犬達のSOS☆鹿を発ガン性の毒餌で殺している、静岡県農林技術研究所森林育成科の大場孝裕さん、石川さん達は人や土壌に害は出ないと言い切るわりには地域住民に説明もせず、もしもの時は責任は自分で取らないとのこと④2014年12月30日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10
*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~2014/11/30・12/2~12/19・22~25・27~30
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8〜19・12/1・20・21・26)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位 2014-5-15~10-26・12-16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24・10/27~12/15・12/27~30)


イラスト (2)  


2014/12/29 愛をまといたい高知の可奈ママさんコメントです。
静岡県【鹿殺し隊】さん達へのミッション遂行報告です( ̄0 ̄)〃

皆さん、連日連夜☆お疲れさまですm(__)m☆☆
ミーママさんからの問い合わせミッションの一部を可奈ママいつものイノシシ突撃?してみたがよ( ̄0 ̄)//
(ちょっと?的はずれやったら(^^;ごめんなさぁ~い(≧∇≦)☆☆☆)
遅くなったけど、ご報告させて頂きますねm(__)m☆☆

《12月24日(水)15時35分》
【経済産業部・林業振興課(直通電話番号=054―221―2612)】
対応は、愛をまといたいさんの問い合わせの時と同じく
テラダ氏(男性職員)やったがよ(^-^;

挨拶を交わしてから
硝酸塩を使って毒エサを作って鹿を苦しませながら殺しちゅう[森林・林業研究センター]の業務を聞いたっちゃ( ̄* ̄)
『[森林・林業に関する研究]をしている所です。』
って言うたき。。。
『えっ( ; ゜Д゜)??森林林業の研究をしている所?何で毒エサの研究をして、鹿を毒殺するがです?』
って、お馬鹿な可奈ママ(^^;ストレートに質問したがよ(>_<)

(テラダ氏)
『なるほど。う~んとね…う~ん(-_-;)…えっと、入り口の所からちょっとお話しさせて頂きたいんですけど。。。』
って言うて、丁寧に長々説明してくれたけど、出勤時間が迫っちょったき、単刀直入に( ̄^ ̄)

(私)
『私は、どうして鹿を苦しめ毒餌で窒息死さすことしか考えないのか?聞きたいので、センターさんが毒エサを作るにあたっての担当課に代わって頂いていいです?』

(テラダ氏)
『先日お電話頂いた方ですか?内容を記録してセンターの方には一応報告しようとは思ってたんですけど。。。』
『私がお話しを聞いて、お伝えしましょうか?(担当課に)』
『センターは研究をする所で県庁業務じゃないんで。(職員は公務員)』
『折り返しお電話いたします。』
等と言うて、なかなか代わってもらえんかったがよ(´д`|||)

20140910215448af6.jpg 

愛をまといたいさんが研究センターの事で問い合わせをした時には、テラダさんが対応しちょったのに?今日は管轄が違う??それに何で毒エサ担当課に繋いでもらえんがやろぉ~(@_@;)??と気になりながらも、
『担当課に代わって頂けませんか?』
って、もうひと押しするとやっと
【自然保護課(直通電話番号=054―221―3332)】
に代わってくれたっちゃ(*´ω`*)
対応は、ちょっと早口なイトウ氏(男性職員)

『林業センターは(森林・林業研究センター)生息状況とか、どういうふうにしていったら本来増えすぎた鹿の数を上手くいい適正な数字に持っていけるかとか、生態とか、技術的な部分の研究をしている所…』
ってイトウ氏が教えてくれたき、
『いい適正な数字って何頭です?』
と聞いたら
『ちょっとお待ち下さいね』
って言うて、事務的にゆっくり落ち着いて話すオオノ氏(男性職員)に代わったがよ(@_@;)

20140910215451d4b.jpg 

オオノ氏によると、
*静岡県内では4千頭~8千頭が適正な鹿の頭数で、現在4万6千頭くらいいる。
*鹿を殺すための毒エサは研究途中。毒エサは試験的に使っている。一般的には使っていない。
って事やったがよ(@_@;)

(私)
『毒エサをいつから使ってるんです?』

(オオノ氏)
小声で『使っているのかなぁ…えぇ~と……』
って言うた後、
『いつから置いたとか細かい研究の中身までは…こちらでは…あれですけども……』
資料を見てくれよったみたいで、紙をベラペラめくる音が続きよった。。。

(私)
『試験的にでも、危険な毒エサを置くのに許可はいらんがです?』

(オオノ氏)
『硝酸塩の関係の捕獲の許可は、こちらで(自然保護課)出してまして、去年だけ出してます。今年は出していないです。』
硝酸塩を使って毒エサを、試験的にでも使用するには県知事の許可がいるそうです!

(私)
『今年は許可を出していないのなら、まだ毒エサは置いてないんですか?』

(オオノ氏)
『はい。出していません。』
ってキッパリ言うちょった(─ω☆)

毒エサで死んだ鹿の頭数とか詳しい研究内容については分からんそうです。
このオオノ氏、毒エサで苦しませながら鹿を殺す事を【捕獲】って言うがよ(@_@;)
『毒エサで殺しているのに【捕獲】って表現はおかしくないですか?』
って聞くと、オオノ氏も
『そうですね』
と言っうちょった。
辞書にも
《捕獲とは、動物などを捕らえること。いけどること。「鹿を―する」》
って書いちゅうき( ̄^ ̄)!

頭数調整に、硝酸塩入り毒エサ以外の方法はないのか等、
『詳しいことは分からない』と繰り返す、鹿殺し担当課のオオノ氏にも問い合わせのお礼を言うて電話を切りました(^.^)

20140623203929d2c.jpg 
けんど( ̄^ ̄)!
静岡県庁自然保護課のオオノ氏が教えてくれた、
【今年は毒エサを置く許可を出していない】という点が引っかかり、
猪走行の可奈ママ(´д`|||)出勤時間が気になりながらも、次に

同日《16時02分》
【静岡県森林・林業研究センター】(053―583―3121)
に電話したがよε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

対応してくれたのは大場氏でした!!(゜ロ゜ノ)ノ
まさか硝酸塩入り毒エサ発案者が電話に出るとは全然考えてなかったき、少し焦りました(>_<")
っが( ̄^ ̄)!
すぐに、《チャンス!》と頭が切り替わり☆挨拶を済ませインタビューに入りました( ̄0 ̄)/

201406232039274bc.jpg 

硝酸塩を使うて毒エサを作り、鹿の頭数調整をしちゅう事について大場氏は
*硝酸を使って鹿の頭数を減らす研究をしている。
*研究用に実際捕獲に毒エサを使っている。
【現在も。今年も使っている】
って話しやったき、

(私)
頭数調整のために、同じお金を使うなら、毒エサを作るより避妊など、他の方法はできませんか?

(大場氏)
『捕獲しないと鹿の数はドンドン増え続ける。』

(この、捕獲とは【鹿を殺す事】だそうです。)
辞書には[殺す]とは書いてなく、生きたまま捕まえる(いけどる)って書いちゅう事を大場氏にも伝えたけど、

(大場氏)
『捕獲とは【殺傷】が含まれています。』
(。>д<)

20140623205926450.jpg 

次に
(私)
『鹿を殺さなくても避妊をして頭数調整ができるのではないですか?』

(大場氏)
『野生動物にそういう行為をする事自体がどうか?という問題が先ず一つあります。』

(私)
『《どうか?》とはどういう事です?』

(大場氏)
『野生動物っていうのは、子供を産んで主として命を繋げていく事のために生きていますから、それを野生動物から奪う行為が倫理的にどうかという議論です。』

(私)
『倫理的にどうかって?!命を奪う方がどうか?じゃないです?』

(大場氏)
『子供が産めない状態で野生動物を生きながらえさせる事がいいかという議論もあるんですけど。
生態系への今の日本鹿の影響、植物が減ってしまって、植物を利用している他の動物や鳥や昆虫といったものへの悪影響まで出ている中で鹿を殺して減らす必要があると思っています。』

大場氏は避妊や去勢は、鹿の生態系を崩すだけではなく、一頭一頭捕まえる事は無理な事で、出来ないって言い張るっちゃ( ̄^ ̄)≡3≡3
鹿は最近になって一気に増えたのではなくって徐々に増えていった話しになったがよ。。。

(私)
『もっと早くに策はなかったのですか?』

(大場氏)
『あったと思います。ただそれが出来なかった。』

(私)
『人間の都合で出来なかったのに、殺すしかないんですか?』

(大場氏)
『はい。もっと早くに数の管理をしていれば、今殺さなくてはいけない鹿の数はもっと少なくてすんだはずです。それも(前にできる方法も)捕獲だと思います。殺さなくていいという事にはならないと思います。』
頑なに『鹿を殺す必要がある』
って言う大場氏は更に。。。( ̄^ ̄)
(大場氏)
『環境省も、これから10年間のスパンで鹿を相当数捕って減らしていかなければいけないと…国の政策としても明確に指命されています。捕獲して、殺して数を減らしていく計画を実行するために猟友会の方とかにもご協力頂いて捕獲を進めている。』
って言うき、銃殺しながらもなおかつ硝酸塩入り毒エサを現在も置いている事の確認をしたがよ。そしたら。。。

(大場氏)
『今も置いています。』

(私)
『それは県の許可がいりますよね?』

(大場氏)
『いります。…(冷静に淡々と話しよった大場さん!ここでは少し動揺しちょった)あっ!そういう意味ですか(゜゜;)あの…えっと…今捕獲はやっていないです。』

(私)
『えっ?今年も置いた(毒エサを)って今仰いましたよね?』

(大場氏)
『やります。すいません。…えとぉ(-_-;)…今年もこれから申請をして許可を得てやる予定です(-""-;)…』
って、言う事が変わったっちゃっ(ーー;

2014062320412758e.jpg 

『硝酸塩は、確かに一部発ガン性に変わる物質が含まれています。』
と言いながらも、
『他の動物や人間への健康被害はないです( ̄^ ̄)
鹿にとっては毒ではあるが、他の生き物には毒ではない』と繰り返し言われちょった(@_@;)
大場氏は、硝酸塩入り毒エサを使って鹿を殺す事は止めないって言いよった(>_<)

これから10年もの長いスパンで鹿の頭数調整をするのであれば、毒エサを使い殺すのではなく、命を奪う事なく頭数調整ができるような素晴らしい研究をして頂きたいと嘆願すると、毒エサ以外の案として、
『後、オオカミを導入して捕食者を(鹿)食べてもらうとか……』
オオカミに鹿を食べさせる案があるって言うがです(>_<)!
どうしても殺す事しか考えていないようです。
もう一度、

(私)
『命を奪う方法ではなく、今ある命を奪わない方向で考えて頂きたいと思いますm(__)m今日は時間がないので、すみませんがこのへんでm(__)m』
と伝え、お礼を言うと

(大場氏)
『年始は私、お休み頂いていますから』
と、年始を避けて電話を下さいって言う、鹿殺し隊・毒エサ発案者【大場氏】との問い合わせは以上です( ̄ω ̄;)

大場氏は、コロワンさんの問い合わせで
『他にも、方法は獣医による捕獲や、罠など考えてはいます。』
と言うちょったけど、
この時の『捕獲』も殺す事なのでしょうか。。(〃_ _)σ∥
また私には、鹿の頭数調整は農作物や森林被害ではなく、【鹿の数を減らす事】が今は重要だと話しちょった(;>_<;)
毒エサは『今も置いています。』と言うたり、『これから許可を得て置く』と、言う事がコロコロ変わる┐('~`;)┌大場さん?どうか、今まで鹿を殺す方法しか考えていなかったみたいやけど、考え方をコロッと変えて(^-^)10年かけ、避妊などで鹿の命を奪わず頭数調整をするような研究をして頂きたいと切に願います(*^^*)☆☆

130129_1629~020001

2014/12/29 愛をまといたい美和さんコメントです。
【静岡県農林技術研究所・森林林業研究センター、森林育成科】への問い合わせミッション遂行( ̄^ ̄)ゞ!

皆さん、連日遅くまで、ブログ活動ありがとうございます☆
大変遅くなりましたが、ミーママさんからのミッション遂行すべく( ̄- ̄)ゞ
【静岡県農林技術研究所・森林林業研究センター、森林育成科】(053-583-3160)に問い合わせしました。
12月25日(9時57分)
カタイさん(男性職員)によると、
『詳しいことのわかる担当の大場が、一日出張で、石川は午後1時頃には帰ってくる予定』
とのことで、一旦、電話を切りました。

12月25日(14時03分)再度問い合わせました。
対応は男性職員の石川さん。
名前を名乗り、挨拶をすませて、質問に入りました。

(私)
石川さんは、森の中の貴重な植物を鹿に食べられてしまって、希少植物が減少したり、※富士の上の方で崖崩れが起こるレベルであることを危惧されているようですが、
そもそも山体崩壊は大きな噴火や地震で山の斜面などが一気に崩れる現象で、富士山のように急峻で形の綺麗な成層火山で起きやすいそうです。富士山が山体崩壊をおこす可能性は10年以上前から指摘されています。
石川さんは鹿のせいにしていましたが、大きく根本的に間違っているのではないですか?

★参考文献★
アーバンプレッパー
prepper.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

(石川さん)
私ね、富士山でと言っているつもりはなかったんです。山の上の方でというお話はしたと思います。
と、話を逸らされてしまいました(*_*)

☆12月4日に、のんさんが問い合わせた時に石川さんは
『ほっておくと富士の上の方で崖崩れが起こって、、、というレベルにある』と答えています。
※のんさんの問い合わせコメントURL
purin1378.blog.fc2.com/

また
『台風などで木が倒れた後に出てくる新しい芽を(鹿が)食べてしまって、倒れた木の周りに穴が空き、そのまま崩れていったりとか…』
と言われたので、

(私)
でも、全てが鹿のせいではないですよね。そもそも野生動物が棲めないように山を切り開いて破壊したのは、人間ですよね?
とたずねると

(石川さん)
(即答で)鹿のせいですね。山崩れの全てが鹿のせいではないですけどね。
戦後20年~30年くらいは、人間が山に入り、野生動物が棲めない環境にしていったのは事実なんですけど、その後、ほとんど人間が入らなくなったので、今は山の中の自然が凄く回復してるんですよ。

(私)
自然が回復しているのでしたら、鹿を駆除する必要は全くないですよね?
矛盾していますよ。
と言うと、

(石川さん)
(苦笑しながら)いやいや、そうではなくて回復に乗じて鹿も当然、増えるわけですよ。鹿を食べる動物がいなかったり、餌が沢山あると、無限に増えてくる動物なんです。
(人間が山を破壊したことで、オオカミなどの天敵が絶滅して鹿が増えたのでは?と聞いても)
鹿の最大の敵はオオカミではなくて、人間なので。人間が狩猟していて、ある程度コントロールしていたんですよ。
人間がある程度、鹿を捕るという努力をしていかないと、爆発的に増えてしまう。
と、鹿が原因と言われ、毒餌研究を正当化している様に感じました(>_<)

pa-w-01.jpg


(私)
だからといって、硝酸塩入り毒餌を撒くことで、鹿以外の反芻動物が中毒死したり、地下水に浸透して人間の飲み水に悪影響を及ぼさないとは限らないじゃないですか。

(石川さん)
いや、ないですよ。硝酸塩は自然界に存在していて、何もしていない状態でも硝酸塩が集まる場所の植物の硝酸塩濃度は凄く高くて、野生動物がそれを食べて中毒死してしまうという現状もあるんです。
それを局所的に起こしてやろうというのが、我々の研究なんです。

石川さんは
『鹿が増え過ぎて困っているので、鹿を駆除しなければならないというのが、大前提なんですよ』
と鹿を殺すことしか頭にない様子なので、
『短絡的に駆除ではなく、海外のように避妊をするという選択肢はないのですか?』
とたずねると、
『海外もね、被害対策とか個体のコントロールで避妊している所はないです。
研究としてやっている所はあります。』
との回答だったので、
研究としての避妊をお願いしました。

石川さんから
『国内でいくつかの研究パート(避妊処置とかホルモン)の機関(岐阜大学など)があります。』
と返答があり、
【野生動物個体数調整の為の避妊手術の開発】をネットで検索して、【野生生物資源研究所】という所を紹介して下さいました。
www.s.affrc.go.jp/docs/gaiyou/pdf/25026a.pdf#search='野生動物資源研究所'

(私)
石川さんは、『硝酸塩入り毒餌を撒くことで、住民の健康被害や自然被害が出たら、県が責任をとる』という発言をされていますが、静岡県林業振興課のテラダさんは、『健康被害や自然被害の原因が毒餌であると直接的なものだと分からない限り、補償できない。』『税金は公務員や県のものではないから、軽い感じで県の税金で責任をとるということはおかしい。』とおっしゃっています。

(石川さん)
それは毒餌が原因になっていれば、県が責任をとる必要があるでしょうけど、県が撒いた毒餌が原因であるかどうかわからない状態で、県が責任をとることはないです。
と、かなり意識して言葉を選びながら回答されました。

問い合わせ中、
『今後、研究して(硝酸塩による毒餌に)実効性が認められて実用的だと判断した場合は、事業としてやる可能性もありますね』
との発言があり(@_@)

(私)
世界遺産に登録されている富士山のある静岡県で、そのような野蛮な殺りくが行われているのは、とても残念です(>_<)
と伝えたところ、

(石川さん)
あなたが感じていることなので、残念かどうかはわからないですね(-_-)
とそっけない返答をされ、
さらに、動物が嫌いではなく、大好きだという石川さんは…
『動物は好きだけど、殺すことが必要だと、ためらわず殺しますよ(`´)』
と、動物好きとは思えない信じらない返答がありました(>_<)

pa-c-01.jpg


(私)
静岡県内の住民の方々に、硝酸塩入りの毒餌を撒いて鹿を駆除していることを、ちゃんと説明していますか?
自分の身近な場所で研究されていたら怖いですよ(>_<)

(石川さん)
研究段階なので全体ではなく、
実際に撒いている場所の少なくとも敷地の所有者には伝えていますよ。
と、周辺に鹿以外の反芻動物は生息しておらず、敷地の所有者以外に告知する必要はないと判断しているようです(*_*)
最後に、避妊するなどの生かす方法で個体数を調整して頂きたいことを嘆願すると

(石川さん)
多分…無理ですね。それが不可能だから困っているんですよね。前向きに取り組みたいとは思っています。
すでに諦めているように感じたので、
『石川さんたちの優秀な頭脳を生かし、知恵を絞って、野蛮な殺りくではなく建設的な方法を考えて頂きたいんです。
現状を世界中の方々が知れば、世界遺産に登録されている富士山のある静岡県を訪れる観光客も激減すると思います。そうならないよう、人にも自然や動物にも優しい静岡県になって頂きたいんです。』
と嘆願をして、お礼を伝えて電話を切りました。

『動物は好きだけど、殺すことが必要だと、ためらわず殺す(`´)』という石川さんの感覚が、私には全く理解できませんでした(*_*)
石川さんは、丁寧に対応して下さいましたが、言い訳や話のすり替えが多く、鹿ばかりを悪者に仕立て上げ、自分たちの研究を正当化しすぎではありませんか?
せっかくの頭脳を鹿を殺して解決する研究ではなく、弱い者を生かし守るような研究方向に生かして頂きたいです!

☆追伸☆
アグネスさん、のんさん、コロワンさん、愛をまといたいさん、美羽さん、コメント作成にあたり、年末のお忙しいなか、沢山のアドバイスや校正をして下さり、ありがとうございましたm(__)m
アグネスさん、最後までお付き合い下さり、ありがとうございましたm(__)m

20141115202624d42.jpg 
【イラスト:もぐもぐちゃん作

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR