犬達のSOS☆全国の犬猫殺処分センター(動物愛護/管理センター)の殺処分公務員さん達、愛をまといたい美和の突撃取材を待っていてね(o~-')b ミッション遂行☆未だ殺処分を止めない都道府県の殺処分方法⑥近畿地方編2015年1月30日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10
*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/1/30
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位 2014/5/15~10/26・12/16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24・10/27~12/15・12/17~2015/1/30

pa-w-01.jpg  
【イラスト:モグちゃん作

2015/1/14 ・1/24 愛をまといたい美和さんコメント3つアップします。
問い合わせミッション☆近畿地方編⑤
皆さん、いつも遅くまでのブログ活動、ありがとうございます☆
各都道府県や市の動物愛護(管理)センターの殺処分方法などの問い合わせミッション☆近畿地方編の続きを報告します。

★奈良市保健所・教育総合センター(はぐくみセンター)
(0742-34-2303)
1月9日(10:50)
対応はオオタキ獣医。

【殺処分方法】
奈良県(桜井保健所動物愛護センター)に委託して、麻酔薬の注射で殺処分している。
※奈良市保健所は毒ガストラックでの殺処分を犬達のSOS、奈良のニュースの声の告発拡散から廃止に追い込まれ、平成25年4月から中止。(毒ガストラックは処分ができずに、まだ車庫にあるとのこと。)

【収容期間】
基本的には2週間収容。
※負傷動物などで、回復の見込みがないものや幼齢のもの(離乳していない子犬子猫)は即日殺処分(>_<)
※即日殺処分の個体も基本的には、桜井保健所動物愛護センターへ移送し、殺処分となる。
収容から2週間経過後、譲渡審査する。
性格や健康状態などをみる。高齢でも性格や健康状態に影響がでる年齢でなければ譲渡する。(介護が必要な犬猫は収容時点で即日殺処分(>_<))

【ホームページに掲載されている平成25年度の犬猫収容頭数と処分頭数】
《犬について》
*前年度以前から引き続き収容(3頭)
*保護(76頭)
*引き取り(48頭)
*負傷救護(41頭)
*返還(48頭)
*処分(105頭)
*譲渡(6頭)
*次年度も引き続き収容(9頭)

《猫について》
*前年度以前から引き続き収容(8頭)
*引き取り(274頭)
*負傷救護(36頭)
*返還(19頭)
*処分(262頭)
*譲渡(6頭)
*次年度も引き続き収容(31頭)

昨年度の譲渡数がかなり少ないことについて質問すると
◆ちゃんと譲渡できる動物をちゃんと飼える人にお渡しした結果、こうなった。
◆以前は『4時間以上、留守にする家庭には譲渡しない』という厳しい条件があったが、現在は、(厳しい譲渡条件が少しでも改善されるよう、犬達のSOSで公表した事により)具体的な何時間というのは決まっていない。ただ当然、長く空ける人には譲渡しない。
共働きでもちゃんと世話ができるようなら譲渡する。
◆県外にも譲渡できる。(これまで神奈川や京都、大阪などへ譲渡したとのこと。)

ホームページに譲渡対象動物の写真が猫3匹しかアップされていないことについて質問すると
オオタキ獣医は
『当然、譲渡基準に合っている動物がいないからでしょう(# ̄З ̄)』
と淡々と答えました(*_*)

他の動物愛護センターや保健所と比較すると、ホームページに掲載されている譲渡対象の犬猫が少な過ぎることについて訊ねたところ
『載っていればいいって言うもんじゃないです(# ̄З ̄)』
とキッパリと言われました(@_@)
ホームページ自体も生活衛生課の譲渡対象動物の所にたどり着くまでに探しにくく、見づらいことを伝えると
『それ、よく言われるんですよね(# ̄З ̄)ホームページの作り方は正直、うちではどうしようもない。たどり着きやすいようにするには、ここまでが限界。他にも広報したいことがある。広報公聴課が作っているので直接、言ってくれてもいい。』
と残念な回答でした(>_<)

(私)
譲渡数の少なさからして、地下に犬猫が収容されていることをご存知ない市民の方が多いのではないかと思います。
はぐくみセンターという名称からすると、若い世代の家族などが訪れることも多いかと思いますので、1階ロビーで収容されている犬猫の写真などを掲示して、里親さんを募集するなどしてはどうでしょうか?
と提案してみました(o^^o)

(オオタキ獣医)
譲渡対象の猫のみ、順番で最大2頭、生活衛生課のある4階で時間を決めて展示しています。
(10時~11時と14時~15時)
※1階ロビーでの展示は管理課の許可が下りなかったとのこと。

(私)
はぐくみセンターの地下に殺処分される運命にある動物が収容されていることを市民の方々に広く知って頂く為に、マスコミなどを利用して啓発して頂けませんか?
と嘆願すると

(オオタキ獣医)
うちは取材自体は全国的にみても結構受けている方だと思います。
とのこと(*_*)

さらに努力して譲渡数を増やして頂くよう嘆願し、お礼を伝えて電話を切りました。
pa-c-01.jpg

ホームページが見にくいという市民からの意見が多いにも関わらず、オオタキ獣医は『これが限界』と諦めていて、改善の意思が伺えなかったので、直接、広報公聴課に改善を求めるべく電話しました( ̄^ ̄)

★奈良市役所広報公聴課
(0742-34-4710)
1月9日(11:56)
対応は男性職員のホリウチさん。

奈良市保健所のホームページの生活衛生課の譲渡対象動物の所にたどり着くまでに探しにくく、見づらいことを伝えました。
命に関わることなのだから、閲覧する市民の目につきやすい場所に掲載して頂きたいことを嘆願すると
ホリウチさんはこちらの話に真剣に耳を傾けて下さり、
『課内でも検討させて頂きます。』と答えました。
『ずっとホームページを閲覧していますから、検討だけで済ませず、改善して下さい。』と重ねてお願いしました。
終始、誠実な対応をして下さったホリウチさんなら、ホームページの早急な改善をして下さるのではないかと期待しています(^o^)

オオタキ獣医は譲渡動物の展示について
『1階ロビーは管理課の許可が下りなかった。』
と回答されましたが、やはり1階ロビーに展示されている方が、より多くの人目につきやすく、救われる命も増えるのではないかと思い、直接、管理課へ嘆願の電話をしました(^o^)

★奈良市保健所管理課
1月9日(13:50)
対応は女性職員のシオタニさん。

『(譲渡動物展示の)依頼を受けたかどうか確認したが、誰も聞いている者がいない。オオタキさんにも確認しますので、折り返し連絡していいですか?』
とのことだったので、仕事ですぐには電話に出れないことを伝えて、再度、こちらから確認の連絡をさせて頂くようにしました。

1月9日(16:30)
再度、シオタニさんに確認すると
『管理課には、そのような申請はあがっていない。』とのこと(@_@)
『生活衛生課から事情を直接話したい。』
とのことで、電話を繋いで下さいました。

(5分程、保留のあと)

生活衛生課の女性のシオタニ獣医に代わりました。
(奈良市保健所で勤続10年。)
『管理課の許可が下りなかった』と発言したオオタキ獣医は、急用があって帰宅したとのこと…( ̄^ ̄)

ナカタ獣医によると
◆1階での展示を進めたいので、管理課に相談したのは事実。
◆1階ロビーには飲食スペースなどもあり、動物を好まない人や保健所ということで身体的に弱い人も来場するので、正式な申請はしなかった。
◆1階ロビーの2ヶ所に
譲渡対象動物の写真を掲示している。
◆今年4月からの愛護団体や個人への委託譲渡の施行に向けて、準備している段階。
とのことでした。

しっかり愛護団体などと連携をとって、譲渡数を増やして頂くよう嘆願し、お礼を伝えて電話を切りました。


【お散歩中、コンクリートの隙間から生えた綺麗なピンクのお花を見つけた美和ちゃん家のマリリン

問い合わせミッション☆近畿地方編⑥

★桜井保健所動物愛護センター
(0745-83-2631)
1月9日(11:08)
対応は女性のスギヤマ獣医さん。

【殺処分方法】
全頭、麻酔薬による殺処分。
①普段から生活している二畳くらいの電動式の檻に入った犬を壁に追い詰める形にしてスペースを狭くして動物が暴れないようにして、柵の隙間から鎮静剤を打ち、柵を緩めて鎮静剤が効くのを待つ。
②鎮静剤が効いたら処置台に上げて、腕の血管から致死量の麻酔薬を注射する。
※子猫や小さい動物に関しては、血管の確保が難しいので、直接、心臓に注射(>_<)
※猫はキャリーケースくらいのサイズのゲージに入れて、その中に押さえる板を入れて、お互い怪我のないようにしてから注射。
平成20年に開設された当時はガス室を稼働させていたが、それを運営していきながら、技術を習得して現在では全頭、麻酔注射できるようになった。
(平成24年には完全に全頭麻酔薬注射に切り替わった。)

【収容期間】
基本的に1週間。
その後、通常の犬猫であれば譲渡判定にかける。
◆飼い主からの引き取りであれば、事前情報もあるので、もう少し早い段階で判定にかける。(1週間を待たずに殺処分となることもある(>_<))
◆中には徘徊でグルグル回っていたり、※褥瘡(じょくそう)ができていることもあり、マットレスを入れるけれど、夜間に体位交換もできないので、いたずらに1週間飼うことがお互い幸せとも限らないかなと判定している。
※褥瘡(じょくそう)
圧迫などが原因となり皮膚に発赤やびらん・壊死がおこる状態。

◆飼い主が思い直して引き取りに来る場合があるので、極力即日ではなく翌日、殺処分するようにしている。
◆奈良市保健所から運ばれた犬猫については、奈良市保健所の職員さんが立ち会いのもと、搬入後、すぐ全頭殺処分している(>_<)
◆譲渡会はしていないが、譲渡講習会を受けてもらって、自宅訪問をして飼うスペースの確認が済んだ方への譲渡をしている。
◆昨年末から愛護団体(ドッグスマイルさん)の協力を得て、試験的ではあるが犬の譲渡第一号が出たばかりとのこと。
書類的なものも整備中なので、これから固めていく。


【いつもマリリンはそのお花の香りをクンクン嗅いで挨拶?しています

《譲渡条件について》
当初は厳密に4時間以上家を空けないという条件を守ってもらっていたが、現在は多少の緩和をして、6時間程度認めましょうとなっている。

『共働きの家庭も多く、6時間でも現実的には厳しいです。自宅にいる時間に愛情を込めて、しっかりスキンシップを図ったり、躾をすれば大丈夫だと思います。もう少し譲渡条件を緩めて少しでも多くの命を助けて頂けませんか?』
と嘆願すると、スギヤマ獣医は

◆そこは話し合いの中である程度延ばしているが、家にいない人に子犬が渡ってしまうと、問題行動に走る可能性も高い。
◆8時間家を空けていても、きちんと飼える方は沢山いるが、今までの経験上、皆さんが善意の方ではないということがある。
虐待スレスレの方に泣く泣く譲渡したケースもある。
(例えばご主人がフルタイムで奥さんがパートという形であれば譲渡できるが、夫婦ともにフルタイムで仕事をしている場合は譲渡できないとのこと(>_<))

『条件を緩めてしまうと、いろんな方が流れ込んでくるので、どっちに舵を切るのかが悩ましい。』
と消極的なスギヤマ獣医に
『それはしっかり話し合いをしていくなかで、わかってくる事ではないですか?』と問うと

◆原則は書類に書いてしまうと、ゴリ押しをする方もいるので、お互いの話し合いの中で、ある程度条件を緩和するということをご理解頂けたら、来て頂いた時に話し合いをしている。
◆子犬は野良犬が持ち込まれることが多く、特に社会化が大事なので唸るような子犬は譲渡しないにしても、極度に怖がりで慣れるのに時間のかかるタイプが多い。
◆誰とでもフレンドリーに接することができる子犬であれば、8時間留守にしていても、帰ってきた時に充分な愛情を与えれば大丈夫だと思うが、素材として元の環境が悪く、虐待児童的な育ち方をしている子が多いだけに、そこは慎重になってしまう。
と、譲渡できない理由を並べました(*_*)

『野良犬が多いのであれば、避妊去勢して元の山に戻すなどしてはどうでしょうか?』
と提案をすると、スギヤマ獣医は

◆いまだに地域的に山家に近付けば山に犬が群れでいて、鹿を狩って生きている。本当の野犬が、出産する時だけ納屋などで産むので、同じ地域で繰り返し子犬がくることがあるが、人馴れしにくい。
◆その犬たちは、今まで地域の方がどう頑張っても捕まらなくて、望まれぬ命が産まれないように、野犬がいないようにしたいと思っている。
◆毎年産まれる子犬たちであったり、飼い犬に種付けだけして、そこでも望まれぬ子が産まれてしまうという事態が起こっている。

動物との共存ではなく、あくまでも人間側の目線や都合でしか捉えていないようでした(*_*)
『飼い主さんが避妊去勢していないということにも問題があるので、避妊去勢を推進していってはどうですか?』
『人を怖がって危害も加えない野犬なのだから、そっとしておいてあげるのが一番良いのでは?』
と提案しても、スギヤマ獣医は

◆それもありますが、野犬がいて年に何回か子犬が産まれるというのは、あまり良い状態ではない。
(そういう場所が何ヵ所かあり、中には懐かせて自分たちで飼う努力をしてくれている所もあるとのこと。)
◆民家の縁の下や納屋で子犬を産むと、その時はどうしても気が荒い状態になるので、子供やお年寄りが何かがいると思って覗いた時に噛まれたとか、子犬を追いかけて親に噛まれたという事故がある。
と、人間のほうから野良犬を追いかけて、その時に噛まれてしまったことも野良犬が悪いような言い方をされ、避妊去勢をして放すという提案には消極的な様子でした(@_@)

『住民の方々に広報や回覧板などで子育て中の野良犬を刺激するような行動を控えるなど、お知らせしてはどうでしょう?』
と伝えても
『そうは言っても子供たちは行くんですよ(# ̄З ̄)』
と、話が堂々巡りになったので、捕まえて殺処分しているだけでは解決策にはならないので、建設的な方法を考えて頂くよう嘆願し、お礼を伝えて電話を切りました。

奈良市保健所、桜井保健所動物愛護センターともに、少しでも多くの動物の命を救いたいという意気込みは伝わってきませんでした(-_-)
命は人も動物も同じく大切なもの、子供達の身の安全や、犬達の譲渡後の事を考えて下さるなら、命を大切にするのも教育と捉えて、真摯に命と向き合って頂きたいと思います( ̄^ ̄)

☆追伸☆
みのりさん、コロワンさん、のんさん、猫ちゃんママさん、美羽さん、アグネスさん、コメント作成にあたり、アドバイスや校正して下さり、ありがとうございました(*^_^*)


【マリリンは、はじめて見る亀さんに興味深々でクンクン

問い合わせミッション☆近畿地方編⑦
皆さん、いつも遅くまでのブログ活動、ありがとうございます☆
インフルエンザが流行っていますが、皆さん、体調を崩されたりしていませんか?
温かくして、うがい、手洗い、加湿などで予防されてくださいね(^o^)
帰宅が午前様になることもしばしばの美和ですが(@_@)
らん丸やQちゃん、マリリンがじゃれあいながら、コタツから飛び出して来て、尻尾フリフリ、スリスリ、顔をペロペロ舐めてくれると、一気に疲れも吹き飛んで癒されます(*^_^*)
人間に癒しを与えてくれる動物たちを虐待したり、人間の身勝手な都合で殺処分するなんて、絶対に許されないことです( ̄^ ̄)

さて、各都道府県や市の動物愛護(管理)センターの殺処分方法などの問い合わせミッション☆近畿地方編の続きを報告します(*^_^*)
★滋賀県動物愛護センター
(0748-75-1911)
1月14日(10:48)
対応はモミヤマ獣医さん。

【殺処分方法】
二酸化炭素ガスと麻酔薬による殺処分を併用している。
(80~90%が薬物による殺処分に切り替わっている。)
幼齢動物や負傷動物、成犬も含めて麻酔薬の注射による殺処分をしている。
暴れるなど、手に負えない個体については、二酸化炭素ガスでの殺処分をしているが、順次、薬物へ移行を進めている。

【収容期間】
1週間~10日間くらい。その期間が切れたからといって、即殺処分はしていない。
できる限り、生存の期間の延長は常に考えている。
極端に状態が悪いとか、譲渡しても高齢で飼い主さんの負担があるとか、人に懐かないとかいう場合は、どうしても譲渡できないので殺処分となる(>_<)

動物愛護団体とは連携していないそうですが
『そういった協力をして頂ける動物愛護推進員とか、ボランティアの方に譲渡の情報発信や仲介をして頂く形で預かってもらうなど、お手伝いしてもらっています。』
との回答でした。

大津市動物愛護センターに殺処分設備がないとのことで、殺処分業務を委託されていることについて質問しました。

(私)
大津市動物愛護センターから運ばれてきた犬猫は、即日殺処分ですか?それとも再度、譲渡判定にかけますか?

(モミヤマ獣医)
大津市から処分を依頼されたものは、こちらで再度どうこうするというのは、そういう契約になっていませんのでね。
(基本的には即殺処分とのこと(T-T))

地域猫活動の取り組みについて質問しました。

(私)
大津市では、地域猫活動の取り組みが広がっていて、大津市動物愛護センターさんで、無料で地域猫の避妊去勢をしているそうです。滋賀県動物愛護管理センターさんでは、そのような取り組みをされていますか?

(モミヤマ獣医)
こちらでもあくまで地域が主体となってやって頂くのが一番の方法ということで、推進していますし、必要に応じて自治会で取り組みをしていこうかという所については、一定支援の方法もいくつかはしております。
(避妊去勢をしたケースもあるが、これからは基本は地域の自治会なりで手術の負担をして頂かないといけない。さすがに県下全部のものを受けることはできない。地域猫活動のガイドラインがあるとのこと。)

滋賀県では、飼い犬猫の避妊去勢費の助成をしていないとのことだったので、検討して頂くよう嘆願して、お礼を伝えて電話を切りました。
地域猫活動については、地域が主体となって活動をしていくのが一番良いのですが、活動が軌道に乗るまでは、行政も支援などの協力をしていただけたらと思いますm(__)m
地域と行政が協力することで、殺処分される犬や猫が減る事にも繋がり、他府県のモデルケースにもなるのではないでしょうか。
近畿地方の報告は以上です(^o^)


【㊨Qちゃんの事が可愛くて仕方がない㊧らん丸ちゃん

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

ミーママさん、ミーママダンススクールの生徒の皆様、さっちゃんファミリーさん、心のこもった贈り物をありがとうございます。(^O^)

今日ワンちゃん、猫ちゃんのフードが届きました。
ロンさん、お体の具合はいかかですか?

お忙しい中、宅配の手配して下さりありがとうございました。
ミーママさん、ミーママダンススクールの生徒の皆様、さっちゃんファミリーさんからの心のこもった贈り物をいつもありがとうごさいます
また、ミーママさん、ロンさん、猫ちゃんママさん、いつも三本足のクロちゃん、ボンくんのママの事を心配して気にかけて下さりありがとうございます。
皆さんのお気持ちを届けさせて頂きますね

沢山のフードを田さんと分けさせて頂きますね
ありがとうございました。
今朝、起きると、庭にある植木鉢に、雪が積もっていました。
我が家のワンちゃん達も外に出るなり、土を踏むなりヒヤッとしたのか、散歩に行きたくないとリードを引っ張ってお家に入ろうとしました。

ボンくんのママはこの寒さに、少しでも凌げる場所でいるのか?
気になってしまいました。
ワンちゃん、猫ちゃんのパトロールをされてる皆様
体を暖かくして、風をひかないようにしてくださいね

海ちゃんへ

こんにちは(*^_^*)
海ちゃん、いつもボンゴくんママや黒ちゃんのことをきにかけて見守ってくださりありがとうございますe-420m(__)me-420

海ちゃんのところに送る宅配の手配は、ロンちゃんがしてくれましたe-420(*^_^*)e-420
ロンちゃん、ありがとうございましたm(__)m

寒くなりましたので、暖かくされてパトロールしてくださいね。
ボンゴくん、ボンゴくんママや桃ちゃんたちによろしくe-415
野良ちゃんたちがご飯をもらえて、雨風がしのげる場所がありますようにe-267e-267

我が家に天使がやってきました.゚+.(´∀`*).+゚.


またまた!うちの次女が瀕死の真っ黒い二匹の子猫を発見し連れて帰ってきました。
我が家に毛むくじゃらの家族が増えました(*^-^*)

※メス猫(ミド)オス猫(ファド)と名付けてます。

『もう!犬も猫も亀も生き物を拾ってきたらいかんぞおー(`Д´)キッー!!』

あれほどパパに言われてたのに、娘が小さな黒猫を連れて帰ってきました。
女の子の方は衰弱しながらもまだ生きているのがわかりますが、男の子の方が瀕死の状態でまったく動きませんでした。
近所の工場の敷地の隅にぐったりと横たわっていたようで、工場の人によると『野良猫が産んだようだけど母猫はずっと世話をしてない』と話してくれたそうです。

仕事中の私に子供達からママ助けてあげて〜と子猫の写メールが送られてきました
(゚д゚lll)(わたしの頭の中は、また、パパに怒られる~..・ヾ(。>д<)シ こえぇぇぇと思いながらも…)仕事を終え急いで帰宅。
見るとこのままでは死んでしまいそうな二匹が箱の中にいました(´△`)
この黒い子猫達をこのまま家に入れられないから元気が無いけど洗うことに…
子供達に手伝ってもらってシャンプーを始めたら子猫の体から見たことないくらいの大量ノミ!(目の上だけでも20匹程のノミの集合体)が出てきたΣ(|||▽||| )
黒猫なので肉眼でノミを追うのは難しかった󾭜
弱っているファドにはミド以上に大量のノミ+アリが集ってましたΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ
二匹とも虫に噛まれて皮膚は赤くただれて可愛そうでした(*_*)
シャンプーが終わったあとも子供部屋に行ってノミ取り櫛、飛んだノミを捕まえるのにコロコロテープを持ってドライヤーで乾かしながらブラッシング(´ー`A;)子供達とギャーギャー言いながらノミと格闘(´ヮ`;)

綺麗になった子猫の顔を見ていたら弱っているオス猫の目の中からオクラの種のような白いゴミがあることに気づき私はそれを取ろうとしたが取れない…旦那に見てもらったら『これ、目ん玉だぞ!腐りかけてる』って言われました(ㆆ_ㆆ)どんだけ過酷な生活していたの?目ん玉が腐って大量のノミやアリが体を噛んで…可哀想に(╥ω╥`)
次の日H動物病院で健康診断をしてもらいファドの目のことを聞くと失明していると言われました(T-T)
後はノミ取りのお薬をしてもらい󾭠ノミ駆除が出来てホッε-(´∀`*)としたのも束の間…

なんか?体中が痒い((ノ`ェヾ))モチョモチョ服を全部脱いでみると…Σ(゚д゚;)首から太腿まで赤いブツブツがいっぱい!!
三女も赤いブツブツ!なんだ?なんだ?と思いながら蕁麻疹なんてできたこと無い私は娘と2人で皮膚科に二軒行きましたが原因不明と言われ…役たたず医者ガッカリです(~_~;)それから何日間か痒いままやり過ごしました。

そんな自分の体よりも子猫たちが気掛かりで、ミドは日毎に元気になったのですが…
ファドは弱々しくひたすら寝る、ご飯は食べない下痢は歩きながら落としているといった調子でとても心配。
一回目の診察時のお薬が切れたので二匹を連れてH動物病院へ…、子猫2匹の診察は特に何とも言われず抗生物質と目薬で様子を見ることに…。ついでに私の皮膚を獣医の先生に診てもらいました(笑)
先生は『あ〜疥癬ダニだね。ちょっと待って小さいダニだからなかなか見つからない〜』しばらく待って『あ〜いたいた!皮膚科に行って疥癬ダニだからって言ってお薬処方してもらって』と言われました。
ミドとファドには小さいから疥癬ダニに効く注射はキツすぎて無理だからレボリューションのような薬を塗ってくれました。
原因がわかってよかったです(*^^*)
その帰りに私も皮膚科に行きお薬もらいました。

ファドはやはり数日経っても体調が悪く下痢は止まらず心配でたまらなくなり病院を変えることにしました。
T動物病院の先生はちょっとすっとぼけた先生ですが診察はこの辺の獣医の中では結構しっかりしているのでお願いすることにしました。
『これは、生きるかどうかわからんね~たくさん寝させてあげないかんよ~なんぼ心配でも寝てる子を起こしてはいかんよ~これドッグフードだけど高カロリー離乳食缶詰!これを食べて生きた子は沢山いるんだよ。これを食べさせなさい!』といただいたお墨付きの缶詰を家でファド君が起きた時に与えたら沢山食べてくれて…それから本当に下痢が少しずつ固まり、ゆっくり日毎に元気になってくれました(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°

子供達と元気になったら里親探さないといけないねなどと話をしていたら…ミーママダンススクールで知り合った大阪に住んでいるあずにゃんさんが『ファド君私が里親になってあげるよ♡』と言ってくれて子供達と大感謝(★`>ω<)ノ
九月の半ばくらいに四国に帰ってくるのでその時に連れて帰れたら…という事。
ファド君の体調を少し心配してましたが…タイミング良くすっかり元気になって(保護から30日)無事あずにゃんさんに引き渡す事ができ一緒に帰って行きました(*´▽`人)アリガトウ♡

子供達は子猫が幸せになるとわかっていてもお別れは悲しいもので…次女が家に居なくてファド君とお別れ出来なかったと言い大泣きしていました(T-T)

さぁ〜残ったミドちゃん今まで病み上がりの無抵抗なファド君にかかっていきプロレスをけしかけていたのにファド君居なくなったからキョトンとして暫くは手持ち無沙汰のようでした。
先住猫の黒猫愛ちゃんが見ていて可哀想になったのか側に寄っていき舐めてあげたりプロレスの相手になってあげたり…先住猫の愛ちゃん7歳とラブちゃんは5歳なのでミドが来るまではもぅ若い猫のような元気は無く寝るか食べるか甘えるかくらいの生活していたのに、最近では先住猫達がミドのプロレスの相手をしてあげてます(笑)気分が若くなってd(。`・з・´。)・・・イィヵモシンナイ★

うちのパパは、子猫を二匹連れて帰った日は呆れ顔…『またか!里親探せよ!』とこわい顔してましたが…ミドのやんちゃぶりの可愛さに満更でもないようで…子供達が『ミド飼ってもいい?』って言うとパパ『もぅ、絶対連れて帰ったらいかんぞ!』と言いながらOK〜くれました(*^◯^*)ありがとうパパ♡
我が家の一員になったミドこと愛称ミーちゃんは人間大好き肩乗り猫です。ママがキッチンに立ったり洗面台に子供達が立つと必ず肩に駆け上がり、しばらく肩の上でくつろいでます。今は冬場で厚着してますが夏場になると生傷が耐えないような気がします(^^;)

大阪に行ったファド君はチャチャと改名しチャー君の愛称であずにゃんさんにとっても可愛がられてます♡

私と三女の疥癬ダニは皮膚科の薬もあまり効かず1ヶ月以上は痒さとの戦い…5ヶ月経つ今でも赤いブツブツの跡がが黒い点で残ってます。おそるべし!疥癬ダニ!

余談ですが…疥癬ダニってAB型にしか反応しないのかな?旦那と次女はB型で同じように子猫たちと接していたのにAB型の私たちだけ疥癬ダニアレルギーになったから血液型が関係あるのかな?と思いました。

犬1匹猫3匹、亀が2匹ハムスター1匹、あと人間4人。合計11匹の大所帯で私の声は大きくなるばかりですが、ミドとファドを保護したことで会話が増え、また家族の絆が深まったようです。
子ども達にも命を考えるきっかけになりました。

ミド
うちに来てくれてありがとう。
これからいっぱい楽しく私たちと過ごそうね。

愛ラブ田さん、猫ちゃんを保護して下さって、ありがとうございます!m(_ _)m

お疲れさまです!m(_ _)m
愛ラブ田さん優しいコメントを読みました(*^o^*)
子猫を二匹、保護して下さりありがとうございます☆
あずにゃんさんも、猫ちゃん一匹引き取ってくださりありがとうございます。m(_ _)m

どなたか、疥癬ダニによくきく薬をご存じありませんか?
できたら、人間に良く効くものもあって欲しい(><;)

家にあるタヌキの本によると、
疥癬は飼い犬からうつる皮膚病なんですね。
イヌヒゼンダニの寄生が原因。
タヌキにもうつります。

もうダニはいないと思いますが(^_^;A
感染力が強いので先住猫達にも注意してあげて下さいね。
念の為、他の感染していない子供達にうつらないよう、こちらも注意を(*_*)

体じゅうが痒く、足でポリポリかいて傷だらけになり、やがて全身の毛が抜けるらしいです。

ミッション☆熊本に問い合わせしました

皆さん、連日ブログ活動ありがとうございます(*^_^*)

ミッションの問い合わせを熊本県にしましたので、報告しますね。

1月28日(水)、9時20分、熊本市動物愛護センター(096-380-2153)に電話をしました。

イデさん(男性職員)が対応してくださいました。

【殺処分方法】

麻酔注射で殺処分しています

(炭酸ガス処分機は使っていません)

熊本市動物愛護センターでは現在、だいたい犬を70頭、猫を30頭、譲渡に向けてお世話しているそうですが、

どうしても攻撃性が直らない子や、

事故で負ったケガの治療はするけど、重傷でどうしようもない子や激しい苦痛を伴っているときに、楽にしてあげようという判断で安楽死の注射を打つそうです。

【収容期間】

決まっていないが、公示期間は3日間です。

熊本市動物愛護センターは、引き取ってほしいと連れてきた人に対して…

・最期まで飼い続けるよう説得する

・新しい飼い主さんを探すようにお願いする

・なかなか新しい飼い主さんが見つからないときは、個人で新聞などに載せてもらうようアドバイスする

などの対応をしてらっしゃいます。

それでも引き取ってほしいと連れて来た人には、「殺処分します」と伝えているそうです。

実際は、市の職員とは別に、トリマーやトレーナーなどの資格を持った人を【嘱託職員】として5名を雇い、譲渡されるまでお世話をしています。

ではなぜ、「殺処分する」と言うのか?

それは、動物愛護センターに連れて行けば世話をしてくれるとか、新しい飼い主を見つけてくれると安易に考える人が増えてはいけないからということ。

それと、家族内で「センターに引き取ってもらうということは、殺すということだ」と話し合い、意見は一致しているかを質問するそうです。

それは、10年以上前(熊本市がまだ殺処分をしていた時)の話ですが…

父親は殺してもいいと思い連れてきたが、それを知らずに、後日娘さんが連れて帰るとセンターを訪れたそうです。しかし、その犬は殺処分された後で、娘さんは「どうして殺したの!?」と怒ったことがあったとか…。

そのような行き違いがないように、「殺処分する」とおっしゃるそうです。

私は、この「家族内で話し合って意見は一致していますか」という質問は、とてもいいなぁと思いました(*^_^*)

センターと飼い主家族の行き違いも問題かもしれませんが、

「動物愛護センターに引き取ってもらうということは、今かわいがっているペットを殺すということなんだよ」と子どもも一緒に話し合うことで、

動物たちの悲惨な命の行く末を知り、「それはダメだ!最期まで飼おう!」と家族で優しい気持ちを取り戻せるチャンスになると思うからです。


熊本市動物愛護センターのホームページには、一頭一頭の写真と性格を載せて、「しつけに自信のある人がいいと思う」など新しい飼い主さんの性格希望も書かれていて、一生懸命お世話されていることが伝わってきます(*^_^*)

また、譲渡されたワンちゃん、猫ちゃんのその後も載っていて、ずっと彼らのことを思っていることも解りますね。

ただ、残念なことに、熊本市は地域猫活動が拡がらないらしく、あまり力を入れていないようです。

避妊去勢の助成金は、【熊本市動物愛護推進協議会】が1頭5千円を出しているそうです。

イデさんには分かりやすく話していただきました。

最後にお礼と、これからも日本の動物の殺処分を減らすリーダーとしてがんばってくださいとお願いをして、電話を切りました。

☆☆☆

次に、

1月28日(水)、9時43分、熊本県庁 健康危機管理課 乳肉衛生班(096-333-2248)に電話をしました。

ナスさん(女性職員)が対応してくださいました。

熊本県は、熊本市以外の地域を管轄し、下記の10の保健所があります。

・山鹿(やまが)保健所

・菊池(きくち)保健所

・阿蘇保健所

・御船(みふね)保健所

・八代(やつしろ)保健所

・水俣(みなまた)保健所

・人吉(ひとよし)保健所

・有明保健所

・宇城(うき)保健所

・天草保健所

これらの保健所から、県の施設「動物管理センター」一ヶ所にに集められ、そこで犬や猫が殺処分されています。

【殺処分方法】

子犬や子猫は麻酔注射で殺し、その他を炭酸ガスで殺しています。


【収容期間】

各保健所で、犬を4日~1ヶ月、猫は長くて14日間収容し、センターへの移動後は1~2日で殺処分されます。

殺処分数を減らすために、熊本県がしていることや、これからしていくことを質問しました。

ナスさんが教えてくださったのは…

・引き取り数を減らす

平成16年度に

犬は7,495頭、猫は3,776頭引き取られています。

それを平成35年度には、それぞれの引き取り数を1,900頭ずつにする。

・譲渡、返還数を増やす

ボランティアさんに助けてもらっているので、それを続ける。


・「最期まで育てよう」の啓発ポスターをコンビニやスーパーマーケットに貼ってもらう。

以上のように、目標値やポスター配布について答えてくださいましたが、引き取り拒否のための具体的な実践例は教えてもらえませんでした。

それに、ポスターを配布しただけで、「是非貼ってください」とお願いもしていないようですし、貼ってもらっているかなどの確認もしていません(>_<)

それではせっかくのポスターも意味がないよ~(>_<)と思い、是非貼ってもらうように確認してはどうですか?とお願いしましたが、

「全店舗を確認するのは難しい」と言われてしまいました。

地域猫活動についても、「拡がらないから」といって、拡げるための計画も考えていないようです!

避妊去勢の助成金も出ていません。

最後にお礼と、殺処分を減らすために様々な計画を立てて、努力してくださいとお願いをして電話を切りました。

ナスさんは感じよく対応してくださいましたし、「私たちも殺処分数を減らしたいと思っています」とおっしゃっていましたが……

殺処分数を減らすという目標達成のために、具体策を考えて実行していただきたいです!

まずこれからやってみようと他の自治体では始めている【避妊去勢の助成金】や【地域猫活動】を取り入れるべきだと思います。

口先だけで「殺処分数を減らしたい」とおっしゃってるなぁと残念な気持ちになりました。

熊本県はもっと様々な活動をするべきだと思います!o(^-^)o

机に座っているだけでは、殺される犬や猫は減りません。

動物愛護に携わる公務員の中には、最期まで育てない飼い主の責任だとおっしゃって、世論をそこへ落ち着かせようとする方がいますが、それだけではないですよ。

ペットショップやブリーダーの規制もできますし、

炭酸ガスでたくさん犬や猫を殺していること、それをゼロにしたいことを県民の皆様に宣言することや、

避妊去勢の大切さを知ってもらうこともできます!

面倒臭がらず、動物の命のためにもっと努力してほしいです!

どうか殺処分数が減り、ゼロになりますように!!o(^-^)

愛ラブ田さん、あずにゃんさんへ

こんばんは、アグネスです。
愛ラブ田さん、そして次女さん、弱っている猫を保護して下さり、ありがとうございました。

大量のノミに血を吸われて、目が腐ってしまっていたオス猫のファド君は、どれほど苦しくて不安だったことでしょう。
メス猫のミドちゃんも衰弱して、不安でたまらなかったと思います。

コメントを読んでいて、福まる君を保護した時のことを思い出しました。
福まるも衰弱が激しくて、動物病院から高カロリーの療法食の缶詰を出してもらい、注射器型のポンプで少しずつ口の中に入れて食べさせていました。

あずにゃんさんがファド君の里親さんになって下さったんですね。良かったですね。
あずにゃんさん、ファド君の里親さんになって下さり、チャチャという名前を付けて家族に迎え入れて下さり、ありがとうございます。

元気な子猫もかわいいのですが、本当に弱っていて助かるかわからない状態だった子が元気になっていくのは、うれしさや可愛さが何倍にもなり、何とも言えず愛おしくなりますね。

ノミやダニに噛まれて大変だったそうですが、アグネスのおすすめの塗り薬は
「フルコート」というチューブに入ったクリームタイプのものです。

抗生物質も入っているので、湿疹、かぶれ、皮膚炎、虫刺されだけでなく
猫の爪切り中などに引っかかれた時の傷にも使えます。

あまりひどくない痒みの時は、チューブに入った、ベビームヒがおすすめです。赤ちゃん用なのですがよく効くし重宝します。

動物病院で出してくれる目薬も、一般的なゲンタロールという目薬と、化膿がひどいとき一日に朝昼晩の3回くらいを上限に使用する抗生物質の入った、フルオロメトロンという目薬がありますので、状態によって使い分けるといいと思います。

福まるは、ゲンタロールを一日に何度もささないと結膜炎が進行するので、重宝しています。
鼻づまり、くしゃみの症状があり、抱っこしているときに、顔にブシュンと鼻水を飛ばされることが多々あるアグネスからのお薬情報でした(^O^)

コロワンさん、アグネスさん情報ありがとうございます(-^〇^-)

皆さんいつもブログ活動やパトロールお疲れ様ですm(_ _)m

コロワンさん、アグネスさんコメント下さりありがとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
そういえば何年か前も毛の抜けている野良犬や野良猫を見かけました。疥癬ダニとは知らずナデナデしてました(^_ _^)ヽ(・ω・`*)

皮膚科の先生が言ってましたが人間の疥癬ダニと動物から移る疥癬ダニはまた別物と聞きました。
動物から移った疥癬ダニより人間に寄生する疥癬ダニはもっと重症らしいですσ(^_^;)

とにかく先住動物たちに疥癬ダニが移ってないか心配だったのでペットショップでサンスポットとダニノミ取り粉を買ってきて愛(猫)ラブ(猫)田(犬)をシャンプーしサンスポットで様子を見てもうすぐ半年になります。今のところ大丈夫なようで安心してますε-(´∀`*)ホッ

アグネスさん、疥癬ダニの痒み、猫の引っかき傷に効くお薬や目薬など教えて下さりありがとうございます♡『フルコートとベビームヒ』常備しておきます(*^_^*)
今回、あれほど衰弱している子猫を保護したのは初めての事で…何度も死んでしまうかも~(T-T*)と思いながらファド君の様子をみてました。生きてくれて本当に良かったです󾭠󾭠󾭠
そして疥癬ダニも含め良い勉強になったと思ってます󾭠󾭠󾭠󾬌
いつも、動物達にとって良い情報をたくさん教えて頂きありがとうございます(*^_^*)
もっと早く相談するべきできしたヽ(・_・`)反省…󾭜
また、困ったことがあったらお助け情報お願い致しますm(_ _)m

コロワンさん疥癬ダニの情報やご心配下さってありがとうございました󾭠󾭠󾬌o(*゚▽゚*)o
引き続き動物たちの皮膚の状態気を付けて見るように致します(≧▽≦)ゞ

これからもよろしくお願いします。ありがとうございました󾬌

こんにちは!

お久しぶりです、あずにゃんです*
愛ラブ田さんに続きコメントさせていただきます(*^^*)

私が引き取ることになったファド改めチャチャですが、愛媛から大阪までの新幹線の中では寝ていたのかぐったりで…
外出させたせいで弱ってしまっていないか心配で、カゴの隙間からずっと手を入れてなでなでしながら大阪まで帰ってきました(>_<)

我が家に来て、心配していた下痢もすぐに止まり、トイレをなかなか覚えられずベッドやソファー、カーペットが大変なことになりましたが砂を何度か変えることで慣れてくれることができました\(^o^)/
また、愛ラブ田さんが連れて行ってくださった病院では見えることはないと言われていた右眼ですが、成長し目が大きくなってくると徐々に変わり、今では眼球に一点白いモヤがかかっている程度でとっても綺麗になっています!
光っている感じはあまりありませんが、瞳孔も開いたり閉じたりしますし、動くものをしっかり目で追いかけることができています(*^^*)

ちゃーくんは元野良ちゃんと思えないくらい甘えんぼで、私がお仕事から帰ると玄関で「うんみゃー」と言いながら、床でゴロゴロして喜びを表します(^-^)笑
それから自分が満足するまで抱っこされ、ずっと私にべったりです♩
寝るときは私の隣で、もこもこパジャマをお母さんと勘違いするのか、「ゴロゴロ〜」と喉を鳴らし、おっぱいモミモミチュッチュしながら寝るので、とても可愛いです*
甘えんぼなちゃーくんの趣味はお散歩で、逃げ出さないように首から下だけ洗濯ネットに入りストールにぐるぐる巻で抱っこされ、お外をお散歩するのが大好きみたいです(^-^)/
うちはマンションの7階なので、お外で色んなものが見えるのがとっても楽しいみたいです(*^^*)

愛ラブ田さんが保護してくださりうちに来た時はガリガリだったチャチャですが、今では生後7ヶ月で3キロを越す立派な猫になっています!
よく食べ、よく動き、よく寝るとっても元気な子です*
初めての猫との生活に心配なことや不安なこと、困ったことがたくさんで毎日のように愛ラブ田さんに電話して助けを求めていましたが…
いまの私にとってチャチャはとても癒しで、いなくてはならない存在です(^o^)
保護してくださって愛ラブ田さんの娘さん、里親として私に引き渡してくださった愛ラブ田さん、本当にありがとうございます*

アグネスさんもコメントありがとうございます(*^^*)
福まる君も保護した時はそんな状態だったんですね…
おっしゃる通り、最初はガリガリで弱々しかったチャチャが元気になり、甘えんぼで活発で、活発すぎて困ることもありますが(笑)すごくすごく可愛いです!!
たくさん苦しくて辛い思いをしたちゃーくんに、これからもたくさんの愛情を注いで育てていきます(*^^*)

一人暮らしの飼い主さんが孤独死した後、残されるペット達急増!『皆さん、対策はされていますか?』愛媛県でも1月に事件がおきていました。

皆さん、いつもSOS活動を本当にありがとうございますm(_ _)m
愛媛県で飼い主が孤独死して、残されたネコ達が餓死寸前に保護されるという事件が起きていたのでコメントさせて下さい。(>o<;)

最近、孤独死という単語をテレビや新聞で見かけることが多いですね。
家庭により事情があることはわかっていても…やっぱり寂しいなぁと思います。

★ネコ12匹の里親募集 孤独死の男性宅で保護 | 愛媛新聞ONLINE
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150115/news20150115798.html

愛媛県松山市の住宅で60代の男性が孤独死していた問題で
1/14、NPO法人えひめイヌ・ネコの会は保護した男性が飼っていたネコ12匹の新しい飼い主を探し始めた。

(以上愛媛新聞ONLINEより、詳細は上記URLよりご覧ください)

こちらのお宅では親戚の方から、ネコにご飯をあげていない等の連絡が団体さんにあり助かりました…発見されるのが遅ければ餓死していたかもしれない危険な状況。
ネコ達が保護され本当に良かった! そう思う反面、1人暮らしでの多頭飼いの怖さを感じませんか!?
ミーママさんも、『犬や猫を飼う場合、自分で最後まで飼える範囲内で、責任を持って飼うことが大切です』と仰っています。

独り暮らしの方でペットを飼われている方は多いけど、皆さん優しい方が多いです。
そんな皆さんだからこそ、我が身のもしもの時に残されるペット達の行く末を、もう一歩だけ踏み込んで、対策を考えて欲しい☆と思いました。

あなたの孤独を癒やしながら、共に生きてきた家族に最後にしてあげられる事です。(*^o^*)

う~ん…でも、対策って具体的にどんなものがあるのかな?そう思い調べてみました。

★飼い主が孤独死したら…愛するペットはどうなる?
http://nikkan-spa.jp/785771

◆飼い主が自分の亡き後にペットの飼育費の管理を任せる信託サービス。

NPO法人や企業が仲介し、ペットの余命分の飼育費(25万~30万円/年)を信託銀行や信託会社に預けるというサービス。

飼い主が病気や怪我、死去してペットの世話をする事が不可能となった場合、仲介しているNPO法人や企業がペットを引き取り、里親を探し、新しい飼い主にエサ代を支払う仕組み。

※この信託サービスを運営しているNPO法人「ペットライフネット」

◆老犬ホーム
御自身や犬の身体的な理由で動物をホームに預ける事が広まっているようです。
月額3万ほどで預けた例が参考した記事にありました。

どんなにペットを大事にされていても、自分も年齢を重ねると身体も上手く動かなくなって、気持ちの余裕もなくなる時があるかもしれません。
どちらにとっても良い関係が築けるなら、これも良い選択肢の一つ。
近場の施設や経験者に相談しても良いと思いますよ。誰かに話す事で、悩みは解決しなくても気持ちが楽になったりします。(^^)

※ただ、老犬ホーム選びは慎重に!
話を聞くだけでなく、自分の目で施設を見学することをオススメします。中には悪徳業者が存在します。

◆ペットも一緒に入れる霊園
ペットの名前を刻んだり、ペットをかたどったお墓もあるそうですよ。

↓ここからコロワンの補足情報です↓
本来、ペットと同じお墓に入ることは法律的に違法ではありませんが、
墓地管理者から許可されない霊園や公営霊園・墓地ではいまだにペットを一緒に埋葬することは認められていません。

もし、ペットと一緒にお墓に入りたいと考えている方は、許可されている墓地を探されて、家族や親戚にも話をされて下さいね。

『withペット葬』
ペットと一緒に入れるお墓の提案を、この名称でメモリアルアート大野屋さんがしています。
withペットのお墓がつくれる霊園は以下です。

・岩槻光輪浄苑(埼玉)
・奥多摩霊園(東京)
・八王子メモリアルパーク(東京)
・町田いずみ浄苑(東京)
・神戸山田霊苑(兵庫)

この他に、樹木葬という墓石の代わりに樹木を墓標として遺骨を地中に埋葬する葬送方法もあり、この方法でもペットと共に入れるようで、
いろんな方法が増えているんだなぁ~と驚きました!(@_@)
(withペットや霊園についての詳細は下記URLをご覧下さい)

・メモリアルアートの大野屋
http://www.ohnoya.co.jp/company/news/2013/008631.shtml

(記事に書いてあった事は、以上です^^)

↓補足として、ペットと一緒に入れる老人ホームも紹介しますね。
>
>★さくらの里 グループ|社会福祉法人心の会|神奈川県横須賀市
>http://sakura2000.jp/mobiles/index/8/
こちらは猫ちゃんママさんが一度コメントされていた施設です。(*^o^*)殺処分されそうな子達を引き取る素晴らしい活動もされています。
☆全国に広まってほしいですね☆


これらの対策は、いずれも多少のお金を必要としますし、すべての県でサービスを提供しているわけではありません。

えっ!これ老人ホームに毎月13~17万も払うの?
高すぎる!金銭的に余裕ないし無理よ~愛護団体に問い合わせなんて無理だし((*_*)自分は元気だし、ピンピンコロリと自宅で死にたいし、ホームなんて入りたくない(>_<;))

↑こう思う飼い主さんは多いと思いますので、そんな方は『親しい方や身内の方に早めに話をされたり、ご近所に飼ってくれる方がいないか、地道に探す方法』が敷居が低くて取り組みやすいと思います。

ご近所と交流の多い方や、通所のデイサービスに行ってる方なら、他者との交流もあるから話をしやすいかな?

むずかしく考えず、まずは「興味のある情報を読んで見る」事からはじめ、知識を増やせばお友達との話にも役立つと思います。

こうして調べていて分かりましたが、数年前に比べると、老犬ホームやペットと一緒に入れる老人ホームが想像以上に増えていますね。
次は、どこの県にどれだけの施設があるのか?分かる範囲で調べてコメントしたいと思います。

このコメントが、少しでも皆さんの参考になりましたら嬉しいです。o(^-^)o
ここまで読んで下さり、ありがとうございました。m(_ _)m

3本足のクロちゃんとボンゴ君ママが笑顔を取り戻せますように。

海ちゃんさん、いつもワンちゃん・猫ちゃんにフードを届けて下さりありがとうございます。
1月20日のSOSブログに、海ちゃんさんのコメントがアップされていたのを読みました。
民家に仕掛けられた、山で猟をする時に使用するトラバサミによって、左足首がちぎれ落ちて3本足になってしまったクロちゃんのお話を知り、恐ろしい罠を自宅の庭に仕掛ける人がいるんだと驚きました。
非常に怖い体験をしてしまったので、クロちゃんは人間不信になってしまったのですね。
警戒して人を寄せ付けなくなってしまったクロちゃんの左足が、壊死していなかったことは本当によかったです。
海ちゃんさんやクロちゃんをお庭に住まわせてくれる近所の方やご飯をあげてくださる方がいて、クロちゃんがこれから安心してくらしていけるといいですね。
ボンゴ君ママも怖い体験をしたんでしょうね。
どうかボンゴ君ママと3本足のクロちゃんが再び人間を信頼してくれる日まで、捕獲され愛媛県動物愛護センターで殺されることがありませんように。
時間はかかると思いますが、いつかクロちゃんとボンゴ君ママも、わさび君のようにニッコリ笑顔になってくれるといいですね。

犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR