犬達のSOS☆売上低迷の高知の建設会社田邊工務店は、犬猫捕獲殺処分(高知県小動物管理センター)業務を入札で高知県庁から得て、今期はその契約期間が切れる!しかし、また裏で接待や贈答品やワイロの談合か!?犬猫を殺す事で税金からお金儲け2015年1月25日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10
*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位
 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/1/25
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位
 2014/5/15~10/26・12/16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24・10/27~12/15・12/17~2015/1/25)


pa-c-02.jpg 
2015/01/25 島の恵さんコメントです 
高知県小動物管理センターの委託先の決定方法は巧妙に仕組まれた出来レース!

ブログの皆さまこんにちわ。
「高知県小動物管理センター」の運営委託について、調べてみました。

高知県庁のHPを見て少し焦ったのですが、今まさに、H27年4月から3年間の委託先を募集しているところでした。
募集要領にはこうありました。
まず、委託先の決定方法は、通常官公庁がおこなう【入札】ではなく、【公募型プロポーザル方式】というものでした 

【公募型プロポーザル方式】とは、運営の委託を希望する者から運営方法の「企画」を提出させ、その内容が最も優れているものを委託先に選定するという、なんとも高知県庁職員の意向を反映しやすい、癒着先を優先できる、まったく公平な競争にならない方式です。

【入札】であれば、価格のみで競争されるため、田邊工務店が負けることがあるため【プロポーサル方式】を採用したのでしょう。

高知県庁職員のずるがしこさと、癒着に対する執着に驚きです。
また、この不公平な競争に参加する要件のうち、気になるものとして、

①法人格があること
②高知県の「入札参加資格者登録名簿」に登録があること
がありました。

また、他にも、
③説明会(1月27日(火)、申し込みは22(木)まで(>_<)。)への参加
④2月2日までに競争に参加する表明書の提出
⑤2月12日までに企画書の提出
がありました。

なにかにつけて、田邊工務店に有利にできているのが調べれば調べるほどわかります。
ここからは私の提案なのですが、
他県では、犬猫の捕獲・引き取り・殺処分は県の職員がおこない、
譲渡や収容動物の管理など愛護業務のみを委託している自治体もあります。

高知県も、一括に委託するのではなく、まずは愛護業務を切り離して、本当に犬猫達を救って下さる団体に委託するべきではないかと思います。

高知県庁の方には、
愛護団体の人たちに犬猫の世話と譲渡先を探すというセンターの本来の仕事を無報酬でさせると言う都合の良い考えはやめ、
いい加減な仕事と、隠ぺいや経費の二重請求を誤魔化しながら平気でする、建設業の田邊工務店に余分な経費やお給料、ボーナスを減らし、有意義な税金の使い道を開拓していただきたいです。

ppp.jpg 

【※高知県は3年前もプロポーザル方式で田邊工務店に委託決定していました】
可奈ママ調べより

犬達のSOS☆犬猫殺処分率全国最下位級の高知県小動物管理(殺処分)センターのずさん管理発覚!殺処分代行先(田邊工務店)への委託金月約465万円が使途自由で領収書不要のため二重請求気づかず支払い!!2014年3月22日
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-495.html
より以下抜粋

【可奈ママさんが、高知県庁と高知市役所(保健所)に問い合わせ
高知県庁・食品衛生課(TEL088-823-9673)】
(対応は、ヤナガワさん(女性) 16時過ぎ)

以前可奈ママが問い合わせた、H23年当時に次回委託も決まっており、今のところ次回も民間委託する予定とのこと。
3年間で高知県から実際、田邊工務店へ支払われた?実際は領収書もないんだから、最初に決まっていた委託金額は、1億5千907万5千円。

プロポーザル方式と言って、県の出した金額で小動物管理センターの運営を3年間出来る業者を募集した。
24年度分の募集は2社応募がきた。
委託金額は、田邊工務店が示す金額ではなく、高知県が決めた金額でした。
その中で やりくりをしなさいという意味だそうです。

ミーママさんが
『委託金額のみ公示され、実際は何にいくら使われたか収支報告がない上に、領収書すらないわL(・o・)」
民間企業ならとっくに税務所が入ってるわ!
ずさんな、どんぶり勘定で税金を使い、県や市は委託先の田邊工務店に対する管理調査義務を、怠っています( ̄o+ ̄)』
の疑問通り収支報告は、ホームページ等で開示していない。
とのことです

昨年4月から 委託が更新されたのだから 3月に、三年間で実質いくら 委託金の中から使ったか、一円単位まで収支を出しホームページ等に収支報告を計上しないといけないはずです。
(・o・?) 何故、開示していないか?
と聞くと
『どうしてするんですか?(`ε´)』
と言われました(-_-;)

これが、仮にも県の公務員の回答やろか?
もしかして裏口入所で公務員になっちゅう?
アタシらの数倍はオツムが本当は弱いがか(・o・)?
そうにちがいない!
そうやき!
こんなんじゃあ高知はいかんぜよ!

IMG_1590.jpg 

高知市役所・生活食品課(TEL088-822-0588)
(対応は、ヤナギモトさん(男性) 14時50分)

一年間で高知県から田邊工務店に言われて支払った金額の、36・2%を高知市が高知県に支払う。@ @ @=(-_-;) 意味がわからんがよ?
委託金36・2%と委託金とは別に、★備品整備費用★の36・2%も言うたがよ(・o・)委託金以外に、払われちゅう税金もあるちゅうことやがよ。
高知県から高知市へ毎年・年度末に請求がきても、備品整備費用の領収や、いくらかかった、などは高知県から高知市に報告はなく、鵜呑みにして払うそうです。
(高知市・高知県共に確認済み)

【高知県庁と高知市役所(保健所)の委託金についての回答があいまいに違って、疑問に思ったところ(・o・)】
高知県庁では、
「高知県が決めた金額を支払いその中で、やりくりするように」
と 田邊工務店に言っていましたが、
昨年、高知市役所職員が私、可奈ママに答えたんは
【一年度に かかった金額を田邊工務店側が高知県や市に、請求し県と市が分担して払う】
と言い分が違うから、そのことについて高知市保健所に聞くと、
「どうしても突発的に、必要なお金が発生する」
と言っていました。

@=(-_-;)やっぱり委託金以外に税金が流用されちゅう!!
田邊工務店側は、
「(`ε´)知らない!必要ない」
と開き直っていましたが、県や市の職員に突き詰めて聞くことにしましたが、
可奈ママの調査文は、お子ちゃまの様な文章なので、犬達のSOSの皆様が、大人の文章に直してくれるのに、時間がかかるき(-_-;)
続きは、もうちょっと待っちょいてね。

2015010223245699f.jpg



2015/01/28 愛をまといたい高知の可奈ママさんコメントです 
高知県小動物管理センター★平成27年度(平成27年4月1日~)から3年間の業務委託業者について問い合わせました( ̄0 ̄)/

皆さん、連日連夜お疲れさまですm(__)m☆☆
島の恵さん、お仕事をされながら、小さなお子さんの育児や家事にお忙しい中高知県小動物管理センターの委託について、いろいろ調べて下さりありがとうございますm(__)m
猪走行高知の可奈ママ☆うれしいがよぉ~o(^o^)o

実は可奈ママも、高知県小動物管理センターについては、前から色々きになっちょったき、ちょいと電話してみたがよ(^o^)
高知県小動物管理センター業務の田邊工務店への委託は、今年満了となります。(平成27年3月31日まで)

ミーママさんからのアドバイスを基に、
来年度の(27年度・平成27年4月1日から)高知県小動物管理センター業務の委託先について
高知県庁食品衛生課に問い合わせをしたので報告させて頂きます。
(今回は短い報告やき(^w^)ちょっと☆かしこまった書き方の報告ができるかも(*≧∀≦*))

IMG_1596.jpg

【高知県庁食品衛生課】
(高知県庁代表番号=088―823―1111)

1月26日(月)12時30分
受付から食品衛生課に繋いでもらうと、男性職員さんに(名前は後でタケノウチ獣医が《林》氏と教えてくれました)

『もしもし?動物愛護のことですか?ひょっと高知市にお住まいの方ですか?』
と唐突に聞かれ、高知市に住んでいることを伝えると

『高知市保健所が所管になりますんで。。。』
と、私の用件も聞かず高知市保健所に電話するよう言われました(;>_<;)
でも林氏は、食品衛生課ではあるが動物愛護担当ではないとのこと(ーー;
担当者に代わってもらいました。

対応してくれたのは、タケノウチ女性職員。(獣医)

挨拶を交わし、
『今お昼休みじゃないですか?大丈夫です?』
って聞くと
『大丈夫ですよ(^-^)』
と感じ良く答えて下さったので、質問に入りました。

タケノウチ獣医から聞いたことは
《高知県小動物管理センターの平成27年度の業務委託先は今募集していて、
現時点で田邊工務店と高知県内の愛護団体など、いくつか手が挙がっている。》
ということ。

タケノウチ獣医は
『委託業務担当ではないので詳しいことは分からない。』
とのこと。
担当はヤナガワ女性職員で、この時お昼休みに出ていました。
『夕方もう一度かけ直させて頂きます。』
と伝え、お礼を言って電話をおきました。

pa-w-01.jpg


同日16時30分に再度問い合わせました。
対応は 相変わらず歯切れ悪く話されるヤナガワ職員(女性)

ヤナガワ職員からは
平成27年度からの高知県小動物管理センター業務委託の募集について教えてもらったことは、

●1月27日に開催される説明会参加の締め切りは《1月22日》
●表明書の締め切りは《2月2日》
●提案書の締め切りは《2月12日》

●現時点で高知県小動物管理センター業務委託の説明会に参加する会社は(委託業務に応募予定の会社)
はっきりとは分からないが、
募集要件は満たしている。

●高知県小動物管理センターの業務委託先は推進委員会で推進員さん(審査員)が協議し決定する。
ということ。

田邊工務店や高知県内の愛護団体を含め、全部で何社手が挙がっているか?
推進員さんは何名か?
など、詳しいことは
『開示請求してください。個人情報もありますから……』
と言い、何名・何名という数も教えてもらえませんでした。

そこで、食品衛生課のタケウチ課長に(はっきりした物言いの女性)代わってもらいました。

タケウチ課長さんから
《現時点で田邊工務店と愛護団体含め3社から委託の手が挙がっている。》
ということだけ教えてもらいました。

高知県小動物管理管理センターの業務委託先を決めるのは委員会さんとのことですが、タケウチ課長の方から
小動物管理センターに入ってきた犬や猫は、
【殺せ】の方針だった高知県でしたが、
今は【生かす】ほうにも目が向いている高知県。
高知県小動物管理管理センターの業務委託先を決めるのは委員さんで、県庁職員協議しないとのことですが、プレゼンには同席するそうです。

そこで、
『タケウチ課長から委員の方に、愛護も考えた業務を行ってくれるところを公平に選んで頂くように言うてはもらえんがです?』
と聞くと
『言います!それはさせてもらいますね』
と言い、

『狂犬病予防法に基づいて。。。捕獲業務もしてもらわんといかんけど…』

と50年以上前に日本国内から根絶された狂犬病予防法を盾に、野犬捕獲を正当化していました( ̄^ ̄)

また、日本は(入国許可の際)検疫がかなり厳しく、狂犬病が入ってくることなど、ほぼあり得ないのに、高知県小動物管理センターのホームページには、狂犬病について恐怖心を煽るように書いてあります( ̄^ ̄)

平成27年4月1日からの、高知県小動物管理センターの業務が、行政の目ばかりを気にせず、真剣に動物愛護に力を入れて下さるところに委託が決定されるよう少々期待したいと思います。

皆さんm(__)m高知県の犬猫業務が改善されるよう、いろんな調べ物や問い合わせ、嘆願などを続けて下さってm(__)m本当にありがとうございますm(__)m☆☆

アグネスさん☆猫ちゃんママさん☆高知県庁問い合わせまとめのアドバイスや確認をして下さり、ありがとうございましたm(__)m☆☆

20150101203321c3d.jpg 




【コメント投稿のご案内】  

パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

地域猫、オカマちゃんが増えていくのは。。。

こんばんは。

1月10日に〝みゆきっち〟さんには伊予市の海側地区の
縄張り争いして、傷だらけのオス猫ちゃんがいることを、お知らせして気にかけてくださいとお願いしました。
1月10日、猫ちゃん達のパトロールと宅配ご飯をあげていたら、私の後ろでボス猫と、他の猫が
ニャニャニャニャo(=`へ'=)○!ギャニャ~ン(=`o´=)ふんぎゃあ~ニャン!!!
と激しく取っ組み合いが始まり「これっ!止めんか!」と怒ったら、私の声に一匹は一目散にピヨーンと逃げて行きました。
その後、ボス猫もいなくなりました。
あまりの速さに、どんな色の猫ちゃんか分からず、大きな怪我でなかったら(^o^;)
と探しましたが分かりませんでした。
それで〝みゆきっちさん〟に
海地区に行った時は、気をつけてもらうようにお願いしたんです。
私もそれから行ったときは、ぐるぐる回って探していたのですが、会えませんでした。
猫ちゃんボランティアのBさんにもお願いしました。

一昨日帰ろうと橋を渡ったら、顔に怪我をしたお腹が白でキジ猫?を見かけました。
(^o^;)結構酷い傷になっていました。
ミーママさんがみゆきっちさんから
連絡を受け
治療が必要なら、
治療費はダンススクールの募金箱がいっぱいにまたなっているから、ミーママさん達指定の獣医さんで、治療なら治療費は出すし、里親さんが見つかったり飼えるようなら、
去勢避妊もさせてもらいますよ
と言われたそうですが
傷は、もう乾いているようにも見えましたよ(^O^)
キジ猫?ちゃんは、私を見て一瞬どうしょうかと戸惑った様子でしたが、ピューンと
逃げて行きました。

その後ボス猫にも会いました。
ボス猫も二回分の傷がありました
(1月12か13日、ボス猫と白猫が取っ組み合いの喧嘩をして、後には白い毛が皮膚がついた状態で、たくさん落ちていました(^o^;)
男って、子供の頃はかわいいのに、一才もなって男性ホルモンみなぎると、フンゴロニャアアアアア~シャア~って、
餌場とメス猫ハーレムの縄張り争いして、試合が終わったあとのボクサーみたいになるんですからねえ(^o^;)

去勢して、オカマちゃんになってもらえば、うちの子達みたいに
大人しく甘えん坊になるのにねえ・・・

また、みゆきっちさんにお知らせいたしましたよ。
ボランティアのA男さんにもお話しすると、白猫は海地区にいる猫で滅多に会わないから、捕獲は無理と言われてしまいました。
2~3日前に白猫ちゃんに会ったので、近寄って缶詰めをあげて、傷の様子を見てみましたが、始めの猫ちゃんほどではなかったようでしたね。
警戒心があり捕獲は無理かも。

ボス猫は目やにが出ていて目薬をさしてあげました。
今エリアには、猫のクラミジアの疑いがあり結膜炎が流行っていて
去勢避妊してあげていた猫ちゃんのうち〝もつき〟も片目が開きません。
それで獣医さんへ連れて行きましたので、目薬をもらっています。

目薬をさしながら見ると、ボス猫も怪我の跡が、痛々しかったです。
計四匹ほどの猫ちゃんに目薬をさしました。

こちらは、虐待する子供や大人が、以前のようにはいませんよ

我が家はとうとう、オカマちゃんにもなってもらった保護八匹と
庭にも野良ちゃん達
主人は以前のようには目を三角に(`▲´)して
錯覚か?何匹いるんだ?一匹
二匹?お?柄が?三匹?
お?目が悪くなったか?大きさが?(`▲´)
あれ?さっき、そこにも猫がいたよーな

痒いな?
何かのじんましんかな?(`▲´)?
が少なくなったように思います。
文句を私に言ったら、ご飯が美味しくなくなるからしょうがありませんよ(^O^)
人間も犬猫も産まれてはいつか、消えていく命
笑っていられる時間が 多ければいつか 別れの時も涙でみつめあい優しく見送って あげられる
とミーママさんに以前 お聞きしましたからねえ (*^^*)

高知県小動物管理センター★平成27年度(平成27年4月1日~)から3年間の業務委託業者について問い合わせました( ̄0 ̄)/

皆さん、連日連夜お疲れさまですm(__)m☆☆

島の恵さん、お仕事をされながら、小さなお子さんの育児や家事にお忙しい中高知県小動物管理センターの委託について、いろいろ調べて下さりありがとうございますm(__)m
猪走行高知の可奈ママ☆うれしいがよぉ~o(^o^)o

実は可奈ママも、高知県小動物管理センターについては、前から色々きになっちょったき、ちょいと電話してみたがよ(^o^)

高知県小動物管理センター業務の田邊工務店への委託は、今年満了となります。(平成27年3月31日まで)

ミーママさんからのアドバイスを基に、
来年度の(27年度・平成27年4月1日から)高知県小動物管理センター業務の委託先について
高知県庁食品衛生課に問い合わせをしたので報告させて頂きます。
(今回は短い報告やき(^w^)ちょっと☆かしこまった書き方の報告ができるかも(*≧∀≦*))

【高知県庁食品衛生課】
(高知県庁代表番号=088―823―1111)

1月26日(月)12時30分
受付から食品衛生課に繋いでもらうと、男性職員さんに(名前は後でタケノウチ獣医が《林》氏と教えてくれました)

『もしもし?動物愛護のことですか?ひょっと高知市にお住まいの方ですか?』

と唐突に聞かれ、高知市に住んでいることを伝えると

『高知市保健所が所管になりますんで。。。』

と、私の用件も聞かず高知市保健所に電話するよう言われました(;>_<;)
でも林氏は、食品衛生課ではあるが動物愛護担当ではないとのこと(ーー;
担当者に代わってもらいました。

対応してくれたのは、タケノウチ女性職員。(獣医)

挨拶を交わし、
『今お昼休みじゃないですか?大丈夫です?』
って聞くと
『大丈夫ですよ(^-^)』
と感じ良く答えて下さったので、質問に入りました。

タケノウチ獣医から聞いたことは
《高知県小動物管理センターの平成27年度の業務委託先は今募集していて、
現時点で田邊工務店と高知県内の愛護団体など、いくつか手が挙がっている。》

ということ。

タケノウチ獣医は
『委託業務担当ではないので詳しいことは分からない。』
とのこと。
担当はヤナガワ女性職員で、この時お昼休みに出ていました。
『夕方もう一度かけ直させて頂きます。』
と伝え、お礼を言って電話をおきました。

同日16時30分に再度問い合わせました。

対応は 相変わらず歯切れ悪く話されるヤナガワ職員(女性)

ヤナガワ職員からは
平成27年度からの高知県小動物管理センター業務委託の募集について教えてもらったことは、

●1月27日に開催される説明会参加の締め切りは《1月22日》
●表明書の締め切りは《2月2日》
●提案書の締め切りは《2月12日》

●現時点で高知県小動物管理センター業務委託の説明会に参加する会社は(委託業務に応募予定の会社)
はっきりとは分からないが、
募集要件は満たしている。

●高知県小動物管理センターの業務委託先は推進委員会で推進員さん(審査員)が協議し決定する。

ということ。

田邊工務店や高知県内の愛護団体を含め、全部で何社手が挙がっているか?
推進員さんは何名か?
など、詳しいことは
『開示請求してください。個人情報もありますから……』
と言い、何名・何名という数も教えてもらえませんでした。

そこで、食品衛生課のタケウチ課長に(はっきりした物言いの女性)代わってもらいました。

タケウチ課長さんから
《現時点で田邊工務店と愛護団体含め3社から委託の手が挙がっている。》
ということだけ教えてもらいました。

高知県小動物管理管理センターの業務委託先を決めるのは委員会さんとのことですが、タケウチ課長の方から
小動物管理センターに入ってきた犬や猫は、
【殺せ】の方針だった高知県でしたが、
今は【生かす】ほうにも目が向いている高知県。
高知県小動物管理管理センターの業務委託先を決めるのは委員さんで、県庁職員協議しないとのことですが、プレゼンには同席するそうです。
そこで、
『タケウチ課長から委員の方に、愛護も考えた業務を行ってくれるところを公平に選んで頂くように言うてはもらえんがです?』
と聞くと
『言います!それはさせてもらいますね』
と言い、

『狂犬病予防法に基づいて。。。捕獲業務もしてもらわんといかんけど…』

と50年以上前に日本国内から根絶された狂犬病予防法を盾に、野犬捕獲を正当化していました( ̄^ ̄)

また、日本は(入国許可の際)検疫がかなり厳しく、狂犬病が入ってくることなど、ほぼあり得ないのに、高知県小動物管理センターのホームページには、狂犬病について恐怖心を煽るように書いてあります( ̄^ ̄)

平成27年4月1日からの、高知県小動物管理センターの業務が、行政の目ばかりを気にせず、真剣に動物愛護に力を入れて下さるところに委託が決定されるよう少々期待したいと思います。

皆さんm(__)m高知県の犬猫業務が改善されるよう、いろんな調べ物や問い合わせ、嘆願などを続けて下さってm(__)m本当にありがとうございますm(__)m☆☆

アグネスさん☆猫ちゃんママさん☆高知県庁問い合わせまとめのアドバイスや確認をして下さり、ありがとうございましたm(__)m☆☆

高知県庁食品衛生課に電話しました。

こんにちは~、
高知県の食品衛生課に嘆願の電話をしました。
3年に一度の小動物管理センターの業務委託を決める大事な時がやってきましたね!
今後3年間の高知県での犬・猫ちゃんの命が今までのように殺され続けるのか、もしくわ、たくさんの命が救われ生かされるようになるのか、非常に大事な運命の分かれ道ですね。
ぜひぜひ、たくさんの命が生かされるように活動してくださる団体へ業務が委託されるように推進委員の方々にお願いしてください、っと嘆願の電話をしました。
といっても食品衛生課の方々や高知県職員の方が選ぶわけではないそうなので、どのような方々が推進委員として、小動物管理センターの業務委託先を選ばれるのかお尋ねしました。
今期の推進委員の方はわからないけれど、前回の推進委員の方々は、動物園関係者・獣医師会の方・消費生活センターの方など動物に詳しい方や市民と交流をよくされている方などだったそうです。
犬・猫ちゃんの命を大切に考え、どうしたら生かせれるのか幸せにしてあげれるのかという気持ちで行動できる団体を推進委員選の方々には選んでいただきたいです。
高知県は豊かな自然とおいしい食べ物がた~くさんあります。
もっともっとみんなに愛され、たくさんの方に遊びに来てもらえるような素敵な県を目指して、犬・猫ちゃんの殺処分0も目指して、全国にアピールしていってほしいです。

高知県庁へ問い合わせ、ありがとうございました

こんばんは、アグネスです。
島の恵さん、高知県小動物管理センターの委託先の決定方法について分かりやすくコメントして下さり、ありがとうございました。

高知の可奈ママさん、島の恵さん、ズッキーニさん、来年度(27年度・平成27年4月1日から)の委託先について、高知県庁食品衛生課に問い合わせをして下さり、ありがとうございました。

今年の3月末で、高知県小動物管理センターの運営業務委託先である田邊工務店の委託期間が満了となりますが、来年度の(27年度・平成27年4月1日から)委託先の決定方法が、

高知県では通常官公庁がおこなう【入札】ではなく、【公募型プロポーザル方式】というもので、高知県庁職員の意向を反映しやすい、癒着先を優先できる、まったく公平な競争にならない方式というインチキ臭い方法だと言う事が良くわかりました。
県民から預かった税金を懐に入れるために考えられたシステムですね。

可奈ママさんが、昨年2月に高知県健康政策部・食品衛生課(ヤナガワさん)に、高知県から田邊工務店に支払われた【委託金】について問い合わせて下さった金額が、

平成21〜23年が 1億5907万5千円、
平成24〜26年が 1億6747万5千円
(年間約5千500万円)
詳しくは、下記の記事をご覧ください。

【犬達のSOS☆動物愛護法違反の高知県小動物管理センターの殺処分委託(猫は全匹殺処分してきた)田邊工務店の税金二重横取り疑惑をSOSが告発!追い込まれた高知県庁と田邊は今年10月から猫の譲渡も始めるもよう!2014年4月6日】
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-496.html

現時点で高知県小動物管理センター業務委託の説明会に参加する会社は(委託業務に応募予定の会社)
田邊工務店と愛護団体含め3社から委託の手が挙がっている事が、可奈ママさんの問い合わせで分かりました。

詳しくは『開示請求してください』とのことで、島の恵さんが情報公開請求して下さった内容が 、

☆H24~26年度の委託先を決定した「審査委員会のメンバーと採点結果」(審査委員会のメンバーは県庁職員以外です)
☆「提出された企画書」(前回の募集には田邊工務店以外に、もう1社の計2社が応募したらしいので、この2社の企画書) の2点
(島の恵さん、情報公開という制度についても詳しくコメントで教えて下さり、ありがとうございました)
公開される情報の中に個人情報や不利益をこうむる人がでる部分があれば、その部分は黒塗りされて見えなくなっていて、 ほとんどの情報が塗りつぶされることもあるそうですが、高知県が【高知県小動物管理センター業務委託】について、情報の隠ぺいを行うことなく請求内容を公開してくれることを望みます。

高知県は、犬猫の殺処分数が全国でもワースト上位です。昨年の秋までは小動物管理センターに収容された猫は、譲渡されることなく全て殺処分されていました。
可奈ママさんはじめ、メンバーが殺処分数を減らすために譲渡を増やす努力をして欲しい事など業務改善の嘆願や提案を続けてきたこと、業務委託費の使い道について、田邊工務店の税金二重横取り疑惑をSOSに告発されて追い込まれたことで高知県庁と田邊工務店はやっと猫の譲渡も始めました。

平成21年から平成26年まで、高知県小動物管理エンターの運営は、動物には縁もゆかりもない田邊工務店が、年間5千500万円もの税金を使い、犬猫を殺し続けてきました。
獣医が常駐するでもなく、さほど譲渡会を行うでもなく、収容された犬猫のほとんどが殺処分されているのに、どこにお金が必要なのだろう?
生きていれば、食事をしますからエサ代もかかるでしょうが、殺してしまえばエサ代はかからないわけですから、運営委託費はほぼ丸儲けなんじゃないかな!?と子供でも思うことです。

高知県の知事は、飼い犬や飼い猫以外は嫌いな愛媛県知事、中村時広さんみたいな人なのかな?と、高知県小動物管理センターの事を取り上げた過去の記事や、問い合わせコメントを読み返しながら思いました。
4月から、高知県小動物管理センターの業務をするのが、運営委託に名乗りを上げた3社のうちのどこに決まるのかは分かりませんが、本気で殺処分ゼロを目指す企業(団体)であることを心から望みます。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR