちろんです。

(私)
昨年9月に動物愛護管理法が改正され、行政がペット業者からの引き取りを拒否できるようになったことで、悪質な業者が繁殖に使えなくなったり、売り物にならなくなった犬たちを人目につきにくい山中などに遺棄しているものと思われます(*_*)
そのことについて、どう思われますか?

(カワナミさん)
まだちょっと、どこがやったというのはわかってないので、その部分に関して限定するのはできないんですけど…。
これまで行政に犬を持ち込まれた場合、拒否できなかったわけですよね。繁殖に適さなくなったとされる動物を引き取って殺処分していたという現状があるので。
ただ動物が持ち込まれたことによって、そこで命が助かっていたわけではないので…。

(私)
(@_@)捨ててもいいということですか?

(カワナミさん)
それを規制をしたということで…。(だんだん声が小さくなって聞き取れませんでした)
命を最後までみましょうという法律に変わったので、もしかしたらそれが(犬遺棄事件の)きっかけにはなったのかもしれないですけど、勘違いというか、すり替わるとこちらも困るというか…。

(私)
勘違いというのは、どういうことですか(・・?

(カワナミさん)
報道とかでは、行政が引き取っていたから、これまではなかったというふうに思われているかもしれないですけど、その先の動物たちは処分されてしまう現状があって、それを断ることによって業者に問題があるわけですよね。

(私)
でも業者の認可をしているのは、動物愛護センターや保健所ですよね。業者だけの問題ではないと思いますが?

(カワナミさん)
規制や立ち入りに関してとかは、もう少し今回の事件を受けて強化されるものだと思うんですけども…。

(私)
もちろん悪質なペット業者にも責任がありますが、安易に認可をしている動物愛護センターや保健所にも責任がありますよね( ̄^ ̄)?

(カワナミさん)
それも一理あるかもしれませんね。

(私)
環境省さんのトップである望月環境大臣は一連の事件について、『速やかに検討して動物愛護管理法の適切な執行に向けて全力で取り組みたい』とマスコミに回答されていますが、具体的にどのような取り組みをされるのか教えて頂けますか?

(カワナミさん)
それはちょっと現段階では、まだわからないです。
(今はいろんな情報を収集している段階だそうです。)

(私)
事件がマスコミ等で報道されなくなり、世間の関心が薄くなって、このままうやむやにされていくということはないですか?

(カワナミさん)
それはないと思います。この事件があったことで、やはり何らかの対応をしなければならないというのが事実だと思いますので。ただそれがいつになるというのは、今は申し上げられないです。

(私)
先ほど、カワナミさんも困っているとおっしゃいましたが、昨年9月の動物愛護管理法改正前のように、ペット業者が繁殖に使えなくなったり、売れ残った犬猫をセンターや保健所に持ち込んだ場合、引き取らなければならないという対応に逆戻りすることはないですか?

(カワナミさん)
ないですね。こちらとしてはなるべく引き取り数を減らして、次の譲渡先とかに繋げていきたいという思いがありますので、何十匹も引き取って殺処分するということには、もうならない…。

(私)
今回の事件が社会問題にまで発展していますので、ドイツやイギリスなどの欧米のように、命の衝動買いを促進するような生体展示販売を禁止する方向で、法改正をして頂きたいのですが?

(カワナミさん)
そうですね。そういったことも一応検討の課題には…。

(私)
生後数ヶ月の子犬や子猫の生体展示販売は、『可愛い(^o^)』という気持ちだけで先のことを考えずに衝動買いして、後で『躾がちゃんとできなかった』『大きくなって飼えなくなった』などの理由で捨てられることも多いと思うんです(>_<)

(カワナミさん)
業者の方もそうですけども、飼われる方の認識というのも変えていかないといけないんです。簡単に飼えるものではないですよというのは、ずっと言い続けないといけないと思っています。

(私)
行政もこの問題を重く受け止め、ブリーダーやペット業者の認可基準を厳しく設定するとともに、認可後も頻繁に抜き打ちの立ち入り検査をし、悪質業者の摘発や認可取り消しなど、厳しく追跡調査するよう環境省さんの方から指導して頂けますか?

(カワナミさん)
…。(しばらく沈黙後)
はい。いろんな方面からのお話を頂いているので総合に判断して、次の法改正に向けて検討されると思います。

(私)
次の法改正はいつになるのですか?

(カワナミさん)
おおむね、あと4年後くらいになります。
(動物愛護管理法の改正は5年毎だそうです。)

(私)
異常事態で、早急な改善が必要だと思いますが、それまでに改正されることはないのですか?

(カワナミさん)
あるかもしれませんね。 そういう状況もあるので…それが早まる可能性もありますし、4年後までには何らか変わる可能性もあります。

(私)
あと、日本は動物取扱業の法規制を登録制にしていますが、動物に対する知識や愛情もあまりないまま、お金儲け主義に走っている業者が多いと思われます。
欧米(ドイツ、イギリス、スイス、アメリカなど)のように免許制に変えるよう検討して頂けますか?

(カワナミさん)
…はい。(声が小さくて聞き取れませんでした)

ありがとうございました(^o^)と、お礼を伝えて電話を切りました。

以上が問い合わせ内容です。

カワナミさんのお話を伺っていると、ペット業者の認可をしているのは、動物愛護センターや保健所などの行政であるにも関わらず、まるで(愛護センターや保健所が)被害者であるかのように業者や飼い主だけに責任転嫁していて、一連の犬遺棄事件を他人事と捉えているようにも感じました( ̄^ ̄)

昨年9月の動物愛護管理法改正の時点で、今回のような事件は容易に想定できたはずです( ̄^ ̄)
環境省は『検討します』という、その場しのぎの対応で済ませず、弱い立場の動物たちにこれ以上、シワ寄せのこないよう、建設的な解決策を真剣に話し合い、早急に対応して頂きたいと思います(  ̄▽ ̄)

☆追伸☆

ミーママさん、アグネスさん、美羽さん、愛をまといたいさん、可奈ママさん、コメント作成にあたり、いろいろときめ細やかなアドバイスを下さり、ありがとうございましたm(__)mo(^-^)o

14-9-25-047.jpg

2014/11/15 愛をまといたい美和さんコメントです
コロワンさん、松山総合公園のパトロールありがとうございますm(__)m

皆さん、こんばんは(*^_^*)
連日、遅くまでブログ活動ありがとうございますm(__)m
コロワンさん、猫虐待や虐殺が頻発する松山総合公園のパトロールをして下さり、ありがとうございましたm(__)m
今日は仕事で行けなかったので、とても助かりました(^o^)

コロワンさんが写メを送って下さった猫ちゃんは、いつも低音ハスキーボイスで派手に鳴きながら登場するので、『シ~ッそんな声で鳴いてたら、意地悪なオジサンたちに蹴られたり、石を投げられるよ(*_*)』と言い聞かせているのですが…やっぱり派手に登場しましたか(;^_^A

パトロールバイクや軽箱バンに乗ったゴミ回収の余剰職員たちは、とても暇そうに排気ガスを撒き散らしながら、猫にご飯をあげている人がいないか目を光らせています( ̄^ ̄)

そして松山総合公園管理事務所の猫嫌いの前田主任をはじめとする一部職員たちは、散歩にやってくる意地悪な猫虐待をする市民たち(60代後半のオジサンや夫婦)と仲良く連携をとっています( ̄^ ̄)

園内に表向きだけ誤魔化すように、税金でドッグランができて半年以上になりますが、いまだに『犬を入れないで』の矛盾した看板が大量に設置されたままです。

そして猫虐待や虐殺をあおる『猫に餌をやらないで』の看板も相変わらず威圧的にそびえたっています。

当分、ブログで松山総合公園のことが取り上げられていないので、コソコソと不穏な動きがないか目を光らせておかないといけませんね(  ̄▽ ̄)

日ごとに寒さが増してきて、ホームレス猫ちゃん、犬ちゃんたちには、長く厳しい冬がやってきますが、どうか温かい寝床や栄養のつく食べ物がありますように☆

20141003223636491.jpg 
【イラスト:もぐちゃん作

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。 

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

我が家の犬が鎖を切って逃走。
3か月になります。
9月に、似た犬がいたので、松山の愛護センターまで見に行きましたが、違っていました。
そして、また、似てる子がいるので、見に行ってみる予定です。
前回行った時、責任者さんなのか、香川からも、この施設を見学に来たとの事。
違ってたあの子は、安楽死してしまったのかと思うと、可哀そうです。
ブログを読ませていただきましたが、想像したら、凄く惨いですね。
毒矢とか、致死量の睡眠薬とか信じられません。
8月に鎖を切って出てしまった子は、今頃どうしてるのかと、凄く心配です。
いつ帰ってきてもいいように、犬小屋も、きれいにして待っています。
3月にも、小さな命が病気で消えてしまった時だったので、凄くさみしいです。
香川から、西条までは、考えにくいのですが、わずかな望みで、確認に行ってきます。
でも、あの穏やかそうな愛護センターで、そんな事が行われていたなんて、時間を元に戻して、生き返らせてあげたいです。

ゆきさんへ

コメント投稿ありがとうございます。
ワンちゃんが、いなくなってしまったとの事。
大変ご心配ですね。

愛媛県東温市では、このSOSのブログが立ち上がり告発されるまでは、得居格公務員獣医や東温市役所環境課近藤大作課長達による致死量睡眠薬餌で、とても多くの犬達が、口から泡を吐き殺されていました。
3年前SOSの告発によって、今では毒矢、致死量の睡眠薬を使った捕獲は中止になっています。

私もブログを始めるまでは、すべてが半信半疑な気持ちがありましたが、実際に自分達で調査し問合せをしていくうちに、犬猫を取り巻く恐ろしい闇や、悲惨な現状を知りました。

ゆきさん、
《違ってたあの子は、安楽死してしまったのかと思うと、可哀そうです。》
と書いてありましたが、
愛媛県動物愛護センターでは安楽死は行っていないのです。
多くの人はまだ愛護と名のついた、殺処分センターの中身を知らないと思います。

犬猫たちはガス室にいれられ、二酸化炭素中毒で殺されます。20分前後もがき苦しみながらの窒息死です。アメリカでは現場を見た議員さんが動物虐待だと言って、即中止にしたほどの残虐な方法です。

愛媛県動物愛護センターの職員が言っていました。
『殺処分前に職員が犬達の部屋に入ると、野良犬は後ずさりをし、飼い犬は嬉しそうにシッポを振って寄ってくる』
と。
人間に飼われた子は、次に自分たちの身にそんな恐ろしい事が起こるなんて、わからないまま、毒ガス室で苦しみもがきながら、死んでいきます。

ワンちゃんを探されているゆきさんにとってきつい話になって、ごめんなさい。
でも日本中の愛護センターへ送られた犬達の惨い現状を知って頂きたくて、あえて書きました。

私たちは、動物の殺処分0、虐待0をめざし、自分たちで調査、問い合わせしたものをブログ記事にしています。
これまでのたくさんの記事がありますので、少しずつでも読んで頂けたら、うれしいです。

ゆきさんのワンちゃんが、優しい人に出会って保護してもらったり、ご飯をもらって元気でいますように・・・。
みつかりますように・・・。

ゆきさんへ

初めまして、アグネスです。
ゆきさんのお宅で飼われていたワンちゃんが、逃走して3か月。
朝晩の冷え込みも厳しくなってきましたから、安否が気になりますね。
犬は日本では60年以上前に撲滅したのに、狂犬病予防法があるために、野良犬、迷い犬がいたら公務員が捕獲に向かいます。
そして、人間の都合で決められた3日~7日経つと殺処分されてしまいます。おかしな法律ですね。

一週間なんて、探していたらあっという間に過ぎてしまいます。
無表情に毒ガス室のボタンを押す、動物愛護センターの職員は、もしかしたらまだ飼い主さんが探しているかもしれない。とか新しい里親さんのもとで幸せに暮らして欲しい。とは思わないのか不思議です。

私はブログを始めるまで、保健所は犬や猫を殺すところで、動物愛護センターは譲渡会をしたり、けがをしている犬や猫の治療をする、いわゆる「愛護」大切にするところだと思っていました。
うちの子供達もそうです。殺処分をするところだとは夢にも思っていなかったようです。

SOSブログを始めるきっかけになった、愛媛県東温市の公務員による致死量睡眠薬入りの毒餌による野良犬、捨て犬殺害や、毒の吹き矢を使っての捕獲方法も、聞いたときは耳を疑いました。
サスペンスドラマよりも恐ろしいと思いました。
SOSブログで告発されたことにより、睡眠薬入りの毒餌使用による捕獲(殺害)はされなくなりました。

先日、ある高速のパーキングで、野良らしきワンちゃんが2匹じゃれあっているのを見かけました。
パーキングに立ち寄るお客さんにご飯でも貰っているのか、とても元気そうでした。
ゆきさんのコメントを読んで、いなくなったワンちゃんもこのパーキングのワンちゃん達の様に、優しい人からごはんをもらいながら、ゆきさんに会える日まで元気でいて欲しい。生きていてほしいと思いました。
家に迷い込んできた犬を、飼い主さんを探したけど見つからなかったからそのまま預かっている。という話を聞くこともありますから、、今度会いに行くワンちゃんがゆきさんの探しているワンちゃんでなかったとしてもお気を落とされませんように。
そして、いなくなったワンちゃんとゆきさんが、再会できる日が来ますように。

今夜はセラピスト隊の猫ちゃんたちと並んでのお散歩でした。

こんばんは。

巾着袋片手にいつものコースに到着すると植木の繁みから、猫ちゃん数匹が飛び出してお出迎え。
そこから、餌場までの短いコースですが、
私の横に並びながら前になり後ろになりのお散歩の風景に
観光客らしき若者から声がかかりました。

猫たちのお散歩だよ
可愛いな〜
お姉さん(???)の猫ちゃん達?と。

『いえいえ、この猫さんたちから癒しを受けに来させていただいている者です。』
と、お返事は笑顔でお返ししました。

この「癒しの空間」での、お代は毎夜、少しのフード。
そして私は今日もたっぷりの「ほっこり」をいただいて、家路につくのです。


皆様、いつもいつもお疲れ様です。
そして、拙い私のコメントへのわざわざのお返事もありがとうございます。
ただごはんを食べるだけのことさえできにくい野良ちゃんたちがゆっくり美味しそうにごはん食べられる社会になれるといいなと思います。

栃木県、犬遺棄事件の犯人の供述について

皆さん、お疲れさまです。m(_ _)m
栃木県の犬遺棄事件について、犯人の新しい供述を連絡します。
2014.11.23のニュースです。

記事URL
http://www.sankei.com/premium/news/141123/prm1411230014-n1.html?

こちらについて感想をと思いましたが、間引き業など少し調べたい事があります。
まずは報告まで。

ご無沙汰しています。

お元気ですか?日々のニュースで、動物の命を粗末に扱う悪徳な人間、まだまだ、、いてる、、繁殖業者、、国会で、遺棄者や虐待者を、徹底的に処罰し、顔や住所を公開し、オリにぶっ込める法案を、、作ってほしいです。

犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR