犬達のSOS☆日本ではブリーダーやペットショップ等、犬猫をお金儲けの物扱い!更に警察では器物扱い!ヨーロッパでは犬猫を家族の一員としてみんなが認め、飼い主と一緒にパスポートを取得し近隣国を旅行でき、飼い主とホテルに泊まれ、更にペット可の賃貸物件のみ2015年1月16日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10
*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位
 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/1/16
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位 
2014/5/15~10/26・12/16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24・10/27~12/15・12/17~2015/1/16)


IMG_1602.jpg

2015/01/13 愛をまといたい美羽さんコメントです。
ぉ正月休みでボケ〜とした、ぉ脳にミーママさんから、ミッションクイズがきましたo(^-^)o

お疲れ様です〜(≧∇≦)
まだまだお正月ボケ中?のオレンジ戦車の美羽で〜す(≧∇≦)
お正月ボケのリハビリでミーママさんから、ブログメンバーにクイズのミッションメールを頂きました( ̄∀ ̄)
ぉ脳のリハビリで解答してみました
( ̄∀ ̄)

>♪ミーママ ミッションクイズ (笑)♪
ペットの犬猫にも 飼い主と同じように海外へいくためのパスポートを発行している国は?

☆答え
↓↓
ドイツ

国境で動物検疫なしにペットを連れて、自由に近隣国を行き来できるのは?
>A*東南アジア諸国
>B*中米
>C*南米
>D*アフリカ
>E*Eu
>F*中央アジア
>G*中近東


☆答え
↓↓
E*Eu

ドッグランでもなく、子供たちや市民が集う普通の公園で、ペットの犬のリードを外し、遊ばせて良い国は?
ヒント*飼い主達は、日本と違い飼い始めにきちんと犬と自分共々、公衆でのしつけやマナーの訓練をしているのが常識

☆答え
↓↓
イギリス

日本と違い、ペット飼育お断りのマンションやアパートは無く、すべての賃貸物件で、犬猫が飼えペットを家族の一員と、きちんと認めている国は?

☆答え
↓↓
フランス

>以上よ

日曜の朝9時半からの動物番組で、解答が出てました!
上記以外に、ヨーロッパの地下鉄では、犬も一緒に乗車が出来るのが当たり前との事。
日本のように、犬猫を商業的な愛玩として取扱う文化ではなく、ヨーロッパでは家族の一員として認めており、旅行も一緒に出来る文化は、素晴らしい事だと思いました。
pa-c-01.jpg
【イラスト・モグモグちゃん

2015/01/13 愛をまといたいコロワンさんコメントです。
動物パスポートについて補足

皆さん、いつも活動をありがとうございます。m(_ _)m
美羽さん、ミーママさんのミッションクイズに答えて下さり、ありがとうございました☆

補足情報として、ドイツ以外にもパスポートが発行されていることをコメントしますね。(*^o^*)
動物愛護先進国のヨーロッパでは、ペットを連れて旅行する人が多いです。
そのため、各国ごとにまちまちであった「検疫の手続き」を円滑化する為に、2004年夏からペットパスポートが配給されるようになりました。

名称は、EU Pet Passport です。
(ヨーロッパのEU加盟国でのみ有効)

発行する条件は、
"マイクロチップの装着義務"。
マイクロチップに個体認証IDやワクチン接種の履歴が記憶されており、ペットの識別を正確に行うことができるため
その他には、
"ワクチン接種、血液検査、認定獣医師からの健康診断証明書"が条件です。

またEU加盟国内、国外からの移動では条件が異なり、更に国によってはノミやサナダムシなどの寄生虫予防を追加条件としているところもあります。

IMG_1604.jpg 

このことからもわかるように、ペットの異国間の移動の証明必要項目の完全統一化までにはまだまだ時間がかかりそうですが、それでも、マイクロチップの導入により、個体識別が容易となったことは大きな進歩といえるのではないでしょうか。

このEUパスポートは、EU圏内の長距離鉄道や飛行機でも「動物のドキュメントを持っている?」と聞かれ提示が求められます。
ので、外出時は持っているほうが安全ですね。

少し脱線しますが、
日本とは違い、ほとんどのホテルやレストランはペット同伴が許されているようです。
ペット可というレベルでなく、ペット、人という区別がなく星付きホテルやレストランに入ることができます。

以上、下記参照
◆PETSTさん
petst.jp/doc/library/lib012/
(※こちらのサイトは一部携帯からは表示されません)

◆officeMaili.comさん
www.officemaili.com/

◆ドッグラバーズさんのコミュニティーからも情報収集しています。

海外旅行に行くときも、ペットと離れたくない。
そう思う方は多いのに、めんどうな手続きがあるからと預ける方も多かったと言うことを調べながら知りましたが、
これらは動物検疫システムで、動物の病気を侵入させない為の対策なので必要なのですよね。
その厳しくする中にも、柔軟さを取り入れていく外国はすごいなと改めて思いました。
日本も、海外の動物に対しての柔軟な取り組みを、もっともっと!取り入れていってほしいですね☆

ppp.jpg 

関連過去記事
犬達のSOS☆「ブルータス、お前もか!」のジュリアス・シーザーが殺されたイタリアの歴史的遺跡は、今は野良猫たちが保護され猫のパラダイスに!さすが動物愛護先進国ヨーロッパ!TBS番組『アニマル・ザワールド 世界でおもしろ動物を探す旅!』より2013年12月28日
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-461.html


【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

宮崎県に問い合わせました!

おはようございます(^O^)
私も皆さんに続いて宮崎県に問い合わせと嘆願の電話をしました。

宮崎県中央動物保護管理所
(0985-41-1047)に1月15日、15:45に電話しました。
サトウさん(男性職員・獣医ではない)が対応してくださいました。

宮崎県には動物保護管理所が3つあって、そこでガスで殺しているとのことです。


収容期間は1週間。
その間に譲渡するかしないかを決めて、譲渡することになれば「ひまわりの家」へ送られて、譲渡されるまでそこで生活するそうです。
ひまわりの家とは、県の建物を借りて譲渡のための活動をしている愛護団体だそうです。

譲渡されずに殺処分されるのは病気だったり、狂暴だったりするワンちゃんたちだそうで、
サトウさんは、1週間の収容中に人に慣れさせようと試みているそうですが…。
捕獲されたり、狭い場所でずっといたら人に対して恐怖心や猜疑心も生まれ、狂暴にもなりますよね(T_T)

また、私の「ガスで殺すのは、窒息して長時間苦しみ動物虐待になるので、少しでも苦しみを減らすために他県では一頭ずつ安楽死の注射を打つ方法へ変えていますが、宮崎県も変えますか?」という質問に、
サトウさんの答えは、「ここは昔からガスです。変えるかどうかは分からないから、県庁にきいてください」でしたので、お礼を言って電話を切りました。

次に、
宮崎県衛生管理課 乳肉衛生担当(0985-26-7077)に1月15日、16:03に電話しました。
セキヤさん(女性職員)が対応してくださいました。

セキヤさんによると、殺処分方法は、ガスから安楽死の注射に変えていかなくてはいけないという話は出ているそうですが、はっきりとは決まっていないようです。
また、「引き取り拒否も以前より強化したので、まだはっきりとした数は出せていないが減りました」と教えてくださいました。

最後に、サトウさんにも、セキヤさんにも「殺処分がゼロになりますように(*^_^*)尽力よろしくお願いします」とお願いして電話を切りました。


宮崎県は「動物愛護管理推進計画」を立て、平成26年度から平成35年度(平成26年4月1日~平成36年3月31日)の10年間で、
平成24年度の殺処分数(3052頭)の1/3までに減らすことを目標にしています。
その目標達成のために、県や地域、学校を巻き込んで実行しようと計画を立て、避妊去勢はもちろん、マイクロチップや子どもたちと動物の触れあい、地域猫の推進もしています。
宮崎県のホームページに計画案が載っていて、分かりやすい文章で書かれています。

セキヤさんは「色々読んでくださってありがとうございます」と、おっしゃいました。
この言葉から「なかなか県民に読まれていないんだなぁ」と感じ、少し気の毒にも思いましたが…でも待って!読みやすいとはいえ、ホームページのPDFを開いて読む人は少ないですよ!「読んでもらえない~(>_<)」で終わらずに、もう一歩、二歩努力してほしいです!

宮崎県といえば、2013年3月に公開された『ひまわりと子犬の7日間』という映画の舞台ですね。映画を見て、犬や猫が殺処分されていることを知って、胸が傷み、殺してほしくないと思っている宮崎県の皆さんも多いでしょう。
その方たちを巻き込んで、「動物に優しい宮崎県にしよう!」と、学校で地域住民も自由参加で触れあい会や譲渡会を増やすとかしてみてはどうでしょうか。
ペットショップにも「飼うときの注意をしてください。最期まで飼いましょうと啓発してください」と計画案にはありますが、それだけでなく、ペットショップを開くための厳しい資格を設けることも実施してほしいですね(^O^)/


サトウさん、セキヤさん共に丁寧に答えていただき、殺処分数を減らしたいと思われているようでしたが、少し諦めモードが入っているようにも感じられました。
動物の命を守るためにどうかリーダーシップを取って、もっと県民に呼びかけて、10年と言わず5年で目標達成をして、【10年後には殺処分数をゼロにする!】と指針変更してください!!

動物の殺処分がゼロになりますようにo(^-^)o

問い合わせについて感想☆

皆さん、こんにちは☆
全国の愛護センターや施設に問い合わせを、本当にありがとうございます。m(_ _)m

丁寧に答えて下さった職員の皆様も、本当にありがとうございます。
県により違いはありますが、犬や猫が数十分ももがき苦しむ毒ガスによる殺処分から、注射による殺処分へむけて、
できるだけ痛みを軽減することへの対処や、譲渡への試みなどを意欲的に発言している職員さんには、命を大切にしていると感じました。

中には、えっ?と思うような対応の方々もいて、
この凝り固まった考え方が問題の解決を邪魔しているんだなと思うものもありましたが…
もし、こちらの問い合わせ内容をみる機会がありましたら、よそはこんな良い活動をしているんだなと、参考にしたり、取り入れて頂けたらと思います。

皆さんの問い合わせを読んでいるうちに、殺処分方法がガス→薬を注射しての一頭ずつの方法に変わっていっている事がわかります。

また愛護団体と協力体制をとっている施設は譲渡も上手くされていますね。

猫達の場合は、地域猫の理解を住民からもらえれば、滋賀県大津市のように理想的な形が築けるのかなと思います。

避妊去勢さえしていれば問題がなくなるわけではなく排泄物などの問題はありますが、そこは地域の掃除を当番制でしたりなど知恵を出し合う事で解決していくものかなと思います。

動物にも生きる権利はある。

子ども達に動物の命を大切にする大人の姿を見せる事で、それが受け継がれていきます。

残酷な行為を見せるのではなく、尊敬できる行為を受け継いでもらえるような社会になっていってほしいなと思います。

暗いニュースばかりではなく、心があたたかくなるような明るいニュースが増えて欲しいですね。o(^-^)o

殺処分をなくし、動物達を大切にする日本へ☆

【シアトルの犬が自力でバスに乗ってドッグパーク通い】のニュース(*^_^*)

こんにちは、昨年末の忘年会でのお腹はちきれそうになる位、暴飲暴食をした結果、年末年始にかけてひっくり返ってダウンしていたロンです。

休んでいた間、アグネスや猫ちゃんママ、花ポリちゃん、プリキュアエンジェル達、フォローをありがとうございました。
また、体調を心配して下さっていたみなさん、
きちんと静養させて頂きお陰さまで、元気になりました(*^_^*)
ありがとうございました。
あらためまして、これからもよろしくお願い致します。


さて、さっそくですが、先日ネットニュースで
【シアトルの犬が自力でバスに乗ってドッグパーク通い】
という見出しを目にしました。

さすが動物愛護先進国アメリカです。ハッピーな記事でした。
以下


(CNN)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-35058959-cnn-int
(一部の携帯からは見られない場合があります)
 
公共のバスにはさまざまな人が乗って来るものだが、通路を四本の足で歩き、座席をなめて回る乗客は珍しい。米シアトルの人気者「エクリプス」は、ラブラドールとブルマスティフの雑種犬だ。

飼い主のジェフ・ヤングさんは2年ほど前からエクリプスを連れてバスに乗り、4つ先の停留所にあるドッグパークへ通っていた。

ヤングさんはある日、たばこを吸っていてバスに乗り遅れる。するとエクリプスはヤングさんを置いて、いつも通りに乗車してしまった。ヤングさんが次のバスでパークに駆け付けると、そこにはエクリプスが先に到着していたという。

これをきっかけにエクリプスは常連となった。車内では窓際に陣取り、風景を見て自力で下車する。

バスの利用客ともすっかり顔なじみだ。ひとりの客がCNN系列局に語ったところによれば、運転手も全員エクリプスを知っている。「みんなを笑顔にしてくれる存在」として、かわいがられているという。


[シアトル 13日 ロイター]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150115-00000084-reut-n_ame
(一部の携帯からは見られない場合があります)
米ワシントン州のシアトルで、飼い主の付き添いなしで自ら公共バスに乗り、ドッグパークに通う犬が話題を集めている。

この犬は黒い雌のラブラドールで、名前はエクリプス。シアトルではペットがほぼ制限なく公共交通機関を利用することが認められている。通常は飼い主同伴だが、交通当局者や乗客によると、エクリプスはここ数週間、自宅から4つ先の停留所にあるドックパークに独りでバスで通っているという。

エクリプスは、先週バスに同乗した地元ラジオのパーソナリティー、マイルズ・モンゴメリー氏が紹介したことで一躍人気者に。同氏はその時の状況について、この犬が隣の座席に飛び乗り、窓の外を眺めていたと説明。「下りる停留所が見えるとしっぽを振り始め、(到着すると)飛び降りてドッグパークに走って行った」と振り返った。

エクリプスの飼い主は地元放送局に対し、愛犬が独りでバスに乗ることは構わないとし、自分も後から追いかけて公園へ行くとコメント。

また、交通当局もエクリプスの行動について、珍しい話だが大きな問題はないと話している。

以上です。

もし私達の利用しているバスに、ワンちゃんが乗車してきたら。。。
なんて、想像しただけで、顔がほころびます。
エクリプスの乗る車内はハッピーな空気に包まれていました。
またエクリプスは、きちんと親からしつけられていないマナーの悪い日本の子供達よりもお行儀が良くて、お手本にだってなるほどマナーよく座っていました。
動物を通じて、知らない人とでもスムーズにコミュニケーションがとれるようになることはよくある事です。
日常こんな風に、犬や猫達が溶け込めるアメリカやヨーロッパの国が、本当にうらやましいと思いました。

せめて日本も犬猫達が普通に、飼い主と一緒に公共の乗り物に乗車できるように変わって欲しいと思いました。

赤ちゃんを救って、ヒーローにゃ〜(=^x^=)

ロシアでにゃんこが赤ちゃんを助けるステキなお話しを見つけましたので紹介しま〜す(*^^*)


(時事通信 参照)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000014-jij-int

ロシア南西部カルーガ州オブニンスクで、アパートの廊下に置き去りにされた赤ちゃんを野良ちゃんが温め、凍死の危機から救う出来事があり、地元テレビが15日報じたとの事。

 アパートの住人の方が10日、「苦しんでいるような猫の鳴き声」を聞いてドアを開けたところ、赤ちゃんが置き去りにされ、そばに寄り添った猫がなめたり、温めたりしているのを見つけたとの事。
 氷点下の中、アパートの廊下に赤ちゃんは数時間にわたり放置されていたらしく、住人らは、猫が世話をしなければ助からなかっただろうと話していたようです。

駆け付けた救急隊員が赤ちゃんを搬送する際、猫は心配そうな様子でついていった様です。

 置き去りにされていた赤ちゃんは生後2~3カ月の男の子とみられ、健康に問題はなかった様子で、警察が親の行方を捜しているとの事です。

猫は「マーシャ」と名付けられ、玄関ホールの段ボール箱に住むことが認められた様です。
そして、ご褒美をたくさんもらったとか…
エライにゃ〜(*ФωФ人ФωФ*)




犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR