犬達のSOS☆高知県立高知農業高校の公認教師犬リンちゃんに会いに行きました!13年前、舟入川を沈みかけた段ボールで流されていたのを小学生が助け、生徒達の熱意で県庁に許可も貰い高校で世話する事に。職員名簿にもりんちゃん先生が載り活躍☆動物介在教育が明るく優しい心を育てる事を証明!2016年6月21日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】

『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 社会部門ランキング

1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2016/6/21
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)

日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~21)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4)

【日本上空の空、下に大山が見えます】3
【日本上空の空、下に大山が見えます】

2016/06/12 愛をまといたい高知の可奈ママさんコメントです。
高知県立高知農業高等学校のリンちゃんに会いに行ってきました((o(^∇^)o))
皆さん、こんばんは☆☆
4月29日にミーママさんがコメントで情報を下さった☆ 高知県立高知農業高等学校の☆リンちゃん☆に6月9日(木)の午前中会いに行ってきました(^ー^)♪♪
事前にリンちゃん担当の?M先生に電話をすると、お忙しい中時間を取って下さり☆10分くらいでしたが、リンちゃんに会わせてくれたがですm(__)m☆☆
先生のお話を含め、報告させていただきますね(*^-^*)

ミーママ家の屋上のバラ5

高知市の東隣にある南国市という所に 高知県立高知農業高等学校はあります。
13年前、高知農業高校の側にある《舟入川(ふないれがわ)》という川を、沈みかけた段ボール箱に入ったリンちゃんが(当時、推定2カ月~3カ月の子犬)流れていたのを小学生が見つけて助け☆高知農業高校の生徒さんに『どうしよう( *´д)/(´д`、)』と相談し、生徒さんが学校にリンちゃんを連れてきたそうです。

始めは里親さんを探していたそうですが見つからず、生徒さんに『学校で飼いたい』と熱願され☆生物活用という教科の中に《犬》というのがあり、授業の強化付けということで学校でリンちゃんを飼う許可を高知県庁に申請し、許可がおりたそうです(*^-^*)

20150901004922540.jpg

リンちゃんは昼間は正門から入って行って、奥の校舎の一階にある畜産総合課の職員室のような所にいて、リードと紐を結び、屋外にも中にも入れるようにくくられていました☆☆
私が行った時は外で日向ぼっこをしてました(^ー^)☆☆

両手にリンちゃんへのプレゼントを持ち♪肩にピンクのカバンをかけ『リンちゃーん(*^O^*)♪♪』と呼びながら近寄る見知らぬ私に(^^;リンちゃんは少し警戒気味な顔をしながらも吠えることなく☆近寄ってきてくれました( ≧∀≦)ノ

りんちゃん1

りんちゃん2
【少し警戒気味でしたが、可奈ママの所に近寄ってきてくれたリンちゃん】

リンちゃんは短毛なのに撫でるとフワフワしてました(*≧∀≦*)☆
(子犬の時に川に流されたのを覚えているのか?リンちゃんは水が苦手だそうですが、1ヶ月に1回はお風呂に入っているようです)
リンちゃん、夜は牛や豚・鳥たちと一緒に家畜小屋で寝ているそうですが、台風の時などは先生方のお家に泊まりに行くそうです。

学校がお休みの日のお散歩やご飯は、臨時職員さんが家畜の世話で〈朝の6時~8時〉〈夕方15時~17時〉に来てくれているので、その時リンちゃんのお世話もしてくれるとM先生は教えてくれました(*^-^*)

りんちゃん6

りんちゃん4

13歳のリンちゃん!10年か11年前に1度出産経験があり、その後避妊手術をしたそうです。(子犬は2匹産まれ、先生方が知り合いに声をかけ、2匹とも里親さんんが見つかったとの事)
リンちゃんのフードやおやつは全て寄付☆☆
健康チェックは卒業生の知り合いさんが(獣医さん)時々無料でしてくれているとM先生は話してくれました。
10分くらいしか会えませんでしたが、帰るころにはリンちゃんとちょっとだけお友達になれたような気がしました((o(^∇^)o))

りんちゃん3

りんちゃん5
【帰る頃には、すっかり慣れて笑顔のリンちゃん】

『また会いに来ていいですか?』
とM先生に聞くと
『ぜひ(^ー^)どーぞ』
と言って下さったので、リンちゃんに挨拶をして車まで歩いていると。。。
ちょうど屋外授業が終わった沢山の生徒さんたちとすれ違いました☆
ほとんどの生徒さんが元気な大きな声で
『こんにちはヽ(^○^)ノ』
と挨拶をしてくれ☆。。。中には帽子を脱いで挨拶してくれる生徒さんも複数いて驚きました。

私もずっと。。。
『こんにちは♪o((〃∇〃o))こんにちは((o〃∇〃))o♪こんにちは~』
と挨拶しながら歩いてました(^^;

リンちゃんに癒され☆生徒さんたちには感動を頂き☆高知県立高知農業高等学校での素晴らしい一時をプレゼントして頂いた可奈ママでした☆☆☆

20151102081437366.jpg
【イラスト:もぐちゃん作

犬達のSOS☆高知県立農業高校の補助教師、柴犬のりんちゃんは職員名簿にも登場。13年前、川を流れていた子犬を生徒達が助け学校犬に。酪農授業も生徒達と一緒♡入学式も生徒達を出迎え先生や生徒達に優しさや勇気を与える。猫をほぼ全匹殺処分する高知県小動物管理センターも見習って2016年5月23日
purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-955.html

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

ミルクから離乳食に変わった小さな子猫の飼い方で注意するポイント(*^_^*)☆松山城の北側、自治会長率先の猫虐待毒まきエリアでナイロン袋にゴミ扱いで捨てられていた生後間もない子猫を小学生が発見。子猫は授乳世話の一時預かりさんを経て明るい里親さん宅へ①

愛媛県松山市の松山城近くの、ロープウェー街を隔てた北東住宅地や、北側の緑町は共に猫嫌い、毒や虐待率先の自治会長や住民が多いエリアです。
東京や神戸のように動物虐待者を捜査し逮捕してくれる警察官達がいれば、
周辺自治会長や松山市市役所公園緑地課職員&無駄な税金を使い、ドイツの城を真似て現、中村愛媛県知事の父親が松山市長時代、数億円かけ作った展望台があり、猫の首が切断されたり虐待された猫が多い松山総合公園に常駐する、公園緑地課の余剰人員の前田主任等や、前田主任と仲のよい虐待散歩男性など、少なくとも30人は逮捕され、
Σ(=゚ω゚=;)なんて弱い動物をいたぶり、観光客には親切な裏表の激しい県民がいることかと、
道後温泉より有名になるでしょう(๑^^๑)

中村時広知事、道後公園をマラソンし良い知事ぶりアピールに、自分で酔いしれナルシスト丸出しの顔で走っていましたね。
確かに全国のタヌキ体型の知事と比べると、ハンサムですか、薄い唇、細い鼻筋、眉間のシワに冷たい人格が現れていましたよ(๑^^๑)
是非、県庁敷地や横の無駄に広すぎる堀之内の公園で孤児の犬猫、猟友会に撃たれた母イノシシや母シカの子供を救って世話をされてくださいね。
あれだけ広ければ奈良公園の様に鹿とのふれあいや保存もできます。
世話は私達もいたします(๑^^๑)

さて、また脱線しましたが。。。

松山城下の北エリアで道端のナイロン袋にゴミの様に捨てられ、一人ぼっちで母猫に助けを求めるように鳴いていた赤ちゃん猫を、たまたま小学生が見つけました。
そのままだったら、お腹を空かせて死んじゃうし、ゴミみたいに潰されちゃうと不安になったのか、優しい小学生は顔見知りの猫好きのお姉さんが働くお店に、助けをもとめました。
そこのお姉さんは以前も、捨てられていた瀕死や病気や怪我をした子猫を助け、自分が働いたお金で動物病院に通院させ、元気に回復した猫達を里親に出したり、お家で世話をされているまだ、若い娘さんです。
以前、パトロール中の猫ちゃんママが、野良猫の世話をしている彼女と知り合い、それからミーママダンススクールの犬猫募金から、治療費やフードカンパを時々させていただいていました。

彼女の所に連れてこられた子猫は、息は何とか出来ていたものの、ナイロン袋は軽く縛られ、身動きできず母猫も兄弟もどうなったのか分からず、不安な顔で生きる希望すら失っているような寂しいいたたまれない表情でした。。。
女性は、動物好きの家族に手伝ってもらいながら、あまりに痩せ小さすぎる子猫を仕事場にも連れていき、ミルクを与えながら世話をされました。

丁度、私の生徒の幼稚園の子供が、庭に迷い込んできた成猫を可愛がっていて、やっとパパの顔色を見ながらお家に入れたばかりだったのに、パパが開けたドアから飛び出し、車に轢かれてしまい、ショックで毎日泣いていました。
パパは責任を感じ娘の泣く姿に胸がつらいと言い、祖父母も猫は飼ったこともなく幼稚園に通う女児が、そんなに悲しみ猫ちゃんが大好きだったことを知りオロオロし、そこまで好きだったのなら、猫を飼ってあげたいと思う様になって、女児を連れて野良ちゃんに会いに行きイリコをあげたりしていました。

保護された子猫は、車に轢かれてお墓を作ってあげた成猫と大きさは全く違いましたが、顔や色柄がそっくりでした。
私は、その家族に子猫に会いに女児を連れて、保護され世話をされている女性の所に来ませんか?と段取りしました。
女児は大喜びをし、パパとママのお休みに会いに行き、初めて見る小さな小さな子猫を大事そうに、驚かせないようさわり、ミルクが必要な時期をすぎるまで毎週、会いに行き飼い方を聞きました。

そして、子猫の身体は小さな小さなままですがやっと離乳食に入り、女児は大喜びをし両親と子猫を迎えに行きました。
その夜、私が女児の両親に送った育て方のメールを皆様の参考になればと思い、紹介しますね(*^_^*)

②に続きます。

ミルクから離乳食に変わった小さな子猫の飼い方で注意するポイント(*^_^*)☆松山城の北側、自治会長率先の猫虐待毒まきエリアでナイロン袋にゴミ扱いで捨てられていた生後間もない子猫を小学生が発見。子猫は授乳世話の一時預かりさんを経て明るい里親さん宅へ②

(メール内容)
Tちゃん、一番大変な乳児猫にミルクを与え、世話し無償の愛情を与えてくれた乳母さんのようなご家族に
暫くは毎日、子猫の様子を写メールしてあげてくださいね(*^_^*)
子猫のりーちゃんが環境の変化に早く馴染んでくれて安心しました(*^_^*)
IちゃんにもT君にもパパにも、毛深く姿形が人間と違うだけで、
悲しい うれしい さみしい
褒めて お腹すいた
眠たい
遊んで 怖い 痛い
兄妹や親子喧嘩しないで
の気持ちや、心がいっぱいあることを喋って教えてあげてね (๑^^๑)

あなた達ファミリーはボォーとしていますが、
私が保護し手術入院させていた発見時、骨折していた子猫は、
ロンちゃん家にもらわれていったあと、勉強の事で親子喧嘩をしていると、
その猫がワンちゃんのように二人の間に入り、後ろ足で立ち息子さんの膝を前足でトントンし、次は向きを変え、ロンちゃんの膝に、背のびして前足でトントン。
喧嘩したらダメと言うようにニャーニャー鳴いて、二人は我に返り親子けんかをやめて笑ったそうです(*^_^*)

旦那さんや息子さんがギクシャクした時にも、
同じようにその猫は仕切り、喧嘩をしないよう人間に教え、やがて次々来た保護猫の世話をオスなのにして(笑)
礼儀を猫として次の猫たちに教えていきました(*^_^*)
ご主人さんはその子のお陰で性格が、ずいぶん柔らかくなりました 。

でも、ワンちゃんは叱ったり可愛がりながらしつけをするけど、
猫は叱られたり動きを止められると、
傷ついて怯えやすい子になったり感情が乏しくなるから褒めて教えるだけで、叱って、良いこと悪いことを教えるしつけはしません。
人間のほうが前もって、危ないものを、置かず台所の包丁や火も気をつけてください。

うちの長男猫(寒い日の夜、目も開いていない小さな小さな身体で捨てられていて、母猫を呼ぶように一人ぼっちで鳴いていました)が赤ちゃんの頃、
お魚を料理していたところに甘えたように尻尾を立ててやって来て、まな板に飛び乗ってまな板や包丁ごと落ちたことがありました(๑^^๑)
また、お魚を焼くレンジから良い香りがして、たまらなくなり
手を伸ばし肉球をやけどして、ギャッ!!!って
パニックになったことがあります。
その後は痛みと怖さから、二度とレンジには近づきませんでしたが、
熱いお湯をひっくり返しかけたこともあり、セーフでした。

私の友人の赤ちゃんがハイハイし始めた頃、テーブルの上の熱いお鍋に手を伸ばし、頭から熱湯をかぶり救急車で運ばれました。
皮ふ移植が何度も必要だと医者に言われましたが、
皆の祈りが通じたのか、幸い1回の皮膚移植だけで済み、お医者さんがびっくりするほど、やけどのケロイドも頭や顔に残らず回復しました(๑^^๑)
人間の赤ちゃんも子猫も、 同じ様に、私達には慣れて何でもないキッチンやお湯や、お風呂に張ったお湯や、洗濯機が危険になります。
アメリカでは洗濯機に、猫がよく入るから、スイッチを入れる前に確かめないと死んでしまうと注意されています。

子猫に、家具をひっかかれる前に、カバーをかけたり、窓にもカーテンにも落ちそうになりながら跳んで遊ぶから、爪研ぎもしてね。
爪が長く尖り過ぎの時は、深爪防止の猫爪切りで、血管が通っているピンクじゃない白い爪先を切ってあげ、窓に飛び上がりそうな、サンのところは、薄いタオルを貼っていたほうが良いです。

窓から外を見るのが猫は大好きです。
年を取ると、動きに素早さがなくなり窓枠に爪痕がついたりしないのですが、
小さなうちは斜め跳びもムササビのようにするし、上がっては勢いをつけ降りたり、跳んだひょうしに滑り落ちそうになり、爪でひっかき這い上がろうとするから、高価なものは、カバーするなり、りーちゃんはごめんね、このお部屋はダメよー。
と、猫は入れない部屋を作り大事な物は避難させるのが、叱らずにすむ方法です(๑^^๑)

自然界の状態では筋肉をつけたり獲物を獲ったり、敵から逃げるため、木登りの練習をしますから、
鉢植えにダイブしてひっくり返し、部屋が砂だらけになる前に、鉢植えなども大丈夫な場所に避難させましょう。
年をとれば、鉢植えにダイブしなくなります。
我が家も当初、何度も土だらけになり(笑)
倒れないしっかりした鉢を用意しても無駄でした(๑^^๑)
リビングでの観葉植物は諦めました。

うちの子達は全員、カーテンをブランコ代わりにせず穴を開けなかったけど、、、
猫ちゃんママ宅に行った保護時は片目が濁り見えなかった子猫は、ひとりのお留守番が寂しかったようです。
次の猫風邪の保護猫が来るまで、カーテンにぶら下がり、ゆらゆらブランコ代わりに遊び、猫ちゃんママが、帰宅するたびカーテンはすだれのように変わっていきました。。。(笑)
壁も掘って遊んでアート作品をつくり、帰宅するたび壁が落ち、
私のアドバイスで、漆喰を壁に塗ってから壁掘り遊びは止まりました(笑)
我が家の次男坊も一生懸命、家中のドアや引き出しを器用に開け、壁紙のつなぎ目を見事に探し当て(*^_^*)。。。
剥いでアート作品に取り組んでいました。

今は、年を取り。。。
寂しいくらい何も傷めずほとんど寝てばかり。。。
猫のおもちゃを見せても無反応だったり、三回くらい飛び付いて背中で息をし疲れて寝ています(๑^^๑)

私達は、この子達の幼少期の破壊工作以上に癒され助けてもらったことのほうが多々ありました。
ワンちゃんのようにしつけしなくても、
人間観察力が猫族は半端じゃないから、5歳になると家のしきたりをマスターし何でもよくわかり、
心が傷ついている家族がいると前足でトントンし、励ましてくれそばについていてくれます(*^_^*)
あっ、、、
私にも、りーちゃんの写メール送ってね♡
☆ミーママより☆

マグナムエミちゃん、犬猫ちゃんのフードをありがとうございましたm(__)m

今日は、ミーママさんのダンスレッスンでご一緒できて楽しかったです(*^_^*)
エミちゃん、犬猫ちゃんのフードやパウチをたくさん持ってきてくださり、ありがとうございましたm(__)m
犬猫ちゃん達に、届けますね。

フードを、私の車に積み替えるとき、エミちゃんが、フードが入った段ボール箱を軽々持って運ぶ姿は、宅急便屋さんみたいでした(笑)

エミちゃん、今高速を走っている頃ですね。
安全運転で気を付けて帰ってくださいね。
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

 (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR