犬達のSOS☆広島県宮島に初詣に行かれる方達へ☆鹿にご飯宅配の道案内☆宮島が世界文化遺産になった途端、今までは観光のシンボルだった神鹿を、今度は用無しで餓死政策!餌禁止を決めたのは、鹿を嫌う厳島神社の福田道憲宮司と観光協会バックの佐々木雄三市議と廿日市市役所2015年12月30日②2015年12月30日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~30
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~30
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4)

入浜までの山中11
【可愛い瞳の宮島の鹿】

purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-884.htmlの続きです。

入浜の鹿たちに別れを告げ、Uターンして来た道を帰りながら、ご飯を配った所を確認しましたが、どこも綺麗に完食していて、鹿たちが満足そうに座ってくつろいでいる姿を見て、嬉しくなりましたo(^o^)o

ここで、調査隊が鹿さんに配った食べ物の人気ランキングを発表しますね(*^^*)

1位 おから(ダントツ人気でした(^-^)v) 
2位 バナナ
3位 パンの耳
4位 白菜
5位 人参・さつまいも・キャベツ
6位 大根

※おからは、松山隊がお豆腐屋さんで無料で10キログラム、別の業者さんで1キログラム40円で20キログラム、分けてもらいました。
大阪のエミさんも、お豆腐屋さんで20キログラム調達してくれて、合計50キログラム用意しました。
おからは、急にお豆腐屋さんに行ってもないので、事前に電話で予約をしていました。

※パンの耳は調査隊メンバーが各自でパン屋さんに問い合わせ、大量に集めました。
※野菜(白菜、さつま芋、キャベツ、大根)については、松山隊は前回の宮島調査の時と同じ市場で格安でダンボール5箱分を購入し、エミさんの実家から送って頂いた大量の新鮮野菜(ダンボール4箱分の白菜、キャベツ、人参、さつま芋1袋、大根1袋)、と見切り品のバナナを配りました。

※ナイロン袋や紙袋に食べ物をいれていたら、袋を鹿が食べてしまうので、今回も100円ショップの不織布の手提げバックに野菜を入れて配りました。

筋違橋手前の橋9

帰り道、宮島シーサイドホテル前で、白い物を食べている鹿を発見しました。
白い物の正体は、ご飯粒のついた新聞紙でした(*_*)
ビニール袋などの不法投棄のゴミも散らばっていて、鹿たちが食べて腸捻転を起こしてしまうといけないので、手早く回収しました。
鹿たちは、紙やナイロン袋を食べてしまいます。
ご飯をあげる時は、ナイロン袋ごとあげないでくださいね。

帰り宮島シーサイドホテル前1
【車から降りると、鹿達が集まって来ました】

帰り宮島シーサイドホテル前12

帰り宮島シーサイドホテル前14
【ご飯粒のついた新聞紙を食べていた鹿達】

帰り宮島シーサイドホテル前15
【ナイロン袋の散らばっていたので、回収しました】

帰り宮島シーサイドホテル前7

ここでエミさんが1頭の雄鹿に求愛されて、手をペロペロ舐められていました(^o^)

不法投棄のゴミ回収を終えて、車に乗り込んだ私たちの所に、一頭のびっこを引いた鹿が近付いてきました。(外傷はありませんでした)
鹿さんが早く回復しますように☆

鹿たちは、車に集まってくるので、発車した時、接触してしまうこともあるかもしれません。
私たちも発車する時は、みんなで周囲の安全確認をしていました。
運転される方は、安全確認をしてから発車するよう気を付けて頂けたらと思います。

帰り宮島シーサイドホテル前19
【宮島シーサイドホテルの前で、外傷はないがびっこをひいていた鹿】

帰り宮島シーサイドホテル前17
【車に乗ると、びっこをひいている鹿が近寄ってきました】

帰り宮島シーサイドホテル前16
【もう、帰っちゃうの

帰り宮島シーサイドホテル前22
【ご飯をありがとう】

帰り宮島シーサイドホテル前18
【またね・・・】

市営住宅前の林には、7~8頭の鹿が集まっていて、ご飯配りを終えると、1頭の鹿が道路に出て、お礼を言うように私たちの車を見送ってくれました。ありがとう( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆でも危険だから、車道に出たらダメだよ~(>_<)
車を走らせていると、紅葉谷公園の表示があり、山道を登っていくことにしました。

もみじ谷公園方面01
【もみじ谷公園へ道案内の看板】

道端に6~7頭の鹿がいて、ご飯を配りましたが、ここでもあっという間に完食していました。
さらに登っていくと、一般車乗り入れ禁止(ロープウェイ専用バスのみ乗り入れOK)となり、山を下り、宮島桟橋まで戻り、今度は逆方面(厳島神社周辺)を回りました。

もみじ谷公園方面3

もみじ谷公園方面03

もみじ谷公園方面07
【もみじ谷公園付近の鹿達も、ここでもおからが一番人気(*^_^*)】

もみじ谷公園方面05
【おからが食べ終わると、さつまいもや人参を食べ始める鹿達】

筋違橋手前の橋では、約10頭の鹿がいて、橋の脇の人目につかない所で、野菜を配ろうとしていると、何やら視線を感じ、辺りを見回すと、川の対岸の家の窓から、おばさんが見ていました。((((;゜Д゜))
帰りに寄ると、鹿が3頭いたので餌をあげていると、5~6頭集まってきました。
そして、通りがかりの観光客も足を止めて、餌を食べている鹿の写真を撮っていました(*^_^*)

筋違橋手前の橋5

筋違橋手前の橋2

筋違橋手前の橋7

筋違橋手前の橋4
【筋違橋手前の鹿達】

筋違橋には、約10頭の鹿がいて、餌をあげました。
鹿たちは、一心不乱に食べる、食べる(*^^*)
その光景をカップルや男の子が笑顔で嬉しそうに見守り、食べている鹿たちと一緒に写真撮影する外国人観光客もいて、どんどん人が集まってきました。(*^^*)

筋違橋9

筋違橋4
【筋違橋の鹿達】

筋違橋11

筋違橋8
【筋違橋では、鹿の写真を撮っている外国人観光客や鹿と一緒に写真を撮っているカップルもいました。鹿達は、宮島に観光で訪れる方達に大人気でした(*^_^*)】

白糸川・瀧橋近くの広場には、3頭の鹿がいました。
みのりさんが野菜を入れた手提げ袋を持って、車から降りると、みのりさんの周りに鹿が集まり、『鹿さ~ん、ちょっと待って~。こっちよ~』と慌てていました。(*^_^*)

白糸川・瀧橋
【瀧橋】

白糸川・瀧橋近くの広場1
【鹿に囲まれ、慌てて広場に誘導するみのりちゃん。餌を置いて鹿の写真を撮っていると、後ろから鹿が・・・(*^_^*)】

白糸川・瀧橋近くの広場2

【餌を置くと、すごい勢いで食べてました】

島内の公衆トイレ入口には鹿よけの柵があり、ゴミ箱には『鹿返し』という蓋がついていて、鹿がゴミ箱をあさらないようにしています。

宮島トイレ1宮島トイレ3 
【宮島の公衆トイレには鹿が入らないように柵をしてあります】

江之浦の鹿保護施設は、水族館を超えて、廃棄物処理場入口のすぐ手前にあり、緑色の柵で覆われ小さな屋根付きの小屋があります。
入浜の鹿保護施設と比べると、随分、小さな面積の施設で、一見、鹿保護施設には見えません。
この保護施設も全く使われている形跡がなく、機能していませんでした(*_*)
狭い敷地内には、ヨーグルトの空容器が落ちていました。

3年前、廿日市市農林水産課に配属されていた松田氏や齋藤氏は負傷や衰弱した鹿の保護を約束してくれましたが、、、
(猫ちゃんママです。12日に私達が宮島調査にいった時には、2か所の鹿保護施設は機能していなく、保護施設の隣に住んでいる住人も「保護しているのは見たことがない」と言っていました。
その後、宮島の鹿達にご飯を届けてくださっている米田様が(先日、SOSにコメントをくださっていました)足の悪い鹿(ガニちゃん)を保護してもらうように宮島支所にお願いしていたそうですが、最近、ガニちゃんの姿が見当たらなくて心配されていました。
28日に、美和ちゃんが廿日市市農林水産課と宮島支所に問い合わせすると、ガニちゃんは保護して、今は入浜の保護施設にいるとの事でした。詳しい内容は、美和ちゃんがコメントで報告させていただきます。ガニちゃんが無事保護されてよかったです。怪我が早く治りますように・・・)

江之浦鹿保護施1
【左に見える緑色のフェンスが江之浦の鹿の保護施設です】

江之浦鹿保護施2

江之浦鹿保護施5
【入浜の鹿保護施設に比べると、かなり狭いです】


江之浦の鹿保護施設でUターンし、来た道を戻ると、網野浜・大元公園に6頭の鹿がやってきて、ご飯を配りました。(最初は2頭でしたが、あっという間に増えました)
トイレ近くの川沿には、約10頭の鹿がいて、ここで美和はハーレム状態になりました(^o^;)沢山の澄んだ瞳に見つめられて、胸がキュンキュンしました
宮島水族館前・国民宿舎付近には、約20頭の鹿たちがいましたが、他の場所と比べて、痩せている印象がありました(>_<)

宮島水族館・国民宿舎付近の広場6

宮島水族館・国民宿舎付近の広場7
【宮島水族館前・国民宿舎付近の鹿達】

宮島水族館・国民宿舎付近の広場8
【美和ちゃんに鹿達が次々、ついて行きます】

宮島水族館・国民宿舎付近の広場9
【美和ちゃん、鹿使いみたいです】

宮島水族館前の川沿1

宮島水族館前の川沿3
【国民宿舎の横の道を上がって行くと広場があり、そこで餌やりをしました】

水族館前の広場に駐車(無料)し、残していたおからを持ち、商店街方面へ歩いて行きました。
参道には、『鹿に餌を与えないで下さい』『鹿にいたずらをされますから荷物は自転車に置かないで』などの看板もちらほらありました。
『鹿がいたずらをします』の看板ではなく、『紙袋やナイロン袋を鹿が食べてしまうので、気をつけてください』『鹿が寄って来たら紙袋を頭の上に上げてください』等の看板にして頂きたいです。
その方が、観光客の方も慌てず対処できると思います。
商店街では、ほとんど鹿を見かけませんでした。
1匹の鹿がエミさんや私のお土産が入った紙袋にかじりついてはきましたが、人を襲うことはありません。
鹿たちが立派な観光大使の役目を果たしてくれています。
旅館のマークが鹿の柄になっている所もあり、鹿たちが宮島の経済を支えてくれていたのが、よくわかります。

宮島看板1

厳島神社2

世界文化遺産記念碑近くの貼り紙 
【厳島神社周辺に設置されている看板や貼り紙】


ここからは宮島でのインタビューについて報告させて頂きますね(^-^ゞ

【宮島行きフェリー乗り場駐車場の誘導係員】
『奈良の鹿とは違う(大人しくない)』
『餌をやると飛びついてくる(`ヘ´)』
『鹿の躾が悪いし、凶暴( ̄^ ̄)』
などと、言いました。
元々、奈良公園からきた大人しいと言われる鹿です。
誰がそのような凶暴にしましたか?

【宮島福祉センター付近のバス停にいたおばさん】
『島内の鹿に餌をやることは、いけないことになっている』
『フェリー乗り場での餌やりは禁止。怒られる』
『でも、優しいね。餌をあげるなら包ヶ浦に鹿は沢山いる』
『(鹿が)悪いことをする』と言っていました。

包ヶ浦自然公園管理サンター付近7

包ヶ浦自然公園管理サンター付近6
【包ヶ浦の鹿達】

【入浜の鹿保護施設横の住民】
『(鹿の)被害はあっても保護しているのは見たことがない(-.-)』と面倒臭そうに言い放ちました。

住宅周囲には鹿よけの電気柵がされていていました。(*_*)
保護施設のすぐ横に鹿を排除する電気柵という矛盾
・・・。
保護施設の隣で鹿嫌いの住民が目を光らせていたら、保護もしづらいだろうし、保護されたとしても、野生動物である敏感な鹿は安心して養生することができないのではないでしょうか?

今年7月、静岡県で住民たちが庭のアジサイを鹿や猪から守るため、仕掛けていた電気柵の電線が切れ、川が漏電し、県外から遊びにきていた家族連れが感電死傷した悲惨な事故がありました。そのような事故の二の舞にならなければいいですが・・
◆参照記事◆
犬達のSOS☆静岡県西伊豆町一色で、村人達が庭のアジサイを鹿やイノシシから守るため、仕掛けていた電気柵の電線が切れ川が漏電!7月19日川に入った親子達が次々感電死傷!毒餌村人達はまたもや隠ぺい口裏あわせ2015年7月21日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-799.html

入浜鹿保護施設近く
【入浜の鹿保護施設横の住宅には、電気柵がしてありました】

【お土産屋さんの女性店員2人へのインタビュー】
女性店員さんによると
島民は餌を与えない。自然=山へ返す。
回覧板で『餌やり禁止』のお触れが回っている。
(こっそり餌をあげてくれている島民もいるそうです)

『大学教授が人間の食べ物は塩分が多く含まれ、鹿の健康状態が悪くなったり、鹿の寿命が短くなっていると言っている』
『死んだり、餓死している鹿を見ることはない』
(ミーママ曰く、これは真っ赤なウソ。三年前まだ、清掃課には鹿対策係からの隠ぺいマニュアルが届いてなく、年間数十頭づつ、鹿の餌やり禁止5年間で、200頭~250頭が死んでおり、清掃課が回収した事実があります)
『鹿は山でキノコや松茸を食べていたが、冬場は食べる物がない』
『街中の鹿の数は減っている』
『鹿の虐待は見たことがない。店の前で出産するのを見たことがある』
『痩せている鹿もいる。肥えているのは、ビニール袋や塩分を多く含んだ食べ物を食べている可能性がある』
と答えてくれました。

動物が好きで携帯で鹿を撮影したり、動物番組をよく視聴するという、一人の女性店員さんは
『鹿は神の仕えと思っている。本当は餌を与えたいけど、あげられない。観光客があげてくれているのを見守っている』
と、話してくれました。
『詳しくは観光協会で聞いてほしい』とのことでした。

他は同じような回答が多く、省略させて頂きました。

『餌やり禁止』のお触れが回っているから、島民はそれに従い、餓死した鹿がいても意見や嘆願する人はいないのかな?と、インタビューをしていて感じました。

紅葉谷川1
【川沿いにいた鹿達】

駐車場に戻り、宮島港へ向けて運転していると、餌を求めて路地にハクビシンやタヌキたちが出てきていました(^-^)
この時、ふと、一日中、宮島をグルッと回ったけど、そういえば野良猫を1匹も見てないことに気付きました。
鹿と同様、野良猫にもご飯を与えづらい環境だから、野良猫たちも生き残りにくいということなのでしょうか。

今回も沢山のことを学ばせて頂き、ありがとうございました✨✨

宮島の鹿たちが美味しいものをお腹いっぱい食べ、観光客や一部島民が肩身の狭い思いをせず、奈良のように、堂々とご飯をあげることができ、人間と鹿が共存できる宮島になりますように☆

紅葉谷川3

【 観光で宮島に行かれる方、動物が大好きな方へ
 】 
宮島では、『鹿には餌を与えないでください』と看板がありますが、元々は宮島の鹿たちは、鹿せんべいや食べ物をもらっていました。
餌やり禁止になり、急に餌をもらえなくなり、餓死した鹿がたくさんいます。
宮島に行かれる時は、鹿たちに餌をあげてくださったら嬉しいです(*^_^*)
お腹が空いている鹿は、紙袋やナイロン袋を持っていると引っ張りますので、餌は他の手提げ袋に入れてくださいね。
では、広島駅から宮島までのアクセス方法をご紹介させていただきます(*^_^*)

【広島駅~宮島までのアクセス方法】
◆JR山陽本線 普通or快速 広島→宮島口
◆JR宮島航路
宮島口桟橋→宮島桟橋

◆広島電鉄
広島駅前→広電宮島口
◆広島松大汽船
宮島口桟橋~宮島桟橋

★宮島松大汽船のホームページURL★
miyajima-matsudai.co.jp/index.html

車で宮島に行かなくても宮島バスが運行していますので、鹿が沢山いる包ヶ浦に行く事が出来ます(*^_^*)

◆宮島バス
宮島港桟橋前~包ヶ浦
所要時間は約20分で、1日5便運行しています。

★宮島バス路線時刻表のURL★
www.ron.gr.jp/side_b/miyajima.htm

宮島口~宮島到着03
【宮島桟橋・フェリー乗り場】

宮島調査費用報告です。
今治~廿日市インターETCありの高速代 往復(8420円)
ガソリン代 3545円(松山~宮島往復)
宮島フェリー代 往復船代(車代と5人分)(3860円)
野菜、おから、パン代 (6633円)
食事代、飲み物代(5人分)(9112円)
餌を入れる不織布のバック四枚(432円)
大阪・福岡からの交通費(20000円)
合計52002円

今回、鹿の餌や宮島調査の費用は、ミーママダンススクール生徒の皆様のカンパ代を使わせて頂きました。
ミーママさん、ミーママダンススクールの皆様、ありがとうございました。m(__)m

網野浜・大元神社1
【網野浜・大元神社の鹿達】

余談(^o^ゞ
以上、宮島報告ですが、この報告文は久々にミーママさんから何度も『客観性がない/余分な感情を書き思い込みが激しい/メンバー同士の誉め合いなんて報告文には不要!我が強く愛が足りない(*^_^*)全国の閲覧者の方達が、宮島に行き、餌やりボランティアを各自されたくなるように、良い手引き書になるように!鹿さんの無垢な瞳を守ってあげられるよう!はい!やり直し!』
と、ダメ出しされ、記事編集で忙しい猫ちゃんママさんが、美和のために6時間以上かけ、分かりやすく直してくれました。
他のメンバーさんにも見直してもらいました(^o^ゞ
却下された沢山の文のうち、美和の最後の希望文を、ミーママさんに『まあ~最後の最後に性格にクセのある女と思われるわよ』と呆れられました(^o^ゞ。。。
神職でありながら、問い合わせに事務員のフリをしたり、違う名前を答えたり、『鹿を汚い!ダニがいてアレルギーが出る!神の使いなんかじゃない!神社は餌なんかやらない』と回答し鹿対策会議に毎年参加し、餌やり禁止を強く押していた厳島神社の福田道憲宮司(以前の禰宜から現在は権の位)の瞭顔写真を撮りたかったって書いてたのです。
今、権宮司になられている福田道憲さん、次は、タヌキっぽいそのお顔を撮ってもいいかな~?
きゃっ、書いてしまいました

水族館前2

宮島シーサイドホテル→廿日市市役所宮島杉ノ浦サンター・公民館→包ヶ浦海岸に出てすぐ左側05

続きは
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-875.htmlをご覧ください。

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

宮島の足の歩い鹿ガニちゃん、やっと保護施設へ

大変遅くなりましたが昨夜29日、以下の内容で米田さんのブログに投稿しました。
↓↓
初めまして。
米田さん、犬達のSOSの愛をまといたい美和です。
ミーママさんから、
米田さんが、(足の悪い鹿)ガニちゃんが行方不明で探しているようだから、米田さんのブログに知らせをいれてあげてね。
と言われました。
米田さんのブログを今、見ると職員さんからガニちゃんの保護の知らせがやっと来たんですね。
良かったです。
実は昨日、28日(13時07分)に廿日市市農林水産課と、同日(17時03分)、宮島支所に問い合わせしました。

簡単に報告ですが、私たちが再び宮島に調査に訪れた今月12月は、入浜含め二ヶ所の保護施設で鹿の姿はなく、
前回のようなゴミは棄てられてないものの、保護施設として機能していないようでした。
でも今、入浜保護施設で、ガニちゃんは保護されていると職員さんから聞きました。

宮島支所の男性職員(カナガワさん)によると、生まれつき、足の悪い鹿で仲間に虐められたりしていたそうです。
随分、元気になって昨日は走り回っていたそうです。

宮島支所は年末年始も関係なく職員が交代で勤務しているので、29日からも毎日一回、餌やり(さつま芋3本、大豆1キログラム)をするとのことでした。
>施設内には、10本くらい、ドングリがなる木があって、ガニちゃんがポリポリ音をさせて食べているそうです。

『ガニちゃんが元気になったら、入浜保護施設の扉を開けて、自由に行きたい所に行ってもらう』
と言われたので、
『新しい環境に馴染めず、そこで生きていけないのでは?』と聞くと
『麻酔薬を使って元いた場所に戻しても、また仲間に虐められるかもしれない。
どっちを取るかですよね』
と、言われました。
『ガニちゃんには子供がいるんですよ』と言いうと
『子供と言っても、もう大人で自立している』と職員さんは言われました。

ガニちゃんを米田さんが探されていたようだったから、行方がわかり、私達も良かったです。

美和ちゃん、猫ちゃんママ、長文記事編集お疲れ様でした

長く日にちがかかりましたが、分かりやすい宮島鹿調査の記事になりました(*^_^*)

猫ちゃんママも、みんなが撮った250枚以上の写真を場所別に分けて整理してくれ、エミちゃんや、みのりちゃん、乙女さんの宮島報告コメントも見直しやアドバイスもしてくれていたから、
やっぱり誰よりも睡眠時間が少なかったですね。
猫ちゃんママ、お正月はゆっくりして下さいね。
美和ちゃんやエミちゃんは、大晦日やお正月も、交代で勤務との事。
美味しいものいっぱい食べながら(笑)頑張ってね。
お正月開けてからダイエットとウエスト絞りが待っていますよ(*^_^*)
また、美和ちゃん、廿日市市役所に問い合わせと嘆願をしてくれてありがとう。

みんなも買い物や大掃除、頑張ってね。

皆様、今年もありがとうございましたm(__)mよいお年をお迎えください(*^_^*)

皆さん、こんにちは(*´ー`*)ノ
もう大晦日ですね。
バタバタと忙しくしている私の横で、我が家の猫ちゃん達は、いつもと変わらず過ごしています(=^・^=)ฅ(=・ω・=)ฅฅ( ̳• ·̫ • ̳ฅ)にゃ♡(ω´∀`ω)ニャン♪

ミーママダンススクールの皆様からのクリスマスプレゼントのキャットランドの台にのったり、土台の中に入っているボールは出せないのに、穴に手を入れて必死で取ろうとしています。
とてもお気に入りのおもちゃです。
皆様、ありがとうございました。ฅ( ̳• ·̫ • ̳ฅ)にゃ♡

今年は、保護した子猫のミヤンが我が家の家族になり、先住猫のダッコ、チビ、マルルは、弟?子供?が出来て、一段と活発になりました。

甘えん坊のミヤンに、ペロペロしてあげたり、おっぱいを吸わせてあげているダッコ、チビ、マルルの姿やチューチューチューと音をたてながら、おっぱいを吸っているミヤンの姿を見ていると、暖かい気持ちになります
(*^_^*)

でも、飼い主のいない犬猫ちゃん達は、寒い中、お腹を空かせて、毎日食べるものを探し必死で生きています。
野良ちゃん達に、ご飯を届けてくださったり、家族に迎え入れてくださった皆様、本当にありがとうございますm(__)m

ミーママダンススクールの皆様、動物達の為にカンパをありがとうございました。
犬猫ちゃんや宮島の鹿さん達の為に使わせていただきました。m(__)m

さっちゃんファミリーさん、エミちゃん、ミーママダンススクールの皆様、犬猫ちゃんのフードをありがとうございましたm(__)m

ミーママさん、ダンスレッスン以外に、記事編集やコメントのアドバイスなど、夜間学校の先生役をありがとうございました。
ミーママさん、皆様、今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。m(__)m
よいお年をお迎えください。

ps
美和ちゃん、問い合わせありがとうございました。
ガニちゃん、無事に保護されてよかったです。
怪我が早く治りますように・・・

今夜の猫ちゃんパトロールは、年越し蕎麦は届けられないので、キャットフード以外にカニかまやかつお節など猫ちゃんの大好物を持って行ってきます(≡^.^≡)♪
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR