愛媛県東温市に捨てられ悲惨な運命をたどった河原の犬達の中で★睡眠薬毒餌で瀕死になった姫ちゃんの次に、毒の公務員獣医、得居格たちの吹き矢で倒れるも助けられ高知の桃一家の養子になったわさび君の今☆犬達のSOS☆2016年7月11日

【純情であれ、しかし、愛の心のない卑怯な策士(自分が有利なよう策略して立ち回る人)と戦う時は、賢くなれ!(ミーママ談)】
『犬達のSOS 歌って踊れるミニスカ乙女隊より』のQRコードです。 
QRコード10

*☆ヽ(*^▽^*)*☆ラブリー花ポリでーすっ皆さま~2つのランキングボタン、ぽちちょんお願いしますです☆
FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ


社会部門ランキング
1位 2014/7/25~11/30・12/2~19・22~25・27~2015/4/9・12~5/4・7~18・26~6/1・3・8・10~10/19・10/21~11/1・11/4~9・12~14・20~25・30・12/2~14・19~2016/7/11
(2位 2014/5/2・6/29~7/1・8~19・12/1・20・21・26・2015/4/10・11・5/5・6・19~25・6/2・4~7・9・10/20・11/2・3・10・11・15~19・27~29・12/1・15~18)


日本ブログ村 元捨て犬・保護犬ランキング
1位2015/12/24・25・2016/2/4~6・3/5~11・16~18・20~23・25~28・31・4/2・7~9・11・14~18・24~26・28~5/11・5/23・24・6/2~11
2位2014/5/15~10/26・12/16・2015/12/26~2016/2/3・7~25・27・3/4・12~15・19・24・29・30・4/1・3~6・10・12・13・19~23・27・5/12~5/22・25~6/1・6/12・13
(3位 2014/6/19~7/18・8/30~9/2・21~24・10/27~12/15・12/17~2015/3/3・25~29・31・4/4~18・2015/5/7・9/22~24・27~10/16・12/5~23・2016/2/26・28・29・3/1~3・6/14~29・7/5~11)
(4位 2015/3/4~3/24・30・4/1~4/3・19~5/6・8~6/26・7/20~9/11・19~21・25・26・10/17~21・23~27・31・11/1~3・6~14・23~12/4・2016/6/30・7/4)

おはようございます(o^^o)
蒸し暑い日が続きますね。大雨の地域もありますので、土砂災害などお気を付け下さいね。皆さん、連日連夜、ブログ活動に力を注いで下さり、ありがとうございますm(_ _)m

2016年2月13日の朝日新聞デジタルにアップされていた病院のアイドル犬のニュースを是非 読んでもらいたいので、抜粋して、紹介させて頂きますね。

20140623203716a10.jpg

ワンちゃんとふれあうことで、病気やけがの治療効果を高めたり、心や体を癒やしたりするセラピードッグが活躍する医療機関がじわりと広がっています。つらいリハビリや単調な入院生活を送る患者にとってストレスを和らげたり、治療に前向きになったりと効果も上々なのだとか。そんなワンちゃんが働く子ども病院の現場を訪ねました。

こんにちは。ぼく、子ども病院(神奈川県立こども医療センター)で、スタッフの一員として働く真っ白なゴールデンレトリバーのベイリー(8)。みんなセラピードッグって知ってる?
病院とか介護施設とかにボランティアでやってきて、遊んだりするワンちゃんなんだ。でも、ぼくの正式名称は「ファシリティドッグ」。何が違うのって? 日本のセラピードッグの多くは、患者さんに寄り添って癒やしを与えてくれる(動物介在活動)。ぼくも同じような存在だけど、病院に常勤して、病室だけでなく小児集中治療室(PICU)にも出入りし、医師の治療プログラム(動物介在療法)にも加われる訓練を米ハワイのトレーニングセンターで受けているんだ。

20140623203718ce6.jpg

ぼくと二人三脚で活動しているのが、ハンドラーと呼ばれる、看護師経験があって、ぼくたちファシリティドッグを扱う専門の訓練も受けている森田さん。一緒に暮らし、病院に通って病室で子どもたちに添い寝したり、安心して手術ができるように手術室まで付き添ったり、リハビリの歩行訓練にお付き合いして励ましたり――といった忙しい毎日を送っているんだ。
入院中だと自由に散歩に行けなかったり、好きな食べ物を食べられなかったりして楽しみが少ないみたい。そんな中で、ぼくは「病院のアイドル」的な存在らしいよ。
今日の仕事は、診察室のベッドに横たわって、子どもたちの予防接種の付き添いさ。注射が怖くても、ぼくの頭をなでなでして、森田さんとお話している間に済んでしまうってわけ。強い痛みを伴うこともある「骨髄穿刺(せんし)」という検査だって、ぼくと一緒なら平気だよって言ってくれるんだ。やる気と元気を引き出すのがぼくの役目なんだ。
ぼくもこの病院に通うのが大好き。最後に、ぼくと森田さんが、一番大事にしているものを見せてあげるね。退院してった子がくれた手紙さ。「ありがとう。ベイリーがいたからがんばれたよ」

201406231854425af.jpg

ベイリーの8回目の誕生日には、入院中の男の子が、「人間で言えば還暦だね」って、赤いちゃんちゃんこと頭巾を手作りしてくれて、控室がある事務局のみんながケーキでお祝いしてくれたそうです(*^^*)
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ2F3K1LJ2FUBQU011.html

子供達は、予防接種や入院中、不安なものです。そんな時、隣にワンちゃんが居てくれたら、落ち着いて予防接種も受けられますね(*^^*)怖い注射だって、ワンちゃんと一緒だから、頑張れますよね
毎日、数え切れない程 罪のないワンちゃん達が、全国の愛護センターや保健所で殺処分されています。
今日 明日 殺処分されるワンちゃんを引き取り、セラピードッグの訓練をして、医療機関や介護施設で人間の心や体を癒すワンちゃんとして活躍する場が増えるといいなぁ〜って思います。

20140623191146050.jpg

飼い主のいないワンちゃんが増えすぎたからと殺処分するのではなく、病院や介護施設、学校に受け入れ、みんなでお世話をすれば、人間は優しい心が育ち、癒され、ワンちゃんも幸せに暮らせると思います。日本は、餌を求めて、山から下りてきた動物達も簡単に殺します。動物達に対して、とても冷たいと思います。
殺してしまうのではなく、共存していく事を選び、考えて欲しいと願います。

さて、今月もわさびくんの表情に癒されましょうね

20160630204127d26.jpeg
【現在のわさびくん】

桃ママさんに呼ばれても、気付かないふりをするわさびくん。可愛らしくて、微笑ましいですね。現在は、桃ママファミリーの一員として、幸せに暮らしているわさびくんには、想像を絶する辛く悲しい過去があります。
わさびくんは、愛媛県東温市の河原に捨てられ、そこで仲間達と一緒に生活していました。そんなある日、突然悲劇が襲ったのです。
約5年前、愛媛県東温市の河原の犬達を、愛媛県中予保健所(当時、松山地方局二階の保健所に在籍)の毒の得居格獣医と、東温市市役所・当時市民環境課に所属していた、逆ギレ隠ぺい係長、近藤大作や部下の渡部嘉之達が、吹き矢や致死量睡眠薬餌で次々に捕獲をして、殺していきました。目の色を変え、犬達を追い回す姿は、恐ろしいものがあります。
犬達は恐怖で、必死に逃げ回ったと思います。
吹き矢を使った虐待捕獲のターゲットにされたのが、わさびくんなのです。吹き矢に倒れ、苦しみました。愛媛県中予保健所、東温市役所の職員達に追われ、吹き矢を撃たれた事で、人間も信じられなくなり、怖くなりました。そんな傷付いたわさびくんを家族に迎え入れてくれたのが、桃ママさんファミリーです。
桃ママさんファミリーが、わさびくんを可愛がり、大事にして下さっているので、今では、心を許し、甘えたり、一緒に遊んだりしています。表情もみるみる明るく、柔らかく変わりました

愛媛県食肉衛生検査センターに異動で逃がされた県保健所の得居獣医の毒吹き矢で倒れたワサビ君今高知で005
【河原時代のわさびくん】

読んでいただきたい過去記事
愛媛県東温市に捨てられ悲惨な運命をたどった河原の犬達の中で★睡眠薬毒餌で瀕死になった姫ちゃんの次に、毒の公務員獣医、得居格たちの吹き矢で倒れるも助けられ高知の桃一家の養子になったわさび君の今☆犬達のSOS☆2016年1月4日
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-890.html?sp

愛媛県東温市に捨てられ悲惨な運命をたどった河原の犬達の中で★睡眠薬毒餌で瀕死になった姫ちゃんの次に、毒の公務員獣医、得居格たちの吹き矢で倒れるも助けられ高知の桃一家の養子になったわさび君の今☆犬達のSOS☆2016年5月3日
http://purin1378.blog.fc2.com/blog-entry-951.html?sp

愛媛県食肉衛生検査センターに異動で逃がされた県保健所の得居獣医の毒吹き矢で倒れたワサビ君今高知で011
【河原時代のわさびくんの表情は、強張り、とても固いですね】

20160630204125227.jpeg
【現在のわさびくん】

笑っているわさびくんの表情が大好きですワンちゃんも、嬉しい時、楽しい時は、笑顔です(o^^o)
ワンちゃんは、家族の誰かが体調を崩してしまった時など、辛い時はかならず寄り添ってくれます。見返りなど求めず、只々 側にいて元気になって欲しい、守ってあげたいと側にいて励まし、慰めてくれるのです。動物は、純粋で無垢な心を持っています。そんな動物達と共存できる社会に変わって欲しいと願います。飼っていた犬猫ちゃん達を、引っ越しなどで、飼えなくなったからと言って愛護センターや保健所に連れて行ったり、外で暮らすワンちゃん達を見つけ「野良犬が居る」と通報しないで下さい。愛護センターや保健所で、殺処分されてしまいます!可能であれば、家族に迎え入れて下さい。難しければ、新しい飼い主さんが見付かるまで探して下さいm(_ _)m

2014062321543033a.jpg

松山市保健所生活衛生課の栗原リーダーさんへ

いつも、美和さんが問合せや嘆願でお世話になっておりますm(_ _)m
低い声ですので、お食事も喉を通らないかもしれませんが、いつも 丁寧にお答え下さり、ありがとうございますm(_ _)m
美和さんのお顔は、こちらです美人でおすましさんのジョナさんは、美和さんにそっくりなんですよ(o^^o)

ジョナサン5
 【保護1日目。傷めた左翼を引きずり、自分の足で踏みながら砂浜を歩いていました】

美和さんが、5月7日の朝、マリリンちゃんのお散歩中、砂浜で左の翼がダランとなって飛べなくなっているカモメちゃんを保護して下さいました(o^^o)
保護時は、左の翼がダランと下に垂れ下がっていて、歩きながら自分の翼を踏んでいる状態で、時々左の翼は上に上がっているものの、根元から完全に裏返り、出血の痕跡もあったそうです。

動物病院に連れて行って診てもらうと、「左翼の根元から骨折していて、すでに壊死しているから、切断するしかない」とのことでした。診察台にカモメちゃんを乗せ、動物病院の先生と美和さんで、暴れるカモメちゃんを押さえ、部分麻酔をして、左翼を切断し、骨を保護する為、肉が覆い被さるように傷口を縫合して、抗生物質を傷口に塗って下さったそうです。
処置が終わったカモメちゃんは、『何すんのよ~ι(`ロ´)ノとっても痛かったよ~(>_<)』と、美和さんの手を何度も突ついてきたそうです。
『痛いことをして、ごめんね』と謝るばかりの美和さんでした。

切断したあとも傷口が痛んでいる様子もなく、元気そうな様子だったとの事です。(イタズラ好きで、よく美和さんをつつくそうです(^_^;))

保護2日目。根元から折れた左翼が裏返っています

ジョナサン3

ジョナサン2
【保護2日目。根元から折れた左翼が裏返っています】

ジョナサン4

壊死した左翼を切断しました
【壊死した左翼を切断しました】

美和さんは、病院からの帰りに、水鳥だから水浴びをさせてあげた方が良いと思われ、子供用の簡易プールを購入され、1日1回、水浴びをさせて下さっています。時々、カモメちゃんと仲良しのマリリンちゃんも一緒にプールに入って遊んでいるそうです(^-^)
カモメちゃんの名前は『カモメのジョナサン』からとって、ジョナサンにされたそうです(*^_^*)

マリリンと一緒に水遊び

マリリンと一緒に水遊び
【マリリンちゃんと仲良くプール遊び】

イワシ、エビ、イカなどの餌をあまり食べず心配された美和さんが、動物病院のN先生に相談されると、「キビナゴやイカナゴを与えたらいい」とアドバイスを頂きました。
朝一番に水産市場に行かれ、活きたイカナゴを格安で分けて頂き、さっそくカモメちゃんに与えると、美味しそうにパクパク食べてくれたそうです(o^^o)
固い床だと足を痛めることがあるそうで、寝床にワラを敷いて下さっています。

左翼を切断してから、2週間経過したので、状態を診てもらわれました。
前回、縫合した部分の傷口が完全にふさがっていなかったので、傷口を切除して縫合し直して下さったそうです。
病院から帰宅されると、ジョナサンと仲良しのマリリンちゃんも心配していた様子で、傷口をペロペロ舐めてあげていたそうです(o^^o)
ジョナサンは、元気にイカナゴを平らげた様子。ジョナサンとマリリンちゃんの友情(≧∇≦)素敵ですね♪

☆☆☆ジョナサンの治療費はミーママダンススクールの皆様からの募金を使わせていただきましたm(_ _)m
ミーママダンススクールの皆様、いつもありがとうございます☆☆☆

美和さん、羽を怪我したジョナサンを保護して下さり、ありがとうございましたm(_ _)m
すぐに病院へ連れて行き、治療をしてもらい、一生懸命お世話され大切にして下さっている様子に、美和さんの優しさを感じ、見習いたいと思いました(≧∇≦)
美和さんをつっつく、微笑ましいジョナサンエピソードに思わず笑みがこぼれた私です(*^^*)まだ治療が必要なジョナサン。自然界へ戻れるように頑張ってね!
ジョナサン、美和さんに助けてもらい、動物病院で治療してもらって、良かったね(o^^o)
早く傷が治りますように☆☆☆

イラスト20
【記事内のイラストは、もぐもぐさん作

【コメント投稿のご案内】  
パソコン、スマホ、携帯共に、   
コメントを投稿したい記事の下を見るとコメント記入欄、もしくはコメントがあります。そこをクリックします。
コメント記入欄に「名前」「タイトル」「コメント(本文)」を入力します。  
※メールアドレス、URL、パスワードは入力しなくても投稿できます。  
※パスワードを設定しておけば投稿後にパソコンから(携帯からは不可)本人が訂正できます。  
「送信」をクリックし投稿完了場面が出ると完了です。 

なお、【鍵コメントはお断りしています】
投稿者さんが一般人の場合、メールアドレス、電話番号、場所が特定される記載は承認前に、個人情報部分を隠し公開しています。
国民の税金で行う役所の動物虐待や、非道を知らせる公務情報は、役所部署、担当公務員名も確かめ明記しコメント下さい。
可愛い愛猫や愛犬ちゃんの自慢コメントや、お世話のお話も大歓迎ですo(^-^)o
★鍵コメントへの返信は致しかねます★

コメントは承認制となっていますので、反映されるまでに時間がかかりますことをご了承ください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

猫虐待や虐殺が頻発する松山総合公園のエントランスに血溜まりが!パトロール報告です。

皆さん、連日のブログ活動やパトロールなど、ありがとうございますm(__)m󾭠󾭠

みのりさん、先日は暑いなか、空港からのバスを乗り継いで、松山総合公園のパトロールをして下さり、ありがとうございましたm(__)m󾭠󾭠

みのりさんのコメントに、『猫ちゃんに1匹も会えなかった』とありましたが、ここ1ヶ月くらいの間、園内のあちこちで、樹木の伐採や剪定がされ、さらに猫ちゃんの数が減りました(>_<)

7月7日、松山総合公園のパトロールをしていると毎日、ご飯配りをして下さっている、私もよく話をするおじさんから、猫達の話を聞きました。

2~3日前(7月4~5日頃)、エントランスの花壇の縁におびただしい量の血溜まりがあり、まだそんなに時間がたってない真っ赤な色をしていたそうです。
おじさんは『あれは交通事故なんかじゃない。刃物か何かで切られたんじゃないかと思う。他のおばさんも一緒に見て、そう言いよった』とのことでした。
近くに猫の遺体などはなかったそうです。

おじさんに現場に連れて行ってもらいました。
数日経過しているので、血痕は黒く変色していましたが、確かにかなりの量の血液でした(>_<)
そばの道路などには血痕らしきものはなく、その場所だけに血溜まりがありました。

おじさんにエントランス付近の猫で、ここ数日、見かけない子はいないか確認したところ、『それはわからない』と言われました。

松山総合公園のゴミ回収のオジサン職員は、猫ボランティアの方々が配っているフードは即回収して処分するのに、エントランスの目立つ場所にある生々しい血痕は放置なんて、どういう神経をしているのか理解できません。

猫の虐待を煽る『猫に餌を与えないで!』『猫のフンに困っています!』などの看板が乱立する松山総合公園では、猫の虐待や虐殺事件が日常的に頻発しています。
大きな石を投げつけられ、頭から血を流して死んだ白猫や両耳を削がれた上に脇腹に刃物のようなもので、えぐり取られたような酷い傷を負った、おくまちゃん(約4年前から行方不明)という猫もいました。
他にも人懐っこい猫たちが、猫虐待の散歩住民たちに脇腹を力任せに蹴り上げられた後、行方不明になるなど、ボランティアさんたちや散歩住民から沢山の猫虐待の目撃情報がありました。

2012年夏には、松山総合公園で首を切断された猫の変死体が見つかりました。この時、公園管理事務所職員たちは首のない死体は早々に捨て、同時に死んでいた首のある猫の死体だけ捨てずに公園の敷地内に埋めました。猫の変死事件について市民が松山東警察署に通報し、署員さんが捜査に来ましたが、掘り起こしても当然首のある死体だけしか見つかりませんでした。警察は、猫嫌いで猫虐待男性住民とも親しい、管理事務所の前田主任(松山市公園緑地課)の隠ぺいと口車にのせられ、イタチやカラスが猫の首をはねて、他の猫も殺したという事になってしまい、結局、死因も特定できず未解決のまま捜査が打ち切られています。

また松山総合公園では、定期的に猫の捕獲が行われているという噂が絶えず、毎朝、散歩にやって来る市民の方から、『早朝、園内のあちこちに捕獲箱が設置されてあるのを目撃した』という証言も得ています。
実際に松山総合公園では、定期的に不自然にゴッソリ、人懐っこい猫たちが行方不明になっています。
わずかに生き残っているのは、いつも同じ賢い子たちです。

これだけ猫虐待や虐殺が頻発している松山総合公園ですから、今回、エントランスの花壇の縁にあった血溜まりも、もしかして・・・(>_<)と、嫌な想像をしてしまいます。
また時間をみつけて、聞き込みをしてみます。

松山総合公園の猫ちゃんたちやホームレス犬猫ちゃんたちが安心して暮らせる日がやってきますように。。。

ジョナサン&マリリンの近況報告です☆

皆さん、こんばんは☆
いつも遅くまで、ブログ活動やパトロールなど、ありがとうございますm(__)m✨✨

みのりさん、わさびくんブログにジョナサンの保護や治療の様子を組み込んで下さり、ありがとうございましたm(__)m✨✨
編集作業は本当に大変だったと思います。

ミーママさん、猫ちゃんママさん、編集のアドバイスを下さり、ありがとうございましたm(__)m✨✨

すでに切断した左翼の縫合部分の抜糸は終わっているものの、まだ治療が必要なジョナサンを、今日は病院に連れて行きました。
マリリンも1ヶ月前からアレルギー症状があり、一緒に治療に通っています。

病院までの45分の道中、マリリンは大人しく助手席で、お座りしてくれているので安心なのですが、ジョナサンは毎回、段ボールから必死で飛び出そうとして、なかなかスムーズに移動ができません💦
やっとの思いで病院に到着し、診察台に乗せられたバタバタ暴れるジョナサンを先生と一緒に押さえて診てもらい、傷口に薬を塗ってテーピングをしてもらいました。

そして治療が終わると、ジョナサンは『もう何すんのよ~💢』と、今回も私の手を何度も突つきました(*_*)

また2週間後、マリリンと一緒に治療に行く予定です。

マリリンのアレルギー症状は、2週間おきの注射や飲み薬と3日に1回の専用シャンプーでのシャンプーで随分、良くなっています。

帰ってからは、ジョナサンとマリリンが一緒に仲良くプールで水浴びをしました(*^_^*)

ミーママさん、ダンススクールの皆さん、ジョナサンの治療費を皆さんの温かいお気持ちのカンパから出して下さり、本当にありがとうございますm(__)m✨✨

そして動物病院の先生、いつも優しい眼差しでジョナサンやマリリンを一生懸命、治療して下さり、本当にありがとうございますm(__)m✨✨

みのりさんが紹介して下さっていた、ファシリティドッグのベイリーくんのような取り組みが日本中に広がりますように(*^_^*)
犬達のSOSは、  ランキング    参加中!!
FC2ランキングボタンと日本ブログ村ランキングボタン、2つともクリックしてね

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2は社会ランキング 日本ブログ村は    (元捨て犬・保護犬、)に参加中です
プロフィール

Author: (*^▽^)/★*☆♪歌って踊れるミニスカ乙女隊が犬猫動物虐待ゼロ殺処分ゼロを目指して☆過激すぎてごめんね(*^▽^)/★*☆♪
★役所の権力をカサに、隠ぺいを卑怯な手口でし続ける山口県防府市の捕獲殺処分公務員達に私達乙女はひるまない非道は許さない 乙女達の心意気よ!!(*^▽^)/★*☆♪

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

この文章をクリックすると、全ての記事を表示することができます

月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR