犬達のSOS☆動物愛護法が改正され、身勝手な飼い主やブリーダーやペットショップ業者からの殺処分依頼を全国の保健所や犬猫殺処分センター(動物愛護/管理センター)は断れるようになったはずなのに、相変わらず殺処分依頼を引き受けています!その証拠!2015年3月5日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10
*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/3/5
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位 2014/5/15~10/26・12/16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・9/21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3)
(4位 2015/3/4~3/5)
 
IMG_1602.jpg

2015/2/19 島の恵さんコメントです。
動物愛護管理法が改正されても殺処分自治体は飼い主からの犬猫の引き取りを減していない!?(猫の統計編)
ブログの皆さんこんにちわ
平成25年9月に「自治体は身勝手な飼い主からの犬猫の引き取りを拒否できる」ようになってから、1年以上が経ったため、
先日、環境省のホームページにアップされているデータを用いて、
全国の殺処分自治体における
動物愛護法改正前の平成24年度と
動物愛護法改正があった平成25年度
犬の飼い主からの引き取り数の増減率を算出しコメントしました。
*関連記事 
犬達のSOS☆動物愛護管理法が改正されても殺処分自治体は飼い主からの犬猫の引き取りを減していない!?①2015年2月12日purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-705.html

《使用した環境省のデータ》
www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/gyosei-jimu_h26.html
(Ⅲ-4-(3)犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容状況(都道府県・指定都市・中核市別)

www.env.go.jp/council/14animal/y140-41/ext.html
(〈2〉-4-(3)犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容状況(都道府県・指定都市・中核市別)

今日は、この統計↑にある猫のデータを用いて
猫の飼い主からの引き取り数の増減率を算出したのでご報告します。

環境省の統計が成猫と幼齢の子猫に別れていたので、犬のときと同様に
①猫(成猫+幼齢の子猫)
②成猫のみ
③幼齢の子猫のみ
について算出しました。

①はワースト50位まで、
②と③は引き取り数が増加している(100%超)殺処分自治体のみ掲載します。
pa-c-01.jpg 

それでは、不名誉なワーストランキングです

①飼い主からの引き取り(成猫+幼齢の子猫)増加率
(100%以上はH25年度の引き取り数が、H24年度より動物愛護法改正に反して増えていることを表しています)

猫引き取り増加率(%)
(%の後ろの数字は、H24年度→H25年度の猫引き取り頭数です)
ワースト 1位 盛岡市  433%     3→13匹
ワースト 2位 福岡市  272%    29→79匹
ワースト 3位 高崎市  234%   64→150匹
ワースト 4位 豊中市  229%     7→16匹
ワースト 5位 香川県  184%    31→57匹
ワースト 6位 横須賀市 173%   64→111匹
ワースト 7位 奈良県  167%   89→149匹
ワースト 8位 秋田市  163%   64→104匹
ワースト 9位 旭川市  162%  147→238匹
ワースト10位 東大阪市 153%    53→81匹
ワースト11位 船橋市  149%    39→58匹
ワースト12位 新潟市  141%  140→197匹
ワースト13位 秋田県  139%  354→493匹
ワースト14位 奈良市  133%    12→16匹
ワースト15位 高槻市  132%    19→25匹
ワースト16位 和歌山県 131%  152→199匹
ワースト17位 新潟県  113% 958→1087匹
ワースト18位 神戸市  111%  224→249匹
ワースト19位 熊本県  108%  442→477匹
ワースト20位 仙台市  107%  149→159匹
ワースト21位 青森市  106%  162→172匹
ワースト22位 大分市  105%    43→45匹
ワースト23位 兵庫県  104%  654→680匹
ワースト24位 久留米市 103%    58→60匹
ワースト25位 柏市   100%    51→51匹
ワースト26位 西宮市  100%      7→7匹
ワースト27位 千葉県  100%  846→844匹
ワースト28位 岐阜市   99%  145→144匹
ワースト29位 福岡県   99%  560→556匹
ワースト30位 岡崎市   98%    66→65匹
ワースト31位 北海道   98%  615→603匹
ワースト32位 島根県   97%  559→543匹
ワースト33位 川越市   97%    32→31匹
ワースト34位 大津市   97%  120→116匹
ワースト35位 岐阜県   95%  523→499匹
ワースト36位 福島県   94%  612→578匹
ワースト37位 下関市   94%  220→206匹
ワースト38位 広島市   92%  110→101匹
ワースト39位 山形県   91%  744→680匹
ワースト40位 大阪市   91%  331→301匹
ワースト41位 豊田市   87%    62→54匹
ワースト42位 鳥取県   86%  307→265匹
ワースト43位 鹿児島市  86%  740→638匹
ワースト44位 千葉市   85%    95→81匹
ワースト45位 大分県   85%  158→134匹
ワースト46位 静岡市   84%    90→76匹
ワースト47位 名古屋市  84%  613→517匹
ワースト48位 京都府   83%  793→658匹
ワースト49位 鹿児島県  83% 1174→971匹
ワースト50位 三重県   82%  322→265匹

20150102232455e23.jpg  

②飼い主からの引き取り(成猫)増加率
ワースト 1位 高松市   525%    4→21匹
ワースト 2位 高崎市   315%  33→104匹
ワースト 3位 盛岡市   300%     3→9匹
ワースト 4位 奈良市   300%    4→12匹
ワースト 5位 豊中市   267%    6→16匹
ワースト 6位 福岡市   262%   29→76匹
ワースト 7位 久留米市  231%   16→37匹
ワースト 8位 奈良県   225%   32→72匹
ワースト 9位 横須賀市  214%   22→47匹
ワースト10位 岡崎市   210%   20→42匹
ワースト11位 船橋市   185%   13→24匹
ワースト12位 香川県   184%   31→57匹
ワースト13位 旭川市   178%  97→173匹
ワースト14位 西宮市   175%     4→7匹
ワースト15位 大津市   167%   24→40匹
ワースト16位 新潟市   166%  62→103匹
ワースト17位 岩手県   163% 243→397匹
ワースト18位 静岡市   158%   38→60匹
ワースト19位 秋田県   143% 197→281匹
ワースト20位 福岡県   134% 166→222匹
ワースト21位 仙台市   132%   44→58匹
ワースト22位 和歌山県  131% 152→199匹
ワースト23位 大分市   128%   18→23匹
ワースト24位 川越市   124%   25→31匹
ワースト25位 兵庫県   123% 160→197匹
ワースト26位 熊本県   119% 198→235匹
ワースト27位 山形県   116% 176→205匹
ワースト28位 札幌市   116% 316→365匹
ワースト29位 名古屋市  113% 190→214匹
ワースト30位 新潟県   102% 564→578匹
ワースト31位 山口県   101%   77→78匹
ワースト32位 東大阪市  100%   41→41匹
ワースト33位 尼崎市   100%     9→9匹

pa-ino-01.jpg 

③飼い主からの引き取り(幼齢の子猫)増加率
ワースト 1位 高槻市   475%    4→19匹
ワースト 2位 東大阪市  333%   12→40匹
ワースト 3位 北海道   207%   28→58匹
ワースト 4位 福山市   186%    7→13匹
ワースト 5位 金沢市   175%     4→7匹
ワースト 6位 横須賀市  152%   42→64匹
ワースト 7位 高崎市   148%   31→46匹
ワースト 8位 神戸市   146% 109→159匹
ワースト 9位 松山市   140%   25→35匹
ワースト10位 奈良県   135%   57→77匹
ワースト11位 秋田県   135% 157→212匹
ワースト12位 青森市   132%   71→94匹
ワースト13位 船橋市   131%   26→34匹
ワースト14位 旭川市   130%   50→65匹
ワースト15位 新潟県   129% 394→509匹
ワースト16位 柏市    128%   32→41匹
ワースト17位 新潟市   121%   78→94匹
ワースト18位 富山県   112%   49→55匹
ワースト19位 千葉県   106% 499→528匹
ワースト20位 岐阜県   105% 340→358匹
ワースト21位 島根県   103% 343→355匹
ワースト22位 岐阜市   100% 114→114匹
ワースト23位 秋田市           0→59匹
ワースト24位 盛岡市            0→4匹
ワースト25位 福岡市            0→3匹
ワースト26位 富山市            0→3匹
(23位~26位はH24年度の引き取り数がゼロであるため、増加率(%)が算出できないため省略しています。)

pa-w-01.jpg
このように、動物愛護法が改正され無責任な飼い主からの犬猫の引き取りを行政は拒否できるようになったにもかかわらず、
動物愛護法改正前よりも飼い主からの猫の引き取り数が減っていない自治体が26ヵ所(犬の場合は18ヵ所)もあります。

また、 猫の引き取り数や殺処分数も、犬と比べると明らかに多いです。

《平成25年度 猫と犬の引き取り数等の全国合計》
飼い主からの引き取り数→猫25,167匹(犬11,673匹)
野良猫の引き取り数→猫90,106匹(犬49,042匹)
譲渡数→猫16,023匹(犬16,950匹)
殺処分数→猫99,566匹(犬28,569匹)
でした。

猫の引き取り数は犬の2倍近く、 猫の殺処分数は犬の3倍以上 と、猫は行政が捕獲できないにもかかわらず、 多くの猫たちが無意味に殺されています。
どうして、行政が捕獲することができない野良猫の引き取り数が90,106匹にものぼるのでしょうか。
不思議でなりません。

猫の引き取り数が多くなる原因としては、
飼い主のモラルが低い(避妊去勢せずに外飼いの放し飼いをし、結果、野良猫の子供が増える)ことはもちろんですが、
行政にも責任があり、
●飼い猫の避妊去勢手術の啓発が足りない
●野良猫に避妊去勢手術をして地域の住民が野良猫に餌をあげながら見守る地域猫制度の普及が足りない
●「行政は猫の捕獲はできない。」と言いながら、猫を捕獲するための捕獲器を住民に貸し出している自治体が多いため、猫嫌いの人間が無害な猫たちを捕獲して殺処分に送っている
などがあると思いました。

最後に挙げた「捕獲器の貸し出し」は、自分たちは動くことなく、猫たちを捕獲して殺すことができる、殺処分好き公務員のやり方です。
まれに、避妊去勢するために捕獲器を用いて捕まえることもあるようですが、この場合も捕獲器ではなく、餌付けなどで慣らせて対応してほしいです。
行政の「捕獲器の貸し出し」は中止するよう運動しなければならないと思いました。

他に気になったことですが、各自治体の引き取り数を個別に見てみると、新潟県1,087匹、鹿児島県971匹、鹿児島市638匹の3自治体が際立って多いようです。
鹿児島市は都道府県よりも面積が狭く人口も少ないのに、この多さに驚きました。
鹿児島県と鹿児島市は一体どうなっているのでしょうか。

また、奈良県の成猫の引き取り数が
動物愛護法の改正の前と後で、32匹から72匹に2倍以上増えています。
奈良県といえば、犬猫の譲渡条件が無駄に無意味に厳しく、犬達のSOSでもたびたび取り上げて、条件を緩和するよう嘆願の電話やメールをしてきましたが、
その度に多くの言い訳と口先だけの回答(動物愛護の努力をしている、これからもしていく)があった自治体です。
引き取り数が2倍以上になるということは、やはり口先だけだったようです。
引き取り数が減少していない自治体には、これから電話して調査していきます。

pa-c-02.jpg
 
【イラスト:もぐちゃん作

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

高知県小動物管理センターの委託先を決定した審査結果を開示請求!しかし都合の悪い情報は非開示!さらに委託金も丼勘定!田邊工務店は使い放題!

先日、高知県庁に対して、
「高知県小動物管理センター」の
H24~26年度の委託先を決定した
「審査委員会のメンバーと採点結果」
及び
「提出された企画書」

の情報公開の請求をしましたが、
(コメントのURL→
http://purin1378.blog.fc2.com/?no=715&m2=res

そこで、2点の疑問があったので、
2月27日、高知県庁食品衛生課に問い合わせをしました。
対応してくださったのは、担当のヤナ川さんです 。


i-190疑問点①i-190

(私)「2社が参加した前回の審査に関する採点結果のうち、次点の明星建設の得点がすべて非公開であったのは、納得できない。
経営状態に関する部分は開示することで支障が生じる可能性もあるが、その他の項目は開示しても支障があるとは思えないので、開示してほしい。
食品衛生課内と情報公開担当で協議しなおしてほしい。」と問い合わせしました。

検討結果を聞くため、1週間後、再度、電話をしましたが、結局、
「次点の明星建設の得点は部分的にでも開示できない。」という回答のみでした。

《開示された採点結果と私の見解》

開示された採点結果は、
以下の項目について6人の審査員(1人100点)が採点したものでした。

(1) 各業務に対する考え方(小計20点)
①経営知識(5点)
②業務への取り組み方針(15点)
(2)実施体制及び計画(小計60点)
①各業務の配置体制(5点)
②現場責任者の適性(5点)
③人材確保及び育成計画や研修体制(10点)
④運営方針(20点)
⑤情報収集や情報発信の仕方(10点)
⑥自己評価と改善(10点)
(3)経営基盤及び業務実績(小計10点)
①経営基盤(5点)
②業務実績(5点)
(4)参考見積額 (10点)

委託先に選定された(株)田邊工務店は、
600点中411点の得点で、
各項目の点数も開示されていました。

しかし、明星建設(有)の結果は、
すべての項目が黒く塗りつぶされており、
総得点も各項目の得点も不明でした。

添付されていた非開示の理由には、
「開示することにより明星建設の競争上又は事業運営上の地位その他正当な利益を害すると認められ、かつ、ただし書きのいずれにも該当しないため(第3号)」
と書かれていました。

これは、
高知県情報公開条例第6条第3号の、
開示することにより、競争上又は事業運営上の地位その他正当な利益を害すると認められるものに該当し、
事業活動によって生じる危害から人の生命、身体又は健康を保護するために開示が必要及び
違法又は不当な事業活動によって生じる支障から人の生活を保護するために開示が必要
には該当しないため非開示としたという意味です。

もっと言えば、
無理矢理にでも利益を害すると こじつければ、
都合の悪い情報は非開示にできる
ということです(-_-;)

(3)経営基盤及び業務実績については、
情報を公にすることによって明星建設に不利益が及ぶ可能性(点数が低い場合には、経営状態が悪いと認識される)も否定できないですが、

それ以外の項目については、
開示することによって明星建設の経営に不利益が及ぶとも思えないし、
委託先を選定している重要な根拠として逆に開示すべき項目ではないのかと思いました。

ただ、
(3)経営基盤及び業務実績のみ非開示にして、その他の項目をすべて公開することは不可能なので、
(明星建設の合計点数は過去にホームページで発表しているため、引き算をすれば(3)の得点がわかってしまう)

採点結果のうち、たとえば
(2)実施体制及び計画だけに絞って開示請求していれば2社の採点結果を閲覧できたのだろうかと思いました。

でも、一番知りたいのは
やはり(3)経営基盤の採点結果ですね。
おそらく、ここで田邊工務店と明星建設に差をつけているのでしょうから。

先日行われた次年度からの委託先を選定する審査について、
(2)実施体制及び計画の項目のみに絞って、
参加した3社の採点結果を開示請求してみようとも思いましたが、
県庁という組織は、
自分たちが1度出した結論は、
それが明らかに間違いであっても、
変えることはないので、
今回の件については、そこまでの労力を費やすほど収穫は得られないので、ひとまず終了しました。


i-190疑問点②i-190

(私)「企画書には参考見積額を書かなければならないが、合計金額のみで、内訳の記載が全くない
県費であれば、電気代、人件費、消耗品などの項目ごとに必要な予算をとって、電気代は電気代のみに、人件費は人件費のみにしか使えないはずだが、
合計金額のみの提示で、あとは使い放題というのは、世間の常識から逸脱しすぎている。
内訳まで提示させるべきだ。
他のプロポーザル方式による審査も同じように総額のみの提示しか求めていないのか。
委託金は、企画書の段階から項目ごとに分けて、使い道をある程度管理するべきではないか。」

(ヤナ川さん)「企画書の内容に、見積額の内訳まで求める予定はない。他のプロポーザル方式による委託の審査においても、同じように総額の提示のみだとおもう。 また、設定するのは上限額のみで、内訳まで管理する予定はない。」

とのことでした。
ちなみに、企画書で提示された見積額は、
㈱田邊工務店が1億6747万5000円 、
明星建設㈲が1億6600万円でした。

県庁が上限額を設定する際には、
人件費や電気代など、必要と思われる費用を算出した「積算根拠」が必ず存在します。

なぜ、この積算根拠に即したお金の使い方を求めないのか不思議でなりません。

そうしなければ、田邊工務店はワンちゃん達のご飯や世話にはお金を使わずに、すべて懐に入れることでしょう。

あいさんへ

以前の高知県西部在住の草子さんも、可奈ママと交流したがり、力を貸してほしいとコメントがありました。

あいさんも言葉は違いますが、可奈ママ達と交流したがり、協力してもらいたい、自分の代わりに動いてもらいたいと思われているように読み取れました

草子さん、あいさん共に田邊工務店や中央、中村のセンターなど内部情報(?)に詳しいように思います。

都合が悪くなるとコメントの削除依頼。投稿したホスト記号や番号も同じ。同一人物だと私も思います。

明星建設の点数も知っておられるあいさんは、ミーママさんが仰られるように職員でしょうか。

「殺処分をゼロにしたい」思いから、知っている情報のコメントを入れ、動いてもらおうとされていたように思いますが、身元がバレると職場にいられなくなるんじゃないかという不安からでしょうか?、今度は保身が動き削除依頼のコメントを入れる。

しかし、やっぱり「殺処分をなくしたい」と思いコメントを入れる...やっぱり削除依頼...の繰り返しでしょうか。
今は、不安でブログを頻繁に見られているかもしれません。でも、コメントを削除され、気持ちが落ち着かれたら、また別のハンドルネームを作り、連絡を取りたがり、協力依頼のコメントや内部情報を入れ、また不安になり削除依頼を繰り返されるのかな?とも思います。
あいさんが、もし殺処分センター=高知県小動物管理センター関係者だった場合、ご自身がされている事(殺処分)に、罪悪感(?)のようなものがあるのかもしれません。
SOSを振り回したいわけではないのでしょうけど、自己中心的な、考え方しかできず、結果こちらに迷惑をかけ振り回してしまっている事に、気が付かないのだと思います。

問い合わせミッション☆中国地方・広島編⑤

皆さん、いつも遅くまでのブログ活動やパトロールなど、ありがとうございます☆

東京のさっちゃんファミリーさん、一人一人に丁寧で温かいコメントを下さり、ありがとうございましたm(__)m
とても嬉しく思いました

毎回、反省ばかりの問い合わせですが、キャッチボールが上手くできるよう勉強していきたいと思います(;^_^A

さて、各都道府県や市の動物愛護(管理)センターの殺処分方法などの問い合わせミッション☆中国地方編の続きを報告します(*^_^*)

★呉市動物愛護センター
(0823-70-3711)

2月12日(10:40)

対応は女性臨時職員のミナウチさん。

殺処分方法について訊ねると、しばらく沈黙のあと、『お待ち下さいね』と保留になりました(*_*)

『今、所長がいませんので、夕方に帰ってきますので、(佐々木)所長からお話させて頂きます。こちらから折り返しご連絡させて頂きましょうか?』
とのことでしたが、夕方から勤務に入る為、再度、こちらから連絡させて頂く旨お伝えし、電話を切りました。

日を改めて問い合わせしました。

2月18日(10:55)

対応はササキ所長さん。

【殺処分方法】
広島県動物愛護センターに殺処分業務を委託している。(二酸化炭素ガス)

【収容期間】
特に決めていない。
3年位収容した後、譲渡された犬もいる。
基本的に慣れているものについては、犬猫とも全部、譲渡に回している。

『広島ではまだ野良犬が多い。餌をやる人がいるから増えてしまう(# ̄З ̄)』と、食べ物を与えてくれている優しい人たちを非難していました(*_*)

『無責任に捨てた人が責められるべきではないですか?』と問うと

『10年、20年前には、捨てられたかもしれないですが、それ以降、ずっと餌をやるもんで、代々野良犬として生活している(# ̄З ̄)』
と、餌を与える人に責任転嫁していました(@_@)

『私たちも食べる物がなかったら、ひもじい思いをしますから、野良犬たちを不憫に思い、食べ物を与えている人たちは優しいですよね?』
と言うと

『あげるのはいいんですけど、増えるんですよ(# ̄З ̄)』
と頑なでした(*_*)

それでも子犬は何とか捕まるので、慣らして譲渡しているとのこと。

親犬は人を見ると威嚇したり、人から餌をもらわなかったりで、処分せざるを得ないものもいるそうです(>_<)

毎年、犬は140~150頭、猫も150~200頭近く、譲渡しており、最大限の努力をしている。

市政だよりやホームページなどで、終生飼育や避妊去勢の啓発をしている。

《避妊去勢費の助成》
犬(メス)4500円
犬(オス)3500円
猫(メス)3500円
猫(オス)2500円

※年度で一世帯に犬一頭、猫一頭まで。

『犬は大きな音が苦手で花火大会や雷でパニックになり脱走し、迷い犬になり、収容されることも多いかと思いますが、飼い主さんに対して注意喚起などはされていますか?』
と確認すると

『雷だけではないですけど、普段は鑑札や迷子札などで連絡先をつけるようにして下さいというのは、ホームページもですし、譲渡する時や市の広報にも載せています』
との回答でした。

離乳していない子猫へのミルクを与えてくれる個人のボランティアさんが数名いるそうです。

子犬へのミルクは職員さんが与えて育てています。(基本的に子犬は殺処分対象ではない)

他の自治体のように、自分で排泄や餌を食べることができないからといって、即殺処分ということはせず、離乳していない子犬子猫も全てミルクを与えています(^o^)

個人のボランティアさんたちに、土日だけでなく平日も、ミルクやりだけでなく掃除や散歩や躾もしてもらっている。

ボランティアさんに対して全く規制をかけていないので、やりたいことをしてもらって、信頼関係ができているそうです(^o^)

『こちらにこられる便がありましたら、寄って頂いたら土日も休まずやっていますので。(年末年始の6日間だけお休みで、その間はボランティアさんがお世話して下さっています)』
とおっしゃいました。

今後とも殺処分を減らす努力を継続して頂くようお願いして、電話を切りました。

ボランティアさんとの連携や良好な信頼関係が構築されているのが伝わってきました(^o^)他の自治体にも見習って頂きたいです。

★広島市動物管理センター(082-243-6058)

2月12日(10:42)

対応は嘱託職員のキタセさん。

【殺処分方法】
この1年近くは(犬猫ともに)殺処分をしていない(^o^)

収容された猫は愛護団体が毎日、引き出している。

犬は飼い主さんに命あるものだから、うちは殺処分になりますよということで、なるべく引き取らないようにしている。
それでもどうしてもというのなら、会議を開いて引き取る。2つの愛護団体の方に下の世話や餌を与えるなどしてもらっている。

さらに詳しく質問しようとすると

『何のご用件でしょうか?個人です?団体です?』と面倒臭そうに聞かれました(@_@)

個人で各自治体の殺処分方法について調べていることを伝えました。

以前は二酸化炭素ガスでの殺処分だったが、愛護団体の方が入られて、殺処分はするまいということで、今は考えている。

広島県の殺処分が全国でワースト1になったことで、それはいかんだろうということで改善しようということになったとのこと。

『もともとは処分しても、誰にも何も言われる筋合いはないんですが(# ̄З ̄)命あるものだから、助けてやりましょうというのが現状です』
と、ひとつでも多くの命を救いたい!というのではなく、世論や愛護団体がうるさいから仕方なく殺処分をしないようにしているのが伝わってきました(@_@)

【収容期間】
長い子であれば1年近く収容されているとのこと。
(病気になったり、これはもうダメだとなったら、獣医さんが考えるが、今のところ殺処分は考えていない)

負傷動物の連絡があれば回収に出向き、獣医さんが注射や点滴、薬の投与などをする。

臓器が破裂するなどしている瀕死の場合は、獣医が判断し、麻酔薬での安楽死。
負傷動物は以前は多かったが、現在はなぜか少なくなってきているとのこと。

今後も殺処分ゼロを継続して頂くようお願いし、お礼を伝えて電話を切りました。

★福山市動物管理センター(084-970-1201)

2月12日(10:52)

対応はヤマウチ獣医さん。

『福山市内の方ですか?愛護の方ですか?』と聞かれましたので、県外の個人であることを伝えました。

【殺処分方法】
広島県動物愛護センターに委託している。(二酸化炭素ガス)

【収容期間】
公示期間は3日間。
1週間は収容している。

収容中に人慣れして狂暴性がないか、老齢でないなど譲渡判定する。(特に年齢制限はないが、立てないような子は譲渡できない)
表にちょっとした場所があるので、譲渡対象の個体は3ヶ月位、展示している。
譲渡対象の子でも譲渡されなければ、最終的に殺処分になるそうです(T-T)

平成25年の動物愛護管理法改正後、愛護団体が引き取ってくれているので、譲渡対象の子が殺処分になることがない。

いくつくらいの愛護団体さんの協力を頂いているのか確認すると

『この数字はブログに載せたりとか、何かに使うんですかね?どこかの愛護団体さんに登録されているんですか?広島県の方ですか?』と警戒されました(@_@)

ヤマウチ獣医さんも犬達のSOSブログを愛読されているのでしょうか?

譲渡判定からもれた子は、広島県動物愛護センターに運ばれて再度、譲渡判定にかけられることなく、殺処分になるそうです(T-T)
ただ、広島県動物愛護センターと連携をとっている愛護団体さんが(殺処分を)止めることもあると聞いたことがあると話されました。

これからも動物愛護団体さんと協力して、殺処分数を減らす努力をして頂くよう嘆願し、お礼を伝えて電話を切りました。

ヤマウチ獣医さんは終始、自信がなさそうでした(*_*)
少しでも多くの収容動物の命を救う努力を全力でして頂きたいです!

以上、問い合わせ報告でしたm(__)m

☆追伸☆
アグネスさん、可奈ママさん、愛をまといたいさん、猫ちゃんママさん、のんさん、コロワンさん、コメント作成にあたり、アドバイスや感想など下さり、ありがとうございましたo(^-^)o

高知市横浜地区【毒餌事件】の犯人が逮捕されるまで!可奈ママもパトロールを続けます( ̄^ ̄)高知南警察署のお巡りさんも!頑張ってよぉ~( ̄O ̄)//

皆さん、おはようございますm(__)m☆☆

何かとバタバタしちょって(>_<)コメントが遅くなりましたがm(__)m。。。
さかなとみしんさん☆☆
高知市横浜地区へ、また足を運んで下さり、ありがとうございましたm(__)m☆☆
そして、10年前から起こっちゅう(;>_<;)
《毒餌事件》への注意喚起の看板設置の確認をして、コメントまで下さり☆本当にありがとうございましたm(__)m☆☆

さかなとみしんさんとは気が合うのか(//∇//)☆。。。可奈ママも2月28日(土)の昼間!横浜地区へパトロールに行っちょったがです(゜∇^d)!!

横浜三号公園では、さかなとみしんさんがコメントに書いて下さっちょった通り( v^-゜)公園の真ん中あたりの丸いベンチのところに注意喚起の看板が一つだけ建っちょったですね(^ー^)

けんど。。。またまた可奈ママ、瀬戸公園の中まで入れず(>_<)正面の階段を下りた所に一つ建っちゅう看板と、
西側の小さな出入口横のフェンスにくくり付けられちょった看板しか確認できんかったがですm(__)m
さかなとみしんさんm(__)m☆瀬戸公園の中まで、きちんと確認して下さり、本当にありがとうございましたm(__)m☆☆

ちなみに。。。
横浜ニュータウン内の横浜新町3丁目の公園も、スーパー裏の公園にも看板はなかったです。。(〃_ _)σ∥

横浜ニュータウンを出て、
長浜公園にも行ってみましたε=ε=ヘ(゜ο°;)ノ
公園内を歩いて回ってみたけど、
長浜公園にも看板はなかったです。。(〃_ _)σ∥

でも(^-^)瀬戸公園と横浜三号公園には、きちんと《毒餌》に注意喚起の看板を建てて下さった、高知市役所・みどり課さん(*^^*)☆
ありがとうございましたm(__)m
看板の一番下に、高知南警察署って書いちょったき(◎-◎;)。。。
2月9日に愛をまといたいさんが問い合わせしてくれた時に、注意喚起の看板を貼ってくれちゅうような発言をされた
高知南警察署さんも(-""-;)
ありがとうございましたm(__)m

10年も続いちゅう、高知市横浜地区での【毒餌事件】の犯人が、一日も早く逮捕され( ̄^ ̄)!罪もないワンちゃんたちが、安心してお散歩できる横浜地区に戻りますように( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

皆さん、こんにちは(*^_^*)

アグネスさん、福ちゃんの去勢手術が無事に
終わってよかったですねe-420(*^_^*)e-420
体重も3.1キロになったんですね。
アグネスさんや子供さん達が、「福ちゃんが元気になりますようにe-420」と一生懸命お世話してくださっているからですね。
ありがとうございますm(__)m

今朝は、雪が降ってすぐやみましたが、今、また雪が降ってきて、気温もかなり下がっています。
野良ちゃんたち、急に寒くなったので大丈夫かな?と心配です。
寒さがしのげる場所がありますように・・・e-267e-267

お仕事が終わったら、猫ちゃんパトロール行ってきます(*^_^*)

皆様も暖かくされて、パトロールされてくださいね。
いつもありがとうございますe-420m(__)me-420

高知市横浜地区に毒餌を置いたらあかんぜよ!

こんばんは。寒気が入ってきているそうで、高知も冷たい風が吹いています(>_<)

皆さん、問い合わせやまとめのブログ活動おつかれさまです(^O^)

今日の午前、久しぶりに横浜ニュータウンを歩いて、毒餌が置かれていないかチェックしてきました(*^_^*)
不審な人も物も見当たらなかったので、少しほっとしました。

アグネスさんや東京のさっちゃんさんには、コメントへのお返事をいただいたり(*^_^*)
可奈ママさんには「気が合うかも?!」なんて言っていただいたり☆
何だかとっても!嬉しいですo(^-^)o ありがとうございます。

私も可奈ママさん同様、パトロールしようと思います!o(^-^)oワンちゃんや猫ちゃんのために私が出来ることの一つなのかなぁと…。



東日本大震災が起きて、今日で4年ですね。
亡くなられた方々、今も一生懸命頑張っていらっしゃる被災地の方々のことを忘れずに、私たちは一緒に生きていきたいですね。

皆さま、お風邪をひかれませんように(^o^)

こんばんは、アグネスです。
九州へ向かう高速バスの中からコメントを書いています。

プリキュアエンジェルさん、みのりちゃん、あいさんのコメントのプロファイリングをありがとうございましたm(__)m
今までもブログにコメントをしてきて、メンバーと直接会いたいと言う方がたくさんおられ、中には返信コメントを書いてもなしのつぶてという方も多く見受けられました。
そんな中、短い文章ではありますがきちんと返信コメントも書いて下さっていたので【今までのコメントは全て削除して下さい】の言葉にはガックリきました。
やはり、動物と向かい合うのなら最後まできちんとむかいあっていただきたいものです。


可奈ママさん、超サービス残業の中、あいさんのコメントに丁寧な返信コメントや問い合わせをありがとうございましたm(__)m
又高知県横浜地区の毒餌が置かれていたエリアのパトロールもありがとうございます。

さかなとみしんさん、今まで【毒餌注意】の看板が無かった場所に、ようやく看板が設置された事を知らせて下さったり、パトロールをして下さり、ありがとうございます。
毒餌を撒くという非道な犯人が一日も早く逮捕されますように。

島の恵さん、まだ小さいお子さんがおられ、お勤めもされ忙しくされているのに、動物愛護(殺処分)センターや保健所や役所に時間のかかる問い合わせや統計、殺処分を減らす為の提案、嘆願をありがとうございます。
数字がニガ手なアグネスは、島の恵さんのコメントが、とても勉強になりました(真似はとても出来ませんf(^^;)

美和ちゃん、忙しいお仕事の合間に問い合わせや、まとめをありがとうございます。
犬猫の殺処分や譲渡について、一つの自治体にだけ
問い合わせていたら、その時の職員さんの回答が全国の動物愛護(殺処分)センターや保健所、行政の考え方や方針、決まり事だと思っていたと思います。
いくつもの自治体に問い合わせる事で、本当に殺処分を減らしたいと思っているのか、口先だけなのかが分かりますね。

猫ちゃんママさん、いつも仕事が終わってからの猫の虐待エリアのパトロールやフードのお届けをありがとうございますm(__)m
お陰さまで、福ちゃんは人間だけでなく先住猫ちゃん達にも可愛がられています。
子供たちは
「L☆O☆V☆E☆LOVELY☆福ちゃ~ん♪」と歌で呼んだりしています(^w^)
その様子を見ていると疲れも吹っ飛んじゃいます♪

白衣の乙女さん、コメントをありがとうございますm(__)m
本当に人間はいくつになっても勉強ですね。
学ぶ機会があり、努力できると言うことは幸せだと思います。
アグネスも、これからもワンちゃんや猫ちゃん達のために頑張りたいと思いますo(^o^)o

昨日から大阪も、
3月だというのに粉雪がちらつく寒さになりました。
皆さま、お風邪をひかれませんように気を付けて下さいね(^^)/

お外にいるワンちゃん、猫ちゃん達が寒さをしのげる場所で休めますように☆☆

広島市動物管理センターでは、野良猫の避妊去勢手術をしています


皆さんこんにちは
お久しぶりです

中国新聞に地域猫活動の記事があったので抜粋して紹介したいと思います。

愛護団体や関係法改正の後押しもあって、広島市動物管理センターに収容された犬や猫の殺処分数は2013年夏以降、劇的に減った。

しかし「庭で生まれた」と一度に5匹以上持ち込む人が後を絶たず、野良の子猫の収容数は減らない。前年同期と比べて308匹増えた。

14年1月愛護団体が行った猫の一斉手術をセンター獣医師が視察した。
「前回の一斉手術以降、猫が増えない」と喜び、懸命に手伝う住民。
「センターもやらねば」と触発された。地域猫活動の導入を模索する地区の会合にも積極的に参加。
「捕獲したならわざわざ戻さずに殺すべきだ」
と主張する住民に、阿部獣医師は
「殺しても別の猫がやって来て、数は減らない。発情期特有の大きな鳴き声も防げる」
とメリットを丁寧に説明した。

センター獣医師4人で技術を磨き、14年12月、安佐南区と佐伯区で約20匹を無料で手術した。その後収容した猫も手術している。

飼い猫が産んだ子猫を野良の子と言い持ち込む飼い主もいると思うので、野良の子猫の引き取りも拒否すべきだと思います。地域猫活動がどんどん広まり1日も早く殺処分がゼロになりますように(^_^)

ぽん吉さんへ

ぽん吉さん、お久しぶりです(*^^*)お元気でしたか?(o^^o)

広島市動物管理センターが野良猫の去勢避妊手術をしているという嬉しいお知らせを下さり、ありがとぉ〜ございます。

センター獣医師さんが、地域猫活動の導入を模索する地区の会合にも積極的に参加したり、去勢避妊のメリットを住民達に丁寧に説明され、地域猫活動に真剣に取り組まれている事が、とても嬉しく思います(o^^o)

地域猫活動が全国へ広まり、殺処分がゼロになることを私も願っています。

殺処分に麻痺をしてしまっている獣医師さんや職員さんが、日本にはまだまだたくさんいらっしゃいます。殺処分をなくす為に努力される獣医師さんや職員さんをお手本に、地域猫活動や譲渡など、命を救う為に努力してほしいと思います。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR