愛媛県東温市に捨てられ悲惨な運命をたどった河原の犬達の中で★睡眠薬毒餌で瀕死になった姫ちゃんの次に、毒の公務員獣医、得居格たちの吹き矢で倒れるも助けられ高知の桃一家の養子になったわさび君の今☆犬達のSOS☆2015年2月1日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10
*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位
 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/2/1
(2位 2014/5/2~6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位
 2014/5/15~10/26・12/16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24・10/27~12/15・12/17~2015/2/1)

みなさん、こんばんはぁ(*^^*)みのりですぅ〜。もうすぐ節分ですねぇ〜(^-^)櫛田神社では、豆撒きがあるとですよぉ〜!毎年、たくさんの方が来られとぉ〜とですよぉ〜(*^^*)
さてさて、今月も幸せ笑顔のわさびくんを紹介させて頂きますね♪

2015013006193869c.jpg
20150130061940f22.jpg

【わさびくんお気に入りの場所で、お顔をグイッと突っ込んでお昼寝中ここが落ち着くみたいで、寝顔も幸せそう

201501300633051ad.jpg

【わさびくんが、桃ママさんをじーっと見つめとぉ〜。こんなにじっと見つめられるときゅんきゅんしちゃぁ〜う。目線の先にあるものは???】

20150130063307743.jpg

【大好きなおやつでしたぁ〜(*^^*)おやつには目がないと〜】

201501300636569ea.jpg

【リラックスしとぉ〜わさびくんの横顔に、私も癒されましたこんな風に、人間はワンちゃんの表情を見たり、触れ合うことで癒されるとですねぇ〜。以前、ミーママさんが仰っていましたが、幼稚園や小学校、老人ホームでわんちゃんや猫ちゃんのお世話をしてもらえたら、人間は癒され、思いやる優しい気持ちが育まれ、人間も動物も幸せだなと改めて感じました

2015013006422682f.jpg

【両手を揃えてお行儀が良かねぇ〜。可愛らしかぁ〜

私が、特に気に入った記事はこちら(^-^)/
安心している様子や、幸せな様子が伝わります
☆現在のわさび日記☆しっかり両手で持って(^○^)
http://blog.livedoor.jp/karasimayo/archives/42800215.html

201502012233569fc.jpg

「虐待捕獲&里親希望者がいても野良犬は、子犬も全匹殺処分してきた山口県防府市役所と、保健所を告発した後執拗な嫌がらせが始まり、とうとう役所権力を使い突然犬達のSOSブログは消された。
しかし撃沈60秒後、ニンマリ( ̄^ ̄)ゞ(・o・)ゞ\(*^▽^*)/ 美女&明るい&お馬鹿隊が取り柄の高知隊」
(ダンディーーわさびくんと高知の美女達の熱き戦いより抜粋 http://blog.livedoor.jp/karasimayo/ )
愛媛県東温市に捨てられ、毒の公務員獣医、得居格たちの吹き矢で倒れたわさびくん。追いかけられて、本当に、怖くて、苦しくって、辛い思いをさせらました。
心に深い傷を負わされたわさびくんを、深い愛情を持って、大切に育てて下さっている桃ママさんファミリー。人を信じられず、怯えていたわさびくんですが、桃ママさんの愛情に次第に心を開き、今では とても優しい顔になり、笑ったり、甘えたり、幸せに暮らしています。

桃ママさん、わさびくんを我が子のように大切に、かわいがり、大切に育てて下さり、ありがとうございます(^人^)

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

ミーママダンスクラス&近況報告☆

皆さま、こんばんは(*^^*)
いつも色々とお疲れ様ですm(__)m

土曜日にミーママダンスクラスに行って参りました(⌒‐⌒)

『太ったんです~』と言う私に、ミーママさんは、『肩を動かさずにウエストを動かすのよ』

と、お手本をして下さいました☆

ミーママさんのようには上手く腰がまわらず、肩が動くは動くは。。。
実は私、体重が6~7キロ増えたんです。。。
また、ミーママさんのアドバイスで、週一でも水泳を始めることにしました☆
ミーママさんのナイスバディーに近づけるように努力したいと思います\(^^)/

では、うちの家族の近況報告です☆
現在、部屋の中で猫4匹ミー、ブリ、小梅、元野良猫クロちゃんと暮らしています。
クロちゃんは猫エイズですが(別部屋で隔離中)、口内炎は保護した当初よりだいぶましで、パウチ以外にもカリカリキャットフードを食べるようになり、身体もまるまる肥えて元気いっぱいです(^o^)v

あとの猫ちゃん3匹も、今のところなんの病気もなく、食事とトイレ、運動会以外はコタツで丸くなって寝ています。

そんな可愛い子ども達に癒され、嫌がられながらもチュー攻撃(///∇///)
しぶしぶ私のチューにつきあってくれています(⌒‐⌒)

実は、お外にも元飼い猫だったであろうきなこ色の鈴つき猫ちゃんのきなこと身体が小さめの野良猫クロちゃん2号がいます。

きなこは2つ隣りのおじさんが作ってくれた寝床(おじさんちの自宅前のガレージ内)に寝てて、朝や夕方か夜になると
『ごはんをくれー』とうちの自宅周辺を鈴をならしながら移動し、泣いています(#^.^#)

なので、うちの自宅前には、きなこ用と野良猫クロちゃん2号の分のごはんを場所を離してあげています(*^^*)

時々、ごはんがないとお外の子たちは喧嘩をするので、出来る限りお腹が満たせるように余分に入れています。

ミーママさんから、猫嫌いな人は石を投げ虐待したりすると聞いていました。
まだ、私の住む場所はなんとか安全なほうかなと思いますが、いつ何が起きるか分からないので、うちの家族と同様、お外の猫ちゃんにも出来る限りの愛情や温もりを分けてあげれたらと思いますo(^o^)o

では、ミーママさん、猫ちゃんママさん、皆さま、無理をなさらず身体にはお気をつけ下さいませ☆☆☆

地道ながらも動物虐待ゼロ、殺処分ゼロを諦めないマグナムエミでした。。。





環境省は国民の意見を聞く唯一の目安箱であるMOEメールを読んでさえいない‼(@ ̄□ ̄@;)

ブログの皆さんこんにちはe-44

昨日は環境省に殺処分を減らすためのポスターの嘆願
をしましたので、報告します。

2月2日、環境省動物愛護管理係に電話しました。
環境省の代表番号03-3581-3351にかけて動物愛護管理係につないでいただきました。
電話に出られたのは、カマダさんという若い男性e-80
お名前は名乗られなかったので、私e-50から先に名乗り、お聞きしました。

e-50「全国の自治体に殺処分を減らすための啓発資材を作ってほしいと嘆願していますが、
多くの自治体が「啓発資材は国が作ったものを使用するので作成はしない」と回答されます。
しかし、その国の作成したパンフレットやポスターには、殺処分を抑止するものがありません。
ぜひ、埼玉県が作成した
「殺処分へのカウントダウン~殺処分機のボタンを押すのは飼い主だったあなた」
という無責任な飼い主に警鐘を鳴らす大変効果の高いポスターのような啓発資材を作ってください。」
と、お願いすると、

e-80「ご意見は今後の政策の参考にさせていただきます。」とあっさり逃げようとしたので、

e-50「埼玉県のポスターのことはご存知ですか?」

e-80「知りません。」

e-50「今年度の秋に、環境省が国民の意見を聞く唯一の目安箱であるMOEメールに、埼玉県のポスターが無責任な飼い主の啓発と殺処分の減少に大変有効なので、国でも参考にしてほしいと嘆願したのですが、読んでいただいていないのですか?」

e-80「MOEメールの担当ではないので。」

e-50「では、MOEメールの担当はどちらですか?」

e-80「すみません。MOEメールの担当というのは管理の担当のことです。内容は、ポスター作成の担当者に回覧されてきます。」

e-50「では、ポスター作成の担当者は誰ですか?」

e-80「ポスター作成の担当者というのはいなくて、担当の全員と外部の有識者を交えて作成しています。」

e-50「では、担当に変わってください。」

e-80「こちらの動物愛護管理係がポスターの担当です。」
(やっと、カマダさんのいる動物愛護係が担当であることを白状されました( ̄~ ̄;))

e-50「結局、MOEメールはカマダさんの担当に回覧されているのに、カマダさんは読まれていないということですか?」

e-80「はい、MOEメールは担当の全員が読んでいるわけではないので。毎月、大量のMOEメールが来ているのですべて読めません。」
(@ ̄□ ̄@;)!!
(信じられない言葉でした!)

e-50「全員が読んでいないとおっしゃいましたが、動物愛護管理係の職員は何人いるのですか?そのうちの何人が読んでくださっているのですか?」

e-80「内部の構成は公表できないので言えません。」
(言えない理由はありませんが、らちが明かないので)

e-50「では、人数はいいので、私のMOEメールを読んでくださっている方に変わってください。」

e-80「今すぐ誰が読んだかわからないので・・・」

e-50「埼玉県のポスターのことと、今聞いていただければすぐにわかることではないですか?」

e-80「たくさんの嘆願があるので、すべて覚えていないです。」

e-50「結局、誰も真剣に読んでいないということですか?」

e-80「とにかく、たくさんのMOEメール等が来るので、1つずつ覚えていられません。」
(@ ̄□ ̄@;)!!( ̄~ ̄;)

e-50「動物愛護行政の中枢がそのように低い意識だから、日本の動物愛護行政は進まないのではありませんか。」

e-80このあと、カマダさんは、都合が悪いのと言い訳がなくなったので、ついにだんまりになりました。電話を切ってくれるのをひたすら待つモードに変換されていたので、

e-50「動物愛護係は、誰も嘆願を読んでおらず、埼玉県のポスターのことも知らないのであれば話にならないので、昨年度か今年度かに「全国で作成されているポスターの一覧のCD-R」を全国の(殺処分)自治体に配布した方と話をさせてください。CD-Rを作成した係はどこですか?」

e-80「組織の仕事のことは話せません。」
と、本当に話にならなくなりました。

(組織のことは言えないという、なんとも苦し紛れの言い訳を言われましたが、もちろん私達国民には知る権利があります。これについては、また次回の電話でじっくりとお話ししたいと思います(^-^))

なににつけても、真剣に受け止める気持ちが全くありませんでした。
これ以上は時間の無駄なので、最後に

e-50「国は地方、地方は国と責任をなすりつけているのでは、いつまでたっても日本は動物愛護後進国です。
中央省庁(環境省など)の職員、特に若手の方は、残業代もなく深夜まで働かれ、2年ごとに移動があるので仕事を覚えた頃には人事異動で別の職場に変わるという過酷な状況にいらっしゃって大変なのはよくわかりますが、少しのアイデアと努力で、何万匹もの犬猫の命を救える立場にいらっしゃるのですから、もっと真剣に向き合ってください。
「殺処分を抑止する啓発資材の作成の検討」と
「MOEメールを真剣に読むこと」について、
動物愛護係の全員に必ず回覧し、検討と反省をしてください。
また、埼玉県のポスターも見てみてください。
環境省が作成したインパクトのないパンフレットとは全く違います。
動物愛護係の全員が、ポスターのことを検討しているか、埼玉県のポスターを確認したか、MOEメールを読んでさえいないことを反省したか、以上を後日また電話して確認させていただきます。」
お礼を言って電話を切りました。

日本の動物愛護行政の中枢にいる人物なのに、動物の命を救おうという気持ちはなく、事務をこなすだけの、心がないロボットでした。高い志を持っていただきたいです。
環境省の職員の方々、頑張ってくださいm(_ _)m

捨てられ更に複雑骨折していたキー坊に病魔が…

キー坊は年明けから、また病魔がぶり返しました。
小さな痩せた身体で、時おり意識が無くなりながら、里親さんを見つめ頑張っています…

私達は、わずかに残された人間のママ達との時間が、キー坊にとって幸せであるよう祈るだけです…。

獣医さんを変えて、見違えるように病状が回復していたキー坊でしたが、また病魔がキー坊の痩せた身体を蝕みはじめ…
獣医さんから、暗にあきらめるよう言われ落ち込んでいた、里親さんに昨日メールを転送してもらいました。

キー坊の里親さんからも、覚悟ができ慰められました。と返信いただきました…

以下は、私がキー坊の里親さんに送ったメールに、少し付け加えをしたものです。

先日、獣医さんでお会いした○○申します。

キー坊ちゃんの様子をロンさんから聞きました。

辛いですね…。
キー坊ちゃんは最後まで頑張って家族のそばにいたがっているから、
最後まで家族で交代しながら診てあげてくださいね。

キー坊ちゃんは、そこに人間として生まれていた子なのかもしれないくらい、
お母さんとお父さんを見つめお母さんが、いないと目で探しているのですから…

私も、
妹や子供のようだった愛犬達を泣きながら、最期を看取り、見送り…
今、高齢になった大切な子たちと暮らしていますが、年を取った長男猫の喘息発作が出たたび、
いつか来るお別れの時を予感します…

出逢いがあれば、人にも動物にも別れが来ます。
たくさんの幸せや思い出を残して…
ただ、
苦しむ姿を見たくないから、安楽死を選んだり、
獣医さんが安楽死を勧めてもしませんでした。

なぜなら、大切にした子ほど楽に死ねないのです。
庭につながれっぱなしの犬は、具合が悪くなると死を悟り…
長わずらいせず、一人ぼっちでそっと死にます。
飼い主家族が看病してくれない。
自分が死んでも悲しまれないことを知っているから…です。

大事に我が子のように接した犬猫は、
死期を悟ってもすぐには死にません…

お母さんや、お父さんのために、生きようと頑張るからです。
お母さんや、お父さんと別れたくないからです…

姉妹のように私と育った犬達は、
高齢になりお布団の上で寝たきりになった時、
私たち家族の姿を目で追い、
誰かがついてないとクーン、クーンと鳴いていました。
やがて何も食べられなくなり、水を布に含ませ与えても吐くようになり、下痢を繰り返しました。
骨と皮…ガリガリになりながらも、
家族との別れを惜しむように、私たちの顔を忘れないよう見つめ続けていました。
私たち家族は、二週間、交代で徹夜し看病を続け、床擦れを防ぐために身体の向きを変えてあげ、脱水症状を防ぐために水を含ませました。
何も食べれないまま吐いて下痢をし痩せていく妹の、下痢で汚れたお尻や足を、暖かなタオルで拭き、身体を一晩中撫でてあげていました…。
14~15キロあった身体は9キロほどになっていました…
そして高齢の妹は、その身体から魂が抜けるとき痙攣し、黒曜石のようにキラキラ美しい瞳で宙を見るようにして…
旅立ちました。
もう一人の私の妹も高齢になりガンに冒され、寝たきりになった時も、歩けない身体で最後の日、自分から立ち上がり、庭にある愛犬、じゅん子のお墓の前までヨロヨロ歩いていきました。
お墓に挨拶をするよう立ち止まった後、ハアハア呼吸が荒くなり、父が急いで17キロのチー子を抱き上げて、リビングのベッドに連れていこうとすると、チー子は足をふんばり立ち上がろうとしました。
そして…お礼を言うようチー子はシッポをブンブン振り続け、父と母を見つめて、バタンと床に倒れました。
その身体は、息もしていなく、動くこともなく瞳は綺麗にキラキラ光を残し宙を見ていました…

生きている場所がこの世と、天国で違っても今でも大切な私の妹たちです。

気丈に頑張ってくださいね。

以上です…。
二番目の妹は、姫ちゃんと同じ役所の酷い野犬狩りで、仲間を人間に殺された子で、最期まで逃げ延びた二匹のうちの一匹です。
元捨て犬アキは大がかりな捕獲の日、愛犬のお散歩中、野良ちゃん達にご飯をくれていた公務員さんの家の庭に逃げ込み助けられ、そこで飼われることになりました。
アキは、ガンで死ぬまで、公務員さん宅の小型犬のボディーガードをずっとしていて時々、我が家の庭にも飼い主さんを大きな身体で引っ張り、シッポを振りながら顔を見せに来てくれていました(*^_^*)
アキがガンで助からないと聞き、レトルトのおやつなら食べられるかな(・o・*)?
と思い会いに行くと、動くのがやっとなのに顔を持ち上げ、シッポを振りおやつを食べてくれました。
数日後、静かに眠るように旅立ったそうです。
最後の野犬狩りの日、アキと共に逃げ切ったチー子は我が家に走ってきました。
私は学校から帰って、みんなの悲劇を知りました。
野良ちゃん達は、うちのじゅん子のお散歩中、しっぽを振りながらついてきていました。
先の捕獲で保健所につかまったフーテンは、助け出しましたが、後の子達は助け出すことが出来ませんでした。

子供だった私は、「どうして!?みんな噛むような犬達じゃなかった!
動物好きの子供たちと公園で遊んだり、給食のパンをみんなで残してあげていたのに!」保健所を爆破してみんなを助けようと考え、本屋さんに走って行き、爆弾の作り方の本を買って母に見つかり、酷く叱られました…。
その時、「大人になったら助けてあげる。
ごめんね(ToT)
今は子供だから何もできない。
友達なのに助けてあげられない(ToT)」と泣き続けました。

チー子は我が家の子になり、別犬のお姫様のように美しくなりました。
母とじゅん子とチー子とお散歩中に会った近所の人達は
「(・o・)これが、あの汚かった野良犬?大事にされるとこんなに毛ヅヤが良くなり、顔までエエとこの家の子みたいになるんやね。」
「まあ!雑種やのに値段が高そうなべっぴんさんになって、お宅で世話される犬達は幸せやねえ」
と驚いていました。

じゅん子が高齢になり、歩くのがやっとになると、チー子はじゅん子の身体を横から倒れないように支え、くっついて歩いていました。

じゅん子が寝たきりになると、自分の寝床の玄関からずっと心配そうに見て、時々部屋まで歩いてきて心配そうに見ていました。

じゅん子が亡くなり、お骨になるとじゅん子の祭壇の前に座り、離れなくなりました…。
ペットレスで泣き続ける母を励ますように、母の手や顔をペロペロしながら、チー子は祭壇の番をしていました…。

愛犬や愛猫達を見送ることは、心がわれるように辛いことです。

ただ、愛犬や愛猫が私達、人間に与えてくれる優しさや気付きは、人間が与えてくれる教えよりはるかに愛情に満ちています。
私は、動物達の仲間意識や庇いあいや、厳しくも愛情に満ちた子育ての仕方など、動物達からたくさんの事を学びました。
心が貧しく愚かなのは、野生の生き物を排除していき他の命から学んだり、共存の道を考えない人間の方でしょう…

皆さんも、自分の命、他の命、動物達の命、生きること、愛すること、最期まで看取り別れを刻むことを考え、生きることを精一杯生きてくださいね。

また、毎日通院するキー坊の里親さんの負担を考え、スクールの募金箱からカンパをさせていただきました。

みんな忍者のように、ささっと入れてくれるから、どの生徒さんかわからないのですが、1万円札をたくさん折って入れてくださっている生徒さんがいました。

ありがとうございますm(_ _)m

お陰さまで、里親にもらわれていった子達のケアや、クリスマスプレゼントを里子達みんなにしてあげられたり、その際飼育について里親さんの相談にアドバイスもでき、良好な関係が続いています。
一部愛護団体さんのように、去勢避妊もせず里子に出したまま、ではなく手術もこちらでしてあげられたり、一万円の去勢避妊援助手当が出せたり、周期的にメールのやり取りもして、里子達のその後の様子がよくわかり、私達も安心です。
去勢避妊も順調にできています(*^_^*)

一人ではたくさんの事を同時にはできませんが、みんなの気持ちや勇気や手足が集まり、色々な地区のパトロールや役所への問い合わせ、嘆願も出来ていますm(_ _)m

島の恵さんのコメントに影響され嘆願してみました(*^-^*)



島の恵さん、環境省への嘆願をしてくださりありがとうございました(*^_^*)
それにしても驚きました。
moeメールって、担当部署に回覧でまわされるけど、ほとんどが目を通してもスルーもしくは目も通されないのですね(>_<)
殺処分ゼロ計画を掲げた環境省にかなり期待していましたが、なんかガッカリしました(;´Д`)

そういえば以前島の恵さんが、埼玉県の「殺処分へのカウントダウン」のポスター起用について、各自治体へアンケートを出されましたが、私の住む松山市は残念なことに回答が無かったようです(>o<)
ですから直接お願いの電話をしてみることにしました(^^)

(島の恵さんアンケート結果の記事URL)
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-645.html


2月3日11:10
松山市保健所 動物愛護
(089-911-1862)

きちんと『松山保健所 中村です』と名乗られ電話に出られました(*^-^*)
挨拶後、単刀直入に埼玉県が啓発に作っているポスターを松山市でも起用していただきたいと思い電話をかけたことを伝えると中村氏は
『今このお電話ではぁ…なんともいえないですねぇ…』
と歯切れの悪い返答(-_-;)

ああそうですか、とここで引き下がれません(ゝω・)

そこで、松山市では殺処分を減らすためにどのようなポスターを使っているかたずねると、
『終生飼養していただくよう…』
ホームページに載っているあれだけのようです(-.-#)
殺処分を減らすためには今一つ説得力が弱いのでは!?と私の感想を伝えると、
『終生飼養を啓発することが、やがては殺処分を減らすことに繋がると思いますが……』

しかし、そのポスターさえも生活していて見ることがありませんので、どこに貼って啓発しているか訊いてみると
『……掲示板とか……市の広報とか………』

???どこの掲示板??
『所定のですね……』
と要領を得ない回答(´ヘ`;)

市の施設はたくさんありますし、もっと市民の目に触れる場所に張っていただきたいですし、ペットショップなどにも協力していただくなどできないのでしょうか。
希望を伝えると
『市の施設と言いましても、数が多いですからねぇ…。。。啓発はやってはいます』
と言いますが、どこで?いつ?の問いには
『常時、口答で…はい、その都度…。あと半年に一度ほど市の広報で…』
とハァ~とあきれる回答です(´ヘ`;)

半年に一度と言わず、多くの人の目に留まるようなにかしらの努力していただきたいものですね(-.-;)

ところで中村さんは埼玉県のそのポスターは見たことありますか?
と訊いたところ
『………』
まったく知らない様子でした。
松山市保健所は島の恵さんのアンケートに回答しなかったばかりか、内容についても適当にスルーしたことが容易に推測できます( ̄△ ̄)

埼玉県のポスターがインパクトがあり殺処分の抑止に効果があるようですし、埼玉県は他の自治体に使っていただいてもよいと言われているようですから、是非松山市でも起用していただきたい旨をもう一度伝えてみると、最初のやる気のない回答から少しだけ変化し
『今すぐ回答はできないですが、埼玉県のポスターを確認して取り入れられるか検討はしてみます』
と答えてくれました(^_^)

無責任な飼い主を減らし殺処分になる命をなくすために、環境省はもとより松山市保健所にも前向きな行動をしていただきたいと思います(*^_^*)

体重わずか240グラムで段ボールに入れられ捨てられていた子猫、はっちゃんの新しい出会い

おはようございます、アグネスです。

先日、アグネス家の保護猫はち(通称・はっちゃん)がお見合いをしました。

はちは、去年子供たちと買い物から帰ると玄関先に、「子猫をもらって下さい」と書かれた段ボールに入れられて置かれていた子猫で、保護した時は体重はわずか240グラムしかなく脱水症状がひどくて、動くことも鳴くこともできませんでした。

子供たちはミルクをあげたり、目ヤニを拭いたり、姉となり兄となりお世話をしていましたが、元気になり体重も2キロを超えたので、、ワクチンや避妊手術を済ませて里親募集をしていました。

娘が里親募集のビラ作りを手伝い、知り合いに配ったり、動物病院に貼らせてもらったりしていましたが、なかなか里親さん候補の連絡がなく、内心焦りながらも、ロンさんやミーママさんがコメントされていたように、里親さんのもとに行くときに不安を感じるのではなく、寂しさを感じるのなら大丈夫。自分のもとを離れても、どうしているか時々様子を聞けるような方のもとがいいと思い地道にさがしていました。

ところが出会いというのは、突然訪れるもので
先週、子供会の廃品回収に出た時に、普段参加されていなかったお母さんが見えていたので、作業の合間に「かわいい子猫がいるんだけど、飼いませんか?」と、前後の説明もせずに聞いてしまいましたf(^^;

すると、そのお母さんから
「うわぁ~、むっちゃ猫飼いたいんですよ~」
という驚きの返事が即答で返って来ました。
これには、聞いたアグネスの方がビックリ。

まずはお見合いをしましょうという事になり、廃品回収が終わってから里親候補のママさんのお宅に子猫を連れて行きました。

「以前、実家で飼っていた猫と同じ模様です。可愛いですね。子供たちと相談してから、連絡します」
とのことで、お見合いはいい感じで終わりました。

翌日、お見合いをしたお母さんから
「子供達と相談しました。是非うちで飼わせて下さい(^o^)」という、嬉しいお返事を頂きました。

水曜日に、はっちゃんの嫁入り道具にと思い、子供たちと猫のおもちゃや爪とぎをホームセンターに買いに行った後、子供達と一緒に里親さんのお宅に届けに行きました。

小学生の男の子と春から新一年生になる男の子がドアを開けて出迎えてくれました。

「猫を飼う事が決まってから、ずっと楽しみにしていたんですよ」と
お部屋には、大きなキャットタワーも用意してありました。

「実は、もう名前も考えてあるんです」
と、子猫を飼う事が決まってから【ニコル】という名前を考え、呼び名は【ニコちゃん】にするのだと教えて下さいました。

ニコちゃんになったはっちゃんは、少し緊張している様子でしたが、ニコちゃんママさんが
「いつでも会いに来てくださいね」と言って下さり、後から
「今日はありがとうございました。大切に育てさせていただきます」とメールも下さったので、子供たちも「よかったね」「はっちゃん、ニコちゃんってにこにこのニコだね」と喜んでいました。

保護した猫を新しい里親さんのもとに届ける時は、少し寂しさを感じることが多いのですが、今回は、はっちゃんが来るのを首を長くして心待ちにして下さっていることが伝わってきて、あまり寂しさを感じることはありませんでした。

多くの猫達が、ミーママさんや、ミーママダンススクールの皆さんの温かい気持ちの入ったカンパのおかげで、治療を受けたり、ワクチン、避妊去勢手術、里親さん探しができました。

本当にありがとうございました。

アグネスさん、はっちゃんの里親さんが見つかってよかったですね。(*^_^*)

おはようございます。(*^_^*)
アグネスさん、保護猫はっちゃんの嬉しいお知らせをありがとうございました。m(__)m

玄関前に段ボールに入って置かれていた脱水状態で動くことも出来なかったはっちゃんを保護してくださり、お子さんと一緒に愛情をいっぱいそそいでお世話してくださり、はっちゃんが幸せになりますように…と里親さん探しをありがとうございます。m(__)m
はっちゃんに、里親さんが見つかって本当によかったですね。(*^_^*)

いつも病気で弱っている野良猫ちゃん達を保護して、お世話してくださりありがとうございます。m(__)m


はっちゃんへ
アグネスさん家で過ごした時間はとっても幸せだったね。
アグネスさんが出会わせてくれた家族の皆さんと、楽しく暮らしてね。
幸せになってね

犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR