犬達のSOS☆【ティアハイムベルリン】等500も動物保護施設があるドイツではどのように犬猫の殺処分ゼロを実現しているのか?『ペットの王国 ワンだランド』が伝えた年間16万匹の犬猫を税金で殺している日本とドイツの決定的な違いとは?②2015年12月18日

2015年12月18日23:02  未分類 写真あり

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング

1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・12/15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
2位2014/5/15~10/26・12/16
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~18)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4)

20150101203321c3d.jpg

purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-858.htmlの続きです。

2015/12/04 猫ちゃんママさんのコメントです。
殺処分ゼロを実現したドイツを『ペット王国・ワンだランド』の番組で紹介!ドイツがペット先進国と言われる理由とは?!
こんばんは(*^_^*)
ペット王国・ワンだランドでは、11月22日(日) の放送もドイツスペシャルでした。
ミーママさん、ドイツスペシャルのお知らせメールをありがとうございましたm(__)m
リアルタイムで見ることが出来ませんでしたが、後から、ネットで見ることが出来たので、紹介させていただきます(*^_^*)

今回も篠田麻里子さんが、ドイツで犬を飼っているお家に行ったり、犬と一緒に散歩をしながら、ドイツの素晴らしい取り組みを紹介していました。

IMG_1588.jpg

【ドイツのペットが飼いやすい環境とは?】
★ドイツでは、ペットが飼えないマンションは、ほとんどなく、更に、部屋でもケージを置かないのが、一般的で、取材にいった家にも、ケージがなく、犬の家もなく、家族と一緒に、部屋の中で過ごすスタイルでした。
そして、ドッグランのように走れる庭があり、犬が快適に過ごせる環境でした。
その中で、家族の一員として、幸せそうに暮らしているワンちゃんの姿がありました。

★日本には犬と一緒に入れるカフェは少ないですが、ドイツでは、カフェに犬と一緒に入れるのが普通で、逆に犬がダメなお店が少ないそうです。
犬が、カフェに一緒に入るのはあたりまえで、驚く人はいなく、犬も机の下でおとなしくしていました。

★散歩中、オレンジ色の箱を発見!
それは、犬がウンチした時、ウンチを捨てられるゴミ箱でした。
ドイツでは、犬のマークが付いたゴミ箱には、袋に入れた糞を捨てることが可能です。
ゴミ箱は街の至る所に設置してあり、便利で美化にも役立っています。

ドイツ、犬の糞ゴミ箱
【ドイツの犬の糞を入れるゴミ箱】

★ベルリンの街中には、テンペル空港跡地をそのまま利用して作られた公園があります。
そこには、ドッグランもあり、広さは、8000平方メートルで、サッカーコートとほぼ同じ大きさです。
ドイツでは、小さな公園でも必ずドッグランがあるそうです。

★ベルリンの街を走る電車(トラム)には、そのまま犬を乗せることができます。
そして、電車の中では、犬の場所は決まっていなく、どこにいてもいいそうです。
犬は子供料金で乗れます。
犬が乗ってもいい乗り物は、トラムだけではなく、路線バス、タクシーもそのまま乗せてOKです。
更に地下鉄にも、のれるので、犬と一緒に行動できる範囲が広がります。

★よく日本では、建物の前でまっている犬を見かけますが、ドイツでは、デパートやスーパー等もペット同伴で入れる事が当たり前。
ショッピングモールのお店の中に入って、一緒にお買い物もできます。

ベルリントラム1
【ベルリンの街を走っているトラム。犬は子供運賃で乗れます】

【ドイツの警察犬が世界一に】
ドイツは数々の警察犬の大会で優秀な成績を収めています。
どんな訓練をしているのか、警察犬指導中央本部を取材していました。
ここでは、犬の特徴を重視し、様々な犬種130頭が訓練をしているそうです。

ドイツの警察犬が世界一と言われている理由を訓練士さんに尋ねると
「やはり、1対1でトレーニングをするシステムだろう」
と言われていました。

熱帯のお花3

☆ドイツが誇る世界一の訓練とは?☆
訓練に来た犬は、4週間かけて健康等の細かい適正チエックをしますが、およそ半数の犬が不合格となるそうです。
合格した犬は、約1年の訓練をおこないます。
その時に、1頭の犬と警察官がペアーを組み、警察官はペアーの犬を家に連れて帰って、私生活も共にします。
そうやって過ごすことで、完璧なチームが出来上がるそうです。
そして、そのペアーは、警察犬が引退するまで続きます。

警察犬は、犯人の逮捕はもちろん、サッカーなどのイベントの警備でも、すごく役立っているそうです。
サッカー場の犬の警備は、敵同士のサポーターが混ざらないように、監視するのが仕事だそうです。
その時は、警察官が横にいなくても、一人で警備が出来るように訓練しているそうです。
訓練士さんが、
「警察官5人分くらいの働きをする」
と言われていました。
この訓練場には、街を再現したエリアがあり、様々な事件を想定して、本番と同じ訓練をしてるそうです。

ベルリン動物園1
【ベルリン動物園】

【ベルリン動物園のお客さんを楽しませる工夫とは?】
170年以上前に開園したドイツでもっとも古いベルリン動物園は、街の中心にあるとは思えない程、自然が豊かです。
そこには、約1500種類の動物がいます。

楽しませる工夫とは?
①柵が低く、動物と一体感が味わえる。
②動物の厩舎がおしゃれ
③動物が過ごしやすいように、大自然を再現されていて、動物達のありのままの姿がみられる。

ベルリン動物園は、自然がいっぱいで、散歩していたら、動物に会ったという感覚になるような動物園でした。
動物の厩舎もヨーロッパ調の建物で、素敵でした。

番組の紹介は以上です。

pa-ino-01.jpg

ドイツは、犬も家族の一員という意識が高く、いつも飼い主さんと一緒にいられるような環境や犬が過ごしやすい環境を考えていて、素晴らしいと思いました。
また、犬の糞入れが至る所に設置しているのは、街も綺麗になるし、便利だし、一石二鳥でいい考えだと思いました。
日本も是非、取り入れてもらいたいです。

そして、ふと思いました。
松山総合公園みたいに、ドッグランをつくったのに、ドッグラン以外の公園内は、犬が散歩できないようになっていますが、ほんと矛盾しています。
公園内も犬の散歩もOKにしていただきたいです。

そして、至る所にある「野良猫の糞に困っています。餌をあげないで!」の看板は、全部撤去して、そこに犬猫の糞をいれるゴミ箱を設置して、ゴミ箱の横には、猫ちゃん、ワンちゃんのイラスト付で、「ワンちゃん、猫ちゃんのウンチをみつけたら、こちらにいれてワン。いつも綺麗にしてくれてありがとうニャン」と書いた可愛い看板があったら、いいなぁと考えてしまいました。

熱帯のお花4

今回、ドイツスペシャルを見て、日本とドイツの動物達に対する考え方や対応の違いを、知った視聴者の方もおられたと思います。
日本は、ドイツの素晴らしい取り組みを是非、見習って、動物のことを慈しみ、大切に思い、動物達が幸せに暮らせるような環境を作って欲しいです。

関根勉さんが、
「素晴らしい。老後はドイツに住みたい」
と言われていましたが、私もドイツに行って見たくなりました(*^_^*)

ppp.jpg

犬達のSOSでも、動物愛護先進国のヨーロッパでの素晴らしい取り組みを取り上げてきました。
下記がその記事です。
 
犬達のSOS『犬に人権ならぬ“犬権“が認められ、殺処分ゼロを誇るペットに優しい街~ドイツ・ベルリン』2012年11月1日NHK地球イチバン放送より2012年11月12日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-260.html

犬達のSOS☆「ブルータス、お前もか!」のジュリアス・シーザーが殺されたイタリアの歴史的遺跡は、今は野良猫たちが保護され猫のパラダイスに!さすが動物愛護先進国ヨーロッパ!TBS番組『アニマル・ザワールド 世界でおもしろ動物を探す旅!』より2013年12月28日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-461.html

犬達のSOS☆日本ではブリーダーやペットショップ等、犬猫をお金儲けの物扱い!更に警察では器物扱い!ヨーロッパでは犬猫を家族の一員としてみんなが認め、飼い主と一緒にパスポートを取得し近隣国を旅行でき、飼い主とホテルに泊まれ、更にペット可の賃貸物件のみ2015年1月16日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-686.html

pa-c-02.jpg
【イラスト:もぐちゃん作】

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

前の記事 次の記事